メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「四季成りイチゴ品種」検索結果。

四季成りイチゴ品種の商品検索結果全12件中1~12件目

野菜の苗/四季成りイチゴ:とちひとみ3号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

1,200

野菜の苗/四季成りイチゴ:とちひとみ3号ポット 3株セット

栃木県農業試験場が開発した甘みと酸味のバランスがとれた食味が良い四季成りイチゴ。連続して開花するため収穫性が高く、春から初夏(5月下旬~7月)、初秋~晩秋(10月~11月上旬)頃に実が収穫でき、果実の大きさは平均約11g(とちおとめ15g)、果形は円錐形で、果色は鮮紅色です。果皮及び果肉がしっかりとしており、夏秋どりで問題となる傷み果の発生が少ない品種です。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。※とちひとみは種苗登録品種となります。無断での増殖、譲渡、販売は禁止とされております。ご注意下さい。使用農薬(有効成分):キノンドーフロアブル、アミスター20フロアブル、コルト顆粒水和剤、フルピカフロアブル、モスピラン水溶液 各1回生産地:福島県四季成りイチゴ:とちひとみ3号ポット...

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

5,620

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット12株セット

簡単に何度でも収穫が楽しる四季成りいちご、あまごこち。四季成りなのに糖度が高く、夏秋も甘い果実が収穫できるためプロのいちご生産者からの評価も高い品種です。開花に波がなく連続的なので家庭菜園でも簡単に楽しめます。●あまごごちの特長・四季成りいちごの決定版!・開花に波がなく春から秋まで何度も収穫できる!・高糖度!(糖度14~16)※栽培時の環境に異なります。・自然受粉しやすいので簡単に収穫できる!・中小玉なのでたくさん収穫できる!・がく片の緑色がきれい!・ウドン粉病にかかりにくい性質! 開花・結実期:4~11月日照:戸外の日当たり栽培方法:水はけのよい用土に元肥を施し、葉の付け根部分が埋まらないように植えてください。形よい果実を成らせるには絵筆などで花中心部をさっとなでてやると受粉がうまくすすみ形よい果実が成ります。着果肥大しなくなったら成り疲れかもしれません。花房を茎元から除去し薄めの液肥を定期的に与え回復を待ってください。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。何卒ご了承くださいませ。農林水産省品種登録申請番号第21074号(登録名新白鳥4号)使用農薬(有効成分):アミスター20フロアブル3回、コテツフロアブル2回、ゲッター水和剤3回、プレオフロアブル2回、リドミルゴールドMZ2回、アディオン乳剤3回、ベンレート水和剤3回、コロマイト乳剤3回、スピノエール顆粒水和剤2回、マッチ乳剤4回産地:群馬県 イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

1,509

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット3株セット

簡単に何度でも収穫が楽しる四季成りいちご、あまごこち。四季成りなのに糖度が高く、夏秋も甘い果実が収穫できるためプロのいちご生産者からの評価も高い品種です。開花に波がなく連続的なので家庭菜園でも簡単に楽しめます。●あまごごちの特長・四季成りいちごの決定版!・開花に波がなく春から秋まで何度も収穫できる!・高糖度!(糖度14~16)※栽培時の環境に異なります。・自然受粉しやすいので簡単に収穫できる!・中小玉なのでたくさん収穫できる!・がく片の緑色がきれい!・ウドン粉病にかかりにくい性質! 開花・結実期:4~11月日照:戸外の日当たり栽培方法:水はけのよい用土に元肥を施し、葉の付け根部分が埋まらないように植えてください。形よい果実を成らせるには絵筆などで花中心部をさっとなでてやると受粉がうまくすすみ形よい果実が成ります。着果肥大しなくなったら成り疲れかもしれません。花房を茎元から除去し薄めの液肥を定期的に与え回復を待ってください。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。何卒ご了承くださいませ。農林水産省品種登録申請番号第21074号(登録名新白鳥4号)使用農薬(有効成分):アミスター20フロアブル3回、コテツフロアブル2回、ゲッター水和剤3回、プレオフロアブル2回、リドミルゴールドMZ2回、アディオン乳剤3回、ベンレート水和剤3回、コロマイト乳剤3回、スピノエール顆粒水和剤2回、マッチ乳剤4回産地:群馬県イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

【東日本限定 送料無料】ハーブ本格 育成キット イタリアン四季成りイチゴ栽培 セット 鉢植え インテリア 陶器/

euro plants studio

1,980

【東日本限定 送料無料】ハーブ本格 育成キット イタリアン四季成りイチゴ栽培 セット 鉢植え インテリア 陶器/

【セット内容】素焼きテラコッタ(4号サイズ)素朴なテラコッタ鉢です。オリジナル培養土ハーブ用にブレンドした当店オリジナル用土。シードボックスこの中に種が入っています。鉢底石&鉢底網これで根腐れ防止、土漏れ防止も万全!ハーブ用肥料ハーブの成長に合わせてご使用ください。プラスチック受皿なんとっ、イタリア製です!5品種からお選びください【イタリアン四季成りイチゴ】 【収穫期】5月~9月頃【利用方法】生食、ジャム、ジュース、洋菓子、和菓子作りなどの材料に。【花言葉】『尊重と愛情』『幸福な家庭』【スウィートバジル&ヴァイオレットアロマティコ】一般的なグリーンのバジルと紫色のバジルのミックスです。【利用方法】料理(トマト料理やチーズとの相性は抜群)【効能】強壮、鎮静、抗菌、抗うつ、駆風など【花言葉】好意・好感【イングリッシュラベンダー】【利用方法】ハーブティー・料理・美容アロマ・ポプリ【効能】鎮静、鎮痙、抗菌、殺菌、防腐、抗炎症、抗うつ、鎮痛【花言葉】期待【カモミール】【利用方法】ハーブティー・料理・美容・アロマ・ポプリ【効能】鎮静、抗炎症、抗痙攣、発汗、消化促進、抗菌、殺菌、利尿、嘔吐予防など【花言葉】逆境に負けない強さ・親交【ローズマリー】【利用方法】料理(肉料理の臭い消し・香りづけ)美容・アロマ・ポプリ・消臭剤など【効能】強壮、血液循環促進、消化促進、抗酸化、抗菌、発汗、収れん【花言葉】変わらぬ愛・思い出【育て方】商品本体に詳しい育成の手引きがございますので、手引きをご参考になり、お育てください。お買上げ後に誰でもすぐに栽培を開始できる内容となっております。

野菜の苗/イチゴ:めちゃデカッ!いちご3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

5,083

野菜の苗/イチゴ:めちゃデカッ!いちご3号ポット12株セット

春から秋までつぎつぎと大きな果実ができる四季成り性イチゴです。特に、収穫初期の果実が大きな品種(約15~20g)。高温期の種子浮きが少なく、夏場でも口に種が残りにくく食べやすいです。また酸味が少なく、味のバランスが良いのも特徴。プランター栽培も可能です。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草日照:日なた 栽培方法:日当たり、水はけの良い肥沃な場所に植え付けます。畑の準備は植え出す2週間前には済ませ、黒のポリマルチを敷いて、地温を上げておきます。施肥は元肥のやり過ぎに注意し、緩効性肥料中心に行います。植え付ける時期は3月以降、または9月から10月の温かい日を選んで行います。植え付けは、株もと(クラウン部)が隠れない程度に浅く植えます。株間は30cm程度にします。冬くし前や株が小さいうちに咲いた花は摘んでください。気温が上がるに従い、イチゴはぐんぐん生長し、花芽が次々と上がってきますが、株が十分大きくなるまでは花を摘みます。ランナーが発生した場合は早目に切り取ります。葉が10枚以上展開したら、摘花を止め実を着けさせます。このイチゴは着果の良い品種ですが、植えた株が小さい場合は絵筆などでオシベの部分を優しくなぞってあげると、形の整ったイチゴが収穫できます。追肥は果実が肥大を始めたら開始し、3週間に一度の頻度で行います。8月中は再び摘花を行い、9月以降に咲いた花に実を着けさせます。真っ赤に完熟させてから収穫し、美味しいイチゴをお楽しみ下さい。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):炭酸水素カルシウム3回、ジフェノコナゾール1回、バイスタズブチリス1回、イミノクタジンアルベシル酸塩2回、キャプタン1回、ジエトフェンカルブ・チオファネートメチル1回、ポリオキシン複合体1回...

イチゴ トスカーナ ポット苗 3株(入荷予定:2017年10月下旬頃)

e-フラワー

1,800

イチゴ トスカーナ ポット苗 3株(入荷予定:2017年10月下旬頃)

宝石のような艶やかな赤い果実「イチゴ」。甘くてほど良い酸味の味が口の中に広がります。 ブランドイチゴや人気品種など、様々な品種をたくさん育てて、味比べしてみても楽しいですね。 「イチゴ トスカーナ」は、濃いピンクの花を長く楽しめ鑑賞価値も抜群です。 しかも、最大で1株の苗から1kgもの収穫ができる四季成り豊産種です。ヨーロッパで賞を受賞した期待の新品種です。 〔 商品の性状につきまして 〕 ●バラ科の多年草 30~40cmくらいに育ちます。 ●開花期 4~9月頃 ●収穫期 5~10月頃 ●耐寒性 強 -5℃ ●栽培場所 日向向き ●自家結実性 あり 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、ポット植えの苗、3ポットとなります。★こちらの商品は、2017年10月下旬頃に入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット

園芸ネット プラス

503

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポット

簡単に何度でも収穫が楽しる四季成りいちご、あまごこち。四季成りなのに糖度が高く、夏秋も甘い果実が収穫できるためプロのいちご生産者からの評価も高い品種です。開花に波がなく連続的なので家庭菜園でも簡単に楽しめます。●あまごごちの特長・四季成りいちごの決定版!・開花に波がなく春から秋まで何度も収穫できる!・高糖度!(糖度14~16)※栽培時の環境に異なります。・自然受粉しやすいので簡単に収穫できる!・中小玉なのでたくさん収穫できる!・がく片の緑色がきれい!・ウドン粉病にかかりにくい性質! 開花・結実期:4~11月日照:戸外の日当たり栽培方法:水はけのよい用土に元肥を施し、葉の付け根部分が埋まらないように植えてください。形よい果実を成らせるには絵筆などで花中心部をさっとなでてやると受粉がうまくすすみ形よい果実が成ります。着果肥大しなくなったら成り疲れかもしれません。花房を茎元から除去し薄めの液肥を定期的に与え回復を待ってください。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。何卒ご了承くださいませ。農林水産省品種登録申請番号第21074号(登録名新白鳥4号)使用農薬(有効成分):アミスター20フロアブル3回、コテツフロアブル2回、ゲッター水和剤3回、プレオフロアブル2回、リドミルゴールドMZ2回、アディオン乳剤3回、ベンレート水和剤3回、コロマイト乳剤3回、スピノエール顆粒水和剤2回、マッチ乳剤4回産地:群馬県 イチゴ:四季なりいちご あまごこち3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

いちご 苗 アイベリー2個セット

千草園芸

648

いちご 苗 アイベリー2個セット

19年9月22日入荷。木の状態は季節によって変化いたします。179c ■1980年に登録された愛知県生まれの品種。何と何を交配して作られたかは、不明です。 イチゴの王様といわれるほど、普通のイチゴの2~4倍ほどの大きな実をつける品種。 糖度も高く、甘くて大きいので贈答品として優れています。 大きい実を作るためには十分な肥培と長期間の日照が必要です。生育環境が良くないと、株の生育が追いつかず、実がそれほど大きくならないこともあります。イチゴ 【分類】バラ科オランダイチゴ属属 【学名】Fragaria L. 【原産】オランダ 【別名】オランダイチゴ 【利用】花壇、食用等 【収穫】4月~6月頃 (四季なり 9月~10月頃) ■特徴 18世紀にオランダで交配されたものが素になっているといわれています。 最近では、家庭で作りやすくするために、病気にも強く、実つきがよいもの(宝交早生や女峰などの品種)が出回っています。 また、夏から秋にも実の成る品種は四季成りイチゴと呼ばれています。 栽培条件 冷涼な気候を好み、17℃~20℃が生育適温です。 日当たりや排水性がよく、適度の水分と有機質を含んだ肥沃な土壌を好みます。 水やりは、夏の暑さに弱く、浅根性のため乾燥にも弱いため、土が乾く前に与えましょう。 とくに、植え付け後、1~2週間、また収穫時期は、株元を乾かさないように水やりをします。 過湿すぎるのもよくないので、水やりは注意ポイントです。 肥料は、根がはってからがよいので、植付け時は、与えないようにしてください。 また、窒素肥料が多いと葉の周りから枯れてきて さらにひどい場合はしおれてしまいますので、注意しましょう。 気温が高いと用土の中に含まれている有機質の発酵が進み、肥料が含まれていなくても多肥の状態になっていることがあり...

いちご苗 女峰(ニョホウ) 3.5号ポット苗 「2個セット」

千草園芸

648

いちご苗 女峰(ニョホウ) 3.5号ポット苗 「2個セット」

19年9月22日入荷。木の状態は季節によって変化いたします。179c ■植え時:9月~4月 ■収穫 :4月~6月 ■女峰は、1985年に登録された栃木生まれの品種。 「はるのか」と「ダナー」の交配に「麗紅」を交配した品種。 「西のとよのか」「東の女峰」と呼ばれているロングセラー品種。 甘みと酸味両方のバランスがとれ、ショートケーキなどのデザートに向いています。 果肉は、しまっていて、他の品種より少し大きさは小ぶりできれいな円い形をしている分、日持ちがよいとされています。イチゴ 【分類】バラ科オランダイチゴ属属 【学名】Fragaria L. 【原産】オランダ 【別名】オランダイチゴ 【利用】花壇、食用等 【開花】8月~11月 【収穫】4月~6月頃 (四季なり 9月~10月頃) ■特徴 18世紀にオランダで交配されたものが素になっているといわれています。 最近では、家庭で作りやすくするために、病気にも強く、実つきがよいもの(宝交早生や女峰などの品種)が出回っています。 また、夏から秋にも実の成る品種は四季成りイチゴと呼ばれています。 栽培条件 冷涼な気候を好み、17℃~20℃が生育適温です。 日当たりや排水性がよく、適度の水分と有機質を含んだ肥沃な土壌を好みます。 水やりは、夏の暑さに弱く、浅根性のため乾燥にも弱いため、土が乾く前に与えましょう。 とくに、植え付け後、1~2週間、また収穫時期は、株元を乾かさないように水やりをします。 過湿すぎるのもよくないので、水やりは注意ポイントです。 肥料は、根がはってからがよいので、植付け時は、与えないようにしてください。 また、窒素肥料が多いと葉の周りから枯れてきて さらにひどい場合はしおれてしまいますので、注意しましょう。 気温が高いと用土の中に含まれている有機質の発酵が...

いちご苗 章姫(あきひめ)3.5号ポット苗2個セット

千草園芸

648

いちご苗 章姫(あきひめ)3.5号ポット苗2個セット

19年9月22日入荷。木の状態は季節によって変化いたします。179c ■章姫(あきひめ)は昭和60年に誕生して、平成4年に登録されました静岡生まれの品種。 (あきひめ)は、 久能早生 と 女峰 を親にして生まれた品種です。 酸味が少なく、だれでもおいしく食べられるいちごと人気です!赤い実は、細長く大きく、やわらかいのが特徴です。 お買い得10ポット入りはこちら 送料 648円~(地域、宅配業者により異なります。詳細はこちら) 1個の荷物で送れる数量 20個 ※各1袋ずつでしたら、送料は変わらず、お送りできます。 ■ストベリーポットをご利用いただけます。イチゴ 【分類】バラ科オランダイチゴ属属 【学名】Fragaria L. 【原産】オランダ 【別名】オランダイチゴ 【利用】花壇、食用等 【収穫】4月~6月頃 (四季なり 9月~10月頃) ■特徴 18世紀にオランダで交配されたものが素になっているといわれています。 最近では、家庭で作りやすくするために、病気にも強く、実つきがよいもの(宝交早生や女峰などの品種)が出回っています。 また、夏から秋にも実の成る品種は四季成りイチゴと呼ばれています。 栽培条件 冷涼な気候を好み、17℃~20℃が生育適温です。 日当たりや排水性がよく、適度の水分と有機質を含んだ肥沃な土壌を好みます。 水やりは、夏の暑さに弱く、浅根性のため乾燥にも弱いため、土が乾く前に与えましょう。 とくに、植え付け後、1~2週間、また収穫時期は、株元を乾かさないように水やりをします。 過湿すぎるのもよくないので、水やりは注意ポイントです。 肥料は、根がはってからがよいので、植付け時は、与えないようにしてください。 また、窒素肥料が多いと葉の周りから枯れてきて さらにひどい場合はしおれてしまいますので...

こちらの関連商品はいかがですか?

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご紅茜3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

792

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご紅茜3号ポット3株セット

春はもちろん、夏~秋まで収穫できるいちごです。自然に実がなりやすいのもポイント。春植えは初夏~秋まで、秋植えは翌春~秋まで長期間収穫できます。丈夫で育てやすく、病気に強い品種です。収穫量が多いのも特長です。冬の寒さに当てましょう。実が付きやすくなります。真夏の暑い時期は収穫が一時途切れる場合がありますが、その間に肥培管理すれば秋から再び収穫できます。紅茜はローズピンクの花にスマートで先端が尖った形の真っ赤な実。観賞用にもおすすめです。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草生育適温:5~25度花の観賞時期:冬~初夏結実期:春~秋植え付け適期:春または秋日照:日向向き用途:コンテナ、ハンギング、花壇栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら2~3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので...

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご桃娘3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

792

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご桃娘3号ポット3株セット

春はもちろん、夏~秋まで収穫できるいちごです。自然に実がなりやすいのもポイント。春植えは初夏~秋まで、秋植えは翌春~秋まで長期間収穫できます。丈夫で育てやすく、病気に強い品種です。収穫量が多いのも特長です。冬の寒さに当てましょう。実が付きやすくなります。真夏の暑い時期は収穫が一時途切れる場合がありますが、その間に肥培管理すれば秋から再び収穫できます。桃娘はソフトピンクの花に真っ赤な実。観賞用にもおすすめです。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草生育適温:5~25度花の観賞時期:冬~初夏結実期:春~秋植え付け適期:春または秋日照:日向向き用途:コンテナ、ハンギング、花壇栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら2~3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください...

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご紅茜3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,129

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご紅茜3号ポット12株セット

春はもちろん、夏~秋まで収穫できるいちごです。自然に実がなりやすいのもポイント。春植えは初夏~秋まで、秋植えは翌春~秋まで長期間収穫できます。丈夫で育てやすく、病気に強い品種です。収穫量が多いのも特長です。冬の寒さに当てましょう。実が付きやすくなります。真夏の暑い時期は収穫が一時途切れる場合がありますが、その間に肥培管理すれば秋から再び収穫できます。紅茜はローズピンクの花にスマートで先端が尖った形の真っ赤な実。観賞用にもおすすめです。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草生育適温:5~25度花の観賞時期:冬~初夏結実期:春~秋植え付け適期:春または秋日照:日向向き用途:コンテナ、ハンギング、花壇栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら2~3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので...

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

889

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット3株セット

家庭栽培用のイチゴのなかではロングセラーの人気品種。甘みが際立って強く、酸味が少なく、芳香が極めて優れている品種です。果汁が多く、糖度は9度前後です。完熟させてから収穫すると食味最高です。促成栽培に適しているので、営利栽培でもかなりシェアが高く、主に西日本で多く栽培されて店頭に並ぶ品種です。特に生食用に向いています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月中旬~6月果重:12~18g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花・結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。 イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:にょほう(女峰)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

993

野菜の苗/イチゴ:にょほう(女峰)3号ポット3株セット

やや小粒ですが酸味も適度にあり、その上色が鮮やかで外観もすばらしい人気品種です。促成栽培に適し、栃木県を中心に広く栽培されています。生育旺盛でどんどん実がなります。「とよのか」とともに営利栽培では2大品種と呼ばれ、店頭にも多く並びます。完熟させると糖度は12度にもなる甘い品種。生食のほか、ケーキやデザートの飾りにも適しています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~3月結実期:5月下旬~6月果重:10~14g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので...

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

1,061

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 3株セット

長めの円錐形状になる大きめの果実が特徴。フルーティーな芳香をもち、果皮は鮮やかな赤色で美しく、果肉も桃紅色に色づき甘酸のバランスがとれた、大変ジューシーでおいしいいちごです。「あきひめ」と「さちのか」の交配により静岡県で生まれた品種。人気急上昇中です。生育は比較的旺盛で大株になりますので、2週間に1度程度の定期的な追肥とこまめな摘葉を心掛けます。タイプ:耐寒性宿根草植え付け適期:4月~5月結実期:7月~11月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:とちおとめ3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

957

野菜の苗/イチゴ:とちおとめ3号ポット3株セット

日本一のいちご王国の栃木生まれの「とちおとめ」。鮮やかな赤色と大きくて甘みの強さが最大の魅力です。栃木県の農業試験場で「女峰」の後継品種として生まれた品種です。そのまま食べても甘くておいしく、ジューシーないちごとして日本のイチゴと代表する非常に人気の高いイチゴです。女峰の特性である形の良さや色の鮮やかさを受け継ぎながら粒は大きく、味は甘く、酸味が少ないのでより甘みが強く感じられます。果肉はやわらかく、ジューシーな果汁もたっぷりなイチゴです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は結実時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:とちおとめ3号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

993

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セット

「ふさのか」は特有の芳香があり、甘味が強く、酸味が少ないことから極めておいしく、果実の色、光沢にも優れるイチゴの品種です。従来の品種で問題となる中休みの発生も軽微で、連続的に収穫できです。また、うどんこ病に強く栽培しやすい品種です。千葉県で味がよい「きはる」と良食味で大玉果が多く多収性の「とちおとめ」を交配し、選抜育成した品種。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:まこひめ3号ポット 24株セット

園芸ネット プラス

9,453

野菜の苗/イチゴ:まこひめ3号ポット 24株セット

「まこひめ」は四季なり品種。果重が平均約18gで、酸味と甘味のバランスが良い美味しい品種です。暖地でも。夏イチゴとして収穫が安定します。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:四季なり性日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。イチゴ:まこひめ3号ポット 24株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:プレミアムとちおとめ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

801

野菜の苗/イチゴ:プレミアムとちおとめ3号ポット 2株セット

★小さい芽の苗となります★栃木のいちご生産者も使うプロ向けの高品質の苗です。高価な贈答用のいちごにも使われています。日本一のいちご王国の栃木生まれの「とちおとめ」。鮮やかな赤色と大きくて甘みの強さが最大の魅力です。栃木県の農業試験場で「女峰」の後継品種として生まれた品種です。そのまま食べても甘くておいしく、ジューシーないちごとして日本のイチゴと代表する非常に人気の高いイチゴです。女峰の特性である形の良さや色の鮮やかさを受け継ぎながら粒は大きく、味は甘く、酸味が少ないのでより甘みが強く感じられます。果肉はやわらかく、ジューシーな果汁もたっぷりなイチゴです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 使用農薬(有効成分):キノンドーフロアブル、アミスター20フロアブル、コルト顆粒水和剤、フルピカフロアブル、モスピラン水溶液...

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

662

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セット

「ふさのか」は特有の芳香があり、甘味が強く、酸味が少ないことから極めておいしく、果実の色、光沢にも優れるイチゴの品種です。従来の品種で問題となる中休みの発生も軽微で、連続的に収穫できです。また、うどんこ病に強く栽培しやすい品種です。千葉県で味がよい「きはる」と良食味で大玉果が多く多収性の「とちおとめ」を交配し、選抜育成した品種。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット24株セット

園芸ネット プラス

7,920

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット24株セット

長めの円錐形状になる大きめの果実が特徴。フルーティーな芳香をもち、果皮は鮮やかな赤色で美しく、果肉も桃紅色に色づき甘酸のバランスがとれた、大変ジューシーでおいしいいちごです。「あきひめ」と「さちのか」の交配により静岡県で生まれた品種。人気急上昇中です。生育は比較的旺盛で大株になりますので、2週間に1度程度の定期的な追肥とこまめな摘葉を心掛けます。タイプ:耐寒性宿根草植え付け適期:4月~5月結実期:7月~11月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 使用農薬:イミノクラジルペシル酸塩水和剤2回、マンゼブ水和剤2回、ベノミル水和剤1回、オレイン酸ナトリウム液剤1回、水和硫黄剤1回、ジチアノン水和剤1回、有機鋼水和剤1回、ベルメトリン1回、クロリフェナビル水和剤2回、ビフェナゼート水和剤1回、テトラジホン乳剤1回生産地:長野県イチゴ:紅ほっぺ3号ポット24株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜...

野菜の苗/イチゴ:アルビオン3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

653

野菜の苗/イチゴ:アルビオン3号ポット 2株セット

アルビオンはアメリカ生まれのイチゴ。ディープローズの花色としずく形の果実が特徴的な四季なり品種です。春~秋まで収穫ができ、花付きも早く収穫も容易です。果実は中実系で、強健で作りやすい品種です。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草植え付け適期:10~3月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は成長時(開花・結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:アルビオン3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:もういっこ3号ポット 2株セットy

園芸ネット プラス

720

野菜の苗/イチゴ:もういっこ3号ポット 2株セットy

糖度と酸味のバランスが良く、すっきりとした甘さが特徴の大粒イチゴ。つい“もういっこ"と手が伸びてしまいます。うどんこ病・萎黄病等に強く、果実は固く日持ち性に優れます。※この品種は育成者権者(宮城県)に無断で増殖・販売はできません。育成者権者との利用許諾契約により、営利栽培への使用は禁止されております。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:9月下旬~11月下旬収穫時期:5~6月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。3号(直径9cm)ポット入りの苗です。写真は果実のイメージですが、お届け時は苗の状態です。生産地:福島県 イチゴ:もういっこ3号ポット 2株セットyの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

708

野菜の苗/イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 2株セット

長めの円錐形状になる大きめの果実が特徴。フルーティーな芳香をもち、果皮は鮮やかな赤色で美しく、果肉も桃紅色に色づき甘酸のバランスがとれた、大変ジューシーでおいしいいちごです。「あきひめ」と「さちのか」の交配により静岡県で生まれた品種。人気急上昇中です。生育は比較的旺盛で大株になりますので、2週間に1度程度の定期的な追肥とこまめな摘葉を心掛けます。タイプ:耐寒性宿根草植え付け適期:4月~5月結実期:7月~11月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。イチゴ:紅ほっぺ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット 24株セット

園芸ネット プラス

6,643

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット 24株セット

家庭栽培用のイチゴのなかではロングセラーの人気品種。甘みが際立って強く、酸味が少なく、芳香が極めて優れている品種です。果汁が多く、糖度は9度前後です。完熟させてから収穫すると食味最高です。促成栽培に適しているので、営利栽培でもかなりシェアが高く、主に西日本で多く栽培されて店頭に並ぶ品種です。特に生食用に向いています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット 24株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:ドルチェベリー3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

5,645

野菜の苗/イチゴ:ドルチェベリー3号ポット12株セット

春も秋も獲れる上質な甘さ、サントリーの本気野菜シリーズのいちご。パティシエも納得の「上品な」甘さ。糖酸バランスが良く、食味の安定性に優れます。春~秋まで安定した花成が続き、長く収穫できます。うどんこ病にも比較的強く、育てやすい品種です。四季なりイチゴの中でも食味の良さに優れ、自信を持って、おすすめ!収穫時期:4月下旬~7月中旬、9月上旬~10月上上旬果 形:長円錐草 丈:20~35cm株 張 り:30~40cm※栽培環境により変動します。気温が30度以上の盛夏では、着果が休みます。温度低下とともに、再び開花・着果します。栽培方法:植える時には元肥は控えめにして植えましょう。鉢植えの場合、ウォータースペースをしっかり残してください。有機質に富み、肥料持ちがよく、水はけの良い土が必要です。 元肥は長く効く緩効性タイプを使用しましょう。 定植時は株元の「クラウン」に土がかぶらないよう、気をつけましょう。畑で植える場合は、30cm間隔で植え込みを。2月下旬頃マルチを張ると病気にかかりにくくなります。真冬の管理、冬場は、生育が止まったように見えても株の中心部はしっかり生きています。過乾燥させないように、注意しましょう。特にプランターなど土容量が限られている場合は要注意です。病害虫予防は肥大し始めた果実は傷が入るとカビに犯されやすくなり、また地際を這うナメクジや空からは鳥も狙ってきます。マルチシートや敷き藁を敷くなど、またベランダなどでは鳥が来ないよう予防の障害物などの設置も有効です。 真冬も水やりは必要です。土の表面が乾いたらしっかり水を与えてください。春先3月下旬頃、温度が上がってきたら元気良く葉が芽吹いてきます。週1回液肥を与えましょう。花が咲いたら、綿棒や筆を使って中心の雌しべにまんべんなく花粉がつくように受粉させてください。受紛後...

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,321

野菜の苗/イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット12株セット

家庭栽培用のイチゴのなかではロングセラーの人気品種。甘みが際立って強く、酸味が少なく、芳香が極めて優れている品種です。果汁が多く、糖度は9度前後です。完熟させてから収穫すると食味最高です。促成栽培に適しているので、営利栽培でもかなりシェアが高く、主に西日本で多く栽培されて店頭に並ぶ品種です。特に生食用に向いています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:とよのか(豊の香)3号ポット12株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:カレンベリー3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,704

野菜の苗/イチゴ:カレンベリー3号ポット12株セット

枯れにくい!病気に強い!形もきれいなべっぴんいちご!耐病性を最重要視して開発された家庭菜園向きいちご。小ぶりながら豊作性があります。糖度は10.3%、人工授粉いらずで低温期でもちゃんと受粉してくれるので、いびつな実ができにくいということも嬉しいですね。名前は「枯れないベリー」から来ています。農水省登録品種・久留米58号タイプ:バラ科の耐寒性宿根草結実期:4月下旬~6月植え付け適期:10~3月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は結実時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。イチゴ...

野菜の苗/イチゴ:ジャンボイチゴまんぷく2号3.5号ポット 12株セット

園芸ネット プラス

6,387

野菜の苗/イチゴ:ジャンボイチゴまんぷく2号3.5号ポット 12株セット

ほとんど手のひらと同じサイズくらいの大きな実がつくいちごです。ジューシーで薫り高く、甘みたっぷりのおいしい品種。家庭で摘みたてのフレッシュな風味をお楽しみください。香り豊かな大実いちごの選抜品種です。1果の平均重は25~30gで、「とよのか」の2倍、「アイベリー(ジャンボいちご)」の1.5倍と大果で、極大果は90gにもなります。現在市場に出回っているイチゴのどの品種よりも大きな果実です。果実は円錐形で乱れが少なく、果皮色は淡赤、果肉色は淡橙。空洞が小さく、糖度が高い品種です。草勢も極めて強く、草姿が立性で、家庭での栽培に適した品種です。やや晩生で、一般的ないちごよりも1ヶ月ほど結実が遅くなる場合があります。写真は結実時のイメージです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~12月収穫時期:6~7月果重:25~30g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります...

野菜の苗/イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

1,061

野菜の苗/イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 3株セット

「中間母本農1号」(通称メタボッチ)は平均果重が25~30gという極大果いちご。早生で休眠が浅く、厳冬期の生育や食味が安定し、収量性も高い品種です。今後、促成栽培用の極大果品種育成の交配親としても期待されています。促成栽培時の収量は「とよのか」の約1.5倍と多収です。草姿は大型で草勢がきわめて強い品種。果実は円錐形で乱れが少なく、果皮は淡赤、果肉は淡橙で空洞が小さく、糖度が高く、肉質緻密で食味良好です。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット3株セット

園芸ネット プラス

1,061

野菜の苗/イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット3株セット

ゴルフボールほどの大きな粒果。日持ちがよく食味の優れた品種です。摘葉作業を省略した省力栽培が可能な品種。たんそ病、うどん粉病、萎黄病に抵抗性があります。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~12月収穫時期:5月下旬~6月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。月に1回、化成肥料などを追肥してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花・結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:ほうこうわせ(宝交早生)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

889

野菜の苗/イチゴ:ほうこうわせ(宝交早生)3号ポット3株セット

ソフトで甘酸っぱく、おいしい品種。うどんこ病に強く、家庭園芸に適したイチゴです。かつては営利栽培でも主力品種でしたが、果肉がやわらかく店頭での日持ちが悪いことから店頭で見かけることは少なくなりました。この品種の新鮮なおいしさは、家庭栽培ならではの味となっています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は開花・結実時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。イチゴ:ほうこうわせ(宝交早生)3号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について...

野菜の苗/イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,959

野菜の苗/イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット12株セット

ゴルフボールほどの大きな粒果。日持ちがよく食味の優れた品種です。摘葉作業を省略した省力栽培が可能な品種。たんそ病、うどん粉病、萎黄病に抵抗性があります。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~12月収穫時期:5月下旬~6月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。月に1回、化成肥料などを追肥してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:おおきみ3~3.5号ポット12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

993

野菜の苗/イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット3株セット

果皮が愛らしい桃色で、今までにない特徴的な甘い香りがします。果実は甘みと酸味のほどよいバランスで桃のような味わいです。草姿も強く、果形もよく、収量抜群の品種です。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草結実期:5月下旬~6月植え付け適期:10~3月果重:12~15g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花・結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。 イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜...

野菜の苗/イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 12株セット

園芸ネット プラス

3,959

野菜の苗/イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 12株セット

「中間母本農1号」(通称メタボッチ)は平均果重が25~30gという極大果いちご。早生で休眠が浅く、厳冬期の生育や食味が安定し、収量性も高い品種です。今後、促成栽培用の極大果品種育成の交配親としても期待されています。促成栽培時の収量は「とよのか」の約1.5倍と多収です。草姿は大型で草勢がきわめて強い品種。果実は円錐形で乱れが少なく、果皮は淡赤、果肉は淡橙で空洞が小さく、糖度が高く、肉質緻密で食味良好です。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:メタボッチ(中間母本農1号)3号ポット 12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/四季なりイチゴ:デリーズ3号ポット

園芸ネット プラス

410

野菜の苗/四季なりイチゴ:デリーズ3号ポット

デリーズはとても実つきがよい四季なりイチゴ。甘くて美味しい実が、春から秋まで長い期間にわたって、くりかえし収穫できます。小さい鉢でも実がつきやすいのでベランダでも簡単に楽しめます。大きな鉢に植えるともっとたくさんの実が楽しめます。タイプ:バラ科の耐寒性多年草開花・結実期:春~秋日照:日向むき用途:鉢植え、プランター、庭植え 栽培方法:日当たりと風通しのよい場所で育てます。排水がよく、保水性のある用土に緩効性肥料を入れて植え付けて下さい。長時間雨が当たる場合は、軒下などに取り込んで下さい。用土の表面が乾いたら、タップリ水を与えて下さい。水切れには注意します。春と秋に、月1回の置肥もしくは週2回の液肥を与えて下さい。実がたくさんなるので、追肥を忘れずに与えて下さい。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。使用農薬(有効成分):プロヘキサジオンカルシウム塩、スピロテトラマト、トリフミゾール、ジエトフェンカルブ、チオファネートメチル、クレソキシムメチル 各1回生産地:長野県四季なりイチゴ:デリーズ3号ポットの栽培ガイドMPSについて苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

1,372

野菜の苗/イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 4株セット

「あかねっ娘」は家庭菜園でとても作りやすい品種。果重は約25gで、糖度が高く酸味少なく美味です。球円錐形の果実は形が揃いやすく、桃のような香りがあります。栽培しやすいので初心者にもおすすめです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 24株セット

園芸ネット プラス

7,664

野菜の苗/イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 24株セット

「あかねっ娘」は家庭菜園でとても作りやすい品種。果重は約25gで、糖度が高く酸味少なく美味です。球円錐形の果実は形が揃いやすく、桃のような香りがあります。栽培しやすいので初心者にもおすすめです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:あかねっこ(あかねっ娘)3号ポット 24株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,704

野菜の苗/イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット12株セット

果皮が愛らしい桃色で、今までにない特徴的な甘い香りがします。果実は甘みと酸味のほどよいバランスで桃のような味わいです。草姿も強く、果形もよく、収量抜群の品種です。タイプ:バラ科の耐寒性宿根草結実期:5月下旬~6月植え付け適期:10~3月果重:12~15g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花・結実時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット12株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

野菜の苗/ニンニク:紫にんにくの苗3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,372

野菜の苗/ニンニク:紫にんにくの苗3号ポット4株セット

高級食材として知られる紫ニンニクの苗です。紫ニンニクは内皮が紫、実は白で、甘み、深いコク、マイルドな風味が特徴。暖地系のニンニクで、栽培方法は普通のニンニクと同じです。家庭菜園や、プランター、鉢などのコンテナ栽培でも収穫できます。芽や茎、葉も美味です。ニンニクを肥大させて収穫するには、4月頃から即効性肥料を与えてください。ニンニクは古代エジプト時代から疲労回復、栄養補給のために愛用されてきました。糖質、無機質、ビタミンB1が豊富な野菜で、神経症、冷え性、滋養強壮に効果があるばかりでなく、抗生物質並みに抗菌作用があるといわれます。タイプ:ユリ科の多年草植え付け:9月上旬~10月頃収穫:6月頃発芽適温:22~23度生育適温:15~20度日照:日向むき栽培方法:冷涼な気候を好みますが、耐寒性はあまり強くありません。9月ころに種球の皮を取り、鱗片をばらしてよく日のあたる場所に植えつけます。株間は15cmくらいあけ、鱗片の上に5cmほど土をかけます。プランターでも栽培可能です。草丈15cmくらいのころに、2芽以上出ているものは小さい芽をかきとります。春になるとトウ立ちしてきますが、花を咲かせると球が太らないので、蕾が葉の先端から出たら摘み取ってください。肥料は11月下旬と3月上旬の2回、根元に化成肥料を施します。5~6月ころ、球が肥大したものから抜き取り収穫します。乾燥させて保存する場合は、茎葉が黄変して葉の先端が3分の2くらい枯れてから引き抜き、根を切って4~5日乾かして風通しのよい涼しい場所につるします。1ポット1芽入りです。写真は収穫時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。ニンニク:紫にんにくの苗3号ポット4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてニンニクの育て方

野菜の苗/セロリの苗:トップセラー3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

912

野菜の苗/セロリの苗:トップセラー3号ポット 4株セット

作りやすい淡緑のセロリ(セルリー)の苗です。セロリは生育旺盛で病気に強く家庭菜園にピッタリの野菜です。 収穫したてのセロリは臭みがなく、甘くパリッとした食感でとてもおいしいです。軟白しないで収穫できる品種です。栽培のコツは乾燥させないこと。水切れさえ注意すれば、病虫害も少なく、やや日当たりの悪い場所でも栽培できます。タイプ:セリ科の耐寒性1年草植え付けと収穫期: 2~4月植え場合は、7~10月に収穫 6~9月植えの場合は、11月~2月に収穫日照:日向向き栽培方法:なるべく日当たりと水はけのよい場所を選びます。用土に元肥を入れて耕し、株間30cm程度に1株ずつ植えます。植え付け後はタップリ水をやりましょう。低温に弱いので、冬はビニールトンネルなどで防寒します。植え付けの2週間後から2週間に1回程度、化成不良を与えてください。草丈が約30cmになったら外側から順次かき取ると、やわらかい葉が収穫できます。まとめて収穫する場合は、草丈が40~50cmになったら株元から切り取りとってください。多肥を好み、乾燥を嫌います。水と肥料が切れないように注意します。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。 セロリの苗:トップセラー3号ポット 4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ネギ苗:九条ねぎ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

524

野菜の苗/ネギ苗:九条ねぎ3号ポット 2株セット

甘く、やわらかく、鍋物に最適な九条ネギの苗です。九条太ねぎは暑さ・寒さに強く、家庭菜園で長く楽しめる品種です。葉が長くて、色濃く肉厚で、香りもとても良いです。霜が降りる頃が一番おいしく、葉先まで柔らかいので、食べる部分が多く、ビタミンCやカルシウムが多く含まれています。またネギ特有の辛味成分アリシンで、血液もさらさらになります。プランターなどで簡単に栽培できます。3.5号(直径10.5cm)ポットに2~3本を植えつけた状態でお届けしますが、株をばらして1本ずつにしてプランターや畑に植えつけてください。冬になると3倍くらいに分けつします。収穫は晩秋から。地上部を5cmくらいに切ると、また伸びてきますので、何度か収穫することができます。植え付け適期:10月収穫: 11月~翌年1月 日照:日向むき栽培方法:浅い溝に株間を7~10cm程度あけ苗を植えつけます。(葉を食べるほうが美味しいので推奨します。深くも植えられます。)収穫は株を残して地際から刈り取るように行うとまた再生して、再度収穫できます。ご注意:ねぎは冬から春にかけて花を咲かせますが、環境によっては早くから蕾をつけてしまう場合があります。植え付けの際または植え付け後に花(ねぎ坊主)が出てきた場合は蕾のうちにねじりとってください。3号(直径9cm)ポット入りです。※写真はイメージです。ネギ苗:九条ねぎ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について九条干しネギのプランター栽培

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

992

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

アスパラガスは家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。収穫の楽しさは格別。そして、新鮮なものは味わい豊かです。強健で育てやすいグリーンアスパラです。品種はメリーワシントン、ハイデル、ウェルカム、バイトルなどの緑茎種ですが、お届け時期により品種が異なるため、品種の指定でご注文いただくことはできません。あらかじめご了承ください。タイプ:耐寒性宿根草植え時:3月下旬~5月中旬と8~11月草丈:1m 日照:日向むき栽培方法宿根性の野菜で、植え付けから株が大きくなるまでに1~2年かかりますが、その後10年ほどは年々株が成長し収量が増えます。根が深く伸びるので、耕土の深い場所をえらんでください。酸性土を嫌うので、定植前に苦土石灰を多めにまき、よく耕してください。日当たり・水はけの良い場所に、堆肥と化成肥料を多めに混ぜて深さ5~10cmに植えます。株間は40cmほどあけてください。植え替え後、雑草・乾燥よけに株元に敷き藁をします。毎年春先に化成肥料や油粕を十分に追肥し、株を太らせます。5~6月に出る若芽を根元から切り取りますが、苗が小さいうちは収穫を控えて株を太らせるようにします。収穫:3年目の春から、新芽が地上に15~20cm出たところで根元から切りとって収穫します。株を育てるため、収穫は3年目で10日間、4年目で20日間、5年目以上で50~60日間が目安で、それ以降に出る芽は葉として育てるようにします。7月に入ったら収穫は打ち切り、野菜用の肥料を根元に施します。収穫は、若芽を地際から2cmほど残して20~30cmで切り取って収穫します。全ての茎を収穫するのではなく、翌年のために数本を残して株の養生につとめてください。害虫は少ないですが、まれにヨトウムシやネキリムシが発生することがあります。株分け、実生でふやすことができます。植え付け後は苗を育て...

野菜の苗/リーフチコリー・カタローニャ3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/リーフチコリー・カタローニャ3号ポット 6株セット

緑鮮やかな切れ込みの少ない葉に葉脈が美しい品種です。若い葉や柄は柔らかく、チコリー特有の苦味があり、サラダなど生のまま調理する料理に向いています。成長して柄が固くなっているものは煮物や炒め物など、加熱調理して食べます。●寒さに強く、秋冬に作りやすい●簡単に栽培できるリーフチコリー●定植後、約40~60日で収穫可能(目安) 植え付け 日当たりと水はけのよい場所を選んで下さい。ややアルカリ質の土壌を好みます。元肥として葉野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は深型の鉢(7号(直径21cm)程度)に野菜培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、元肥に直接根が当たらないように間土をして植え付けます。植え付け後はたっぷり水を与えてください。苗の間隔は30cm程度です。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施します。乾燥に弱いため、土壌から水分が蒸発するのを防ぐためにマルチを用いると効果的です。肥料切れをさせずに、葉の数を増やして締まった株に育てます。結球しないリーフタイプなので、株が充実したら随時収穫可能です。※収穫物の大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年のの気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。植物には個体差があり、それぞれ多少異なります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県リーフチコリー・カタローニャ3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/プンタレッラ3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,812

野菜の苗/プンタレッラ3号ポット 6株セット

葉も食べますが、イタリアローマではこのプンタレッタの花芽が冬の終わりから春の風物詩。プンタというのは「尖った」という意味です。この尖がった「花芽のとう」の部分をいただきます。中は空洞ですがしっかりとした歯ごたえがあります。日本の京菜に似た葉の部分もほろ苦く、くせがなくて美味。生にままサラダやバーニャ・カウダに、またグリルしてレモンをキュッと絞っていただくなど、シンプルな調理法でそのものを楽しんでいただきたい野菜です。アスパラガスチコリーとも呼ばれています。●花芽が出来たら早めに収穫●秋に植え付けて、12~2月ごろ収穫(目安) 植え付け 日当たりと水はけのよい場所を選んで下さい。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は深型の鉢(8号(直径24cm)程度)に野菜培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、元肥に直接根が当たらないように間土をして植え付けます。植え付け後はたっぷり水を与えてください。苗の間隔は25cm程度です。 植え付け後の管理 葉を中心に楽しむ場合は、半日陰に育てたほうが、ほのかな苦味になり食べやすい。花芽を目指すなら、しっかり日に当てて大きな株に育ててください。十分に育つと、根元が膨らんできます。花芽ができ始めると、1~2週ほどであっという間に生長するので、固くなる前に早めに収穫してください。※収穫物の大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年のの気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。植物には個体差があり、それぞれ多少異なります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア...

野菜の苗/スウィートハートコスレタスレッド3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/スウィートハートコスレタスレッド3号ポット 6株セット

株元ワンカットで葉の大きさが揃う新しいレタス!ヨーロッパで人気の最新レタス。ワンカットで葉の大きさが揃う革新的な「オープンハートコスレタス」。食感はコスレタス特有の甘味とぱりぱり感があり、もちろんシーザーサラダに最適!!草姿は非結球で立性となり、非常に鮮やかな葉色のレッドコスレタスです! 株元をワンカットすると葉はウサギの耳のような形となり、葉の大きさがそろい、調理しやすい最新品種!!●寒さに強いので真冬でも収穫可能! 耐暑性もあるので春植えもOK!●耐寒耐暑性にすぐれ、露地栽培向きです。甘味があり、もちろんシーザーサラダに最適!!●定植後1か月半くらいで収穫可能! 非結球立性タイプ! 植え付け 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料を施します。鉢植えの場合は深型の鉢(7号(直径21cm)鉢程度)に野菜様培養土などを使用し元肥料を施します。植穴は大きくあけ、元肥に根が当たらないように間土をして植えつけます。植えつけ後はたっぷり水をやってください。苗の間隔は25cm程度です。 植え付け後の管理 植え付け後2週間ほど後に追肥を施します。雨が降ったときの土の跳ね返りで汚れたり、病気の予防のため切りわらなどを株元にしくとよいでしょう。アオムシなどがつきやすいので防除してください。肥料切れをさせずに、葉の数を増やして締まった株に育てましょう。収穫が遅れると葉が硬くなり食味が落ちるので注意しましょう。 知っ得情報!! コスレタスはロメインレタスとも呼ばれ一般的なレタスと同じチシャ属の仲間ですが、その中でも葉が巻かず立った状態で成長する「立ちチシャ」の一種です。`ロメイン'というのは`ローマの'という意味で、ローマ時代によく食べられたとか、その時代から食べられているからとか諸説あるようですが、とにかく「ローマの...

野菜の苗/ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 6株セット

長細く切れ込みの入った柔らかな葉が特徴的なレタスの仲間です。ほのかにナッツのような風味があり、サラダにいい香りを与えます。ラトゥーガ・カタローニャの魅力は、葉っぱの形がユニークなので、少しサラダに加えるだけでも、ポイントになります。イタリアを中心に食べられていて、香りが良く、柔らかい新葉が食べやすいです。●ほのかにナッツのような風味。香りが良いりーふレタス●柔らかい新葉が食べやすい。 植え付け 日当たりと水はけのよい場所を選んで下さい。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は深型の鉢(8号(直径24cm)程度)に野菜培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、元肥に直接根が当たらないように間土をして植え付けます。植え付け後はたっぷり水を与えてください。苗の間隔は25cm程度です。 植付け後の管理 生育温度は15~25℃と涼しい気候を好みます、直射日光より明るい半日陰の風通しの良い場所で育てます。ベビーリーフとしては15cm位に育ったら大きめの葉から丁寧に摘み取ります。コンテナでもガーデンでも鑑賞用としても楽しめ、キッチンガーデンの彩りに最適です。※収穫物の大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年のの気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。植物には個体差があり、それぞれ多少異なります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県 ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

534

野菜の苗/ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 2株セット

長細く切れ込みの入った柔らかな葉が特徴的なレタスの仲間です。ほのかにナッツのような風味があり、サラダにいい香りを与えます。ラトゥーガ・カタローニャの魅力は、葉っぱの形がユニークなので、少しサラダに加えるだけでも、ポイントになります。イタリアを中心に食べられていて、香りが良く、柔らかい新葉が食べやすいです。●ほのかにナッツのような風味。香りが良いりーふレタス●柔らかい新葉が食べやすい。 植え付け 日当たりと水はけのよい場所を選んで下さい。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は深型の鉢(8号(直径24cm)程度)に野菜培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、元肥に直接根が当たらないように間土をして植え付けます。植え付け後はたっぷり水を与えてください。苗の間隔は25cm程度です。 植付け後の管理 生育温度は15~25℃と涼しい気候を好みます、直射日光より明るい半日陰の風通しの良い場所で育てます。ベビーリーフとしては15cm位に育ったら大きめの葉から丁寧に摘み取ります。コンテナでもガーデンでも鑑賞用としても楽しめ、キッチンガーデンの彩りに最適です。※収穫物の大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年のの気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。植物には個体差があり、それぞれ多少異なります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県 ラトゥーガ・カタローニャ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/プンタレッラ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

604

野菜の苗/プンタレッラ3号ポット 2株セット

葉も食べますが、イタリアローマではこのプンタレッタの花芽が冬の終わりから春の風物詩。プンタというのは「尖った」という意味です。この尖がった「花芽のとう」の部分をいただきます。中は空洞ですがしっかりとした歯ごたえがあります。日本の京菜に似た葉の部分もほろ苦く、くせがなくて美味。生にままサラダやバーニャ・カウダに、またグリルしてレモンをキュッと絞っていただくなど、シンプルな調理法でそのものを楽しんでいただきたい野菜です。アスパラガスチコリーとも呼ばれています。●花芽が出来たら早めに収穫●秋に植え付けて、12~2月ごろ収穫(目安) 植え付け 日当たりと水はけのよい場所を選んで下さい。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は深型の鉢(8号(直径24cm)程度)に野菜培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、元肥に直接根が当たらないように間土をして植え付けます。植え付け後はたっぷり水を与えてください。苗の間隔は25cm程度です。 植え付け後の管理 葉を中心に楽しむ場合は、半日陰に育てたほうが、ほのかな苦味になり食べやすい。花芽を目指すなら、しっかり日に当てて大きな株に育ててください。十分に育つと、根元が膨らんできます。花芽ができ始めると、1~2週ほどであっという間に生長するので、固くなる前に早めに収穫してください。※収穫物の大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年のの気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。植物には個体差があり、それぞれ多少異なります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア...

野菜の苗/クランチーコスレタス3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/クランチーコスレタス3号ポット 6株セット

玉レタスのクリスピーさとコスレタスの甘みを合わせ持った新しいレタス!ヨーロッパで人気の最新レタス。コスレタスの甘みがありながら玉レタスの食感を持つ「革新レタス」。食感は玉レタスのぱりぱりとした歯切れ、食味はコスレタスの甘みを持っています。シーザーサラダなどに欠かせないコスレタスですが、従来品種とは比べようがないほどの「クランチ—」な食味です。●寒さに強いので秋の遅植え向きで真冬でも収穫可能! 耐暑性もあり!●コスレタスでありながら玉レタスの食感を持つ「革新レタス」!!甘みがありパルパリ食感が最高!!●縦長で小ぶりの球。定植後1か月半くらいで収穫可能! 植え付け 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料を施します。鉢植えの場合は深型の鉢(7号(直径21cm)鉢程度)に野菜様培養土などを使用し元肥料を施します。植穴は大きくあけ、元肥に根が当たらないように間土をして植えつけます。植えつけ後はたっぷり水をやってください。苗の間隔は25cm程度です。 植え付け後の管理 植え付け後2週間ほど後に追肥を施します。雨が降ったときの土の跳ね返りで汚れたり、病気の予防のため切りわらなどを株元にしくとよいでしょう。アオムシなどがつきやすいので防除してください。肥料切れをさせずに、葉の数を増やして締まった株に育てましょう。収穫が遅れると葉が硬くなり食味が落ちるので注意しましょう。 知っ得情報!! コスレタスはロメインレタスとも呼ばれ一般的なレタスと同じチシャ属の仲間ですが、その中でも葉が巻かず立った状態で成長する「立ちチシャ」の一種です。`ロメイン'というのは`ローマの'という意味で、ローマ時代によく食べられたとか、その時代から食べられているからとか諸説あるようですが、とにかく「ローマの」レタスという風に思っておけば間違いないでしょう...

野菜の苗/イチゴ:ジャンボイチゴまんぷく2号3.5号ポット

園芸ネット プラス

594

野菜の苗/イチゴ:ジャンボイチゴまんぷく2号3.5号ポット

ほとんど手のひらと同じサイズくらいの大きな実がつくいちごです。ジューシーで薫り高く、甘みたっぷりのおいしい品種。家庭で摘みたてのフレッシュな風味をお楽しみください。香り豊かな大実いちごの選抜品種です。1果の平均重は25~30gで、「とよのか」の2倍、「アイベリー(ジャンボいちご)」の1.5倍と大果で、極大果は90gにもなります。現在市場に出回っているイチゴのどの品種よりも大きな果実です。果実は円錐形で乱れが少なく、果皮色は淡赤、果肉色は淡橙。空洞が小さく、糖度が高い品種です。草勢も極めて強く、草姿が立性で、家庭での栽培に適した品種です。やや晩生で、一般的ないちごよりも1ヶ月ほど結実が遅くなる場合があります。写真は結実時のイメージです。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~12月収穫時期:6~7月果重:25~30g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(結実時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真...

野菜の苗/レストランパセリ:パーセル3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

534

野菜の苗/レストランパセリ:パーセル3号ポット2株セット

大人気!イタリアの味。ヨーロッパのレストランや家庭ではパセリと同様、手軽に使える香草として使用されています。リーフタイプなので手軽に栽培でき、パセリのように適時必要なだけ収穫して手軽にセロリの良い香りを楽しめます。美食の国イタリアでも近年人気上昇中で、窓辺の鉢植えなどで育てられる方が増えています。イタリアンの香をご賞味ください。・お手軽に収穫でき、香りのアクセントを適時楽しめます。・お庭や畑、ベランダの鉢植えなど植える場所を選ばないリーフセロリです。・本場イタリアでも人気の香草です。科名:セリ科 植え付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターなどに野菜用培養土などを使用し元肥を施してください。 植え付け 植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は30~40cm程度です。春から秋にかけての生育期間中は土の表面が湿っている状態を好むので、土の表面が半乾きになったらたっぷりと水を与えるようにします。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施します。比較的害虫は付きにくいのですが、アブラムシなどは野菜用殺虫剤で防除してください。葉が茂ってきたら随時収穫できますが、一度に採りすぎるとその後の成長が遅れますので、株のボリュームを見ながら収穫してください。真夏の高温期には成長が止まる傾向がありますので風通しの良い半日陰の場所に置いてください。9~10月ごろまで収穫できます。※収穫期間などは目安です。気候や栽培地域により若干変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので...

野菜の苗/イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット 6株セット

大人気!イタリアの味!!タケノコ型のキャベツで、比較的早く収穫でき家庭菜園向きです。球は1kg前後、赤紫色の葉はやわらかく、生食サラダにおすすめ!もちろん調理してもやわらかくて食べやすい!植付けから約70日・1kg程度を目安に収穫!従来のレッドキャベツの常識を破ったおいしいキャベツ!・ブルームの少ない紅紫色の鮮やかな三角レッドキャベツ。・球芯は特に短く、可食部が多い。・春まき、夏まきに適し、耐寒性が強く霜腐れになりにくい。・加熱調理しても色は抜けにくいタイプですが、多少の色抜けや変色はします。 植付け 日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は40cm程度です。 植付け後の管理 植付け2週間ほど後に追肥を施します。アオムシなどがつきやすいので防除してください。よくしまって球の表面にツヤが出始めるころが収穫の適期です。とり遅れないようにつけ根を包丁などで切って早めに収穫します。※球などの大きさ、収穫までの期間・耐寒性耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境により大きく変る事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム 1回、Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/イタリアンブロッコリー:ブロッキーニパープル3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,167

野菜の苗/イタリアンブロッコリー:ブロッキーニパープル3号ポット12株セット

大人気!イタリアの味!長い茎も甘味があり、柔らかく美味です。くせが無いので各種料理に利用できます。パープルの紫色は加熱調理(茹でたりレンジ調理)すると緑色に変化します。ご了承ください。・ブロッコリーの古里イタリアで人気のスティックタイプのブロッコリー。・植えつけから30~50日程度で頂花蕾を収穫でき、脇から側花蕾がどんどん出て長期間収穫。丈夫で作りやすい。・8月中旬の植え付けで11月頃収穫。耐暑性、耐寒性が強く、丈夫で作りやすい。・茎まで甘味があって美味しく、ビタミンC、カロテンなどが豊富。タイプ:アブラナ科 植え付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。酸性の土を嫌うので、植え付け前に苦土石灰などで調整をしてください。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。 植え付け 植え穴は大きくあけ、根鉢が見えるぎらいのやや浅植えにし、たっぷり水を与えてください。苗の間隔は30~35cm程度です。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施し倒れないように土寄せをします。アオムシなどがつきやすいので防除してください。中央部に小さな花蕾が見え始めたら2回目の追肥をします。ブロッキーニは主枝の頂花蕾を収穫後、脇から側花蕾がどんどん出て長期間収穫できます。茎まで美味しく食べられるブロッコリーです。※花蕾などの大きさ・収穫までの期間ン・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境などより大きく変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム...

野菜の苗/レストランパセリ:パーセル3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/レストランパセリ:パーセル3号ポット 6株セット

大人気!イタリアの味。ヨーロッパのレストランや家庭ではパセリと同様、手軽に使える香草として使用されています。リーフタイプなので手軽に栽培でき、パセリのように適時必要なだけ収穫して手軽にセロリの良い香りを楽しめます。美食の国イタリアでも近年人気上昇中で、窓辺の鉢植えなどで育てられる方が増えています。イタリアンの香をご賞味ください。・お手軽に収穫でき、香りのアクセントを適時楽しめます。・お庭や畑、ベランダの鉢植えなど植える場所を選ばないリーフセロリです。・本場イタリアでも人気の香草です。科名:セリ科 植え付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターなどに野菜用培養土などを使用し元肥を施してください。 植え付け 植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は30~40cm程度です。春から秋にかけての生育期間中は土の表面が湿っている状態を好むので、土の表面が半乾きになったらたっぷりと水を与えるようにします。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施します。比較的害虫は付きにくいのですが、アブラムシなどは野菜用殺虫剤で防除してください。葉が茂ってきたら随時収穫できますが、一度に採りすぎるとその後の成長が遅れますので、株のボリュームを見ながら収穫してください。真夏の高温期には成長が止まる傾向がありますので風通しの良い半日陰の場所に置いてください。9~10月ごろまで収穫できます。※収穫期間などは目安です。気候や栽培地域により若干変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので...

野菜の苗/イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

534

野菜の苗/イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット2株セット

大人気!イタリアの味!!タケノコ型のキャベツで、比較的早く収穫でき家庭菜園向きです。球は1kg前後、赤紫色の葉はやわらかく、生食サラダにおすすめ!もちろん調理してもやわらかくて食べやすい!植付けから約70日・1kg程度を目安に収穫!従来のレッドキャベツの常識を破ったおいしいキャベツ!・ブルームの少ない紅紫色の鮮やかな三角レッドキャベツ。・球芯は特に短く、可食部が多い。・春まき、夏まきに適し、耐寒性が強く霜腐れになりにくい。・加熱調理しても色は抜けにくいタイプですが、多少の色抜けや変色はします。 植付け 日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。元肥として葉野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は40cm程度です。 植付け後の管理 植付け2週間ほど後に追肥を施します。アオムシなどがつきやすいので防除してください。よくしまって球の表面にツヤが出始めるころが収穫の適期です。とり遅れないようにつけ根を包丁などで切って早めに収穫します。※球などの大きさ、収穫までの期間・耐寒性耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境により大きく変る事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム 1回、Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県イタリアンキャベツ:サラダキャベツ・アクートパープル3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/イタリアンブロッコリー:シチリアンブロッコリー3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/イタリアンブロッコリー:シチリアンブロッコリー3号ポット 6株セット

大人気!イタリアの味!頂花蕾が黄緑色で比較的大きく、甘味があり、くせが無いので各種料理に利用できます。・ブロッコリーの古里イタリアで人気の黄緑色のブロッコリー。・8月中旬の植え付けで11月頃収穫。耐暑性、耐寒性が強く、丈夫で作りやすい。・甘味があってコクがある独特の美味しい食味です。タイプ:アブラナ科 植え付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。酸性の土を嫌うので、植え付け前に苦土石灰などで調整をしてください。元肥として野菜用肥料などを施します。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。 植え付け 植え穴は大きくあけ、根鉢が見えるぎらいのやや浅植えにし、たっぷり水を与えてください。苗の間隔は30~35cm程度です。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施し倒れないように土寄せをします。アオムシなどがつきやすいので防除してください。中央部に小さな花蕾が見え始めたら2回目の追肥をします。シチリアンブロッコリーは主枝の頂花蕾が大きく育つタイプです。(頂花蕾収穫後の側枝花蕾は出ないタイプです)※花蕾などの大きさ・収穫までの期間ン・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境などより大きく変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム 1回、Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県イタリアンブロッコリー:シチリアンブロッコリー3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット 6株セット

アブラナ科でキャベツの仲間です。「黒いキャベツ」「アスパラガスキャベツ」とも呼ばれ、葉の表面はちりめん状になります。高級イタリア料理店のレシピには必ずといっていいほど名を連ねる食材で、ホウレンソウをもっと濃厚にしたような味がします。ビタミンやミネラルを多く含み、スープや炒め物、煮物などに利用されます。・黒海周辺やイタリアトスカーナ地方の名産野菜!濃緑色で結球しない。・植え付け約50日ぐらいから約40cm程度に伸びた若葉を随時収穫・甘味と独特のコクがある美味しい食味です。タイプ:アブラナ科 植付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥としてキャベツ用肥料など葉野菜用肥料を施します。鉢植の場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。 植付け 植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は35~40cm程度です。 植付け後の管理 植付け2週間ほど後に追肥を施します。アオムシなどがつきやすいので防除してください。40cm~50cmの若葉を硬くならないうちに収穫してください。※植付けから収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム 1回、Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県 イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/カリフラワー:シチリアンイエローグリーン3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,926

野菜の苗/カリフラワー:シチリアンイエローグリーン3号ポット 6株セット

カラフルでおいしい!カラーカリフラワー!!鮮やかな色合いで、料理の色添えに最適。茹でても黄緑色のままなので、サラダや様々な料理の色添えに最適!!花蕾は綺麗な黄緑色で締り良く、きめ細かいドーム型で重量感があります。収穫サイズは400g程度から栽培条件が良いと700g程度まで大きくなる豊産種です。ゆでてもあまり色が変わらず、食味が良いカリフラワーです。根張り良く、栽培しやすい品種で、定植後、約100ぐらいで収穫可能です。・定植後、約100日ぐらいで収穫可能!!12~2月どり。・茹でても黄緑色のままなので、サラダや様々な料理の色添えに最適!!・ドーム型の肉厚できめが細かい!!科名:アブラナ科 植え付け 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。酸性土にやや弱いので植え付け前に苦土石灰などで調整してください。元肥として野菜用肥料などを施し、浅植えにします。苗の間隔は畑植えの場合40cm程度です。鉢植えの場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用して元肥を施します。鉢植えの場合は間隔25~30cm程度のやや密植にします。植え付け後、たっぷり水をやってください。 植え付け後の管理 植え付け2週間ほど後に追肥を施し倒れないように土寄せをします。アオムシ、ヨトウムシなどがつきやすいので野菜用殺虫剤や忌避剤、ネットなどで防除してください。中央部に小さな花蕾が見え始めたら2回目に追肥をします。シチリアンイエローグリーンは主枝の先の頂花蕾が大きく育つタイプです。(頂花蕾収穫後の側枝花蕾は出ないタイプです)※花蕾などの大きさ・収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域、土質、栽培環境などにより大きく変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時のイメージですが、お届け時は苗の状態です...

野菜の苗/すずなりブロッコリー:ホワイト3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

1,602

野菜の苗/すずなりブロッコリー:ホワイト3号ポット6株セット

珍しい白い茎のブロッコリー。たくさんとれます。ブロッコリーでは今までに無い白い花蕾です。花蕾の味は通常の緑のブロッコリーよりクセの無い味で食べやすく、長く伸びる茎も美味しく食べられます。剪定しなくても自然に茎が枝分かれし、驚くほどたくさんの本数が収穫できます。秋に植えて翌年の3~4月頃、長期間収穫が可能です。(収穫時期、本数などは地域や環境により変化します。ご了承ください。●クセの無い味で長い茎も美味。●驚くほど沢山の茎が出ます。●秋植え翌年3~4月頃の白い茎ブロッコリー。タイプ:アブラナ科の1年草原産地:地中海沿岸植え付け:日当たりと水はけの良い場所を選びます。酸性土壌を嫌うので植え付け前の土づくりの苦土石灰などで調整してください。元肥として野菜用肥料を施します。鉢植えの場合は野菜用の大きめのプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。植え穴は大きくあけ、根鉢が見えるぐらいのやや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は40~50cm程度です。植え付け後の管理:植え付け2週間ほど後に追肥を施し、倒れないように土寄せをします。その後成長を見ながら追肥し、茎の先に花蕾が見え始めたからやや多めに追肥をします。アオムシがつきやすいので野菜用殺虫剤やネットなどで防除してください。剪定をしなくても自然に茎が枝分かれし、小さな花蕾ですが驚くほど沢山の本数が収穫できます。秋の植えて、翌年の3~4月頃、長期間収穫可能です。茎まで美味しくたべられる茎ブロッコリーです。写真は生長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。※植え付けから収穫までの期間、収穫本数などはあくまでも目安です。気候や栽培地域により若干変わることがあます...

野菜の苗/イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

534

野菜の苗/イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット2株セット

アブラナ科でキャベツの仲間です。「黒いキャベツ」「アスパラガスキャベツ」とも呼ばれ、葉の表面はちりめん状になります。高級イタリア料理店のレシピには必ずといっていいほど名を連ねる食材で、ホウレンソウをもっと濃厚にしたような味がします。ビタミンやミネラルを多く含み、スープや炒め物、煮物などに利用されます。・黒海周辺やイタリアトスカーナ地方の名産野菜!濃緑色で結球しない。・植え付け約50日ぐらいから約40cm程度に伸びた若葉を随時収穫・甘味と独特のコクがある美味しい食味です。タイプ:アブラナ科 植付け前の準備 日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥としてキャベツ用肥料など葉野菜用肥料を施します。鉢植の場合は野菜用の大き目のプランターに野菜用培養土などを使用し元肥を施します。 植付け 植え穴は大きくあけ、やや浅植えにして、たっぷり水をやってください。苗の間隔は35~40cm程度です。 植付け後の管理 植付け2週間ほど後に追肥を施します。アオムシなどがつきやすいので防除してください。40cm~50cmの若葉を硬くならないうちに収穫してください。※植付けから収穫までの期間・耐寒耐暑性などはあくまで目安です。毎年の気候や栽培地域・土質・栽培環境などにより大きく変わる事があります。ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チウラム 1回、Zボルドー水和剤 1回、インプレッションクリア 1回、プリファード水和剤 1回生産地:兵庫県イタリアンキャベツ:イタリアンブラック3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/いちごプランター栽培:とうくん(桃薫)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

2,982

野菜の苗/いちごプランター栽培:とうくん(桃薫)3号ポット3株セット

植物が元気いっぱいに育つ、通気性のよいプランターでいちごを栽培してみませんか?いちごの苗3株とプランター、いちご専用土、専用肥料もついた、お得なセットです。セット内容:イチゴ:とうくん(桃薫)3号ポット × 3株ホームプランター65TR[幅64cm、奥行き23cm、高さ18.5cm]× 1個甘いイチゴをつくる土12リットル入り× 1袋甘いイチゴを作る肥料 500g入り (5-8-5) × 1袋イチゴ:とうくん(桃薫)果皮が愛らしい桃色で、今までにない特徴的な甘い香りがします。果実は甘みと酸味のほどよいバランスで桃のような味わいです。草姿も強く、果形もよく、収量抜群の品種です。・ホームプランター65TRシンプルでベーシックな汎用性の高いプランターです。水抜き穴・止水栓つき、目皿つき。サイズ幅64cm、奥行き23cm、高さ18.5cm、容量12.5リットル、ポリプロピレン製・いちごの土12リットル入り有機海藻肥料で根張りをよくしてイチゴの甘さをアップし、有機素材「NZHバーク」で有効菌を増殖させ、複数の有効菌で病気に強い土の環境作りをしてくれます。主原料:バーク堆肥、ピートモス、パーライト、粘質土 ・いちごの肥料 500g入りいちごを甘く美味しく。油かす・骨粉入りの有機肥料。豊富なリンサン分が実つきを良くします。ペレット状なので手が汚れません。チッソ:リンサン:カリ=5:8:5 栽培方法:プランターにイチゴの土を入れて苗を植えつけてください。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。たっぷり水をやり、日当たりのよい場所で管理します。冬も戸外で十分に日光に当て、土の表面が乾いたら潅水します。春になってイチゴの苗が生長し始めたら、イチゴの肥料を適宜与えてください。収穫期間が長いので...

野菜の苗/みつば(三つ葉)の苗3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

912

野菜の苗/みつば(三つ葉)の苗3号ポット4株セット

ミツバは全国の山野に生えるセリ科の多年草。長い葉柄の先に3小葉がついた葉を根元からたくさん出し、初夏に白く目立たない花を咲かせます。半日陰を好み、香味野菜としても江戸時代から栽培されています。全草に香気が強く、味は淡泊で、汁物の吸い口や鍋料理、炒め物など和風料理用に利用されます。市販の切り三つ葉、根三つ葉、糸三つ葉などは、軟白栽培などで料理に適した草姿となるように作られたもの。自然の状態に近い地植えで育てると、市販のものよりも茎は短くなります。日照の良い場所で育てると葉柄が固くなるので、半日陰で湿気の多い場所に植え、新しい葉が出たら柔らかなうちに摘み取って利用してください。家庭菜園で育てる他の野菜の根元などに植えると効率よく栽培できます。開花後は種をつけ、家庭菜園ではこぼれ種から新しい株が育つほど強健です。タイプ:セリ科の耐寒性多年草草丈:10~30cm日照:半日陰むき栽培用法:半日陰で湿気の多い場所を好みます。鉢植えの場合は、水を切らさないようご注意ください。3号(直径9cm)ポット入り4株セットです。使用した農薬:アセタミプリド(1回) みつば(三つ葉)の苗3号ポット4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク