メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「マツリカ八重咲き」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

【秋特価】ハーブの苗 「アラビアンジャスミン一重咲き(マツリカ一重咲き)  9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

345

【秋特価】ハーブの苗 「アラビアンジャスミン一重咲き(マツリカ一重咲き) 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃な土壌を好みます。季節風が当たらない場所がよく、寒さに弱いので鉢植えにして冬季は温室や室内で管理して下さい。 花後は油かすや骨粉を根元に追肥として与えて下さい。剪定に強いので、秋が早春に刈り込んで株の形を整えて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい アラビアンジャスミンの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 アラビアンジャスミン・ギャラリーハーブの苗 アラビアンジャスミン Arabian Jasmine 学 名 Jasmine sambac 科 名 モクセイ科ソケイ属 種 類 つる性低木 原産地 ヨーロッパ南部 和 名 ソケイ、シロモッコウ 別 名 ツルマツリ 花 色 ホワイト 別名マツリカと呼ばれジャスミン茶の香り付けに利用されています。 甘く上品なな芳香から「香りの女王」とも呼ばれています。花から抽出する精油は化粧品などの香りづけにも利用されています。 つる性の低木で支柱などに沿って1~2m伸びるので、鉢植えの場合は大き目の鉢の3~4本の支柱を立てて絡ませるとよいでしょう。支柱からはみ出した枝などは、形を整える為に剪定して形を整えて下さい。 寒さに弱く、気温が10度以下になったら室内に入れて管理する必要がありますので、鉢植えで育てるほうが良いでしょう。 他のハーブとブレンドして香りを楽しむハーブティーはいかがですか。 ...

ハーブの苗 「ラベンダー・アラビアンナイト 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・アラビアンナイト 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

388

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃な土壌を好みます。 比較的寒さに強いので、暖地であれば屋外でも旺盛に育ちます。 花後は油かすや骨粉を根元に追肥として与えて下さい。剪定に強いので、秋が早春に半分くらいに刈り込んで株の形を整えて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ハゴロモジャスミンの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ハゴロモジャスミン・ギャラリーハーブの苗 ハゴロモジャスミン Jasmine 学 名 Jasminum polyanthum 科 名 モクセイ科ソケイ属 種 類 つる性低木 原産地 中国 和 名 ソケイ、シロモッコウ 別 名 - 花 色 ホワイト 中国西南部からヒマラヤ、インド北部、アフガニスタン、イランにかけて分布しています。 アラビアジャスミンの近縁種で、とても香りのよい白色の花を、初夏から初秋まで沢山咲かせます。 蕾時に寒気にあうと早春の花が見られなくなることがあるので注意が必要です。また、日陰に置くと花つきが悪くなることがあります。 比較的に寒さに強く関東南部から南の地域では屋外でも冬越しします。 科名:モクセイ科ソケイ属、和名:ソケイ、シロモッコウ。 【特徴】 樹高・草丈: 200~300cm 種類:つる性常緑低木 開花時期:7月上旬~10月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通 日当たり:日なた...

クレマチスの苗/クレマチス:ダイアモンドボール3.5号ポット(大輪八重咲き)

園芸ネット プラス

1,946

クレマチスの苗/クレマチス:ダイアモンドボール3.5号ポット(大輪八重咲き)

最新のカラフル八重咲きクレマチスの登場!ポーランドのズロドロ ドブルフ プナチェイ ナーセリー育種品種です。ダイアモンドボール(Diamond Ball)は、新旧両枝ともに径10~12cm、萼片数30~50、弁がふわふわと波型になったさわやかな淡いラベンダー色の花を初夏頃から絶え間なく咲かせ続けます。コンパクトな草丈で鉢植えにしても栽培しやすいのが特徴、小さなお庭のスペースにも最適です。この完璧なまでに美しく輝く花はまるでカットダイアモンドのようと、ダイアモンドボールと名付けられました。2013プランタリウム(オランダ) 銅メダル&記者賞2013フラワーエキスポ モスクワ(ロシア) 金メダル写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(つる性)草丈:1.5~2m花径:10~12cm開花期:5~10月植付け適期:9月半ば~10月と2月~3月が最適、または4月~7月に花のつき方:新・旧両枝咲き(前年の枝に咲いて、また新しく伸びた枝の側枝にも花を付ける)剪定:任意(中)剪定 ・花後の剪定:今年伸びた枝の半分をカット。数本枝があるときは、剪定の強弱で開花の時期が多少ずれるので、1つの株で長く楽しむことができる。 ・2月の剪定:冬季充実した枝には花芽が付いているので大きな花を咲かせたいときは枝を整理して、花数を調整してもよい。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1~2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1~2ヶ月に1回与えます...

八重咲き・中輪クリスマスローズ プレミアムコレクション エレガンスアイス9cmポット2017年秋の新苗花苗 ガーデニング 寄せ植え

産直でお花をお届け「イングの森」

880

八重咲き・中輪クリスマスローズ プレミアムコレクション エレガンスアイス9cmポット2017年秋の新苗花苗 ガーデニング 寄せ植え

ホワイトの花弁が重なり名前の通りエレガントに咲く品種。環境により輪縁がピンクがかることがあります。この品種もクリスマスローズの育種家では有名な横山直樹氏の作出品種です。メリクロンによる増殖苗なので親の特徴を100%受け継ぎ花色、花形にばらつきが生じません。増殖の親には多くの株から強肩で優れた株を選抜して使用しています。より、病気や害虫に強くて丈夫です。 ■多年草 ■開花期:2~3月(通常開花は2~3年かかりますがメリクロン苗なので1~2年で開花します) ■成長時草丈:40~60cm ■お届けの状態:9cmポット ■栽培説明書つきホワイトの花弁が重なり名前の通りエレガントに咲く品種。環境により輪縁がピンクがかることがあります。この品種もクリスマスローズの育種家では有名な横山直樹氏の作出品種です。メリクロンによる増殖苗なので親の特徴を100%受け継ぎ花色、花形にばらつきが生じません。増殖の親には多くの株から強肩で優れた株を選抜して使用しています。より、病気や害虫に強くて丈夫です。 ■多年草 ■開花期:2~3月(通常開花は2~3年かかりますがメリクロン苗なので1~2年で開花します) ■成長時草丈:40~60cm ■お届けの状態:9cmポット ■栽培説明書つき

アラビアン・ジャスミン ハーブ苗 マツリカ ジャスミンティー

大神ファーム

980

アラビアン・ジャスミン ハーブ苗 マツリカ ジャスミンティー

Arabian Jasmine 学 名: Jasmine sambac 科 名: モクセイ科ソケイ属 種 類: つる性低木 和 名: ソケイ、シロモッコウ 別 名: ツルマツリ 別名マツリカと呼ばれジャスミン茶の香り付けに利用されています。 甘く上品なな芳香から「香りの女王」とも呼ばれています。 花から抽出する精油は化粧品などの香りづけにも利用されています。 つる性の低木で支柱などに沿って1~2m伸びるので、鉢植えの場合は大き目の鉢の3~4本の支柱を立てて絡ませるとよいでしょう。 支柱からはみ出した枝などは、形を整える為に剪定して形を整えて下さい。 草丈: 100~200cm 栽培法:日当たりと水はけのよい場所で、肥沃な土壌を好みます。 寒さに弱く、気温が10度以下になったら室内に入れて管理する必要がありますので、鉢植えで育てるほうが良いでしょう。 【ハーブ苗の送料】全国一律:790円 (但し、北海道は2500円・沖縄県・離島は2800円) ◆ハーブ苗を10,000円以上のお買い上げで送料無料! ※バラ苗と一緒にご注文いただいた場合は対象外です。 ※お届け先が複数の場合も対象外です。 ※北海道及び沖縄県へのお届けは送料無料の対象外です。 (※会計画面及び自動返信のメールには反映されませんが、ご注文確認メールにてご案内いたします。)※画像はハーブ苗のイメージです。お届けする商品ではありません。 お届けします苗は販売用のポット(直径9cm)に入れていますので、できるだけ早めにお手持ちの植木鉢かお庭に植えつけることをお勧め致します。植え付ける際は根を痛めないようにお気をつけ下さい。鉢植えの場合の植え付け後の管理の仕方をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。植付けの仕方や育て方...

西洋アジサイ 柏葉アジサイ【スノーフレーク 八重咲き ポット苗】 庭木 落葉樹 低木

総合植物プロショップ花ひろば

1,598

西洋アジサイ 柏葉アジサイ【スノーフレーク 八重咲き ポット苗】 庭木 落葉樹 低木

この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 低木 落葉樹 樹高0.4m前後でポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 大変人気のある品種。一般的なアジサイとは花の形が異なります。 6月から7月に白い八重咲きの花を円すい形にまとめて咲かせます。 半日陰でもよく育ちきれいな花を咲かせてくれます。 晩秋には赤銅色の美しい紅葉が楽しめます。 柏葉アジサイ スノーフレーク 難易度 初心者にお勧めの低木 庭木 耐寒性常緑樹 植栽適地   東北以南 花言葉 ひたむきな愛、辛抱強い愛情 誕生花   6月3日、6月17日、6月29日、7月1日、9月18日 開花時期   6月~7月 タイプ   落葉樹 栽培場所   鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、生垣、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約1~1.5m、葉張り:1m 鉢植えでの樹高   樹高約1m、葉張り:1m 日照条件   日なた 耐寒性/耐暑性   強い/普通 選定時期   7月       科名/属名 ユキノシタ科 アジサイ属 葉は大きくて深い切れ込みが入り、その姿がカシワの葉のように見えるところからこの名前があります。~柏葉アジサイ スノーフレーク~...

バラの苗/モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポット

園芸ネット プラス

801

バラの苗/モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポット

モッコウバラは春に花径約2センチのかわいい八重咲きの花を房状に10数輪づつ咲かせます。キモッコウとも呼ばれます。とげがないつるバラで強健なので、初めての方にも育てやすい品種。剪定しなくても形がまとまり、狭い庭でも育てられます。モッコウバラは12月に花芽ができるので、他のつるばらと異なり、冬の剪定は行いません。枝が伸びすぎて困る場合は、7月はじめ頃に剪定してください。パーゴラやアーチ、壁に這わせたり、生垣にも向きます。タイプ:バラ科の耐寒性常緑・半常緑つる性木本栽培適地:北関東地方以南樹高:8~10m開花期:5月~6月植え付け適期:10月~6月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。トレリスやフェンスに誘引します。葉が小さく、剪定する必要もありません。狭い庭ではスペースにあわせて枝を切り、コンパクトに育てることもできます。鉢植えの場合はあんどん仕立てにしてお楽しみください。お届けする苗は、3~3.5号(直径9~10.5cm)ポット入りです。壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり1~3株が目安です。写真は成長時(開花時)のイメージです。モッコウバラ:黄花八重咲き3号ポットの栽培ガイドベランダ・ガーデニング(2)苗類のお届け形態についてバラの植え方とお手入れバラの苗の規格についてバラにつく害虫バラの病気

ハーブの苗 「ラベンダー・アラルディー(ミッチャム(mitcham)) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・アラルディー(ミッチャム(mitcham)) 9cmポット」

アラルディラベンダーは、海外では一般的にミッチャムラベンダーという名称で呼ばれています。 ※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 アラルディラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして、温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい...

八重咲きヘメロカリス`ダブル ガーデニア'苗 1株

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

八重咲きヘメロカリス`ダブル ガーデニア'苗 1株

ふくよかで美しいレモン色の花姿です。 学名 Hemerocallis cv.`Double Gardenia' 原産地 日本・中国・東アジアなど 花期 6~7月 草丈 70~80cm 花弁の直径 約10cm 冬期の地上部の状態 常緑 耐寒性 強(露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 地植えにすると大株となり、大変見応えがあります。 また花が豪華ですので、鉢植えにして開花期に手元で楽しむのも良いでしょう。 新芽は「おひたし」にして食べるととても美味しいです! 管理 地植えの場合は、植え付け後暫くは水を切らさないように注意してください。根付いたら自然潅水で大丈夫です。鉢植えの場合は、土が乾いたら鉢下から水が出るまでたっぷりと与えてください。 発送状態 1株(根株)を露地から掘り上げて発送いたします(下の写真はお送りする株のイメージです。写真は1月の株の状態です。冬季休眠型の品種は、冬場は葉の付いてない株をお送りすることになります。)。 1株には1つ(株によってはそれ以上)の芽が付いています。 「土が付いていなくて大丈夫?」と思われる方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。 当ナーセリーではヘメロカリスをはじめ、様々な植物の輸出入を行っていますが、その際には土を付けずに、写真のような状態で出荷しております。 (この方法は当ナーセリーに限らず、植物の輸出入に際しては通例となっています) 露地から根株を掘り上げ、芽や株の状態をきちんとチェックしてお送りいたしますので、どうぞご安心ください。 そして商品がお手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

【早期予約品】八重咲き皇帝ダリア苗

千草園芸

810

【早期予約品】八重咲き皇帝ダリア苗

発送は4月上旬を予定していますが、生育状況によっては遅れることがあります。 ※皇帝ダリア以外の商品との同梱は、原則としてできません。他の商品をご購入の場合、キャンセルさせていただく場合がございます。 ご了承お願いいたします。 1710b 夏野菜と同じで寒さに弱いので、暖かくなるまで(夜間の最低気温が5度以上になるまで)は屋内にいれて、鉢に植えて管理してください。 夏の終わりころになると2m以上の高さになり、晩秋~冬にかけて次々花を咲かせます。 環境等でまれに一重咲きの花も出ます。 昨年の品種より分枝性に富み、 花数は多くなります。 枝数が多いので、支柱を立てた方が安定します。 11月末~12月頃に最大で草丈3m位まで成長し、 八重ピンクの花を咲かせます。 特に1年目は開花が遅く、一重咲き品種に比べ1ヶ月近く開花が遅いので 内陸部、高冷地や寒冷地では降霜期と重なるため、花が楽しめないことがあります。 当地滋賀県では普通は開花しますが、開花が見られない年もあります。 (寒冷地は霜害で花が見られません。) 174c皇帝ダリア 【分類】キク科ダリア属 『半耐寒性』 【学名】Dahlia imperialis 【原産】メキシコ、コスタリカ、コロンビアなどの高山帯 【別名】木立ダリア、インオエリアルダリア、天竺牡丹等 【用途】花壇、鉢植え等 【開花】11月(短日性植物) 【草丈】3m~5m ダリアはメキシコの国花としても有名で約2万種類ともいわれ、花の形、色、花の大きさ等、多く分類されています。 おもに宿根性のものと球根性のものがあります。 皇帝ダリアは、よく成長すると屋根よりも高くなって大きな花を咲かせます。 春5月頃に芽を出し気温の上昇とともに生育して秋にはときには3~4mになって花を咲かせます。 普通のダリアは球根で冬を越しますが...

ハーブの苗 「クリーピングタイム(ホワイト) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「クリーピングタイム(ホワイト) 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】 タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立 するものや扇状に広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐 寒性の品種がありますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細 かい毛があったりするため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 クリーピングタイム(ホワイト) ...

ハーブの苗 「イブキジャコウソウ (花色ピンク) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「イブキジャコウソウ (花色ピンク) 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】 タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 イブキジャコウソウ...

ハーブの苗 「ローズマリー・ロゼア 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ロゼア 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・ボゴング 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ボゴング 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

クレマチス 『スイセイ2号』 パテンス八重系(早咲き大輪系) 9cmポット苗

土っ子倶楽部

620

クレマチス 『スイセイ2号』 パテンス八重系(早咲き大輪系) 9cmポット苗

日本で作り出された八重咲き品種で、鮮やかで深みのある紫色がとても美しいクレマチス。咲き始めは一重のような花ですが、徐々に豪華で整った花形になります。 花持ち良く鑑賞期間が長い。鉢植え 庭植えともに育てやすい。旧枝咲き・弱剪定。 ・9cmポット苗でお届けします。高さ;10~15cm・カラーラベル付き。・冬季落葉のため、お届け時には茎のみの場合があります。・お届け株の写真は見本ですので、草姿が異なることがあります。・花の写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは若干異なることがあります。・開花;5~10月(地域によって異なります)・花色;紫系・草丈;1m~(つる性)・用途;鉢、コンテナ、花壇、庭・キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(宿根草)・全国栽培可 ※お届けする苗に時折、「茎折れ」「茎割れ」がありますが、生育に支障はありません。茎折れや 茎割れによる返品、交換は対応しておりません。ご了承お願い致します。 ※冬でも屋外で育ててください。寒さにあてないと花芽が付きません。 ※3月中旬以降は短く剪定してお届けする場合があります。ご了承お願いいたします。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!万能型培養土園芸の土『土一番』 おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】18cm(6号)美しく整った八重咲き大輪が魅力的!濃い鮮やかな紫色は大人な雰囲気があります。

クレマチス 『バイオレット・エリザベス』 パテンス八重系(早咲き大輪系) 9cmポット苗

土っ子倶楽部

620

クレマチス 『バイオレット・エリザベス』 パテンス八重系(早咲き大輪系) 9cmポット苗

アンティーク調の紫がかったピンクで淡くやさいい色合い。見ごたえのある剣弁の大輪八重咲き。花持ちが良く、四季咲き性で、花後の弱剪定により返り咲きします。旧枝咲き・弱剪定。 ・9cmポット苗でお届けします。高さ;10~15cm・カラーラベル付き。・冬季落葉のため、お届け時には茎のみの場合があります。・お届け株の写真は見本ですので、草姿が異なることがあります。・花の写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは若干異なることがあります。・開花;5~10月(地域によって異なります)・花色;紫がかったピンク・草丈;1m~(つる性)・用途;鉢、コンテナ、花壇、庭・キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(宿根草)・全国栽培可 ※お届けする苗に時折、「茎折れ」「茎割れ」がありますが、生育に支障はありません。茎折れや 茎割れによる返品、交換は対応しておりません。ご了承お願い致します。 ※冬でも屋外で育ててください。寒さにあてないと花芽が付きません。 ※3月中旬以降は短く剪定してお届けする場合があります。ご了承お願いいたします。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!万能型培養土園芸の土『土一番』 おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】18cm(6号)柔かい印象のアンティークピンクが美しい八重咲き種!見ごたえのある大輪花!

ハーブの苗 「ラベンダー・ディリーディリー 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ディリーディリー 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ローズマリー・マリンブルー 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・マリンブルー 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ボリジ (ブルー) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ボリジ (ブルー) 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所を好みます。肥沃な土であれば、大株になり育てやすいです。 高温多湿の時に蒸れやすいので、風通しをよくするために枝をすかすとよいでしょう。極端に乾燥しなければ水やりは要りません。 有機質肥料を元肥または寒肥えとするか、化成肥料を生育期に施して下さい。 地上部の割に根が少ないので、チッソ分が多めの液肥等を数回与え、元気を促すとよいです。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ボリジ・ギャラリーハーブの苗 ボリジ Borage 学 名 Borage 科 名 ムラサキ科ルリジシャ属 種 類 1年草 原産地 地中海沿岸 和 名 ルリヂシャ 別 名 ビーブレット、スターフラワー 花 色 ブルー 南ヨーロッパ(地中海方面)、北アフリカに広く分布し、乾燥した荒れ地に自生します。 高さ20~100cmになり、葉茎に剛毛があります。茎は太くてよく枝分かれし、茎頂に花をつけます。 ガクと青い花弁は5つに分かれ、下向きに咲き、夏の間中たくさんつけてくれます。 花はガクからはずして、エディブルフラワーとして、そのままサラダやデーザート、飲み物、ワインなどに利用します。また、砂糖菓子にしてケーキの飾りにも使います。 花の形や姿のおもしろさから園芸用として花壇に植えこんでも見栄えがします。 科名:ムラサキ科ルリジシャ属、和名:ルリチシャ、別名:ビーブレット...

ハーブの苗 「アターオブローゼズゼラニウム(アッタルローズ) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「アターオブローゼズゼラニウム(アッタルローズ) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「クリーピングタイム(レッド) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「クリーピングタイム(レッド) 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 クリーピングタイム(レッドフラワー)...

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系リバティーラベンダー Liberty...

ハーブの苗 「ラベンダー・ロングホワイト 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ロングホワイト 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■栽培地 静岡県■規格 ...

ハーブの苗 「ラベンダー・ミスキャサリン 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ミスキャサリン 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・ギルティッシュゴールド 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ギルティッシュゴールド 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・ブルーボーイ 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ブルーボーイ 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・メイレット 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・メイレット 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ラベンダー・コンパクタ 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・コンパクタ 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・コルシカン 9cmポット」(半匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・コルシカン 9cmポット」(半匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・フォタブルー 9cmポット」(半匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・フォタブルー 9cmポット」(半匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・ミスジェサップ 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ミスジェサップ 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況に よりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育て ます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感...

ハーブの苗 「ローズマリー・モーツァルトブルー 9cmポット」(半匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・モーツァルトブルー 9cmポット」(半匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スイートラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ...

ハーブの苗 「ローズマリー・コーリンハムイングラム 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・コーリンハムイングラム 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・ロイヤルパープル 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ロイヤルパープル 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナロゼア 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナロゼア 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・サンタバーバラ 9cmポット」(匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・サンタバーバラ 9cmポット」(匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・レックス 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・レックス 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「レモンバリエゲータゼラニウム(斑入り) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンバリエゲータゼラニウム(斑入り) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ラベンダー・アボンビュー 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・アボンビュー 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 アボンビューラベンダー Avonview...

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスワイン 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスワイン 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 ストエカスワイン WINE 学 名 Lavandula...

ハーブの苗 「ワイルドストロベリー(赤実) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ワイルドストロベリー(赤実) 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけと水もちのよい肥沃な砂質壌土を好みます。 8月にランナーを出してその先に子苗ができるので、元肥を入れランナーをけりとって9~10月に植え付けて下さい。 枯れた下葉は切り取り、除草やマルチングを行って下さい。 灰色かびとハダニに注意して下さい。 肥料にチッソ分が多いと果実ができないことがありますので注意して下さい。 果実を肥大化させるためには、昆虫による受粉か人工授粉が必要です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ワイルドストロベリーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ワイルドストロベリー・ギャラリーハーブの苗 ワイルドストロベリー Wild strawberry Red 学 名 Fragaria vesca 科 名 バラ科イチゴ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ南部 和 名 エゾヘビイチゴ 別 名 ヨーロッパクサイチゴ 花 色 ホワイト ヨーロッパ北部とアジア北部、北米に分布しています。 16世紀に大粒のオランダイチゴが普及するまではヨーロッパで栽培されていた品種です。 高さ15~30cmになり、根出葉は葉柄が長くて細く、小葉は3枚で深い葉脈と縁に鋸歯状の切れ込みがあり秋に紅葉します。 長く伸びた花茎の先に、中心が黄色い小さな白色の5弁花を咲かせます。 現在の栽培種と比べると葉も花も小型で果実も小型ですが、酸味が少なく...

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスアルバ 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスアルバ 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ストエカスラベンダーアルバ・ギャラリーハーブの苗 ストエカス系...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク