メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「坊ちゃんかぼちゃ種」検索結果。

坊ちゃんかぼちゃ種の商品検索結果全5件中1~5件目

こちらの関連商品はいかがですか?

カボチャ 美和ちゃん(そうめん南瓜)[種子小袋 10粒入]

家庭de菜園うぇぶたねやさん

540

カボチャ 美和ちゃん(そうめん南瓜)[種子小袋 10粒入]

●あら不思議!? 南瓜そうめん一丁上がり!● 輪切りにし茹でたり蒸すなど、加熱することで果肉の繊維がほぐれそうめん状になる。 そうめん状の果肉を冷やして、三杯酢などで爽やかにお召し上がり下さい。 栽培のポイント、多少若どりでも追熟させれば食べられる。冷暗所に保存すれば冬まで貯蔵ができます。 ●美和ちゃんを美味しく茹で上げる方法。● 美和ちゃんを厚さ2cm位の輪切りにします。 タネとワタの部分をカレースプーン等でキレイに取り除きます。 たっぷり鍋に湯を沸かし、沸騰したら輪切りにした美和ちゃんを投入します。 ゆで時間は沸騰状態で15分~20分。菜箸でつついてみると肉の線維がほぐれるのが解ります。 十分に茹で上がったら、流水にさらして粗熱をとっていきます。 粗熱が取れたら、手でグイッとねじってやると繊維がバラリとほぐれます。 ほぐれた繊維をもう一度流水にさらして、その後水を切り三杯酢でお召し上がり下さい。 シャキシャキした食感で歯ごたえ抜群! ●家庭菜園適期表●●カボチャ●南瓜●カボチャ●南瓜●カボチャ●南瓜●カボチャ●南瓜● ~緑黄色野菜の王様!栄養価・熱量桁違い!~ カボチャの原産国はアメリカ。カボチャは西洋カボチャ、東洋カボチャ、ペポカボチャなどに分けられます。 一般に西洋カボチャはホクホクして甘みがり、東洋カボチャは水分が多く粘り気があると言われています。 現在日本で広く栽培されている西洋カボチャは「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言い伝えがあるように、栄養満点。 カボチャには、ガン予防に効果的なベータカロチンが豊富。ベータカロチン以外にも、ビタミン類、ビタミンB1、B2、C、さらには抗酸化能力が高く、血行をよくし、皮膚のすみずみまで酸素と栄養素をいきわたらせるビタミンEは、緑黄色野菜の 中でもトップクラスです...

トーホク かぼちゃ 銀河 種 (家庭菜園・南瓜・種子・カボチャのタネ たね 種子・夏野菜)

ガーデニングと雑貨の菜園ライフ

460

トーホク かぼちゃ 銀河 種 (家庭菜園・南瓜・種子・カボチャのタネ たね 種子・夏野菜)

トーホク カボチャ 銀河 科名 ウリ科 食用部分 果実 発芽適温 約25℃ 生育適温 約25~30℃ 冷涼地 北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県、高冷地 中間地 関東、中部、近畿、中国、北陸(一部の高冷地を除く) 暖地 四国・九州、沖縄県 ※上記の地域区分はあくまでも目安です。 お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。 種の内容量:6ml ポクポクした粉質で味が良く、約三ヶ月間貯蔵ができます。 果重1.5~2kgの大玉種です。 雌花開花後、45~50日で粉質のおいしいカボチャが収穫できます。 収穫後、新鮮なまま食べる野菜ではないので、収穫後は風通しの良い日陰で追熟させます。 1週間位から美味しく食べられます。丸ごとなら3ヶ月間このまま保存できます。 煮物はもちろん、スープやてんぷらにも最適です。 カボチャは、β-カロテンが極めて豊富に含まれている栄養満点の緑黄色野菜です。 ※詳しくは種袋の裏面をご確認ください。 ■他のカボチャの種はこちらから ■タネまき資材・培養土はこちらから ■肥料はこちらから ■苦土石灰・土壌改良材はこちらから ■防風キャップはこちらから

【ミニカボチャ種子】 【サカタのタネ】 プッチーニ 100粒

e-たねや

4,266

【ミニカボチャ種子】 【サカタのタネ】 プッチーニ 100粒

甘くておいしい、淡い黄褐色のかわいいミニカボチャ 【ミニカボチャ種子】プッチーニ (サカタのタネ) 【特長】 1.果実は200~300gで、色は黄橙色の地にオレンジ色の縦じま模様です。 2.電子レンジで3~4分程度加熱するだけで食べられます。肉質は粉質となって独特の甘みがあっておいしいです。 3.雌花率が高く、1つるに3~4果連続着果します。 4.草勢が強く耐暑性があるので、低温期を除けばいつでも安定した栽培が可能です。 5.日もちがきわめてよく、通常室内で2~3か月は貯蔵できます。飾りカボチャとしても適しています。  【適応性】 温暖地の無加温ハウス栽培で2月中旬、トンネル栽培だと3月上旬からハウスの7月下旬まで播種できます。露地栽培は4月上旬~6月下旬まきができます。  【播種】 小ぶりでしっかりした苗をつくるため培養土は肥料分の少ないものを使います。播種は8×2で予措はせず直接播種したほうがよいです。 発芽温度は28~30℃。発芽後22℃とし、子葉が展開したら10.5ポットに移植します。  【育苗管理】 低温期は雄花が十分に発育せず花粉が出ないことがあるので、本葉1.5枚までは最低気温は15℃を確保し、定植前10℃以下にならないようにします。 播種後30~35日で本葉4枚程度になったら定植します。  【定植準備】 草勢が強いと果実が大きくなりすぎ商品価値が下がるので、元肥は10a当たり成分量で窒素8~12、リン酸15、カリ10を標準とします。残効肥料のある圃場では元肥を減らします。  【定植・摘芯】 乾いた圃場はあらかじめ十分な灌水を行い、畝立て後表面がうっすら乾いてからマルチをします。地温15℃、最低気温10℃が保てる条件で定植します。定植後なじみ水を行いスムーズな活着をうな...

スポンサーリンク
スポンサーリンク