メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「低木の庭木」検索結果。

低木の庭木の商品検索結果全829件中1~60件目

【現品】 斑入りタニウツギ 「フェイゲラ・フロリダバリエガータ」 1.6m 52003

千草園芸

11,880

【現品】 斑入りタニウツギ 「フェイゲラ・フロリダバリエガータ」 1.6m 52003

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u花後や落葉期には剪定をさせていただく場合がございます。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)タニウツギ 分類: スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木 学名: Weigela hortensis 別名: ベニウツギ 原産: 北海道~九州(タニウツギ属には、世界(北アメリカ、中国、朝鮮半島、日本)で約12種が分布) 開花期: 5月中旬~6月 樹高: 2m-3m 利用: 庭木、 性質: 栽培しやすく日本全国で栽培できます。 キレイなピンクの花がラッパ状にシダレて咲かせ、木は花いっぱいになり見事です。 耐暑性、耐寒性、、耐病性、耐陰性ともに強く、北海道南部~沖縄まで栽培できます。 基本色はピンクですが、濃い朱赤色ものや斑入り種などの園芸品種があります。 軸の中心部が空洞になっているところからウツギの名前がつけられました。 斑入りタニウツギ フロリダ バリエガータ 分類: スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木 学名: Weigela florida 'Variegata' 別名: オオベニウツギ 原産: 日本各地 開花期: 5月中旬~6月 樹高: 2m-3m 利用: 庭木、 性質: 栽培しやすく日本全国で栽培できます。 ライム色の美しい斑入り葉 花は咲き始め濃いピンクで徐々に薄くなります。 学名の「Weigela florida」は、日本に自生するオオベニウツギ(大紅空木)のことです。 オオベニウツギの花は濃い紅色。 斑入りタニウツギ フロリダ バリエガータの名前は、大紅ウツギと呼ぶのが正しいと思うのですが、この名前は古くから使われているのでそれが一般化したようです。 秋の紅葉時期には...

南天(ナンテン) 紅白 L 苗木

千草園芸

4,536

南天(ナンテン) 紅白 L 苗木

写真は見本品です。 写真は16年10月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化し、実が付いていない場合がございます。 樹高は約60~70cmです。 159b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 赤南天と白南天の混植です。 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ...

【現品】 赤南天(ナンテン) 1.1m 09133 r

千草園芸

5,940

【現品】 赤南天(ナンテン) 1.1m 09133 r

※写真の商品をお送りします。 写真は17年9月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179b-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ●剪定と病害虫対策●...

お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 庭木 グランドカバー 低木

Amazon

948

お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 庭木 グランドカバー 低木

●品種の特徴 オシャレなお庭には必ずと言っていいほど植わってますね。私も数々のお庭を見て来ましたが、まさに「お庭の名脇役」!和洋問わず、下草には必ずこの木がいます。それもそのはず、お多福ナンテンは地味に思われがちなグランドカバーの中で、「紅葉の変化」があることから、季節によって景観が変わります。それと、「とにかく丈夫な常緑樹」であるということ。よほどのことが無い限り、この木が枯れてしまうなんてことはありません。花ひろばオンラインのお多福ナンテンは基本的にポット苗ですが、ボリュームが他のとは全然違います。5株ほどアプローチに平行に植えるだけでとってもオシャレ! まぁ、これは私の個人的な意見ですが、シンボルツリーの周辺の株回りにお多福ナンテンを植えることで、ご近所さんも憧れのお庭に大変身するでしょう! ●商品の形状 苗木はポット苗です。ポット部分も含め、高さ0.2m前後くらい。こちらの商品は地植えでも鉢植えでも栽培が可能です。 1梱包に1本まで小梱包でのお届け。2本から11本まで通常梱包でのお届けです。 ※その他のグランドカバー向け植物はこちらから 植栽適地 北海道~沖縄 最終樹高 0.5m ※グランドカバー向け 常緑低木 栽培用途 グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten メギ科ナンテン属 育てやすさ 初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、萌芽力強い、刈込に耐える

南天(ナンテン)  LL

千草園芸

3,780

南天(ナンテン) LL

写真は見本品です。 写真は17年9月15日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。179a-u 送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です...

【現品】ドウダンツツジ1.2m 31614

千草園芸

9,504

【現品】ドウダンツツジ1.2m 31614

写真の商品をお送りします。 写真は17年9月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。...

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

千草園芸

15,984

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

※写真の商品をお送りします。 根鉢を含めた高さは約2.1mです。 写真は14年1月6日に撮影。季節によって状態は変化します。141a-u 支柱で整形していますので1年後には取り外してください。まだ形が整っていない場合は再度くくりなおしてもう一年おいてください。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツリバナ 【分類】ニシキギ科ニシキギ属 【学名】Euonyms oxyphyllus 【原産】日本 【別名】ヤマニシキギ、マユメ、マイメ、(ツリバナマユミと呼ばれる事もあります) 【用途】庭木、盆栽等 【開花】4月~6月 【結実】9月~12月 【成木】3m~5m 果実は、昼間開き、夜には閉じます 成木は5mほどですが、まれに10m近く成長することもあります。 ■栽培方法 日当たりよく、水はけのよい土を好みます。 肥料は少なめでよいでしょう。 自然樹形を楽しむものですので、不要枝を整理する程度でよいでしょう。徒長枝は花芽がつかないので、5芽くらい残して切り戻しましょう。 ★栽培適地:日本全国 ツリバナ (分類) ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木 (原産)日本の固有種 (樹高)2~4m (開花期)5~6月 (結実期)9~10月 実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には赤い実を付け葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろ...

紅白南天(コウハクナンテン) 12号

千草園芸

7,884

紅白南天(コウハクナンテン) 12号

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 写真は15年12月19日に撮影しました。 この商品は赤南天と白南天の混植となります。 鉢を含めた高さは1.2~1.4mです。 季節によって状態は変化します。1512c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※季節により、実がついていない場合がございます。 ※3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また...

【生垣用セット】アベリア “ベーシック"5号ポット苗 生垣用 10本セット 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

花ひろばオンライン

7,452

【生垣用セット】アベリア “ベーシック"5号ポット苗 生垣用 10本セット 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

☆こちらのセット内容☆ アベリア “ベーシック"5号ポット苗を10本です。ポットも含め高さ約0.1m。ボーダーや低い生垣にご利用ください。冬は葉がかなり少なくなり、赤紫に葉が紅葉しています。プラスチックポットははずして植えてください。 これらは単品でも販売中です。商品ページへ→→ ●商品には植え付け方法を書いた紙を同封しています。剪定や肥料など育て方のコツはページ下をご覧ください 【販売時期について】 この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。5月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【送料について】 ●こちらの商品は誠に恐れ入りますが、他の商品との同梱は不可になります。 >>送料についてはこちら >>ご注文からお届けまでの流れはこちら アベリアの育て方 アベリアの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 暑さ、寒さに強く、ほこりや風、大気汚染にも強く、乾燥にも強く、土質は選びません。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定は真冬の休眠期に刈り込んで樹形を整えます。枝が込みすぎると日当たり不足で花つきが落ち始めますので、そういう時は込みすぎた枝を間引いてください。また、時折徒長枝(ぐいーんと勢いの良い枝)が伸びて樹形を乱す場合は、取り除いてください。 肥料 結構肥料無しでも育ちますが、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥(花ひろば堆肥“極み"...

ドウダンツツジ  0.5m

千草園芸

2,592

ドウダンツツジ 0.5m

写真は見本品です。 写真は17年10月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710a-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) かわいいスズランのような花とまとまりのある樹形のほか、秋の紅葉も楽しめます。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。...

■良品庭木■クチナシ マルバ15cmポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,380

■良品庭木■クチナシ マルバ15cmポット苗

「七香」のひとつに数えられている木。芳しい香りを持ちます。 ■送料区分:A2 (送料表はこちら) [20110305][20110521] ■ 形状・サイズ他 15cmポット ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 ■ 備考 樹形等に個体差があります。 優良品を厳選してお届けしますので、 あらかじめご了承ください。 花時期になると、どこからともなく漂ってくるクチナシの甘い香り。春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並ぶ、夏の香りの木。中国でも「七香」のひとつに数えられています。愛を育む花として愛されている花木。お手元で芳しい香りをお楽しみください。実が楽しめる一重咲きの品種です。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 アカネ科の常緑低木 花時期 6~8月 草丈 ~200cm 耐寒温度 約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■育てる場所・土 日当たりのよいところで育ててください。半日陰でも耐えられます。 真夏の直射日光は避けましょう。寒風や霜も避けましょう。土は 花木の培養土などの庭木用の土がおすすめです。庭植えの場合、あらかじめたい肥や腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。 植え替える場合は鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。その上に培養土を、植え付ける苗の土の表面が鉢の縁から1~3cmほど下になるように調整して入れます。 苗の周りにもしっかりと土が入るように棒などできちんと土を押しましょう。植え付けたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりを。 ■水やり 鉢植えの場合、土の表面が1cmほどしっかりと乾いたら...

西洋シャクナゲ“ピンクフェアリー"鉢植え 低木 低木 庭木 常緑樹

花ひろばオンライン

1,922

西洋シャクナゲ“ピンクフェアリー"鉢植え 低木 低木 庭木 常緑樹

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ以下) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 本 まで。 2本以上 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木は鉢植えに仮植えされています。鉢も含め高さ30cmくらいです。基本的に商品には花は付いておりません。商品によっては、今年開花見込みの蕾が付いている場合もあります。 ※鉢の形状や大きさは、品種によって異なる場合がございます。鉢の形状をご指定いただくことはできかねますので、あらかじめご了承くださいませ。 ※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。 シャクナゲ の育て方植え付け・管理日当たりを好みます。よく日が当たり、水はけの良い場所で育ててください。西日は嫌いますので、西日を避ける場所がいいです。また、夏の暑さをさえぎれるような涼しい場所が最適です。植え付け、植え替えは9~10月ごろ、2~3月ごろが最適です。ツツジの仲間のシャクナゲは酸性土を好みます。腐葉土にピートモスや鹿沼土を混ぜた用土に植えてください。 西洋シャクナゲは比較的寒さには強いですが、高温多湿に弱い性質があり、夏の気候が暑すぎるところでは生育が不良になりやすいです。品種によっては暑さに強い品種もありますが...

トキワマンサク 青葉 白花1.4m 白葉 地中ポット 苗庭木 常緑樹 低木 生け垣 【時間帯指定不可】

総合植物プロショップ花ひろば

2,138

トキワマンサク 青葉 白花1.4m 白葉 地中ポット 苗庭木 常緑樹 低木 生け垣 【時間帯指定不可】

この商品の送料は260cmサイズとなります。 この商品は時間帯指定が出来ません。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…5840円 南東北・中国…6780円 北東北・四国・九州…9540円 北海道…11120円 沖縄…29160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 低木 常緑樹 樹高1.4m前後で地中ポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 日本などに分布する常緑性の中高木で、樹高は4m位になります。 常緑のマンサクととれますがマンサクとは属性が異なるため。 別の樹木として認識しておきましょう。 白い葉は鑑賞価値が高く庭木や生け垣に利用されます。 また春に咲く鮮やかな白い花は葉以上に鑑賞価値があります。 鉢植えをした時のイメージ写真 ポットに植え付けた時のイメージ写真になります。 ※こちらの商品に鉢は付いておりません。ご了承下さいませ。 (撮影に使用した鉢のサイズ) 直径42cm×H37cm 口内寸35cm 容量23L トキワマンサク 緑葉 白花 難易度 初心者にお勧めの低木 庭木 常緑樹 植栽適地   関東~沖縄 開花時期   4~5月 タイプ   常緑樹 栽培場所   鉢植え、目隠し、生垣、グランドカバー、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約:4~5m、葉張り:4~5m 日照条件   日なた 成長の早さ   0.5m/年 耐寒性/耐暑性   普通/強い 選定時期   6月   &nbsp...

ドウダンツツジ 生垣用 1.2~1.3m×3本セット

千草園芸

11,880

ドウダンツツジ 生垣用 1.2~1.3m×3本セット

写真は見本品です。 写真は17年6月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。 剪定は...

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 本株立ち 2m 21608r

千草園芸

23,760

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 本株立ち 2m 21608r

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 ※樹形の整いやすい本株立ちです。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 ●四季を通じて楽しめる「ジューンベリー」● 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。花だけでなく、果実、紅葉と四季の移り変わりと共に様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。ヨーロッパでは、ポピュラーな庭木としてよく植えられています。 果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、極端な乾燥に注意すれば、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い...

スポンサーリンク
スポンサーリンク