メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヤマツツジ」検索結果。

ヤマツツジの商品検索結果全21件中1~21件目

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ヤマツツジ 0.3m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,620

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ヤマツツジ 0.3m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヤマツツジ 商品一覧0.3m1500円/在庫○2.0m露地14000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先しますのでご了承ください。同じツツジ科ツツジ属の商品アセビオンツツジキシツツジサツキサツキ/サツマベニサツキ/ミエサツキシャクナゲツツジチクシシャクナゲドウダンツツジツツジゲンカイツツジレンゲツツジキリシマツツジヒラドツツジミツバツツジヨシノツツジヤマツツジヨドガワツツジ【ヤマツツジ】(山躑躅)読み:やまつつじ学名:Rhododendron kaempferiツツジ科ツツジ属落葉低木別名:【名前の由来】山野に朱赤色の花が普通に見られることから。【商品情報】ツツジは、沢山の園芸品種が作られていて、花が美しい品種です。今までで記録されている品種の数は2000を超えると言われています。葉は密に茂り、萌芽力も旺盛です。4~6月頃に花が咲きます。高さはあまり大きくならずによこに大きくなる品種が多いです。玉造にするか生垣にするのが一般的です。意外に洋風にも合います。昔からとても根強い人気がある商品です。【育て方】日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。乾燥を嫌います。雨が降らない日が続いた場合は水をたっぷり与えてください。風通しが悪いところでは葉が蒸れたりするので風通しいい所に植えてください。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=円型最終樹高=1m施肥時期=1~2月or10月剪定時期=7月or10~11月開花時期=5~6月果実=無し用途=庭木or花木orグランドカバー【その他】ヤマツツジは野生ツツジの日本の代表種です。分布域が最も広いです。

ヤマツツジ『赤系ダブル咲の実生株』R741 大きさ60cm×幅80cm 2017年11月撮影です。

富士園芸楽天市場店

12,800

ヤマツツジ『赤系ダブル咲の実生株』R741 大きさ60cm×幅80cm 2017年11月撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 0.6m(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 0.8m 花期 4-5月 撮影日 2017年11月撮影です 商品説明 日本全土に古くから自生するヤマツツジ、本種はその赤花のダブル咲個体です。 実生株ですので花色には多少ばらつきがありますので予めご了承ください。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤマツツジ『赤花系ブダル咲』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.6m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.8m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年11月撮影です。 【商品説明】日本全土に古くから自生する山ツツジ、本種はその赤花のダブル咲個体です。 実生株ですので花色には多少ばらつきがありますので予めご了承ください。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤマツツジ『赤系ダブル咲の実生株』R742 大きさ90cm×幅80cm 2017年11月撮影です。

富士園芸楽天市場店

15,800

ヤマツツジ『赤系ダブル咲の実生株』R742 大きさ90cm×幅80cm 2017年11月撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 0.9m(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 0.8m 花期 4-5月 撮影日 2017年11月撮影です 商品説明 日本全土に古くから自生するヤマツツジ、本種はその赤花のダブル咲個体です。 実生株ですので花色には多少ばらつきがありますので予めご了承ください。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤマツツジ『赤花系ブダル咲』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.9m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.8m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年11月撮影です。 【商品説明】日本全土に古くから自生するヤマツツジ、本種はその赤花のダブル咲個体です。 実生株ですので花色には多少ばらつきがありますので予めご了承ください。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

こちらの関連商品はいかがですか?

アヅマシャクナゲ『実生株』R513 蕾なしです。斜面に植えてあった株ですので根が曲がっています。お好みの形にあわせて植え付けしてください。2016年11月撮影(商品画像)

富士園芸楽天市場店

9,800

アヅマシャクナゲ『実生株』R513 蕾なしです。斜面に植えてあった株ですので根が曲がっています。お好みの形にあわせて植え付けしてください。2016年11月撮影(商品画像)

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.50m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.50m 【花期】4-5月 【商品撮影日】2016年11月中旬 【商品説明】アヅマシャクナゲの実生個体です。本州中部以北、特に関東の亜高山帯の林下に自生します。東北地方ではウラジロシャクナゲと呼ばれることもあります。花は4~6月に咲き、シャクナゲの中では早咲きの方です。※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R647 大きさ30cm 蕾なしです 少し小ぶりですがまとまっていて良い株だと思います 商品画像は2017年9月1日撮影です。

富士園芸楽天市場店

7,800

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R647 大きさ30cm 蕾なしです 少し小ぶりですがまとまっていて良い株だと思います 商品画像は2017年9月1日撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 0.3m(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 0.0m 花期 4-5月 撮影日 2017年9月1日撮影です 商品説明 イントリファスト×augustniiの交配種。比較的小葉で伸びにくい性質のため自然と形が出来上がっていきます。直射日光に当てすぎても日陰過ぎても枝が伸びにくく比較的難しい種類だと思います。 ブルー系ミニシャクナゲの中でも一番人気なのですが夏の暑さにそれほど強くないため生産数が限られています。ブルー系ミニシャクナゲの火付け役にもなった品種です。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉と蕾の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【商品の撮影日】商品画像は2017年9月1日撮影です。 【商品説明】イントリファスト×augustniiの交配種。比較的小葉で伸びにくい性質のため自然と形が出来上がっていきます。直射日光に当てすぎても日陰過ぎても枝が伸びにくく比較的難しい種類だと思います。ブルー系ミニシャクナゲの中でも一番人気なのですが夏の暑さにそれほど強くないため生産数が限られています。ブルー系ミニシャクナゲの火付け役にもなった品種です。※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を...

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R645 大きさ30cm 蕾なしです 少し小ぶりですがまとまっていて良い株だと思います 商品画像は2017年9月1日撮影です。

富士園芸楽天市場店

7,800

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R645 大きさ30cm 蕾なしです 少し小ぶりですがまとまっていて良い株だと思います 商品画像は2017年9月1日撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 0.3m(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 0.0m 花期 4-5月 撮影日 2017年9月1日撮影です 商品説明 イントリファスト×augustniiの交配種。比較的小葉で伸びにくい性質のため自然と形が出来上がっていきます。直射日光に当てすぎても日陰過ぎても枝が伸びにくく比較的難しい種類だと思います。 ブルー系ミニシャクナゲの中でも一番人気なのですが夏の暑さにそれほど強くないため生産数が限られています。ブルー系ミニシャクナゲの火付け役にもなった品種です。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉と蕾の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【商品の撮影日】商品画像は2017年9月1日撮影です。 【商品説明】イントリファスト×augustniiの交配種。比較的小葉で伸びにくい性質のため自然と形が出来上がっていきます。直射日光に当てすぎても日陰過ぎても枝が伸びにくく比較的難しい種類だと思います。ブルー系ミニシャクナゲの中でも一番人気なのですが夏の暑さにそれほど強くないため生産数が限られています。ブルー系ミニシャクナゲの火付け役にもなった品種です。※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を...

ヤクシマシャクナゲ『普通種 実生2-3年苗』5379 蕾なし 商品画像はサンプルです。 商品画像は2017年12月撮影です

富士園芸楽天市場店

980

ヤクシマシャクナゲ『普通種 実生2-3年苗』5379 蕾なし 商品画像はサンプルです。 商品画像は2017年12月撮影です

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ 画像1枚目/開花イメージです。:画像2枚目/商品のサンプルです:画像3枚目/葉の様子【詳細】ツツジ科 【樹高】0.m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年12月撮影です 【商品説明】鹿児島県屋久島の 標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、 日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。 葉は披針形で光沢のある濃緑色、 新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、 表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、 葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色、 葉の美しさから国内外のシャクナゲ愛好家の 垂涎の的となっています。 本種はその実生苗です。 暑さにも強ですがまだ小さいですので 大きくなるまでは鉢などで栽培してください。 庭植えなどにお勧めです。

八重咲日本シャクナゲ『立山桜』5310 接ぎ木1年生苗です。蕾ついています。 商品画像は2017年11月撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

八重咲日本シャクナゲ『立山桜』5310 接ぎ木1年生苗です。蕾ついています。 商品画像は2017年11月撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2017年11月撮影です 商品説明 立山連峰で発見されたといわれる、ホンシャクナゲの八重咲き個体です。 株に勢いがつくとキレイな八重になりますが、年によっては八重にならない年もありますので予めご了承ください。 キレイな八重になったときは見事です。 『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代は、まだ接ぎ木技術がなく、シャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため、愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは『幻のシャクナゲ』といわれ、なかなか手に入れることができず、お値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。 現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲ『立山桜』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年11月撮影です。 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。 筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。 伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています...

アヅマシャクナゲ『薄毛タイプ 実生苗』5369 実生3年位 3.5号鉢 蕾2個付き 商品画像は2017年12月撮影です

富士園芸楽天市場店

1,980

アヅマシャクナゲ『薄毛タイプ 実生苗』5369 実生3年位 3.5号鉢 蕾2個付き 商品画像は2017年12月撮影です

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。商品名:アヅマシャクナゲ『薄毛タイプ 実生苗』 画像1枚目/商品画像:画像2枚目/葉の様子:画像3枚目/葉の裏の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年11月撮影です。 【商品説明】アヅマの葉裏の毛が薄いタイプです。 本来アヅマシャクナゲの葉裏は茶色い毛が生えているものが多いですが 栃木県の一部や福島県の一部ではアヅマシャクナゲでも 毛が薄かったりなかったりするものが自生しています。 白山シャクナゲとの自然交雑かはわかりませんが 植物に詳しい権威のある方の目に留まれば 新しいシャクナゲとして分類できるような気がします。 昔からあるシャクナゲでこのような葉性の良いタイプを 『日光シャクナゲ』として親しまれてきたそうです。 実際に日光などに行ってもあまり良い葉性のシャクナゲはないそうですが… 裏毛があるタイプのアヅマシャクナゲが自生する地方の極一部の方ですが 裏毛のないタイプを『ウラジロ』と呼び 馬鹿にしていた歴史がありますが現在では裏毛が薄いタイプは 希少品として愛好家などに喜ばれる個体となっています。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』5228、4993 E8-5 商品画像は2017年6月24日撮影です。接ぎ木2年目です。

富士園芸楽天市場店

5,800

八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』5228、4993 E8-5 商品画像は2017年6月24日撮影です。接ぎ木2年目です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.0m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年11月撮影です。 【商品説明】ツクシシャクナゲは本州中部地方西部以西、四国、九州の1600m以下の高地に自生し、高さは4mに達するものもあり、葉は革質で光沢があり、新葉のうちは両面に褐色の長綿毛があるが、表面は早落して消えるが裏面は密生して残るのが特徴的です。ツクシシャクナゲは自生地による変化が多く、九州の三俣山産のものは生育が遅くミツマタシャクナゲと呼んで珍重されている。所説ありますが外国に日本のシャクナゲとして初めて紹介されたのはツクシシャクナゲで、外国ではこれをホンシャクナゲとも読んでいるそうです。本種はその筑紫シャクナゲの変種の八重咲き個体です。夏場の西日は避けたほうが無難です。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 白花』4711 B接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。咲き始めは蕾にうっすらとピンクが色が入るかもしれません。

富士園芸楽天市場店

9,800

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 白花』4711 B接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。咲き始めは蕾にうっすらとピンクが色が入るかもしれません。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。本種はその白花個体です。 福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ』大きさ30cm×幅40cm R565、2017年5月下旬撮影、5月下旬現在蕾3つ付いています。八重にならない年もあります。

富士園芸楽天市場店

15,800

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ』大きさ30cm×幅40cm R565、2017年5月下旬撮影、5月下旬現在蕾3つ付いています。八重にならない年もあります。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.40m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年5月下旬 【商品説明】福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ』大きさ40cm×幅45cm R563、2017年5月下旬撮影、5月下旬現在蕾なしです。八重にならない年もあります。

富士園芸楽天市場店

15,800

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ』大きさ40cm×幅45cm R563、2017年5月下旬撮影、5月下旬現在蕾なしです。八重にならない年もあります。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.40m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.50m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年5月下旬 【商品説明】福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『田畑八重』B5-5 蕾なしです 春接ぎ苗です。2017年9月8日撮影です。

富士園芸楽天市場店

5,000

八重咲日本シャクナゲ『田畑八重』B5-5 蕾なしです 春接ぎ苗です。2017年9月8日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『田畑八重』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年9月8日撮影です。 【商品説明】 『ヤクシマシャクナゲ薄毛八房』×『ネモトシャクナゲ』の交配で誕生した白花系八重咲シャクナゲです。咲き始めは淡いピンクで満開になるころには真っ白な花へと変化していきます。 シャクナゲの中でも遅咲タイプでほかの日本シャクナゲ(襟裳シャクナゲを除く)が終わるころから咲き始めます。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク