メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「マダガスカル」検索結果。

マダガスカルの商品検索結果全32件中1~32件目

送料無料
【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

Amazon

1,480

【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

学名 : Phachypodium decaryi の種子、5粒です。 欧州より輸入したマダガスカル産の種子です。 【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 特にパキポディウム・デカリーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

食虫植物 Nepenthes Ventrata (ネペンテス ベントラーター)3号深白鉢

Amazon

1,000

食虫植物 Nepenthes Ventrata (ネペンテス ベントラーター)3号深白鉢

Nepenthes Ventrata(ネペンテス ベントラーター) ウツボカズラの1種で葉が壺型に変形し、虫を捕らえる食虫植物、東南アジアが分布の中心で。東北側はフィリピンから、香港、タイをへてミャンマー、スリランカからセーシェル、そして飛び離れてマダガスカルに2種がある。南はオーストラリアのヨーク半島まで分布がある。 しかし、インドネシア、マレーシアに種類が多く、最も集中しているのはボルネオ島で、キナバル山などを中心に多くの種が生育する。低地から3000mくらいの高地にまで生育地があり、特に高地には特殊なもの、変わった姿のものが知られている。 栽培 普通はミズゴケを用いて鉢植えされ、温室などで栽培される。乾燥した状態では成長しても葉先に捕虫器が形成されないことがよくあるので、空中湿度を高く保つ必要がある。日本では冬越しは室内でなければならないが、普通の室内ではなんとか越冬させるだけ、というところである。できれば温室栽培が望ましい 。光が不足すると袋を付けにくくなりますので室内などで栽培するときは窓辺など出来るだけ明るい場所に置いてください。 温度 高地~低地性種(中間型) 12~30℃

食虫植物 白吊鉢(5S) Nepenthes 'Attractive Fuso' KI (ネペンテス アトラクティブ フソ)

Amazon

2,200

食虫植物 白吊鉢(5S) Nepenthes 'Attractive Fuso' KI (ネペンテス アトラクティブ フソ)

ウツボカズラの1種で葉が壺型に変形し、虫を捕らえる食虫植物、東南アジアが分布の中心で。東北側はフィリピンから、香港、タイをへてミャンマー、スリランカからセーシェル、そして飛び離れてマダガスカルに2種がある。南はオーストラリアのヨーク半島まで分布がある。 しかし、インドネシア、マレーシアに種類が多く、最も集中しているのはボルネオ島で、キナバル山などを中心に多くの種が生育する。低地から3000mくらいの高地にまで生育地があり、特に高地には特殊なもの、変わった姿のものが知られている。 栽培 普通はミズゴケを用いて鉢植えされ、温室などで栽培される。乾燥した状態では成長しても葉先に捕虫器が形成されないことがよくあるので、空中湿度を高く保つ必要がある。日本では冬越しは室内でなければならないが、普通の室内ではなんとか越冬させるだけ、というところである。できれば温室栽培が望ましい 。 水やりは、用土の表面が乾いてきたらたっぷりとやるのが望ましい。 。光が不足すると袋を付けにくくなりますので室内などで栽培するときは窓辺など出来るだけ明るい場所に置いてください。 温度 高地性~低地性の中間 適応温度:10~35℃

Crassula`HIMATURI' / White Cube Pot / クラッスラ・火祭り / ホワイトキューブポット / インテリア観葉植物 / 鉢植え

Amazon

2,280

Crassula`HIMATURI' / White Cube Pot / クラッスラ・火祭り / ホワイトキューブポット / インテリア観葉植物 / 鉢植え

商品詳細: 学名:Crassula capitella ssp. thyrsifolia ' Flame' / 英名:Cumpfire Crassula / 分類:多年草 / 科属名:ベンケイソウ科クラッスラ属 / 原産地:アフリカ、マダガスカル、アラビア半島 / 花言葉:温厚 / ◆どんな植物?◆ クラックス属では代表的な多肉植物で、名前の通り、秋の紅葉時には赤く燃えるような葉がとっても情熱的。艶々ぷっくりな色艶と独創的な姿がとても魅力的な多肉植物です。 基本的に花が着きやすく管理も楽なタイプですが、出来るだけ生育を抑えると群生で赤く染まり長期間紅葉を楽しむことができます。 数ある多肉植物の中でも、その色合いと存在感は抜群の人気品種と言えるでしょう。 シンプルで可愛いキューブ型のホワイト陶器ポットにアレンジし、リビングや寝室にもぴったりなグリーンインテリアに…。陶器の受け皿も付いています♪ ※植物の為、形状が画像と異なる場合がございますが、厳選した良質苗を発送しております。何卒ご信頼の上、当店にお任せください。また、農園の栽培環境や季節によっては、紅葉していない場合がございます。 植物について、ご質問がございましたらご注文前にお気軽にお問合せくださいませ。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Brevicalyx★パキポディウム・ブレビカリックス★檸檬黄花の希少種 種子5粒♪ [並行輸入品]

Amazon

580

【多肉植物/種子】Pachypodium Brevicalyx★パキポディウム・ブレビカリックス★檸檬黄花の希少種 種子5粒♪ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ブレビカリックスは寒さにとても弱いので、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中も日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意します。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は日差しの良い暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Eburneum★パキポディウム・エブレネウム★白肌と白花の希少種♪ [並行輸入品]

Amazon

1,280

【多肉植物/種子】Pachypodium Eburneum★パキポディウム・エブレネウム★白肌と白花の希少種♪ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 標高の高い地域に自生しているため、寒さには比較的強いほうです。 厳冬期も霜が降りない温暖な地域であれば、雨風を防いだ一日中日光の当たる場所なら無加温でも問題なく越冬します。 蒸し暑さに弱いところがあるため、夏は気温は高くても問題ありませんが、蒸れないように気をつけましょう。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Saundersii★パキポディウム サウンデルシー☆ 白馬城 [並行輸入品]

Amazon

580

【多肉植物/種子】Pachypodium Saundersii★パキポディウム サウンデルシー☆ 白馬城 [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は日差しの良い暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

送料無料
【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

多肉植物・寄せ植え/ブリキ缶ポット植えAG[直径8cm、高さ7cm] ノーブランド品

Amazon

1,272

多肉植物・寄せ植え/ブリキ缶ポット植えAG[直径8cm、高さ7cm] ノーブランド品

カラフルな多肉植物をブリキ缶へ植えこみました。品種はアソートとなりますが、大体4~5品種が植えこまれています。写真はお届けする株の一例です。多肉植物にはたくさんの品種があるため、お届け商品はさまざまな組み合わせとなりますので、ご了承くださいませ。管理方法:水はけの良い土を好みます。多肉植物用培養土か、一般的な培養土に3割ほど赤玉土を混ぜて植えてください。なるべく日当たりと風通しの良い場所に置きます。梅雨など雨が多い時期は、雨がかからないところに移動させます。冬は室内の明るい窓際に置きます。水やりは最小限で大丈夫です。成長期の春と秋には少し多めにしてください。成長が遅いので、肥料はあまり必要としません。植え替え時に、窒素分の少ない有機質の緩効性肥料を鉢底に入れます。雨ざらしにしておくと黒点病が発生することがあります。アブラムシなどがつくことがありますので、発見したら薬剤で防除してください。直径8cm(内径7.8cm)、高さ7cmのブリキ缶ポット植えです。写真はお届けする苗の一例ですが、植込み品種はポットごとに異なるため、さまざまな品種でのお届けとなります。何卒ご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク