メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「地這いキュウリ」検索結果。

地這いキュウリの商品検索結果全14件中1~14件目

キュウリ 種 『青長系地這』 350粒

種兵ネットショッピング

2,268

キュウリ 種 『青長系地這』 350粒

※1mlあたり粒数…24粒※この種には、35粒(GF) 350粒 入りがあります草勢が強く、地這い栽培に適する夏秋キュウリ!【特長】●平均果長が20cm程度の、地這い用夏秋キュウリ。●果色は濃緑で肉質にすぐれる。●草勢が強く、枝発生が特に良好。●小葉で耐暑性にすぐれ、べと病・うどんこ病に強く、栽培容易。【栽培の要点】●本葉3枚程度の若苗を定植し、スムーズな活着に努め、初期生育を安定させる。●地這い栽培では6~7節で親づるを摘芯し、発生する子づると孫づるは放任とする。●追肥と潅水は収穫開始ごろから始め、以降、遅れないよう定期的に行う。 ご注文の際はお読み下さい 【商品の出荷について】 ◆お取り寄せ品につき、出荷までに若干の日数を頂戴しております。 ◆メーカーの在庫切れや新種入荷待ちなどで、出荷までしばらくお待ちいただく場合があります(出荷予定時期は別途メールでお知らせ致します)。 ◆複数商品のご注文で、その一部が在庫切れの場合、在庫のある商品を先に出荷し、在庫切れ品は入荷後の出荷とさせていただきます(後送分の送料は当店にて負担致します)。 ◆お急ぎなどの理由で後送を望まない場合は、キャンセルを承りますのでご連絡下さい。 【配送について】 ◆種子はメール便(第四種郵便、ゆうパケット等)でお届けします。郵便受けへの投函で配達完了となり、日時指定はできません。 ◆梱包がメール便の利用サイズを超える場合は、メール便に代えて宅配便でお届けします(送料はメール便料金のままとさせていただきます)。 【代金引換について】 ◆代金引換はメール便での利用ができません。 ◆代金引換をご希望の方は、配送方法を宅配便に変更してご利用下さい。ただし、送料は宅配便料金となります。 【買い合わせについて】 ◆種子以外の宅配便商品と同時購入の場合は...

【代引不可】【5袋まで送料80円】 □キュウリ霜知らず地這きぬの輝き

錦幸園 楽天市場店

486

【代引不可】【5袋まで送料80円】 □キュウリ霜知らず地這きぬの輝き

■ポイント!!: 病気に強い事が最大の特徴で、霜の降りる頃まで収穫できます。地這い、棚づくりの両方で栽培できます。本葉3枚ほどで株間40cmに定植し、最初に伸びたつるの8節までの花やわき芽は摘み取ります。下にわらなどを引くと、乾燥病気の予防になります。 ■種蒔き期限について: 種蒔きには期限があり、下記に表記しています。期限を過ぎての種蒔きは、発芽率の低下につながりますので、ご確認の上、お買い求めください。 ■生産地: 中国 ■内容量: 2ml ■農薬の使用: なし ■収穫期(花期): 5月中旬~10月下旬 ■種蒔き期限(中間地基準): 8月上旬 ■【メール便】商品について: 【メール便】商品は代引き決済が対応できません。種子類の送料は5袋ごとに1送料で計算いたします。 ■発芽温度: 25から30℃ 【メール便】商品を、お求めになる前に、必ずこちらの注意事項をお読みください。【DM便】でお届けする種子類は、代金引き換え決済および時間指定がご利用になれません。代金引き換えをご利用になった場合は、ご注文をキャンセルさせて頂きます。ご注意の上、お手続き下さいませ。コンビニ決済、クレジット決済がおススメです。

トーホク ときわかぜみどり きゅうり 種 (家庭菜園・胡瓜・キュウリのタネ たね 種子 夏野菜)

ガーデニングと雑貨の菜園ライフ

420

トーホク ときわかぜみどり きゅうり 種 (家庭菜園・胡瓜・キュウリのタネ たね 種子 夏野菜)

トーホク ときわ かぜみどり きゅうり 科名 ウリ科 食用部分 果実 発芽適温 約25℃ 生育適温 約25~30℃ 冷涼地 北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県、高冷地 中間地 関東、中部、近畿、中国、北陸(一部の高冷地を除く) 暖地 四国・九州、沖縄県 ※上記の地域区分はあくまでも目安です。お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。 種の内容量:2ml 暑さや病気に強く、一段とつくりやすくした人気の交配種です。 色が良くて表皮が柔らかく、たくさん収穫できます。 支柱作りはもちろん、地這い作りもできます。 支柱作りでよいものが収穫できます。地這作りもできます。 家庭菜園で作ったキュウリ本来のおいしさ、採れたての新鮮さを思う存分味わってください。 キュウリは酢の物、和え物、漬け物、サラダに最適です。特にぬか漬けは、味はもちろん体に良いです。 収穫適期は、20cmくらいです。そのままにしておくと、たちまちヘチマのように 大きくなってしまいます。できるだけ若いうちに収穫します。 株が衰えると、果実が曲がったり、先が細くなる「曲がり果」ができてきます。 主な原因は、肥料切れやなり疲れ、日照不足、乾燥などによって株が衰えると、 発生しやすくなります。若どりを心がけて株の負担を減らし、追肥で肥料分を補給してください。 ただ、曲がったキュウリは、子供に大ウケです! スーパーには決して並ぶことのない曲がったキュウリも味は同じなのでおいしいです! ※他の品種と共通ですので、詳しくは種袋の裏面をご確認ください。 ■他のキュウリの種・ゴーヤーの種はこちらから ■支柱関連はこちらから ■タネまき資材・培養土はこちらから ■プランターはこちらから ■肥料はこちらから ■苦土石灰・土壌改良材はこちらから

トーホク 霜知らず地這 きぬの輝き きゅうり 種 (家庭菜園・胡瓜・キュウリのタネ たね 絹の輝き 種子 夏野菜)

ガーデニングと雑貨の菜園ライフ

460

トーホク 霜知らず地這 きぬの輝き きゅうり 種 (家庭菜園・胡瓜・キュウリのタネ たね 絹の輝き 種子 夏野菜)

トーホク 霜知らず地這 きぬの輝き きゅうり 科名 ウリ科 食用部分 果実 発芽適温 約25℃ 生育適温 約25~30℃ 冷涼地 北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県、高冷地 中間地 関東、中部、近畿、中国、北陸(一部の高冷地を除く) 暖地 四国・九州、沖縄県 ※上記の地域区分はあくまでも目安です。お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。 種の内容量:2ml 病気に強い事が最大の特長です。 果実は緑が濃くてみずみずしく、霜の降りる頃まで収穫できます。 地這い作りに最適ですが、支柱作りもできます。 キュウリは酢の物、和え物、漬け物、サラダに最適です。特にぬか漬けは、味はもちろん体に良いです。 収穫適期は、20cmくらいです。そのままにしておくと、たちまちヘチマのように 大きくなってしまいます。できるだけ若いうちに収穫します。 家庭菜園で作ったキュウリ本来のおいしさ、採れたての新鮮さを思う存分味わってください。 株が衰えると、果実が曲がったり、先が細くなる「曲がり果」ができてきます。 主な原因は、肥料切れやなり疲れ、日照不足、乾燥などによって株が衰えると、 発生しやすくなります。若どりを心がけて株の負担を減らし、追肥で肥料分を補給してください。 ただ、曲がったキュウリは、子供に大ウケです! スーパーには決して並ぶことのない曲がったキュウリも味は同じなのでおいしいです! ※他の品種と共通ですので、詳しくは種袋の裏面をご確認ください。 ■他のキュウリの種・ゴーヤーの種はこちらから ■支柱関連はこちらから ■タネまき資材・培養土はこちらから ■プランターはこちらから ■肥料はこちらから ■苦土石灰・土壌改良材はこちらから

【有機種子】キュウリ(スライス タイプ)グリーンフィールドプロジェクトのタネ

Ivy

540

【有機種子】キュウリ(スライス タイプ)グリーンフィールドプロジェクトのタネ

コメント: 早生で収穫量の多い、露地栽培向けの品種で、 太く25cm程度の長さで収穫します。 きゅうりの香りが豊かな品種です。 固定種です (F1ではありません) 学名、科名: Cucumis sativus L. ウリ科キュウリ属 英名: Cucumber 種類: 1年草 別名: 唐瓜(からうり) 和名: 胡瓜(キュウリ) 味わい方: 炒め物に向くキュウリですが、生でもおいしくいただけます。 播種時期: 3月~4月 収穫時期: 種まきから60~70日 発芽適温: 約24~35℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 0.7g 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: ポットに浅く種を2~3粒まき(セルトレー・直播きも可)、 本葉が出てきたら1本に間引きます。 育て方: 本葉4~5枚で株間を40~50cmとって1本定植します。 収穫開始の目安は種まきから60~70日です。 支柱栽培でも地這いで栽培でも育ちます。 備考: ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 ・商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。  グリーンフィールドプロジェクト【有機種子】キュウリ(スライス タイプ)の種

【FRANCHI社】【91/50】キュウリ KIWANO 【郵送対応】

日光種苗

514

【FRANCHI社】【91/50】キュウリ KIWANO 【郵送対応】

キュウリ KIWANO 種まき:3~7月 収穫:6~10月 【種まき】  日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土壌が理想的です。 定植の4~5週間前に、1ポット2~3粒ぞつタネまきをします。発芽までは乾燥に注意し丁寧に水やりします。 【栽培】  生育に従って間引きをし、1ポット1本の苗にします。本葉が4~5枚に育成し、霜の心配もなく21℃くらいの気温になった頃、定植します。約30cm直径の円形状にマウンドを作り、一山1苗の割合で根土ごと丁寧に植え付け、有機肥料を与えます。株間は1.8mとします。 ツルは地這い、もしくはネットやトレリスなどに誘引して畑のスペースを効率よく使うようにします。 根が浅く、乾燥を嫌うので、特に夏場の水やりはしっかりします。病虫害対策の為にも、風通しを良くします。 【特長】  ウリ科、ツル性の一年草でメロンやカボチャのように生育の早い植物です。 果肉はメロンとバナナを合わせたような感じで、甘味があります。完熟したゼリー状のエメラルドグリーンの部分を食用にします。果肉には高いビタミンCが含まれているを言われています。 トロピカルな雰囲気たっぷりのマケドニアンサラダやデザートのおすすめです。 生産地イタリア 内容量 約10粒<お客様へお願い> こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

【FRANCHI社】【37/37】丸キュウリ・MANDURIA 【郵送対応】

日光種苗

514

【FRANCHI社】【37/37】丸キュウリ・MANDURIA 【郵送対応】

FRANCHI社 【丸キュウリ・MANDURIA】 ローマ時代から栽培されていたと言われる大変古いイタリアの伝統品種の丸いキュウリで、メロンキュウリと呼ばれています。実が若い小ぶりのうちに収穫し、サラダやサンドイッチに使います。収穫せずに放っておくとメロンのような大きさになってしまいます! 生育旺盛、自家受粉でたくさんの実を付けます。 【種まき】日当たり、過湿に弱く、水はけがよく有機質に富んだ肥沃な土に、直播の地這栽培(5~6月)か育苗ポットまきにします。冷涼な気候を好み、30度以上の高温は苦手です。 【栽培】本葉が4~5枚に育成した頃、根土ごと丁寧に植えつけ、有機肥料を与えます。ツルは地這いにします。根が浅く乾燥を嫌うので、特に夏場の水やりはしっかりします。病害虫対策のためにも、風通しを良くします。 ●種まき 3-6月 ●収穫 6-10月 ■生産地:イタリア 内容量:3g<お客様へお願い> こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

【種子】ベランダ de メロン アニバーサリーナント種苗

Ivy

540

【種子】ベランダ de メロン アニバーサリーナント種苗

コメント: 美ネットが自慢の立体・地這い兼用の早生緑肉品種です。 つる割れ病レース0.2に抵抗性で、ツル持ちも良い。 うどんこ病の抵抗性を持ち、糖度も高く安定しやすい。 学名、科名: Cucumis melo L. ウリ科キュウリ属 英名: netted melon 種類: 一年草 別名: 和名: 網メロン 味わい方: 生食 播種時期: 冷涼地:3月上旬~4月下旬 平暖地:2月上旬~4月中旬 収穫時期: 冷涼地:7月中旬~8月下旬 平暖地:6月下旬~8月下旬 発芽適温: 28~30℃ 発芽日数: 約4~6日 播種深さ: 約1cm 採種国: タイ 内容量: 6粒入り 約5株相当:約7平方メートル分 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 芽がでにくいので、一晩水につけておきます。 育苗箱に条間9cm、株間2cmほどの間隔で条まき(すじまき:浅い溝を作り、一列に種を蒔く方法)します。 覆土は1cmくらい。 寒さに弱いので、25℃程度になるように保温します。 本葉が1枚のころ、3号ポットに移植します。 夜間の気温が18℃以下にならないように保温してください。本葉が4~5枚になるまで育苗します。 育て方: うね幅を2.5m前後で、整枝栽培の場合はツル間35cm以上が標準。 定植後40日以上経過してから着果させます。(それ以前には着けない) 開花後48日前後で収穫期となります。(平暖地4月下旬定植の場合) 基本的にハウスやトンネル栽培が望ましい。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります...

