メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モクレン マグノリア」検索結果。

モクレン マグノリアの商品検索結果全29件中1~29件目

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 1.3m80507

千草園芸

4,536

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 1.3m80507

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策●...

ハクモクレン 苗木 "スノーホワイト" 1.2~1.3m

千草園芸

4,536

ハクモクレン 苗木 "スノーホワイト" 1.2~1.3m

写真は見本品です。 写真は17年6月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

モクレン マグノリアスノーホワイト樹高1.5m根巻き 大苗白花 落葉樹 シンボルツリー 庭木 【時間帯指定不可】

総合植物プロショップ花ひろば

1,922

モクレン マグノリアスノーホワイト樹高1.5m根巻き 大苗白花 落葉樹 シンボルツリー 庭木 【時間帯指定不可】

この商品の送料は260cmサイズとなります。 この商品は時間帯指定が出来ません。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…4560円 南東北・中国…4660円 北東北・四国・九州…4760円 北海道…12260円 沖縄…13760円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について モクレン・マグノリア スノーホワイト 樹高1.5m前後で根巻苗になります。 根巻き苗を包んでいる麻布は取らずに植えてください。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 スノーホワイトは白花を咲かせます。 木蓮は、春になると花を木いっぱいに咲かせ夏は青々した葉をつける大変人気のある花木です。 モクレン属の野生種は、日本、アジア、アメリカ等に約90種が分布します。 これらを園芸用に交配させた物の総称を「マグノリア」と呼び カラタネオガタマ等の常緑系も含まれます。 日本での歴史は古く平安時代の書物にも記録されています。 また、海外でも非常に人気があり欧米では街路樹や庭木に利用されています。 鉢植えをした時のイメージ写真 ポットに植え付けた時のイメージ写真になります。 ※こちらの商品に鉢は付いておりません。ご了承下さいませ。 (撮影に使用した鉢のサイズ) 直径33cm×H28cm 口内寸27cm 容量12L モクレン マグノリア スノーホワイト 難易度 初心者にお勧めの花木です 植栽適地   北海道~九州 タイプ   耐寒性落葉樹 栽培場所   生け垣、鉢植え、盆栽、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約:4~7m、葉張り...

【ガールマグノリア】ピンク色の花が咲きます 苗 モクレン

ギフト ショップ ナガシマ

3,500

【ガールマグノリア】ピンク色の花が咲きます 苗 モクレン

季節・日常の手入れ ポイント モクレンの剪定(枝の切り戻し)は落葉後~開花前の冬の間に行うのが基本です。もし、うっかり花芽を切り落としてしまうなど不安があるなら、花の終わった直後でもかまいません。花の直後くらいまでなら、その後の生育に問題ありません。 花芽は短い枝の先にできるので、枝先を切るのはできるだけ避け、混み合って枝が重なっているような部分や長く間延びしている枝をつけ根から切り落とします(付け根から切り落とすのがいやなら、3~5芽残してその先を切り落としてもかまいません)。基本的に長い枝の先端には花芽を付けないので、切り落としても問題ありません。 全体的に大きくなりすぎたら、花の直後に全体を短めに切り戻しコンパクトにできます。 日当たり・置き場所 日当たりと風通しのよい環境でよく育ちます。生育適温は15~25℃ですが日本の環境によく合い、寒さにも強く、特に防寒対策を行う必要はありません。 鉢植えを地面に直接置いていると、鉢底から根が出てきて地面に根付いてしまうことがあるので、下にレンガをかますなどして、地面から放すようにします。 水やり・肥料 水は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 肥料は、地植えと鉢植えで方法が多少異なります・ 地植えの場合、まず植え付ける前に土に化成肥料を混ぜ込んでおきます。その後、追肥として9月に骨粉と油粕を混ぜた肥料をを施します。冬には寒肥(※)として1月~2月頃に堆肥などの有機質肥料を株元に与えます。 鉢植えは3~6月の間、月1回くらいのペースで、骨粉と油粕を混ぜて丸めた固形の肥料を置き肥します。 ※寒肥 冬に施す肥料。春に根が活動をはじめたとき、すぐ肥料を吸収できるように強すぎずにゆっくりと効く有機質肥料などをあらかじめ冬の間に施しておくのが一般的です。 用土 水はけの良いことが大切です...

庭木:赤花モクレン(ガールマグノリア)

遊恵盆栽 楽天市場店

2,700

庭木:赤花モクレン(ガールマグノリア)

☆他のモクレン達も如何でしょうか? ・ハクレン ・黄花モクレン ・白花姫コブシ 商品情報 樹種:赤花モクレン/ガールマグノリア 撮影日:3月 落葉樹。3-4月に大きい紫色の花が上向きに咲きます。ぽてっとして上品な花形が魅力です。*根巻きまたはポットでのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約90-100cmポット:約18cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 もくれん、木蓮、モクラン、もくらん、木蘭、マグノリア、まぐのりあ、ばるかん、自然への愛、持続性、コンパスフラワー

モクレン 苗木 サンライズ 0.6m

千草園芸

3,132

モクレン 苗木 サンライズ 0.6m

写真は見本品です。 写真は17年4月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

モクレン 苗木 サンライズ 0.8m

千草園芸

3,240

モクレン 苗木 サンライズ 0.8m

写真は見本品です。 葉の茂った写真は17年7月6日に撮影しました。 開花時の写真は17年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は...

モクレン"クレオパトラ" 6号 苗木 0.8~1m

千草園芸

5,940

モクレン"クレオパトラ" 6号 苗木 0.8~1m

写真は見本品です。 写真は17年8月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.5m 40305

千草園芸

6,264

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.5m 40305

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は...

【現品】モクレン 苗木 アレキサンドリア 苗木 1.1m 01

千草園芸

3,996

【現品】モクレン 苗木 アレキサンドリア 苗木 1.1m 01

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策●...

【現品】モクレン 苗木イエローリバー 1.2m 80302

千草園芸

3,780

【現品】モクレン 苗木イエローリバー 1.2m 80302

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u樹形を整えるために上部を剪定しております。 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は...

錦(ニシキ)モクレン苗木 1.6~1.7m

千草園芸

5,616

錦(ニシキ)モクレン苗木 1.6~1.7m

写真は見本品です。 写真は17年4月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名:Magnolia soulangiana 錦モクレンは花びらの外側が紫がかり内側が白色の品種です。 モクレンとハクモクレンの中間品種になり、花の大きさがハク モクレンとほぼ同じサイズで、シモクレンよりも大きめです。 育てやすい落葉樹でシンボルツリーとしても最適です。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには...

錦(ニシキ)モクレン 苗木 1.4~1.5m

千草園芸

4,860

錦(ニシキ)モクレン 苗木 1.4~1.5m

写真は見本品です。 開花時の写真は17年4月3日に撮影しました。 葉の茂った写真は17年4月29日に撮影しました。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策...

【現品】モクレン 苗木金寿(キンジュ)1.4m 80501

千草園芸

6,156

【現品】モクレン 苗木金寿(キンジュ)1.4m 80501

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り...

【現品】紫モクレン 苗木  1.3m 30307

千草園芸

6,048

【現品】紫モクレン 苗木 1.3m 30307

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です...

【現品】モクレン"クレオパトラ" 苗木 1.2m 8071

千草園芸

7,560

【現品】モクレン"クレオパトラ" 苗木 1.2m 8071

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策●...

ハクモクレン(白木蓮)苗木 1.3~1.4m

千草園芸

4,644

ハクモクレン(白木蓮)苗木 1.3~1.4m

写真は見本品です。 開花時の写真は17年3月29日に撮影しました。 葉の茂った写真は17年6月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花期の状態です。 学名 Magnolia heptapeta 成木の樹高 15m 開花期 3月下旬~4月上旬モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく...

モクレン "金寿(キンジュ)" 6号 0.5m

千草園芸

1,944

モクレン "金寿(キンジュ)" 6号 0.5m

写真は見本品です。 写真は17年7月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また...

【現品】モクレン"クレオパトラ" 苗木 0.8m 8072

千草園芸

6,480

【現品】モクレン"クレオパトラ" 苗木 0.8m 8072

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

【現品】黄花モクレン 苗木 エリザベス 1.4m 80508

千草園芸

5,940

【現品】黄花モクレン 苗木 エリザベス 1.4m 80508

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名:Magnolia 'Elizabeth' 学名 Magnolia 成木の樹高 15m 開花期 4月中旬モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.3m【厳選2種】

千草園芸

7,776

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.3m【厳選2種】

写真の商品をお送りいたします。写真は17年8月7日に撮影。 状態は季節によって変化いたします 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 また、接ぎ口より下から出る芽は台木からの芽ですので、カットしてください。 病害虫はほとんどありませんが、まれにカイガラムシが付くことがあります。ひどい時には、冬に石灰硫黄合剤を散布してください。 ●モクレン品種一覧● 白モクレン バルカン エリザベス キンジュ(金寿) サンライズ 錦(ニシキ) ジェニー イエローバード イエローリバー サヨナラ 紫モクレン カラスモクレン > モクレン ジェニー 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia 'Ann'...

《 造花 》花びし/ハナビシ マグノリア和 木蓮 モクレン インテリア

花びし 楽天市場店

673

《 造花 》花びし/ハナビシ マグノリア和 木蓮 モクレン インテリア

【商品サイズ】花Φ8-10cm/L65cmアーティフィシャルフラワー 材料 パーツ 手作り DIY ハンドメイド コサージュ 花冠 髪飾り ブーケ ウェルカムボード リース 装飾 手作り 安い ナチュラル 1本から買える 夏 秋 冬 母の日 グリーン 緑 ホワイト 白 高品質 リアル 本物そっくり 華やか 豪華 きれい 綺麗 長い 大きい おすすめ 写真撮影 結婚式 クリスマス 正月 ハロウィン 二次会 お誕生日 お見舞い 記念日 ひな祭り 節句 端午の節句 お盆 卒業式 七夕 還暦祝い 敬老の日 父の日 母の日 フューネラル お葬式 仏事 ペット 退職祝い 開店祝い 贈答 贈り物 出産祝い 新築祝い 開業祝い 内祝い 引越し祝い 成人式 バレンタインデー ホワイトデー お彼岸 送迎会 歓迎会 お歳暮 入学式 入園式 式典 節分 十五夜 イースター 夏祭り 発表会 演奏会 コンサート フェス オススメ おすすめ お得 ピンク レッド 赤 アイボリー ブルー 青 イエロー 黄色 オレンジ 橙色 ビューティ バーガンディ モーヴ 水色 クリーム色 ベージュ ラベンダー 紫 パープル バイオレット ワイン フッシャ シャンパン ミックス ブラウン 茶色 ブラック 黒 シルバー ゴールド ラメ ライム ライトグリーン ミント 黄緑 サーモン ピーチ 桃色 グレイ 薄い 濃い グラデーション 白っぽい 明るい 暗い ライト ダーク ソフト

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.6m 03

千草園芸

6,696

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.6m 03

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です...

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.5m 02

千草園芸

7,776

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.5m 02

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策●...

◆予約販売(9月上旬~下旬発送)◆ オオヤマレンゲ(大山蓮華)ポット苗

総合植物プロショップ花ひろば

2,138

◆予約販売(9月上旬~下旬発送)◆ オオヤマレンゲ(大山蓮華)ポット苗

お届けする商品について 接ぎ木苗 樹高0.7m前後でポット鉢に仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。 お届けする商品は植物なので個体差があります。 この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1580円 南東北・中国…1660円 北東北・四国・九州…1760円 北海道…1360円 沖縄…3760円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。  大山蓮華(おおやまれんげ) 天女花 森の貴婦人 「森の妖精」とも呼ばれています 用途:庭木、シンボルツリー 難易度:初心者におすすめ。手間がかからない。植栽適地:日本全国 開花期:5月~7月 樹高:2~5m位 耐寒性:普通 耐暑性:強い 日照条件:日なた~日陰 植え付け時期:真夏以外の季節備考: 大山レンゲは強い枝と弱い枝がでて強い枝に花を咲かせるので 弱い枝は根元から切り落とします。 モクレンやマグノリアの仲間で、独特の花容に香りを持った花木です。 初夏~夏に大きな白い花を咲かせます。 お庭の脇役としてよく植栽される人気の庭木です。

こちらの関連商品はいかがですか?

【白木蓮(ハクモクレン)スノーホワイト】根巻き苗 樹高1.5m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,998

【白木蓮(ハクモクレン)スノーホワイト】根巻き苗 樹高1.5m前後

お届けの 商品の状態 根巻き苗 樹高1.5m前後(根鉢を含む) ★殆どの木が満開を過ぎましたので、花につきましては、来季以降の開花を楽しみに育てて下さい。(2017/04/04) ★本商品は、西濃運輸でのお届けになり、ご注文時に日本郵便の送料になっていた場合でも、西濃運輸の送料に変更いたしますが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 科属名:モクレン科モクレン属落葉広葉樹 開花時期:3~4月頃 特徴: モクレンの白花品種で従来のハクモクレンよりも成長は遅く幹や枝は細く繊細な印象です。 スノーホワイトは純白の花で、芳香を放ちます。 花付きの良い品種で、春には木いっぱいに明るい花を咲かせ、夏は涼しい緑陰を作りシンボルツリー・メインツリーとしてお勧めです。 耐寒性が有り、北海道南部から沖縄まで栽培可能です。 日当たりの良い場所を好みます。 5~6月に花芽がつきますので、剪定する場合は花後早めに剪定してください。 1梱包で 送れる商品 この商品は、4本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【木曜日発送】モクレン(紫花)樹高2.5m前後

ガーデンタウン

20,520

【木曜日発送】モクレン(紫花)樹高2.5m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

ガーデンタウン

8,100

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

モクレン(紫花)樹高2.0m前後

ガーデンタウン

11,880

モクレン(紫花)樹高2.0m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

【現品】枝垂れエゴノキ(シダレエゴ) 薄いピンク 1.3m 53051

千草園芸

9,720

【現品】枝垂れエゴノキ(シダレエゴ) 薄いピンク 1.3m 53051

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 175d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を...

【現品】斑入り青木(フイリアオキ) 1.3m 72051

千草園芸

7,344

【現品】斑入り青木(フイリアオキ) 1.3m 72051

※写真の商品を御送りします。 写真は17年7月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 177b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)青木(アオキ) 【分類】ミズキ科アオキ属 『雌雄異株』 【学名】Aucuba joponica 【分布】日本全土(北海道南部~沖縄) 【由来】葉や茎が青いことから、「アオキ」と名付けられました。 【別名】アオキバ、アウクバ 【樹高】1.5~2m 【用途】日陰の庭園、公園、観葉等 【開花期】3月~5月 【結実期】12月~3月 □日本に生息するアオキは、江戸時代の頃から、日陰の庭園に利用されていて重宝されています。日陰でもよく育ち、常に青々とし生命力があることからか欧州人に特に人気です。日陰で開いてる庭のスペースや玄関先の路地植えにオススメです。 また、実が黄色の「キイロミアオキ」という品種や、雪の多い日本海側に生息する小型の葉の「ヒメアオキ」という品種もあります。 左上は雄花で、右上が雌花です。12年4月15日大津市荒川で 雌株は交配すると赤い実を付けます。 ■栽培方法 日陰、半日陰で湿り気、肥沃な土壌を好みます。 日当たりがよすぎると葉やけを起こし、変色することがあるので、夏場の直射日光は特に避けましょう。 照り葉の美しい葉をしています。大きくなると冬には赤い実をつけて日陰の庭を彩ります。 直射が強いと葉やけを起こしたり、葉が黄色くなりますので、日陰の庭に適しています。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】シデコブシ単木 2.5m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

34,560

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】シデコブシ単木 2.5m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらシデコブシ 商品一覧1.0m1500円/在庫×単木2.0m露地18000円/在庫○単木2.5m露地32000円/在庫○株立ち1.5m露地12000円/在庫○株立ち1.7m露地16000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクレン科モクレン属の商品コブシシデコブシタムシバホオノキヒメタイサンボクヒメタイサンボクモクレンハクモクレンモクレン/エリザベス黄花ニシキモクレン【シデコブシ】(幣辛夷)読み:しでこぶし学名:Magnolia stellataモクレン科モクレン属落葉高木別名:ヒメコブシ【名前の由来】花びらが神前に供えられる玉串や閉め縄につけられる紙製の飾り(幣、四手)に似ていることから。実が人間の拳に似ているから。【商品情報】コブシは落葉高木で花が美しい品種です。モクレンに良く似た花を咲かせます。モクレンとの花の違いは花の付け根に葉がついているかどうかで判断できます。実は異様な形をしていて、コブが集まったような集合果です。【育て方】土質はあまり選びませんが、日当たりがよい場所を好みます。成長は早い品種です。あまり移植を好みません。1~2月に寒肥を行います。4~5月に剪定を行いましょう。適地=北海道南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=8m施肥時期=1~2月剪定時期=4~5月開花時期=3~4月果実=9~11月用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】シデコブシは花が紙のようにびらびらになる品種です。花色は基本的に白色ですがピンクを帯びるものもあります。

【現品】四季咲きタイサンボク「リトルジェム」 1.3m 30758

千草園芸

10,584

【現品】四季咲きタイサンボク「リトルジェム」 1.3m 30758

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月7に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■基本情報 【タイサンボクの基本情報】 分類:モクレン科モクレン属の常緑高木 原産:北米 学名:Magnolia grandiflora 別名:ハクレンボク(白連木) 北米原産で、大きい皮質の光沢のある葉が特徴で、6月ころにモクレンのような白い大きな花を咲かせます。 ■栽培方法 水はけのよい日当たりを好みます。 土質を選ばず、あまり肥料も必要としませんが、乾燥は嫌いますので、移植してある程度根が張るまでは乾燥しないようにしてください。タイサンボク リトルジェム 分類: モクレン科モクレン属の常緑中高木 学名: Magnolia grandiflora`Little Jem` 原産: 北アメリカ南部 開花: 5月下旬~11月 樹高: 3~5m 用途: 庭植え、鉢植え 栽培敵地: 関東地方以南 ■リトルジェムは矮性(わいせい)品種です。 最大樹高は3~5mくらいです。 ※わいせいとは、普通に育てられたものに比べ 小さく育つように改良された植物です。 ■最大の長所は、若木のうちから花をつけます。 かなり低いところにある枝にも花が咲きます。 (実際にも咲きました。↑写真) ■小形の白い花には良い香りがします。 四季咲き性が強く、春から晩秋まで開花します。 ■わい性のため、ほとんど剪定はいりません。 ■害虫などにも強く付きにくいので、 ほとんどそのままで育ちます。 シンボルツリーや贈物などにオススメできる商品です!! 生育は遅いのですが、整った形になり易い性質を持った樹木です。 一般家庭での植栽には樹高が低い園芸品種'リトルジェム...

【白木蓮】いい香りの白花の花が咲きます 苗 モクレン

ギフト ショップ ナガシマ

3,218

【白木蓮】いい香りの白花の花が咲きます 苗 モクレン

季節・日常の手入れ ポイント モクレンの剪定(枝の切り戻し)は落葉後~開花前の冬の間に行うのが基本です。もし、うっかり花芽を切り落としてしまうなど不安があるなら、花の終わった直後でもかまいません。花の直後くらいまでなら、その後の生育に問題ありません。 花芽は短い枝の先にできるので、枝先を切るのはできるだけ避け、混み合って枝が重なっているような部分や長く間延びしている枝をつけ根から切り落とします(付け根から切り落とすのがいやなら、3~5芽残してその先を切り落としてもかまいません)。基本的に長い枝の先端には花芽を付けないので、切り落としても問題ありません。 全体的に大きくなりすぎたら、花の直後に全体を短めに切り戻しコンパクトにできます。 日当たり・置き場所 日当たりと風通しのよい環境でよく育ちます。生育適温は15~25℃ですが日本の環境によく合い、寒さにも強く、特に防寒対策を行う必要はありません。 鉢植えを地面に直接置いていると、鉢底から根が出てきて地面に根付いてしまうことがあるので、下にレンガをかますなどして、地面から放すようにします。 水やり・肥料 水は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 肥料は、地植えと鉢植えで方法が多少異なります・ 地植えの場合、まず植え付ける前に土に化成肥料を混ぜ込んでおきます。その後、追肥として9月に骨粉と油粕を混ぜた肥料をを施します。冬には寒肥(※)として1月~2月頃に堆肥などの有機質肥料を株元に与えます。 鉢植えは3~6月の間、月1回くらいのペースで、骨粉と油粕を混ぜて丸めた固形の肥料を置き肥します。 ※寒肥 冬に施す肥料。春に根が活動をはじめたとき、すぐ肥料を吸収できるように強すぎずにゆっくりと効く有機質肥料などをあらかじめ冬の間に施しておくのが一般的です。 用土 水はけの良いことが大切です...

【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.3m-1.5m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

9,800

【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.3m-1.5m(根鉢含まず)

送料は全国一律1700円です。 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: LI31(1.4m) 新着! 商品番号: LI32(1.5m) 新着! 商品番号: LI33(1.3m) 新着! 商品番号: LI34(1.5m) 新着! 商品番号: LI35(1.4m) 新着! 商品番号: LI36(1.4m) 新着! 商品番号: LI37(1.4m) 新着! 商品番号: LI38(1.4m) 新着! 商品番号: LI39(1.5m) [S1.0]タイサンボク(リトルジェム) 春から秋まで花を楽しめる “タイサンボク"は、春から秋まで花を楽しむことが出来ます。白い花からは綺麗な香りがします。葉には光沢があります。 「リトルジェム」は矮性(わいせい)の品種ですので、手入れが楽です。若木のうちから花を楽しむことができます。四季咲き性があり、春から秋まで花の開花を楽しむことが出来ます。 分類 植栽適地 常緑高木 南東北~九州 鑑賞ポイントと時期 6月頃 白い花を楽しむことが出来る 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 あまり剪定の必要はない。剪定する場合は、樹形を乱している枝や混みすぎた部分をまびきする。

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

千草園芸

7,020

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。...

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】カラタネオガタマ 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

21,600

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】カラタネオガタマ 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらカラタネオガタマ 商品一覧0.3m800円/在庫×0.8m2000円/在庫×1.0m12000円/在庫×2.0m露地20000円/在庫○2.3m露地24000円/在庫×2.5m露地28000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクレン科オガタマノキ属の商品カラタネオガタマカラタネオガタマ/ポートワインウンナンオガタマカラタネオガタマ四季咲き【カラタネオガタマ】(唐種招霊)読み:からたねおがたま学名:Michelia fiモクレン科オガタマノキ属常緑高木別名:トウオガタマ、バナナノキ、バナナツリー【名前の由来】中国原産(唐)から。神霊を招くため神前に供える木とした招霊(オギタマ)から。【商品情報】オガタマの木は神聖な樹木で、神事に使用されるためお寺や庭園などによく植えられています。神霊を招きよせるという意味があります。日本に自生するモクレン科の中では唯一の常緑樹です。葉は皮質で厚いです。花は数センチ程度の白い花が咲きます。花からはあまいバナナのような香りが漂います。樹齢は長く、巨木になっている固体も多々あります。様々な園芸品種が作られて人気があります。【育て方】日当たりがよい場所を好みますが半日向でも成長します。剪定を行う際には絡み枝を取る程度に行います。肥料は1~2月の寒肥を与えます。適地=北海道南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=4~5月開花時期=3~4月果実=無し用途=シンボルツリーor縁起木【その他】 カラタネオガタマは花の芳香が強い品種です。バナナの香りがします。ほかのオガタマに比べて大きくなりにくく場所をとりません。

【現品発送】オリーブの木(アルベキナ)豊作品種! 樹高2.1-2.3m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

17,800

【現品発送】オリーブの木(アルベキナ)豊作品種! 樹高2.1-2.3m(根鉢含まず)

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、弊社のオリーブは根を痛めにくいビニルポットか地中ポットでのお届けですので安心です。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: AB11(2.1m) 新着! 商品番号: AB12(2.3m) 新着! 商品番号: AB13(2.2m) 新着! 商品番号: AB14(2.2m) 新着! 商品番号: AB15(2.1m) 新着! 商品番号: AB16(2.1m) 新着! 商品番号: AB17(2.4m) 新着! 商品番号: AB18(2.0m) 新着! 商品番号: AB19(2.2m) 新着! 商品番号: AB20(2.1m) 新着! 商品番号: AB21(2.1m) [S1.5,2]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東~沖縄(日本海側を除く) 種類 フラントイオ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、開帳性。 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。 モライオロ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、直立性。 ルッカ...

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.2m 31302

千草園芸

9,396

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.2m 31302

写真の商品をお送りします。 写真は17年3月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。笹葉南天(ササバナンテン) 【分類】メギ科ナンテン属の常緑低木 南天の変種 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【分布】東北以南 【利用】庭木、正月の飾り、鉢植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 南天の変種(園芸品種)で葉の形が笹のようにとがっているところから付けられたようです。 南天よりも生育が遅く、葉の広がりも小さめです。 新芽は赤くてよく目立ちます。 実付きも悪いので、たくさんの実は付きません。 しかし、葉は艶があり、こじんまりとまとまりがよく、美しく紅葉します。 ≪栽培方法≫ 普通の南天に準じます。日陰から日当たりと大変適応して生育します。 性質は南天よりも弱めで成長も遅めです。 剪定はほとんど必要ありません。 おたふく南天は、こちら ヒイラギナンテンは、こちら イワナンテン(苗)は、こちら ササバナンテンの花

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.6m 82101r

千草園芸

6,804

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.6m 82101r

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■キンモクセイは香りの植物として、世界ベスト3に入るといわれています。開花時にはオレンジ色の花が咲き、強い芳香があります。 雌雄異株として知られているが、日本には、雄株しかなく結実は見られません。 またモクセイの仲間として、白花の「銀モクセイ」や葉がギザギザの「ヒイラギモクセイ」や四季咲きの「四季咲きモクセイ」などがあります。キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう...

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

千草園芸

8,424

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 葉のある写真は17年4月24日撮影です。 その他の写真は17年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u ※送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】ヤマボウシ(山法師) 株立ち 1.8m 50602

千草園芸

19,440

【現品】ヤマボウシ(山法師) 株立ち 1.8m 50602

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 高さ調節のため、上部を剪定しております。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク) 1.8m 3183

千草園芸

13,500

【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク) 1.8m 3183

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 高さ調節と樹形を整えるために剪定をしております。写真は剪定後の樹形になります。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 ●四季を通じて楽しめる「ジューンベリー」● 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。花だけでなく、果実、紅葉と四季の移り変わりと共に様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。ヨーロッパでは、ポピュラーな庭木としてよく植えられています。 果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、極端な乾燥に注意すれば、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。...

【現品】 赤南天(ナンテン) 1.6m h

千草園芸

9,180

【現品】 赤南天(ナンテン) 1.6m h

※写真の商品をお送りします。 写真は17年8月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。...

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

千草園芸

7,020

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 P.sinensis C. K. Schneid. 成木の樹高 8m 栽培適地 東北地方~九州 開花期 4~5月 結実期 10~11月カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月~5月果実熟期 9月~10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり、危険ですから、剪定などは注意して行いましょう。 太い幹についたとげ状の枝も切っておいたほうがきれい...

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.8m 102255

千草園芸

6,480

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.8m 102255

※つぼみが沢山ついています! ※写真の商品を御送りします。 写真は16年10月22日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1610d-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サザンカ(山茶花) (分類)ツバキ科ツバキ属の常緑広葉中低木。 (学名) Camellia sasanqua (原産)山口県、四国南部~九州中南部、南西諸島、台湾、中国、インドネシア (栽培適地)関東地方以南 (利用)庭木、生垣、目隠し ■特徴 花の少ない季節に開花する常緑樹で、生垣や庭の脇役によく植えられます。 多少の日陰でも育ちますので、場所を選ばず植えることができます。 ツバキ科の植物は主に暖地性の植物でサザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、 日本は自生地としては北限になります ■植え付け、水遣り 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水遣りなどは、水切れを起こすと葉が黄色くなって落葉し、葉の数が少なくなります。 それを起こさないように、十分な腐葉土を加えておき、保水力を高めていくことが大切です。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるほうが効果的です 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて固定してください。 ■移植 春または秋、冬と移植可能な季節も多く移植しやすい樹木です。 一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、夏でも移植は可能です。 ■剪定 新梢の頂部に蕾ををつけますので、むやみに剪定すると蕾を落としてしまいます。した 花期が終わりの頃が剪定の目安になります。 生垣などに利用する場合...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 1.5m 81803

千草園芸

7,344

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 1.5m 81803

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ...

【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク) 1.8m 3181r

千草園芸

11,880

【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク) 1.8m 3181r

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 高さ調節と樹形を整えるために剪定をしております。写真は剪定後の樹形になります。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 ●四季を通じて楽しめる「ジューンベリー」● 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。花だけでなく、果実、紅葉と四季の移り変わりと共に様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。ヨーロッパでは、ポピュラーな庭木としてよく植えられています。 果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、極端な乾燥に注意すれば、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。...

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

千草園芸

9,180

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は16年5月15日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 175c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【現品】キンモクセイ(金木犀)  苗木 1.5m 82102r

千草園芸

6,912

【現品】キンモクセイ(金木犀) 苗木 1.5m 82102r

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてくだ...

【現品】カリン(花梨) 1.6m 32702

千草園芸

8,640

【現品】カリン(花梨) 1.6m 32702

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173e-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月~5月果実熟期 9月~10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり、危険ですから、剪定などは注意して行いましょう。 太い幹についたとげ状の枝も切っておいたほうがきれいな幹になりやすいです。 病害虫 赤星病になることがあります。葉の表に直径2mmくらいの黄色い斑点が生じ...

送料無料
【20本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「ホオノキ(朴の木)」 苗木 0.2m程度

グリーンロケット

18,000

【20本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「ホオノキ(朴の木)」 苗木 0.2m程度

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ホオノキ(朴の木) Magnolia obovata モクレン科モクレン属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 花:5~6月 実:9~11月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 北海道南部以南 別名:ホオ、ホオガシワ モクレンのような大輪の白い良い芳香のある花を咲かせます。非常に大きい葉は、昔から物を包むのに利用されていました。 育て方 環境を選ばない木です。自然に元気に育つので特別な管理は必要ありません。基本真っすぐ育ってくれます。木の上から1/3程度の枝を残して、下の枝は切り落とすようにします。一番下の枝が地上から1.2mの高さより上になったら下枝を切るのをやめます。あとは自然に育てます。 下枝を落とす以外は剪定をあまりしないようにします。 大きくなる木なのでスペースの確保をするか、ある程度の大きさのときに処分を検討するか将来を見越した計画が必要です。 品番 【N1119】 同じ品番の商品はコチラ »

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光(ゲッコウ) 1.8m 60206

千草園芸

9,720

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光(ゲッコウ) 1.8m 60206

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は、殺菌剤の散布をおすすめします。 木の移植時に、左の写真のように葉に斑点ができ落葉することがあります。病気のように見えますが、病気ではなく生育に問題はありません。 ヤマボウシ 庭木として人気の白花ヤマボウシです。花、実、紅葉と四季折々の姿を見ることのできる年中楽しめる品種です。冬は落葉します。 →ヤマボウシ(白花)はこちら 赤花ヤマボウシ(ミスサトミ) 希少なヤマボウシの赤花品種です...

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.4m 22452 r

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.4m 22452 r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年2月24日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】花藤(ハナフジ)苗 本紅藤(ホンベニフジ) 1.5m

千草園芸

12,420

【現品】花藤(ハナフジ)苗 本紅藤(ホンベニフジ) 1.5m

写真は17年5月3日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。175a-uフジ 【分類】マメ科フジ属の落葉つる性樹木 【学名】Wisteria floribunda 【原産】日本、東アジア、北アメリカ 【別名】ノダフジ 【栽培】耐暑性、耐寒性、耐霜性が大変強く、日当たりが良く排水の 良い土壌を好みます。ただ夏場はよく水をほしがりますので 鉢栽培では腰水をして管理します。 【開花期】4月~5月 【栽培適地】北海道南部以南 【特徴】藤棚栽培されることが多いです。 園芸品種が多く、紫のほか、白、ピンクや花の長いものなどがあります。 初夏に花をつけた後、良く葉を茂らせ夏場に涼しい蔭を作ります。鉢植え栽培や、藤棚などで栽培されます。 肥沃な用土と日当たりを好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 (栽培上の注意)水遣り 水枯れを起こすと、葉が黄色くなって落葉して葉が少なくなり、翌年の花芽もつけにくくなります。 一度乾燥した土は水を与えても浸透しないことが多く、周りに流れたり、下にしみこむ水の道を作って地中に浸透してしまい、必要な地中の用土に水がいきわたらないことが多いので、鉢植えでは植え替えをして根詰まりを無くすようにします。夏場は葉が多くなり、多少の水遣りを増やしてもすぐ乾きますので、鉢を5cmくらいの腰水をして管理するとよいでしょう。1~2ヶ月では根腐れは起こしません。 露地植えの場合は植え込み時に十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、土の保水力を高めておくことが大切です。 保水力の大きい土に植えた木は根の生育も早く水を与えるとすぐに木が吸収して回復が...

送料無料
【送料無料】【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.1-1.4m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

8,800

【送料無料】【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.1-1.4m(根鉢含まず)

全国送料無料 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: LG11(1.2m) 新着! 商品番号: LG12(1.1m) 新着! 商品番号: LG13(1.3m) 新着! 商品番号: LG14(1.2m) 新着! 商品番号: LG15(1.3m) 新着! 商品番号: LG16(1.4m) 新着! 商品番号: LG17(1.3m) 新着! 商品番号: LG18(1.4m) 新着! 商品番号: LG19(1.4m) [S1.0]タイサンボク(リトルジェム) 春から秋まで花を楽しめる “タイサンボク"は、春から秋まで花を楽しむことが出来ます。白い花からは綺麗な香りがします。葉には光沢があります。 「リトルジェム」は矮性(わいせい)の品種ですので、手入れが楽です。若木のうちから花を楽しむことができます。四季咲き性があり、春から秋まで花の開花を楽しむことが出来ます。 分類 植栽適地 常緑高木 南東北~九州 鑑賞ポイントと時期 6月頃 白い花を楽しむことが出来る 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 あまり剪定の必要はない。剪定する場合は、樹形を乱している枝や混みすぎた部分をまびきする。

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花「ミルキーウェイ」 1.4m 81602

千草園芸

9,180

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花「ミルキーウェイ」 1.4m 81602

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178b-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【現品発送】モミジ ビホウ(美峰)樹高1.7-2.3m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

9,800

【現品発送】モミジ ビホウ(美峰)樹高1.7-2.3m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: BH31(1.9m) 新着! 商品番号: BH32(1.9m) 新着! 商品番号: BH33(2.0m) 新着! 商品番号: BH34(1.8m) 新着! 商品番号: BH35(1.7m) 新着! 商品番号: BH36(1.9m) 新着! 商品番号: BH37(1.8m) 新着! 商品番号: BH38(1.9m) 新着! 商品番号: BH39(1.9m) 新着! 商品番号: BH40(1.9m) 新着! 商品番号: BH41(1.7m) [S1.5,S2]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ"は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4~5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ"は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道~九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい...

【現品発送】ヒメイチゴノキ   高さ1.1m~1.3m  常緑樹,低木

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】ヒメイチゴノキ 高さ1.1m~1.3m 常緑樹,低木

左の各々の画像をクリック(タップ)すると大きな画像になります。 【現品発送】 5月6日撮影 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。   当店には以下のような ヒメイチゴノキがあります。    ヒメイチゴノキ 大 ヒメイチゴノキ  小   高さ1.1m~1.3m  高さ0.7m~1.0m    8000円(税込)  5000円(税込)       ヒメイチゴノキ     ヒメイチゴノキは面白い木です。 下記の画像は12月の画像です。 この木は冬に花が咲きます。どうだんのようなつぼ型の白っぽい花です。そして、その後丸い赤い実がなります。これは、次の花が咲くころまでついています。(この実の赤さからイチゴノキと呼ばれます。) したがって、12月には花と赤い実が同時に鑑賞できるわけです。 またツツジ科なので、大きくなりすぎることはありません、また常緑樹で目隠し等にも使えます。  ■特徴 花がキレイ ○ 落葉樹 実がなる ○ 常緑樹 ○ 紅葉する 低木 ○ 葉がキレイ ○ 中高木   注) 1、配送業者は西濃運輸です。佐川急便、ヤマト便は利用できません。 2、配送料の高い離島、沖縄、北海道は、申し訳ありませんがご利用できません。

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花「ミルキーウェイ」 1.6m 81603

千草園芸

10,260

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花「ミルキーウェイ」 1.6m 81603

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち 1.6m 62005r

千草園芸

7,992

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち 1.6m 62005r

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 "ミスサトミ" 株立ち 1.8m 80401r

千草園芸

19,440

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 "ミスサトミ" 株立ち 1.8m 80401r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております。 まだ色がはっきりでていません。↑ 徐々に↓のような色になっていきます。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。...

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.8m 30222 シンボルツリー

千草園芸

17,820

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.8m 30222 シンボルツリー

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 紅葉の写真はイメージです。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 50603r

千草園芸

14,040

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 50603r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しておりますヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 1.7m 62006r

千草園芸

10,260

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 1.7m 62006r

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.6m 04053 苗木

千草園芸

10,800

【現品】オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.6m 04053 苗木

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品発送】ベニサラサドウダンツツジ樹高1.9-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】ベニサラサドウダンツツジ樹高1.9-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: BD61(樹高2.0m) 新着! 商品番号: BD62(樹高1.8m) 新着! 商品番号: BD63(樹高1.8m) 新着! 商品番号: BD64(樹高1.7m) 新着! 商品番号: BD65(樹高1.9m) 新着! 商品番号: BD66(樹高1.9m) 新着! 商品番号: BD67(樹高1.8m) 新着! 商品番号: BD68(樹高1.8m) 新着! 商品番号: BD69(樹高1.8m) 新着! 商品番号: BD70(樹高1.8m) [S1.5]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北~沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬~5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2~3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月...

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.7m 04051 シンボルツリー

千草園芸

11,880

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.7m 04051 シンボルツリー

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)らせん仕立て 1.8m 62904

千草園芸

21,600

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)らせん仕立て 1.8m 62904

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月29日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.7m 06282 落葉樹 r

千草園芸

12,960

【現品】オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.7m 06282 落葉樹 r

※写真の商品をお送り致します。 ※紅葉の写真はイメージ写真です。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年6月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 下は11月13日京都市内でオオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち1.8m 51501

千草園芸

10,152

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち1.8m 51501

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 耐寒性が強く冬期でも葉面に光沢が有り、東北南部、植栽可能です。 関西北部では冬はほとんど落葉しますが、暖かくなると回復し、夏には花を咲かせます。 花付がよいので非常に観賞価値の有る品種です。小さいうちからよく花を咲かせます。常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く...

【現品】 ライラック 紫花 1.3m 07184 r

千草園芸

6,480

【現品】 ライラック 紫花 1.3m 07184 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は、17年7月18日に撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 177d-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) ■栽培方法 日当たり、水はけのよい場所を選びます。 周囲40cmくらいの植え穴を掘り、有機質と配合肥料を土とよく混ぜましょう。 苗木の根が直接肥料に接しないように普通の土をいれその上に苗木を植えてください。 根は十分に広げm植え付け後は十分潅水を行ってください。支柱を立てるとよいと思います。 ■開花:5月~6月 植え込み前に土壌改良材 + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますライラック 【分類】モクセイ科 ハシドイ属 【分布】東北以北 【学名】Syringa vulgaris 【別名】リラ 〔Lilas〕 ムラサキハシドイ 〔紫丁香花〕 ハナハシドイ 【開花期】4月~5月 【栽培適地】九州中部以北 滋賀県大津市内で 4月25日 ライラックはヨーロッパ原産の落葉花木です。 一般に親しまれているライラックという名称は英名で、日本でも呼ばれているリラという名称は、フランスでの名称です。 花は枝先に穂状に多数つけ、芳香があります。 耐寒性が強く、花期が長く、冷涼な地域の代表的な庭園木で、北海道では公園木や街路樹としても植えられています。

【現品】フェイジョア 「アポロ」 1.3m 07014 r

千草園芸

4,860

【現品】フェイジョア 「アポロ」 1.3m 07014 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は17年7月1日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 176e-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) フェイジョアの品種 「アポロ」 人気のある品種で果実は大実です。 甘みもあり、香りが強いです。自家結実があるので1本でも結実します。 収穫時期 10月中旬~11月下旬ごろ →「アポロ」はこちらから 「トライアンフ」 香りが強い品種です。実は中果で豊産性があります。 自家結実性がないので他の品種と掛け合わせる事が好ましいです。 収穫時期 11月下旬~12月上旬ごろ →「トライアンフ」はこちらから 「ジェミニ」 実は中果で、味が濃い品種です。自家結実性ありますが、 他の品種との交配が望ましいです。早生品種 豊産性 矮性の立性樹形。 収穫時期 10月中旬~10月下旬ごろ →「ジェミニ」はこちらから 「マリアン」 果皮が薄めの中果サイズの品種です。 自家結実性がないので他の品種と掛け合わせる事が好ましいです。 収穫時期 11月上旬~11月中旬ごろ →「マリアン」はこちらから 「クーリッジ」 実は大果で豊産性が高い品種です。授粉樹にも最適な定番品種。 収穫時期 11月下旬~12月上旬ごろ →「クーリッジ」はこちらから 「マンモス」 中生品種。自家結実性なし。大果。多汁質で香り高い。貯蔵性はよくない。 収穫時期 11月上旬~11月中旬ごろ →「マンモス」はこちらから 植え込み前に土壌改良してみてはいかがですか? + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますフェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月...

【現品】赤南天 1.3m 70701r

千草園芸

5,724

【現品】赤南天 1.3m 70701r

写真の商品をお送りします。 写真は17年8月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。...

【現品発送】チシオモミジ樹高1.7-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

12,800

【現品発送】チシオモミジ樹高1.7-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: TO21(2.3m) 新着! 商品番号: TO22(2.1m) 新着! 商品番号: TO23(2.1m) 新着! 商品番号: TO24(1.7m) 新着! 商品番号: TO25(1.8m) [S1.5,2.0]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ"は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4~5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ"は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道~九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は、肥料分が秋まで残らないようにする...

【現品】ドウダンツツジ1.1m 73101

千草園芸

8,316

【現品】ドウダンツツジ1.1m 73101

写真の商品をお送りします。 写真は17年7月31日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。178a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク