メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モクレン庭木」検索結果。

モクレン庭木の商品検索結果全12件中1~12件目

姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ) 白花 苗木 0.8~0.9m

千草園芸

2,484

姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ) 白花 苗木 0.8~0.9m

写真は見本品です。 写真は18年3月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。182d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)姫コブシ(ヒメコブシ) 【分類】モクレン科コブシ属の落葉高木 【学名】Magnolia tomentosa 【別名】シデコブシ 【原産】本州 【開花期】3月中旬-4月上旬 【樹高】5m~8m 【栽培適地】本州 ●ヒメコブシの特徴● コブシは北海道から九州、朝鮮半島南部の山地に自生する落葉高木です。 四手に似たコブシのように見える花をつけることから、ヒメコブシと呼ばれています。 日本の固有種ですが、近年では数が減り絶滅が危惧されている希少な樹木です。 変種のキタコブシは北海道や本州北部の日本海側に分布し、大型で耐寒性が強いのが特徴です。 ヒメコブシ(別名:シデコブシ)はこぶしの近縁種で本州に自生比較的樹高が低く観賞価値が高いので、庭木として利用されています。 花色は白ですがピンクなどの園芸品種もあります。 ●生育と剪定のポイント● 植える場所は、肥沃な土壌で日当たりと水はけの良い場所が適しています。土壌は、乾燥しないように有機質は多目がよいです。 大きくなる性質の木の場合、背丈を抑制したい場合は剪定をします。 背丈を切り詰めるほか、込みすぎ枝葉を切り取り、伸びすぎた枝もカットします。 また、台木から芽が出ることもありますので、接ぎ口の下から出ている場合は必ずカットしてください。 季節は開花後または落葉期に行います。病害虫などは、ほとんどありません。 →ピンク姫コブシはこちら

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン9号地中ポット植え樹高1m

園芸ネット プラス

10,451

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン9号地中ポット植え樹高1m

大型 赤花で芳香が楽しめる常緑樹花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン9号地中ポット植え樹高1m 【大型送料商品】カラタネオガタマは、春には木いっぱいに明るい黄白色の花を咲かせ、夏は涼しい葉陰を作るシンボルツリーとしてガーデニング世代の注目を集めている、モクレンの一種です。ポートワインはカラタネオガタマの赤花品種で花弁の縁が赤く染まります。花には強い芳香があり、香りがバナナに似ることから「バナナの木」とも呼ばれます。花付きがよく、花期も長いので、シンボルツリーや庭木に適しています。タイプ:モクレン科ミケリア属の常緑高木栽培適地:関東地方以南開花:5月植付け適期:10月~6月樹高:2~5m耐寒性:やや弱い栽培方法植付け可能地域は関東以南です。成長はやや遅く、耐寒性もやや弱いので、なるべく北風の当たる場所を避けてください。日当たりがよく、多少湿り気のある土壌を好みます。乾燥や多湿では生育が阻害されます。なるべく剪定はせず、十分に生長させてください。寒い時期の剪定は寒害を生じやすいので避けます。移植はやや困難なので、土をたくさんつけて、ていねいにおこなうようにしてください。時期は4月か梅雨期、または初秋です。繁殖は主に挿し木によります。時期は7月下旬から8月上旬、または9月上旬です。寒地では冬は防寒が必要です。根元の分枝から取り木もできます。施肥は花後の6月と2月に根元に腐葉土、化成肥料などを施します。肥料が多すぎると花がつきにくくなりますのでご注意ください。地中ポット(不織布製の育苗用ポット植え)です。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定(ただし...

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:黄(白)花 樹高1m 根巻きまたは地中ポット

園芸ネット プラス

8,013

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:黄(白)花 樹高1m 根巻きまたは地中ポット

大型花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:黄(白)花 樹高1m 根巻きまたは地中ポット【大型送料商品】カラタネオガタマは、春には木いっぱいに明るい黄白色の花を咲かせ、夏は涼しい葉陰を作るシンボルツリーとしてガーデニング世代の注目を集めている、モクレンの一種です。花には強い芳香があり、香りがバナナに似ることから「バナナの木」とも呼ばれます。花付きがよく、花期も長いので、シンボルツリーや庭木に適しています。タイプ:モクレン科ミケリア属の常緑高木開花:5月植付け適期:10月~6月樹高:2~5m耐寒性:やや弱い栽培方法植付け可能地域は関東以南です。成長はやや遅く、耐寒性もやや弱いので、関東地方でも寒害を受けることがあります。日当たりがよく、多少湿り気のある土壌を好みます。乾燥や多湿では生育が阻害されます。なるべく剪定はせず、十分に生長させてください。寒い時期の剪定は寒害を生じやすいので避けます。移植はやや困難なので、土をたくさんつけて、ていねいにおこなうようにしてください。時期は4月か梅雨期、または初秋です。繁殖は主に挿し木によります。時期は7月下旬から8月上旬、または9月上旬です。寒地では冬は防寒が必要です。根元の分枝から取り木もできます。施肥は花後の6月と2月に根元に腐葉土、化成肥料などを施します。肥料が多すぎると花がつきにくくなりますのでご注意ください。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定(ただし、地域により午前・午後のご指定はお受けできる場合がございます)・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道へのお届けは、追加送料(実費...

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン 9号地中ポット樹高0.8m

園芸ネット プラス

8,013

花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン 9号地中ポット樹高0.8m

大型花木 庭木の苗/カラタネオガタマ:ポートワイン 9号地中ポット樹高0.8m【大型送料商品】カラタネオガタマは、春には木いっぱいに明るい花を咲かせ、夏は涼しい葉陰を作るシンボルツリーとしてガーデニング世代の注目を集めている、モクレンの一種です。ポートワインはカラタネオガタマの赤花品種で花弁の縁が赤く染まります。花には強い芳香があり、香りがバナナに似ることから「バナナの木」とも呼ばれます。花付きがよく、花期も長いので、シンボルツリーや庭木に適しています。タイプ:モクレン科ミケリア属の常緑高木開花:5月植付け適期:10月~6月樹高:2~5m耐寒性:やや弱い栽培方法植付け可能地域は関東以南です。成長はやや遅く、耐寒性もやや弱いので、関東地方でも寒害を受けることがあります。日当たりがよく、多少湿り気のある土壌を好みます。乾燥や多湿では生育が阻害されます。なるべく剪定はせず、十分に生長させてください。寒い時期の剪定は寒害を生じやすいので避けます。移植はやや困難なので、土をたくさんつけて、ていねいにおこなうようにしてください。時期は4月か梅雨期、または初秋です。繁殖は主に挿し木によります。時期は7月下旬から8月上旬、または9月上旬です。寒地では冬は防寒が必要です。根元の分枝から取り木もできます。施肥は花後の6月と2月に根元に腐葉土、化成肥料などを施します。肥料が多すぎると花がつきにくくなりますのでご注意ください。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定(ただし、地域により午前・午後のご指定はお受けできる場合がございます)・メッセージカードの添付・代金引換決済...

モクレン イエローバード (黄花) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー【西濃運輸お届け】 【北海道、沖縄、離島不可】

花ひろばオンライン

4,082

モクレン イエローバード (黄花) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー【西濃運輸お届け】 【北海道、沖縄、離島不可】

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(100~160サイズ ※小梱包不可) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2 本 まで。 3本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木は商品は根巻き苗です。根巻きも含め高さ1.5m前後です。花芽はついていません。落葉期、葉は基本的についてませんが、春に芽吹きます。植え付け時は根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずにそのまま植えてください。麻紐や麻布は土中で分解されて自然に帰ります。 ※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。 モクレン・マグノリア・コブシの育て方植え付け時期 基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒い地方では春植えします。 日当り・用土日当たり~明るい半日陰で、やや湿り気のある肥沃な土が理想です。樹勢が強く、土質も選ばない丈夫な木です。花ひろば堆肥“極み”や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。直根性なので耕土が深くやわらかいと大木になりますが、土が固いと成長は遅く、大きくなるのに時間がかかります。植え付け時は根鉢を崩さないように植えます。 施肥・時期2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴...

モクレン ジョージヘンリーケーン 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー【西濃運輸お届け】 【北海道、沖縄、離島不可】

花ひろばオンライン

4,082

モクレン ジョージヘンリーケーン 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー【西濃運輸お届け】 【北海道、沖縄、離島不可】

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(100~160サイズ ※小梱包不可) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 3 本 まで。 4本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木は商品は根巻き苗です。根巻きも含め高さ1.1m前後です。花芽はついていません。落葉期、葉は基本的についてませんが、春に芽吹きます。植え付け時は根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずにそのまま植えてください。麻紐や麻布は土中で分解されて自然に帰ります。 ※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。 モクレン・マグノリア・コブシの育て方植え付け時期 基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒い地方では春植えします。 日当り・用土日当たり~明るい半日陰で、やや湿り気のある肥沃な土が理想です。樹勢が強く、土質も選ばない丈夫な木です。花ひろば堆肥“極み”や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。直根性なので耕土が深くやわらかいと大木になりますが、土が固いと成長は遅く、大きくなるのに時間がかかります。植え付け時は根鉢を崩さないように植えます。 施肥・時期2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴...

■良品庭木■雲南オガタマ白花ウンナンオガタマ3号ポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

880

■良品庭木■雲南オガタマ白花ウンナンオガタマ3号ポット苗

生産量の少ない白花のオガタマノ木です。 ■ 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20111125] ■ 形状・サイズ他 Φ9cmポット 高さ 鉢上約15~20cm ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 樹形等に個体差があります。優良品を厳選してお届けしますので、あらかじめご了承ください。 お届け時期により花のない時期もございます。 神社や公園などで見られるオガタマノキ。漢字で書くと招霊木など。招霊(オギタマ)から名がついたよう。濃い緑の葉が美しい常緑の木。神に供える木として榊のように用いられていました。春には甘い香りを持つ魅力的な花を咲かせます。 雲南オガタマ、珍しい白花、普通のオガタマより上品な香り、花姿よりもその香りで人を惹きつけます。花付きも良く沢山咲きます。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 モクレン科の常緑中木 花時期 4~5月頃 草丈 ~4m 耐寒温度 -4℃(環境・生育状況により変わります) ■育てる場所・土 日当たり、風通しのよい場所で育ててください。真夏に葉が傷むようでしたら日光を和らげてください。土は 花木の培養土などの庭木用の土がおすすめです。庭植えの場合、あらかじめたい肥や腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。 植え替える場合は鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。その上に培養土を、植え付ける苗の土の表面が鉢の縁から1~3cmほど下になるように調整して入れます。 苗の周りにもしっかりと土が入るように棒などできちんと土を押しましょう。植え付けたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりを。 ■水やり 鉢植えの場合...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 04042 植木 庭木 落葉樹

千草園芸

11,880

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 04042 植木 庭木 落葉樹

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年5月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 庭木 植木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

【現品発送】チシオモミジ 1.5m 012012 単木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

12,960

【現品発送】チシオモミジ 1.5m 012012 単木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年4月7日に撮影しました。 落葉写真は17年12月1日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 183d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木 上の写真のように春の芽だしのときは真っ赤な色の新芽が出ます。 6月 葉はやがて青くなり、秋には紅葉します。 葉のある季節に発送する場合は、葉をしごいてお送り致します。活着後にはすぐに新しい葉が出てきます。 チシオモミジ(千染紅葉) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Chisio" 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】2~4m 【開花期】4月~5月 品種の特徴 春の新葉を展開する季節は真っ赤な葉を出します。 気温の上昇に伴って葉は次第に青くなり、夏には青い葉になります。。 下は4月下旬の新葉と7月の葉です。 秋には紅葉し、四季の変化を楽しめるモミジです。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病害虫...

【現品発送】ヤマモミジ 1.7m 04273 シンボルツリーに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

15,120

【現品発送】ヤマモミジ 1.7m 04273 シンボルツリーに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は18年4月27日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184c-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品発送】 ヤマモミジ 1.1m 05123 シンボルツリーに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

9,093

【現品発送】 ヤマモミジ 1.1m 05123 シンボルツリーに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は18年5月12日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品発送】 チシオモミジ 1.2m 03312 新緑と紅葉を楽しめる苗木 落葉樹 植木 庭木 r

千草園芸

8,640

【現品発送】 チシオモミジ 1.2m 03312 新緑と紅葉を楽しめる苗木 落葉樹 植木 庭木 r

※写真の商品をお送りします。 ※気温が高い時期は葉を 少なくしての発送となります。 ご了承ください。 写真は18年5月10日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木チシオモミジ(千染紅葉) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Chisio" 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】2~4m 【開花期】4月~5月 品種の特徴 春の新葉を展開する季節は真っ赤な葉を出します。 気温の上昇に伴って葉は次第に青くなり、夏には青い葉になります。。 下は4月下旬の新葉と7月の葉です。 秋には紅葉し、四季の変化を楽しめるモミジです。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病害虫 病気にはウドンコ病の発生が見られます。 発生前、または発生時にベンレートなどの殺菌剤を散布するか、冬に石灰硫黄合剤の散布が効果的です。 モミジにはテッポウムシ(ゴマダラカミキリ)の被害を受けることがあります。 テッポウムシ対策(上記の「テッポウムシ」の文字をクリック...

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 株立ち 苗木 32410

千草園芸

4,320

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 株立ち 苗木 32410

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。...

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 苗木 31705

千草園芸

5,616

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 苗木 31705

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b-u 成長した場合は、記載の高さに剪定させて頂きます。 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ) 白羽衣(シロハゴロモ) 1.8m 21653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

19,224

【現品】椿(ツバキ) 白羽衣(シロハゴロモ) 1.8m 21653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※4枚目の写真からわかるように、 樹高1.8mで主軸を剪定しています。 ご了承の上でご購入ください。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184c-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■ツバキ"羽衣" 15枚ほどの対樋状弁が4.5重に重なり、上半部が外方にゆるく反曲し、弁間に透き間ができて美しい蓮華咲きととなり、最も人気の高い名花のひとつです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。...

【現品】椿(ツバキ)侘助 ピンク花 1.4m 30263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)侘助 ピンク花 1.4m 30263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.6m 30258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,020

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.6m 30258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品4種】椿(ツバキ) 卜伴錦(ボクハンニシキ)1.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品4種】椿(ツバキ) 卜伴錦(ボクハンニシキ)1.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※番号の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 0.9m 41454 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,860

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 0.9m 41454 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月14日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とと...

【現品発送】 桂紅葉(カツラモミジ) 1.6m 012093 シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木 落葉樹

千草園芸

12,960

【現品発送】 桂紅葉(カツラモミジ) 1.6m 012093 シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木 落葉樹

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年5月8日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)桂紅葉(カツラモミジ) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Kastura-momiji" 【原産】園芸種 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】3~4m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 春の新葉がオレンジ色の縁取りができ、次第に緑の葉へと変化していく特徴のあるモミジです。 樹形はあまり大きくならないようで、上への成長は早くありません。 4月中旬の新葉 次第に緑を帯びていきます。 夏は涼しげな緑色になります。 秋には色付きます。 桂もみじの育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されます。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますの、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 剪定は夏、または落葉時に行います。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり...

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.8m 21654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.8m 21654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ)金魚葉椿(キンギョバツバキ) 彦乃 1.0m 121254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

3,024

【現品】椿(ツバキ)金魚葉椿(キンギョバツバキ) 彦乃 1.0m 121254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー 1.0m 12952《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー 1.0m 12952《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

写真の商品をお送りいたします。 写真は18年1月29日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。181d-u 送料はLサイズです。 ■ニュージーランドから導入された黒系花の椿です。強健の品種。 用途:地植え、鉢植え 開花:10月~5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 31652《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 31652《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品】ポポー(ポーポー) 「ミッチェル」 8号苗 1 果樹 落葉樹 庭木 植木 (e2)

千草園芸

15,120

【現品】ポポー(ポーポー) 「ミッチェル」 8号苗 1 果樹 落葉樹 庭木 植木 (e2)

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月17日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 185a-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 落葉 庭木 植木 苗ポポー 分類: バンレイシ科 ポポー属 の 落葉高木 学名: Asimina triloba 原産: 北アメリカ大陸の広い範囲に分布 別名: アケビガキ 利用: 食用 収穫期: 9~10月 樹高: 5~10m性質: 極めて丈夫な性質です。 栽培敵地: 北海道~九州 ポポーの特徴 4月に葉の出ていないころから小さい緑色の蕾をつけ、次第に紫色に変わっていき、開花します。 花は中央部にめしべがあり、その奥に球型に雄しべらしい部分に花粉が見えます。 毎年風の良く当たる上部は落果して葉の中に隠れる場所の果実だけが残って大きくなります。 自家不和合性(1本では結実しない。)とされていますが、我が家では近くにポポーは無いのに1本でもよく実がなります。 1本しか植えてないのによく実がなるというのは他でも聞いたことがあります。 14年8月12日。滋賀県大津市。 ただ、別の木があればもっと実がなるのかもしれません。 9月11日、3個成っていた房の実が落ちていました。 果実は完熟すると木から自然に落下し、その後数日間が食べごろです。 熱帯果実のような甘い香りがあり、やわらかい果肉がクリームのようです。 早速二つに切ってみました。 甘い香がする柔らかい果肉の中に2列に並んだ大きい種があります。味は甘い中に少しの酸味があるクリームのような不思議な味です。 明治時代に日本に持ち込まれた果樹です。果実は日持ちがしないので、流通はほとんどなく、果実はほとんど販売されていません。 葉は秋に黄色く紅葉します。2015.10.30.京都市内で...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,940

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)さかさ富士 1.2m 31680 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)さかさ富士 1.2m 31680 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年3月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品】アメリカハナズオウ 「フォレストパンジー」10号フレグラーポット植え 05101 高さ約1.2m 庭木 花木 植木

千草園芸

11,880

【現品】アメリカハナズオウ 「フォレストパンジー」10号フレグラーポット植え 05101 高さ約1.2m 庭木 花木 植木

※写真の商品をお送りします。 写真は18年5月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 185a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 植木 庭木 苗ハナズオウ 【分類】マメ科ハナズオウ属(落葉中低木) 【学名】Cercis chinensis 【原産】中国北部~朝鮮半島 【開花期】4月~5月 【樹高】3~5m 【栽培敵地】北海道中部~九州 ハナズオウは丈夫な木で、水はけなどに考慮すれば比較的育てやすい樹木です。 春には気品ある赤紫の小花を多数咲かせます。高級感のある樹形と共に、幅をとる枝分かれが少ないので狭い場所にも適した樹木です。 花後の葉は、ハート型の葉(アメリカハナズオウ)やシルバークラウド(斑入り葉)など種ごとに特徴があります。夏にはマメ科らしい鞘の形の実をつけます。 ●育て方のポイント● 水はけがよく日当たりの良い場所を好みます。剪定は主に冬が主で、夏~秋は枝先を整える程度にとどめます。 日当たりの良い方が花つきがよくなります。日陰でも育ちますが、花つきが悪くなり、生育も遅くなります。 植え替えする際は、冬の落葉時に行うことが好ましいです。 花つきが悪くなってしまうため、肥料をやり過ぎにも注意してください。

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ) 20152 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

2,484

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ) 20152 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.5m 31651《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.5m 31651《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ) 20154 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

2,484

【現品】椿(ツバキ)姫侘助(ヒメワビスケ) 20154 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】モミジ 「緋の司(ヒノツカサ)」 10号鉢 1.3m 03132 落葉樹 単木 庭木 植木

千草園芸

11,880

【現品】モミジ 「緋の司(ヒノツカサ)」 10号鉢 1.3m 03132 落葉樹 単木 庭木 植木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は18年3月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183b-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木オオモミジ 緋の司 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 緋の司はオオモミジ系の品種で、葉はヤマモミジより葉が大きくオオモミジの中では小さめのサイズです。 葉色は春の芽吹き赤葉です。夏にかけ少し緑がかり、秋は赤葉になります。 オオモミジ 緋の司の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 剪定は夏、または落葉時に行います。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生...

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.8m 21962《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

21,384

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.8m 21962《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■岩根縛り 絞りの美しい椿の代表種です。 豊満な花容に、白斑の鮮やかな品種。 生長は大変遅く、大きくなるのに年月がかかります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品発送】「日笠山」(ヒカサヤマ)モミジ 斑がピンクで個性的なもみじ苗 1.3m 05042 落葉樹 植木 庭木 r

千草園芸

7,020

【現品発送】「日笠山」(ヒカサヤマ)モミジ 斑がピンクで個性的なもみじ苗 1.3m 05042 落葉樹 植木 庭木 r

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は18年5月4日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

【現品】椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 1.2m 40262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 1.2m 40262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.5m 22051 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.5m 22051 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

9,504

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.4m 22753 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.4m 22753 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 シンボルツリーに最適な苗木 庭木 植木 r

千草園芸

18,360

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 シンボルツリーに最適な苗木 庭木 植木 r

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は18年4月26日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184c-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 植木 庭木 モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品発送】アカシダレモミジ (赤枝垂れ紅葉)  1.4m 03174 お庭のアクセントになる苗木 落葉樹 庭木 植木

千草園芸

11,880

【現品発送】アカシダレモミジ (赤枝垂れ紅葉) 1.4m 03174 お庭のアクセントになる苗木 落葉樹 庭木 植木

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月21日に撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 185a-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木アカシダレモミジ 分類: カエデ科カエデ属の落葉小高木 学名: Acer amoenum var. matsumurae 'Inaba-shidare' 別名: 稲葉枝垂(イナバシダレ) 原産: 北海道、本州に分布 利用: 庭木、材を工芸 樹高: 2~5m 栽培敵地: 北海道~九州 品種の特徴 紅しだれの代表的な品種で、新緑は赤紫、夏は青くなり、秋には赤紫に紅葉します。 やさしい涼しげな葉は西洋でも植栽されているようです。 性質は強く、剪定にも耐えます。 下の葉の写真は春の芽出しの写真です。16.4.24 夏には緑を帯びた紫色になりますが、秋には真っ赤に紅葉します。 枝は横に向かって伸びる傾向にありますから、背たけを高くしたい場合は支柱で立ててやるようにします。 アカシダレモミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病気と害虫対策 病気にはウドンコ病の発生が見られます。 発生前、または発生時にベンレートなどの殺菌剤を散布するか、冬に石灰硫黄合剤の散布が効果的です。...

【現品】椿(ツバキ)寂光(ジャクコウ) 1.0m 32751 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)寂光(ジャクコウ) 1.0m 32751 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とと...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 大株 1.7m 04041 シンボルツリーにオススメな苗木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

15,120

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 大株 1.7m 04041 シンボルツリーにオススメな苗木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年5月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 120261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 120261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,020

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク