メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「原種」検索結果。

原種の商品検索結果全684件中1~60件目

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

1球からこれだけたくさんの純白の花を咲かせます。 学名 Crinum powellii alba 原産地 インド 花期 6〜8月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 性質強靭で耐寒性も他のクリナム同様に備わっています。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出るように浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温のハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理してください。

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。当園の種はコールドハウス内で冬でも常緑を保ちます。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii alba 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

原産地の中米では樹木などに着生して育ち、蝶や鳥を誘う蜜を出します。秋咲き、芳香性です。種から育てました。変異種が咲く事もあり、楽しめます。 学名 Hippeastrum calyptratum 原産地 中南米 花期 10〜11月(秋咲き) 草丈 60〜80cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 有名な秋咲きのグリーンアマリリスです。春植え種とは違い、秋から翌年6月ごろまでが生育期になります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ...

南アフリカの原種!ハンギングバスケットにおすすめ!キルタンサス・サンギネウス 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ハンギングバスケットにおすすめ!キルタンサス・サンギネウス 球根 2球

キルタンサスの中でも特に育てやすく、花も美しい逸品です!ハンギングバスケットにもおすすめです! 学名 Cyrtanthus sanguineus 原産地 南アフリカ 花期 盛夏 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(−5℃)(室内やコールドハウスでの冬越しをお勧めします) 耐暑性 強 日照 日向から半日陰を好みます 特徴・用途など 本種の自生地はは南アフリカの東ケープ地方沿岸から北方に延び、東アフリカの熱帯地方にまで広がっています。トランペット形の美しい花を付け、花丈20〜30cm程度です。花は鈴なりに下垂し、葉は春に出現します。 管理 植え付け時は球根の首元が露出するように植え、春から夏にかけては十分な水分が必要です。水はけの良い土壌に植え付け、しっかりと灌水をしてください。休眠期の冬は水やりを止めます。多少の雪や霜には耐えますが、やはりそれらから守られた場所での栽培の方が良い結果が出ます。肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。屋外で管理する場合は、遅霜の心配がなくなる頃まで風通しの良い場所に保管してください。屋内・温室などの場合はこの限りではありません。

超レア! 原種アマリリスブロスフェルディアエ(自社生産球・中球) 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

超レア! 原種アマリリスブロスフェルディアエ(自社生産球・中球) 球根 1球

爽やかで鮮やかなオレンジの花弁細く、多輪性で4輪以上咲かせる晩生の原種です。西ドイツ時代に高名なブロスフェルド社から導入したものです。 学名 Hippeastrum blossfeldiae 原産地 中南米 花期 初夏咲き 草丈 50cm内外 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク