メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ブッドレア」検索結果。

ブッドレアの商品検索結果全21件中1~21件目

花木 庭木の苗/わい性ブッドレア:藍姫(あいひめ)5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

花木 庭木の苗/わい性ブッドレア:藍姫(あいひめ)5号ポット

ブッドレアは初夏にたおやかな花穂を風にそよがせるスマートな花木。強健でよく枝が増え、栽培が容易です。初夏から秋まで途切れることなくたくさんの花を咲かせてくれます。花にはよい香りがあり、蝶が集まります。藍姫はアメリカで注目されている新品種。樹高が50〜60cmくらいとコンパクトな紫花の矮性種で、花付きが良く、鉢植えで簡単に育てることができます。また不稔性の種子なので、お庭に広がりすぎないことも魅力です。タイプ:フジウツギ科の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:7月〜9月樹高:50〜60cm日照:日向むき栽培方法:乾燥に強く過湿を嫌うので、日当たり・水はけ・風通しのよい場所に少し土を盛り上げて植え付けます。気温が高い期間は休まず日花がつきますので、肥料切れのないよう有機質をたっぷりと施して植付け、3月、5月末、9月末ころに追肥をしてください。葉が落ちた冬に剪定をします。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入り、樹高約15〜30cmの苗です。樹高はお届け時期により異なる場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。※種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。わい性ブッドレア:藍姫(あいひめ)5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ブッドレア(フサフジウツギ)樹高0.2m前後

Amazon

1,188

ブッドレア(フサフジウツギ)樹高0.2m前後

ブッドレア(紫系) フジウツギ科 フジウツギ属 落葉低木 優美な円錐花序に甘い香りの小花が密に付く。 蝶を呼ぶ花としても有名な花木 日本にも同じ種類のフジウツギ、ウラジロフジウツギが自生していますが、 花はあまり美しさはなく、庭木としてよく植えられているのが 中国原産でフサフジウツギの園芸品種「ブッドレア」です。 6~9月の夏の間に小さな花を穂状に付け咲かせます。 花からは 甘い香りがし、この花を好んで蝶が集まることから 別名「バラフライ・ブッシュ」とも呼ばれています。 植え付け 2月下旬~3月が適期。寒冷地では3~4月にに植えつけます。 穴は大きめに掘り、腐葉土か堆肥を多めに入れて水はけよく高めに土を盛ります。 少し深めに植えつけることで、根元から元気の良い新梢を出させましょう。 特に細い小苗はこのような方法をおすすめします。 苗は支柱を添えて固定しておくことも大切です。 四季の管理 気温が高いと次々と花が咲き続けるので、花が終わった枝先を 3分の1ほどくらい切り戻すと、再び新梢を伸ばしてその先に花を咲かせます。 春から秋はこうして花がらを切っていき、本格的な整枝は2~3月に行います。 四季の管理 肥料は油粕と粒状化成肥料を1月下旬と5月、9月上旬に根元に埋め、 元気のよい新梢を出すようにします。 苗のふやし方 挿し木が簡単です。2月下旬~3月上旬の春挿しと、6月下旬~7月に 新 梢を使った梅雨挿しでふやす事ができます。 苗のふやし方 風通しが悪いとアブラムシ、カイガラムシ、枝に被害を及ぼす テッポウムシやコウモリガなどの被害が見られます。見つけ次第、 早めに殺虫剤を散布して駆除します。風通しをよくし、予防する事も大切です。 栽培適 地:日本全国 花期:6~9月 施肥:1・5・9月 植え付け:2~3月 最終樹高:3m前後 用途...

【1年間枯れ保証】【低木】ブッドレア 0.1m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,188

【1年間枯れ保証】【低木】ブッドレア 0.1m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらブッドレア 商品一覧0.1m1100円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じフジウツギ科ブッドレア属の商品ブッドレアブッドレア/パープルエンペラーブッドレア/ピーコックブッドレア/ピンクブッドレア/ホワイトブーケ【ブッドレア】読み:ぶっどれあ学名:Buddleja davidiiフジウツギ科ブッドレア属落葉低木【商品説明】ブッドレアは落葉低木です。夏の間に小さな花を穂状につけます。花からはよい芳香がします。バタフライプランツとも呼ばれ蝶がよく密を吸いにきます。背丈が高くなるのでアクセントとしても多様できます。【適地・管理】日当たりがよくて水はけがよい場所を好みます。成長力が旺盛で放任していると大株になります。5〜6月ごろにピンチを行うと高さを維持できかぜにも強くなります。寒さには強いです。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=3〜10月剪定時期=5〜10月開花時期=5〜10月果実=無し用途=花木orグランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 3〜9鉢/1m2【その他】ブッドレアは穂状につける花が特徴です。綺麗に咲く花には蝶がよく来ます。

わい性ブッドレア:藍姫(あいひめ)5号ポット[樹高50~60cmになる小型種大苗 花壇・鉢植えに!] ノーブランド品

Amazon

1,144

わい性ブッドレア:藍姫(あいひめ)5号ポット[樹高50~60cmになる小型種大苗 花壇・鉢植えに!] ノーブランド品

ブッドレアは初夏にたおやかな花穂を風にそよがせるスマートな花木。強健でよく枝が増え、栽培が容易です。初夏から秋まで途切れることなくたくさんの花を咲かせてくれます。花にはよい香りがあり、蝶が集まります。藍姫はアメリカで注目されている新品種。樹高が50~60cmくらいとコンパクトな紫花の矮性種で、花付きが良く、鉢植えで簡単に育てることができます。また不稔性の種子なので、お庭に広がりすぎないことも魅力です。タイプ:フジウツギ科の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:7月~9月樹高:50~60cm日照:日向むき栽培方法:乾燥に強く過湿を嫌うので、日当たり・水はけ・風通しのよい場所に少し土を盛り上げて植え付けます。気温が高い期間は休まず日花がつきますので、肥料切れのないよう有機質をたっぷりと施して植付け、3月、5月末、9月末ころに追肥をしてください。葉が落ちた冬に剪定をします。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入り、樹高約15~30cmの苗です。樹高はお届け時期により異なる場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。※種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。

ブッドレア ‘シルバーアニバーサリー’

おぎはら植物園

432

ブッドレア ‘シルバーアニバーサリー’

■ 学名 : Buddleja ×'Silver Anniversary' ■ フジウツギ科 耐寒性低木 半常緑〜落葉樹 ■ 別名 : ブッドレア(ブッドレヤ) バタフライブッシュ 西洋フジウツギ など ■ お届けの規格 9〜10.5cmポット苗 (高さ10〜30cm内外) ※季節によりやや落葉中、剪定済みの場合があります ■ 主な花期 : 夏〜秋 ■ 生育後の高さ : 2m前後 (剪定により1m前後にもできます) ■ 耐寒性 : 約−12℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向 ■ 用 途 : 庭木 生垣 大鉢仕立て 白味の強い葉は感触も柔らかで、とても美しいシルバー リーフのブッドレア 樹形はコンパクトにまとまり、 扱いやすい 原種同士の交配種で一般的なダビディと 違いボール状のユニークな花が咲き香りが良い 葉色が特に美しいブッドレアです 〜担当スタッフのコメント〜 最も葉色が美しいブッドレアと言っても過言では ありません。まるでホワイトセージのような美しい葉を持ちます。本種は一般的なブッドレア(ダビディ) と違い、クリスパとロリカータという原種同士の交雑種です。葉の柔らかな感じも違いますが、花も大きめのボール状で個性的、香りがとても良いです。 樹形もコンパクトで扱いやすく、剪定も自在なので形が自由にとれます。若いうちは寄せ植えなどにもカラーリーフが活躍します。 ↑ツボミの様子 ↑満開 ボール状のユニークな花 〜ブッドレアについて〜 とても丈夫で日本全国どこでも育つ花木です 暑さ寒さに強く、根が張れば乾燥にも耐え 土質も選びません ぐんぐん伸び生育がとても 早く、すぐに見ごたえあるサイズに生長し、 剪定にも強いのいで樹形も自在にとれます とても良い香りがあり、花期は庭に優しい香り が漂います バタフライブッシュの英名の通り...

こちらの関連商品はいかがですか?

花木 庭木の苗/アジサイ(ハイドランジア):エンドレスサマーザオリジナル3.5号ポット

園芸ネット プラス

1,259

花木 庭木の苗/アジサイ(ハイドランジア):エンドレスサマーザオリジナル3.5号ポット

ガーデン用ハイドランジアの人気品種です。とても成長が早く、苗木を植えつけてからわずか1年あまりで大きな株となり、たくさんの花を咲かせる画期的なアジサイ。非常に強健で育てやすい品種です。通常のアジサイと異なり、その年に伸びた枝に花をつけるので、春から秋まで長く花を楽しめます。どこでいつ剪定しても次々に花が上がるので、誰でも上手に栽培できます。茎が細めで繊細な印象で、直径10〜15cmの美しい花が枝垂れるようにたくさん咲きます。アルカリ土壌ではピンクに、酸性土壌では青く花色が変化します。また、耐寒性も強いので、寒冷地(Zone4のエリア)でも庭植えできます。夏場暑すぎるとしばらく花芽が出ないことがありますが、涼しくなれば出てきます。また夜間平均温度が18度以上で約5週間で花芽が確認できます。タイプ:アジサイ(ユキノシタ)科の耐寒性落葉低木樹高:約50〜80cm植付け適期:春または秋開花期:6〜10月用途:庭植え、鉢植え日照:半日陰栽培方法:日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。開花中は適宜液肥などを追肥してください。冬越しは落葉後軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせて霜に当てないようにしてください。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。花がらは秋口まで楽しめます。秋には剪定して樹勢を保ってください。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。樹高や生育の度合いは入荷時期により異なります。お届け時期により管理上の剪定を行っている場合があります。また露地管理の苗のため、冬から春にかけてのお届け時は、産地の環境により前年の秋に伸びた芽が冬季の寒さに当たって黒...

花木 庭木の苗/ガクアジサイ:ジョウガサキ(城ヶ崎)3〜3.5号ポット

園芸ネット プラス

973

花木 庭木の苗/ガクアジサイ:ジョウガサキ(城ヶ崎)3〜3.5号ポット

伊豆の華と同じく東伊豆から出たガクアジサイの八重花。大型で花色は酸性土で青となり、ガク片に青のシマが入っています。アルカリ性土では写真のようなピンク色となります。学名:Hydrangea macrophylla 'Jogasaki'タイプ:ユキノシタ(アジサイ)科ハイドランジア(アジサイ)属の耐寒性落葉低木樹高:100〜150cm開花期:6月〜7月植付け適期:2月〜5月用途:庭植え、鉢植え日照:日向〜半日陰向き栽培方法:半日陰で、水はけのよい場所なら用土はあまり選びません。十分に水をやり、水を切らさないようにしてください。肥料は春と秋に与えます。剪定は花後の7月〜8月の間にします。お届けする苗は、3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。また開花は来年以降となる場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。ガクアジサイ:ジョウガサキ(城ヶ崎)3〜3.5号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方アジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整

花木 庭木の苗/アジサイ:アベトゥー(インクレディボール)7号ポット

園芸ネット プラス

4,121

花木 庭木の苗/アジサイ:アベトゥー(インクレディボール)7号ポット

大きな手毬状の花で人気の高いアナベルの改良品種の登場です!アナベルよりも樹高は高く、茎が太くて花序が大きくなりガーデンの中での存在感は抜群です。雨に強いのも特徴で花が倒れません。アメリカで注目されている北米原産の最新品種です。学名:Hydrangea arborescens 'Abetwo'タイプ:ユキノシタ科の耐寒性落葉低木植付け適期:2月〜4月、7月〜9月開花期:5〜6月樹高:約1.5m日照:日向〜半日陰向き栽培方法:日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。また、ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつけるので、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫です。1回目の開花で花が満開のときに花を剪定すると再び花芽をつけます。花がらを残したままにしておくと次の花芽をつけませんのでご注意ください。うまく剪定を行えば、3回くらい花が上がってきて秋まで開花が楽しめます。冬越しがラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません。落葉後は軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心です。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。お届けする苗は7号(直径21cm)ポット入りの苗です。樹高や樹形、枝葉の多少は個体差があります。お届け時期により開花後の状態となる場合があります。冬季は切り戻し、落葉状態でのお届けです。また、初夏〜秋のお届け時は花後の状態、多少の虫食い跡など葉の状態がきれいでない場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承...

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):ダイヤモンドルージュ 4号ポット

園芸ネット プラス

1,831

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):ダイヤモンドルージュ 4号ポット

オランダで行われる歴史ある展示会2011年プランタリウムにて銀賞を受賞した話題の濃桃色のノリウツギです。ノリウツギの中でも特に美しい濃桃色の花で、咲き始めは白くだんだん桃色が入り、濃桃色に変わっていきます。長期にわたって花色の変化が楽しめ、株は30cmにもなる大きな花房で覆われます。育種者:Jean Renault※国際種苗登録 EU20110927タイプ:ユキノシタ科アジサイ属の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:6〜8月樹高:150〜200cm日照:日向むき栽培方法:日向〜半日陰で水はけ・風通しのよい肥えた土を好みます。真夏の直射日光にあたると傷むので、日よけをするか日陰に移動してください。剪定は3月までに行います(新梢に花がつきます)。4〜5月と9〜10月に肥料を与えてください。コンテナでも育てられます。耐寒性は強いですが、真冬の最低気温がマイナス15度以下になる場合には注意が必要です。お届けする苗は、4号(直径12cm)ポット入り、樹高約10〜20cmの苗です。樹形や樹高は多少変動することがあります。またお届け時期により葉がきれいでない状態の場合があります。冬季は落葉の状態でのお届けです。写真は成長・開花時(咲き進んだ状態)のイメージです。ノリウツギ(糊空木):ダイヤモンドルージュ 4号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):バニラフレーズ4号ポット

園芸ネット プラス

1,717

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):バニラフレーズ4号ポット

ノリウツギはアジサイの仲間で、日本原産の初夏の花です。アジサイよりも開花はかなり遅めです。バニラフレーズは咲き始めはバニラのような白色でその後にピンクに変化していきます。矮性でコンパクトにまとまります。学名:Hydrangea paniculata 'Vanille Fraise'タイプ:ユキノシタ科アジサイ属の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:6月〜9月樹高:1.5〜2m日照:半日陰むき栽培方法:半日陰〜日向で水はけ・風通しのよい肥えた土を好みます。真夏の直射日光にあたると傷むので、日よけをするか日陰に移動してください。剪定は3月までに行います(新梢に花がつきます)。4〜5月と9〜10月に肥料を与えてください。コンテナでも育てられます。植え付け3年目くらいまでは開花時に花が垂れてしまうので、支柱をした方がよいでしょう。お届けする苗は、4号(直径12cm)ポット入り、樹高約20〜30cmです。樹高は多少変動することがあります。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。株が充実してから色がよくでるようになりますので、初年度は色がピンクに変わらない場合もございます。また、花色の変化は開花時の気温や栽培環境にも影響され、変色せずに開花が終わる場合もあります。ノリウツギ(糊空木):バニラフレーズ4号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

花木 庭木の苗/ハイビスカス:フラミンゴ4号ポット

園芸ネット プラス

1,259

花木 庭木の苗/ハイビスカス:フラミンゴ4号ポット

ハイビスカスは夏には欠かせない代表的な熱帯花木です。次々に花を咲かせ、花色もバラエティに富んでいます。フラミンゴは2段咲きのちょっと変わった形の品種です。サーモンピンクの花色と形は、まさにフラミンゴを連想させます。花弁の中心部は濃紅色、外側はオレンジとなり、濃紅色の網目模様が入ります。開花は今年の初夏からとなります。タイプ:アオイ科の非耐寒性常緑低木栽培適地:日本全国(鉢植えにして、10月〜4月は室内にて管理)開花期:6〜10月日照:日向むき栽培方法:お届けした苗(直径12cmポット入り)は5〜6号(直径15〜18cm)の鉢に植え替えてください。市販の培養土または赤玉土6対腐葉土3対堆肥1の用土を使用し、緩効性化成肥料を混ぜて植えつけます。5月から9月までは戸外の日当たりのよい場所に置きます。ただし日本の高温多湿の夏はあまり得意ではないので、日中は涼しい日かげに置くと真夏でも花を楽しむことができます。夏の間は水を切らさないように注意して、1週間に1度液肥を規定倍率に薄めて与え、2ヶ月に1度緩効性固形肥料を3個ずつ施してください。生育期を通してアブラムシ類が発生します。アセフェート粒剤など、浸透移行性の殺虫剤を鉢土の表面に散布すると防除できます。9月中旬以降涼しくなってきたら、また日当たりのよい場所に移動します。10月になったら室内のよく日のあたる場所に移しますが、よく生育して大株になってしまった場合は、室内に取り込む前にすべての枝を葉を2〜3枚残して剪定します。あるいは、9月ころに挿し木で苗を作り、株を更新してください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時には個体差があります。樹高は入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。※成長が早い品種です...

花木 庭木の苗/アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

花木 庭木の苗/アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポット

レッツダンス ディーバは海外で育成された新品種で、インパクトのある巨大な花が特徴のガク咲き品種。従来のガクアジサイと比較すると一つのガクが数倍の大きさとなり、環境が良ければ手のひらほどの大きさにもなります。株はコンパクトで鉢栽培も可能です。花色は土壌酸度によりピンク〜薄い青紫色となります。この品種は新芽、古い枝の両方に花が咲くので、毎年美しい花が楽しめます。学名:Hydrangea macrophylla 'SMHMLDD'タイプ:ユキノシタ(アジサイ)科ハイドランジア(アジサイ)属の耐寒性落葉低木樹高:50〜100cm開花期:6〜7月頃用途:庭植え、鉢植え日照:日向〜半日陰向き栽培方法:日当たりから半日陰まで植えられ、適度な湿り気があり、腐植質に富む肥沃な土を好みます。また、冬の冷たい風を防げる場所が適しています。株元を乾燥させないことが大切で、鉢植えでは水切れに注意します。また庭植えの場合は真夏や冬季など地面が乾燥する季節には敷き藁などでマルチングしてください。剪定は花後すぐ(7月)に、花が咲いた枝を好みの高さの芽の上で切り取ります。肥料は寒肥として11月半ばから2月半ばに根元に骨粉、油かすなどの有機肥料を、また7月から9月に追肥として速効性化成肥料を施します。病害虫は6〜8月にカミキリムシの幼虫が幹に入ることがありますので、薬剤を散布するとよいでしょう。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。 お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入りです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがあります。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態について...

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,188

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル4〜5号ポット

直立した繊細な茎に大きな手毬状になる真っ白な花が美しい注目品種。一つ一つの花は小さいのですが、全体では直径25cmもの大きな花となり見ごたえがあります。花色は咲き進むにつれ、淡いグリーンに変わっていきます。ハイドランジア(西洋アジサイ)の中でも耐寒性が強い品種です。日向を好みますが、半日陰にも植えられます。庭植え、大きな鉢やコンテナ植えでお楽しみください。タイプユキノシタ科の耐寒性落葉低木開花期6〜7月樹高約1.5m日照日向〜半日陰向き 栽培方法:日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。また、ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつけるので、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫です。冬越しがラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません。落葉後は軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心です。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。花がらは秋口まで楽しめます。秋には剪定して樹勢を保ってください。お届けする苗は4〜5号(直径12〜15cm)ポット入りの苗です。樹高はお届け時期により変動します。お届け時期や苗の生育状況により翌年からの開花となる場合があります。夏〜秋は花後の状態や、葉に多少の虫食いがあったり、葉が汚い場合があります。また剪定後となる場合があります。冬季は落葉状態でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイ:アナベル4〜5号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):みゆき6号鉢植え

園芸ネット プラス

2,862

花木 庭木の苗/ノリウツギ(糊空木):みゆき6号鉢植え

ノリウツギはアジサイの仲間で、日本原産の初夏の花です。アジサイよりも開花時期は遅めです。みゆきはボリュームのある花を咲かせ、咲き始めはライムグリーン〜白、後にピンクを帯びてきます。タイプ:ユキノシタ科アジサイ属の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:6月〜9月樹高:1〜1.5m日照:半日陰むき栽培方法:半日陰〜日向で水はけ・風通しのよい肥えた土を好みます。真夏の直射日光にあたると傷むので、日よけをするか日陰に移動してください。剪定は3月までに行います(新梢に花がつきます)。4〜5月と9〜10月に肥料を与えてください。コンテナでも育てられます。植え付け3年目くらいまでは開花時に花が垂れてしまうので、支柱をした方がよいでしょう。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。お届けする苗は、6号(直径18cm)鉢植え、樹高約60〜80cmです。樹高は多少変動することがあります。お届け時期により開花後の状態であったり、管理上の剪定を行っている場合があります。写真は開花時のイメージです。株が充実してから色がよくでるようになりますので、初年度は色がピンクに変わらない場合もございます。また、花色の変化は開花時の気温や栽培環境にも影響され、変色せずに開花が終わる場合もあります。ノリウツギ(糊空木):みゆき6号鉢植えの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

花木 庭木の苗/選抜ネマガリダケ3.5号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

1,794

花木 庭木の苗/選抜ネマガリダケ3.5号ポット 2株セット

地表の近くで根元が曲がっていることから「根曲竹」と呼ばれ、たけのこの仲間の中では最もおいしく、栄養価にも優れると言われています。北国の高山に生える植物ですが、平地でも栽培できるように耐暑性の強い個体を選抜しました。根元からひねりとったタケノコを早めに調理していただきます。炭焼き、ゆでマヨ、味噌煮どれも最高。別名:チシマザサ 生産地:静岡県株分け養成苗、3〜5芽立株でのお届けです。タイプ:イネ科の常緑樹樹高:50〜100cm収穫期:5〜7月植栽適地:関東地方以南日照:日向〜半日陰むき用途:庭植え、鉢植え栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。鉢植えでも栽培できます。適度な湿り気を好み、耐寒性、耐暑性もあります。乾燥を嫌うので、夏場日照りが続く場合は水遣りしてください。枝が密生し、カイガラムシなどが着きやすいので、古い悍は早めに取り除きましょう。樹高が高くなりすぎる場合は適当な高さで剪定します。移植は容易です。収穫方法:孟宗竹のように地中から掘り出す必要は無く、タケノコが30〜40cmくらいに延びてきたら根元から折り取ります。あく抜きは普通のタケノコと同様に米糠で行いますが、アクが比較的少ないので、収穫したてなら茹でるだけで食べられます。3.5号(直径10.5cm)ポット植えの苗です。収穫までの年数は3〜4年です。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。品種の性質上、地上部の大きさには個体差があります。※写真はイメージです。選抜ネマガリダケ3.5号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/マリーゴールド (わい性):ホワイトバニラ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

572

草花の苗/マリーゴールド (わい性):ホワイトバニラ3号ポット 2株セット

コンパクトにまとまるわい性マリーゴールド。ホワイトバニラは、アフリカン系のわい性品種で、花径8cm以上の乳白色のかわいらしい花を咲かせます。草丈は25cmくらい。花壇へ植えても伸びにくい品種です。マリーゴールドは土壌センチュウを抑制するので、花壇や家庭菜園の縁取りとして植えておくと他の植物のセンチュウ被害を減らすことができます。タイプ:キク科の非耐寒性1年草 草丈:20〜25cm開花期:6〜10月用途:花壇、鉢植え日照:日当り 栽培方法:戸外の日当たりのよい場所を好みます。遅霜の恐れがなくなったら30〜40cm間隔で定植してください。1ヶ月に1回程度追肥していただくと、長く花を楽しむことができます。ただし、肥料が多すぎると葉ばかり茂り花付きが悪くなりますので、与えすぎに注意してください。花が咲き終わるごとに花がらをこまめに摘むと秋まで良い花が楽しめます。夏に一旦開花を休むので、切り戻しておくと秋にまた整った株姿で楽しむことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届け時は苗の状態です。マリーゴールド (わい性):ホワイトバニラ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):カプリ4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):カプリ4.5号ポット

カプリは淡いブルーの花を咲かせる半ほふく性(下垂性)品種です。年間を通して緑を保つ低木として、ガーデニングにご利用いただくほか、さわやかな香りとほろ苦い風味を持つハーブとしてお料理にもご利用いただけます。乾燥させた葉はポプリにも最適です。タイプ:シソ科マンネンロウ属の半耐寒性常緑低木 草丈:50〜100cm 開花期:秋から翌春にかけて 植え付け適期:春、秋用途:鉢植え、コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つようにします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫・利用方法:葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。4.5号(直径13.5cmポット)、樹高約30cmです。写真はお届けする苗の一例です。樹形は個体差があります。お届け時期により花無しの状態となる場合があります。ローズマリー(半ほふく性):カプリ4.5号ポットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツローズマリーのスタンダード仕立てローズマリーハーブのお風呂1月の野菜・ハーブ類のお手入れ苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)7号鉢植え

園芸ネット プラス

13,737

花木 庭木の苗/キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)7号鉢植え

【大型送料商品】和風庭園に人気の金明孟宗竹。中国から渡来した「もうそうちく(孟宗竹)」の変種で、桿(さお)が黄金色と緑色の縞状となり美しい品種です。庭園に植えられたり、棹の色合いを生かして床柱などにも利用されます。筍は食用にも利用されます。学名:Phyllostachys heterocycla タイプ:イネ科の常緑樹樹高:2〜4m植栽適地:関東地方以南日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。鉢植えでも栽培できます。適度な湿り気を好み、耐寒性、耐暑性もあります。枝が密生し、カイガラムシなどが着きやすいので、発生後2〜3年を経た古い悍は早めに取り除きましょう。樹高が高くなりすぎると風情がないので、2〜3mで剪定します。移植は容易です。7号(直径21cm)鉢植え、鉢底からの全体の高さ約140cm、枝張り約60cm、棹は1本立ちです。写真はイメージです。お届け時期により枝葉のボリュームは少ない場合もございますのでご了承ください。■大型商品のため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)7号鉢植えの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/2季咲きヒメキスゲ(姫黄萓)5号ポット

園芸ネット プラス

1,166

草花の苗/2季咲きヒメキスゲ(姫黄萓)5号ポット

姫キスゲはわい性タイプのキスゲで、ヘメロカリスやカンゾウの仲間です。草丈が一般的なキスゲよりも低く、橙黄色のユリのような花を咲かせます。花は1日花ですが、芳香があり次々に開花します。比較的開花期が長く、耐寒性・耐暑性も強く手間がかかりません。グランドカバーに最適です。タイプ:ユリ科ワスレグサ(キスゲ)属の耐寒性多年草植付け時期:春または秋開花時期:6〜10月草丈:20〜50cm日照:日向むき用途:花壇、グランドカバー栽培方法:日当たりのよい所のほうが花付きが良くなります。深さ4〜5cm、間隔40cmくらいに植え付けます。鉢植えの場合は6号鉢に1株が目安です。肥料は多めに与える様にします。開花期は乾燥させないように注意してください。数年間は植え放しでよいですが、株が混んで来たら秋か春先に株分けをして、植え替えてください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入りです。写真は成長・開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。冬季は地上部が枯れた状態でのお届けとなります。2季咲きヒメキスゲ(姫黄萓)5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー(立性):レックス3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,761

ハーブの苗/ローズマリー(立性):レックス3号ポット 6株セット

立性のローズマリーのなかでも大型の強健種です。光沢のある大きな緑葉、ブルーの花、ガーデン向きの品種です。弱耐寒性ですので、冬は霜よけをしてください。挿木苗なので、特性が安定しています。学名:Rosmarinus officinalis 'Rex'タイプ:シソ科マンネンロウ属の常緑小低木草丈 50〜200cm 開花期:秋から翌春にかけて用途: 鉢植え、コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つ様にします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫・利用方法:葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):アセフェート水和剤 1回生産地:静岡県ローズマリー(立性):レックス3号ポット 6株セットの栽培ガイドローズマリーのスタンダード仕立てローズマリー1月の野菜・ハーブ類のお手入れ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー(ほふく性):プロストラータス4号ポット*

園芸ネット プラス

686

ハーブの苗/ローズマリー(ほふく性):プロストラータス4号ポット*

お届け後、早めに利用できる4号ポットサイズのハーブ苗です。一般的なハーブ苗(直径9cmの3号ポット)よりも大きくボリュームがあります。プロストラータスは、ラテン語で「地を這う」の意味です。枝は、はうか垂れ下がる典型的なほふく性で、斜面の花壇やつり鉢などに最適です。淡いブルーの花が咲き、料理・園芸・手工芸に向いています。半耐寒性(マイナス5度まで)なので、鉢仕立てにして冬は南向きの軒下か明るい室内で管理してください。タイプ:半耐寒性常緑低木 開花:秋から翌春にかけて 草丈:50〜80cm 用途:鉢植え、コンテナ、ハンギング日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つ様にします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫 葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途:肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。ハーブ類は、食用になさるお客様もいらっしゃいますので、農薬を使用していない、またはあまり強い薬剤を使用しておりませんため...

草花の苗/エキナセア(バレンギク):シークレットアフェアー3.5号ポット

園芸ネット プラス

518

草花の苗/エキナセア(バレンギク):シークレットアフェアー3.5号ポット

日本の夏に強い宿根草! 茎が丈夫で倒れにくく、暑さにも強いので、手間がかからない品種です。 夏から秋に咲き、花期が長いのが特長です。 年を越して株が大きく生育し、植えてから2年目以降に花がたくさん咲きます。花も大きく、花持ちがよく、花色がきれいで、夏らしさを演出できます。花壇や鉢植えに最適です。シークレットアフェアーは八重咲きタイプの中で花つきが一番良く、次々と花が咲きます。低い位置で咲くので茎が倒れにくい品種です。タイプ:キク科エキナセアの耐寒性多年草草丈:30〜50cm開花期:夏〜秋用途:花壇、切花、ドライフラワー日照:日なたを好む栽培方法:日当たり、水はけのよい場所で乾かし気味に育てます。特に梅雨期から夏にかけては多湿からくる蒸れには気をつけます。株元は風通しよく管理します。1平方メートル当り一握りの緩効性化成肥料を施しておけば、追肥はほとんど必要ありません。株が疲れて花色がさえないときは、薄い液肥を、月1〜2回与えてやります。日陰地で肥培すると徒長するので注意します。寒さには比較的強いです。挿し芽や、秋に種をまいても殖やせます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがあります。また、開花が2年目以降になる場合もございます。冬季は地上部が無い状態となります。 エキナセア(バレンギク):シークレットアフェアー3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

クレマチスの苗/クレマチス:ヤルテンスキー・エチュウド4.5号ポット(ジャックマニー系)

園芸ネット プラス

1,602

クレマチスの苗/クレマチス:ヤルテンスキー・エチュウド4.5号ポット(ジャックマニー系)

淡いピンク色の花弁に、刷毛で描いたような濃ピンク色の筋が入るピンクの濃淡が美しい品種です。黄色い花芯が全体に柔らかい印象を与えつつも、存在感のある中〜大輪の花をたくさん咲かせます。開花期が長く、鉢植え、庭植え共に向いています。また、株が充実すると、まれに八重の花も咲かせてくれます。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(つる性)草丈:2〜3.5m花径:12〜15cm花色:ピンク開花期:6〜10月植付け適期:9月半ば〜10月と2月〜3月が最適、または4月〜7月に花のつき方:新枝咲きの遅咲き系(前年の旧枝は株近くまで枯れ、土中または地上部付近に残った枝から新枝10節以上伸ばして開花)剪定:中〜強剪定 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2〜3節残して切り詰めると50〜60日で二番花が見られる。 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1〜2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1〜2ヶ月に1回与えます。水遣りは鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えます。クレマチスは水を好みますので、庭植えの場合も春〜夏は最低週に一度は水遣りしてください。詳しくはクレマチスの栽培方法をご覧ください。お届けするクレマチス(苗)は4.5号(直径15cm)ポット入りです。写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。<お届けする株につきまして>★出葉時期にはできるだけ多く葉を残すようにしております。葉に虫食いの跡(穴...

山野草の苗/モミジ(カエデ):ハウチワカエデ2.5号ポット

園芸ネット プラス

801

山野草の苗/モミジ(カエデ):ハウチワカエデ2.5号ポット

北海道から中国地方までの山野に自生しているカエデで、円形の葉に浅く切れ込みが入った様子が天狗の羽ウチワのようです。園芸名ではこのハウチワカエデの原種を板屋(イタヤ)または名月(メイゲツ)とも呼びます。山では高木が多いのですが庭植えすると成長が遅くなります。芽出しは緑葉で、新芽と一緒に赤い小さな花をつけ、色の対照が美しく楽しめます。秋は橙色〜赤に紅葉します。写真は一例です。株によって樹形やボリュームにはばらつきがありますのでご了承ください。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:北海道南部以南の日本全国樹高:3〜10m日照:日向または半日陰むき栽培方法植付けに最適な時期は春または秋の落葉後ですが、強健なので年中可能です。(寒地では12〜2月を除く)耐寒性に優れ、全国どこでも栽培できます。日差しが強すぎると葉やけを起こしますので、半日陰程度の場所か西日が強くあたらない場所が最適です。やや保水性のある土壌で育ててください。剪定は10月から12月、5月中旬〜7月の間に行います。なるべく細い枝を残し、太い不要な枝を間引くような感じにするとうまくまとまります。施肥は2〜3月頃、根元に堆肥や鶏糞を施し、土に浅くすきこんでください。幹にカミキリムシの幼虫が入ることがありますので、5月中旬から8月までは月に1度、株元にアセフェート粒剤などを散布して防除してください。鉢植えの場合、水不足になると葉が枯れこむので、水切れにご注意ください。また、3〜4年に1回、一回り大きな鉢に植え替えてください。モミジ(カエデ):ハウチワカエデ2.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/ガーデンガーベラ(ガルビネア):ケンドール3.5号ポット

園芸ネット プラス

587

草花の苗/ガーデンガーベラ(ガルビネア):ケンドール3.5号ポット

鉢物のガーベラの常識を覆すガーデンユースに適したガーベラです。通常は地植えをしても花が続かなかったり、病気に負けて枯れてしまったりしやすいのですが、連続開花性に優れ、春から秋まで花が続き、うどん粉病、ハモグリバエに強いため地植えでもコンテナ植えでも簡単に楽しめます。従来品種よりも耐寒性に優れ、マイナス5度程度まで耐えられます。関東以西の平地(暖地)でしたら4月〜12月頃まで次々と開花し続けます。※夏季は多少花数が減少します。タイプ:キク科ガーベラ属の半耐寒性多年草(マイナス5度まで)学名:Gerbera hybrid原産地:南アフリカ草丈:30〜40cm株張り:30〜40cm開花期:春〜晩秋 用途:花壇、鉢植え、コンテナ、切花日照:日なた栽培方法:株元の芽が土に埋もれないように浅植えします。水はけの良い土に緩効性肥料を与えてください。土の表面が乾いたら鉢底から水がでるまでたっぷりと与えます。与えすぎて加湿にならないよう注意してください。植えつけ2〜3週間後から液肥を1週間に1回与えてください。花がとまってしばらく咲かなくなってしまった時は肥料を多めに与えましょう。咲き終わった花や古い葉は、早めに株元より取り除きます。株張りが旺盛なため、鉢植えの場合には毎年一回り大きい鉢へ植え替えると根詰りせず充実した株となります。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。ガーデンガーベラ(ガルビネア):ケンドール3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてお庭で咲かせる宿根ガーベラ「ガルビネア」

野菜の苗/茶(チャ):サヤマカオリ5号ポット 12株セット

園芸ネット プラス

12,720

野菜の苗/茶(チャ):サヤマカオリ5号ポット 12株セット

サヤマカオリは多収性で耐寒性が強く、製品は形状が細よれしやすく、香気に特徴のある品質秀逸なやや早生の品種です。消費者嗜好の多様化にともない、新たな消費者の開拓に向きます。埼玉県狭山市で育成され香りの強い品種であることから命名されました。品種の来歴と特徴:埼玉県茶業試験場(現埼玉県農林総合研究センター)が「やぶきた」自然交雑実生から選抜育成し、昭和46年に茶農林31号として登録された品種で昭和60年に県奨励品種に採用されました。摘採期は、「やぶきた」より2日程度早いやや早生種で、樹姿は中間型、樹勢強く、成葉はやや光沢の少ない濃緑色で、葉縁の波が大きく着用角度が小さいです。摘採期の新芽は百芽重が大きく、芽数も多いため収量は多収です。耐寒性は赤枯れ、青枯れ及び裂傷型凍害に強く、凍霜害後の回復力にも優れています。耐病性は輪斑病と赤焼病には強いですが炭そ病には極めて弱いです。品質の特性:色沢はやや黒みを帯びやすく、滋味は苦渋味が出やすいですが、特徴的な強い香りを持っています。栽培上の注意点:栽培面の問題点は少ないですが炭そ病に弱いので防除に努める必要があります。加工上の注意点:色沢が黒みを帯び、苦渋味が出やすく、ややくどい製品になりやすいので、蒸熱と揉み込みを十分に行うようにします。普及および栽培適地:県下全域に栽培可能ですが、耐寒性が強く多収のやや早生種として、特に中山間地や県東部に適します。タイプ:耐寒性常緑低木植え時:10中旬〜3月栽培適地:日本全国栽培難易度:やさしい収穫:5月下旬〜栽培方法:日当たりのよい場所で育てます。鉢植えでも育てられます。葉もきれいなので、観葉植物としてもおすすめです。生垣にする場合は、春〜秋に好きな形に刈りこんでください。収穫・利用法:製茶方法は、5月下旬以降夏の間に出てくる新芽(1芯3葉)を摘み取ります...

草花の苗/ヤブラン(リリオペ):モンローホワイト3.5号ポット

園芸ネット プラス

566

草花の苗/ヤブラン(リリオペ):モンローホワイト3.5号ポット

ヤブランはリリオペとも呼ばれ、涼しげな葉と美しい花穂で人気の宿根草です。最近は「サマームスカリ」の名前でガーデニングでも引っ張りだこ。日向でも日陰でも利用できるグランドカバー。性質も強健で扱い易く、秋口に咲く花と葉との色合いが非常にきれいです。和・洋どちらのイメージにも合わせ易く、カラーリーフとして寄せ植えのアクセントとして入れても良いでしょう。モンローホワイトは欧米で人気の高い白花種です。ピュアホワイトの花穂が涼しげ。花穂が大きく、多花性です。他の品種との寄せ植えにも向いています。タイプ:ユリ科の耐寒性常緑宿根草草丈:20〜30cm前後開花期:9〜10月植え付け適期:周年用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:植え付け前に堆肥等をすき込んであげると尚良いです。群生するので込み合ってきたら株分けします。(だいたい植えつけてから4〜5年後位)写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届け時は苗の状態です。冬季は地上部が枯れたり傷んだ状態でのお届けとなります。ヤブラン(リリオペ):モンローホワイト3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/エキナセア(バレンギク):アロハ3.5号ポット

園芸ネット プラス

518

草花の苗/エキナセア(バレンギク):アロハ3.5号ポット

日本の夏に強い宿根草! 茎が丈夫で倒れにくく、暑さにも強いので、手間がかからない品種です。 夏から秋に咲き、花期が長いのが特長です。 年を越して株が大きく生育し、植えてから2年目以降に花がたくさん咲きます。花も大きく、花持ちがよく、花色がきれいで、夏らしさを演出できます。アロハは高い位置で花が咲くタイプ。花壇や庭、大型のコンテナに適しています。 タイプ:キク科 エキナセア属の宿根草 草丈:70〜100cm※開花時の高さは、2年目以降の株で花が咲いた時の高さです。開花期 :初夏〜秋用途 :コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当り、風通しのよい場所で育てます。 排水のよい用土に緩効性肥料を入れて植え付けてください。 鉢植えの場合は根づまりをおこしやすいので、鉢の底から根が伸びてくるようなら、3〜4月にひと回り大きな鉢に植え替えます。用土の表面が乾きはじめたら、タップリ水を与えてください。生育期や開花期には、時々追肥をしましょう。 咲き終わった花は茎元から切り取りましょう。 寒冷地では、冬期に根が凍らないように株元に腐葉土や落ち葉などを厚くかぶせて防寒をしましょう。それ以外の地域では何もせずに冬を越します。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがあります。また、開花が2年目以降になる場合もございます。冬季は地上部が無い状態となります。 エキナセア(バレンギク):アロハ3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ジャスミン:アラビアジャスミン(マツリカ・サンバク)3.5号ポット

園芸ネット プラス

529

ハーブの苗/ジャスミン:アラビアジャスミン(マツリカ・サンバク)3.5号ポット

香りのよさ、花の美しさで人気のジャスミン。アラビアジャスミンはマツリカ(茉莉花)・サンバクとも呼ばれ、アラビア〜インド原産の低木(半つる性)で、直径2.5cmほどの花が3〜12個のまとまって咲きます。強い香りがあり、花の色ははじめは白で後にピンク色に変わります。香水の原料やジャスミンティーに利用されます。栽培温度は13〜15度以上を保ってください。学名:Jasminum sambacタイプ:モクセイ科の半耐寒性常緑低木開花期:5月〜10月樹高:0.5〜2m(半つる性)日照:日向むき用途:鉢植え栽培方法:水はけと日当たりのよい、肥沃な土で育てます。春から夏は充分に水やりし、秋から冬は控えめにします。 朝早く咲いたばかりの花を摘んで収穫します。お届けする苗は、3.5号(直径10.5cm)ポット植えです。写真は開花時のイメージです。繰り返し花をつける品種ですが、お届け時に開花中の花がない状態となる場合もありますので、ご了承ください。ジャスミン:アラビアジャスミン(マツリカ・サンバク)3.5号ポットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

山野草の苗/和蘭:冬時雨(ふゆしぐれ)2.5号ポット

園芸ネット プラス

2,484

山野草の苗/和蘭:冬時雨(ふゆしぐれ)2.5号ポット

和蘭(WARAN)は東洋蘭の清楚で趣のある姿と洋蘭の華やかさを併せ持つ、新しい蘭です。日本・中国などに自生する春蘭・寒蘭などの温帯性シンビジュームと洋蘭との交配により生み出された品種。斬新な姿の中にも、侘び寂びや、落ち着きを感じさせてくれます。日本の風土に適した育てやすい種類です。鉢植えのまま室内で花を楽しめます。また、丈夫なものが多く寒さにも強いため、関東以南の太平洋側の温暖な地域なら庭植えでも栽培できます。蘭栽培の入門としてもお勧めです。自然な姿で咲く蘭の美しさをお楽しみください。タイプ:耐寒性常緑宿根草開花期:10〜2月草丈:10〜20cm日当たり:半日陰香り:あり用途:鉢植え。温暖な地域では庭植え・グランドカバー利用可能開花中の管理:室内の涼しい場所で鑑賞してください。花は乾燥に弱いので、暖房のそばは避けてください。夜間温度0〜10度、日中の温度10〜15度程度の場所が最適です。水やりは週に一度たっぷりと与え、鉢皿に水をためないようにします。蕾や花芽が付いている場合は、乾かさないように注意してください。乾燥しすぎると花が咲かずに終わってしまう場合があります。開花中は肥料は不要です。花後の管理:春〜秋は屋外の木陰、冬は室内の窓際でレースのカーテン越しのような場所が最適です。最低温度0度以上なら屋外での冬越しも可能です。雨や霜の当たらない軒下で管理してください。水やりは春と秋は2〜3日に1度、夏の晴れた日は毎日、冬は週1度を目安に、鉢底から流れ出るくらいタップリと水を与えるのがポイントです。2年に1回、4〜5月頃に水はけのよい洋蘭の土などを使って一回り大きな鉢に移植してください。鉢が大きすぎると、翌年開花しないことがありますのでご注意ください。春に洋蘭用肥料を与てください。肥料の与えすぎは、根傷みや病気の原因になるので...

クレマチスの苗/クレマチス:ミケリテ4.5号ポット (ジャックマニー・ビチセラ系)

園芸ネット プラス

1,602

クレマチスの苗/クレマチス:ミケリテ4.5号ポット (ジャックマニー・ビチセラ系)

ミケリテは4〜6弁、剣弁咲きの珍しいダークレッドの花。中輪多花性で横向き咲きの強健種です。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(つる性)草丈:2.5〜3m花径:8〜12cm花色:ダークレッド開花期:6〜9月植付け適期:9月半ば〜10月と2月〜3月が最適、または4月〜7月に花のつき方:新枝咲きの遅咲き系(前年の旧枝は株近くまで枯れ、土中または地上部付近に残った枝から新枝10節以上伸ばして開花)剪定:強剪定 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2〜3節残して切り詰めると50〜60日で二番花が見られる。 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1〜2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1〜2ヶ月に1回与えます。水遣りは鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えます。クレマチスは水を好みますので、庭植えの場合も春〜夏は最低週に一度は水遣りしてください。詳しくはクレマチスの栽培方法をご覧ください。お届けするクレマチス(苗)は4.5号(直径13.5cm)ポット入りです。写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。<お届けする株につきまして>★出葉時期にはできるだけ多く葉を残すようにしております。葉に虫食いの跡(穴)の残っている葉をつけてお届けする場合もございますが、事前に虫や病気のチェックの上お手配いたしておりますので予めご了承ください。★性質上、つるの折れや裂けが生じやすい植物です...

草花の苗/ガーデンガーベラ(ガルビネア):サニー3.5号ポット

園芸ネット プラス

528

草花の苗/ガーデンガーベラ(ガルビネア):サニー3.5号ポット

鉢物のガーベラの常識を覆すガーデンユースに適したガーベラです。通常は地植えをしても花が続かなかったり、病気に負けて枯れてしまったりしやすいのですが、連続開花性に優れ、春から秋まで花が続き、うどん粉病、ハモグリバエに強いため地植えでもコンテナ植えでも簡単に楽しめます。従来品種よりも耐寒性に優れ、マイナス5度程度まで耐えられます。関東以西の平地(暖地)でしたら4月〜12月頃まで次々と開花し続けます。※夏季は多少花数が減少します。タイプ:キク科ガーベラ属の半耐寒性多年草(マイナス5度まで)学名:Gerbera hybrid原産地:南アフリカ草丈:30〜40cm株張り:30〜40cm開花期:春〜晩秋 用途:花壇、鉢植え、コンテナ、切花日照:日なた栽培方法:株元の芽が土に埋もれないように浅植えします。水はけの良い土に緩効性肥料を与えてください。土の表面が乾いたら鉢底から水がでるまでたっぷりと与えます。与えすぎて加湿にならないよう注意してください。植えつけ2〜3週間後から液肥を1週間に1回与えてください。花がとまってしばらく咲かなくなってしまった時は肥料を多めに与えましょう。咲き終わった花や古い葉は、早めに株元より取り除きます。株張りが旺盛なため、鉢植えの場合には毎年一回り大きい鉢へ植え替えると根詰りせず充実した株となります。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。ガーデンガーベラ(ガルビネア):サニー3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてお庭で咲かせる宿根ガーベラ「ガルビネア」

クレマチスの苗/クレマチス:アバンギャルド4.5号ポット(ビチセラ系)k

園芸ネット プラス

1,831

クレマチスの苗/クレマチス:アバンギャルド4.5号ポット(ビチセラ系)k

アバンギャルド、他にはない独特な色合いのセミダブルタイプ。ビチセラは「小ぶどう」の意味で多花性で四季咲き性の強い強健種です。暑さ寒さに強いので日本の気候に適し、強健多花性四季咲き品種なので初心者にもおすすめです。アーチ、フェンス、垣根などにからませるとこの系統の良さが引き立ちます。写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)草丈:2〜4m花径:3〜5cm花色:赤開花期:6〜10月植付け適期:9月半ば〜10月と2月〜3月が最適、または4月〜7月に剪定:強剪定 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2〜3節残して切り詰めると50〜60日で二番花が見られる。 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1〜2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1〜2ヶ月に1回与えます。水遣りは鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えます。クレマチスは水を好みますので、庭植えの場合も春〜夏は最低週に一度は水遣りしてください。詳しくはクレマチスの栽培方法をご覧ください。<お届けする株につきまして>★出葉時期にはできるだけ多く葉を残すようにしております。葉に虫食いの跡(穴)の残っている葉をつけてお届けする場合もございますが、事前に虫や病気のチェックの上お手配いたしておりますので予めご了承ください。★性質上、つるの折れや裂けが生じやすい植物です。出荷には十分注意いたしておりますが多少の折...

ハーブの苗/ローズマリー(立性):マジョルカピンク3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,448

ハーブの苗/ローズマリー(立性):マジョルカピンク3号ポット12株セット

★小さい苗となります★明るいピンクの花を咲かせる立性品種。半耐寒性(—5度まで)です。枝があまり分かれず、弓なりに伸びます。葉が小さく短いので、リース作りに最適です。タイプ:シソ科マンネンロウ属の半耐寒性常緑低木 草丈:50〜200cm 開花期:秋から翌春にかけて 植え付け適期:春、秋用途:鉢植え、コンテナ、花壇 日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つようにします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫・利用方法:葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。写真は成長時のイメージです。お届け時点では苗ですので、ご了承くださいませ。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回、マラソン1回生産地:宮城県ローズマリー(立性):マジョルカピンク3号ポット12株セット の栽培ガイドローズマリーのスタンダード仕立てローズマリー1月の野菜・ハーブ類のお手入れ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/タイム(立性):コモンタイム3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,575

ハーブの苗/タイム(立性):コモンタイム3号ポット12株セット

ヨーロッパやアジアに自生するシソ科の常緑低木。ブーケガルニに、ハーブティーや肉料理、マリネなどに用途の多いハーブです。日当たりのよい乾燥した場所を好みます。料理に適した香りの淡い桃色花です。生葉は使用の都度摘み取って、あるいは枝ごと刈り取り、乾燥させて保存・利用してください。タイプ:耐寒性常緑低木草丈:15〜60センチ日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。梅雨の前に刈り込みをしてください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。★時期によりまして小さい場合がございます。使用農薬(有効成分):マラソン1回生産地: 宮城県タイム(立性):コモンタイム3号ポット12株セットの栽培ガイドハーブティ向けのハーブタイムティ用のハーブ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

1,826

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セット

ドーンバレー・タイムは黄斑レモンタイムともよばれ、レモンの香りが強いほふく性タイムです。夏に淡い紫色の花をたくさんつけます。園芸用、料理用、ハーブティとしてお使いください。秋にはブロンズ色に変わる葉色も楽しめます。タイプ:耐寒性常緑低木草丈:5〜15cm日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい、乾いたところを好みます。水はけのよい軽い土に植えてください。横に這うように広がって増えます。株が増えたら株分け、または取り木、挿し木でも増やせます。収穫:いつでも摘み取って利用できます。生葉のままハーブティなどに使っても、また、乾燥保存して料理用などに。花が咲いたら思い切って短く切り、葉を乾燥しておけばいつでも利用できて便利です。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。時期によりまして、株が小さい場合がございます。葉色の個体差がございます。使用農薬(有効成分):ペルメトリン1回、ピメトロジン1回生産地:宮城県タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セットの栽培ガイドタイム苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):コリンガムイングラム3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

686

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):コリンガムイングラム3号ポット2株セット

半ほふく性。濃い青紫の花を咲かせます。タイプ:半耐寒性常緑低木 草丈:50〜80cm 開花期:秋から翌春にかけて仕立て方:鉢植え、コンテナ、吊り鉢栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つ様にします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫 葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。ローズマリー(半ほふく性):コリンガムイングラム3号ポット2株セット の栽培ガイドローズマリーのスタンダード仕立てローズマリー1月の野菜・ハーブ類のお手入れ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

1,276

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット 4株セット

ドーンバレー・タイムは黄斑レモンタイムともよばれ、レモンの香りが強いほふく性タイムです。夏に淡い紫色の花をたくさんつけます。園芸用、料理用、ハーブティとしてお使いください。秋にはブロンズ色に変わる葉色も楽しめます。タイプ:耐寒性常緑低木草丈:5〜15cm日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい、乾いたところを好みます。水はけのよい軽い土に植えてください。横に這うように広がって増えます。株が増えたら株分け、または取り木、挿し木でも増やせます。収穫:いつでも摘み取って利用できます。生葉のままハーブティなどに使っても、また、乾燥保存して料理用などに。花が咲いたら思い切って短く切り、葉を乾燥しておけばいつでも利用できて便利です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。時期によりまして、株が小さい場合がございます。葉色の個体差がございます。使用農薬(有効成分):ペルメトリン1回、ピメトロジン1回生産地:宮城県タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット 4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)3.5号ポット*

園芸ネット プラス

1,030

野菜の苗/山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)3.5号ポット*

庭木としてぜひ1本はほしい日本の落葉低木。新芽は木の芽和えや田楽に利用します。春の花は佃煮、若い果実も佃煮や塩漬けにされます。また、雌木から採れる実を干したものは香辛料や健胃剤になります。葉はアゲハチョウの幼虫の餌となります。朝倉は、トゲが少なく大きい果実。種子が果皮と分離しやすい優良種です。雌株で、雄木がなくても1株で実がつきます。タイプ:ミカン科サンショウ属の耐寒性落葉低木樹高:1〜3m開花期:4月植え付け適期:11〜3月日照:日向または日陰栽培方法:日当たりのよい場所または日陰に、元肥として堆肥や腐葉土を施して植えます。丈夫で、一度根付いてしまえば放任栽培できます。春の芽出し前と夏に化成肥料を株元に施してください。アゲハの幼虫がつきやすいので、見つけ次第捕殺してください。収穫:4月〜5月頃、若芽を随時収穫します。実は9〜10月頃に採りますが、青くて柔らかいうちに収穫するのがポイントです。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット植えです。樹高や樹形につきましては入荷時期により多少変動する場合があります。また苗の特性上、春の芽吹きは遅い場合がございます。雌木ですので、実がつきます。開花結実は2〜3年後からの見込みとなります。夏〜秋のお届けは葉がきれいでない状態や落葉の状態となる場合がございますのでご了承ください。写真は成長・結実時のイメージです。山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)3.5号ポット*の栽培ガイド苗類のお届け形態について

クレマチスの苗/クレマチス:白麗(ハクレイ)4.5号ポット(インテグリフォリア系)

園芸ネット プラス

1,831

クレマチスの苗/クレマチス:白麗(ハクレイ)4.5号ポット(インテグリフォリア系)

白麗(はくれい)は草丈が低く、コンテナ、花壇、ロックガーデンに向いています。また、切花としても楽しめます。さわやかな白から青みがかった白色の花を咲かせます。くるっとねじったような花弁から、甘くさわやかな香りが漂います。強剪定すると鉢花としても利用できます。インテグリフォリア系はつるにならないクレマチス。四季咲き性が強く、可憐な花をたくさん咲かせ、鉢植え、花壇、切花で楽しめます。写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(木立ち性)草丈:0.6〜0.7m花径:4〜5cm開花期:5〜10月植付け適期:9月半ば〜10月と2月〜3月が最適、または4月〜7月に花のつき方:新枝咲きの遅咲き系(前年の旧枝は株近くまで枯れ、土中または地上部付近に残った枝から新枝10節以上伸ばして開花)剪定:強剪定 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2〜3節残して切り詰めると50〜60日で二番花が見られる。 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1〜2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1〜2ヶ月に1回与えます。水遣りは鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えます。クレマチスは水を好みますので、庭植えの場合も春〜夏は最低週に一度は水遣りしてください。詳しくはクレマチスの栽培方法をご覧ください。<お届けする株につきまして>★出葉時期にはできるだけ多く葉を残すようにしております...

クレマチスの苗/クレマチス:フスカ(実生)4.5号ポット(ビオルナ系)

園芸ネット プラス

1,831

クレマチスの苗/クレマチス:フスカ(実生)4.5号ポット(ビオルナ系)

中国やモンゴルなどに自生する原種。黒色に近いシックな雰囲気の花色。花全体が軟毛に覆われています。強健で育てやすい品種。写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。※実生苗ですので、個体差が生じます。花色にはばらつきが出る場合がございます。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(つる性)草丈:2〜3m花径:3〜4cm開花期:5〜10月植付け適期:9月半ば〜10月と2月〜3月が最適、または4月〜7月に花のつき方:新枝咲きの遅咲き系(前年の旧枝は株近くまで枯れ、土中または地上部付近に残った枝から新枝10節以上伸ばして開花)剪定:強剪定 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2〜3節残して切り詰めると50〜60日で二番花が見られる。 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。栽培方法:根が下に伸びますので、植えつけは5号(直径15cm)以上の深鉢を用いてください。植えつけの際は根鉢をくずさないように深植え(地上部の1〜2節が土に埋まるように)してください。後ろにトレリスを立て、つるを誘引してビニールタイなどで固定します。施肥により花芽が形成されますので、立派な花を咲かせるためにはクレマチス専用肥料などを1〜2ヶ月に1回与えます。水遣りは鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えます。クレマチスは水を好みますので、庭植えの場合も春〜夏は最低週に一度は水遣りしてください。詳しくはクレマチスの栽培方法をご覧ください。<お届けする株につきまして>★出葉時期にはできるだけ多く葉を残すようにしております。葉に虫食いの跡(穴)の残っている葉をつけてお届けする場合もございますが、事前に虫や病気のチェックの上お手配いたしておりますので予めご了承ください。★性質上、つるの折れや裂けが生じやすい植物です...

バラの苗/バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3〜3.5号ポット1株

園芸ネット プラス

483

バラの苗/バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3〜3.5号ポット1株

さまざまの花色のバラとの相性抜群のカラーリーフ、株元におすすめです。黒竜は光沢のある黒紫の葉色が美しいリュウノヒゲの仲間です。日本庭園の下草として珍重される品種ですが、英国でも引っ張りだこの人気。黒い葉に白い花も印象的です。モダンで斬新な雰囲気はいろいろな植物と組み合わせられます。学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'タイプ:ユリ科の耐寒性常緑宿根草草丈:20〜30cm開花期:6〜8月日照:日向、半日陰とも植えられます栽培方法:耐寒性、耐暑性、耐雨性が強く、年間を通して植え付け可能で、管理はきわめて容易です。積雪にも耐えます。特に急な斜面の被覆用にはよく使われます。植え付け後はほとんど手間がかかりません。株分けによりふやすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3〜3.5号ポット1株の栽培ガイド苗類のお届け形態についてバラの植え方とお手入れバラにつく害虫バラの病気

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セット

園芸ネット プラス

858

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セット

加賀百万石の城下町で、代々受け継がれてきた伝統野菜。藩政時代に熊本から渡ってきたものです。特有の香りとぬめりがあり、葉の裏側の赤紫色が特徴的。夏場の滋養強壮に、おひたし等に最適です。ビタミンA、鉄分、カルシウムを多く含み、夏の健康野菜として注目されています。血圧の抑制効果もあります。しぼり汁を使ったシャーベットは香り・色合いがきれいで風味最高です。沖縄では「ハンダマ」と呼ばれるご当地野菜です。栽培方法:生育適温は20〜25℃です。乾燥に弱く湿り気のある土壌を好みます。日向〜半日陰で栽培してください。耐暑性が強く、夏によく繁茂します。半日陰で温度差が大きいと葉の裏の赤紫色がきれいに出ます。定植は4月下旬〜5月上旬が最適です。植え付けの1週間前に化成肥料を1平米あたり100g施し、よく土にすきこみます。大きく育つので、35〜40cmの間隔で植えつけます。定植後50〜60日目ごろから随時収穫してください。草丈が30〜40cmのものから、芽の先端から葉を5〜6枚つけて茎を切って収穫します。わき目が伸びてくるので、また大きくなったら順次切ってください。生育中は肥料を切らさないよう、月1度程度化成肥料を追肥し、草丈70〜80cmを保ちながら収穫してください。冬には地上部が枯れ、1年草として扱いますが、11月頃からトンネルをかけ霜よけすれば冬越しも可能です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ジノテフラン水溶剤1回生産地:埼玉県加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク