メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「侘助椿」検索結果。

侘助椿の商品検索結果全19件中1~19件目

椿 寒咲赤侘助(カンザキアカワビスケ)5号苗

千草園芸

1,458

椿 寒咲赤侘助(カンザキアカワビスケ)5号苗

※写真は見本品です。 写真は17年10月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710b-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿 小佐渡侘助(コサドワビスケ)5号苗

千草園芸

1,458

椿 小佐渡侘助(コサドワビスケ)5号苗

※写真は見本品です。 写真は17年10月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710b-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿 一子侘助(イチコワビスケ)5号

千草園芸

1,620

椿 一子侘助(イチコワビスケ)5号

写真は、17年10月13日。 木の状態は、季節により変化します。 1710b ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿 小佐渡侘助(コサドワビスケ)4号苗

千草園芸

1,242

椿 小佐渡侘助(コサドワビスケ)4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年10月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710b-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ) 赤侘助(アカワビスケ)4.5号

千草園芸

1,188

椿(ツバキ) 赤侘助(アカワビスケ)4.5号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ)1.7m 20252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

18,360

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ)1.7m 20252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。 ※写真の商品を御送りします。 写真は17年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ)「胡蝶侘助」(コチョウワビスケ)2.1m 21657 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

32,400

【現品】椿(ツバキ)「胡蝶侘助」(コチョウワビスケ)2.1m 21657 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172c-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

椿 一子侘助(イチコワビスケ)4号

千草園芸

972

椿 一子侘助(イチコワビスケ)4号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):覆輪侘助(ふくりんわびすけ)4号ポット

園芸ネット プラス

1,144

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):覆輪侘助(ふくりんわびすけ)4号ポット

覆輪侘助は淡桃色地に白の覆輪ぼかしの入った一重猪口咲きの小輪品種です。「初雁」の枝変わりです。花には香りがあります。タイプ:ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑小高木樹高:2~4m開花期:11~3月植え付け適期:9~11月、3~4月栽培適地:東北地方以南日照:日向または半日陰(開花するようになると日向のほうが適しています)栽培方法日当たり、水はけの良い場所を好みます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。2~3月に寒肥として、油粕や骨粉を根元に施します。剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。お届けする苗は接木4号(直径12cm)ポット苗です。樹高は多少変動いたします。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合がございます。椿(ツバキ):覆輪侘助(ふくりんわびすけ)4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/侘助椿(ツバキ):胡蝶侘助4号ポット

園芸ネット プラス

801

花木 庭木の苗/侘助椿(ツバキ):胡蝶侘助4号ポット

江戸時代に侘助と呼ばれていたのはこの胡蝶侘助。紅地に白斑が入る極小輪の一重猪口咲き。早春咲きです。茶花におすすめです。独特の趣を持つ椿は、古来庭植えや鉢植えのほか茶花としても愛好されてきました。水はけさえ良ければ育てやすい丈夫な花です。記念樹としても最適です。タイプ:ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑小高木栽培適地:東北地方以南樹高:2~4m開花期:3~4月花色:桃紅色地に白斑咲き方:一重咲・極小輪植え付け適期:9~11月、3~4月日照:日向または半日陰(開花するようになると日向のほうが適しています)栽培方法日当たり、水はけの良い場所を好みます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。2~3月に寒肥として、油粕や骨粉を根元に施します。剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約30~50cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたします。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合があります。 侘助椿(ツバキ):胡蝶侘助4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

椿 苗 【数寄屋侘助 (すきやわびすけ) 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

総合植物プロショップ花ひろば

2,894

椿 苗 【数寄屋侘助 (すきやわびすけ) 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

お届けする商品について 2年生挿し木苗(蕾付き・開花予定苗木) スリット鉢を含め樹高0.8m前後で15cmスリット鉢に仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1580円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…1480円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。  椿 数寄屋侘助 一重盃~ラッパ咲 11~4月に開花 用途:庭木、シンボルツリー、目隠し、盆栽 難易度:初心者におすすめ。手間がかからない。 植栽適地:関東以南 開花期:11~4月 樹高:2~3m位 耐寒性:普通 耐暑性:普通 日照条件:日なた~日陰 植え付け時期:真夏以外の季節 備考:椿は常緑樹で年間を通して葉っぱがあります。 この苗木は、愛知県産になります。 トキ色一重盃~ラッパ咲小輪 11月~4月咲 ~椿の特徴~ 侘び寂びの清楚な一重咲の花から、椿とは思えない華やかな八重咲き品種まで、 椿には魅力的な品種が豊富にあります。残暑厳しい早秋から咲き始め、 陽春の候に満開を迎え終わって行く椿。 品種を組みあわせると、ほぼ四季を通じて花が楽しめるというのも魅力です。 歴史は古く、万葉集では椿の美しさを詠んだ歌もあります。 巨勢山の つらつら椿 つらつらに みつつ偲はな 巨勢の春野を 坂門 人足(さかとの ひとたり) また、徳川を筆頭とした武家には「高貴な花」として扱われ、非常に愛されました。 それ故、平民には持たせたくないという欲が「首から落ちる不吉な花」と噂され、...

椿 苗 【有楽 (うらく) 別名: 太郎冠者 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

総合植物プロショップ花ひろば

2,894

椿 苗 【有楽 (うらく) 別名: 太郎冠者 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

お届けする商品について 2年生挿し木苗(蕾付き・開花予定苗木) スリット鉢を含め樹高0.8m前後で15cmスリット鉢に仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1580円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…1480円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。  小輪 椿 有楽 (太郎冠者) 一重ラッパ咲 1~4月に開花 用途:庭木、シンボルツリー、目隠し、盆栽 難易度:初心者におすすめ。手間がかからない。 植栽適地:関東以南 開花期:1~4月 樹高:2~3m位 耐寒性:普通 耐暑性:普通 日照条件:日なた~日陰 植え付け時期:真夏以外の季節 備考:椿は常緑樹で年間を通して葉っぱがあります。 この苗木は、愛知県産になります。 桃色侘助の代表種。 「太郎冠者」「淡侘助」「有楽」など、 地方により呼び名が違うが異名同種である。 ~椿の特徴~ 侘び寂びの清楚な一重咲の花から、椿とは思えない華やかな八重咲き品種まで、 椿には魅力的な品種が豊富にあります。残暑厳しい早秋から咲き始め、 陽春の候に満開を迎え終わって行く椿。 品種を組みあわせると、ほぼ四季を通じて花が楽しめるというのも魅力です。 歴史は古く、万葉集では椿の美しさを詠んだ歌もあります。 巨勢山の つらつら椿 つらつらに みつつ偲はな 巨勢の春野を 坂門 人足(さかとの ひとたり) また、徳川を筆頭とした武家には「高貴な花」として扱われ、非常に愛されました。 それ故...

椿 苗 【白侘助 (しろわびすけ) 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

総合植物プロショップ花ひろば

2,894

椿 苗 【白侘助 (しろわびすけ) 小輪咲き】 蕾付き(開花見込み) 2年生 挿し木苗 つばき 苗木 庭木 植木 生垣

お届けする商品について 2年生挿し木苗(蕾付き・開花予定苗木) スリット鉢を含め樹高0.8m前後で15cmスリット鉢に仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1580円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…1480円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。  椿 白侘助 一重猪口咲 12~3月に開花 用途:庭木、シンボルツリー、目隠し、盆栽 難易度:初心者におすすめ。手間がかからない。 植栽適地:関東以南 開花期:12~3月 樹高:2~3m位 耐寒性:普通 耐暑性:普通 日照条件:日なた~日陰 植え付け時期:真夏以外の季節 備考:椿は常緑樹で年間を通して葉っぱがあります。 この苗木は、愛知県産になります。 晩秋咲茶花、侘助の代表的品種。微香あり。 白一重猪口咲小輪 12月~3月咲 ~椿の特徴~ 侘び寂びの清楚な一重咲の花から、椿とは思えない華やかな八重咲き品種まで、 椿には魅力的な品種が豊富にあります。残暑厳しい早秋から咲き始め、 陽春の候に満開を迎え終わって行く椿。 品種を組みあわせると、ほぼ四季を通じて花が楽しめるというのも魅力です。 歴史は古く、万葉集では椿の美しさを詠んだ歌もあります。 巨勢山の つらつら椿 つらつらに みつつ偲はな 巨勢の春野を 坂門 人足(さかとの ひとたり) また、徳川を筆頭とした武家には「高貴な花」として扱われ、非常に愛されました。 それ故、平民には持たせたくないという欲が「首から落ちる不吉な花」と噂され、...

こちらの関連商品はいかがですか?

椿(ツバキ)五色八重散椿(ゴシキヤエチリツバキ)5号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)五色八重散椿(ゴシキヤエチリツバキ)5号苗

写真は17年6月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u五色八重散椿 学名: Camellia japonica 'Goshiki-yae-chiritsubaki' 開花期: 3月中旬~4月 淡い紅色、薄い桃色に赤の絞り、桃色一色などに咲き分ける八重咲き中~大輪咲き。 通常、椿は、花が丸ごと地面に落ちるのですが、花弁が離れやすく落ちるとばらばらに散る椿です。 花は抱え性の八重で、花色は白地に濃いピンクの立て絞りが基本色ですが、ある程度の大きさになると白、紅色、桃色等に咲き分けます。 安土桃山時代、朝鮮に出兵した加藤清正が蔚山城(うるさんじょう)から持ち帰ったとされています。 椿の花は首からボトリと落ちる花とされ、昔、武士は首が落ちるので縁起が悪いとして、屋敷にツバキを植えなかったそうです。 ぱらぱら散るチリツバキが珍重され、武家も好んでこれを植えるようになったことがあったそうです。 京都の椿寺・地蔵院、旧家・奥村邸等の五色八重散椿は有名です。 京都地蔵院の五色八重散椿 京都の街中の駐車場に車を止め、カーナビのさしていた方に向かうとそのお寺はすぐに見つかりました。 前から後ろまで見通せる小さいお寺にそれらしい椿は表からでも見渡せます。 門をくぐると目いっぱいに枝を張った椿がありました。 加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰り、豊臣秀吉に献上し、北野大茶会で当寺に寄進された銘椿であったが、惜しくも昭和58年に枯死し、現在は樹齢120年ほどの二代目。 この寺は、729年、聖武天皇の勅願により、行基が摂津国に創建した「地蔵院」がはじまりと伝わる。 平安時代、衣笠山南麓に移され七堂伽藍が整備された。 明徳の乱(内野合戦)の兵火で伽藍を焼失したが、足利義満が金閣寺建立の余財で再建した。 その後...

椿(ツバキ)天目(テンモク) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)天目(テンモク) 4号苗 (d5)

※写真は見本品です。 写真は17年10月16日に撮影しました。季節によって状態は変化します。1710c 天目(テンモク) 濃紅地に鮮やかな雲状斑が入り、つつましなやかな風状が特徴のつばきです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ) 紅の剣(クレナイノツルギ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,404

椿(ツバキ) 紅の剣(クレナイノツルギ) 4号苗 (d5)

写真は、17年10月16日。 木の状態は、季節により変化します。 1710c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ) 冬化粧(フユゲショウ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ) 冬化粧(フユゲショウ) 4号苗 (d5)

写真は、17年10月16日。 木の状態は、季節により変化します。 1710c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ) 玉しぐれ(タマシグレ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,242

椿(ツバキ) 玉しぐれ(タマシグレ) 4号苗 (d5)

写真は、17年10月16日。 木の状態は、季節により変化します。 1710c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,350

椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 4号苗 (d5)

※写真は見本品です。 写真は17年10月16日に撮影しました。季節によって状態は変化します。1710c 西王母 石川県金沢に伝わる茶席の名花として人気のあるつばきです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ)天女の舞(テンニョノマイ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,350

椿(ツバキ)天女の舞(テンニョノマイ) 4号苗 (d5)

※写真は見本品です。 写真は17年10月16日に撮影しました。季節によって状態は変化します。1710cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ) 錦重(ニシキガサネ) 5号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ) 錦重(ニシキガサネ) 5号苗

写真は見本品です。 写真は17年2月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 4.5号苗

千草園芸

2,592

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 4.5号苗

17年10月16日に撮影しました。植物の状態は季節により変化いたします。1710c 用途:地植え、鉢植え 開花:10月~5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり...

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 5号苗

千草園芸

3,024

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 5号苗

17年3月16日に撮影しました。植物の状態は季節により変化いたします。173c 用途:地植え、鉢植え 開花:10月~5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり...

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 5号「タマビーノ」(d5)

千草園芸

1,674

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 5号「タマビーノ」(d5)

写真は見本品です。 17年10月17日に入荷 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■アメリカのヌチオズナーセリーが作出。 ラベルは印刷物ですので、実際の花色と多少異なる場合がございます。 用途:地植え、鉢植え 開花:2月~4月(地域・状態により異なる) 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 送料 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約1個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり...

椿(ツバキ) 三宅千鳥(ミヤケチドリ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ) 三宅千鳥(ミヤケチドリ) 4号苗 (d5)

※写真は見本品です。 写真は、17年10月16日。 木の状態は、季節により変化します。 1710c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 三宅千鳥 伊豆三宅島のヤブツバキの選抜種です。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ) 緋美湖(ヒミコ) 4号苗 (d5)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ) 緋美湖(ヒミコ) 4号苗 (d5)

※写真は見本品です。 写真は、17年10月16日。 木の状態は、季節により変化します。 1710c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

千草園芸

1,620

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ)春風(シュンプウ) 4号苗

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)春風(シュンプウ) 4号苗

写真は17年10月10日。植物の状態は季節により変化いたします。1710bツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ)蝦夷錦(エゾニシキ)6号苗

千草園芸

2,808

椿(ツバキ)蝦夷錦(エゾニシキ)6号苗

苗の写真は17年1月31日。木の状態は季節により変化いたします。171d-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

千草園芸

2,592

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u ■ツバキ"羽衣" 15枚ほどの対樋状弁が4.5重に重なり、上半部が外方にゆるく反曲し、弁間に透き間ができて美しい蓮華咲きととなり、最も人気の高い名花のひとつです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー6号

千草園芸

4,104

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー6号

写真は見本品です。 16年10月28日に再入荷しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。 ■ニュージーランドから導入された黒系花の椿です。強健の品種。 用途:地植え、鉢植え 開花:10月~5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができ...

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):赤西王母4号ポット

園芸ネット プラス

1,144

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):赤西王母4号ポット

赤西王母は鮮紅色の一重花、筒~ラッパ咲き、筒しべの中輪です。西王母(淡桃地に紅ぼかし)の自然実生種。鮮紅色の花に黄金色の葯、白い筒しべの3色の対比が美しい秋咲き品種です。タイプ:ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑小高木樹高:2~4m開花期:11~4月花色:鮮紅色咲き方:一重咲・中輪植え付け適期:9~11月、3~4月栽培適地:東北地方以南日照:日向または半日陰(開花するようになると日向のほうが適しています)栽培方法日当たり、水はけの良い場所を好みます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。2~3月に寒肥として、油粕や骨粉を根元に施します。剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。お届けする苗は4号ポット(直径12cm)入り、樹高約40~60cmの苗です。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたします。お届け時期により開花後となる場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。※濃い花色の品種は特性上、直射日光や低温により葉に黒いしみのような模様や斑点が出る場合がありますが、生育には支障はありません。椿(ツバキ):赤西王母4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

写真は見本品です。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

写真は17年2月24日。木の状態は季節により変化いたします。172eツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)かぎろひ 5号

千草園芸

3,240

椿(ツバキ)かぎろひ 5号

※写真は見本品です。 写真は17年2月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

果樹の苗/カシス:赤フサスグリ(レッドカーラント)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,090

果樹の苗/カシス:赤フサスグリ(レッドカーラント)4~5号ポット

レッドカーラントは初夏に透明感のある赤い果実を房状につけるセイヨウスグリの園芸種です。コンテナガーデンや寄せ植えとして、観賞用に栽培されます。果実はジャムやシロップ、サラダなどの料理に幅広く利用できます。また見た目も美しいので、切花としても利用されます。生食すると酸味と渋みがあります。ジュースにすると色がきれいでさわやかな風味です。カシスは、黒実、赤実、白実の3種がよく栽培されます。実はポリフェノール含有量がブルーベリーをはるかにしのぐ健康フルーツです。極端な暑さにあてなければ簡単に栽培できます。生で店頭に出回ることがほとんどないうえ、低木で半日陰での栽培に向きますので、家庭果樹としてぜひ取り入れてください。タイプ:ユキノシタ科スグリ属の耐寒性落葉低木樹高:1~1.5m植え付け適期:10月~5月収穫時期:暖地は6月上旬~7月下旬、寒地は6月下旬~8月中旬日照:半日陰から日陰むき結実までの年数:苗木から3~4年栽培方法:初夏から初秋までは西日が当たらない風通しのよい半日陰となる場所に植えます。植え付け後は根元を腐葉土などでマルチングし、乾燥しないようにしてください。肥料は12月に緩効性肥料を、3月に速効性肥料を根元に施します。毎年、株元からシュート(勢いよく伸びる太い枝)が出て翌年花がつきます。狭い鉢ではシュートの伸びる場所がなくなりますので、なるべく庭植えにするか大きめのプランターなどに植え、スペースを確保してください。4年目以降の枝は大きく切りもどして新しい枝が伸びるように剪定します。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット入り、樹高約30~40cmです。樹高は多少前後することがあります。初夏以降など葉やけや虫食い、斑点などで葉がきれいでない場合があります。また夏以降の落葉は早い品種ですので...

カンツバキ 苗 【寒椿 (かんつばき) 赤】 5号ポット苗 サザンカ 苗木 植木 庭木 常緑樹 生垣 目隠し グランドカバー

総合植物プロショップ花ひろば

961

カンツバキ 苗 【寒椿 (かんつばき) 赤】 5号ポット苗 サザンカ 苗木 植木 庭木 常緑樹 生垣 目隠し グランドカバー

この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 低木 常緑樹 樹高0.8m前後で4号ポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 ●品種の特徴 12月~2月にかけて淡紅色の八重咲きの花をさかせます。 樹高は低く1m程です。 サザンカに近い品種で濃緑職の葉をつけます。 冬の代表的な花木で刈り込みにも強く、生け垣やグランドカバーに最適です。 カンツバキ 難易度 初心者にお勧めの 花木 低木 庭木 常緑樹 植栽適地   南東北~沖縄 花言葉 謙譲 誕生花   12月8日 花の大きさ   5cm前後 開花時期   12月下旬~2月上旬 タイプ   常緑樹 栽培場所   鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、生垣、グランドカバー、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約1~1.5m、葉張り:1m 鉢植えでの樹高   樹高約1m、葉張り:1m 日照条件   日なた 成長の早さ   0.3m/年 耐寒性/耐暑性   普通/強い 剪定時期   開花後の3月       科名/属名 ツバキ科ツバキ属 日本の比較的温暖な地域に自生する常緑性の小高木です。日本人には馴染みの深い花木のひとつです...

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):絞初嵐(しぼりはつあらし)4号ポット

園芸ネット プラス

1,144

花木 庭木の苗/椿(ツバキ):絞初嵐(しぼりはつあらし)4号ポット

絞初嵐(しぼりはつあらし)は久留米産の品種。初嵐(白花)から生まれた品種で、白地に紅色の吹っかけ絞りが入るラッパ咲き中輪です。絞りが控えめなため上品な風情です。開花期は10~3月なので、秋から春先まで長く花を楽しめます。葉がよく茂り、花付きもよい品種です。タイプ:ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑小高木栽培適地:東北地方以南樹高:2~4m植え付け適期:9~11月、3~4月開花期:10月~3月日照:日向または半日陰(開花するようになると日向のほうが適しています)栽培方法日当たり、水はけの良い場所を好みます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。2~3月に寒肥として、油粕や骨粉を根元に施します。剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約30~50cmです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。樹高につきましては入荷時期により多少変動する場合があります。椿(ツバキ):絞初嵐(しぼりはつあらし)4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

インターフェース市

1,382

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

●ポットサイズ 5号(15cm) ●高さ 30cm内外 ※3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉しますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません) 別名 - 科名・属名 メギ科 ナンテン属 成木の樹高 1m~3m前後 栽培適地 東北以南 樹形 常緑低木 花の時期 5月~6月 葉の時期 1月~12月 実の時期 12月~2月 商品の特徴 冬でも明るい涼しげなライムグリーンで庭の植木たちが寂しげな冬 に明るい葉色は重宝します。洋風ガーデンにも良くあうカラーリーフ です。 ナンテンの木は、難を転ずるに音が通ずることから縁起の良い木と して玄関脇などに植えられてきました。 ※写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。 また、季節によって木の状態は変化します。●3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉し葉がほとんどなくなりますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません)注)商品の問い合わせは「商品についての問い合わせ」ボタンから問い合わせください。(店舗からお送りしたリターンメールの問い合わせのは自動で「既読になり」返答がもれますのでご了承ください)

ボタン苗 鎌田藤 5号(e16)

千草園芸

1,566

ボタン苗 鎌田藤 5号(e16)

17年9月26日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。173e花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。 牡丹(ボタン) (分類) ボタン科ボタン属の落葉中低木 (学名) Paeonia suffruticosa (原産)中国西北部 (開花期)4月下旬~5月 (成木の樹高)1~1.5m(原種で3m) (栽培敵地)北海道~九州 中国の国花としても検討された花で、豪華な花の代表格的な花です。 古くから品種改良が盛んに行われ、園芸品種が多数作られてきました。 牡丹の育て方 植え付け 日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 自然界では種で増えるのですが、園芸的にはシュクヤクの根に接木して増殖されています。 従って苗を購入されたときは多くがシュクヤクの根が地上部に見えているものです。 2年くらいは芍薬の根が生きていますが、植える場合は芍薬の根が見えない程度に土をかけて植えつけ、 ボタン自らの根が出やすくなるようにします。 根がしっかり出たら芍薬の根が腐るのが理想的です。 施肥 春に冬芽を成長させて延びきったら先にすぐに花を咲かせるものです。 冬~早春までに十分な肥料を与えておきます。 また、鉢植えでは春の生育期には2回くらいの追肥を行い、肥料切れを起こさないようにします。 そして花後には種を作らせないように花柄をカットしておきます。 夏には休眠するので夏までの葉のある短い期間に十分肥培しておくことが翌年も花を咲かせる上で大切な仕事です。 夏に葉が枯れてきたらカットしてもよいでしょう。 植え替え 露地植えでは数年たつと土壌が硬く締まってしまうことがあります。 落ち葉や雑草に覆われていない土壌のむき出しになった場所でよく見られる現象です。 このようにならないようにするには土に腐葉土な...

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

千草園芸

1,296

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

17年9月12日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。179b霧島の恵 学名:Hydrangea macrephylla"Kirishima no megumi" 性状:落葉低木 様式:庭・鉢向き 日照:日向・半日向 開花:5月~11月 耐寒性:強い(0℃以下でも可) 草丈:80~100cm 「霧島の恵」は2011年に松永一氏によって品種登録された四季咲き性のアジサイです。 日本古来の「シキザキヒメアジサイ」や「エンドレスサマー」のように開花期が長く、咲き終わった花をカットすると次々開花する性質のアジサイです。 また、秋に咲いた花は、寒さで葉が紅葉して落葉しはじめる11月までは、花があります。 11月まで紅葉を楽しむことができます。 直射日光下では紅葉が十分に発色されます。 花は咲き終わったものをカットすると次々開花しますが、アキイロアジサイになるまで楽しむと2番花以降に咲く花は少なくなります。 アジサイ"霧島の恵"の育て方 用土は、赤玉土6と腐葉土、またはピートモスを4で混ぜ合わせた用土を使用します。 花色は土壌のPHのわずかな差でブルー(酸性)からピンク(アルカリ性)に変わりやすい性質があります。 1株でピンクやブルーの花が咲くこともよくあります。 水遣りは、水を好むため、植え付け後もたっぷり与えます。 水切れは、早花がしおれるだけでなく、花をいためる最大の原因になります。 鉢植えはとくに気をつけ、表面が乾き始めたらたっぷり与えます。 肥料は、春の生育期から開花中はずっと液肥を1週間に1度やり続けてください。 次々開花しますから、肥料切れは禁物です。 花色は土壌のPHで濃いブルー~ピンクへと変化しやすいです。 "霧島の恵" に良く似たアジサイには "エンドレスサマー"と"シキザキコアジサイ"があります。...

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

高砂(たかさご)はアメリカから導入された品種で収穫期が早いのが特徴です。果肉は軟らかく、味は佐藤錦より少し酸味が効いていますが、熟してくると濃厚な味になり豊産です。暖地に向く品種です。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。相性のよい組み合わせはナポレオン、佐藤錦、南陽などです。成熟期は6月中旬頃です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法:よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏...

椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)4.5号

千草園芸

1,890

椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)4.5号

写真は16年10月14日。木の状態は季節により変化いたします。1610cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 絵日傘(エヒガサ) 5号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ) 絵日傘(エヒガサ) 5号

写真は見本品です。 写真は17年2月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

写真の商品をお送りします。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はmサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月~2月 ■ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

千草園芸

1,393

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 絞り初嵐(しぼりはつあらし)5号

千草園芸

1,728

椿(ツバキ) 絞り初嵐(しぼりはつあらし)5号

写真は16年9月23日。植物の状態は季節により変化いたします。169e ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia japonica 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがありま...

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■御前の雪に金花茶を交配させた品種です、小輪咲き、淡黄色で一重の花を咲かせます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

写真は見本品です。 写真は16年10月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ゴシキツバキ)五色椿 1.5m

千草園芸

9,180

椿(ゴシキツバキ)五色椿 1.5m

※写真は見本品です。 一重の五色椿には小輪で開花期が11~4月と長い「中部五色椿」、開花期は3~4月、筒しべ中輪で横張り性の「千葉五色椿」、開花期は3~4月、多くの色に咲き分ける小輪で立ち性の「牟礼五色椿」などがあります。 この椿は特定されていませんが「牟礼五色椿」と思われます。 写真は17年4月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽で...

雪椿(ユキツバキ) 津川絞(ツガワシボリ)5号苗

千草園芸

2,592

雪椿(ユキツバキ) 津川絞(ツガワシボリ)5号苗

写真は見本品です。 写真は17年2月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

ワイルドブルーベリー(ビルベリー) 5号苗 トレリス仕立て(c10)

千草園芸

1,296

ワイルドブルーベリー(ビルベリー) 5号苗 トレリス仕立て(c10)

※写真は見本品です。 写真は17年6月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176c 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※ブルーベリーの肥料でしたら、同じ送料で同梱できます。ブルーベリー 【分類】ツツジ科スノキ属の耐寒性落葉低木 【学名】Vaccinium.spp.corymbosum 【原産】北米北東部 目によいといわれるアントシアニンを含むブルーベリーですが、栽培のコツをつかむ事でご家庭でも簡単に栽培する事が出来ます。 十分な施肥をして、葉を多くつけた状態で収穫すると、甘くて大きい実が収穫できます。 ブルーベリーの品種は、約200種以上あるといわれています。 日本で多く育てられてるのは、アメリカで改良されたラビットアイ系とハイブッシュ系です。さらにハイブッシュ系は、ノーザンハイブッシュ系とサザンハイブッシュ系とハーフハイブッシュ系統の3系統も加わります。 花は、筒状の釣鐘型で白色で淡桃色を帯び、枝先に下向きに咲きます。果実は、直径1cmくらいで最近は甘みや香りが強い大粒品種もあります。 ■栽培ポイント 日当たりがよい肥沃地を好みます。開業 幹枝4本くらいの株立ちに仕立てるが、結実が3~4年続くと雑然としてくるので、根元から間引き剪定をして若枝と更新するとよいでしょう。余分なヒコバエはすぐにカットしましょう。また枝が暴れてきたら支柱を立てて固定して樹形の乱れをなくすようにします。 6~8月の収穫期には鳥害の対策も必要です。また、乾燥する恐れのあるところでは根元に敷き藁や落ち葉を敷き詰め、頻繁に水を与えるようにします。追肥も葉の色などを参考に肥料切れをさせないように与えるようにします。積雪の多い地域では竹やわらなどを使い、防雪対策も行ってください。 植え付け ...

果樹の苗/ブドウ:紅伊豆(べにいず)挿木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,488

果樹の苗/ブドウ:紅伊豆(べにいず)挿木苗4~5号ポット

紅伊豆(ベニイズ)は「紅富士」の枝変わりとして誕生した果粒が13~16gと大粒になる赤実系ブドウです。早生品種のため紅富士よりも早く収穫でき、とても甘くジューシーで、糖度も高く、酸味が弱く極甘の品種です。果肉が柔らかく、完熟すると粒がとれやすいため輸送に向かず、市場に出回らないので、直売所やブドウ狩りなどでしかなかなか味わう機会がない希少品種です。病気にとても強いので、家庭果樹としておすすめです。生食のほか、ジュースにも適しています。タイプ:ブドウ科の耐寒性落葉樹(つる性)植付け最適期:11~12月、3~4月開花:6月~7月収穫:8月上旬~9月上旬日照:日向むき受粉樹:不要(自家結実性)仕立て方:棚仕立て、垣根仕立て、棒仕立て用途:庭植え、鉢植え(5号鉢以上)栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、11~12月に、緩効性有機肥料などを施します。チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいのでご注意ください。開花数日前の6月下旬に花房を整理します。開花終了後10~14日で摘房をして葉5~8枚あたり1花房にします。摘房後は込んでいる部分の果実を取り除く摘粒をします。少なめにしたほうが順調に生育します。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります...

ムクゲ 苗 【青空 (あおぞら)】 5号ポット苗 木槿 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

総合植物プロショップ花ひろば

1,058

ムクゲ 苗 【青空 (あおぞら)】 5号ポット苗 木槿 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 落葉樹 樹高0.9m前後で5号ポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 暑さで人や植物が元気のなくなる季節に、 次々と大きな花を咲かせるムクゲは、盛夏を彩る代表的な花木といえます。 韓国の国花としても知られています。 日本には平安時代以前に渡来し、 古くから庭木や生け垣として栽培されてきました。 ハイビスカスなどと同じフヨウ属ですが、フヨウ属のなかでは寒さに強いため、日本だけでなく欧米でも夏咲きの花木として親しまれています。 どこの庭でも植えられているように栽培は容易です。 ムクゲ Hibiscus syriacus 難易度 初心者にお勧めの低木 庭木 耐寒性落葉樹 植栽適地   東北以南 開花時期   7~9月頃 タイプ   耐寒性落葉樹 栽培場所   鉢植え、目隠し、生垣、グランドカバー、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約1~2m、葉張り:1~1.5m 日照条件   日なた 成長の早さ   0.2m/年 耐寒性/耐暑性   強い/普通 選定時期   落葉時期       科名 / 属名:アオイ科 / フヨウ属(ヒビスクス、ハイビスカス属)...

ムクゲ 苗 【宗旦 (そうたん)】 5号ポット苗 木槿 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

総合植物プロショップ花ひろば

1,058

ムクゲ 苗 【宗旦 (そうたん)】 5号ポット苗 木槿 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 落葉樹 樹高0.9m前後で5号ポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 暑さで人や植物が元気のなくなる季節に、 次々と大きな花を咲かせるムクゲは、盛夏を彩る代表的な花木といえます。 韓国の国花としても知られています。 日本には平安時代以前に渡来し、 古くから庭木や生け垣として栽培されてきました。 ハイビスカスなどと同じフヨウ属ですが、フヨウ属のなかでは寒さに強いため、日本だけでなく欧米でも夏咲きの花木として親しまれています。 どこの庭でも植えられているように栽培は容易です。 ムクゲ Hibiscus syriacus 難易度 初心者にお勧めの低木 庭木 耐寒性落葉樹 植栽適地   東北以南 開花時期   7~9月頃 タイプ   耐寒性落葉樹 栽培場所   鉢植え、目隠し、生垣、グランドカバー、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約1~2m、葉張り:1~1.5m 日照条件   日なた 成長の早さ   0.2m/年 耐寒性/耐暑性   強い/普通 選定時期   落葉時期       科名 / 属名:アオイ科 / フヨウ属(ヒビスクス、ハイビスカス属)...

送料無料
アベリア苗 赤(エドワードゴウチャー) 生垣用5本【送料無料】

千草園芸

5,346

アベリア苗 赤(エドワードゴウチャー) 生垣用5本【送料無料】

※写真は見本品です。 写真は17年4月3日に撮影。 季節によって状態は変化します。 174a-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。 刈り込むと良く新芽を出し、きれいな樹形を作るようになります。アベリア赤(エドワードゴウチャー) (分類): スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木(学名): Abelia × grandiflora(園芸種) (原産): 東アジア、メキシコ(別名): ハナツクバネウツギ (開花期): 5月~10月(樹高): 0.5~2m(栽培適地): 東北地方中部以南 生垣や街路樹でよく植えられているのは半常緑性のグランディフローラ種です。 グランディフローラ種は中国原産のキネンシス種〔A. chinensis〕とユニフローラ種〔A. uniflora〕を交配して作られた園芸種です。 開花期は春から秋までの長い季節にわたって楽しめます。花は小さな釣鐘状で色は白やピンクがあります。極端に寒い地域では冬に落葉することがあります。 写真は7月上旬の状態です。 病害虫が少なく丈夫で枝をよく出し、刈りこんで色々な形に仕立てられるので生垣の他、公園や道路脇の植え込みにもよく植えられます。 高さは1m程度の低い生垣に向いています。 背丈の高くなりにくい品種はグランドカバーにも用いられます。 主な品種 エドワード・ゴーチャー〔A. × grandiflora 'Edward Goucher'〕 花付きがよくて成長が遅いのが特長です。性質も強く生垣にもグランドカバーにも用いられます。花色はピンクです。 フランシス・メイソン〔A. × grandiflora 'Francis Masson'〕 葉に黄色い縁取りが入ります。花色は白で、グランドカバーや寄せ植えに利用されます。 サンライズ〔A. ×...

花木 庭木の苗/桜:おかめ桜(オカメザクラ)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,729

花木 庭木の苗/桜:おかめ桜(オカメザクラ)接木苗4~5号ポット

寒緋桜と豆桜の交配種。花は紅紫色です。イギリスで育成され、日本の美女(?)になぞらえて命名されたそうです。小輪ながらあでやかな花色で、庭木に最適なコンパクトな樹形になります。花が下向きに下垂してつきます。学名:Prunus campanulata x Prunus incisa'Okame'タイプ:バラ科の耐寒性落葉低木樹形:広卵状花形:一重咲花の大きさ:小輪花色:紫紅開花期:3月下旬~4月上旬栽培適地:東北地方以南用途:庭植え、鉢植え植え付け適期:落葉後の11月~12月下旬、または2月下旬~3月中旬日照:日向むきお届けする苗は接木1~2年生4~5号ポット植え、樹高約1~1.2m前後です。本格的な開花は2~3年後からとなりますので、ご了承くださいませ。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。配送サイズの都合上、一部剪定を行っての出荷になる場合がございますのでその際はご了承くださいませ。※即席ポット植えの商品は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や小根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。■この商品は、下記サービスについてはお受けできない場合があります。・日曜祝日指定・お届け時間帯指定・一部の郡部での日曜・祝日指定■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 ※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。桜:おかめ桜(オカメザクラ)接木苗4~5号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方桜(サクラ)の育て方苗類のお届け形態について

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

さくらんぼは一般に夏の高温多湿が比較的苦手なのですが、暖地桜桃は特に暖かい地域で結実性が高いタイプ。実は小粒ですが、毎年よくなり、鈴なりになります。自家結実性がありますので、1本でも植えられます。また、鉢植え栽培もできます。樹勢は強健で、耐病性もあり、家庭園芸用には最適な品種です。成熟期は6月はじめと極早生です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:不要(但しほかの品種を近くに植えたほうがより収量が増えます)日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗で、結実開始は4~5年後からとなります。樹高はお届け時期により多少前後することがあります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合...

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号(c21)

千草園芸

1,458

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号(c21)

17年10月17日入荷。木の状態は季節により変化いたします。1710cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク