メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒューケラ 種類」検索結果。

ヒューケラ 種類の商品検索結果全3件中1~3件目

《エントリーでポイント5倍》ヒューケラ(ツボサンゴ) ダレズストレイン 3.5号苗(i6)

千草園芸

648

《エントリーでポイント5倍》ヒューケラ(ツボサンゴ) ダレズストレイン 3.5号苗(i6)

17年8月22日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。178cヒューケラ(ツボサンゴ) (分類) ユキノシタ科ヒューケラ(ツボサンゴ)属の宿根草 (学名) Heuchera (原産) 北アメリカ (別名) ホイヘラ (開花期) 5~6月 (栽培敵地) 北海道~九州 日本では以前からツボサンゴの名前で赤い花の小型種が普及していましたが、近年葉に模様のある品種がいろいろ導入されています。 日陰でも栽培できるので、日陰の庭や、寄せ植えの材料としてよく用いられています。 初夏に茎を伸ばして主に赤い花を咲かせますが、花のない季節も美しいカラーの葉を楽しめます。 ■育て方■ 日当たりで水はけのよい場所を好みます。耐寒性には強いので、防寒の必要はありません。 ただ冬は寒さで、葉は枯れます。高温多湿の時には蒸れることがあるので、夏は日陰のほうが適しています。 耐陰性は強いので、多少日当たりの悪い場所でも育ちます。 春になると芽を出して前年同様に生長します。 株分けや植え替えの時期としては、春または秋にします。 下は花壇での植栽例です。 寄せ植えにしても映えますね! ↓他の種類はコチラ!

《エントリーでポイント5倍》ヒューケラ(ツボサンゴ) オータムブライド 3.5号苗(i6)

千草園芸

648

《エントリーでポイント5倍》ヒューケラ(ツボサンゴ) オータムブライド 3.5号苗(i6)

17年8月22日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。178cヒューケラ(ツボサンゴ) (分類) ユキノシタ科ヒューケラ(ツボサンゴ)属の宿根草 (学名) Heuchera (原産) 北アメリカ (別名) ホイヘラ (開花期) 5~6月 (栽培敵地) 北海道~九州 日本では以前からツボサンゴの名前で赤い花の小型種が普及していましたが、近年葉に模様のある品種がいろいろ導入されています。 日陰でも栽培できるので、日陰の庭や、寄せ植えの材料としてよく用いられています。 初夏に茎を伸ばして主に赤い花を咲かせますが、花のない季節も美しいカラーの葉を楽しめます。 ■育て方■ 日当たりで水はけのよい場所を好みます。耐寒性には強いので、防寒の必要はありません。 ただ冬は寒さで、葉は枯れます。高温多湿の時には蒸れることがあるので、夏は日陰のほうが適しています。 耐陰性は強いので、多少日当たりの悪い場所でも育ちます。 春になると芽を出して前年同様に生長します。 株分けや植え替えの時期としては、春または秋にします。 下は花壇での植栽例です。 寄せ植えにしても映えますね! ↓他の種類はコチラ!

こちらの関連商品はいかがですか?

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 「アドリアブルー」 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 「アドリアブルー」 3.5号苗(a8)

18年2月17日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。182c ※花の色は酸度によって変わります。 ※写真は見本品です。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 ...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルノブレス 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルノブレス 3.5号苗(a8)

ラベルは印刷物ですので、実際の花色と異なる場合がございます。 18年2月17日入荷。 苗の状態は季節により変化いたします。182c こちらのアジサイは苗としての販売となります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 ...

《エントリーでポイント5倍》ドッグローズ ロサ・カニナ5号苗(f8)

千草園芸

3,240

《エントリーでポイント5倍》ドッグローズ ロサ・カニナ5号苗(f8)

※写真は見本品です。 18年2月20日入荷。季節により姿や状態は変化いたします。182d ヨーロッパのノバラで、花の直径は約3cm、ピンクの一重の花を多数咲かせ、秋には実をたくさんつけます。ドッグローズ ロサ・カニナ 分類 バラ科バラ属のつる性低木 学名 Rosa canina 別名 ローズヒップ 原産 ハワイ州・アメリカ 草丈 1~2.5m 開花期 3~10月 露地栽培 日本全国 ヨーロッパに多く生息している野バラの一種で病気にもならず、肥料さえ与えていれば、毎年花を咲かせ、たくさんの実をつけます。 花は派手さは無く、優しい色のピンク一重で、つる性ですので、フェンスなどに仕立てると美しさが引き立ちます。 秋につく赤い実も可愛らしく、ビタミンCやミネラルが豊富に含まれ多くの効能があるといわれローズヒップティーとして利用されます。 赤くなった実を収穫し、半分にカットして中の種と綿を取り出し、皮の部分を乾燥してティーに利用します。 栽培はいたって簡単で、水はけのよい肥沃な土壌の日の不たる場所ではよく育ちます。 多くのバラで見られるようなウドンコ病や黒点病は見られません。 ただ、害虫はつくことがありますから、種を食用にするものですから、発生したら農薬は使わず手で取り除くなどで対処したほうがよいでしょう。

《エントリーでポイント5倍》ギョリュウバイ 八重ピンク系 3.5号苗(g1)

千草園芸

810

《エントリーでポイント5倍》ギョリュウバイ 八重ピンク系 3.5号苗(g1)

17年11月21日に入荷しました。木の状態は、季節により変化します。1711c こちらのギョリュウバイは、濃いピンクや赤系の 花が混ざっているものもございます。 ピンク系の色あいとなります。ギョリュウバイ 【分類】フトモモ科レプトスペルマム属 『常緑中低木』 【学名】Leptospermum scoparium 【原産】オーストラリア、ニュージーランド 【名前の由来】葉がギョリュウ(中国原産の樹木)に似て小さく、花はウメのようなことから名付けられました。 【別名】レプトスペルマム、ネズモドキ、ティーツリー 【樹高】30cm-5m 【開花期】2月-5月 11月-12月 ギョリュウバイとはオーストラリア・ニュージーランドを中心に約40種が分布する常緑の低木です。 よく栽培されているのはニュージーランド、タスマニアに分布するスコパリウム〔L. scoparium〕とその園芸品種です。 耐寒性あり。0度前後。鉢植え、庭植え、切花として利用されます。 関東地方以南の暖地では戸外で越冬します。オーストラリア原産の植物の中では日本の気候にも適応し、育てやすい花木です。花は一重と八重があり、花色は白からピンク、赤などとともに樹形も歪性種~高性種などと多くの園芸品種があります。 下は愛知県内での露地植えされていたもの。2016.1.15 ■育て方■ 寒さにはある程度強いのですが、夏の暑さと乾燥に弱いので、夏は日陰、半日陰になるようにして涼しい環境にする事がポイントです。 露地植えで栽培すると枝がしなやかに良く伸びます。鉢植えで栽培する場合は、花後に枝を切り詰める事が必要です。 枝葉が混み合って株の内部が蒸れて葉が枯れ込んでくるので、密になる場所を作らないように風通し良くなるように、かつ日光が入るように刈り込みます。 鉢植えでは植え替えは毎年行い(4...

《エントリーでポイント5倍》ダイモンジソウ 大文字草 3号苗(b20)

千草園芸

626

《エントリーでポイント5倍》ダイモンジソウ 大文字草 3号苗(b20)

16年9月6日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。169a 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 15個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約4個 備考 写真は見本品ですダイモンジソウ 分類 ユキノシタ科ユキノシタ属の宿根草 学名 Saxifraga fortunei var. incisolobata 原産 日本から中国にかけて分布 開花期 7-9月 山の谷川近くの岩場に自生し、湿り気のある場所を好みます。 桐生砂などの山草用土を用い、春と秋は日当りで、夏は半日陰で管理します。 育てやすいことから平鉢つくりや苔球つくりなどにも利用され、数多くの改良品種も作られています。 花の形が大文字に似ていることから付けられたようです。 谷川の岩場に自生する山野草で白が基本色ですがさまざまな園芸品種が作られました。 冷涼な水分の豊富な環境を好みます。鉢栽培では水はけがよく保水性のある用土で栽培します。 (春の管理) 葉が出てきたら新しい用土で植え替えます。荒い鹿沼土、桐生砂などを混合した砂系用土を用います。葉の色を見て必要ならば肥料を与えます。緩効性の化成肥料や油粕の固形肥料がよいでしょう。 春は涼しい季節は日当たりで育て、暑くなると半日陰で管理します。 (夏の管理) 乾燥することのないように水を与えます。半日陰で管理し、施肥も続けると少しづつ大きくなってきます。岩の表面などの湿った傾斜地に自生していますから、水は好みますが、停滞水は根ぐされの原因になりますから、鉢底に水を溜めてはいけません。 (秋の管理) 日当たりで管理します。涼しくなってくると花芽を出し、開花します。開花後はできるだけ長く葉をとどめて置くように半日陰で管理します...

《エントリーでポイント5倍》【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 3号苗(a1)

千草園芸

810

《エントリーでポイント5倍》【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 3号苗(a1)

写真は18年4月13日。木の状態は季節によって変化いたします。184b ユキノシタ科 ■特性 6月~7月に白い蕾から10数個の五弁花の 淡いブルーの花を咲かせ実をつけ、10月 ~11月にルリ色に色づきます。 花と実、共に美しい耐寒性もあり、鉢や 庭植え、切り花等で楽しめます。 夏は明るい日陰において育てます。 耐寒性に優れています(0℃~-3℃)ジョウザンアジサイ 分類: アジサイ科ディクロア属(ユキノシタ科ジョウザン属に分類される場合もある)の常緑低木 学名: Dichroa febrifuga 原産: 中国南部、インドネシア、インド 開花期: 6~7月 別名: ディクロア・フェブリフガ、オタフクアジサイ(お多福紫陽花) 利用: 鉢植え、露地植え、根を漢方薬 性質: 半耐寒性 栽培敵地: 関東地方以南 水はけのよい日当たりを好みますが、夏場は半日陰がよいでしょう。冬に凍結する場所は好ましくありません。 つぼみの色は産地などの違いにより、青いものや薄いものがあります。花はコアジサイのように装飾花(ガク)は無く、両性花のみを咲かせます。 背丈は現地では1mくらいになり、花後には青い色の実を付けます。 名前は中国山西省の常山(恒山)にちなむものと思われます。 「碧のヒトミ」と呼ばれるのは常緑アジサイの矮性種で、花後に濃い藍色の実をつける品種です。 6月~7月に白い蕾から10数個の五弁花の淡いブルーの花を咲かせ、その後実をつけ10月~11月に濃いルリ色に色づきます。 花と実、共に美しい耐寒性もあり、鉢や庭植え、切り花等で楽しめます。 夏は明るい日陰において育てます。耐寒性にも優れています(0℃~)

《エントリーでポイント5倍》アブチロン チロリアンランプ 3.5号ポット苗 20日入荷予定

千草園芸

421

《エントリーでポイント5倍》アブチロン チロリアンランプ 3.5号ポット苗 20日入荷予定

17年4月20日に入荷。季節によって状態は変化します。174c 同梱可能数20個。送料はsサイズです。アブチロン チロリアンランプ 【分類】アオイ科アブチロン属(イチビ属)の半つる性常緑低木 【学名】Abutilon megapotamicum 【別名】ウキツリボク 【開花期】4月~12月 (暖地では周年) 【原産】 ブラジル 【草丈】 2~4m 【特徴】アブチロンにはつる状のものと立ち性のものがあります。 【栽培敵地】 関東地方以南 【用途】花壇、ハンギング、ラティス、フェンス つる状のものは、別名チロリアンランプなどとも呼ばれ、 親しまれています。 いずれも亜熱帯、熱帯性の植物ですが、比較的寒さに強く、 関東以南の暖地では露地植えして楽しむことが出来ます。 下の写真は当店の屋外置き場の冬の状態です。 寒さにも負けず雪の中で花をつけています。ただ、強い寒風は苦手です。 寒風の当たる場所では冬は落葉したりして花は咲かなくなりますが、 陽だまりでは冬でも雪の中で花をつけているのを見かけます。 条件の良い場所ではほぼ年中開花しています。 鉢植えでは根詰まりすると退化しますから、根詰まりしないように 植え替えることが必要です。 【栽培】日当たりと水はけのよい肥沃な用土を好みます。 生育旺盛で年中花を咲かせるので肥料切れは禁物です。 肥料切れを起こすと葉の色が悪くなるほか、新芽も細くなり 花も咲かなくなりますので、肥沃な用土で育てることが大切です。 寒さ暑さにも強く、関東以西の低地では露地植えも可能です。 伸びすぎた枝はきり戻します。成長している先のほうの枝が 細くなって花付きが悪くなったら 肥料不足か根詰まりの症状です。 鉢植えでは植え替え、露地植えでは堆肥などをすきこんで...

《エントリーでポイント5倍》アマリリス ビリディラスカル 1球苗(g3)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アマリリス ビリディラスカル 1球苗(g3)

2枚目の写真は18年3月10日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。183b 植えっぱなしで冬越しできる寒さに強い、小輪系アマリリスです。アマリリス 【分類】ヒガンバナ科アマリリス属の球根植物 【学名】Hippeastrum × hybrid 【原産】中南米・西インド諸島 【開花期】 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種) 【草丈】40cm~80cm 春に花茎と葉がほぼ同時に現れ、軸を伸ばして開花し、夏には葉を伸ばして、冬になると枯れます。 多くは初夏咲きですがそれ以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。 中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げて冬越しします。 オランダ産の鉢植え株が秋に販売されていて、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。 アマリリスの管理方法 ■置き場所■ 日当たりのいい場所に置いてください。日の方向に花茎が伸びて行くので、 まんべんなく日が当たるよう回していただくと、 まっすぐに育ちます。 ■温度■ 18℃~23℃が最適温度です。花が咲く頃から15℃~20℃くらいで管理すると 開花日数が長くなります。 ■水やり■ 表面が乾いたら水を与えてください。根腐れの原因となりますので、やりすぎには注意です。

《エントリーでポイント5倍》アマリリス マラケシュ 1球苗(g3)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アマリリス マラケシュ 1球苗(g3)

2枚目の写真は18年3月10日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。183b 植えっぱなしで冬越しできる寒さに強い、小輪系アマリリスです。アマリリス 【分類】ヒガンバナ科アマリリス属の球根植物 【学名】Hippeastrum × hybrid 【原産】中南米・西インド諸島 【開花期】 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種) 【草丈】40cm~80cm 春に花茎と葉がほぼ同時に現れ、軸を伸ばして開花し、夏には葉を伸ばして、冬になると枯れます。 多くは初夏咲きですがそれ以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。 中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げて冬越しします。 オランダ産の鉢植え株が秋に販売されていて、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。 アマリリスの管理方法> ■置き場所■ 日当たりのいい場所に置いてください。日の方向に花茎が伸びて行くので、 まんべんなく日が当たるよう回していただくと、 まっすぐに育ちます。 ■温度■ 18℃~23℃が最適温度です。花が咲く頃から15℃~20℃くらいで管理すると 開花日数が長くなります。 ■水やり■ 表面が乾いたら水を与えてください。根腐れの原因となりますので、やりすぎには注意です。

《エントリーでポイント5倍》アマリリス ロリポップ 1球苗(g3)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アマリリス ロリポップ 1球苗(g3)

2枚目の写真は18年3月10日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。183b 植えっぱなしで冬越しできる寒さに強い、小輪系アマリリスです。アマリリス 【分類】ヒガンバナ科アマリリス属の球根植物 【学名】Hippeastrum × hybrid 【原産】中南米・西インド諸島 【開花期】 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種) 【草丈】40cm~80cm 春に花茎と葉がほぼ同時に現れ、軸を伸ばして開花し、夏には葉を伸ばして、冬になると枯れます。 多くは初夏咲きですがそれ以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。 中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げて冬越しします。 オランダ産の鉢植え株が秋に販売されていて、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。 アマリリスの管理方法 ■置き場所■ 日当たりのいい場所に置いてください。日の方向に花茎が伸びて行くので、 まんべんなく日が当たるよう回していただくと、 まっすぐに育ちます。 ■温度■ 18℃~23℃が最適温度です。花が咲く頃から15℃~20℃くらいで管理すると 開花日数が長くなります。 ■水やり■ 表面が乾いたら水を与えてください。根腐れの原因となりますので、やりすぎには注意です。

《エントリーでポイント5倍》アマリリス スワンレイク 1球苗(g3)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アマリリス スワンレイク 1球苗(g3)

2枚目の写真は18年3月10日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。183b 植えっぱなしで冬越しできる寒さに強い、小輪系アマリリスです。アマリリス 【分類】ヒガンバナ科アマリリス属の球根植物 【学名】Hippeastrum × hybrid 【原産】中南米・西インド諸島 【開花期】 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種) 【草丈】40cm~80cm 春に花茎と葉がほぼ同時に現れ、軸を伸ばして開花し、夏には葉を伸ばして、冬になると枯れます。 多くは初夏咲きですがそれ以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。 中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げて冬越しします。 オランダ産の鉢植え株が秋に販売されていて、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。 アマリリスの管理方法 ■置き場所■ 日当たりのいい場所に置いてください。日の方向に花茎が伸びて行くので、 まんべんなく日が当たるよう回していただくと、 まっすぐに育ちます。 ■温度■ 18℃~23℃が最適温度です。花が咲く頃から15℃~20℃くらいで管理すると 開花日数が長くなります。 ■水やり■ 表面が乾いたら水を与えてください。根腐れの原因となりますので、やりすぎには注意です。

《エントリーでポイント5倍》カラー苗 レッド系(濃いピンク) 5号鉢植え

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》カラー苗 レッド系(濃いピンク) 5号鉢植え

写真は18年4月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。184c畑地性カラー 【分類】サトイモ科オランダカイウ属の半耐寒性球根 【原産地】南アフリカ 【学名】Zantedeschia spp. 【開花期】6~7月 【栽培適地】関東地方以南に暖地 カラーの仲間は、南アフリカに6〜8種類の原種があります。このうち湿地性のカラーはエチオピカといわれ、そのほかのものは水はけのよい草地や岩場などに自生し、畑地性カラーと呼ばれます。 黄花のキバナカラー(Zantedeschia elliottiana)や桃花のモモイロカラー(Z. rehmanniii)などがあり、これら原種間の交配によって多数の園芸品種が作出されています。 多くは球根、または開花株で販売されています。 寒い季節に購入された場合は、室内の日当たりで管理し、できるだけ日に当たるようにします。 湿度の高いビニールハウスなどで生産されていますので、急に乾燥する場所に置くと花や葉が垂れ下がることがあります。 しばらくはあまり風の当たらない場所に置くようにし、徐々に周りの環境に慣らすようにしてください。 5月以降は屋外の日当たりでの管理が適しています。 日当たりが悪いと軸が伸びてだらしない姿になりますので、よく日に当てることが大切です。 球根は凍結する季節が終わる春に植えつけます。開花株を購入された場合は、開花中であっても4月以降であれば植え替え、または露地植えにしたほうがよいでしょう。 下は前年に露地に植えて花を咲かせたものです。2016.6.12。大津市の自宅で 購入した鉢植えをそのままにしておくと、多くがピートモスを多用した用土が使用されていますので、気温が高くなると球根が腐る恐れがあります。 鉢植えで管理される場合は花が終わり...

《エントリーでポイント5倍》エケベリア エボニー 3号苗

千草園芸

648

《エントリーでポイント5倍》エケベリア エボニー 3号苗

18年1月23日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。181c ■栽培方法 日当たり・水はけ 日当たりのよい所に置いてください。 水やり 加湿には弱いです。乾燥気味に管理してくださいす。 ※水のやりすぎには注意してください。 肥料 少なめに与えてください。 剪定 特に必要ありません。 病気・害虫 あまり出ません。 耐寒性・耐暑性 熱帯性の植物ですので、寒さには弱いです。 (0度以上まで)。 その他★お部屋にかわいいミニ多肉観葉♪ 例えばこんな容器に 入れたり・・・ 窓際に飾ったり・・・ 育てるのも簡単♪ 寄せ植えにも♪ いろいろな楽しみ方ができます♪ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ エケベリア (分類): ベンケイソウ科エケベリア属(学名): Echeveria(原産): メキシコ・中米・南米の北西部(利用): 鉢栽培 エケベリアはメキシコ・中米などの山岳地帯などに分布する多肉植物で直径数センチのものから80cmくらいのものまであります。 直射日光を好みますが、真夏の強い直射は避けたほうが良いでしょう。 比較的乾燥した気候を好みますから、砂質の水はけの良い用土で過湿にならないようにします。 寒さには比較的強いのですが、品種によって多少の違いはありますが、5度程度までは大丈夫です。 冬は室内の暖房の無い場所で水を与えないようにして越冬させます。 他の品種のエケベリアはこちらから!

《エントリーでポイント5倍》エケベリア エレガンス 3号苗

千草園芸

648

《エントリーでポイント5倍》エケベリア エレガンス 3号苗

18年1月23日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。181c ■栽培方法 日当たり・水はけ 日当たりのよい所に置いてください。 水やり 加湿には弱いです。乾燥気味に管理してくださいす。 ※水のやりすぎには注意してください。 肥料 少なめに与えてください。 剪定 特に必要ありません。 病気・害虫 あまり出ません。 耐寒性・耐暑性 熱帯性の植物ですので、寒さには弱いです。 (0度以上まで)。 その他★お部屋にかわいいミニ多肉観葉♪ 例えばこんな容器に 入れたり・・・ 窓際に飾ったり・・・ 育てるのも簡単♪ 寄せ植えにも♪ いろいろな楽しみ方ができます♪ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ エケベリア (分類): ベンケイソウ科エケベリア属(学名): Echeveria(原産): メキシコ・中米・南米の北西部(利用): 鉢栽培 エケベリアはメキシコ・中米などの山岳地帯などに分布する多肉植物で直径数センチのものから80cmくらいのものまであります。 直射日光を好みますが、真夏の強い直射は避けたほうが良いでしょう。 比較的乾燥した気候を好みますから、砂質の水はけの良い用土で過湿にならないようにします。 寒さには比較的強いのですが、品種によって多少の違いはありますが、5度程度までは大丈夫です。 冬は室内の暖房の無い場所で水を与えないようにして越冬させます。 他の品種のエケベリアはこちらから!

《エントリーでポイント5倍》銀モクセイ(ギンモクセイ)3号苗木

千草園芸

756

《エントリーでポイント5倍》銀モクセイ(ギンモクセイ)3号苗木

写真は見本品です。 写真は17年9月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179d-u銀木犀(ギンモクセイ) 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Nakai 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】5m 【栽培適地】関東地方以南 ●ギンモクセイの特徴● 銀モクセイは、シキザキモクセイより樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種といえます。小さくても開花し、成長は遅く、節が詰まっているので生垣などに利用できます。 香りの強いことで知られている「キンモクセイ」はギンモクセイの変種とされています。花の香りもキンモクセイほどは強くありません。 葉先がとがったヒイラギモクセイもギンモクセイと呼ばれることがありますが、別種のものです。雌雄異株ですが、日本には御株しか導入がなく、種をつけることはありません。 実をつけたとの報告がありますが、種があるのか、発芽したとのニュースは聞いたことが無いので交配でできたものではないと思われます。 開花期は長く、真夏は休みますが、冬期でも10℃あれば咲きつづけます。暖かいときは白い花を咲かせますが、気温が低いと黄色くなります。 ●育て方のポイント● 水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。性質は強く、普通の庭木として特に気を使うことも無く栽培できます。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ...

《エントリーでポイント5倍》カラー苗 イエロー×レッド 5号鉢植え

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》カラー苗 イエロー×レッド 5号鉢植え

写真は18年4月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。184c畑地性カラー 【分類】サトイモ科オランダカイウ属の半耐寒性球根 【原産地】南アフリカ 【学名】Zantedeschia spp. 【開花期】6~7月 【栽培適地】関東地方以南に暖地 カラーの仲間は、南アフリカに6〜8種類の原種があります。このうち湿地性のカラーはエチオピカといわれ、そのほかのものは水はけのよい草地や岩場などに自生し、畑地性カラーと呼ばれます。 黄花のキバナカラー(Zantedeschia elliottiana)や桃花のモモイロカラー(Z. rehmanniii)などがあり、これら原種間の交配によって多数の園芸品種が作出されています。 多くは球根、または開花株で販売されています。 寒い季節に購入された場合は、室内の日当たりで管理し、できるだけ日に当たるようにします。 湿度の高いビニールハウスなどで生産されていますので、急に乾燥する場所に置くと花や葉が垂れ下がることがあります。 しばらくはあまり風の当たらない場所に置くようにし、徐々に周りの環境に慣らすようにしてください。 5月以降は屋外の日当たりでの管理が適しています。 日当たりが悪いと軸が伸びてだらしない姿になりますので、よく日に当てることが大切です。 球根は凍結する季節が終わる春に植えつけます。開花株を購入された場合は、開花中であっても4月以降であれば植え替え、または露地植えにしたほうがよいでしょう。 下は前年に露地に植えて花を咲かせたものです。2016.6.12。大津市の自宅で 購入した鉢植えをそのままにしておくと、多くがピートモスを多用した用土が使用されていますので、気温が高くなると球根が腐る恐れがあります。 鉢植えで管理される場合は花が終わり...

《エントリーでポイント5倍》【大株】チェッカーベリー 4.5号植え (e11)

千草園芸

1,404

《エントリーでポイント5倍》【大株】チェッカーベリー 4.5号植え (e11)

17年10月20日入荷。木の状態は季節により変化いたします。1710c こんもりと茂ったチェッカーベリーで、赤い実は次々と色を増していきます。寒さや暑さにも強く、冬も夏も屋外で管理できます。 1月になると実の形が写真のように花のように成ります。 秋から冬にかけて、紅葉も楽しめます。チェッカーベリー 分類: ツツジ科シラタマノキ属の常緑低木 学名: Gaultheria procumbens 原産: アメリカ北東部 別名: ヒメコウジ、ゴテリア、オオミコウジ 開花期: 7月~8月 【結実期】9月~1月 耐寒性あり-5度程度までは大丈夫です。 夏に白い可憐な花を咲かせます。 秋から冬の間赤く色づいた実を楽しむ事が出来ます。 寒さにあたると実は赤く色づき、クリスマスの時も色づいた実が綺麗です。食用にはなりません。観賞用です。 チェッカーベリーの育て方 半日陰の場所を好みます。チェッカーベリーは冬も活動しますので、水が必要です。年間を通して水はしっかり与えてください。実の付いている鉢植を冬場に霜を避けて屋根の下に置いたり、屋内で管理すると、雨が当たらず水切れになりやすいので注意が必要です。 購入された鉢植えは根詰まりの状態になっていることが多いので、植え替えをしたほうが長く実を楽しむことができます。 ツツジ科の植物ですから、保水力と水はけのよい酸性土壌を好みます。 鹿沼土を多く混ぜた用土が適しています。 水を切らさないように管理すると実は春まで残っていることもあり、長く楽しむことができます。 春になると日当たりで管理し1月間隔で2回くらい肥料を与えます。 5月頃から新芽を出して一回り大きくなるので、鉢は大きめにしておきます。 気温が高くなる季節に葉が密生していると、蒸れて傷みやすいです。混みすぎているところは間引くなどして蒸れを防ぐようにしま...

《エントリーでポイント5倍》紅白大実万両苗(マンリョウ)2本植 6号(h1)

千草園芸

3,240

《エントリーでポイント5倍》紅白大実万両苗(マンリョウ)2本植 6号(h1)

17年12月26日に入荷。状態は季節によって変化いたします。1712d 大実の紅白万両を1鉢に植えたものです。 縁起の良い万両2本植えで、夫婦長寿と呼ばれます。マンリョウ 【分類】ヤブコウジ科ヤブコウジ属『常緑小低木』 【分布】東アジア~インド 【学名】Ardesia(=槍先) crenata(=黄緑+花) 【特徴】正月の縁起物として床飾りや切花に利用されます。 【開花期】7月~8月 【結実期】11月~3月 ●お正月の鉢植えには欠かない縁起のよい植物です。 ■育て方 明るい林内に自生する植物で、関東地方以南での露地植えが可能です。 日当たりのよい場所、水はけと肥沃な土壌を好みますが、多少の日陰でも大丈夫です。 鉢植えで管理する場合は、通気性、保水性のよい用土を用い 夏以外は、午前中だけ日の当たる場所での管理が適しています。 冬も水は切らさないようにします。 また凍てつく寒さの時期は、室内での管理がよいです。 ■植え込み 鉢栽培は赤玉土、鹿沼土など保水性のある用土を混合して用います。 すぐに大き目の鉢に植え替えていただいたほうが管理が楽になり、木も元気になります。 暖地性の植物ですから寒い季節の移植は好ましくありませんので植え替えはあまり根鉢は崩さないように行います。 ■剪定 樹形は乱れないので、こまめに剪定の必要はありません。 間延びした幹の部分を切り落とし、仕立て直す剪定。 この場合、芽が吹いて、2~3年ほど実が付きません。 ↓めずらしいマンリョウ!

《エントリーでポイント5倍》羽衣ジャスミン(ハゴロモジャスミン) 5号

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》羽衣ジャスミン(ハゴロモジャスミン) 5号

18年4月3日に入荷。状態は季節によって変化いたします。184a ハゴロモジャスミンは寒さに強いのですが、開花株は加温された環境で栽培されていますので、屋外に植えると花が枯れてしまいます。 屋外に植えるのは4月になってから行ってください。 141b 学名 Jasminum polyanthum 分類 モクセイ科ソケイ属常緑蔓性低木 原産 中国雲南省 開花期 3月~4月 成木の高さ 2~3m 冬越し 越冬最低温度は0度くらいです。 病害虫 特になし。 用途 関東以南では露地植え、または鉢植え 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 8個 同送可能商品 4号鉢の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ハゴロモジャスミン (分類)モクセイ科ソケイ属の常緑つる性低木 (学名)Jasminum polyanthum (原産)中国南部(雲南省) (別名)ジャスミナム・ポリアンタム (開花期)3月~5月 (耐寒性)0度 (利用)フェンス、鉢植え (栽培敵地) 関東地方以南の寒風の当たらない場所 春に強い香りの純白の花を咲かせ、あたりに心地よい香りをばら撒きます。 早いところでは12月末頃から花つき株が販売されますが、庭植えで開花するのは関東、関西方地方では4月末から5月です。 本来はある程度寒さに強い植物ですが、加温して開花させた株は屋外の冷たい風に当てると、花や葉が黒くしおれて弱ってしまいます。 開花株は少なくとも4月中旬までは屋内で管理します。 すぐに大き目の鉢に植え替え、室内の日当たりで管理し、4月になってから屋外で管理、または露地植えするのが良いでしょう。 (春の管理) 日当たりと肥沃な用土を好みます。開花後はつるを長く大きく伸ばしますので鉢植えでは大きい鉢への植え替えます...

《エントリーでポイント5倍》アマリリス アラスカ(g3)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アマリリス アラスカ(g3)

2枚目の写真は18年3月10日に撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。183b 植えっぱなしで冬越しできる寒さに強い、小輪系アマリリスです。アマリリス 【分類】ヒガンバナ科アマリリス属の球根植物 【学名】Hippeastrum × hybrid 【原産】中南米・西インド諸島 【開花期】 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種) 【草丈】40cm~80cm 春に花茎と葉がほぼ同時に現れ、軸を伸ばして開花し、夏には葉を伸ばして、冬になると枯れます。 多くは初夏咲きですがそれ以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。 中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げて冬越しします。 オランダ産の鉢植え株が秋に販売されていて、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。 アマリリスの管理方法 ■置き場所■ 日当たりのいい場所に置いてください。日の方向に花茎が伸びて行くので、 まんべんなく日が当たるよう回していただくと、 まっすぐに育ちます。 ■温度■ 18℃~23℃が最適温度です。花が咲く頃から15℃~20℃くらいで管理すると 開花日数が長くなります。 ■水やり■ 表面が乾いたら水を与えてください。根腐れの原因となりますので、やりすぎには注意です。

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 千代女(チヨジョ) 5号 水色【18年入荷株】

千草園芸

2,592

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 千代女(チヨジョ) 5号 水色【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月6日に撮影しました。 本来のチヨジョの花色より色が薄いです。 季節によって状態は変化します。184a 花の色は、土の酸度によってピンク~青・紫色に変化します。 ※品種によっては色の個性がでます。(赤系品種なら、青色が紫がかる場合も) ※白色品種はほぼ影響は受けません (ほんのりと出る場合はあります) 専用肥料【同梱可能】 agisaiアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

《エントリーでポイント5倍》クジャクサボテン(孔雀仙人掌) 彩華 6号 h32

千草園芸

3,888

《エントリーでポイント5倍》クジャクサボテン(孔雀仙人掌) 彩華 6号 h32

18年4月6日に入荷しました。季節によって状態は変化します。184a ●学名:Epiphyllum Hybrids ●原産:南米~中米 ■栽培方法 弱光線で高温にならない場所においてください。(25℃以下) 水遣りは、土の表面が乾いたら与えて下さい。受皿等に水は少なめに、あまり高温にならない日の当たる所で8月頃までハイポネックス等の液肥を月2回程度与えてください。 送料はmサイズです。(1つのみ) ページ下の送料表をご覧ください。 開花:5日~8日クジャクサボテン 【分類】 サボテン科の森林性着生サボテン類 【学名】 Epiphyllum 【原産地】 メキシコ南部~アルゼンチン 【草丈】 50~100cm 【開花期】 5~6月 中南米の樹上に着生して育つサボテンの仲間です。平たい形の葉が伸びて次第に軸に変化します。 サボテンの仲間ですから、美しい花を咲かせます。 原種には夜に咲くものも多く、月下美人も、クジャクサボテンの仲間です。 本来着生植物ですから、土の中に根を張るのではなく、木の皮にはりついて垂れ下がるように育つので、用土は荒く水はけというより通気性のよいことが大切です。 成長期の春から秋にかけてリン酸とカリの多い肥料を施して育てると花つきがよくなります。 品種により多少の違いはありますが、冬場は5℃以上で乾かし気味に管理します。 クジャクサボテンの育て方 生育期(5月~9月)は屋外の半日陰で育てます。弱い日光は当てるほうがよいのですが強い直射は葉やけを起こします。 日照不足になると充分生育できず、花付きも悪くなりますので明るい日当たり~半日陰に置きます。 植え替えは生育期に行い、用土は水はけの良いというより通気性のよい粗いラン用のバークなどを使用します。 このような用土は大変保肥力がありませんから、肥料は多めに...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ダンスパーティー 5号

千草園芸

2,592

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ダンスパーティー 5号

※写真は見本品です。 18年4月17日に入荷いたしました。状態は季節によって変化いたします。184c ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) HBA チボリ ピンク 5号20日入荷予定

千草園芸

2,916

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) HBA チボリ ピンク 5号20日入荷予定

18年4月20日入荷。 木の状態は季節により変化いたします。184c アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花、あじさい) ブルーラグーン 5号 A品

千草園芸

3,240

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花、あじさい) ブルーラグーン 5号 A品

写真は18年4月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 184b 来季以降は酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ 5号【18年入荷株】

千草園芸

2,916

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年4月20日に入荷。 4月13日再入荷しました。 季節によって状態は変化します。184c ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ BENI(ベニ)パープル系 5号

千草園芸

3,240

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ BENI(ベニ)パープル系 5号

写真は18年4月3日に撮影しました。季節によって状態は変化します。184a ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表...

《エントリーでポイント5倍》【バラ苗】モッコウバラ10号行灯仕立て 白八重【オールドローズ】

千草園芸

11,880

《エントリーでポイント5倍》【バラ苗】モッコウバラ10号行灯仕立て 白八重【オールドローズ】

写真は見本品です。 18年3月30日に入荷 木の状態は季節によって変化いたします 183d 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モッコウバラ (分類)バラ科バラ属の常緑蔓性低木 (学名)Rosa banksiae Aiton(黄)、Rosa banksiae var.normalis(白・一重) (原産)中国南西部 (開花)3月~5月 (近縁種)中国には原種である花弁が5枚のものがあり、これにはとげがあります。八重のものはこれから改良された園芸種とされています。 中国中南部原産で江戸時代に日本に伝えられたそうです。 バラといっても刺も毛もなく、しかもなんといっても病気にはほとんどかからず手間要らずな植物といえます。 害虫もいたって少なくまさに野生のノバラの扱いで栽培できるのが魅力です。 開花は一期咲きです。 冬も元気に越えます。下は1月の滋賀県での状態です。 当店の近所にはすごく大きいモッコウバラがあって花の咲く季節になるとよく話題にされています。東面に向いた高い石垣が一面モッコウバラで覆われているのです。 道行く人はその石垣を眺めながら通っていきます。 そんなモッコウバラですが中国中南部原産で 江戸時代には日本に伝えられたそうです。 バラといっても刺も毛もなく、しかもなんといっても病気にはほとんどかからず手間要らずなバラといえます。害虫もいたって少なくまさに野生のノバラの扱いで栽培できるのが魅力です。 現在出回っているものには基本色の黄色と白がありますが白花には甘い香りがあります。 成長が早いためか鉢栽培よりも露地植えのほうが適しています。鉢栽培では毎年の植え替えが必要になり、ツルの誘引、剪定などが必要になります。 ↑黄色のモッコウバラです。 (栽培上の注意) 日当たりと水はけのよい用土を好み...

《エントリーでポイント5倍》ギョリュウバイ ピンク八重 5号鉢

千草園芸

1,350

《エントリーでポイント5倍》ギョリュウバイ ピンク八重 5号鉢

18年2月17日に撮影しました。木の状態は、季節により変化します。182c ギョリュウバイは寒さ(温度)によって 花色が若干変化する場合がございます。ギョリュウバイ 【分類】フトモモ科レプトスペルマム属 『常緑中低木』 【学名】Leptospermum scoparium 【原産】オーストラリア、ニュージーランド 【名前の由来】葉がギョリュウ(中国原産の樹木)に似て小さく、花はウメのようなことから名付けられました。 【別名】レプトスペルマム、ネズモドキ、ティーツリー 【樹高】30cm-5m 【開花期】2月-5月 11月-12月 ギョリュウバイとはオーストラリア・ニュージーランドを中心に約40種が分布する常緑の低木です。 よく栽培されているのはニュージーランド、タスマニアに分布するスコパリウム〔L. scoparium〕とその園芸品種です。 耐寒性あり。0度前後。鉢植え、庭植え、切花として利用されます。 関東地方以南の暖地では戸外で越冬します。オーストラリア原産の植物の中では日本の気候にも適応し、育てやすい花木です。花は一重と八重があり、花色は白からピンク、赤などとともに樹形も歪性種~高性種などと多くの園芸品種があります。 下は愛知県内での露地植えされていたもの。2016.1.15 ■育て方■ 寒さにはある程度強いのですが、夏の暑さと乾燥に弱いので、夏は日陰、半日陰になるようにして涼しい環境にする事がポイントです。 露地植えで栽培すると枝がしなやかに良く伸びます。鉢植えで栽培する場合は、花後に枝を切り詰める事が必要です。 枝葉が混み合って株の内部が蒸れて葉が枯れ込んでくるので、密になる場所を作らないように風通し良くなるように、かつ日光が入るように刈り込みます。 鉢植えでは植え替えは毎年行い(4~5月)...

《エントリーでポイント5倍》黄花クンシラン(君子蘭)光玲ミレイ 6号(h4)

千草園芸

4,320

《エントリーでポイント5倍》黄花クンシラン(君子蘭)光玲ミレイ 6号(h4)

18年3月6日再入荷。 木の状態は季節により変化いたします。183 b 1,3枚目の写真は開花時のものです。 花色の濃淡は開花時の気温や日照などで本来の色が出ないことがございます。 花色には個体差があります。 自然な開花期は3~4月。 ※「クンシランの土12L 1袋」「油粕500g 2個」「遮光ネット 2個」くらいでしたら、同じ送料(630円~、地域・配送会社によって異なります)で同梱できます。クンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 高貴な花として名付けられた君子蘭ですがランの仲間ではありません。 クンシラン(君子蘭)属 Clivia は南アフリカ共和国とスワジランドに産するヒガンバナ科の属のひとつで、 森林の薄暗い場所に自生します。 明治時代から肉厚の葉とオレンジ色の花として親しまれてきましたが、近年は交配が進み、黄花のものをはじめさまざまな交配種が登場してきました。 原産地が森林であることから明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育てるようにします。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬にある程度の低温に当ててやることで春に花が咲くようになります。 花芽ができてから低温に当てつづけると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方...

《エントリーでポイント5倍》【希少】クンシラン(君子蘭) 牡丹咲き(ボタン咲き) 6号

千草園芸

43,200

《エントリーでポイント5倍》【希少】クンシラン(君子蘭) 牡丹咲き(ボタン咲き) 6号

18年2月24日撮影。 写真は見本品です。 花のお写真は一例です。 株により株により違いがありますので、 お送りする商品の花をご確認いただきたい場合は、 お問い合わせください。 株の状態は季節により変化いたします。 自然な開花期は3~4月。182eクンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 高貴な花として名付けられた君子蘭ですがランの仲間ではありません。 クンシラン(君子蘭)属 Clivia は南アフリカ共和国とスワジランドに産するヒガンバナ科の属のひとつで、 森林の薄暗い場所に自生します。 明治時代から肉厚の葉とオレンジ色の花として親しまれてきましたが、近年は交配が進み、黄花のものをはじめさまざまな交配種が登場してきました。 原産地が森林であることから明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育てるようにします。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬にある程度の低温に当ててやることで春に花が咲くようになります。 花芽ができてから低温に当てつづけると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方 冬は乾燥気味に管理しますが、その他の季節は適湿で育て、乾燥や過湿は避けてください。 用土は赤玉土単用でよく育ちます。肥料も生育時は月1...

《エントリーでポイント5倍》【花なし】リンドウ苗 心美白寿「リンドウココミハクジュ」

千草園芸

1,080

《エントリーでポイント5倍》【花なし】リンドウ苗 心美白寿「リンドウココミハクジュ」

15年9月18日に入荷。状態は季節によって変化いたします。159dリンドウ 【分類】リンドウ科リンドウ属の多年草(耐寒性) 【学名】Gentiana triflora 【開花期】9月~10月 【分布】日本の山地などに自生。 本州から四国・九州の湿った野山に自生する多年草です。 変異種が多く、産地によってさまざまな名前が付けられています。 性質も異なり、花色や背たけ、姿もさまざまです。 古くは田の土手などで普通に見られましたが、近年では数を減らし、絶滅した地方も多く、絶滅危惧種として保護されている地方もあります。 リンドウの切花や鉢植えは改良が進み、さまざまな品種が作られてきました。 花壇用には軸の短いもの、切花には軸の太いものが求められ、それぞれに多くの品種が作られてきました。 そして鉢植には軸が短くて立ち上がり、切花種のような色の美しいものが求められるようになりましたが、切花種は色は綺麗でも暑さに弱く栽培の難しいものでした。 その欠点をなくした花が美しくて背丈もあまり高くならず、育てやすい品種が鉢植えにして流通しています。 リンドウの栽培は岩手県八幡平市安代地区が日本一の生産地となっていて改良もこの地区が中心となっています。 野生種は育てにくいものが多いのですが、園芸品種は花色も紫だけでなく、白やピンク、赤などと豊富で美しく育てやすいものです。 リンドウの育て方 鉢植えを購入された場合は、日当たりの良い場所で管理します。 一回り大きい鉢に植え替えていただくと長く花を楽しむことができます。 11月になると葉が枯れますから植え替えをします。 株には翌年用の芽がいくつもできていますから土を1~2センチかぶせるようにして新しい用土で植え替えます。 寒さには強いのですが、土は凍結させないように冬越しします。...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アキイロアジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルアメジスト ブルー 6号(a5)

千草園芸

3,564

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アキイロアジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルアメジスト ブルー 6号(a5)

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月8日更新 178a) ※写真は見本品です。 写真は17年7月27日。 徐々に緑色にへんかしております。 季節によって植物の状態は変化します。177d ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ...

送料無料
《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) 未来(ミライ) 5号★発送日でお選びください

千草園芸

5,940

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) 未来(ミライ) 5号★発送日でお選びください

写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 送料無料商品となりますが、北海道や離島など、別途船賃等がかかる地域への発送は別途送料がかかります。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク