メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モクレンの花写真」検索結果。

モクレンの花写真の商品検索結果全23件中1~23件目

【現品】紫モクレン 苗木 1.3m 20404

千草園芸

4,968

【現品】紫モクレン 苗木 1.3m 20404

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です...

モクレン 苗木 サンライズ 0.8m

千草園芸

3,240

モクレン 苗木 サンライズ 0.8m

写真は見本品です。 葉の茂った写真は17年7月6日に撮影しました。 開花時の写真は17年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は...

モクレン 苗木 サンライズ 0.6m

千草園芸

3,132

モクレン 苗木 サンライズ 0.6m

写真は見本品です。 写真は17年4月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

庭木:赤花モクレン(ガールマグノリア)

遊恵盆栽 楽天市場店

2,700

庭木:赤花モクレン(ガールマグノリア)

☆他のモクレン達も如何でしょうか? ・ハクレン ・黄花モクレン ・白花姫コブシ 商品情報 樹種:赤花モクレン/ガールマグノリア 撮影日:3月 落葉樹。3-4月に大きい紫色の花が上向きに咲きます。ぽてっとして上品な花形が魅力です。*根巻きまたはポットでのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約90-100cmポット:約18cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 もくれん、木蓮、モクラン、もくらん、木蘭、マグノリア、まぐのりあ、ばるかん、自然への愛、持続性、コンパスフラワー

錦(ニシキ)モクレン苗木 1.6〜1.7m

千草園芸

5,616

錦(ニシキ)モクレン苗木 1.6〜1.7m

写真は見本品です。 写真は17年4月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名:Magnolia soulangiana 錦モクレンは花びらの外側が紫がかり内側が白色の品種です。 モクレンとハクモクレンの中間品種になり、花の大きさがハク モクレンとほぼ同じサイズで、シモクレンよりも大きめです。 育てやすい落葉樹でシンボルツリーとしても最適です。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには...

ハクモクレン(白木蓮)苗木 1.3〜1.4m

千草園芸

4,644

ハクモクレン(白木蓮)苗木 1.3〜1.4m

写真は見本品です。 開花時の写真は17年3月29日に撮影しました。 葉の茂った写真は17年6月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173d-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花期の状態です。 学名 Magnolia heptapeta 成木の樹高 15m 開花期 3月下旬〜4月上旬モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく...

《 造花 》Asca/アスカ マグノリア×2 つぼみ×6和 木蓮 モクレン

花びし 楽天市場店

1,723

《 造花 》Asca/アスカ マグノリア×2 つぼみ×6和 木蓮 モクレン

【商品サイズ】(素材)L83 花径7~8 (ウレタン・ビニール樹脂コート)※単位は《cm》です商品名に含まれる「×数字」は、使用されている素材の数になり、商品が複数個届くわけではございませんので予めご了承下さい。アーティフィシャルフラワー 花資材 材料 パーツ 手作り DIY ハンドメイド コサージュ 花冠 髪飾り ブーケ ウェルカムボード リース 装飾 手作り 安い ナチュラル 1本から買える 春 夏 秋 冬 母の日 グリーン 緑 ホワイト 白 高品質 リアル 本物そっくり 華やか 豪華 きれい 綺麗 長い 大きい おすすめ 写真撮影 結婚式 クリスマス 正月 ハロウィン 二次会 お誕生日 お見舞い 記念日 ひな祭り 節句 端午の節句 お盆 卒業式 七夕 還暦祝い 敬老の日 父の日 母の日 フューネラル お葬式 仏事 ペット 退職祝い 開店祝い 贈答 贈り物 出産祝い 新築祝い 開業祝い 内祝い 引越し祝い 成人式 バレンタインデー ホワイトデー お彼岸 送迎会 歓迎会 お歳暮 入学式 入園式 式典 節分 十五夜 イースター 夏祭り 発表会 演奏会 コンサート フェス オススメ おすすめ お得 ピンク レッド 赤 アイボリー ブルー 青 イエロー 黄色 オレンジ 橙色 ビューティ バーガンディ モーヴ 水色 クリーム色 ベージュ ラベンダー 紫 パープル バイオレット ワイン フッシャ シャンパン ミックス ブラウン 茶色 ブラック 黒 シルバー ゴールド ラメ ライム ライトグリーン ミント 黄緑 サーモン ピーチ 桃色 グレイ 薄い 濃い グラデーション 白っぽい 明るい 暗い ライト ダーク ソフト

錦(ニシキ)モクレン 苗木 1.4〜1.5m

千草園芸

4,860

錦(ニシキ)モクレン 苗木 1.4〜1.5m

写真は見本品です。 開花時の写真は17年4月3日に撮影しました。 葉の茂った写真は17年4月29日に撮影しました。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策...

モクレン"クレオパトラ" 苗木 0.9〜1m

千草園芸

5,940

モクレン"クレオパトラ" 苗木 0.9〜1m

写真は見本品です。 写真は17年4月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)樹高は鉢を含めて0.9〜1mです。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ...

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.5m 40305

千草園芸

6,264

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.5m 40305

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は...

【現品】紫モクレン 苗木 1.3m 30307

千草園芸

6,048

【現品】紫モクレン 苗木 1.3m 30307

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です...

【現品】黄花モクレン ゴールデンギフト 1.2m 42401

千草園芸

7,560

【現品】黄花モクレン ゴールデンギフト 1.2m 42401

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策●...

ハクモクレン 苗木 "スノーホワイト" 1.2〜1.3m

千草園芸

4,536

ハクモクレン 苗木 "スノーホワイト" 1.2〜1.3m

写真は見本品です。 写真は17年6月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

【現品】四季咲きタイサンボク「リトルジェム」 1.3m 30758

千草園芸

10,584

【現品】四季咲きタイサンボク「リトルジェム」 1.3m 30758

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月7に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■基本情報 【タイサンボクの基本情報】 分類:モクレン科モクレン属の常緑高木 原産:北米 学名:Magnolia grandiflora 別名:ハクレンボク(白連木) 北米原産で、大きい皮質の光沢のある葉が特徴で、6月ころにモクレンのような白い大きな花を咲かせます。 ■栽培方法 水はけのよい日当たりを好みます。 土質を選ばず、あまり肥料も必要としませんが、乾燥は嫌いますので、移植してある程度根が張るまでは乾燥しないようにしてください。タイサンボク リトルジェム 分類: モクレン科モクレン属の常緑中高木 学名: Magnolia grandiflora`Little Jem` 原産: 北アメリカ南部 開花: 5月下旬〜11月 樹高: 3〜5m 用途: 庭植え、鉢植え 栽培敵地: 関東地方以南 ■リトルジェムは矮性(わいせい)品種です。 最大樹高は3〜5mくらいです。 ※わいせいとは、普通に育てられたものに比べ 小さく育つように改良された植物です。 ■最大の長所は、若木のうちから花をつけます。 かなり低いところにある枝にも花が咲きます。 (実際にも咲きました。↑写真) ■小形の白い花には良い香りがします。 四季咲き性が強く、春から晩秋まで開花します。 ■わい性のため、ほとんど剪定はいりません。 ■害虫などにも強く付きにくいので、 ほとんどそのままで育ちます。 シンボルツリーや贈物などにオススメできる商品です!! 生育は遅いのですが、整った形になり易い性質を持った樹木です。 一般家庭での植栽には樹高が低い園芸品種’リトルジェム’が適しています。...

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.6m 03

千草園芸

6,912

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.6m 03

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です...

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.3〜1.4m【厳選4種】

千草園芸

6,696

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.3〜1.4m【厳選4種】

写真の商品をお送りいたします。写真は17年4月29日に撮影。 状態は季節によって変化いたします樹高は鉢を含めて1.3〜1.4mです。 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 また、接ぎ口より下から出る芽は台木からの芽ですので、カットしてください。 病害虫はほとんどありませんが、まれにカイガラムシが付くことがあります。ひどい時には、冬に石灰硫黄合剤を散布してください。 ●モクレン品種一覧● 白モクレン バルカン エリザベス キンジュ(金寿) サンライズ 錦(ニシキ) ジェニー イエローバード イエローリバー サヨナラ 紫モクレン カラスモクレン > モクレン ジェニー 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 ...

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.5〜1.6m【厳選4種】

千草園芸

7,560

【現品】モクレン 苗木「ジェニー」1.5〜1.6m【厳選4種】

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173c-u樹高は鉢を含めて1.5〜1.6mです。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 また、接ぎ口より下から出る芽は台木からの芽ですので、カットしてください。 病害虫はほとんどありませんが、まれにカイガラムシが付くことがあります。ひどい時には、冬に石灰硫黄合剤を散布してください。 ●モクレン品種一覧● 白モクレン バルカン エリザベス キンジュ(金寿) サンライズ 錦(ニシキ) 紫モクレン イエローバード イエローリバー クレオパトラ ジェニー カラスモクレン > モクレン ジェニー 【分類...

シモクレン 株立 樹高H:3000mm 【RCP】05P03Dec16

SORA

22,680

シモクレン 株立 樹高H:3000mm 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 シモクレン 株立 樹高H:3000mm 【商品説明】 モクレン科モクレン属の落葉低木 別名 マグノリア、ハネズ、モクレンゲと呼ばれます 春、新葉が出る前に、骨格がしっかりした木の枝先に、濃紅色で卵形の紫色の大きな花を咲かせます 花は上向きに咲き、全開せず半開状(開ききらない状態)に咲きます 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください 実際はタイトルや商品説明に記載している高さの商品発送になります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 時期により鉢作りは、ポットや麻布等になります。又、鉢サイズ・ポットサイズも若干違う場合があります 同規格の商品でも季節により葉張りや葉の密生度などの違いがあります 【送料】 全国一律10,000円となります) 1本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  シモクレン   ・モクレン科 モクレン属 落葉広葉樹 小高木 ・早春に葉が出る前に花を咲かせます。 ・最終樹高は、3〜4m程。 ・主幹は直情し、枝は荒く水平に伸びます。 ・強健な樹種で生育も旺盛です。                 花     冬期     根元       紫色の大きい花です。 冬期は落葉します。 樹高H2.0mの根元です。     豆知識   ・春の代表的な花木です。 ・乾燥や強風・霜を嫌います。 ・手入れはほとんど不要です。     分布図   ・北海道南部〜沖縄での栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、3・4月と10・11月です。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は、日なたを好みます。 ・植付けの土質は、水はけの良い肥沃な土地を好みます。 ・密に植える場合には...

【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ) 白花 1.3m 01

千草園芸

3,780

【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ) 白花 1.3m 01

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)姫コブシ(ヒメコブシ) 【分類】モクレン科コブシ属の落葉高木 【学名】Magnolia tomentosa 【別名】シデコブシ 【原産】本州 【開花期】3月中旬-4月上旬 【樹高】5m〜8m 【栽培適地】本州 ●ヒメコブシの特徴● コブシは北海道から九州、朝鮮半島南部の山地に自生する落葉高木です。 四手に似たコブシのように見える花をつけることから、ヒメコブシと呼ばれています。 日本の固有種ですが、近年では数が減り絶滅が危惧されている希少な樹木です。 変種のキタコブシは北海道や本州北部の日本海側に分布し、大型で耐寒性が強いのが特徴です。 ヒメコブシ(別名:シデコブシ)はこぶしの近縁種で本州に自生比較的樹高が低く観賞価値が高いので、庭木として利用されています。 花色は白ですがピンクなどの園芸品種もあります。 ●生育と剪定のポイント● 植える場所は、肥沃な土壌で日当たりと水はけの良い場所が適しています。土壌は、乾燥しないように有機質は多目がよいです。 大きくなる性質の木の場合、背丈を抑制したい場合は剪定をします。 背丈を切り詰めるほか、込みすぎ枝葉を切り取り、伸びすぎた枝もカットします。 また、台木から芽が出ることもありますので、接ぎ口の下から出ている場合は必ずカットしてください。 季節は開花後または落葉期に行います。病害虫などは、ほとんどありません。 →ピンク姫コブシはこちら

花木 庭木の苗/ミヤマガンショウ(深山含笑 ミケリア・マウダエ)9号ポット樹高1.5m

園芸ネット プラス

17,172

花木 庭木の苗/ミヤマガンショウ(深山含笑 ミケリア・マウダエ)9号ポット樹高1.5m

【大型送料商品】深山含笑は中国湖南省などに自生するオガタマノキの仲間で、半八重のふっくらした芳香白花を木全体に咲かせます。花は直径10cmの大輪で、3月開花の早咲きです。耐陰性があるので、多少日陰の場所にも植えられます。寒さに弱いので、庭植えは関東地方以南で。タイプ:モクレン科常緑低木〜高木樹高:2〜8m開花時期:4〜6月日照:日向から半日陰栽培適地:関東地方以南土の乾湿:適湿栽培方法:日当たりの良い場所に植えつけますが、多少寒さに弱いので、寒冷地では鉢植えにします。明るい半日陰でも花を楽しめます。植えつけは春から9月にかけてがよく、秋から冬は避けてください。土質は選びませんが、水はけのよい場所に植えつけます。剪定は基部から生じる徒長枝を間引く程度。移植はむずかしいので、庭植えの場合はよく場所を選んでください。病害虫はほとんど見られません。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定(ただし、地域により午前・午後のご指定はお受けできる場合がございます)・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。沖縄・離島へのお届けはできません。 ミヤマガンショウ(深山含笑 ミケリア・マウダエ)9号ポット樹高1.5m の栽培ガイド苗類のお届け形態について

樒 H500 【RCP】05P03Dec16

SORA

1,164

樒 H500 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 シキミ H500〜600mm(鉢底より) 【商品説明】 樹種は、モクレン科の常緑樹です 枝の先端に集まってつき、短い葉柄を持つ楕円形で、深緑色でつやがある 葉や樹皮は粉末にして香として使われる場合があります 春には淡黄色の花を咲かせます 果実は、袋果が数個車座に集まり、秋に熟して、褐色の種子をはじく 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している高さの商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 【送料】 全国一律1,200円となります) 1本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  シキミ ・シキミ科 シキミ属 常緑広葉樹 ・最終樹高は、2m〜6mです。 ・植込場所は、日向〜半陰で水はけの良い肥沃な土壌であれば成育可能です。                 葉     株元     50cmの苗木       深緑色でやや厚くつやがあります。 単木が主流のようです。 取扱いは、大小のサイズがあります。     豆知識   ・墓前や仏前に供える花として日本の仏教と関わりの深い樹木です。 ・昔から墓地や寺院などに植えられておりますが、葉につやがあり美しい為、庭木としても人気があります。 ・樹皮や葉は乾燥させて粉にして抹香として用いられます。 ・3月〜4月頃にクリーム色の花を付けます。 ・シキミの実は毒性が強い為、特に小児は口にしない様注意が必要です。     分布図   ・東北南部〜沖縄での栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、4〜5月です。ポット・バッグ苗や仮植物は、この限りではありません。 ・植付けの場所は、日なた〜半日陰ですが...

《 造花 》花びし/ハナビシ マグノリア和 木蓮 モクレン インテリア

花びし 楽天市場店

673

《 造花 》花びし/ハナビシ マグノリア和 木蓮 モクレン インテリア

【商品サイズ】花Φ8-10cm/L65cmアーティフィシャルフラワー 材料 パーツ 手作り DIY ハンドメイド コサージュ 花冠 髪飾り ブーケ ウェルカムボード リース 装飾 手作り 安い ナチュラル 1本から買える 夏 秋 冬 母の日 グリーン 緑 ホワイト 白 高品質 リアル 本物そっくり 華やか 豪華 きれい 綺麗 長い 大きい おすすめ 写真撮影 結婚式 クリスマス 正月 ハロウィン 二次会 お誕生日 お見舞い 記念日 ひな祭り 節句 端午の節句 お盆 卒業式 七夕 還暦祝い 敬老の日 父の日 母の日 フューネラル お葬式 仏事 ペット 退職祝い 開店祝い 贈答 贈り物 出産祝い 新築祝い 開業祝い 内祝い 引越し祝い 成人式 バレンタインデー ホワイトデー お彼岸 送迎会 歓迎会 お歳暮 入学式 入園式 式典 節分 十五夜 イースター 夏祭り 発表会 演奏会 コンサート フェス オススメ おすすめ お得 ピンク レッド 赤 アイボリー ブルー 青 イエロー 黄色 オレンジ 橙色 ビューティ バーガンディ モーヴ 水色 クリーム色 ベージュ ラベンダー 紫 パープル バイオレット ワイン フッシャ シャンパン ミックス ブラウン 茶色 ブラック 黒 シルバー ゴールド ラメ ライム ライトグリーン ミント 黄緑 サーモン ピーチ 桃色 グレイ 薄い 濃い グラデーション 白っぽい 明るい 暗い ライト ダーク ソフト

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】オリーブの木 シプレシーノ 8号鉢 1.3m 71851 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

千草園芸

5,184

【現品】オリーブの木 シプレシーノ 8号鉢 1.3m 71851 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年7月18日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 177b-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く−8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします...

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

千草園芸

7,020

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。...

【現品】花水木(ハナミズキ)苗木 ピンク花 1.8m 60351【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

10,584

【現品】花水木(ハナミズキ)苗木 ピンク花 1.8m 60351【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176a-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

【現品 オオモミジ】 「大盃(オオサカズキ)」 1.8m 04052 苗木

千草園芸

12,960

【現品 オオモミジ】 「大盃(オオサカズキ)」 1.8m 04052 苗木

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4〜6m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品】花水木(ハナミズキ)「レインボー」 1.8m 111636 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

16,200

【現品】花水木(ハナミズキ)「レインボー」 1.8m 111636 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175a-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。 ハナミズキ レインボー 葉に黄色い斑が入る白花のハナミズキ。

【現品】花水木(ハナミズキ)ピンクオーツカ 1.4m 52251 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

14,040

【現品】花水木(ハナミズキ)ピンクオーツカ 1.4m 52251 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

送料無料
【送料無料】【現品】オリーブの木「ミッション」2.1m 31618 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

千草園芸

43,200

【送料無料】【現品】オリーブの木「ミッション」2.1m 31618 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年6月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く−8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。...

【 現品発送 】 楓 モミジ イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m根巻き苗 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー 【時間帯指定不可】

総合植物プロショップ花ひろば

25,704

【 現品発送 】 楓 モミジ イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m根巻き苗 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー 【時間帯指定不可】

この商品の送料は個別対応となります。 ご注文後お電話又は、メールにてご案内させて頂きます。 この商品は時間帯指定が出来ません。 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。。 お届けする商品について 高木 落葉樹 樹高3.0m前後で根巻苗になります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 モミジの代表的品種で山や庭園、公園など様々な場所で見かけます。 このことからも丈夫で育てやすいと言えます。 なんと言っても紅葉が美しく、庭に植えると秋の訪れを間近で感じられるでしょう。 和、洋様々な雰囲気に合います。 イロハモミジには、葉の大きなオオモミジ、ヤマモミジの変種があります。 イロハモミジ 難易度 初心者にお勧めの 耐寒性落葉高木 植栽適地   東北以南 開花時期   4〜5月上旬 タイプ   耐寒性落葉樹 栽培場所   鉢植え、目隠し、生垣、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約:2〜5m、葉張り:1〜5m 日照条件   日なた 成長の早さ   0.7m/年 耐寒性/耐暑性   強い/強い 選定時期   1月〜2月       科名/属名 カエデ科カエデ属 葉っぱに入った切れ込みを「い・ろ・は・に…」と数えて子供たちが遊んでいたことから、イロハモミジと名付けられました。〜 イロハモミジ 株立ち〜 楓 モミジ 【 イロハモミジ 】 モミジの代表的品種で山や庭園、公園など様々な場所で見かけます。 このことからも丈夫で育てやすいと言えます。 なんと言っても紅葉が美しく、庭に植えると秋の訪れを間近で感じられるでしょう。 和、洋様々な雰囲気に合います。...

【現品・花芽少ない】花水木(ハナミズキ) 赤花 1.8m 121252 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

7,560

【現品・花芽少ない】花水木(ハナミズキ) 赤花 1.8m 121252 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 花芽はあまり付いていません。 写真は16年12月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1612c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

【現品】椿(ツバキ)太郎庵(タロウアン) 1.2m 30359 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

6,480

【現品】椿(ツバキ)太郎庵(タロウアン) 1.2m 30359 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 51153 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 51153 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:1月〜4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ) 鎌倉絞(カマクラシボリ) 1.4m 30358 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ) 鎌倉絞(カマクラシボリ) 1.4m 30358 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 30351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,400

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 30351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※番号の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.7m 30360《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,100

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.7m 30360《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月〜4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品】椿(ツバキ) 福鼓(フクツヅミ) 1.6m 30268 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

12,960

【現品】椿(ツバキ) 福鼓(フクツヅミ) 1.6m 30268 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉ととも...

【現品発送】ヒメイチゴノキ 高さ1.1m〜1.3m 常緑樹,低木

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】ヒメイチゴノキ 高さ1.1m〜1.3m 常緑樹,低木

左の各々の画像をクリック(タップ)すると大きな画像になります。 【現品発送】 5月6日撮影 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。   当店には以下のような ヒメイチゴノキがあります。    ヒメイチゴノキ 大 ヒメイチゴノキ  小   高さ1.1m〜1.3m  高さ0.7m〜1.0m    8000円(税込)  5000円(税込)       ヒメイチゴノキ     ヒメイチゴノキは面白い木です。 下記の画像は12月の画像です。 この木は冬に花が咲きます。どうだんのようなつぼ型の白っぽい花です。そして、その後丸い赤い実がなります。これは、次の花が咲くころまでついています。(この実の赤さからイチゴノキと呼ばれます。) したがって、12月には花と赤い実が同時に鑑賞できるわけです。 またツツジ科なので、大きくなりすぎることはありません、また常緑樹で目隠し等にも使えます。  ■特徴 花がキレイ ○ 落葉樹 実がなる ○ 常緑樹 ○ 紅葉する 低木 ○ 葉がキレイ ○ 中高木   注) 1、配送業者は西濃運輸です。佐川急便、ヤマト便は利用できません。 2、配送料の高い離島、沖縄、北海道は、申し訳ありませんがご利用できません。

【現品】オリーブの木 ピッチョリーネ 1.8m 70152 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r

千草園芸

17,064

【現品】オリーブの木 ピッチョリーネ 1.8m 70152 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r

※写真の商品を御送りします。 ※コチラの商品は鉢を外し、 根巻の状態でお送りします。 写真は17年7月1日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く−8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は...

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 51151 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

6,480

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 51151 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:1月〜4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)キンギョツバキ 1.9m 31675 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

14,040

【現品】椿(ツバキ)キンギョツバキ 1.9m 31675 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173d-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※まれに赤い暈しが入ることがございます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品】オリーブの木 シプレシーノ 1.0m 70153 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r

千草園芸

8,424

【現品】オリーブの木 シプレシーノ 1.0m 70153 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年7月1日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く−8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。...

【現品】オリーブの木 タジャスカ 1.4m 10号 プレグラーポット植え 52752 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

千草園芸

10,584

【現品】オリーブの木 タジャスカ 1.4m 10号 プレグラーポット植え 52752 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月26日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く−8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします...

【現品】椿(ツバキ) 福鼓(フクツヅミ) 1.8m 41653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

17,280

【現品】椿(ツバキ) 福鼓(フクツヅミ) 1.8m 41653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年4月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とと...

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ヤマツツジ 0.3m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,296

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ヤマツツジ 0.3m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヤマツツジ 商品一覧0.3m1200円/在庫○2.0m露地14000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じツツジ科ツツジ属の商品アセビオンツツジキシツツジサツキサツキ/サツマベニサツキ/ミエサツキシャクナゲツツジドウダンツツジツツジゲンカイツツジレンゲツツジキリシマツツジヒラドツツジミツバツツジヨシノツツジヤマツツジヨドガワツツジ【ヤマツツジ】(山躑躅)読み:やまつつじ学名:Rhododendron kaempferiツツジ科ツツジ属落葉低木別名:【名前の由来】山野に朱赤色の花が普通に見られることから。【商品情報】ツツジは、沢山の園芸品種が作られていて、花が美しい品種です。今までで記録されている品種の数は2000を超えると言われています。葉は密に茂り、萌芽力も旺盛です。4〜6月頃に花が咲きます。高さはあまり大きくならずによこに大きくなる品種が多いです。玉造にするか生垣にするのが一般的です。意外に洋風にも合います。昔からとても根強い人気がある商品です。【育て方】日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。乾燥を嫌います。雨が降らない日が続いた場合は水をたっぷり与えてください。風通しが悪いところでは葉が蒸れたりするので風通しいい所に植えてください。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=円型最終樹高=1m施肥時期=1〜2月or10月剪定時期=7月or10〜11月開花時期=5〜6月果実=無し用途=庭木or花木orグランドカバー【その他】ヤマツツジは野生ツツジの日本の代表種です。分布域が最も広いです。

【現品】西洋椿(セイヨウツバキ) ナイトライダー 1.4m 40260 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】西洋椿(セイヨウツバキ) ナイトライダー 1.4m 40260 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年4月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174a-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■ニュージーランドから導入された黒系花の椿です。強健の品種。 用途:地植え、鉢植え 開花:10月〜5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11〜2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか...

【現品】枝垂れエゴノキ(シダレエゴ) 薄いピンク 1.3m 53051

千草園芸

9,720

【現品】枝垂れエゴノキ(シダレエゴ) 薄いピンク 1.3m 53051

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 175d-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてど...

【現品】 ライラック 紫花 1.3m 07184 r

千草園芸

6,480

【現品】 ライラック 紫花 1.3m 07184 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は、17年7月18日に撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 177d-u 送料はL−2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) ■栽培方法 日当たり、水はけのよい場所を選びます。 周囲40cmくらいの植え穴を掘り、有機質と配合肥料を土とよく混ぜましょう。 苗木の根が直接肥料に接しないように普通の土をいれその上に苗木を植えてください。 根は十分に広げm植え付け後は十分潅水を行ってください。支柱を立てるとよいと思います。 ■開花:5月〜6月 植え込み前に土壌改良材 + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますライラック 【分類】モクセイ科 ハシドイ属 【分布】東北以北 【学名】Syringa vulgaris 【別名】リラ 〔Lilas〕 ムラサキハシドイ 〔紫丁香花〕 ハナハシドイ 【開花期】4月〜5月 【栽培適地】九州中部以北 滋賀県大津市内で 4月25日 ライラックはヨーロッパ原産の落葉花木です。 一般に親しまれているライラックという名称は英名で、日本でも呼ばれているリラという名称は、フランスでの名称です。 花は枝先に穂状に多数つけ、芳香があります。 耐寒性が強く、花期が長く、冷涼な地域の代表的な庭園木で、北海道では公園木や街路樹としても植えられています。

【現品】斑入り青木(フイリアオキ) 1.3m 72051

千草園芸

7,344

【現品】斑入り青木(フイリアオキ) 1.3m 72051

※写真の商品を御送りします。 写真は17年7月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 177b-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)青木(アオキ) 【分類】ミズキ科アオキ属 『雌雄異株』 【学名】Aucuba joponica 【分布】日本全土(北海道南部〜沖縄) 【由来】葉や茎が青いことから、「アオキ」と名付けられました。 【別名】アオキバ、アウクバ 【樹高】1.5〜2m 【用途】日陰の庭園、公園、観葉等 【開花期】3月〜5月 【結実期】12月〜3月 □日本に生息するアオキは、江戸時代の頃から、日陰の庭園に利用されていて重宝されています。日陰でもよく育ち、常に青々とし生命力があることからか欧州人に特に人気です。日陰で開いてる庭のスペースや玄関先の路地植えにオススメです。 また、実が黄色の「キイロミアオキ」という品種や、雪の多い日本海側に生息する小型の葉の「ヒメアオキ」という品種もあります。 左上は雄花で、右上が雌花です。12年4月15日大津市荒川で 雌株は交配すると赤い実を付けます。 ■栽培方法 日陰、半日陰で湿り気、肥沃な土壌を好みます。 日当たりがよすぎると葉やけを起こし、変色することがあるので、夏場の直射日光は特に避けましょう。 照り葉の美しい葉をしています。大きくなると冬には赤い実をつけて日陰の庭を彩ります。 直射が強いと葉やけを起こしたり、葉が黄色くなりますので、日陰の庭に適しています。

【現品】フェイジョア 「アポロ」 1.3m 07014 r

千草園芸

6,480

【現品】フェイジョア 「アポロ」 1.3m 07014 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は17年7月1日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 176e-u 送料はL−1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) <フェイジョアの品種> 「アポロ」 人気のある品種で果実は大実です。 甘みもあり、香りが強いです。自家結実があるので1本でも結実します。 収穫時期 10月中旬〜11月下旬ごろ →「アポロ」はこちらから 「トライアンフ」 香りが強い品種です。実は中果で豊産性があります。 自家結実性がないので他の品種と掛け合わせる事が好ましいです。 収穫時期 11月下旬〜12月上旬ごろ →「トライアンフ」はこちらから 「ジェミニ」 実は中果で、味が濃い品種です。自家結実性ありますが、 他の品種との交配が望ましいです。早生品種 豊産性 矮性の立性樹形。 収穫時期 10月中旬〜10月下旬ごろ →「ジェミニ」はこちらから 「マリアン」 果皮が薄めの中果サイズの品種です。 自家結実性がないので他の品種と掛け合わせる事が好ましいです。 収穫時期 11月上旬〜11月中旬ごろ →「マリアン」はこちらから 「クーリッジ」 実は大果で豊産性が高い品種です。授粉樹にも最適な定番品種。 収穫時期 11月下旬〜12月上旬ごろ →「クーリッジ」はこちらから 「マンモス」 中生品種。自家結実性なし。大果。多汁質で香り高い。貯蔵性はよくない。 収穫時期 11月上旬〜11月中旬ごろ →「マンモス」はこちらから 植え込み前に土壌改良してみてはいかがですか? + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますフェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月...

【現品】ナツハゼ 株立ち 1.1m 32662

千草園芸

6,912

【現品】ナツハゼ 株立ち 1.1m 32662

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m ●ナツハゼの特徴● 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ●育て方のポイント● 植える場所は水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。病害虫はコガネムシの被害のある場合があります。

【現品】 アカシダレモミジ 1.1m 07016

千草園芸

5,184

【現品】 アカシダレモミジ 1.1m 07016

※写真の商品をお送り致します。 写真は、17年7月1日に撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 176e-u 送料はL−1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 送料 2160円〜(地域、宅配業者により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 1個 同梱可能商品 5号ポット苗の場合は約2個程度 植え込み前の土壌改良材 + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますアカシダレモミジ 分類: カエデ科カエデ属の落葉小高木 学名: Acer amoenum var. matsumurae 'Inaba-shidare' 別名: 稲葉枝垂(イナバシダレ) 原産: 北海道、本州に分布 利用: 庭木、材を工芸 樹高: 2〜5m 栽培敵地: 北海道〜九州 品種の特徴 紅しだれの代表的な品種で、新緑は赤紫、夏は青くなり、秋には赤紫に紅葉します。 やさしい涼しげな葉は西洋でも植栽されているようです。 性質は強く、剪定にも耐えます。 下は春の芽出しの写真です。16.4.24 枝は横に向かって伸びる傾向にありますから、背たけを高くしたい場合は支柱で立ててやるようにします。 アカシダレモミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病気と害虫対策 病気にはウドンコ病の発生が見られます。 発生前...

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

4,200

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※画像はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「ハナミズキ」 苗木 1.2m程度

グリーンロケット

5,100

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「ハナミズキ」 苗木 1.2m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律1600円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ハナミズキ(花水木) Benthamidia florida ミズキ科ミズキ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 花:4〜5月 実:10月 【日照条件】 日向〜半日陰 別名:アメリカヤマボウシ ハナミズキは、花、実、紅葉が楽しめるお庭の人気樹種です。シンボルツリーやサブツリーとしてお勧めです。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます 。 定植時に緩効性有機肥料(鶏糞や油粕)などを少量混ぜ込むと効果的です。 その後は生育に合わせて与えるようにします。もともとが山の奥深くで育った木ですので肥料はあまり必要ではありません。肥料を与えすぎると、葉が元気になりすぎて紅葉の際に綺麗な色が出にくくなります。 うどんこ病が発生することがあります。 うどんこ病とは、その名の通り葉っぱに白い粉のようなものをまぶしたような状態になる病気です。 カビの一種ですので、湿度・気温が上がる梅雨の合間の晴れた日に発生しやすく真夏に一時期おさまりますが、秋まで続きます。対策として、抗菌剤を散布します。 その際、1種類の抗菌剤だと免疫ができてしまうので...

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「エゴノキ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

6,000

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「エゴノキ」 苗木 1.0m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 エゴノキ Styrax japonica エゴノキ科エゴノキ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 花:5〜6月 【日照条件】 日向〜半日陰 樹形・花・樹形を楽しめる人気の庭木です。 初夏に可憐に垂れ下がる花をたくさん着けます。また、樹形も美しいため1年を通して楽しめ、近年では一般家庭のシンボルツリーとしても人気があります。 シンボルツリーとしても人気が高いです。下向きに花をつけるので、やや見上げるような樹高の方が開花期を楽しむことができ、洋風にも合います。 育て方 日向地を好みますが、半日陰での栽培も可能です。成長はそれほど速くないため、基本的には剪定を必要とせず、混んだ枝や邪魔な枝を間引く程度で良いでしょう。 大きさを制限したい場合は、落葉期に剪定をしますが自然な樹形が持ち味なので枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切ります。 4月〜10月は病害虫が発生しやすいので定期的に殺虫剤や殺菌剤を散布しておくとよいでしょう。 品番 【N1020】 同じ品番の商品はコチラ »

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

千草園芸

7,776

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】ミツバツツジ 1.5m 41911

千草園芸

7,776

【現品】ミツバツツジ 1.5m 41911

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

千草園芸

15,984

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

※写真の商品をお送りします。 根鉢を含めた高さは約2.1mです。 写真は14年1月6日に撮影。季節によって状態は変化します。141a-u 支柱で整形していますので1年後には取り外してください。まだ形が整っていない場合は再度くくりなおしてもう一年おいてください。 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツリバナ 【分類】ニシキギ科ニシキギ属 【学名】Euonyms oxyphyllus 【原産】日本 【別名】ヤマニシキギ、マユメ、マイメ、(ツリバナマユミと呼ばれる事もあります) 【用途】庭木、盆栽等 【開花】4月〜6月 【結実】9月〜12月 【成木】3m〜5m 果実は、昼間開き、夜には閉じます 成木は5mほどですが、まれに10m近く成長することもあります。 ■栽培方法 日当たりよく、水はけのよい土を好みます。 肥料は少なめでよいでしょう。 自然樹形を楽しむものですので、不要枝を整理する程度でよいでしょう。徒長枝は花芽がつかないので、5芽くらい残して切り戻しましょう。 ★栽培適地:日本全国 ツリバナ (分類) ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木 (原産)日本の固有種 (樹高)2〜4m (開花期)5〜6月 (結実期)9〜10月 実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には赤い実を付け葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に...

【現品】ミツバツツジ 1.7m 05

千草園芸

8,316

【現品】ミツバツツジ 1.7m 05

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月31日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

千草園芸

14,040

【現品】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

※写真の商品をお送りします。 写真は16年11月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1611c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 111510 111511 111512 111513 111514 111515 ■栽培方法 半日陰でも育ちますが、日当たりが良いほうがよく育ちます。 水はけの良い場所に植えてください。水はけの悪い場所では育ちませんので、保水性、通気性の良い用土で露地面よりも高めに植えていただくとよく育ちます。 夏場には地温が上昇しないようにマルチなどをして、乾燥にも注意し、水を与えてください。 自然樹形が綺麗なので、剪定はあまり必要ありません。不要な枝を取り除く程度にしてください。マルバノキ 分類: マンサク科マルバノキ属の落葉低木 学名: Disanthus cercidifolius Maxim 原産: 中部、近畿、四国 別名: ベニマンサク(紅万作) 開花期 : 11月 樹高: 3〜4m 栽培敵地: 東北中部〜九州 ハート型の葉が美しく、秋には真っ赤に紅葉することから庭木としてよく用いられます。 小さい赤い花も魅力的です。赤くてマンサクに似た花(あまり似ていません)が咲くことから、ベニマンサクと呼ばれることがあります。 栽培 日当たりと水はけのよい場所を好みます。半日陰でも大丈夫です。 西日の当たる場所、地面に直射が当たり、根元の地温が高くなる場所、夏に乾燥する場所では育ちません。このような場所に植えつける場合は、十分にマルチをして乾燥防止と地温が高くならないようにすることが必要です。 水はけの悪い場所では根グサレしやすく育てることはできません。植え場所を高くして水はけが十分できるようにしてから植えるようにしてください。土には腐葉土などを入れて保水性...

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

千草園芸

13,500

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

写真は17年2月27日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 173a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 11月の葉の黄葉の様子です。ダンコウバイ 分類: クスノキ科クロモジ属の落葉小高木 学名: Lindera obtusiloba Blume 原産: 中国、朝鮮、本州(新潟県、関東以西)、四国、九州 別名: ウコンバナ 開花: 3-4月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 3〜7m 栽培敵地: 関東地方以南 種子に強い香りが有り檀香梅と書きます。 雌雄異株で早春に黄色い花を咲かせます。 同じ季節に黄色い花を咲かせるシロモジ、クロモジ、アブラチャンの3種とよく似ています。 3月中旬に黄色い花を咲かせます。雌花と雄花 夏の状態です。 11月に紅葉(黄葉)します。 ダンコウバイの育て方 水はけの良い乾燥しない土壌で日当たりの良い場所から半日陰が適しています。 湿った場所でも停滞水は良くありません。湿潤でも斜面などで、つまり水はけの良い場所で乾燥しない状態が最適なのです。 根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になりますから、マルチをしくなどの対策が必要です。 決して弱い樹木ではありませんが、少し前記のことに注意して植えつけてください。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 また、鉢栽培では真夏は暑さで株が弱るので、半日陰の涼しい場所のほうが適しています。 病害虫はほとんどありません。

【現品】ツリバナ 1.2m 40405

千草園芸

10,260

【現品】ツリバナ 1.2m 40405

※写真の商品を御送りします。 写真は17年4月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174b-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)マユミ 【分類】ニシキギ科ニシキギ属 【学名】Euonyms oxyphyllus 【原産】日本 【別名】ツリバナ、ヤマニシキギ、マユメ、マイメ 【用途】庭木、盆栽等 【開花】4月〜6月 【結実】9月〜12月 【成木】3m〜5m □弓を作るのに丈夫な木ということで名付けられた「マユミ」。 果実は、昼間開き、夜には閉じます 成木は5mほどですが、まれに10m近く成長することもあります。 ■栽培方法 日当たりよく、水はけのよい土を好みます。 肥料は少なめでよいでしょう。 自然樹形を楽しむものですので、不要枝を整理する程度でよいでしょう。 徒長枝は花芽がつかないので、5芽くらい残して切り戻しましょう。 ■栽培適地:日本全国 ツリバナマユミ 【分類】:ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木 【原産】:日本の固有種 【樹高】:2〜4m 【開花期】:5〜6月 【結実期】:9〜10月 実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には赤い実を付け葉は 紅葉して季節の変化を楽しめます。

【現品】ミツバツツジ 1.7m 41803

千草園芸

7,992

【現品】ミツバツツジ 1.7m 41803

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

千草園芸

13,500

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが...

花水木(ハナミズキ)赤花 1.3m〜1.5m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

千草園芸

6,264

花水木(ハナミズキ)赤花 1.3m〜1.5m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

15年10月17日に入荷。木の状態は季節により変化いたします。1510c-u 送料はL−2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 1個の荷物で送れる数量 1個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約2個 苗木、植木、庭木 落葉樹 シンボルツリーハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク