メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「レモンマリーゴールド苗」検索結果。

レモンマリーゴールド苗の商品検索結果全2件中1~2件目

ハーブの苗 「レモンマリーゴールド 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモンマリーゴールド 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所を好みます。 半耐寒性なので、冬場は株元を腐葉土や藁で防寒して下さい。 鉢植えにしても楽しめますが、大株になるので、摘芯や剪定を行い高さを調整して下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 マリーゴールド(レモン)・ギャラリーハーブの苗 レモンマリーゴールド Lemon marigold 学 名 Tagetes lemmonii 科 名 キク科マンジュギク属 種 類 多年草 原産地 メキシコ 和 名 - 別 名 マウンテンマリーゴールド 花 色 イエロー 高さが70~100cmになります。 他の花が少なくなる秋から初冬にかけて、茎の先端に鮮やかな黄色の花をつけます。 名前が示すように葉にレモンの芳香があります。根からの分泌液がナメクジやネマトーダ(センチュウ)を寄せ付けない効果がありますので、花壇や畑に混植するのもよいでしょう。 香りを楽しむには、初冬の切り花や乾燥させた花と葉をポプリなどにするとよいでしょう。 また、花びらを料理の彩りに使うこともできます。 ※ネマトーダ(センチュウ)主に土中の根に付く吸汁性害虫です。 科名:キク科マンジュギク属 【特徴】 樹高・草丈: 70~100cm 種類:多年草 開花時期:9月上旬~12月上旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通 日当たり:日なた 土質...

こちらの関連商品はいかがですか?

ハーブの苗 「レモングラス 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモングラス 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所であれば、土は特に選びません。暖地では多少傷みますが、地面から10~20cmくらいのところでカットして屋外で越冬させることができます。寒地では葉を深くカットせず、葉身の3分の1を残して、秋に鉢上げして屋内の明るい場所で管理して下さい。 有機質肥料を元肥か寒肥えとして施します。手を掛けないで置くと大株になるので、1~2年に1度、株の更新を兼ねて株分けを行うとよいでしょう。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい レモングラスの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 レモングラス Lemongrass 学 名 Cymbogon citratus 科 名 イネ科オガルガヤ属 種 類 多年草 原産地 インド 和 名 レモンガヤ、レモンソウ 別 名 オイルグラス、メリッサグラス 花 色 ホワイト 南インドからセイロンに分布し、東南アジアを中心に、熱帯や亜熱帯地域で広く栽培されています。 ススキに似た線形の葉が根元から群がるようにつき、高さ100~180cmになります。 葉も茎も強いレモンの香りがします。タイのスープ「トムヤンクン」やカレーなどのエスニック料理の香味料やハーブティーの香りづけに利用します。 収穫は気温が20度以上に上がって、葉が15枚以上になれば可能で、株元から刈り取ります。 科名:イネ科オガルガヤ属、和名:レモンガヤ、別名:オイルグラス...

ハーブの苗 「レモンバームゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモンバームゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レモンゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモンゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レモンバーベナ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモンバーベナ 9cmポット」

■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよ場所に植えて下さい。土も水はけのよいものにすると育てやすくなります。 耐寒性がなく霜にあたると枯れてしまうので、直植えの場合には霜が降りる前に鉢上げして屋内の明るい場所に移動して下さい。有機質肥料を元肥として施して下さい。 病害虫の心配は特になく、育てやすいです。 枝ぶりが悪いので、随時剪定を行い形を整えると幹がしっかりして丈夫な株になります。 強風に弱く、木質化した枝が裂けるようにして折れるので注意して下さい。 幼木は寒さに弱いので、1年目にできるだけ成長させてください。晩秋に株元に腐葉土を敷き、高さ60cm以下であれば藁や不織布を巻いて防寒するとよいでしょう。関東中部以南であれば露地栽培でも越冬することができます。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい レモンバーベナの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レモンバーベナ・ギャラリーハーブの苗 レモンバーベナ Lemon scented verbena 学 名 Aloysia triphylla 科 名 クマツヅラ科イワダレソウ属 種 類 低木 原産地 アルゼンチン、チリの温帯地域 和 名 コウスイボク 別 名 ベルベーヌ、ボウシュウボク 花 色 ホワイト 南米ペルー、チリ、アルゼンチンに分布しています。 高さ3~4mになります。香水木とも呼ばれ、葉は鮮やかな緑色で...

ハーブの苗 「レモンローズゼラニウム 9cmポット(ロバーズレモンローズゼラニウム)」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レモンローズゼラニウム 9cmポット(ロバーズレモンローズゼラニウム)」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「キャットニップ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「キャットニップ 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好み、水はけがよければ土は特に選びません。直植えの場合、水やりは乾燥した時に行う程度でよいでしょう。 有機質肥料を元肥や寒肥えにするか、化学肥料を生育期に施してもよいでしょう。 ネコがたいへん好むハーブなので、荒らされる心配があるときは、株の周りにネットや金網で囲いをするとよいです。鉢植えの場合はネコが届かない場所に置きましょう。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい キャットニップの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 キャットニップ Catnip 学 名 Nepeta cataria 科 名 シソ科イヌハッカ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ、アジア西部 和 名 イヌハッカ 別 名 キャットミント、キャットネップ 花 色 ホワイト ヨーロッパからアジア南西部に広く分布しています。 茎は直立してよく枝別れし先端に白い花穂を付け、開花期には100cmになります。白味を帯びた葉は丸みのあるギザギザした形をしています。表面に短くて細い毛が生えていてビロードのようです。 長く伸びた茎は冬には枯れて、株元に冬至芽が残ります。 葉茎にはネコが好む芳香があるため食べられてしまうことがありますので、注意して下さい。 ハーブティーとして利用することができます。また、乾燥した葉茎をネズミ形の縫ぐるみに入れてネコ用のおもちゃを作ることができす。 科名...

ハーブの苗 「ペパーミントゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ペパーミントゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ゴールデンセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ゴールデンセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 やや乾燥気味を好み、暑さや寒さには比較的強く、丈夫で育てやすい品種です。ただし、夏の高温時は突然枯れたりするので注意が必要です。日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土が適し酸性土壌がやや...

ハーブの苗 「ミント・イエルバブエナ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ミント・イエルバブエナ 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「カラミント 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「カラミント 9cmポット」

【栽培のポイント】 日の当たる水はけのよい場所を好みます。梅雨時期に根ぐされを起こしやすいので水はけをよくし、密集した枝を整枝して風通しを良くしましょう。 土質は中性からアルカリ性を好みます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 カラミント Calamint 学 名 Calamintha nepeta 科 名 シソ科カラミント属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ 和 名 - 別 名 アウンテンバーム、レッサーカラミント 花 色 ピンク ヨーロッパからヒマラヤ西部に分布しており、乾燥した森林地帯や土壌のやせた場所を好みます。 高さは30~50cmほどで地下をはう根茎から茎が立ち上がります。 葉は濃緑色で、矢尻のような形をしています。小さな花が10個から20個いっぺんに咲きます。 全草に樟脳(カンファー)のような芳香があり、ハーブティーやポプリ、切り花などに利用します。 丈夫で育てやすいハーブです。 科名:シソ科カラミント属、別名:レッサーカラミント、別名:マウンテンバーム 【特徴】 樹高・草丈: 30~50cm 種類:多年草 開花時期:6月上旬~10月下旬 温度:耐寒性 水やり:多湿気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「ミントブッシュ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ミントブッシュ 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけのよい場所を好みます。 寒さに弱いので冬季は鉢植えにして室内に取り入れて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ミントブッシュ Mint Bush 学 名 Prostanthera rotundifolia 科 名 シソ科プロスタンテラ属 種 類 低木 原産地 オーストラリア 和 名 - 別 名 プロスタンテラ 花 色 ピンク オーストラリア全土に自生する低木で、高さは200~400cmになり、細かい葉と伸び茂る枝からはミントに似た強い香りがします。 花時には枝を覆うようにラベンダー色の小花を咲かせます。 オーストラリアの先住民族アボリジニの人々は葉の浸出液を薬用に使用しています。日本では香りのする観賞用ハーブとして楽しむとよいでしょう。 小さな花はサラダの彩りにするとよいでしょう。 科名:シソ科プロスタンテラ属 【特徴】 樹高・草丈: 200cm~400cm 種類:低木 開花時期:4月上旬~5月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:普通の土壌

ハーブの苗 「ペニーロイヤルミント 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ペニーロイヤルミント 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「ステビア 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ステビア 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりを好み、腐植質を含んだ土が合います。乾燥しすぎないように水やりを行って下さい。 有機質肥料を元肥や寒肥えとするか、生育期(刈り取り後)に化成肥料を施します。 半耐寒性ですので、冬の寒さが厳しい地域では、温室や明るい室内に移動して下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ステビア Stevia 学 名 Stebia rebaudiana 科 名 キク科ステビア属 種 類 多年草 原産地 パラグアイ 和 名 アマハステビア 別 名 - 花 色 ホワイト 南米パラグアイの山地に分布し、やや湿り気ある場所に自生しています。 高さ50~100cmほどになります。茎にはこまかくて白い毛が密生し、ザラザラとした感触があります。長く伸びた葉茎は冬には枯れますが、冬至芽の状態で越冬します。 収穫は茎や葉を年に2~3回刈り取って乾燥保存します。乾燥したステビアをハーブティーなどに砂糖の代わりに利用できます。 葉茎に含まれるステビオサイドは砂糖の200~300倍の甘みがあり、低カロリーの甘味料です。 生葉は生臭さや苦みがあり、ハーブティーなどに利用場合は乾燥させて生臭さが抜けた物を使うと美味しく頂けます。 科名:キク科ステビア属 【特徴】 樹高・草丈: 50~100cm 種類:多年草 開花時期:7月上旬~11月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:多湿...

ハーブの苗 「タンジー 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「タンジー 9cmポット」

【栽培のポイント】 水はけがよく、半日陰までの明るい場所を好みます。土質は選びません。 夏に乾燥が続いてしおれるときは、水やりする程度でよいです。 春から成長が旺盛になるので、早春に元肥を忘れないようにして下さい。追肥は2~3ヶ月おきが目安です。 地下茎が放射状に伸びて株が大きくなるので、広がって困るときは、2~3年に1回、株分けによって更新するとよいです。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 タンジー Tansy 学 名 Tanacetum vulfare 科 名 キク科ヨモギ属 種 類 多年草 原産地 ユーラシア 和 名 エゾヨモギギク 別 名 バチェラーズボタン 花 色 イエロー ヨーロッパに分布し、日当たりのよい乾燥地に自生しています。 高さ100~150cmになります。 葉は緑色で鳥の羽根のような形をしています。黄色のボタン状の花を多く咲かせます。 長く直立して伸びた茎は冬には枯れて、冬至芽の状態で越冬します。 ヨーロッパでは、昔は防虫として枝を室内や食糧庫に吊るしハエを防いだり、戸口に置いてアリよけにしたり、カーペットの下に入れてダニよけ、また犬小屋やペットの敷物にして虫よけなどに利用されていました。 果樹園に植えると害虫を防ぐと共に栄養素を多く含むため土も肥やしてくれます。 染料としても利用され、枝葉からはグリーンがかった黄色に...

ハーブの苗 「パイナップルセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「パイナップルセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 日当たりのよい肥沃な場所を好みます。日陰で育てると徒長し、間延びし軟弱になることがあるので注意してください。 開花前の初夏までに1~2回剪定を行い高さを抑えると綺麗に花穂を付けてくれま...

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃な土壌を好みます。 比較的寒さに強いので、暖地であれば屋外でも旺盛に育ちます。 花後は油かすや骨粉を根元に追肥として与えて下さい。剪定に強いので、秋が早春に半分くらいに刈り込んで株の形を整えて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ハゴロモジャスミンの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ハゴロモジャスミン・ギャラリーハーブの苗 ハゴロモジャスミン Jasmine 学 名 Jasminum polyanthum 科 名 モクセイ科ソケイ属 種 類 つる性低木 原産地 中国 和 名 ソケイ、シロモッコウ 別 名 - 花 色 ホワイト 中国西南部からヒマラヤ、インド北部、アフガニスタン、イランにかけて分布しています。 アラビアジャスミンの近縁種で、とても香りのよい白色の花を、初夏から初秋まで沢山咲かせます。 蕾時に寒気にあうと早春の花が見られなくなることがあるので注意が必要です。また、日陰に置くと花つきが悪くなることがあります。 比較的に寒さに強く関東南部から南の地域では屋外でも冬越しします。 科名:モクセイ科ソケイ属、和名:ソケイ、シロモッコウ。 【特徴】 樹高・草丈: 200~300cm 種類:つる性常緑低木 開花時期:7月上旬~10月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通 日当たり:日なた...

ハーブの苗 「ソープワート 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ソープワート 9cmポット」

【栽培のポイント】 栽培は比較的容易です。日当たりがよく、やや湿り気のある場所を好みます。 植え付ける土を深く掘り起こし、日向土か鹿沼土を2~3割程度混ぜるとよいでしょう。 肥料は油かすと骨粉を同量混合したものを3~4月と9月ごろに株近くに与えます。 開花後に刈り込むと、もう一度花を楽しめます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ソープワート Soapwort 学 名 Saponaria officinalis 科 名 ナデシコ科サボンソウ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ、アジア西部 和 名 シャボンソウ、サボンソウ 別 名 サポナリア、バウンシングベッド 花 色 ホワイト イギリスを含むヨーロッパの山地に自生しています。 高さは20~100cm位で直立しています。茎はしっかりしていて、葉は楕円状で光沢があります。 夏には枝先に薄桃色の花を密な塊になって咲かせます。長い間咲き続けるのでガーデニングに最適です。 根は匍匐して周囲に繁殖していきます。 葉は水に浸すと石けんと同じようになり、かつては洗濯に利用されていました。 (注意:内服できないのでシャボン玉遊びには使わないで下さい) 科名:ナデシコ科サボンソウ属和名:サボンソウ、別名:サポナリア、バウンシングベット。 【特徴】 樹高・草丈: 20~100cm 種類:多年草 開花時期:7月下旬...

ハーブの苗 「ラベンダー・ソヤーズ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ソヤーズ 9cmポット」

アラルディラベンダーは、海外では一般的にミッチャムラベンダーという名称で呼ばれています。 ※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 アラルディラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして、温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい...

ハーブの苗 「マロウコモン 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「マロウコモン 9cmポット」

【栽培のポイント】 性質が強く耐寒性もあり、栽培は容易です。日当たりと水はけがよければ、特に土は選びません。 元肥や寒肥えとして有機質肥料を施しますが、多用する必要はありません。 高さがあるので直植えする場合は株間70~80cmになるようにします。直植えでない場合は大き目のコンテナや鉢を用意してください。 数年植えたままにしておくと、株、花ともに小さくなってしまいます。毎年早春に株を剪定し、株周辺を耕して新しい根を伸ばさせ若返りをはかってください。 こぼれ種でよく殖えて、野生化しやすいです。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 マロウコモン・ギャラリーハーブの苗 マロウコモン Mallow common 学 名 Malva sylvertris 科 名 アオイ科ゼニアオイ属 種 類 2年草 原産地 ヨーロッパ南部 和 名 ウスベニアオイ 別 名 マローブルー 花 色 ピンク~パープル ヨーロッパ南部に分布し、日なたの荒れ地に自生しています。 粗毛のある茎は直立し、よく枝分かれして高さ60~200cmになります。花径は5cmで葉腋につきます。 花を利用したハーブティーはマローブルーと呼ばれ青紫色をしていて、レモン汁で変色を楽しめます。1日花なので当日または翌日には摘み取り日陰で乾燥させてて保存して下さい。 収穫した花は裏返した状態で乾燥させると開いた状態を保つことができます...

ハーブの苗 「プリティーポーリーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「プリティーポーリーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ローズゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ローズゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ルバーブ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ルバーブ 9cmポット」

【栽培のポイント】 耐寒性はありますが、過湿や過乾に弱いため、腐植質に富んだ肥沃な土で、水はけと日当たりのよい場所に植えて下さい。 株間を開けて風通しをよくしてください。根元へのマルチングは乾燥を防ぐので有効です。 夏の強い日差しに弱いので、寒冷紗などで50%ほど遮光するか鉢植えであれば日陰に移動させてください。 また、西日に当てないようにすることも有効です。 1年目は株を充実させ、収穫は2年目以降にします。長く伸びた花茎を早くに刈り取ると株の勢いを弱めないですみます。 冬は地上部は枯れてなくなりますが、翌春に新芽が出てきて大きく成長します。 有機質肥料を元肥や寒肥えとして施しますが、チッソ分をやや多めにするとよいです。 葉柄(茎)を赤く発色させるには 茎の赤色は強い太陽の日に当たると緑色になってしまいます。赤色を帯びたまま茎を収穫するには、春先に新芽が出てきたら、強い遮光を行って下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ルバーブの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■商品情報 品種名 Rhubarb 学 名 Rheum rhabarbarum 科 名 タデ科 種 類 多年草 原産地 シベリア南部 和 名 ショクヨウダイオウ 別 名 マルバダイオウ 花 色 イエロー 利用方法 ハーブの苗 ルバーブ Rhubarb 学 名 Rheum rhabarbarum 科 名...

ハーブの苗 「ペパーミントブラック 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ペパーミントブラック 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「レディープリマスゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レディープリマスゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レイタータイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レイタータイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レイタータイム・ギャラリーハーブの苗...

ハーブの苗 「ブルボンゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ブルボンゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「スイートミモザゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「スイートミモザゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ゴールデンタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ゴールデンタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ゴールデンタイム・ギャラリーハーブの苗...

ハーブの苗 「ミセステイラーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ミセステイラーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「シルバータイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「シルバータイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立 するものや扇状に広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐 寒性の品種がありますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細 かい毛があったりするため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 シルバータイム・ギャラリーハーブの苗 シルバータイム ...

ハーブの苗 「ゴールデンオレガノ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ゴールデンオレガノ 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけがよければ、土質はあまり選びません。肥料を施すとよく茂りますが、控えめのほうが香りがよくなります。乾燥には強いのですが、高温多湿の時期は注意が必要です。茂り過ぎると、風通しが悪くなり蒸れることがあるので、収穫を兼ねて刈り取るか、枝を梳(す)くとよいでしょう。 【オレガノの種類と品種】 オレガノの仲間は形態によって大きく3つに分けられます。 オリガヌム類 耐寒性が強く丈夫な仲間で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●オレガノ(ワイルドマジョラム) ●ゴールデンオレガノ ●オレガノカントリークリーム マヨラナ類 オリガヌム類と比べると全体的に小さく草丈は20~50cmほどになります。耐寒性~半耐寒性で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●スイートマジョラム ●イタリアオレガノ(ワイルドマジョラムとスイートマジョラムの交配種) アマラクス類 半耐寒性で高温多湿にとても弱いので、雨よけ対策を行い、初夏から秋までは特に注意が必要です。1年を通して乾燥気味に育ててください。ギリシャからオリエントに分布している仲間で、花や苞葉が綺麗な品種が多く、花オレガノとも呼ばれています。もっぱら観賞用として利用され、料理には使われませんが、稀にティーに利用している地域があります。ドライフラワーやポプリにすると綺麗です。 ●ケントビューティー ●バーハラチンゲイ ●ディタニーオブクリート ●ハイブリット ●プルケルム ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい...

ハーブの苗 「ラムズイヤー 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラムズイヤー 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけのよい肥えた土を好みますが、半日陰でも育ちます。チッソ分の多い肥料は避けて下さい。 蒸し暑さと、長雨、湿気に弱く、西日の当る場所は避けて下さい。 地面を這うようにマット状にふえていくので、株間は40~50cmあけるとよいでしょう。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラムズイヤーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ラムズイヤー・ギャラリーハーブの苗 ラムズイヤー Lamb's ears 学 名 Stachys byzantina 科 名 シソ科 種 類 多年草 原産地 カフカス地方 和 名 ワタチョロギ 別 名 スタキス、ウーリーベトニー 花 色 ピンク トルコ、アジア南西部に分布しています。 卵形で灰緑色の産毛に覆われた葉は軟らかな質感で、子羊の耳を思わせるとてもかわいらしい葉をしています。 高さ20~90cmに育ちます。ハーブガーデンでは葉色や草姿から目立つ存在で、シルバーガーデンによく利用されます。 花は夏~秋にかけて長く伸びた花穂に薄紫~赤紫色の小花を穂状につけます。 園芸用としては、花壇の縁取りにすると美しく、シルバーガーデンやホワイトガーデン、キッズガーデンなどに植えるとよいでしょう。 灰緑色の葉や茎は乾燥すると白くなり、ブーケやリースに入れると特徴的な葉はアレンジに趣きを与えます。 科名:シソ科、和名...

ハーブの苗 「カンファータイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「カンファータイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 カンファータイム・ギャラリーハーブの苗...

ハーブの苗 「スペアミント 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「スペアミント 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「オレンジバルサムタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「オレンジバルサムタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 オレンジバルサムタイム Orange balsam...

ハーブの苗 「ガーリックチャイブ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ガーリックチャイブ 9cmポット」

【栽培のポイント】 冷涼な気候を好み、日当たりがよくて水はけのよい砂質壌土に適します。元肥を充分に入れて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ガーリックチャイブ Chives 学 名 Allium tuberosum 科 名 ユリ科ネギ属 種 類 多年草 原産地 アジア、ヨーロッパ 和 名 - 別 名 - 花 色 ホワイト チャイブというよりガーリックといった方が近いかもしれません。見た目はチャイブと変わりませんが、扁平な葉をしていて名前のとおりニンニクの香りがします。葉を食べるニンニクといった感じでニラにも似ています。 中央アジアまたはインドの原産とされています。 科名:ユリ科ネギ属 【特徴】 樹高・草丈: 30cm 種類:多年草 開花時期:4月上旬~5月下旬 温度:耐寒性 水やり:普通 日当たり:日なた、日なた~明るい日陰 土質:肥沃の土壌

ハーブの苗 「シルバークィーンタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「シルバークィーンタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 シルバークィーンタイム・ギャラリーハーブの苗...

ハーブの苗 「アンダソニーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「アンダソニーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フクロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「フレンチタラゴン 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

388

ハーブの苗 「フレンチタラゴン 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所を好みます。元肥を少量入れて株間30cmに向植え付けます。 水やりや追肥を控え気味にして育てると香りがよくなります。 夏に追肥をします。高温に非常に弱いので、夏場は70%遮光または半日陰の涼しい場所移動して下さい。特に西日を避ける工夫をして下さい。 冬は地上部は枯れるのでマルチングをして下さい。鉢植えの場合は冬は暖かい部屋に置かず、戸外で越冬させて寒さに充てるようにして下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい フレンチタラゴンの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 フレンチタラゴン French tarragon 学 名 Vanilla planifolia 科 名 キク科ヨモギ属 種 類 多年草 原産地 中央アジア、シベリア、北米 和 名 タラゴン 別 名 エストラゴン 花 色 稀にしか咲きません 中央アジアからシベリア、ロシア南部、西アジアに分布しています。 高さ50~60cmほどになります。茎は直立して株立ちになり、葉は細くツンツンして横に繁茂します。 ピリッとした独特の風味を持つ若葉はフランス料理、特にエスカルゴの料理の風味づけ欠かせません。 また、肉や魚、卵、トマト料理の風味づけやバターやビネガー、オイルなどに混ぜたり、漬けたりして利用します。 フレンチタラゴンは不稔性(ふねんせい)といって稀に開花はしますが...

ハーブの苗 「シナモンゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「シナモンゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ジンジャーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ジンジャーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「オーシャンウェーブゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「オーシャンウェーブゼラニウム 9cmポット」

センテッドペラルゴニウムの品種の中でも花が大きいのが特徴です。 花茎をしっかりと伸ばしピンク色の花を見事に咲かせます。バラの香りがする葉は大きくビロードのような感触で波打っていて、高さ100cmになる大型種です。 【特徴】 樹高・草丈: 100cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬~7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌 【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもありま...

ハーブの苗 「フルーツセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「フルーツセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 非耐寒性で寒さに弱く、5度以下になる地域では鉢上げして温室や室内で管理してください。 気温が上がるとグングン成長します。この時期は鉢植えの場合、水不足に気を付けてください。 ■規格 ...

ハーブの苗 「アプリコットゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「アプリコットゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ロンギカウリスタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ロンギカウリスタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ロンギカウリスタイム...

ハーブの苗 「トリカラーセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「トリカラーセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 やや乾燥気味を好み、暑さや寒さには比較的強く、丈夫で育てやすい品種です。ただし、夏の高温時は突然枯れたりするので注意が必要です。日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土が適し酸性土壌がやや...

ハーブの苗 「レディメアリーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「レディメアリーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「フォックスリータイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「フォックスリータイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 フォックスリータイム...

ハーブの苗 「ファーンリーフゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ファーンリーフゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「コモンタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「コモンタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種がありますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりするため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込むとよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水やりすると蒸れを防ぐことができます。■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 コモンタイム・ギャラリーハーブの苗 コモンタイム ...

ハーブの苗 「ローマンカモミール 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ローマンカモミール 9cmポット」

【カモミールについて】 ジャーマンカモミールとローマンカモミールは、形態や成分ともによく似ていますが同属ではなく、ジャーマンカモミールはカミツレ属、ローマンカモミールはカモマイル属にそれぞれ属します。 ローマンカモミールには、変種で花が白色~クリーム色の八重咲きのダブルフラワー種と花をつけない園芸種のノンフラワー種があります。また、ダイヤーズカモミールはローマカミツレ属で、ジャーマンともローマンとも違う属になります。 花はジャーマンよりローマンの方が少し大きめで、香りが強いです。ローマンは、葉、茎、花、全てからリンゴのような香りがしますが、ジャーマンは花だけからリンゴのような香りがします。 【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃で柔らかい土を好みます。 花を収穫する場合は開花直後に行います。開化時期に花穂を上に伸ばして花をつけますので、芝生用に栽培する場合は、茎が立ち上がらないように年に3回くらい花穂や上に伸びた葉茎を刈り取ってください。 高温乾燥期はハダニやアブラムシに注意してください。ハダニやアブラムシの予防としては、朝、葉水を与えるか、チッソ肥料分を少なめにすると良いでしょう。 収穫は茎ごと束ねて刈り取るか、花の部分を刈り取ります。風通しのよい日陰でゆっくりと乾燥させ、密閉容器で保存してください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい カモミールの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんなものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について...

ハーブの苗 「セントジョンズワート 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「セントジョンズワート 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけのよい場所に株を植え付けるか、5~8号鉢程度の鉢植えにします。 土は水はけのよいものを好みます 性質が強く地下茎が横に広がるので周囲に植えるものに注意して下さい。 規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 セントジョンズワート St.John's wort 学 名 Hypericum perforatum 科 名 オトギリソウ科オトギリソウ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ~アジア西部 和 名 セイヨウオトギリソウ 別 名 ヒペリコン 花 色 イエロー ヨーロッパ全域に分布しています。 高さは20~80cmほどになり、根もとは木質で茎は直立します。節ごとに小枝をつけ、葉は楕円か長楕円形の形です。 夏に咲く黄色い5弁の花からはレモンに似た香りを漂わせます。 ヨーロッパでは、黄色い花をオリーブオイルに浸して浸出油が作られ利用されています。 (浸出油:植物油に目的に応じたハーブを通常2~3週間漬けこんで浸出したもので、ハーブのエキスが溶け込んでいます。) 科名:オトギリソウ科オトギリソウ属、和名:セイヨウオトギリソウ、別名:ヒペリコン。 【特徴】 樹高・草丈: 20~80cm 種類:多年草 開花時期:7月下旬~8月下旬 温度:耐寒性 水やり:乾燥気味 日当たり:日なた 土質:普通の土壌

ハーブ苗 ポットマリーゴールド

ハーブガーデン 蒼

250

ハーブ苗 ポットマリーゴールド

ポットマリーゴールド 【別名】カレンデュラ、日本ではよく金盞花とも呼ばれています。【科名】キク科、一年草 ポットマリーゴールドは聖母マリアの黄金の花の意味をもちます。花言葉は少し悲しく、悲嘆、別離の悲しみです。だからこそ花は鮮やかで美しいですね。花をサラダにしたり乾燥させてスープやシチューに入れたりします。 ハーブティーや料理の色づけ、ポプリ、染料に利用できます。 「ポットマリーゴールド」と「マリーゴールド」は違いますので注意してください。 「ポットマリーゴールド」は冬型の1年草で、「マリーゴールド」は夏型の1年草です。「マリーゴールド」は、匂いにも癖があり成分もポットマリーゴールドと比べると異なる為観賞用として黄色、オレンジ、赤、珍しいものでは白色やクリーム色の花もあり咲き方もさまざまです。 実際マリーゴールドの苗の場合どんな色になるかわからないといった感じです。 育てて見てお楽しみですね。サプライズな花ですね。苗についての注意事項・必ずお読みください。 苗は最低4苗から注文可能になります。4苗未満の場合は梱包手数料別途100円かかりますので、ご了承ください。 苗のみのご注文は1箱48苗までとします。(9cmポットサイズの場合) 48苗以上の場合は2箱になりますので送料が2箱分かかりますのでご注意ください。苗と商品の同梱については、できるだけ同梱いたしますが、できない場合別途送料がかかりますので、その際はご連絡いたします。苗は生き物のため、タイミングによって出荷できない状態になる場合がありますので、その場合はキャンセルとさせていただきます。 ☆苗の贈り物・ギフト・ラッピングについてはこちらから ☆ハーブの苗に似合う鉢はこちらから ☆鉢に似合うピックはこちらから ☆ガーデニングに必要なツールはこちらから ...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク