メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「君子蘭植え替え時期」検索結果。

君子蘭植え替え時期の商品検索結果全1件中1~1件目

山野草の苗/クンシラン:あけぼの8号鉢植え

園芸ネット プラス

14,882

山野草の苗/クンシラン:あけぼの8号鉢植え

斑入り葉が美しい高級種、曙君子蘭です。斑の出方は時期により変化があり、3~5月頃が一番きれいに斑が出ます(写真は11月現在の斑の様子です)。斑の出方には個体差があります。高い場所に置くと色が緑になりやすい傾向があるので、ご注意ください。花は一般的な君子蘭と同じオレンジ色です。タイプヒガンバナ科クリビア属の半耐寒性常緑多年草草丈40~50cm開花期3月下旬日照半日陰向き栽培方法:冬の間は室内のなるべく明るい場所で管理し、最低5度以上を保ち、15度以上にならないようにします。春、霜がおりなくなる頃に戸外の日陰に出し、秋まで管理します。直射日光に弱いので、風通しのよい半日陰を選んでください。春から秋口までは薄い液肥を10日に1回程度施します。水遣りは鉢土に表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えてください。冬は水やりを10日に1度程度とし、肥料は蕾が出てから花が終わるまで施さないようにします。生育旺盛なので、毎年5~6月頃に一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの際の用土は赤玉土7と腐葉土3の割合で混ぜたものや「クンシランの土」をご利用ください。クンシラン:あけぼの8号鉢植えの栽培ガイド苗類のお届け形態について

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草の苗/ツワブキ:残雪(ざんせつ)5号鉢植え

園芸ネット プラス

1,488

山野草の苗/ツワブキ:残雪(ざんせつ)5号鉢植え

残雪は葉脈にそって白の散斑が入る品種です。斑の色が出るのは秋です。冬に黄色の花を咲かせます。ツワブキは日本人にはなじみの深い定番品種です。清楚で落ち着いた感じの花を咲かせます。丈夫で日陰の植栽に向き、玄関わきや樹陰を明るく彩り、秋の庭では貴重な花となります。つやのある大きく丸い葉が一年中青々として、コンパクトな室内観葉植物としても楽しめます。タイプキク科の耐寒性常緑宿根草(マイナス5度まで)開花期10~11月草丈約20~40cm花径3cm植付け適期春または秋栽培方法:非常に丈夫で、日向、日陰を問わず、湿地でなければどこでも植付け可能です。最も適しているのは水はけのよい腐植質に富んだ半日陰です。耐寒性、耐暑性とも強く、寒冷地以外なら一年中美しい葉を楽しめますが、夏の強光で葉焼けを起こすことがありますので注意してください。4~5年に一度植え替えをしてください。株分けまたは種まきにより殖やすことができます。5号(直径15m)鉢植えです。写真は成長時のイメージです。ツワブキは冬季、古葉を切り取ってご発送する場合がございます。春になると美しい新芽が出てきます。※写真はイメージです。ツワブキ:残雪(ざんせつ)5号鉢植えの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草の苗/ホトトギス:松風3号ポット

園芸ネット プラス

686

山野草の苗/ホトトギス:松風3号ポット

松風はタイワンホトトギス(台湾原産の強健種)の1種。日当たりのよい場所でも栽培できます。白地に明紫の斑点が入る花です。切り花、茶花にも利用でき、作りやすい品種です。ホトトギスは山野の湿り気のある場所や林の中に自生する山野草です。花びらに多数の斑がはいるので、この斑点をホトトギスの胸毛の模様に見立ててこの名がつきました。しっとりした風情で、和風庭園の下草やシェードガーデン、鉢植えにおすすめです。切花としても利用できます。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。※冬季は地上部がない状態です。タイプ:ユリ科ホトトギス属の耐寒性多年草草丈:30~40cm植え時:11月~7月開花期:9~10月日照:半日陰むき栽培方法:寒さには大変強いのですが、夏の乾燥と高温に弱いので、半日陰で風通しのよい場所に植えつけます。やや酸性の強い土を好みますので、植え付けの際に腐葉土やピートモスを施してください。強い直射日光が当たると葉やけを起こしますので注意してください。8月いっぱいはよく水遣りをして乾燥を防いでください。冬季は地上部がなくなりますので、根元に落ち葉や敷き藁をして防寒し、冬越しさせてください。株が込み合ってきたら春または秋に株分けします。ホトトギス:松風3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草の苗/長生蘭(チョウセイラン):金山金剛(かなやまこんごう)3号鉢植え

園芸ネット プラス

1,018

山野草の苗/長生蘭(チョウセイラン):金山金剛(かなやまこんごう)3号鉢植え

長生蘭はセッコク(石斛)の東洋蘭としての呼び名です。国内の中部地方以南の温暖な地域で、樹木に着生して生育するランで、鉢植えにして古典園芸植物として古くから親しまれ、多くのひんしゅがあります。主に株姿や斑入りの葉などを観賞しますが、初夏には白や赤紫の美しい花も楽しめます。長生蘭は栽培中に違う品種に変化することがあるため、世話をする中で変化を見つけるのも楽しみとなってきます。その名の通り、長く生きる蘭です。金山金剛(かなやまこんごう)は中型種。同一株の中でもさまざまな形状の斑が現れます。濃ピンクの花を咲かせる花付のよい品種です。花期:5~7月草丈:10~25cm日照:日向または半日陰むき栽培方法半日陰で水苔植えにします。夏場はたっぷり水をやります。冬場は乾かし気味に育てます。寒さには比較的強く、凍らせなければ大丈夫なので、南側の軒下などで管理してください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。※写真はイメージです。長生蘭(チョウセイラン):金山金剛(かなやまこんごう)3号鉢植えの栽培ガイド日陰の庭に、おすすめの植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー:スタンダード仕立て7号鉢植え

園芸ネット プラス

5,037

ハーブの苗/ローズマリー:スタンダード仕立て7号鉢植え

スタンダード仕立てのローズマリー。秋~春にかけては、淡いブルーのお花も楽しめます。這性のローズマリーを刈り込みを重ねてスタンダード仕立てにしたものです。枝が伸びて来たら適宜刈り込んで美しい形を保ちます。あるいはそのまま伸ばして、枝垂れる枝の風情を楽しむこともできます。門扉や玄関の入口などにシンメトリーに置いてもステキです。樹高は多少個体差があります。写真は一例です。タイプ:シソ科の半耐寒性常緑低木 草丈:50~200cm開花期:秋から翌春にかけて 用途:鉢植え、コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当たりが良く、風通しの良い所に置いてください。日当たりが悪いとすぐに徒長してしまい、葉の蒸れや株が弱ります。また、花もあまり咲かなくなります。気温が0℃ぐらいまでは育ちますので、室内に移動したり、防寒を行う必要はありません。寒冷地では冬季は寒風の当たらない軒下などに移動させて下さい。鉢土の表面が乾いてきたら、鉢の底から水が流れるぐらいたっぷりと与えて下さい。乾燥を好む植物ですので、過湿にすると良くありません。肥料はあまり必要はありませんが、追肥として春と秋にハーブの肥料を与えて下さい。または、樹の様子をみて元気がないときは液体肥料を10日に1回程度の割合で与えて下さい。蒸れに弱いので蒸れないように、混みすぎた枝や弱々しい枝、伸びている枝を剪定します。生育旺盛のため、鉢植えの場合は1~2年に1回程度の植え替えが必要です。植え替える場合には根を傷めないように一回り大きい鉢に植え替えます。植え替えは真夏、真冬を除いていつでも可能ですが、春の新芽が伸びる頃がおすすめです。ハーブの培養土または赤玉土(小粒)と腐葉土6対4の割合で混ぜた土に苦土石灰を少量加えたものなどを使います。7号鉢植えです。鉢の形状・色は写真と若干異なる場合があります...

果樹の苗/オリーブ:エルグレコ7号鉢植え

園芸ネット プラス

5,681

果樹の苗/オリーブ:エルグレコ7号鉢植え

オリーブは地中海原産のモクセイ科の常緑中高木。太陽の光と温暖な気候を好みます。年間を通してきれいな葉を茂らせ、ガーデン用の樹木として一番人気となっています。丈夫で育てやすく、大きく育てれば丸い実も楽しめます。エル・グレコは花つきがよく花粉量が多いので、新世代の受粉樹として注目の品種です。果実は小型で主にオイル用に利用されます。葉は細長く先が尖った形で、樹形は直立性となり、非常に芽吹きがよいのでツリー仕立てや玉作りにも向いています。実を目的とする場合は受粉樹を近くに植えてください。タイプ:耐寒性常緑高木植え時:年中可能(厳寒期は避けたほうが無難です)栽培適地:関東地方以南の太平洋側。温暖で雨の少ない地方向き。それ以外の場所では鉢植えにして、冬は室内にとりこんでください。 開花:6月 収穫:9月中旬~10月日照:日向むき栽培方法:根は過湿に弱いので、日当たり・排水が良い場所を選んで植えます。鉢植えの場合は、赤玉土8に腐葉土2の割合で混ぜたものを用います。関東以南の太平洋側や暖地では露地栽培も可能です。冬は短時間なら-10度でも耐えますが、-5度以下が何日も続く地方では枯れることがありますので、寒くなる場所では南側の軒下に入れたり、室内にとりこんで越冬してください。・収穫・利用法:青い実を収穫し、薄い塩水に1日以上つけて渋ぬきした後、ピクルスや塩漬けに。お届けする苗は7号(直径21cm)鉢植え、樹高約90~100cmです。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがありますのでご了承くださいませ。お届け時期により葉が多少きれいでない場合がございます。写真はイメージです。オリーブ:エルグレコ7号鉢植えの栽培ガイドオリーブ記念樹のすすめ苗類のお届け形態について

草花の苗/ゼラニウム:カリオペローズスプラッシュ5号鉢植え

園芸ネット プラス

1,373

草花の苗/ゼラニウム:カリオペローズスプラッシュ5号鉢植え

「カリオペ」は、アイビー系とゾナル系の2種類の園芸種ゼラニウムを交配して作出され、両方の長所を兼ね備えた新しいタイプの「ハイブリッド ゼラニウム」です。特に耐暑性に優れ、高温多湿な日本の夏でも休むことなく花を咲かせ続けます。また、その花の大きさと連続開花性は「ゼラニウムの王様」を思わせる存在感で、ハンギングバスケットや大きなコンテナ植えに最適です。通常のゼラニウムに比べて、花弁が大きくボリュームがあります。豪華さをお楽しみください。春から秋まで、高温期も休むことなく次々に咲き続けます。霜が降りない地域であれば、越冬も可能です。タイプフウロソウ科ペラルゴニウム属の半耐寒性多年草草丈30~40cm開花期春~秋耐寒性普通耐暑性強い日照屋外の日なた 栽培方法:日当たりと風通しのよい戸外で管理してください。お届け後しばらくは鉢のまま管理できますが、生育旺盛なので徐々に根詰まりしてきます。春か秋に水はけのよい培養土を用いて一回り大きな鉢に植え替えるか、花壇に植えてください。株を鉢から抜き、下の根を少しほぐしてから植えます。こうすることで新しい根がまた出て生育が順調に進みます。ゼラニウムは比較的、多肥を好む植物です。1ヶ月に1度程度化成肥料を施すか、2週間に1度を目安に薄めの液肥を施しましょう。また、やや乾燥を好むので、鉢やコンテナ植えの場合は、土の表面が乾いてから、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水をあげてください。また、枝が伸びて株姿が乱れてきたら、適宜切り戻しすると新芽がふいてボリュームのある株に若返らせることができます。5号プラ鉢植えです。ゼラニウム:カリオペローズスプラッシュ5号鉢植えの栽培ガイドゼラニウムの管理法苗類のお届け形態について

果樹の苗/オリーブ:ミッション6号鉢植え

園芸ネット プラス

3,480

果樹の苗/オリーブ:ミッション6号鉢植え

★2017年9月上旬現在、少量ですが実がついた状態の鉢植えです★オリーブは地中海原産のモクセイ科の常緑中高木。太陽の光と温暖な気候を好みます。年間を通してきれいな葉を茂らせ、ガーデン用の樹木として一番人気となっています。丈夫で育てやすく、大きく育てれば丸い実も楽しめます。ミッションはアメリカのカリフォルニア州で発見された、スペイン系のオリーブで、わが国へは明治41年に導入され、国内では最も普及している品種のひとつです。樹形は直立性、生育旺盛でガーデニングには使いやすい品種です。葉は大きめで、強風には弱いので注意してください。果実は中型で、ピクルス、オイル用の兼用です。豊産性ですが隔年結果も大きい品種です。ミッションはオリーブには珍しく少し自家結実性がありますので、1本でもある程度結実しますが、実つきをよくするためには近くに異なる品種を植えて一緒に育ててください。タイプ:モクセイ科オレア属の半耐寒性常緑高木植え時:年中可能(厳寒期と真夏は避けたほうが無難です)栽培適地:露地植えは関東地方以南(寒冷地では鉢植えにして冬は防寒する) 開花:6月 収穫:9月中旬~10月日照:日向むき栽培方法:暖かく降雨量の少ない地域に向きます。過湿に弱いので、日当たり・排水が良い場所を選んで植えます。やせ地でも育ちます。鉢植えの場合は、赤玉土8に腐葉土2の割合で混ぜたものを用います。関東以南の太平洋側や暖地では露地栽培できます。深植えにならないよう根を広げて植え、支柱を立てて十分に潅水します。肥料は春(3月)、夏(6月)、秋(9月)に化成肥料を適宜施してください。病虫害は新葉につくハマキムシ、実が落果する炭疽病、太くなった幹の内部に食入するオリーブアナアキゾウムシの被害に注意します。オリーブアナアキゾウムシはスミチオン乳剤で防除します。冬は短時間なら...

山野草の苗/ショウジョウバカマ3号ポット

園芸ネット プラス

572

山野草の苗/ショウジョウバカマ3号ポット

ショウジョウバカマは北海道から九州までの、野原や林のやや湿った場所に自生する常緑性の多年草です。田んぼの畦道から高山帯の湿原まで、広い場所に分布します。ロゼット状の葉の中心から花茎を立ち上げます。開花は低地では3~4月頃、高原では6~7月で、草丈20cmほどで、穂状の花となります。花が終わっても花被片や雄しべが残って徐々に緑色の穂状にかわり、種をつけます。※花色は桃~白までさまざまです。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。学名:Heloniopsis orientalis タイプ:ユリ科の耐寒性多年草 草丈:20cm開花期:3~4月 栽培適地:日向ですが、夏は半日陰におきます。排水のよい場所に植えますが、乾燥は避けてください。 用途:花壇、鉢植え、切花日照:日向または半日陰むき栽培方法:通気性の良い鉢を使い、山野草用培養土に植え込みます。湿り気を好むので、乾燥させないように管理します。6~9月は半日陰になるような場所で、それ以外は日のあたる場所で管理暑さを嫌うので、特に夏場は涼しくしてください。古い葉や傷んだ葉をこまめに取り除きます。肥料は緩効性肥料を植え付け時、開花後、秋に施肥します。冬は寒さで多少葉焼けすることがあるので、フレームなどで保護するとよいでしょう。植え替えは2年に1度程度で十分です。寒さに強いので、庭や花壇にも向きます。秋の株分けや春の挿し木で増やすことができます。 ショウジョウバカマ3号ポットの栽培ガイドヒヤシンスとクロッカスの水栽培苗類のお届け形態について

山野草の苗/和蘭:村雨2.5号ポット

園芸ネット プラス

2,392

山野草の苗/和蘭:村雨2.5号ポット

和蘭(WARAN)は東洋蘭の清楚で趣のある姿と洋蘭の華やかさを併せ持つ、新しい蘭です。日本・中国などに自生する春蘭・寒蘭などの温帯性シンビジュームと洋蘭との交配により生み出された品種。斬新な姿の中にも、侘び寂びや、落ち着きを感じさせてくれます。日本の風土に適した育てやすい種類です。鉢植えのまま室内で花を楽しめます。また、丈夫なものが多く寒さにも強いため、関東以南の太平洋側の温暖な地域なら庭植えでも栽培できます。蘭栽培の入門としてもお勧めです。自然な姿で咲く蘭の美しさをお楽しみください。★この苗の開花はお届けから1年後以降(品種により時期が異なります)となります★タイプ:耐寒性常緑宿根草開花期:1~4月草丈:10~20cm日当たり:半日陰香り:なし用途:鉢植え。温暖な地域では庭植え・グランドカバー利用可能開花中の管理:室内の涼しい場所で鑑賞してください。花は乾燥に弱いので、暖房のそばは避けてください。夜間温度0~10度、日中の温度10~15度程度の場所が最適です。水やりは週に一度たっぷりと与え、鉢皿に水をためないようにします。蕾や花芽が付いている場合は、乾かさないように注意してください。乾燥しすぎると花が咲かずに終わってしまう場合があります。開花中は肥料は不要です。花後の管理:春~秋は屋外の木陰、冬は室内の窓際でレースのカーテン越しのような場所が最適です。最低温度0度以上なら屋外での冬越しも可能です。雨や霜の当たらない軒下で管理してください。水やりは春と秋は2~3日に1度、夏の晴れた日は毎日、冬は週1度を目安に、鉢底から流れ出るくらいタップリと水を与えるのがポイントです。2年に1回、4~5月頃に水はけのよい洋蘭の土などを使って一回り大きな鉢に移植してください。鉢が大きすぎると、翌年開花しないことがありますのでご注意ください...

山野草の苗/ツワブキ:八重咲ツワブキ3.5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

山野草の苗/ツワブキ:八重咲ツワブキ3.5号ポット

ツワブキは日本人にはなじみの深い定番品種ですが、この品種は八重咲きで、清楚で落ち着いた雰囲気の中にも豪華に存在感があります。丈夫で日陰の植栽に向き、玄関わきや樹陰を明るく彩り、秋の庭では貴重な花となります。つやのある大きく丸い葉が一年中青々として、コンパクトな室内観葉植物としても楽しめます。ツワブキは冬季、古葉を切り取ってご発送する場合がございます。春になると美しい新芽が出てきます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届け時は苗の状態です。タイプキク科の耐寒性常緑宿根草開花期10~12月草丈約60~70cm花径3cm植付け適期春または秋栽培方法:非常に丈夫で、日向、日陰を問わず、湿地でなければどこでも植付け可能です。最も適しているのは水はけのよい腐植質に富んだ半日陰です。耐寒性、耐暑性とも強く、寒冷地以外なら一年中美しい葉を楽しめますが、夏の強光で葉焼けを起こすことがありますので注意してください。4~5年に一度植え替えをしてください。株分けまたは種まきにより殖やすことができます。ツワブキ:八重咲ツワブキ3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草の苗/和蘭:大和撫子2.5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

山野草の苗/和蘭:大和撫子2.5号ポット

和蘭(WARAN)は東洋蘭の清楚で趣のある姿と洋蘭の華やかさを併せ持つ、新しい蘭です。日本・中国などに自生する春蘭・寒蘭などの温帯性シンビジュームと洋蘭との交配により生み出された品種。斬新な姿の中にも、侘び寂びや、落ち着きを感じさせてくれます。日本の風土に適した育てやすい種類です。鉢植えのまま室内で花を楽しめます。また、丈夫なものが多く寒さにも強いため、関東以南の太平洋側の温暖な地域なら庭植えでも栽培できます。蘭栽培の入門としてもお勧めです。自然な姿で咲く蘭の美しさをお楽しみください。★この苗の開花はお届けから1年後以降(品種により時期が異なります)となります★「大和撫子」は和蘭シリーズの中ではやや耐寒性の弱いタイプ。露地植えは温暖な地域のみとし、それ以外の場所では鉢植えにして、冬は室内に取り込んでください。タイプ:耐寒性常緑宿根草開花期:10~4月草丈:10~20cm日当たり:半日陰香り:微香用途:鉢植え。温暖な地域では庭植え・グランドカバー利用可能開花中の管理:室内の涼しい場所で鑑賞してください。花は乾燥に弱いので、暖房のそばは避けてください。夜間温度0~10度、日中の温度10~15度程度の場所が最適です。水やりは週に一度たっぷりと与え、鉢皿に水をためないようにします。蕾や花芽が付いている場合は、乾かさないように注意してください。乾燥しすぎると花が咲かずに終わってしまう場合があります。開花中は肥料は不要です。花後の管理:春~秋は屋外の木陰、冬は室内の窓際でレースのカーテン越しのような場所が最適です。最低温度0度以上なら屋外での冬越しも可能です。雨や霜の当たらない軒下で管理してください。水やりは春と秋は2~3日に1度、夏の晴れた日は毎日、冬は週1度を目安に、鉢底から流れ出るくらいタップリと水を与えるのがポイントです。2年に1回、4...

果樹の苗/オリーブ:シプレッシノ スタンダード仕立て7号鉢植え

園芸ネット プラス

7,997

果樹の苗/オリーブ:シプレッシノ スタンダード仕立て7号鉢植え

【大型送料商品】仕立てが美しいオリーブのスタンダード仕立て。玄関先のシンボルツリーやデコレーションにいかがですか?幹が太くしっかりとした株です。品種はシプレッシノ。主幹を中心に枝が伸びコンパクトな樹形で、間伸びせずきれいにまとまるため、生垣や街路樹、ガーデニングに適した比較的耐寒性、耐風性の強い品種です。自家結実性が弱いので、実採りを目的とする場合は必ず受粉樹を近くに植えてください。鉢植え、庭植えでご利用ください。成長は遅めです。オリーブは地中海原産のモクセイ科の常緑中高木。太陽の光と温暖な気候を好みます。年間を通してきれいな葉を茂らせ、ガーデニングに大人気となっています。サイズ:全体の高さ約120cm、樹高約95cm、葉張り約50cm★樹形は若干個体差があります。写真は一例です★学名:Olea europaea タイプ:耐寒性常緑高木結実期:10~11月植え時:年中可能(厳寒期は避けたほうが無難です)栽培適地:関東地方以南の太平洋側。温暖で雨の少ない地方向き。それ以外の場所では鉢植えにして、冬は室内にとりこんでください。 開花:6月 収穫:9月中旬~10月日照:日向むき果実:2~2.5g主産地:イタリア中部食用用途:オイル用栽培方法:根は過湿に弱いので、日当たり・排水が良い場所を選んで植えます。鉢植えの場合は、赤玉土8に腐葉土2の割合で混ぜたものを用います。関東以南の太平洋側や暖地では露地栽培も可能です。冬は短時間なら-10度でも耐えますが、-5度以下が何日も続く地方では枯れることがありますので、寒くなる場所では南側の軒下に入れたり、室内にとりこんで越冬してください。7号(直径21cm)鉢植えです。※写真はイメージです。■大型商品のため、下記サービスについてはお受けできません。・日祝日指定・時間帯指定■お届け地域について ...

ハーブの苗/ローズマリー(立性):7号鉢植え樹高約50cm

園芸ネット プラス

3,434

ハーブの苗/ローズマリー(立性):7号鉢植え樹高約50cm

造園用に人気の大株仕立ての立性ローズマリーです。やや幅広の葉で強健種。剪定後の回復の早い点も特徴です。花は淡いブル-です。低めの生垣や列植え、花壇、鉢植えなど幅広くご利用いただけます。冬季はマイナス5度くらいまで耐えますが、なるべく寒風や霜に当たりにくい場所で管理してください。切り枝はハーブとして、ポプリやリース、お料理などにもご利用いただけます。タイプ:シソ科マンネンロウ属の半耐寒性常緑低木 草丈:50~150cm 開花期:秋から翌春にかけて 植え付け適期:春、秋用途:鉢植え、コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つようにします。5~6月、成熟した枝先5~8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫・利用方法:葉は使用のつど摘みます。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。7号(直径21cm、高さ24cm)ポット入り、樹高約50~60cmです。樹高は多少変動することがあります。 ローズマリー(立性):7号鉢植え樹高約50cmの栽培ガイドローズマリーのスタンダード仕立てローズマリー苗類のお届け形態について

山野草の苗/雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

1,665

山野草の苗/雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セット

雪割草、銘品実生系の開花予定株です。花色は様々なお色となりますのでご了承ください。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性宿根草耐寒性:マイナス15度草丈:5~10cm開花期:2~4月栽培方法:用土は硬質の鹿沼土が適しています。乾燥する場所では赤玉土を1割ほど混ぜて植えつけます。鉢は排水・通気性の良いものが適します。鹿沼土は排水性がよいので、乾いて表面が白っぽくなったら潅水します。新芽が出る頃から花後に葉が固まる頃まで(3月中旬~6月中旬)は多めに水を与えます。夏は夕方に鉢底から水が流れるまでたっぷり与え、温度を下げます。耐肥性が高く肥料により良く育つ品種ですが、無肥料でも花芽をつけるので、肥料は控えめにします。月1回薄めの液肥を与え、年一度秋に緩効性をひとつまみ施します。早春から開花後までは日向におき、5月から秋までは涼しく風通しの良い半日陰で管理します。特に夏の直射日光に当てると葉やけを起こすので、遮光ネットなどで80~90%日差しをさえぎるようにします。4~5月に種をとりすぐにまくと翌年発芽します。3年目に本葉が出て4年目に開花します。また、大株になったら初秋に株分けをしてふやすこともできます。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セットの栽培ガイド雪割草の栽培方法苗類のお届け形態について

山野草の苗/東洋蘭:金稜辺(キンリョウヘン)ミスマフェット 4号ポット

園芸ネット プラス

4,579

山野草の苗/東洋蘭:金稜辺(キンリョウヘン)ミスマフェット 4号ポット

★蕾無しの株でのお届けです★ミスマフェットは金稜辺(キンリョウヘン)とデボニアナムの交配種。ニホンミツバチの誘引蘭としてよく知られている品種です。花は垂れ咲き、紅舌で鑑賞にも向いています。この花の香りに、ニホンミツバチが誘われて集まります。西洋ミツバチには全く効果がありません。花は4~5月に見られます。寒さには強く関東以南の太平洋側なら戸外で冬越ししますが、直接霜のあたらないところで管理して下さい。ミツバチを集める際は巣箱の上に蘭の鉢を置き、ネットをかけてください。集まったミツバチが自然に巣箱に入ります。ネットをかけないとミツバチが直接花に群がり花が傷んでしまいますので、ご注意ください。★この苗の開花は2018年春頃からの予定(開花年数に達している株)ですが、開花開始時期は株により個体差がありますので、2年後からとなる場合もございます。何卒ご了承ください。★タイプ:ラン科の耐寒性常緑宿根草温度:耐寒性強い(冬季は10度以下、5度以上で管理)開花期:4~5月草丈:20~30cm日当たり:日なた~半日陰水やり:中程度用途:庭植え、鉢植え栽培方法:鉢植えで栽培します。春は日当たり、風通しの良い所で管理し、追肥として固形油粕を根元に施します。初夏からは半日陰の涼しい所で管理します。夏期の直射日光は葉焼けの原因となり、また花芽分化を阻害しますので、注意してください。また、25度以上の高温が続くと花芽がつかなくなる場合がありますので、夏の日中は半日陰になる場所が適しています。冬期は5度以上で管理し、寒風や霜などがあまり当たらないようにしますが、冬の低温にしっかり当てることで花芽が分化しますので、太平洋側の平野部など温暖な地域では戸外で軽い霜よけをする程度で冬越しさせます。冬の間はしっかりと日光に当ててください。過湿よる根ぐされに注意し...

山野草の苗/ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポット

園芸ネット プラス

801

山野草の苗/ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポット

一般のニリンソウよりも草丈が低く株が小ぶりで、花が大きい品種。ハコネニリンソウとも呼ばれます。鉢植えに向きます。ニリンソウは中部地方以北の山野の明るい林床ややや日陰となる場所に自生する多年草です。早春の雪解け時にカタクリとともに開花する代表的な山野草です。直径2cmほどの可憐な花を1茎に2個ほど咲かせます。肥料を施すと花つきがよくなります。茎葉は山菜のフクベラとしても知られ、柔らかでおいしく、おひたしや汁の実に利用されます。開花してから2ヶ月ほどで地上部が消えます。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬季は地上部がない状態でのお届けです。学名:Anemone flaccidaタイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草草丈:15cm開花期:3~5月日照:日向~半日陰むき栽培方法:茎葉のある間はよく日が当たり、夏は日陰となる樹木の下などが適しています。腐植質に富む排水と通期のよい土を好みます。鉢植えの場合は少し大きめの浅鉢に腐葉土などを混ぜた土で植えつけます。地上部がある間に薄い液肥を与えると翌年の花つきがよくなります。乾燥させすぎないようご注意ください。ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草:ユキザサ 素掘り苗20株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

5,239

山野草:ユキザサ 素掘り苗20株

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】【茶花】 商品名:ユキザサ(ゆきざさ) 和名:雪笹 別名:アズキナ(あずきな) 学名:Smilacina japonica ●商品説明 ユキザサは山地の林内に生える多年草で、根や茎は横に這い延び、茎の高さは20~70cm、葉は卵状長楕円形で6~15cm程、両面に毛があります。白い小花を多数つけ環境がよければよく増えていきます。 和名「雪笹」の由来は、春に真っ白な粉雪をまとったような小さな花が咲き誇り、笹によく似た葉をつけるところから。秋には鮮やかなルビー色の丸い実をつけ後に赤く熟します。見て楽しむことも、若芽は食べて楽しむこともできます。茹でた時にアズキに似た匂いがするところから「アズキナ」という名でも親しまれています。 山菜としても愛好者は多く、閉じた筆の先のような若芽を切り摘み、塩をひとつまみ入れ湯がき水にさらすと和え物やお浸しに最適です。苦みを感じずアクがない、甘くクセのない美味しさで、胡麻和えやからし和え、煮びたし、油炒めと幅広く調理できます。また、ほのかに甘みがあり、あっさりとしているのでマヨネーズにもよく合います。 多年草であるため毎年同じ場所で採取することができ、比較的育てやすく、初心者の方にもお勧めです。自生しているものは繁殖し大きくなりますが、鉢植えなどにすると小さく可愛らしい姿でお楽しみいただけます。 雪のような淡く白い小花を目で楽しみ、若芽は舌で春を味わい、秋には赤い実の潤いある情緒を感じることのできるユキザサ。毎日の生活の傍らに寄り添うように育てることがピッタリなお花です。 ●草丈 20~70cm ●科名/属名 ユリ科ユキザサ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~6月 ●管理場所 半日陰 ●育て方 暑さ...

山野草の苗/ふき(蕗・ふきのとう)3号ポット

園芸ネット プラス

572

山野草の苗/ふき(蕗・ふきのとう)3号ポット

雪どけとともにふっくらしたかわいい蕾が顔を出します。ふきのとうは蕗の花蕾で、雌花は白色、雄花は黄色で、大形の苞に包まれています。さわやかな緑色のフキは、ほろ苦さと香りが喜ばれ、春の日本料理に欠かせないもの。全国各地の山野で、半日陰のやや湿った土地に生えています。早春にまず花(フキノトウ)が出、その後に葉が出てきます。葉は葉柄が長く30から90cmにもなります。食用にするのはフキノトウと葉柄、葉で、いずれもほろ苦い野の味が楽しめます。写真は成長時(開花時)のイメージです。※写真は早春のフキノトウのときのものです。フキノトウのあとは蕗の葉が出てきます。タイプ:耐寒性多年草草丈:30cm日照:日向または半日陰向き栽培方法:丈夫で寒さにも強いので、一度植え付ければ毎年芽を出し増えてくれます。春か秋に地下茎を3~4節切り取り、土中に植え込みます。半日陰で湿り気のある場所を好むので、お庭の片隅や家の北側や家と塀の間などに植えておくのに最適です。利用方法:春先に出るフキノトウは花が開かないうちにホウごと摘み取り、フキ味噌、てんぷら、汁の実、煮物などに利用します。葉柄は十分に育ったら根元から切り取り、塩ずりしてたっぷりの熱湯で茹で、やわらかくなったら冷水にとってしばらく水にさらし、皮をむきます。煮物、フキご飯、佃煮などにご利用ください。ふき(蕗・ふきのとう)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル大株 8号ルートバックまたは根巻き

園芸ネット プラス

5,380

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル大株 8号ルートバックまたは根巻き

【大型送料商品】直立した繊細な茎に大きな手毬状になる真っ白な細かい花が美しいアジサイです。花色は咲き進むにつれ、淡いグリーンに変わっていきます。ハイドランジア(西洋アジサイ)の中でも耐寒性が強い品種です。日向を好みますが、半日陰にも適しています。庭植え、大きな鉢やコンテナ植えでお楽しみください。大株でのお届けです。お庭に植え替えていただくと、今年からたくさんの花をお楽しみいただけます。タイプ:耐寒性落葉低木植付け適期:2月~4月、7月~9月開花期:6~7月樹高:約1.5m日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。また、ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつけるので、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫です。冬越しがラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません。落葉後は軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心です。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。花がらは秋口まで楽しめます。秋には剪定して樹勢を保ってください。お届けする苗は8号(直径24cm)ルートバックまたは根巻き、樹高約40~50cmの大株です。時期によりポットに入った状態でのお届けとなる場合がございます。冬季は落葉状態でのお届けです。また、夏~秋のお届け時は花後の状態、葉の状態がきれいでない場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・沖縄・離島にはお届けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済アジサイ:アナベル大株...

草花の苗/パンジー:ナチュレビーコンインプ3~3.5号ポット 8株セット

園芸ネット プラス

1,304

草花の苗/パンジー:ナチュレビーコンインプ3~3.5号ポット 8株セット

ナチュレシリーズは、パンジーの豊富な色彩とビオラの丈夫さをあわせもつニュータイプの小輪パンジーです。強健で、ハンギング、花壇、コンテナ、寄せ植えと用途は豊富です。花期が長く、秋口から春まで楽しめます。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。タイプスミレ科スミレ属の耐寒性1年草開花期11~5月草丈10~15cm、葉張り15cm植え付け適期10月~5月日照日向むき用途花壇、鉢植え、ハンギング植え付けの目安鉢植えは4号鉢に1株、庭植えは15cm間隔栽培方法:排水のよい、保水力のある場所を選びます。植え付け前に水をたっぷり与え、根付くまでは適度な湿り気を保ちます。開花中は次々と花を咲かせますので週に1回、液肥を与えてください。葉が紫色になったり、黄ばんで生育が悪い場合は、液肥を11月下旬頃迄に2-3回追肥します。冬は株全体を寒風から保護し、霜から守ってください。パンジー:ナチュレビーコンインプ3~3.5号ポット 8株セットの栽培ガイド花がらつみパンジー・ビオラの栽培方法苗類のお届け形態についてパンジー、ビオラを長く楽しむコツパンジー・ビオラのコンテナガーデン

山野草の苗/コルク板付け マクシラリア・テヌイフォリア

園芸ネット プラス

3,262

山野草の苗/コルク板付け マクシラリア・テヌイフォリア

ワイルドに根を伸ばす力強い姿をお楽しみいただける、コルク板付けの蘭。花も咲きますが、花よりもインパクトのある株姿を観賞するランです。野生蘭に近い丈夫な品種なので、明るい室内やテラスの壁面に吊るし、ときどき霧吹きで水を与える程度でよく、栽培の手間もあまりかかりません。★コルク板のサイズ目安は長さ15cmほどですが、天然のコルク表皮を割ったものをそのまま使用していますので、かなり個体差があります。また、蘭の姿も1株ずつ異なります。写真はお届けするものの一例ですが、サイズや形は実際の商品と異なりますので、ご了承ください★メキシコからコスタリカまで広く分布する洋ランの原種、マクシラリア・テヌイフォリア。楕円偽球形のバルブに長い革質の葉が1枚つき、バルブが積み重なるように成長します。夏から秋にかけて甘い香りの花を咲かせます。水を好む蘭なので、年間を通して水を切らさないようにします。寒さに弱いので、冬は10度以上を保ってください。お届けする株は、メキシコで採取した株からの株分けで作っているため、胞子が付着して育ったダイオウウラボシ(シダ)が一緒に入っています。学名:Maxillaria(Max.)tenuifoliaタイプ:ラン科の非耐寒性宿根草 草丈:20~30cm開花期:主に夏~秋日照:半日陰耐寒性:10度まで栽培方法:水のやり過ぎには注意して、3~4日に一度、たっぷりと与えてください。夏期は、半日陰の空中湿度のある場所で管理し、風通しの良いところで栽培します。冬期は、寒風の当たらない室内に移し、水やりは極力ひかえてください。コルク板付け マクシラリア・テヌイフォリアの栽培ガイド日陰の庭に、おすすめの植物苗類のお届け形態について

果樹の苗/[実付き苗木]オリーブ:コロネイキ 6号鉢植え

園芸ネット プラス

3,480

果樹の苗/[実付き苗木]オリーブ:コロネイキ 6号鉢植え

★2017年9月上旬現在、少量ですが実がついた状態の鉢植えです★オリーブは地中海原産のモクセイ科の常緑中高木。太陽の光と温暖な気候を好みます。年間を通してきれいな葉を茂らせ、ガーデン用の樹木として一番人気となっています。丈夫で育てやすく、大きく育てれば丸い実も楽しめます。コロネイキはギリシャが主生産地のオイル用品種で果実や葉が小さくかわいらしいのが特徴。油分の含有量が20~23%と高く、良質のオイルがとれる品種です。自家結実性が弱いので、実採りを目的とする場合は受粉樹となる他の品種を近くに植えてください。学名:Olea europaea 'Koroneiki'タイプ:耐寒性常緑高木植え時:年中可能(厳寒期は避けたほうが無難です)栽培適地:関東地方以南の太平洋側。温暖で雨の少ない地方向き。それ以外の場所では鉢植えにして、冬は室内にとりこんでください。 樹高:3~4m開花:5月下旬~6月上旬収穫期:9月~10月日照:日向むき主産地:ギリシャ食用用途:オイル用栽培方法:根は過湿に弱いので、日当たり・排水が良い場所を選んで植えます。鉢植えの場合は、赤玉土8に腐葉土2の割合で混ぜたものを用います。関東以南の太平洋側や暖地では露地栽培も可能です。冬は短時間なら-10度でも耐えますが、-5度以下が何日も続く地方では枯れることがありますので、寒くなる場所では南側の軒下に入れたり、室内にとりこんで越冬してください。・収穫・利用法:青い実を収穫し、薄い塩水に1日以上つけて渋ぬきした後、ピクルスや塩漬けに。お届けする苗は直径18cmポット植え、樹高約80cmです。樹形や樹高は多少前後します。お届け時期により結実が終了している場合がありますのでご了承ください。※お届け時期により多少の虫食い跡など葉がきれいでない場合がございます...

スポンサーリンク
スポンサーリンク