こちらの関連商品はいかがですか?

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 新北星350粒

e-たねや

8,260

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 新北星350粒

作型:トンネル/雨よけ/前進普通露地 美味しさ絶品、夏秋キュウリの代表品種 プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル、雨よけ、前進~抑制露地栽培 【播種期】3月上旬~8月上旬まき  歯切れ・おいしさ一番、作り易さと味で勝負! 【キュウリ種子】新北星(ときわ研究場) 【草姿】 草勢旺盛で自根栽培が楽々可能。作り易い露地キュウリ。 茎太く、徒長しにくく、ガッチリと生育するため、天候不良等の悪条件にも強い。  【雌花着花】 3~4月まきで主枝50~60%、5~6月まき25%前後、側枝は高温期をのぞき80%前後である。  【果実】 多収性はもちろんキュウリ本来のパリッとした歯切れと甘味を感じるおいしいキュウリ。  【新北星の作型】  【作型】 トンネル、雨よけ、前進~抑制露地栽培 【播種期】 3月上旬~8月上旬まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします メーカー在庫品の場合:3~4営業日内に発送いたします 『代金引換決済』をご希望の場合、商品発送の関係上、通常の発送より1営業日お時間をいただきます。 お急ぎの場合は『クレジット決済』をお勧めいたします。  ※ご注文いただく時期によっては、商品の発送までにお時間をいただく場合があります。 ご注文いただいた商品が...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ888 350粒

e-たねや

10,820

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ888 350粒

作型:越冬・促成・半促成・雨よけ栽培抜群の果色・光沢と食味の良さで最高の果実が最後まで持続 プロ用・専門家向け商品 【作型】越冬・促成・半促成・雨よけ栽培 【播種期】9月上旬~3月下旬まき 抜群の果色・光沢と食味の良さで最高の果実が最後まで持続 【キュウリ種子】ときわ888(ときわ研究場) 【草姿】 やや角型の葉は小さくて濃緑、葉柄が立ちスッキリした草姿で通風採光性に優れる。  【雌花着花】 主枝着果率は9月まきで20%前後、低温期の播種で70%前後で側枝は程よく着果し1果成り主体となる。  【果実】 整った円筒形で、21~22で100gとなり果揃いは良い。鮮やかな光沢で高温期でも濃緑色を保つ。歯切れ良く店持ちも良い。  【収量性】 適度な着果性で果実肥大が早く初期収量性高い。また側枝の発生も良いため最後まで高い生産力を保つ。  【食味】 果肉のしまり良く、歯切れは良好で、棚持ちも良い。  【栽培のポイント】 ● 定植は大苗(3.5枚以上4.5枚以内)で行う。買い苗(2枚程度)の場合は2~3日置いてから定植する。 ● 側枝は基本的に1節止めとし、生長点は必ず1~2本確保する。 ● 定植後活着したら、生殖生長を促すためにやや潅水を控え、果実肥大が始まったら、潅水を徐々に始める。 ● 摘葉は、草勢と混み具合を見ながら採光・通風性を確保するよう積極的に行う。       ● 急激な温度変化は避ける・とくに夕方の天窓とカーテンを閉める温度を下げすぎない。 ● ときわ888は主枝節間が詰まり過ぎないように水管理、温度管理に気をつける。 ● 下位の側枝はベッドの表面から30cmは摘除し通風採光性を良くする。 ● 主枝摘芯はベッド面より140~150cm...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ節成 350粒

e-たねや

10,820

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ節成 350粒

【作型】ハウス抑制、半促成栽培【播種期】7月上旬~8月初旬、1月~3月まき 果色・光沢良い節成りキュウリ プロ用・専門家向け商品 【作型】ハウス抑制、半促成栽培 【播種期】7月上旬~8月初旬、1月~3月まき 果色・光沢良い節成りキュウリ 【キュウリ種子】ときわ節成(ときわ研究場) 【草姿】 濃緑小葉で肉厚、葉柄が立ち、スッキリした草勢で受光体制に優れる。また、主枝着果が多い割に側枝の発生はスムーズで、特に後半の低温期に向かっても安定した枝の伸長性に優れる。  【雌花着花】 抑制栽培で主枝着果は、40~60%、半促成栽培でほぼ100%となり、側枝のほとんどが連続着果。主枝・側枝ともに1果成りが多い。  【果実】 きれいな円筒形で、肩はよく整い果形は安定しており、果長22~23で果重100gとなる。光沢良く、高温期から低温期まで濃緑で色ボケが無く、シモフリや条線は発生しない。  【ときわ節成の作型】  【栽培のポイント】 ●生育テンポの早い作型なので、元肥は初期~中期、後期に至るまでの肥効を考慮してバランスのとれた施肥設計を行う(有機質肥料を中心に施し、即効性のものは少なくする) ●健全な苗(2.5~3.5枚程度)を定植し、活着(本葉6枚程度)するもでの灌水は、株元を中心として消極的にならない。 ●活着後は原則的に灌水を減らし生育を抑えるが、極端な土壌の乾燥は根の伸長を阻害するので注意する。 ●1番果の肥大が確認できたら灌水を再開する。成りぐせがつく前に多量の灌水を行うと、茎葉が繁葉して果形が乱れる悪循環になることがあるので注意する。 ●1番果の収穫が始まった頃に初回の追肥を行う。 (チッソ成分1.5/10a) ●2回目以降の追肥は500/10aの収穫毎に行う。主枝からの収穫が多いので...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ333 350粒

