メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リコリス球根」検索結果。

リコリス球根の商品検索結果全73件中1~60件目

オリジナル品種!リコリス `連雁' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス `連雁' 球根 1球

とてもクリアなゴールデンイエローの花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は-5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.`Renngan' 原産地 日本・中国など 花期 9~10月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。...

お徳用リコリス球根 アルビフローラ(白) 10球

千草園芸

4,644

お徳用リコリス球根 アルビフローラ(白) 10球

17年7月18日入荷しました。177c Lycoris radiata f. alba127c 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》...

リコリス球根 スプレンゲリア 10球

千草園芸

2,808

リコリス球根 スプレンゲリア 10球

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものや遅い種類では10月から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス スプレンゲリア 学名:Lycoris sprengeri 中国雲南省原産で、早咲きの品種です。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬。「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 8月以降に植えつけた場合、多くは開花は翌年になります...

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

千草園芸

1,026

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c Lycoris radiata f. alba 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 1球入りです。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 ...

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ローズ'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ローズ'球根 1球

しっかりとしたローズピンクの広い花弁、見事です!花は8月終わりごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`August Rose' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

7,020

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。...

(観葉)秋を彩る。 リコリス球根シリーズ スプレンゲリー 2球詰(1袋)

charm 楽天市場店

378

(観葉)秋を彩る。 リコリス球根シリーズ スプレンゲリー 2球詰(1袋)

メーカー:サカタのタネ植えてすぐに花が楽しめる!秋を彩る美しい花! 夏に植えて秋に花を咲かせる秋咲き球根です。植えてすぐに花を楽しめるので、冬が終わるのを待たなくても良く魅力的です。 リコリスは、日本の秋を彩る花の代表。植えっぱなしで毎年見事な花を咲かせます。秋を彩る。 リコリス球根シリーズ スプレンゲリー 2球詰(1袋)分類ヒガンバナ科リコリス属英名Cluster Amaryllis原産地日本、中国、東アジア用途花壇、鉢植え、切り花草丈40~50cm性質夏植え球根(鱗茎)用土保水性の良い土植える株元が乾かないような保水性の良い有機質に富んだ場所を選びます。良く耕し、元肥に緩効性肥料を混ぜ、浅めに植えつけます。育てる病害虫に強く、比較的簡単に育てることができます。植え替えを嫌う球根なので、植えつけた年は生育が遅めです。次年度以降は植えつけたままとし、株が込みあってくるまで植え替えをしないほうが良く育ちます。楽しむ花の少ない残暑に光沢のある鮮やかな花を咲かせます。彼岸の訪れと共に一斉に開花し、季節の移り変わりを知らせてくれます。ご注意※画像はイメージです。 ※パッケージは予告無く変更となる場合もございます。予めご了承下さいませ。チャーム楽天市場店 ペット用品・生き物専門 … (観葉) (邑楽店) muryotassei_400_499 _gardening ガーデニング 球根 サカタのタネ bulbitem_series 秋を彩る。 秋を彩るシリーズ リコリス球根シリーズ ヒガンバナ 20140731 HT akiwoirodoru_bulb h4YgP7mB_bitp h4gm_lo014 yD5fv6O8_bitp yD5v6_oDIX2 4974449384112 育て方 育成方法 栽培方法 ひがんばな セット 秋咲き球根...

オリジナル品種!リコリス `大麓' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,500

オリジナル品種!リコリス `大麓' 球根 1球

ゴールドオレンジの大ぶりな花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は-5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.`Dairoku' 原産地 日本・中国など 花期 9~10月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

オリジナル品種!リコリス `サマー レッグ ビューティー'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス `サマー レッグ ビューティー'球根 1球

高性でとても優雅な花姿の`サマーレッグビューティー'。8月半ばごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`Summer Leg Beauty' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 40~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ゴールド'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,800

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ゴールド'球根 1球

輝く花姿、是非お手元でじっくりとお楽しみください!花は8月終わりごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`August Gold' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

優美な花姿! リコリス `ヘイスパー'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

優美な花姿! リコリス `ヘイスパー'球根 1球

本種はH.haywardiiとH.chinensis`Sperry'の交配種です。 ゆったりと咲く花姿、とても優美です。 学名 Lycoris cv.`Haysper' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

オリジナル品種!リコリス `ミッドサマー クリーム'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種!リコリス `ミッドサマー クリーム'球根 1球

爽やかな花色、軽やかな花姿です。花は8月初旬から咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`Midsummer Cream' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

オリジナル品種!リコリス `牽愁(けんしゅう)' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

オリジナル品種!リコリス `牽愁(けんしゅう)' 球根 1球

クリームイエローの花弁は、咲き進むととてもクリアなアイボリーに変化します。花丈も高く、壮観な花姿です。 学名 Lycoris cv.`Kensyu' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 40~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `クリーム アンド ピーチ'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `クリーム アンド ピーチ'球根 1球

ほんのりと淡い桃色に染まるクリームホワイトの花弁、とても繊細で上品な花色です。 学名 Lycoris cv.`Cream and Peach' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `櫂歌' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `櫂歌' 球根 1球

濃厚なコーラルピンクの弁先では、空色からインクブルーに変化するグラデーションが展開されます。趣のある花姿、是非じっくりとお楽しみください。 学名 Lycoris cv.`Kaika' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績...

お徳用リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 10球

千草園芸

3,456

お徳用リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 10球

17年7月18日入荷しました。177c10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理)...

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

千草園芸

1,026

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

17年7月18日入荷しました。177c 9月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を...

リコリス スプレンゲリ 球根 10球(入荷予定:2017年6月下旬~7月頃)

e-フラワー

3,000

リコリス スプレンゲリ 球根 10球(入荷予定:2017年6月下旬~7月頃)

夏から楽しめる「リコリス」。属に「ヒガンバナ」とも呼ばれるものの仲間で夏の花として親しまれています。 カラフルな色彩で美しい花が人気です。放任栽培で問題ない位の丈夫さも人気の秘密。 「リコリス スプレンゲリ」は、中国雲南省原産。ナツズイセンに似たピンク花で花弁の先端が青みをおびます。 春に出葉し、9月初めに開花します。 〔 商品の性状につきまして 〕 ●ヒガンバナ科の球根 30~50cm位に育ちます。 ●開花期 9月頃 ●耐寒性 強 -10℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋ないしネットに詰めて発送致します。到着後植え付けをお願いします。★こちらの商品は、2017年6月下旬~7月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

千草園芸

3,564

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 127cヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるように...

送料無料
秋を彩る球根 ひがんばな リコリス・アルビフローラ(白花) 4球セット送料無料:本州・四国・九州地区限定(球根の同梱は可能です。)

京都園芸広場

2,894

秋を彩る球根 ひがんばな リコリス・アルビフローラ(白花) 4球セット送料無料:本州・四国・九州地区限定(球根の同梱は可能です。)

科名:ヒガンバナ科 草丈:50~60cm 英名:Cluster Amaryllis 性質:夏植え球根(輪茎) 原産地:日本、中国、東アジア 用土:保水性のよい土 用途:花壇 鉢植え 切り花 【植える】 株元が乾かないような保水性のよい有機質に含んだ場所を選びます。 よく耕し、元肥に緩効性肥料を混ぜ浅めに植えつけます。 【育てる】 病害虫に強く、比較的簡単に育てることができます。 植え替えを嫌う球根なので、植えつけた年は、生育が遅めです。 次年度以降は植えつけたままとし、株が込み合ってくるまで植え替えをしないほうがよく育ちます。 【楽しむ】 花の少ない残暑に光沢のある鮮やかな花を咲かせます。 来秋、彼岸の訪れとともに一斉に開花し、季節の移り変わりを知らせてくれます。 【送料について】4球セット・送料無料:本州・四国・九州地区限定球根の同梱は可能です。 ※北海道、沖縄、の発送は送料追加料金がかかります。ご注意ください。白花まんじゅしゃげともいい、日本および中国に分布します!ラジアータよりやや大ぶりの乳白色の花を咲かせます

リコリス 桃園 1球

千草園芸

594

リコリス 桃園 1球

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~9月 ■開花期:9~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えること...

リコリス ジャクソニアーナ 1球

千草園芸

594

リコリス ジャクソニアーナ 1球

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 濃い桃色に青いコントラストの入る華やかな色です。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~9月 ■開花期:(暖地・中間地・寒地)9~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け)...

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

彼岸花と異なり、稔性の貴重な赤花種です。 学名 Lycoris radiata var. pumila 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

リコリス球根 スプレンゲリア 2球

千草園芸

648

リコリス球根 スプレンゲリア 2球

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 2球入りです。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7...

リコリス さつま美人 1球

千草園芸

594

リコリス さつま美人 1球

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~9月 ■開花期:(暖地・中間地・寒地)9月下旬~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが...

リコリス さつま火龍 1球

千草園芸

594

リコリス さつま火龍 1球

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~8月 ■開花期:(暖地・中間地・寒地)8月下旬~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが...

オリジナル品種! リコリス `桃園'球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種! リコリス `桃園'球根 2球

花は小ぶりでラッパ咲き、花色は美しいピンクに弁先が仄かにインクブルーに染まります。 学名 Lycoris cv.`Momozono' 原産地 日本・中国など 花期 9~10月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

淡いクリーム色の花弁中央に、グラデーションのようにえんじ色が入ります。開花後半になると、下の写真のようにほんのりとピンク色に色づきます。花形は、花弁の細いスパイダー咲きです。葉は秋に出るタイプです。 学名 Lycoris cv.`Fawn' 原産地 日本・中国など 花期 9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

別名`真夏のクリスマス'。咲き始めは純白の花弁、咲き進むとほんのりとアプリコットに色づきます。 学名 Lycoris houdyshelii 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `夕霧' 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!リコリス `夕霧' 球根 2球

大形でゆったりとした花姿が魅力の`夕霧'。早生品種です。 交配は L.sprengeri × L.longituba var.flava です。 学名 Lycoris cv.`Yugiri' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~7月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合がありますが、きちんと管理を行えば翌年は立派な花を咲かせます。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根2球をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行い、花茎が現れるまでは10日に1度程度の間隔で水やりを行ってください。

球根/リコリス アルビフローラ1球入り

園芸ネット プラス

480

球根/リコリス アルビフローラ1球入り

リコリスは曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られている球根植物です。色とりどりの品種が紹介されていて、秋に咲く可憐な花が楽しめます。花が咲いた後に葉が出てきます。ネリネと異なり、リコリスは湿り気を好みます。アルビフローラは白花(クリーム白色)。シロバナマンジュシャゲとも呼ばれます。タイプ:ヒガンバナ科のリコリス属原産国:東アジア植えつけ時期:7~8月花期:9~10月草丈:30~60cm日照:日向~明るい半日陰栽培方法:根が深く伸びる球根なので、深鉢に植え込みます。鉢の大きさは3~4球で5~6号程度がおすすめです。庭植えの場合には球根1個分の深さと間隔をとって植えつけます。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。夏に休眠する球根ですが、鉢植えの場合、根は完全に休眠していないので乾燥し過ぎないように乾いたら水やりを行います。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。リコリス アルビフローラ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

オリジナル品種!リコリス `晩夏の宴'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス `晩夏の宴'球根 1球

マゼンタレッド鮮やかな花弁、花は8月半ばに咲き誇ります。 学名 Lycoris cv.`Banka no Utage' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

大ぶりな花姿、鮮やかなゴールデンイエローの花色、見応え十分の逸品です! 学名 Lycoris aurea 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(霜の降りない場所でしたら露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

リコリス インカルナータ(淡いピンク) 1球

千草園芸

594

リコリス インカルナータ(淡いピンク) 1球

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~8月 ■開花期:(暖地・中間地)7~8月 (寒地)8~9月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが...

リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 2球入り

千草園芸

864

リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス・スクアミゲラ 学名: Lycoris squamigera 原産: 中国、東アジア 花期: 7~9月 夏に花を咲かせるので、「夏水仙(ナツズイセン)」とも呼ばれます。 耐寒性、耐暑性も強く日本の本州、四国、九州では半野生化したものも見られるようです。 花は彼岸花に先駆けて関西では早いものでは7月中旬から咲き始めます。 9月に入ってから咲くものもありますが球根は7月ころから販売されるので、8月上旬までに植え付けしないと購入された年の開花は期待できないと思ってください。 植えると秋から根は出ますが、葉が出るのは晩秋...

■夏植え球根■リコリススプレンゲリー1球入り

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

298

■夏植え球根■リコリススプレンゲリー1球入り

別名マジックリリー。形が美しく、妖艶な雰囲気を放ちます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20130805][20120820] ■ 形状・サイズ他 1球入り ■ お届け予定 お届けは御注文を頂いてから3日後以降となります。離島など一部お届け出来ない地域がございます。 別名マジックリリー。お花が終わってから葉が出てくるユニークな植物。凛とした太い茎に豪華な花を咲かせる様子は神秘的で妖艶な雰囲気を放ちます。 スプレンゲリーは桃色と青色が混ざったような色合い。水彩画のような透き通るような美しさを持ちます。 【育て方】 ヒガンバナ科の球根植物 植え付け時期は7~9月 花時期は9~10月 草丈30~50cm 耐寒温度約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、5号鉢(直径15cm)に1~3球くらいが目安です。少し窮屈な方が花が良く咲き綺麗です。球根の上部が隠れるくらいの深さで植えつけましょう。 庭植えの場合、深さ5~10cm、株間15~20cm位で植えつけて下さい。 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は球根の土などの専用の土がおすすめです。 庭植えの場合、最低30cmほど耕し、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 水をたっぷり与えて植えつけは完了です。 ■育てる場所 日当たりの良いところで育てて下さい。夏は風通しの良い涼しい場所で。西日は避けられるところが良いでしょう。 ■水やり 鉢植えの場合、土の表面が1cmほどしっかりと乾いたら、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。水を与えすぎると球根が腐ってしまいます...

リコリス オーレア【球根】福花園種苗

花まるマーケット

486

リコリス オーレア【球根】福花園種苗

●科名:ヒガンバナ科 ●原産:東アジア ●花言葉:悲しき思いで ●生産地:鹿児島県 ●入数:1球 【植え時】7月~9月 【開花期】9月~10月ごろ 【草 丈】約30~60cm 【用 途】鉢植え・花壇・切り花 【育て方】 水はけの良い場所なら土質を選びません。植え替えは生育不良になるまでしないほうが良いです。日当たりの良い場所を好みます。 植えぱなしのままで、何年も咲き続け丈夫な花です。 数年は植え替えの必要はありませんが、植え替えするときは、地上部が枯れてから球根を掘りあげてすぐに植え替えます。 肥料は花が咲き終わったら、リン酸の割合の多い肥料を施します。 植え付け時に有機肥料を施し、その後生育に応じて化成肥料等を施します。 ※植え付け時に、肥料が球根に触れないように植え付けましょう。 【花壇での育て方】 深さ20~30cmくらい耕し、穴の半分くらいに肥料を混ぜた土を入れ、普通土を入れます。 球根を置き、球根と同じ高さの土をかぶせます。また、 球根の植え付け間隔は10cmくらいが良いです。 【プランターでの育て方】 5号鉢(15cm)に2~3球、プランターなら8~10球くらい植えるときれいです。 用土は普通の培養土で植え付けます。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので、絶対に口に入れたり、お子様やペットに与えないでください。 ※育てる環境によって、画像の姿と異なる場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク