メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ピラカンサ」検索結果。

ピラカンサの商品検索結果全5件中1~5件目

こちらの関連商品はいかがですか?

山菜苗:ヤマウド(山うど) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,079

山菜苗:ヤマウド(山うど) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはほんのりとした黄花。黄花ですが白に近い淡い色合いです。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはピンクと白の絞り咲き品種。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク