メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「冬に咲く草花」検索結果。

冬に咲く草花の商品検索結果全9件中1~9件目

白花ホタルブクロ 3号ポットとても丈夫で育てやすい!!釣鐘型のお花が愛らしいお花です♪白花ホタルブクロ

ファーム フローラル

540

白花ホタルブクロ 3号ポットとても丈夫で育てやすい!!釣鐘型のお花が愛らしいお花です♪白花ホタルブクロ

−ホタルブクロの育て方− 日本各地の日当たりのよい草原や山地に分布する草花です。 初夏に釣り鐘状の花が下向きにぶら下がり1本の茎にたくさん付けます。 名前の由来は子供が花の中に蛍を入れて遊んだところからとか、 ちょうちんの古名「火垂る袋」が転じてこの名前が付いたなど、諸説があります。 日当たりと水はけが良ければ特に手間はかからず、地下茎で容易に増えます。 ○置き場所 日当たりのよい場所〜半日陰の場所で良く育ちます。 野生のものも日の当たらない山中や林の中などにはあまり見られず、 比較的日の当たる平原や林の縁にまばらな感じで群生しています。 暑さには弱く、花後〜秋までには地上部の茎葉が枯れて、地中の根の状態で冬を越します。 夏は明るい木陰など暑さの避けられる場所がよいですが、 それ以外の季節はよく日の当たる場所で育てた方がよいでしょう。 ○手入れ 大型の野草で花が咲く頃には草丈も高くなります。草丈を低くしたい場合、 春に新芽が出てある程度の大きさになったら、茎を適当な位置で切り戻すようにしましょう。 新芽が出て地上部が枯れるまでは土の表面が乾いてきたら水を与えましょう。 冬は休眠期で生長しませんので水やりの回数は控えめにして乾かし気味にします。 肥料は生育期に液体肥料を月2〜3回与えます。 花後は株の充実のため多少肥料を与えましょう。子株には夏の間も施します。 ホタルブクロは、花後から秋までには地上部の茎葉が枯れて、 地中の根の状態で冬を越します。花が終わった後は株元から刈り込むようにしましょう。 ○用土 水はけの良い土が適しています。赤玉土4:鹿沼土4:腐葉土2の割合で混ぜた土を使います。 庭土が粘土質ならば砂や軽石小粒などを混ぜます。砂質ならば黒土などを適宜加えましょう。 地植えにする場合はできるだけ水はけの良い木陰などを選びましょ...

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,230

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セット

花がたくさん咲くアメリカンブルー、「ブルーコーラル」です。従来種のアメリカンブルーの枝変わりを固定させた品種です。立ち性でとても株張りがよく、花数も多く、育成も旺盛です。横に枝を伸ばしながら、初夏から秋までたくさんの花を咲かせます。タイプ:ヒルガオ科エボルブルス属の非耐寒性宿根草開花時期:4月〜10月草丈:10〜30cm用途:花壇、鉢植え、ハンギング、グランドカバー栽培方法:耐寒性は弱く、耐暑性はあります。日照りを好み、夏の間はよく生育して、ほふく枝を伸ばしながら各葉液に花をつけます。乾燥にも強いのですが、生育中は土が乾いたらたっぷりと水を与え、月に1回ぐらい固形肥料を施します。鉢植えは、芽吹きがよいので、刈り込んで形を整えるといいでしょう。挿し芽でふやします。気温の高い夏は容易に発根します。冬になると生育はほとんど止まり、半休眠状態で葉色も悪くなります。凍らせないように注意し、暖かい窓辺や陽だまりで育て、多湿にならないように水やりの回数を減らします。病害虫はほとんど見られないでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は開花時のイメージです。エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セットの栽培ガイドジャパンフラワーセレクション(JFS)苗類のお届け形態について

草花の苗/ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

6,539

草花の苗/ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セット

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。原産国:中国花期:8〜9月草丈:30〜50cm栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3〜4球植え、20ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20〜36株を目安にしてください。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴーIROIRO-2・4号ポット

園芸ネット プラス

712

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴーIROIRO-2・4号ポット

グラフハイビスカスは従来のハイビスカスに比べ、非常に花持ちの良いコンパクトタイプのハイビスカスです。花芽が一度にたくさんたまるので次々に花が楽しめます。ヨーロッパで人気な品種です。花保ち抜群の品種で、従来は1日花(朝開花して夕方しぼむ)のハイビスカスですが、この品種は2〜3日間開花したまま。1つの花が長く楽しめます。また、従来の品種に比べて耐陰性が優れ、樹形もコンパクトなので、室内の窓辺などの明るい場所で楽しめます。長い期間にわたって次々と大きく華やかに咲く花が、南国気分を盛り上げてくれます。開花期:初夏〜秋<置き場所>適温 : 15〜25度室内 : 日当たりの良い窓際でも楽しむことができます。暗い場所では蕾が咲かない場合があります。屋外 : 日当たりの良い場所(真夏は明るく涼しい場所)。植え替えはすぐにしなくても大丈夫です。花が終わったら、花がらを摘みながら蕾が咲くのを待ちます。 開花期が終わったら寒くなる前に伸びすぎた株を切り戻してください。冬は霜の当たらない室内で管理してください。春先にはまた新しい花が楽しめます。<水やり>受け皿等を利用して10分〜20分間底から水を吸い上げる方法が理想です。底から吸い上げられない場合は、なるべく植物に水がかからないよう直接土に水をあげてください。夏の場合、1日1回、春と秋は2〜3日に1回、冬は5〜6日に1回ぐらいが目安です。やりすぎも根腐れの元ですが,水をやり忘れるとしおれます。一番分かりやすいのは,鉢の重さを覚えてください。水をあげる前とあげたあとに鉢を持ち上げて、重さを覚えてしまえば、水やりが必要かどうかは分かるようになります。<肥料>ハイビスカスは肥料が大好きな植物です。肥料が少ないと、花つきが悪くなったり、花が小さく花色が薄くなったりします。蕾が落ちたり...

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

868

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セット

花がたくさん咲くアメリカンブルー、「ブルーコーラル」です。従来種のアメリカンブルーの枝変わりを固定させた品種です。立ち性でとても株張りがよく、花数も多く、育成も旺盛です。横に枝を伸ばしながら、初夏から秋までたくさんの花を咲かせます。タイプ:ヒルガオ科エボルブルス属の非耐寒性宿根草開花時期:4月〜10月草丈:10〜30cm用途:花壇、鉢植え、ハンギング、グランドカバー栽培方法:耐寒性は弱く、耐暑性はあります。日照りを好み、夏の間はよく生育して、ほふく枝を伸ばしながら各葉液に花をつけます。乾燥にも強いのですが、生育中は土が乾いたらたっぷりと水を与え、月に1回ぐらい固形肥料を施します。鉢植えは、芽吹きがよいので、刈り込んで形を整えるといいでしょう。挿し芽でふやします。気温の高い夏は容易に発根します。冬になると生育はほとんど止まり、半休眠状態で葉色も悪くなります。凍らせないように注意し、暖かい窓辺や陽だまりで育て、多湿にならないように水やりの回数を減らします。病害虫はほとんど見られないでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は開花時のイメージです。エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セットの栽培ガイドジャパンフラワーセレクション(JFS)苗類のお届け形態について

サルビア エレガンス ゴールデンデリシャス 1鉢3.5号花苗 Salvia elegans【パイナップルセージ 黄金葉 宿根草 耐寒性 耐暑性 多年草 カラーリーフ

ハッピーガーデン

421

サルビア エレガンス ゴールデンデリシャス 1鉢3.5号花苗 Salvia elegans【パイナップルセージ 黄金葉 宿根草 耐寒性 耐暑性 多年草 カラーリーフ

お届け 【入荷後発送までに3〜8日程かかります】 お届けサイズ 3.5号鉢(10.5cm) 品種名 パイナップルセージ 学名 Salvia elegans 科名 シソ科 属名 サルビア属 特徴 葉にパイナップルに似た芳香があり、葉と花に香り付けやティー、ポプリなどに利用する。夏から冬まで鮮紅色の花を咲かせ、観賞用としても使える。 特性 多年草 草丈 1m〜1.5m位 花時期 8月〜10月 育て方のポイント 日当り良く、風通しの良い場所を好む。開花期は病気や虫が発生しやすいので注意する。 利用法 料理・香料・鑑賞・ティー・アレンジ・美容等銅葉系のカラーリーフ ペニセタム パープルファウンテンや、ハイビスカス ロゼアや トウゴマ等と一緒に植えこむと 黄色の葉が銅葉を美しく引き立ててくれる 花が咲かなくてもお庭での存在感が凄い!黄金葉のサルビア エレガンス ゴールデンデリシャス多年草 草花 色鮮やかなカラーリーフのフォーマンスは必見 こんもりと形良く自然にまとまる草姿は夏の花壇で扱いやすく 初心者にもおすすめ! しかしそれだけでは終わらない!! 赤い花が咲くと、黄色のカラーリーフが更に際立ち 花と葉のコントラストの美しさがピカイチ サルビアに有りがちなありきたりの地味に見える赤い花が! 黄色葉の上に咲く事で、衝撃的な美しさにも見える! 更に!ブルー系の花がお好きなあなたにも 黄色葉はブルーの差し色としてブルーの花を引き立ててくれる 千葉の暖地では、植えぱなしで冬越しに問題なく 毎年株が大きくなり、見事なパフォーマンスを繰り返してくれる

ビオラ 栽培セット(Mini Garden)

ブルーミングスケープ

648

ビオラ 栽培セット(Mini Garden)

▲小さくてかわいいお花を咲かせ楽しませてくれます。お花は何色が咲くかはお楽しみに! ▲かわいい缶で種から 育ててみませんか? ビオラ 栽培セット(Mini Garden) (商品番号:se-violaai) 缶の中には、 バーミキュライト、種、綿、説明書 が入っております。簡単に栽培が楽しめちゃいます。 早春から初夏の訪れまで咲き続ける花の花壇の主役です。とくに、冬の花壇には欠かせない草花です。 パンジーに比べお花は小ぶりですが、多くの花がつき株も大きくなります。発芽するまで涼しく日陰で育てて、芽が出た後は日当たり良く育てます。水やりはやや感想ぎみに与えます。花がらはまめに摘み取り、種をつけないようにすると開花期が長くなります。 15℃〜20℃ Viola 思慮深い / 誠実 ※「発芽温度」「生育温度」は目安です。室内でも上記温度環境下であれば元気に育ちますよ! <缶のサイズ> 幅 約 6.5 cm 高さ 約 10 cm缶の下部のプラスチックキャップを外し、水抜きのために缶のフタ(プル)を開けます。その後、缶をフタに再度、取り付けてください。プラスチックのキャップには小さな穴が開いております。その穴より水が流れることができるようになっております。 缶の上部のフタ(プル)を完全に開けていただくと、バーミキュライト(栽培用の土)が見えてきます。その中には種も入っております。 バーミキュライト(土壌に代わるもの)の上に約120ccの水をゆっくり与え、缶の下の穴から流れ出る水が止まる頃に、最初に外したプラスチックキャップを底にはめて、受け皿にします。 バーミキュライト(土壌に代わるもの)の表面の乾きを見ながら、水を与えてください。 水が多すぎると種が腐ることがありますので、水のあげすぎには注意しましょう。風通しが良く...

こちらの関連商品はいかがですか?

【ハーブ】ペレニアルフラックス ホワイト 希少な白花種!透けるような美しいお花です種はお風呂に浮かべてハーブバスに♪ペレニアルフラックス ホワイト 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ペレニアルフラックス ホワイト 希少な白花種!透けるような美しいお花です種はお風呂に浮かべてハーブバスに♪ペレニアルフラックス ホワイト 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

—ハーブの育て方— ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。 ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ、珍重された伝統から、 現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。 香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、 好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、 「香草」はハーブとイコールではありません。 ●ポイント 苗木から育てるのでしたら、育てる上でのポイントはたったふたつです。 日当たりの良い場所に置くということと、 土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげるといったことです。 一般にハーブがよく育つ条件は、気温が20℃前後とされていますので、 4月中旬ごろから9月ごろまでが温度管理の面では適しているとされています。 種子から栽培する場合でしたら、4月中旬ごろに種をまくと良いです。 また、温暖な地域で生まれたハーブは冬の寒さが苦手ですので、 鉢やプランターでの栽培でしたら、室内に入れてしまうのが一番です。 露地植えの場合でしたら、根元をわらやビニールで多い、 冷たい風に当たらないよう、風除けをするといった配慮が必要になります。 ●置き場所 日光については、できるだけ日当たりの良い場所に 植えてあげるということで、カバーできます。 ただし、日本のような高温多湿の気候で産まれたハーブはありませんので、 夏も盛りとなると、ハーブが弱ってしまうこともあります。 あまり日当たりが良すぎる場合には、日よけなどを用意したほうが良いと思います。 ●水やり 水分については、元々乾燥した地方で生まれたハーブも多くありますので、 過度の水分は根腐れの原因となってしまいます。 ソレル...

【ハーブ】ムスクマロウ ピンクムスクマロウのハーブティーは気管支炎や胃腸障害に効果があります♪豊かな芳香と愛らしいお花が特徴です!ムスクマロウ 3号ポット 【ジャコウアオイ】 【花ハーブとカラーリーフ...

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ムスクマロウ ピンクムスクマロウのハーブティーは気管支炎や胃腸障害に効果があります♪豊かな芳香と愛らしいお花が特徴です!ムスクマロウ 3号ポット 【ジャコウアオイ】 【花ハーブとカラーリーフ...

●手入れ かなり大きくなるハーブで2mを越すものもあります。 風が強い場所では草丈が伸びてきたら支柱を立てて倒れないようにしてあげましょう。 草丈が高くなるのが嫌という人は適当な草丈に育ったら摘心を行うと良いでしょう。 その後、葉と葉が重なるくらい混み合ってきたら 適当に葉を間引いて日光が充分に当たるようにすると花が咲きやすくなります 乾燥にはある程度耐えられます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしてください。 冬は生育期間ほど水を必要としませんので回数を少なくします。 地植えの場合は植え付け直後は根づくまでたっぷり与えます。 その後は様子を見ながら真夏以外の季節は特に必要ありません。 ●用土 水はけがよく肥えた土が適します。 鉢植えの場合は赤玉土(小粒〜中粒)7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 地植えの場合はあらかじめ腐葉土を混ぜ込んでおきます。 酸性の土を嫌いますのでどちらの場合も苦土石灰を土に混ぜておきます。 地植えの場合は植え付ける1週間前には混ぜ込んでおきましょう ●植え替え 根が直根性という性質で太い根がでて細かい根があまり枝分かれしません。 この根を傷つけてしまうと根付きませんので一度植えたものは株分けをするとき以外は植え替えをせずに育てます。 大きくなるので鉢植えの場合は尺鉢に1本が目安です。 地植えの場合は1mくらいかぶと株の間を開けて置いた方がよいでしょう特徴・利用方法 開花直前の花を摘み取って使用します。 ビタミン類の豊富な若い葉は5〜9月に摘み取り、ゆがいて食べることもできます。 また、花もサラダで食べることができます。 主な使用用途はハーブティー。熱湯を注ぐときれいなブルーのハーブティーができあがります。 そこにレモンを入れるとさっとピンクに変わります...

【ハーブ】クリーピングタイム【レッド】グランドカバーにぴったりです!丈夫な性質なのも魅力的☆かわいらしい赤い花を咲かせてくれます♪クリーピングタイム【レッド】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】クリーピングタイム【レッド】グランドカバーにぴったりです!丈夫な性質なのも魅力的☆かわいらしい赤い花を咲かせてくれます♪クリーピングタイム【レッド】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月〜11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月〜4月...

【ハーブ】オレガノ ケントビューティー うつむき加減に咲く薄緑のお花がとっても愛らしい☆園芸用として人気の品種です!オレガノ ケントビューティー 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

409

【ハーブ】オレガノ ケントビューティー うつむき加減に咲く薄緑のお花がとっても愛らしい☆園芸用として人気の品種です!オレガノ ケントビューティー 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●置き場所 オレガノは非常に丈夫で育てやすい植物ですが、多湿にやや弱い性質があります。 梅雨時期から夏にかけて、茎葉が茂って密生してきたら、 刈り込んだり混み合った箇所の茎を間引くなどして、 風通しをよくして蒸れないように注意しましょう。 また、蒸れて腐ったようになった茎は他の茎葉にうつる可能性もありますので 早めに取り除きましょう。 明るい日陰でも育ちますが、日光を好みますのでできるだけ日当たりのよい場所で育てましょう。 可能であれば、鉢植えのものは多湿を避けるために梅雨時期は雨の当たらない場所に移動させましょう。 寒さには強いので特に防寒の必要はありませんが、 寒冷地では株元を腐葉土や敷わらで覆うなど簡単な防寒を行います。 ●手入れ 年間を通してやや乾燥気味に保ちましょう。 鉢植えのものは土の表面が乾いたら水を与えるようにします。 肥料は植え付けるときにあらかじめ土に混ぜ込んでおけばそれ以上必要ありません ●用土 水はけがよく、肥沃な土が適します。鉢植えの場合、赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の割合が好ましいでしょう。 また、酸性土壌を嫌いますので、地植えにする場合はあらかじめ苦土石灰を土に混ぜ込んで下さい。●特徴 ハーブの中でも作りやすく、鉢植えにして室内に吊るしておけば観葉植物としても 楽しむことが出来ます。葉は生でもドライでも利用できますが、 乾燥させたほうがより強い芳香がします。 葉を乾燥させて保存する場合は、もっとも香りの高くなる開花直前に 株元から5cmくらいの位置で刈り取って収穫し、風通しのよい日陰で乾燥させます。 トマトやチーズとの相性が良いので、パスタやピザに利用するほか、 煮込み料理のブーケガルニや肉料理の臭み消しや、 乾燥させた葉を適量ケチャップなどに入れても手軽に風味を楽しめます。

【ハーブ】アロマティカス【キュバンオレガノ】多肉植物として、ハーブとして、とても人気の品種です♪香り良し!見て良し!味良し!の三拍子♪アロマティカス【キュバンオレガノ】 3号ポット ...

ファーム フローラル

398

【ハーブ】アロマティカス【キュバンオレガノ】多肉植物として、ハーブとして、とても人気の品種です♪香り良し!見て良し!味良し!の三拍子♪アロマティカス【キュバンオレガノ】 3号ポット ...

—アロマティカスの育て方— ○置き場所 日光が大好きです、お部屋に置く時は出窓のような良く日の当たる場所がいいでしょう。 寒さに弱いため、冬は5度以上はある場所で管理しましょう。 ○手入れ 感想を好む性質なので、水の与え過ぎには注意しましょう。 冬は水を控え気味することで耐寒性が上がります。 野菜用の有機肥料を施すと生育が良くなりますが、 多すぎると香りが落ちるので与え過ぎないよう注意しましょう。 生育が衰えたと感じるとき以外は与えなくても十分に育ちます。 混生して生えるため、梅雨時期はとても蒸れやすいです。 風通しのよい場所で管理し、余分な葉をカットしてあげましょう。 大きくなりすぎたら下葉4、5枚程度残し、茎をカットしてください。 新しいわき芽が出てきます。 ○用土 基本的に乾燥を好む性質ですが、多少みずもちの良い土壌が適しています。 ハーブ用の土でも育てられます。多肉植物としてここ何年か流通が多くなった、 多肉植物とハーブの二つの顔を持つ植物です。 別名をスープミント・キューバンオレガノと呼ばれます。 とても香りのよいことが特徴で、 その香りは『ミントに似ている』『セージに近い』『甘い柑橘系の香り』などと、 さまざまな表現がされています。 肉厚な葉は料理にも使えます。中南米辺りでは肉料理に使い、 香料としても使われています。 メキシコ、カリブ海諸国では肉や魚料理の香辛料、洗髪や洗濯の際の香り付けに利用されています。

【ハーブ】クリーピングタイムグランドカバーにぴったりです!丈夫な性質なのも魅力的★クリーピングタイム 3号ポット 【ヨウシュイブキジャコウソウ】【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】クリーピングタイムグランドカバーにぴったりです!丈夫な性質なのも魅力的★クリーピングタイム 3号ポット 【ヨウシュイブキジャコウソウ】【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月〜11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月〜4月...

【ハーブ】ハニーサックル ゴールデン花を解熱剤や風邪の薬につかいます。心のバランスを整えます♪アーチにぴったり!華やかなお花がお庭をゴージャスに…♪ハニーサックル ゴールデン 3号ポット ...

ファーム フローラル

355

【ハーブ】ハニーサックル ゴールデン花を解熱剤や風邪の薬につかいます。心のバランスを整えます♪アーチにぴったり!華やかなお花がお庭をゴージャスに…♪ハニーサックル ゴールデン 3号ポット ...

—ハーブの育て方— ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。 ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ、珍重された伝統から、 現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。 香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、 好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、 「香草」はハーブとイコールではありません。 ●ポイント 苗木から育てるのでしたら、育てる上でのポイントはたったふたつです。 日当たりの良い場所に置くということと、 土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげるといったことです。 一般にハーブがよく育つ条件は、気温が20℃前後とされていますので、 4月中旬ごろから9月ごろまでが温度管理の面では適しているとされています。 種子から栽培する場合でしたら、4月中旬ごろに種をまくと良いです。 また、温暖な地域で生まれたハーブは冬の寒さが苦手ですので、 鉢やプランターでの栽培でしたら、室内に入れてしまうのが一番です。 露地植えの場合でしたら、根元をわらやビニールで多い、 冷たい風に当たらないよう、風除けをするといった配慮が必要になります。 ●置き場所 日光については、できるだけ日当たりの良い場所に 植えてあげるということで、カバーできます。 ただし、日本のような高温多湿の気候で産まれたハーブはありませんので、 夏も盛りとなると、ハーブが弱ってしまうこともあります。 あまり日当たりが良すぎる場合には、日よけなどを用意したほうが良いと思います。 ●水やり 水分については、元々乾燥した地方で生まれたハーブも多くありますので、 過度の水分は根腐れの原因となってしまいます。 ソレル...

ホタルブクロ 白馬

千草園芸

810

ホタルブクロ 白馬

17年5月19日入荷。木の状態は季節により変化いたします。175c ★春の新芽が出始めた頃の状態です。ホタルブクロ 分類 キキョウ科ホタルブクロ属の多年草 学名 Campanula punctata 原産 北海道西南部〜九州、朝鮮・中国 開花期 5〜7月 草丈 30〜80cm 初夏にツリガネ状の花を咲かせる宿根草です。 春にランナーの先から芽を出して葉を茂らせ、晩秋には枯れて地上部はなくなりますが、翌年はその芽から茎を伸ばして花を咲かせます。 露地植えすると遠くまで細いランナーを伸ばして増えていきます。 (春の管理) 水はけのよい日当たりを好みます。葉が出てきたら新しい用土で植え替えます。 荒い鹿沼土、桐生砂などを混合した砂系用土を用います。葉の色を見て必要ならば肥料を与えます。 緩効性の化成肥料や油粕の固形肥料がよいでしょう。 開花後には花を咲かせた株は枯れてしまうので翌年用の新しい芽を育てることが必要です。 鉢が小さいと翌年用の株が育たないこともありますから余裕のある大きさの鉢で育て事が大切です。 開花後にはランナーの先にできる新しい芽を別の鉢に植え替えて育てるようにします。 露地植えでは放任栽培でも良くできます。 (夏の管理) 半日陰で管理し、乾燥することのないように水を与えます。 過湿には弱いので、鉢植えでは水はけのよい用土で栽培し、日陰で監理します。 (秋の管理) 涼しくなってくると小さかった芽も大きくっていきます。少しだけ肥料を与え日当たりで監理します。 (冬の管理) 冬は葉はなく何もなくなりますが、凍結ささないように、湿った状態で管理します。 (病害虫) 特にありません。

ホタルブクロ 青花

千草園芸

702

ホタルブクロ 青花

写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175dホタルブクロ 分類 キキョウ科ホタルブクロ属の多年草 学名 Campanula punctata 原産 北海道西南部〜九州、朝鮮・中国 開花期 5〜7月 草丈 30〜80cm 初夏にツリガネ状の花を咲かせる宿根草です。 春にランナーの先から芽を出して葉を茂らせ、晩秋には枯れて地上部はなくなりますが、翌年はその芽から茎を伸ばして花を咲かせます。 露地植えすると遠くまで細いランナーを伸ばして増えていきます。 (春の管理) 水はけのよい日当たりを好みます。葉が出てきたら新しい用土で植え替えます。 荒い鹿沼土、桐生砂などを混合した砂系用土を用います。葉の色を見て必要ならば肥料を与えます。 緩効性の化成肥料や油粕の固形肥料がよいでしょう。 開花後には花を咲かせた株は枯れてしまうので翌年用の新しい芽を育てることが必要です。 鉢が小さいと翌年用の株が育たないこともありますから余裕のある大きさの鉢で育て事が大切です。 開花後にはランナーの先にできる新しい芽を別の鉢に植え替えて育てるようにします。 露地植えでは放任栽培でも良くできます。 (夏の管理) 半日陰で管理し、乾燥することのないように水を与えます。 過湿には弱いので、鉢植えでは水はけのよい用土で栽培し、日陰で監理します。 (秋の管理) 涼しくなってくると小さかった芽も大きくっていきます。少しだけ肥料を与え日当たりで監理します。 (冬の管理) 冬は葉はなく何もなくなりますが、凍結ささないように、湿った状態で管理します。 (病害虫) 特にありません。

草花の苗/ジギタリス(フォックスグローブ):白花3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

741

草花の苗/ジギタリス(フォックスグローブ):白花3号ポット 2株セット

ジギタリスは丈夫でよく花を咲かせる、宿根草ガーデンの定番品種です。草丈が大きく伸び、花茎の周囲にいっぱいの花をつけるので、花壇で引き立ちます。切花にも適しています。暑さ寒さに強く、やせ地、半日陰や窪んだ場所でもよく育ち、栽培には手間がかかりません。毒性があるので、葉や根、花を食べないようにご注意ください。美しい白花種(花の中には斑点が入る)です。開花は翌年からとなります。タイプ:ゴマノハグサ科キツネノテブクロ属の耐寒性宿根草草丈:70〜100cm開花期:5〜6月用途:花壇、切花日照:日向または半日陰むき栽培方法:日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰をふり、元肥を入れてよくすきこんでください。水は土が乾いたらたっぷりと与えます。湿気を嫌うので、過湿にならないように注意してください。成長期に1000〜2000倍に薄めた液体肥料を月に2〜3回施します。宿根草ですので、花後は花茎を切り落とし、植えたままにしておくと毎年殖えていきます。冬季、寒い場所では敷き藁等をして霜よけしてください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。冬季はロゼット状となります。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。ジギタリス(フォックスグローブ):白花3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

コンフリー 3号ポット葉や根は、体の炎症を抑える効果が!入浴剤やうがい薬にどうぞ!! コンフリー 3号ポット【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

コンフリー 3号ポット葉や根は、体の炎症を抑える効果が!入浴剤やうがい薬にどうぞ!! コンフリー 3号ポット【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 大きくなり、その上横に広がっていくので基本的に庭植えで育てます。 丈夫な植物で一度植えると特に手間はかかりません。 冬は地上部分が枯れて根の状態になります。凍らせなければ大丈夫ですが、 寒冷地など凍結の心配がある地方では地上部が枯れた頃にワラや腐葉土などを土の上にかぶせて防寒しましょう。 湿り気のある環境を好みますのでカラカラに乾かさないようにしましょう。 庭植えの場合は植え付け直後と真夏をのぞいて水を与える必要はありませんが 鉢植えにしている場合は土の表面が半乾きになったらたっぷりと与えます。 冬は地上部が枯れてしまいますが根は生きていますので水やりを忘れないようにしましょう。 肥料は植え付ける際に土の中にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込みます。 追肥として秋口に同じものを株元に与えても良いですが、 あまり与えすぎるとほかの植物の領域を侵すくらい広がってしまいますので肥料は控えめにしましょう。 ●置き場所 栽培の際には適応力があるので日陰や荒地でもよく育ちます。 生育が早いという特徴があるので、こまめに水やりをして有機質の肥料を2ヶ月に1回程度施しましょう。 ●用土 水もちの良いことが大切です。また植え付ける前に石灰を混ぜ込んでおき、 土の酸性を中和しておくことも忘れないようにしましょう。 鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜたものと使用するとよいでしょう。●特徴・利用方法 草丈は40〜90cmで、直立し、全身に白い粗毛があります。 根は紡錘形で分岐し、葉は肉厚で卵形〜長卵形です。 5月から9月にかけて長い花茎をもつ釣り鐘状の白〜紫の薄色の花が咲きます。 若葉や根を利用します。主にからだの炎症を抑える効果が期待され、 すりつぶして湿布薬にしたり煎じて入浴剤やうがい薬にします。 なお...

【ハーブ】サントリナ グレードライフラワーやポプリにぴったり♪黄色いお花もかわいいです!サントリナ グレー 3号ポット 【コットンラベンダー】【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】サントリナ グレードライフラワーやポプリにぴったり♪黄色いお花もかわいいです!サントリナ グレー 3号ポット 【コットンラベンダー】【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 終わった花はこまめに摘み取って、常に株をキレイにしておきましょう。 葉が茂って株の中の風通しが悪くなると、 蒸れて下の方の葉が枯れ上がってしまうことがあります。 混み合った部分の枝や葉を切って風通しをよくしましょう。 花の時期に収穫をかねて、全体の半分くらいを刈り込んでみましょう。 ●置き場所 日当たりの良い場所なら問題なく育ちます。 できるだけ風通しの良い場所が理想的です。 鉢植えのものも春から秋にかけてはできるだけ屋外で栽培して丈夫な株にしましょう。 室内で育てる場合もできる限り日当たりの良い窓際で育ててください。 鉢植えにしている場合、霜や寒風の当たらないベランダに移動させると 冬越しもできますが寒冷地では室内に取り込んだ方が無難でしょう。 庭植えにしている場合は株元を腐葉土などでおおって防寒して強い風が当たるようなら 風よけも行った方がよいでしょう。霜の心配がない暖地なら特になにもしなくても冬越しできます ●用土 水はけの良い土を好みます。 赤玉土(小粒)4:川砂3:腐葉土またはピートモス3の割合が好ましいでしょう。●特徴・利用方法 サントリナは、食用には向かず、主に花をドライフラワーとして利用します。 花が咲いた頃に花茎ごと切り取って風通しの良い日陰で逆さに吊してよく乾かします。 防虫効果があるので、葉も乾燥させてポプリとして利用します。 ラベンダー・タンジ—・ミントなどと合わせると効果的です。 常緑性の低木に分類され、草姿がラベンダーに似ているので 別名を【コットンラベンダー】と呼ばれています。 シルバーの葉が美しく、観賞用としても向いています。

【ハーブ】ラムズイヤー常緑のシルバーリーフです!お花が終わった後も長く楽しめますよ♪ラムズイヤー 3号ポット 【ワタチョロギ】【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ラムズイヤー常緑のシルバーリーフです!お花が終わった後も長く楽しめますよ♪ラムズイヤー 3号ポット 【ワタチョロギ】【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ ラムズイヤーは冬の寒さには強いですが、暑さに弱い植物です。 ですので、いかに夏を涼しく越すかが栽培のポイントです。 花期は葉が混みあって蒸れやすくなります。 花が一通り咲き終わったら収穫をかねて花茎の根元からばっさりと切ってしまいましょう。 乾燥気味の土壌を好みます。水やりは、土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。 肥料は控えめに、年に2回4月と9月に固形肥料を少量与える程度で充分です。 ●置き場所 日当たりの良い場所が適しています。よく日光に当てて育てましょう。 ただし、夏の暑さをいやがるので夏は風通しの良い半日陰に移動してください。 花壇植えの場合は半日陰の場所を選んで植え付けましょう。 あまりにもきつく日光が当たるような花壇なら真夏は日除けネットなどを使って影を作ってあげてください。 梅雨時期は鉢植えやプランター植えの場合は雨の当たらない屋根のある場所で風通しの良いところに置きましょう ●植え替え 茎がどんどん横に這って伸びて、広がっていきます。 株分けをかねて毎年植え替えを行いましょう。 地植えの場合もよく広がるので2年に1回株分けをかねて植え替えます。 広いスペースが庭に確保できているのであればほおっておいてもかまいません。 春は4月、秋は10月頃が植え替えの適期です。 小粒)4:川砂3:腐葉土またはピートモス3の割合が好ましいでしょう。●特徴・利用方法 ラムズイヤーの葉は、卵円形で、しわがあり、灰白色の毛に覆われています。 まるで【ひつじの耳】のようなので、ラムズイヤーと呼ばれるようになりました。 薬用としても使用されますが、現在では、 ドライフラワーや常緑のシルバーリーフとして寄せ植えなどの観賞用に使用されることが多いハーブです。 初夏から秋にかけて花茎をまっすぐに伸ばして紫色の小さな花を穂状に咲かせます...

【ハーブ】ペレニアルフラックス ブルー ブルーの花がさわやかなハーブ!種はお風呂に浮かべてハーブバスに♪ペレニアルフラックス ブルー 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ペレニアルフラックス ブルー ブルーの花がさわやかなハーブ!種はお風呂に浮かべてハーブバスに♪ペレニアルフラックス ブルー 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

—ハーブの育て方— ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。 ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ、珍重された伝統から、 現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。 香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、 好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、 「香草」はハーブとイコールではありません。 ●ポイント 苗木から育てるのでしたら、育てる上でのポイントはたったふたつです。 日当たりの良い場所に置くということと、 土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげるといったことです。 一般にハーブがよく育つ条件は、気温が20℃前後とされていますので、 4月中旬ごろから9月ごろまでが温度管理の面では適しているとされています。 種子から栽培する場合でしたら、4月中旬ごろに種をまくと良いです。 また、温暖な地域で生まれたハーブは冬の寒さが苦手ですので、 鉢やプランターでの栽培でしたら、室内に入れてしまうのが一番です。 露地植えの場合でしたら、根元をわらやビニールで多い、 冷たい風に当たらないよう、風除けをするといった配慮が必要になります。 ●置き場所 日光については、できるだけ日当たりの良い場所に 植えてあげるということで、カバーできます。 ただし、日本のような高温多湿の気候で産まれたハーブはありませんので、 夏も盛りとなると、ハーブが弱ってしまうこともあります。 あまり日当たりが良すぎる場合には、日よけなどを用意したほうが良いと思います。 ●水やり 水分については、元々乾燥した地方で生まれたハーブも多くありますので、 過度の水分は根腐れの原因となってしまいます。 ソレル...

【INS】モッコウバラ八重咲き3,5号ポット苗白と黄からお選びください!【つる性】rv

花みどりマーケット

579

【INS】モッコウバラ八重咲き3,5号ポット苗白と黄からお選びください!【つる性】rv

※お届け株の入荷時の平均的なサイズ見本画像です。植物は成長していきますので、株の草姿やボリューム等、出荷時期や個体によって異なります。基本的には出荷時期に合った適切なサイズの苗をお届けしますのでご了承ください。 【商品説明】 中国原産のバラ科の常緑つる性低木です。よく伸びるつる性で、春に八重咲きの小さな(2,3cmの)花をとても沢山咲かせます。特に黄色花種は多花性で、株を覆うように咲く様は見事です。一般的なバラのように枝や幹にはトゲがなくて扱いやすく、とても人気の植物です。黄花には香りはありませんが、白花にはほんのりとした香りがあります。 【育てるポイント】 性質はとっても丈夫で、生育もとっても旺盛です!好みの形を作るには、つるは自分で誘引していきましょう。直立させると花付きが悪くなるので、斜め方向に誘引してください。特に形を気にしなければ自然樹形で放任し、花後に形を整える剪定をして下さい。 【お届けサイズ】 3.5号ポット苗 その他にもたくさんあります! ⇒オールドローズ ⇒ハイブリッドティ(四季咲大輪) ⇒フロリバンダ(四季咲中輪) ⇒つるバラ ⇒ポリアンサ ⇒シュラブ ⇒ミニチュア ⇒イングリッシュローズ ⇒デルバール ⇒河本バラ園 ⇒その他のバラ ⇒バラ関連アイテム 初心者でも安心バラの育て方ページ開設 ⇒バラの栽培方法についていつも人気のあるモッコウバラです! 小さな苗ですが育てて大きくしてフェンスや鉢植えできれいに咲かせましょう!!たっくさん咲きますよ!

蓮の苗 【赤八重】 5号ポット 蓮の花で涼やかな夏を演出♪古代から神聖は花として愛されてきたお花です!ハスの苗 【赤八重】 5号ポット

ファーム フローラル

2,679

蓮の苗 【赤八重】 5号ポット 蓮の花で涼やかな夏を演出♪古代から神聖は花として愛されてきたお花です!ハスの苗 【赤八重】 5号ポット

—ハスの育て方— ○用土 粘土質で重く,肥沃なものが適しています。田土が手に入れば最高で, 次いで園芸用の荒木田土が好適です。練った赤玉土や畑の土,黒土でも代用可能です。 赤玉土のように肥料分の少ない用土を使用する場合は,発酵堆肥を2割ほど混入しましょう。 ○植え付け 地下茎が伸びる先の空間を空けて浅く植え,水を張りましょう。 直径30cm以上で土の深さが最低15cm以上とれる容器が好ましいです。 形状は地下茎の成長を妨げるような四角い容器などは避け、丸い容器を用いましょう。 桜前線の頃を境に芽が活動を始めますので,それより少し前の時期を目安に毎年必ず株分けと植え替えをしましょう。 一年間栽培した後では容器の中いっぱいに蓮根が成長しているので, 容器をひっくり返して中身を出したら芽の付いた太い部分を2〜3節選んで切り分け,種蓮根として植え付けます。 ○置き場所 蓮は何よりも直射日光を好むので,できるだけ日に当てましょう。 ○手入れ 水上に葉が立ち上がる頃から肥料を入れましょう。 葉色が薄く葉脈が目立つのは,日照または肥料不足です。 水換えは基本的に不要です。葉が本格的に展開してくると水の吸い上げが激しくなるので, 特に夏場は水切れに注意しましょう。 冬は地上部が枯れ,蓮根で越冬します。冬場も水を切らさないよう注意しましょう。 耐寒性は強い部類に入りますので,水の表面に氷が張る程度の寒さには十分に耐えます。 容器の底まで凍りつくような寒冷地では,室内に取り込むなどの対策を取った方が無難です。蓮の花の魅力 ハスの花を指して「蓮華」(れんげ)といい、 仏教やヒンドゥー教などから、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多い植物です。 原産はインド亜大陸ですが、日本でも古くから伝来しており、 夏の季語とされるなど、大変愛されてきました。...

手乗り蓮の苗 【粉松球】 4号ポット 蓮の花で涼やかな夏を演出♪古代から神聖は花として愛されてきたお花です!手乗りハスの苗 【粉松球】 4号ポット

ファーム フローラル

2,679

手乗り蓮の苗 【粉松球】 4号ポット 蓮の花で涼やかな夏を演出♪古代から神聖は花として愛されてきたお花です!手乗りハスの苗 【粉松球】 4号ポット

—ハスの育て方— ○用土 粘土質で重く,肥沃なものが適しています。田土が手に入れば最高で, 次いで園芸用の荒木田土が好適です。練った赤玉土や畑の土,黒土でも代用可能です。 赤玉土のように肥料分の少ない用土を使用する場合は,発酵堆肥を2割ほど混入しましょう。 ○植え付け 地下茎が伸びる先の空間を空けて浅く植え,水を張りましょう。 直径30cm以上で土の深さが最低15cm以上とれる容器が好ましいです。 形状は地下茎の成長を妨げるような四角い容器などは避け、丸い容器を用いましょう。 桜前線の頃を境に芽が活動を始めますので,それより少し前の時期を目安に毎年必ず株分けと植え替えをしましょう。 一年間栽培した後では容器の中いっぱいに蓮根が成長しているので, 容器をひっくり返して中身を出したら芽の付いた太い部分を2〜3節選んで切り分け,種蓮根として植え付けます。 ○置き場所 蓮は何よりも直射日光を好むので,できるだけ日に当てましょう。 ○手入れ 水上に葉が立ち上がる頃から肥料を入れましょう。 葉色が薄く葉脈が目立つのは,日照または肥料不足です。 水換えは基本的に不要です。葉が本格的に展開してくると水の吸い上げが激しくなるので, 特に夏場は水切れに注意しましょう。 冬は地上部が枯れ,蓮根で越冬します。冬場も水を切らさないよう注意しましょう。 耐寒性は強い部類に入りますので,水の表面に氷が張る程度の寒さには十分に耐えます。 容器の底まで凍りつくような寒冷地では,室内に取り込むなどの対策を取った方が無難です。蓮の花の魅力 ハスの花を指して「蓮華」(れんげ)といい、 仏教やヒンドゥー教などから、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多い植物です。 原産はインド亜大陸ですが、日本でも古くから伝来しており、 夏の季語とされるなど、大変愛されてきました。...

【ハーブ】ブロンズフェンネル黄色のお花が鮮やかです★魚料理と相性抜群!!ブロンズフェンネル 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ブロンズフェンネル黄色のお花が鮮やかです★魚料理と相性抜群!!ブロンズフェンネル 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 株元が肥大するフローレンスフェンネルは株元の球茎がゴルフボール大のおおきさになったら まわりの土を株元に寄せて株元に光が当たらないようにします。 この作業をしないと茎が青く、硬くなってしまいます。 その後草丈が1mくらいに達したら掘り上げて球茎を収穫します。 球茎を食用にしない場合はこの作業を行う必要はありません。 乾燥地気味の方がよく育ちます。鉢植えやプランター植えのものは 土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。冬は地上部が枯れても根は生きているので、 回数を少なくして水やりを行います。地植えにしているものは基本的には水をやる必要はありません。 夏に雨の降らない日が何日も続くような場合だけ与えてください。 肥料は植え付けの時に入れる元肥で十分です。 もし元気がない場合は、少量の液体肥料を株元に与えてください ●用土 水はけの良い肥えた土が適します。プランターや鉢植えにする場合は 赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 地植えの場合は植える前にあらかじめ堆肥をたっぷりと混ぜておいてください。 直根性といって太い根がでますが枝分れしにくい性質を持っており 太い根を傷めてしまうとなかなか根付きません。 一度地植えにすると他の場所への植え替えはむずかしいです。●特徴 独特の香りとさわやかな甘みのある多年性植物で、草丈は大きく1〜2mに達します。 茎は太くなりますが葉は細かく糸状になり羽毛のようにふわりと広がります。 霜の降りるころか果実の熟した頃に地上部が枯れてしまいますが、 春に暖かくなると新芽がふいて再び元気に育ちます。 葉、花、球茎、実を利用することができますがハーブとして主に利用するの葉と球茎、 それにタネの部分です。魚料理や肉料理、ハーブティーやハーブ酒など食用として幅広く使うことができます。...

【ハーブ】ティーツリー【メディカル】強い殺菌効果があります!蚊の嫌うにおいとしても有名♪涼やかな葉と香りはシンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【メディカル】 3号ポット ...

ファーム フローラル

538

【ハーブ】ティーツリー【メディカル】強い殺菌効果があります!蚊の嫌うにおいとしても有名♪涼やかな葉と香りはシンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【メディカル】 3号ポット ...

—ティーツリーの育て方— ○植え付け 鉢植えにする場合は赤玉土6:腐葉土3:川砂1を混ぜた土を用います。 また、地植えにする場合は植え場所に 腐葉土などの有機質を混ぜ込んでおくと根の張りが良くなります。 ○手入れ 強健で、あまり手入れがいらない丈夫な木です。 もともと流域に自生している植物ですので、肥料は農薬はほとんど必要ありません。 土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。 細い枝が密に茂る性質があります。 枝葉が混み合って株の内部の日当たりと風通しが悪くなると葉が枯れ込んできますので、 混み合った部分は適宜枝を切り落とすとよいでしょう。 作業は真冬を除いて随時可能ですが秋には翌春の花芽が作られるので ばっさり刈り込む場合は秋口までに作業を終わらせましょう。 コンパクトに仕立てたい場合は花後に枝を全体の1/3ほどに切り詰めると良いでしょう。 ○置き場所 植木鉢での育て方は、春から秋は外の日当たりの良い場所におきます。 ある程度耐寒性はあり、軽い霜程度なら枯れることはありません。 関東より西の太平洋側なら特に問題なく庭で冬越しできます。 寒冷地では鉢植えで冬は室内に取り込んで育てます。ティーツリーはもともとはオーストラリアで自生している木です。 オーストラリアの先住民族アボリジニも古くから 様々な病気やケガの際に利用し現在でも伝承されています。 初夏に5枚弁の白い花をつけ、庭木や寄植えなどにも活躍します。 涼しげな葉で香りが良く、成長も早いので、シンボルツリーとして好まれます。 その葉から得られる天然成分には、優れた殺菌作用があることが知られています。 虫除けやペットのノミよけにも使用するほか、 ドライフラワーにして、布袋につめてタンスや下駄箱などに入れてもいいですし、 強い殺菌効果はカビ防止にも役立ちます。 また...

バラの苗/モッコウバラ:白花八重3〜3.5号ポット3株セット

園芸ネット プラス

2,331

バラの苗/モッコウバラ:白花八重3〜3.5号ポット3株セット

フェンスや壁面に何本かまとめて植えたい方におすすめのお得なセットです。花径約2センチのかわいい八重咲きの花が房状に10数輪づつ咲きます。とげがほとんどないつるバラで強健なので、初めての方にも育てやすい品種。春に花を咲かせる一季咲きです。白の他、黄色もあります。白花種は香りも強く、楽しめます。剪定しなくても形がまとまり、狭い庭でも育てられます。パーゴラやアーチ、壁に這わせたり、生垣にも向きます。モッコウバラは12月に花芽ができるので、他のつるばらと異なり、冬の剪定は行いません。枝が伸びすぎて困る場合は、7月はじめ頃に剪定してください。タイプ:バラ科の耐寒性常緑・半常緑つる性木本栽培適地:北関東地方以南樹高:8〜10m花期:5月植え付け適期:10月〜6月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。トレリスやフェンスに誘引します。葉が小さく、剪定する必要もありません。狭い庭ではスペースにあわせて枝を切り、コンパクトに育てることもできます。鉢植えの場合はあんどん仕立てにしてお楽しみください。お届けする苗は3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入り3株セットです。壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり1〜3株が目安です。上の写真は成長時(開花時)のイメージです。モッコウバラ:白花八重3〜3.5号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてバラの植え方とお手入れバラの苗の規格についてバラにつく害虫バラの病気

【ハーブ】カレープラント葉からカレーの香り!!肉料理の香りづけにどうぞ銀葉が美しいハーブです♪カレープラント 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】カレープラント葉からカレーの香り!!肉料理の香りづけにどうぞ銀葉が美しいハーブです♪カレープラント 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝葉をよく伸ばして密生する性質があります。 混み合った部分の枝をすくように切り戻して、できるだけ株の中に風が通るようにしましょう。 こまめに枝の切り戻しができない場合は、株全体の1/3程度を刈り込んでもよいでしょう。 梅雨〜夏の時期にかけての特に蒸れやすいので、 梅雨前にこの作業を終わらせてしまいましょう。 やや乾燥した土壌を好む植物です。一年を通して乾かし気味に管理し、 水やりは土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 肥料は春と秋、1ヶ月に1回粒状の化成肥料を株元に少量与えてください。 与えすぎるとかえってひ弱に育ちます。 寒さには強い性質ですが、霜に当たると葉が傷んでしまいます。 地植えのものは霜よけを行いましょう。 鉢植えのものは霜の心配のないベランダなど、 屋根のある場所に移動させます。 暖地では特に何もせずに屋外での越冬が可能です。 ●用土 水はけが良い土が適します。 地植えにする場合は植える場所にあらかじめ石灰をまいて酸性を中和しておきましょう。 鉢植えにする場合は、赤玉土4:腐葉土3:バーミキュライト2:鹿沼土1の割合 が好ましいです。市販のハーブ用の培養土を使用しても良いでしょう。●特徴・利用方法 名前の示すとおり、茎葉からカレー粉のような芳香を放つハーブです。 銀白色で細長い葉っぱも美しく、ハーブだけではなく、 花壇やコンテナにカラーリーフプランツとして利用することもできます。 花は7〜8月にかけて茎の先に黄色い小花を咲かせ、 色あせにくい性質をもつのでドライフラワーにしてポプリやリースの材料に使われます。 葉や茎は、スープやピクルスなどの香りづけに使用できます肉料理に使用すると、 肉の臭みを取る効果を持つので、特にラム肉などに使用すると最適です。 但し、煮込み過ぎると匂いがきつく...

草花の苗/ネコノヒゲ(キャッツウィッカー):白花3.5号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

800

草花の苗/ネコノヒゲ(キャッツウィッカー):白花3.5号ポット 2株セット

長く伸びた雄しべはまるで猫のひげのよう。長い花穂が立ち上がり、下から順に開花していきます。温度があれば年中開花する多年草ですが、寒さに弱いので、日本では1年草として扱います。暑さに強く初夏から秋まで良く咲きます。花壇や鉢植え、寄せ植えに最適です。タイプ:シソ科オルトシフォン属の非耐寒性多年草草丈:40〜60cm開花期:6〜11月植え付け適期:初夏用途:鉢植え、庭植え日照:日なた栽培方法:春〜秋季は日当たり〜明るい半日陰で風通しの良い場所で、冬季は明るい室内で管理してください。水やりは表土が乾き始めたら鉢底から水が出るまでたっぷりと与えてください。水分過多になりますと根腐れするので、与えすぎにもご注意ください。冬季は、やや水やりをひかえ、乾燥気味にしてください。10℃以上あるのが生育にはベストの環境です。霜の降りない地域では、戸外でも越冬可能です。肥料は、春と秋に緩効性肥料を月に一度程度与えます。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。ネコノヒゲ(キャッツウィッカー):白花3.5号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/タイム(ほふく性):クリーピングタイム白花3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,551

ハーブの苗/タイム(ほふく性):クリーピングタイム白花3号ポット12株セット

ワイルドタイムとも呼ばれるほふく性タイムの白花です。葉の色は赤花タイプよりも少し明るい緑色です。耐寒性があり生育も旺盛。グランドカバーとして庭植えにお使いください。タイプ:耐寒性常緑低木草丈:10〜15cm開花期:5〜8月日照:日向向き栽培方法:日当たりのよい、乾いたところを好みます。水はけのよい軽い土に植えてください。横に這うように広がって増えます。株が増えたら株分け、または取り木、挿し木でも増やせます。夏の高温多湿にはやや弱く、蒸らすと枯れてしまうことがありますのでご注意ください。夏場蒸れやすい場所では、梅雨の頃に思い切って地上部を刈り取り、風通しをよくした状態で夏越しさせると秋にはまた美しく生えそろいます。チッソ分が多い肥料の場合には花がピンク色がかかることがありますので、肥料を控えてください。写真は成長時(開花時)のイメージです。時期によりまして、小さい苗の場合がございます。★若干ピンク色を帯びる場合がございます。使用農薬(有効成分):マラソン1回生産地:宮城県タイム(ほふく性):クリーピングタイム白花3号ポット12株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について

【ハーブ】バレリアン【セイヨウカノコソウ】香りは睡眠をサポートしてくれる働きがあります♪根にはマタタビのような効果があります!バレリアン【西洋カノコソウ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】バレリアン【セイヨウカノコソウ】香りは睡眠をサポートしてくれる働きがあります♪根にはマタタビのような効果があります!バレリアン【西洋カノコソウ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ーバレリアンの育て方— ○置き場所 栽培の際には日当たりがよい場所が適しているでしょう。 半日陰でも育つが、花つきが悪く徒長しやすくなります。 土壌は肥沃で湿り気がある粘土質を含む土壌が好ましいです。 株間は60センチくらいあけておきましょう。 室内でも育てることが出来るので、鉢植えなどにして育ててみても良い でしょう。 ○手入れ 夏場の乾燥には弱いので、乾燥させすぎないように、水切れには注意してください。 花後の切り戻しをこまめにすると、脇から花茎が伸び次々に開花します。 酸性土を嫌うので、植え付けの前にあらかじめ苦土石灰で酸度調節しておくとよいでしょう。 肥料はほとんど必要ない。寒さに強く、丈夫で育てやすい花です。 別名=セイヨウカノコソウ、オールヒール 科名=オミナエシ科 原産地=ヨーロッパ 利用法=食用、薬用、香料など パールピンクや白の花が密生して咲き誇り、とっても美しく魅力的な植物です。 香りのある花は長く咲き続けるので、庭などに植えつけると長い間 花を楽しむことが可能です。 根には猫が好む「マタタビ」のような働きがあります 根には、鎮静作用があるので煎じ液を作るか、乾燥させた根を つぶして浸出液を作って飲むと効果があります。 バレリアンはハーブの中でも効果がわかりやすいもの。 副作用の可能性もあるので過剰摂取は禁物です。 初めてバレリアンを利用される方は、まずはハーブティーから初めてみるといいでしょう。 バレリアンのウッディで、バルサム調の香りは、わたしたちを緊張感から解放してくれます。 バレリアンは特に中世ヨーロッパでは「万能薬」とされ、今日まで広く用いられてきました。

(山野草)ハタザオキキョウ(旗竿桔梗)3号(1ポット)

charm 楽天市場店

650

(山野草)ハタザオキキョウ(旗竿桔梗)3号(1ポット)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。花をたわわにつけます!ハタザオキキョウはヨーロッパ原産のキキョウの仲間です。晩春から初夏に紫色の花をたわわに付ける姿が美しい種です。もともとヨーロッパ原産のため、夏の暑さと多湿が苦手ですが、暑さ対策ができれば庭植えでも楽しむことができます。育成は夏季の暑さに注意が必要で、夏期は半日陰から日陰に移すと良いでしょう。茎が長く伸びるので強風に注意が必要です。 山野草 ハタザオキキョウ(旗竿桔梗) 3号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 9cm※入荷状況や季節・生育度合いにより、高さは画像と異なる場合がございます。あくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Campanula rapunculoides別名カンパニュラ・ラプンクロイデス分類キキョウ科ホタルブクロ属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地ヨーロッパ開花時期5月〜7月置き場所 水はけの良い土を好みます。春先日が当り、夏場は木陰になるような場所が適しています。水やり表土が乾いたらたっぷりと与えます。水やりは朝早くか夕方頃に行います。気温の高い日中は蒸れの原因となるので避けて下さい。肥料3月〜5月に緩効性の固形肥料を、6月〜10月には液体肥料を定期的に施します。注意※画像はイメージです。お届け時期により草丈や花の有無は異なります。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期...

■宿根草■サルビア レウカンサホワイト(アメジストセージ)10.5cmポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

358

■宿根草■サルビア レウカンサホワイト(アメジストセージ)10.5cmポット

アメジスト(紫水晶)セージの名をもつサルビア。かわいい白花品種! ■送料区分:A2(送料表はこちら)[20110622] ■ 形状・サイズ他 10.5cmポット苗 ■ お届け予定 *お届けはご注文をいただいてから3日後以降となります。*離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *お使いの画面設定などにより花色など実物と異なる場合がございます。 *お届け時期によりお花や葉の付いていない株だけの状態の場合がございます。予めご了承ください。 サルビアは様々な品種があり、たくさんの人に愛されている植物。サルビア レウカンサは別名アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ。ふかふかとしたビロードのような花が特徴。明るい紫色のガクがなんとも優美!群れ咲く様子は輝くような美しさに満たされます。寄せ植えや花壇の主役にいかがですか?ドライフラワーにもおすすめの植物です! 爽やかな色合いの白花品種!白と紫のコントラストをお楽しみください。 育て方 シソ科の宿根草 花時期は9月〜11月草丈50〜60cm 耐寒温度約−10℃ 日当たりのよいところで育ててください。水は土の表面が乾いたらたっぷりと。間隔をあけてやや乾燥気味に育ててください。 植え付け前にゆっくり効く肥料を、花時期には液体肥料を併せて与えましょう。背丈が高くなるので、大きくしたくない方は夏前に切り戻しを。耐寒性があるので暖地なら冬も外で大丈夫です。冬前に根元で切り戻しを行いましょう。アメジストセージはふかふかとしたビロードのような花が特徴。明るい紫色のガクがなんとも優美!白色の花とのコントラストをお楽しみください。

【ハーブ】レイタータイムグランドカバーにぴったり!!踏まれても負けることのない強健種です★レイタ—タイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】レイタータイムグランドカバーにぴったり!!踏まれても負けることのない強健種です★レイタ—タイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月〜11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月〜4月...

【ハーブ】オレガノ バーバラチンゲイ ハンキングにぴったりな人気種です!!枝垂れ下がるピンクのお花がかわいらしい品種です!オレガノ バーバラチンゲイ 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

409

【ハーブ】オレガノ バーバラチンゲイ ハンキングにぴったりな人気種です!!枝垂れ下がるピンクのお花がかわいらしい品種です!オレガノ バーバラチンゲイ 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●置き場所 オレガノは非常に丈夫で育てやすい植物ですが、多湿にやや弱い性質があります。 梅雨時期から夏にかけて、茎葉が茂って密生してきたら、 刈り込んだり混み合った箇所の茎を間引くなどして、 風通しをよくして蒸れないように注意しましょう。 また、蒸れて腐ったようになった茎は他の茎葉にうつる可能性もありますので 早めに取り除きましょう。 明るい日陰でも育ちますが、日光を好みますのでできるだけ日当たりのよい場所で育てましょう。 可能であれば、鉢植えのものは多湿を避けるために梅雨時期は雨の当たらない場所に移動させましょう。 寒さには強いので特に防寒の必要はありませんが、 寒冷地では株元を腐葉土や敷わらで覆うなど簡単な防寒を行います。 ●手入れ 年間を通してやや乾燥気味に保ちましょう。 鉢植えのものは土の表面が乾いたら水を与えるようにします。 肥料は植え付けるときにあらかじめ土に混ぜ込んでおけばそれ以上必要ありません ●用土 水はけがよく、肥沃な土が適します。鉢植えの場合、赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の割合が好ましいでしょう。 また、酸性土壌を嫌いますので、地植えにする場合はあらかじめ苦土石灰を土に混ぜ込んで下さい。●特徴 ハーブの中でも作りやすく、鉢植えにして室内に吊るしておけば観葉植物としても 楽しむことが出来ます。葉は生でもドライでも利用できますが、 乾燥させたほうがより強い芳香がします。 葉を乾燥させて保存する場合は、もっとも香りの高くなる開花直前に 株元から5cmくらいの位置で刈り取って収穫し、風通しのよい日陰で乾燥させます。 トマトやチーズとの相性が良いので、パスタやピザに利用するほか、 煮込み料理のブーケガルニや肉料理の臭み消しや、 乾燥させた葉を適量ケチャップなどに入れても手軽に風味を楽しめます。

草花の苗/モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポット*

園芸ネット プラス

801

草花の苗/モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポット*

モッコウバラは春に花径約2センチのかわいい八重咲きの花を房状に10数輪づつ咲かせます。キモッコウとも呼ばれます。とげがないつるバラで強健なので、初めての方にも育てやすい品種。黄色の他、白花もあります。白花種は香りも強く、楽しめます。剪定しなくても形がまとまり、狭い庭でも育てられます。モッコウバラは12月に花芽ができるので、他のつるばらと異なり、冬の剪定は行いません。枝が伸びすぎて困る場合は、7月はじめ頃に剪定してください。パーゴラやアーチ、壁に這わせたり、生垣にも向きます。タイプ:バラ科の耐寒性常緑・半常緑つる性木本栽培適地:北関東地方以南樹高:8〜10m開花期:5月〜6月植え付け適期:10月〜6月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。トレリスやフェンスに誘引します。葉が小さく、剪定する必要もありません。狭い庭ではスペースにあわせて枝を切り、コンパクトに育てることもできます。鉢植えの場合はあんどん仕立てにしてお楽しみください。お届けする苗は、3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり1〜3株が目安です。写真は成長時(開花時)のイメージです。モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポット*の栽培ガイド苗類のお届け形態について

プチシャンテ:ハッピートレイルズ4号ポット4株セット(バラ苗)[花壇やハンギングバスケットに人気!] ノーブランド品

Amazon

4,440

プチシャンテ:ハッピートレイルズ4号ポット4株セット(バラ苗)[花壇やハンギングバスケットに人気!] ノーブランド品

プチシャンテはクリーピングタイプ(ほふく性)のミニバラです。多花性です。ハッピートレイルズは鮮やかなピンク色の花が垂れ下がる様子がとても華やかで、ハンギングバスケットやプランター植えに適します。病気に強く、バラが初めての方にでも簡単に育てられます。切り戻しをしなくても枝数が増え、次々と花を咲かせ長い期間楽しめます。同じシリーズの白花種「スノーシャワー」とあわせても似合います。お届け時期により、花無しの状態でのお届けとなる場合がございますのでご了承ください。植付け時期:4月~6月開花時期:5月~12月花色:ピンクの八重咲き花形:ポンポン咲き花弁数:55~60枚花径:4cm伸長:0.3~0.4m樹形:横張りシュラブ芳香:微香栽培方法:6号~8号鉢に1ポットが適当です。鉢は冬越し後に植え替えます。日当たりの良い場所で、水持ちの良い園芸用土を使って栽培し、植え込み時と毎月1回化成肥料を、2週に1回液体肥料を与えます。水をきらさないよう、たっぷり水やりして下さい。屋外でも冬越しし、11月に花が終わります。その後鉢のふちに沿って枝を切ります。4号ポット植え4株セットとなります。

送料無料
草花の苗/[送料無料]モッコウバラ:黄花3号ポット(八重咲き)28株セット

園芸ネット プラス

18,316

草花の苗/[送料無料]モッコウバラ:黄花3号ポット(八重咲き)28株セット

モッコウバラは春に花径約2センチのかわいい八重咲きの花を房状に10数輪づつ咲かせます。キモッコウとも呼ばれます。とげがないつるバラで強健なので、初めての方にも育てやすい品種。黄色の他、白花もあります。白花種は香りも強く、楽しめます。剪定しなくても形がまとまり、狭い庭でも育てられます。モッコウバラは12月に花芽ができるので、他のつるばらと異なり、冬の剪定は行いません。枝が伸びすぎて困る場合は、7月はじめ頃に剪定してください。パーゴラやアーチ、壁に這わせたり、生垣にも向きます。タイプ:バラ科の耐寒性常緑・半常緑つる性木本栽培適地:北関東地方以南樹高:8〜10m開花期:5月〜6月植え付け適期:10月〜6月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。トレリスやフェンスに誘引します。葉が小さく、剪定する必要もありません。狭い庭ではスペースにあわせて枝を切り、コンパクトに育てることもできます。鉢植えの場合はあんどん仕立てにしてお楽しみください。お届けする苗は、3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり1〜3株が目安です。写真は成長時(開花時)のイメージです。■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 [送料無料]モッコウバラ:黄花3号ポット(八重咲き)28株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

スポンサーリンク
スポンサーリンク