e-たねや

10,770

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ときわ333 350粒

作型:トンネル/雨よけ/前進抑制露地 ウドンコ病耐病性、初期収量性に優れる プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル・雨よけ、前進~抑制露地栽培 【播種期】3月上旬~8月中旬まき  ウドンコ病耐病性。初期より多収、品質良く、すっきりとした草姿の省力型品種 【キュウリ種子】ときわ333(ときわ研究場) 【草姿】 葉は角型で小さく葉柄は立ち、枝も間伸びしづらいためスッキリした草姿となり採光性に優れる。また子枝・孫枝と確実に発生するため、より多くの収穫が期待できる。  【雌花着生】 主枝着果率は、3~4月まきで60%前後、5~6月まきで40~50%。主枝・側枝とも1果成り主体で側枝の連続着果性が高い。  【果実】 果長21位で100gとなり、濃緑色の光沢ある果実で果揃いよく、生育を通じて果長の変化少ない。  【収量性】 初期から果形の安定力に優れ、かつ長期にわたり秀品果が成り続け高い収量を得られる。  【耐病性】 耐暑・耐病性に優れ、高温下でも果色濃く最後まで色落ちなし!  【作型】 トンネル・雨よけ、前進~抑制露地栽培 【播種期】 3月上旬~8月中旬まき  【栽培のポイント】 ● 定植時の苗は2.5~3.5枚とし、育苗時に必要以上に低温乾燥条件下に置くことによる苗の老化を防ぐ。 ● 必ず勢いの良い生長点を2~3本残すことで後半の草勢の維持もしやすく、より収量を上げることにつながる。 ● 主枝・側枝の着果性高く、下段側枝の発生は旺盛であるが果実肥大が早い為、最低雌花節位は10節以上からとする。 ● 追肥は1果目の肥大を見ながら随時積極的に行い、肥料切れにならないよう早め早めに行う。   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。...

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ときわパワーZ2 350粒

e-たねや

5,900

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ときわパワーZ2 350粒

【作型】ハウス・露地全作型【播種期】1~12月まき全国に普及・人気No.1の強力ブルームレス台木!発芽揃い良く、接ぎ木し易く、何れの品種とも親和性最高、成苗率抜群!ウドンコ病耐病性台木「ときわパワーZ」の強力草勢タイプ苗業者にも使い易さで大好評! プロ用・専門家向け商品 【作型】ハウス・露地全作型 【播種期】1~12月まき 全国に普及・人気No.1の強力ブルームレス台木! 発芽揃い良く、接ぎ木し易く、何れの品種とも親和性最高、成苗率抜群! ウドンコ病耐病性台木「ときわパワーZ」の強力草勢タイプ 苗業者にも使い易さで大好評! 【キュウリ種子】ときわパワーZ2(ときわ研究場) 【草姿】 草勢の強い台木ですので、草勢のおとなしいキュウリ品種との相性はピッタリ、また草勢の強いキュウリ品種との、強いもの同士の組み合わせでも、果実肥大を伴う優れた特性を持つ台木のため、栄養生長型に走ることはない。  【耐病性】 育苗中、カボチャの子葉からウドンコ病が発生し、キュウリへ感染することがあるが、「パワーZ2」や「パワーZ」にはウドンコ病がつきにくいので、この台木だけを使用した場合はウドンコ病の発生が抑制される。育苗期や定植後のウドンコ病防除が軽減できる。 穂木にウドンコ病耐病性露地品種、金星・金星T・ときわ333を使用するとウドンコ病の抑制効果が倍加する。  【収量性】 強い草勢ながら果実肥大に優れる。地下部と地上部のバランスのとれた強い草勢となる。初期から多収、後半まで安定した高い生産量となる。  【ウドンコ病抵抗性台木について】 台木カボチャからのウドンコ病の誘発は防ぐことはできますが、接木によりキュウリ(穂木)へのウドンコ病に対する抵抗性は移行しませんので通常通りの防除をおこなって下さい。  ...

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ときわGT-2 350粒

e-たねや

5,900

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ときわGT-2 350粒

【作型】超冬、促成、半促成、ハウス抑制、露地栽培【播種期】1月~12月まき 抜群の発根力で、草勢維持と収量性アップ!周年でいずれの作型にも適する。特に低温期栽培や長期栽培に最適。 プロ用・専門家向け商品 【作型】超冬、促成、半促成、ハウス抑制、露地栽培 【播種期】1月~12月まき 抜群の発根力で、草勢維持と収量性アップ! 周年でいずれの作型にも適する。特に低温期栽培や長期栽培に最適。 【キュウリ種子】ときわGT-(ときわ研究場) 【草姿】 種子の大きさは中位で、発芽揃いは良い。子葉は濃緑で厚みがあり痛みにくい。また、胚軸が太いので接木し易く、根量を充分確保した苗ができる。深くまで根が張り、根の働きも良く、ハウス抑制栽培で発生し易い芯焼け・葉焼けは少ない。  【収量性】 「呼び接ぎ」はもちろん「断根挿し接ぎ」でも優れた発根力を発揮して栽培後半まで安定的に草勢を維持、最後まで収量性・秀品率が高くなる。  【耐病性】 生育初期の発根力に優れ活着がスムーズとなり、「ときわパワーZ2」と同様地上部の生育や収穫始めは早い。ウドンコ病抵抗性を持つ為、育苗期のウドンコ病の発生を抑えることが出来る。  【作型】 超冬、促成、半促成、ハウス抑制、露地栽培 【播種期】 1月~12月まき こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします...

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ぞっこん 350粒

e-たねや

5,900

【キュウリ用台木種子】 【ときわ研究場】 ぞっこん 350粒

【キュウリ台木用】ぞっこん ブルームレス台木カボチャ     【特長】     【作型】周年まき ※ハウス越冬・促成・半促成、露地栽培に最適     草姿:種子の大きさは中位で、子葉は濃緑で発芽揃いは良い。 根は太くて根量も多く、広い範囲に深く張るため苗はしっかりとした姿となる。 胚軸が太いため、接ぎ木し易い。 収量性耐病性:「断根挿し接ぎ」「呼び接ぎ」どちらでも優れた発根力を発揮して、栽培後半まで安定的に草勢を維持、最後まで収量性・秀品率が高くなる。地上部の生育は、徒長しにくくガッチリとした草姿となる。 栽培後半は、草勢が維持しやすく、特に長期栽培において安定した収量を確保できる。 耐病性:ウドンコ病耐病性を持つ為、栽培初期のウドンコ病の発生を抑えることができる。 栽培のポイント:発芽時に胚軸を伸ばすような管理をして下さい。       【ご注文前に必ずご一読お願いします】 ご注文に際しまして、以下の点についてご確認上、ご注文賜りますよう、お願いいたします。 【商品のお届けについて】 商品の発送は、通常、店舗在庫がある商品は、2~3営業内での発送となります。 店舗在庫がない場合、ご注文後にメーカーへ在庫確認・発注後の発送となります。 その為、納品までにお時間がかかる場合や商品品切れとなる場合がございます。 誠に恐れ入りますが、納品をお急ぎのお客様は、予め商品在庫についてお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。 尚、ご注文いただいた商品が、メーカー在庫商品の品切れや納品までにお時間がかかる際は、後程弊社からメール・お電話等でご連絡差し上げます。 【商品の使用期限について】 在庫管理の都合上、在庫している商品から出荷いたします。...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 パイロット 350粒

e-たねや

9,930

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 パイロット 350粒

作型:トンネル/雨よけ/前進普通露地 高品質、草勢・果形安定、多収タイプ プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル、雨よけ、前進~抑制露地 【播種期】2月下旬~8月中旬まき 高品質・果形安定多収、露地キュウリの決定版! 【キュウリ種子】パイロット(ときわ研究所) 【草姿】 中小葉で強力な茎葉、カラッとした草姿で果実の肥大と草勢のバランスが良い。  【雌花着花】 2~4月まきでは……50~60% 5~6月まきでは……40~50% 7~8月まきでは……20~30% 側枝は春まきで1~2節連続着果。  【果実】 果肩・果尻とも良く整い、果揃い良好となる。高温期でもシモフリなく濃いグリーンで光沢に優れキュウリ本来の味をもつ。  【収量性】 収穫始めから果の肥大が良く、初期収量多く、強い草勢で全期間を通じて収量性は高くなる。  【栽培のポイント】   A・Bの両仕立て方に共通する栽培事項 ● ベット表面からの高さ40cm以内の子枝はすべて摘除する。雌花もツボミの内にすべて 摘除する。 ● 生育が順調な場合は8節から一番果を着果させられるが、10節内に1果着果を標準と し最大2果とす る。 ● 活着不良や栽培環境が悪い場合は、主枝の雌花を早目に高い節位まで摘除する。 ● 主枝10節以下の孫枝は、1節で摘芯し果実収穫後に子枝の元から切除する。 ● 以降は、それぞれA・Bの仕立て方で行なう。     1:8~10節間の子枝を1本だけ摘芯せずに伸ばす。 2:頂点から下3節間の子枝を1本だけ摘芯せずに伸ばす。 3:12 以外の子枝は1~2節で摘芯する。 4:孫枝は状況に応じて適宜伸ばす。 5:主枝(親づる)はベット表面から高さ1.6~1.7mで摘芯する。 6...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 はるか 350粒

e-たねや

9,740

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 はるか 350粒

【作型】越冬・促成・半促成・雨よけ 摘芯栽培はもちろんつる下げ栽培にも最適。 小葉、早生、秀品果率抜群、省力栽培にピッタリ! プロ用・専門家向け商品 【作型】越冬・促成・半促成・雨よけ 【播種期】8月下旬~4月下旬まき 摘芯栽培はもちろんつる下げ栽培にも最適。 小葉、早生、秀品果率抜群、省力栽培にピッタリ! 【キュウリ種子】はるか(ときわ研究場) 【草姿】 葉色は濃く、葉肉の厚い強力な小葉で、草勢は中位であるが、葉柄は立ち受光態勢が良いので悪条件の中でも、極めて作り易い、省力栽培にピッタリの品種である。  【雌花着花】 主枝着果率は9月まきで20~25%、11月以降の低温期播種では主枝80%以上、側枝は殆ど連続着果する。各節とも1果成りが多い。  【果実】 果色は濃緑、果長21~22cmで果重100g前後となり、果形は円筒形で頭から尻まで特に良く整う。尻太果、尻細果、曲がり果等の発生は非常に少ないため選果選別が楽で、機械選、手選いずれにおいても省力化・効率化が図れる。  【収量性】 低温期や日照量の少ない地帯、時期でも、果実の肥大が良く、花溜りもなく、バランスのとれた草姿で長期栽培においても、常に収量が多い。  【作型】 【播種期】 8月下旬~4月下旬まき こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 インパクト 350粒

e-たねや

10,000

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 インパクト 350粒

【作型】半促成、雨よけ、ハウス抑制【播種期】1月上旬~6月下旬、7月下旬~8月下旬まき濃緑・光沢抜群の高品質キュウリ、安定した果形で食味最高! プロ用・専門家向け商品 【作型】半促成、雨よけ、ハウス抑制 【播種期】1月上旬~6月下旬、7月下旬~8月下旬まき 濃緑・光沢抜群の高品質キュウリ、安定した果形で食味最高! 【キュウリ種子】インパクト(ときわ研究場) 【草姿】 葉は小葉で厚みがあり、採光性に優れる。子枝・孫枝は中位の節間で、太さのあるしっかりとした枝となる。  【雌花着花】 主枝着果は、7~8月まきで20%前後、1~4月まきで主枝70%前後、子枝は、ほぼ連続着果で、いずれの作型でも1果成りが多い。  【果実】 果実は22前後で重さ100g程度、果色は特に濃く光沢に優れたキュウリ、食味は非常に良い。果揃い良く、環境を問わず中・後期まで尻太果の発生は少ない。収量性、秀品率は、最後までともに高い。  【収量性】 主枝着果は、夏場の播種ではやや少なめだが側枝(子枝・孫枝)の果実肥大は非常に早く、初期より多収となりコンスタントに成り続ける。また孫枝以降の発生も良いため、後半まで安定した高い収量が得られる。  【栽培のポイント】 収穫期に入ったら最低気温13℃以上を確保したほうが質・量共により向上する。  【作型】 【播種期】 1月上旬~6月下旬、7月下旬~8月下旬まき こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 パイロット103 350粒

e-たねや

9,930

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 パイロット103 350粒

作型:トンネル/長期雨よけ/前進抑制露地 耐暑性に優れ、高品質長期安定多収 プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル、長期雨よけ、前進~抑制露地 【播種期】2月下旬~8月中旬まき 果色・光沢良く、終期まで安定多収、夏秋キュウリの決定版! 【キュウリ種子】パイロット103(ときわ研究場) 【草姿】 中小葉で厚みのある葉、順次力強く枝が発生し最後まで草勢を維持する。  【雌花着花】 2~4月まきで50%位、5~6月まき40%位、7~8月まき30%位。側枝は春まきで1~2節連続着果  【果実】 果肩、果尻とも良く整いコンテナ出荷にも最適。果色は高温期でもシモフリなく濃いグリーンで光沢良く品質低下がない。  【収量性】 収穫始めから果の肥大が良く、前期収量多く、強い草勢いで全期間を通じて収量性が高い。  【食味】 キュウリ本来の味をもち消費者ニーズに合った食味である。  【作型】 トンネル、長期雨よけ、前進~抑制露地 【播種期】 2月下旬~8月中旬まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします メーカー在庫品の場合:3~4営業日内に発送いたします 『代金引換決済』をご希望の場合、商品発送の関係上、通常の発送より1営業日お時間をいただきます。 お急ぎの場合は『クレジット決済...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ディソール 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ディソール 350粒

作型:越冬/促成/半促成ウドンコ病・カッパン病に強くつる下げ栽培に最適 プロ用・専門家向け商品 【作型】越冬、促成、半促成栽培に適する。 【播種期】9月~3月まき 【キュウリ種子】ディソール(ときわ研究所) 【草姿】 枝の発生は、主枝、側枝とも安定して発生する。葉は濃緑で中~小葉、受光態勢の良い草姿となり、管理作業が行い易い。  【雌花着花】 主枝雌果率は、9月播種で20~40%程度、11月以降の播種では60~70%となる。側枝は連続着果となり、各節1果成りが主体となる。  【果実】 果実は、21程度で果重100g前後となり、果色は極濃緑、肩こけ少なく秀品率高い。  【収量性】 果実肥大は早く、初期から多収となる。まだ低温下においても、順調に果実肥大するため最低夜温は、12~13℃(実温)で行う。  【耐病性】 ウドンコ病、カッパン病に強く、ベト病の発生も少なく、薬剤散布の軽減が可能となり収穫後半まで安定した栽培が行える。  【栽培のポイント】 ●果実肥大が早いので、初期に充分な樹勢を確保する。そのため主枝は、ベッド上40 以上の高さより着果させる。 ●潅水、追肥はエテルノと同様に早いタイミングで行う。 ●仕立て方は、つる下げ栽培に最適で、2~3本仕立て(主枝+子枝1~2本半放任)の 摘芯栽培にも適する。  【作型】 越冬、促成、半促成栽培に適する。 【播種期】 9月~3月まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 エテルノ 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 エテルノ 350粒

作型:越冬/促成/加温半促成つる下げ栽培から摘芯栽培、果実肥大力抜群 プロ用・専門家向け商品 【作型】越冬、促成、加温半促成 【播種期】9月~3月まき 低温肥大力に優れ初期より多収、つる下げ栽培から摘芯栽培まで! 【キュウリ種子】エテルノ(ときわ研究場) 【草姿】 肉厚な濃緑色の葉で、枝はゆっくりと発生し、通風採光性の良い草姿となる。つる下げ栽培に最適で、初期の樹作りを充分に行えば摘芯栽培もできる。  【雌花着花】 主枝着果率は9月まきで20~30%、11月~2月まきで70~80%、側枝の着果率は高く、1~2果成りとなる。  【果実】 果長22位で果重100g、きれいな円筒形で果形の安定性に優れ尻細・尻太果の発生は少ない。収穫全期間を通して濃緑色で光沢のある果実が成り続ける。また果肉が締まった歯ごたえのある美味しいキュウリとなる。  【収量性】 開花・肥大早く、初期より安定した収量が確保できる。果実肥大と枝発生のバランスが良いため、収穫量に波が少なく、高い秀品率が得られる。  【栽培のポイント】 穫れ始めが早く初期収量があがるため、主枝一番果の着果位置は無理をせず、ベッド上40(8節)以上からとし、定植後の活着をスムーズに行い、高い収量を得られるように初期の樹作りをしっかりと行う。 ●「エテルノ」は、つる下げ栽培に最適ですが、下記の点に注意して初期の樹づくりをおこなえば摘心栽培もできます。 ●定植は、潅水をベッド全体に充分行い、最低地温18℃以上を確保した場に行う。 ●定植後は、前夜半を16℃以上、後夜半15~16℃を維持して活着を促す。 ●本葉7~8枚(活着)までは、手潅水等で水不足にならないようこまめな水管理をする。 ●順調な活着・生育状態であっても...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ボルタ 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ボルタ 350粒

作型:促成/半促成果実肥大早く、安定した果形と草勢で秀品多収 プロ用・専門家向け商品 【作型】促成、半促成栽培 【播種期】9月~12月まき ウドンコ病耐病性を持ち、初期より果実肥大スムーズで、安定した果形と草勢で秀品多収! 促成、半促成栽培、摘芯栽培~長期つる下げ栽培に適する。 【キュウリ種子】ボルタ(ときわ研究所) 【草姿】 側枝は順次安定して発生し、最後まで草勢を維持し易い。葉は濃緑で小葉、受光体制の良い草姿となり、管理作業がしやすい。  【雌花着花】 9月播種で30~40%、11月以降の播種では60~70%。各節1果成り主体となる。  【果実】 100gで21~22cmとなり、光沢に優れ果色は濃緑、肩こけ、曲がり果の発生少なく秀品率が高い。  【収量性】 果実肥大は早く初期から多収となる。また低温期においても順調に果実肥大するためハウス内実温12~13℃を確保する。  【耐病性】 ウドンコ病に強く、ベト病の発生も少なく、薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した収穫ができる。  【栽培のポイント】 果実肥大が早いため、初期に充分な樹勢を確保するために、7節以下の雌花を除去する。潅水・追肥は肥大が始まるタイミングで行う。  【摘芯栽培のポイント】     ※活着不良や厳寒期の場合は、図のように子枝を1本残して2本仕立ての方法もあります。 1.定植~活着まで最低地温18~20℃を保ち、土壌水分・空中湿度ともに充分確保する。 1:定植前にベット中心部まで充分潅水をして底水を作って定植する。 2:前夜半の気温を実温で16℃以上確保、後夜半も15~16℃維持して活着を早める。 3:午前中の空中湿度は充分保ち、カーテンの全開は避ける。 2....

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ズバリ163 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 ズバリ163 350粒

【作型】ハウス抑制、暖地促成、半促成栽培用【播種期】12月~4月、7月~10月まきハウス抑制栽培・半促成栽培から西日本のつる下げ栽培まで、幅広い作型で益々高い評価! プロ用・専門家向け商品 【作型】ハウス抑制、暖地促成、半促成栽培用 【播種期】12月~4月、7月~10月まき ハウス抑制栽培・半促成栽培から西日本のつる下げ栽培まで、 幅広い作型で益々高い評価! 【キュウリ種子】ズバリ163(イチロクサン)(ときわ研究場) 【草姿】 肉厚な濃緑色の葉で葉柄が立ち、枝は太めでゆっくりと確実に発生し、しっかりとした草姿となる。主枝・側枝ともに節間は間伸びしにくい。  【雌花着花】 主枝着果率は7~8月まきで30~40%、1~2月まきで80~90%となり、いずれの播種期でも1~2果成りとなる。  【果実】 果長21cm位で果重100g、きれいな円筒形で尻細・尻太果の発生少なく、果形の安定性に優れる。収穫期全般にわたって、光沢のある果実が成り続ける。  【収量性】 初期からの開花・肥大早く、最初から最後まで収量性に富む。特にハウス抑制栽培の後半では果実肥大が良く、安定した収穫量を維持できる。  【栽培のポイント】  【1】一本仕立て(主枝1本) ● ベット作りの前に充分潅水をベットの下中心部(底水)の水分を作る。 ● 定植後活着するまでは、株回り潅水を行う。 ● 5~6枚位の活着を目指す。 ● 完全活着後成長点が1~1.5枚展開後から徐々に水分を控える。      【2】主枝摘芯 ● 主枝は15~16節摘芯とする。(150~160) ● 主枝または側枝の雌花開花後に少量潅水し肥大を促す。 ● 4~5節(30位)の側枝は早めに摘み取る。 ● 下枝整理後...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光耀(こうよう) 350粒

e-たねや

10,770

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光耀(こうよう) 350粒

作型:普通抑制露地 強い耐病性を持ち、草勢維持し易く、最後まで安定多収となる プロ用・専門家向け商品 【作型】普通~抑制露地栽培 【播種期】4月上旬~8月中旬まき 強い耐病性を持ち、草勢維持し易く、最後まで安定多収となる 【キュウリ種子】光耀(こうよう)(ときわ研究場) 【草姿】 葉は肉厚で葉柄は立つ。茎太く、側枝の節間は中位で、しっかりとした草姿となる。側枝の発生が良く、孫枝以降の発生もスムーズである。  【雌花着花】 3月~4月播種で40~50%、5月~6月播種で30~40%、7月~8月播種で20~30%。主枝・側枝共に1果成りが中心である。側枝は連続または飛成りとなる。  【果実】 果長21で果重100g前後となり、果色・光沢良い。高温下でも果実が短くなりにくい。  【収量性】 適度な着果であるため、果形が安定しやすい。しっかりとした草姿を維持しやすいため、安定した収量が確保できる。  【耐病性】 ウドンコ病・ウイルス病(ZYMV)に強く、ベト病の発生も少なく、また夏期の劣悪条件下でも草勢が安定している。適度な着果のため果実肥大がスムーズで、枝の発生よく草勢がバテにくい。  【作型】 普通~抑制露地栽培 【播種期】 4月上旬~8月中旬まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光望(こうぼう) 350粒

e-たねや

10,220

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光望(こうぼう) 350粒

作型:普通抑制露地 耐暑性・耐病性に優れ、長期安定多収 プロ用・専門家向け商品 【作型】普通~抑制露地 【播種期】4月上旬~8月中旬まき 耐暑・耐病性品種で天候不順に強く安定した収量、果色濃く、食味・店持ちも良い。 【キュウリ種子】光望(こうぼう)(ときわ研究場) 【草姿】 葉は角型で濃緑色。中小葉で葉柄が立ち採光性良好である。子枝の節間は間伸びすることなく確実に発生し、孫枝以降の発生もスムーズ。  【雌花着生】 3月~4月播種で主枝40~50%、5月~6月播種で30~40%。1果成りが中心で、側枝は適度な着果となる。。  【果実】 果長21cm位で果重100gのボリュームのある果実となり、濃緑色で光沢がある。尻細・尻太果の発生少なく、果揃い抜群で選果作業が容易となる。  【収量性】 適度な着果であるため果実肥大がスムーズで、収穫初期からの果形が良い。安定した収穫量のため草勢が維持しやすいので、果形の乱れが少なく長期にわたり秀品果が成り続ける。食味は香り、歯切れ、甘み良く、キュウリ本来の味となる。  【耐病性】 ウドンコ病耐病性でウイルス病 (ZYMV)・カッパン病にも強く、かつ耐暑性に優れる。適度な着果のため果実肥大がスムーズで果形の安定力があり、長期にわたり草勢が維持しやすい品種。  【作型】 普通~抑制露地 【播種期】 4月上旬~8月中旬まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 プロスパー2 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 プロスパー2 350粒

作型:半促成/雨よけ低温条件に強くボリュームのある果実となる プロ用・専門家向け商品 【作型】半促成(加温・無加温)、暖地半促成、雨よけ栽培に適する 【播種期】11月~4月まき 低温条件下でも枝の伸長性に優れボリューム感ある安定した果形となる 【キュウリ種子】プロスパー2(ときわ研究場) 【草姿】 草勢は中位。主枝伸長はスムーズで節間が詰まりにくい。側枝は、ゆっくりと安定して発生し、葉は濃緑色でやや大きめとなる。  【雌花着花】 主枝雌花率は、12月まきで60~80%、3月まきで40~60%で1果成り主体となる。  【果実】 果長は、100gで21~22cm、ボリューム感があり、収穫始めから最後まで形の整った果形で果色は濃緑となる。  【収量性】 果実肥大は順調で果形が安定し、安定した収量で草勢の維持も容易となる。  【作型】 半促成(加温・無加温)、暖地半促成、雨よけ栽培に適する 【播種期】 11月~4月まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします メーカー在庫品の場合:3~4営業日内に発送いたします 『代金引換決済』をご希望の場合、商品発送の関係上、通常の発送より1営業日お時間をいただきます。 お急ぎの場合は『クレジット決済』をお勧めいたします。  ...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光のしずく 350粒

e-たねや

10,770

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 光のしずく 350粒

作型:トンネル/雨よけ/前進抑制露地 スッキリした草姿、前期から多収穫!草樹も長持ち!! プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル・雨よけ・前進~抑制露地 【播種期】3月上旬~8月中旬まき  スッキリした草姿!前期から多収穫!草樹も長持ち!! 【キュウリ種子】光のしずく (ときわ研究場) 【草姿】 葉柄が立ち、節間は間伸びすることなく、スッキリした草姿で採光性が良い。葉は濃緑で厚みのある小葉で、持ちが良い。  【雌花着花】 主枝着果率は3~4月まきで50~60%、5~6月まきで30~40%、7~8月まきで20~30%、主枝・側枝とも1果成りが中心となる。  【果実】 果重100gで果長21前後となり、円筒形の鮮緑色で光沢のある果実。果揃いよく、選果作業が容易となる。  【収量性】 果実肥大力に優れ、初期より多収となり、また果形の安定力にも優れる。果形の乱れ少なく収量性・草勢が安定しており、長期にわたり秀品果が成り続ける。  【耐病性】 ウドンコ病・ベト病やウィルス病(ZYMV)等各種病害に耐病性を示す  【作型】 トンネル・雨よけ・前進~抑制露地 【播種期】 3月上旬~8月中旬まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】 店舗在庫品の場合:1~2営業日内に発送いたします メーカー在庫品の場合:3...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 アドニス 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 アドニス 350粒

作型:越冬/促成/半促成耐病性を持ち、品質良く、高い秀品率と安定した収量 プロ用・専門家向け商品 【作型】促成、半促成、越冬(暖地促成)栽培 【播種期】9月~3月まき 【キュウリ種子】アドニス(ときわ研究所) 【草姿】 側枝・孫枝とも安定して発生し、最後まで草勢を維持しやすい。葉は濃緑で中葉、受光態勢の良い草姿となり、管理作業が行いやすい。  【雌花着花】 主枝雌果率は、11月以降の播種では60~70%。9月播種で30~40%程度となる。各節1果成りが主体となる。  【果実】 果実は22~23で、果色は極濃緑、肩こけ少なく秀品率高い。果焼けの発生も少ない。  【収量性】 果実肥大良く、収穫全期間を通して安定多収となる。また低温下においても、順調に果実肥大するため収穫期の最低夜温は、実温で最低12℃以上を確保すればよい。  【耐病性】 ウドンコ病に強く、ベト病の発生も少なく、薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した栽培が行える。  【栽培のポイント】 ●台木は、ときわパワーZ2、ときわGT-2が最適。 ●果実肥大が早く、初期に十分な樹勢を確保するために、7節以下の雌花を除去する。 ●初期生育は極端な節間の詰まらせ過ぎや極端な小葉等生育を抑え過ぎないように育て、主枝開花始め頃より潅水、追肥を行う。 ●仕立て方は、子枝を1本伸ばす2本仕立てが良い。  【作型】 促成、半促成、越冬(暖地促成)栽培 【播種期】 9月~3月まき   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 グランツ 350粒

e-たねや

11,060

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 グランツ 350粒

【作型】半促成(加温)・ハウス抑制・促成(暖地促成)栽培【播種期】12月上旬~4月、7月~10月まき高温条件下でも品質良く、果形の安定性に優れる。適度な着果性を保つため、収量の波が少なくコンスタントに成り続ける。 プロ用・専門家向け商品 【作型】半促成(加温)・ハウス抑制・促成(暖地促成)栽培 【播種期】12月上旬~4月、7月~10月まき 高温条件下でも品質良く、果形の安定性に優れる。 適度な着果性を保つため、収量の波が少なくコンスタントに成り続ける。 【キュウリ種子】グランツ(ときわ研究場) 【草姿】 肉厚な濃緑色の小葉で、葉柄が立ち、枝の節間は間延びしづらい。ガッチリとした草姿で、草勢がバテにくい。  【雌花着花】 主枝雌花率は9月まきで30~40%、1月まきで80~90%、いずれの播種期でも側枝の連続性は高く、2果成りが少ない。  【果実】 果長21で果重100g前後となり、きれいな円筒形、尻細・尻太果の発生は少ない。収穫期全般にわたって、濃緑色で光沢のある果実となる。  【収量性】 果実肥大良く、程良い着果のため、収量の波が少なく、結果的に多収穫が期待できる。また、高温条件下でも品質の低下はなく、果形の安定力にも優れる。  【栽培のポイント】 ●多収性のため、元肥は多めにする。収穫量に応じ、随時、潅水・追肥を行っていく。 ●基本的に子枝は1~2節摘芯とし孫枝・ひ孫枝から半放任とする。 ●つる下げ栽培を行う場合は、ハウス内が高温・多湿にならない様に注意する。  【作型】 半促成(加温)・ハウス抑制・促成(暖地促成)栽培 【播種期】 12月上旬~4月、7月~10月まき こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが...

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 南極1号 350粒

e-たねや

9,370

【キュウリ種子】 【ときわ研究場】 南極1号 350粒

作型:トンネル/雨よけ/前進普通露地 全国露地産地制覇の実績、高品質多収 プロ用・専門家向け商品 【作型】トンネル、雨よけ、前進・普通・抑制露地 【播種期】2月下旬~8月下旬まき 全国露地産地完全制覇の実績、高品質と作り易さで信頼度No,1 【キュウリ種子】南極1号(ときわ研究所) 【草姿】 葉は、やや角味を帯びた濃緑の中葉で、茎は太くガッチリ生育する。  【雌花着花】 主枝着果率は、2月まきで60~70%、4月まきで40~50%、7・8月まきで20%前後で各節1~2果成り。側枝は節成りで成り戻りも多い。  【果実】 果重100g位で果長21~22、きれいな円筒形で肉厚となる。果色は環境を問わず常に濃緑色で、テリ輝き、高温・乾燥等の不良条件下でも色ボケ、尻部の黄線も全くない。食味抜群で歯切れの良さ、みずみずしさを備えた美味しいキュウリ  【収量性】 低温・弱光線下でも連続果実肥大力の強い早生種で、全期間にわたり収量に波がなく高いレベルで安定している。  【食味】 果色は栽培環境を問わず常に濃緑色で、テリ輝き、高温・乾燥等の不良条件下でも色ボケ、尻部の黄線も全くない。  【作型】 トンネル、雨よけ、前進・普通・抑制露地 【播種期】 2月下旬~8月下旬まき  【南極1号の作型】   こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221-4926 ご注文後、メーカー品切れ・納期の遅れがある場合は、おってご連絡いたします。 何卒、ご理解くださいますよう、お願いいたします。  【商品発送までの目安】...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク