メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒマラヤユキノシタ」検索結果。

ヒマラヤユキノシタの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:タカノハススキ 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

山野草:タカノハススキ 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【お庭の下草】【強健植物】通常のススキと異なるのは、葉に模様があります。夏場は風に揺られる葉がとても涼しく感じさせてくれます。地植えにすると高さ2mほどにまで成長します。大きくさせたくない場合は成長の途中で刈ってしまいます。【豆知識 ~お月見にはなんでススキを供えるの ?~ 】お月見にお供えするススキは、月の神様を招く依り代(神霊が依り憑く(よりつく)対象物のこと)として供えられます。月の神様の依り代は稲穂なのですが、お月見の季節には稲穂がなかったため似ているススキを供えるようになったと伝えられています。昔からススキには魔よけの力があると信じられており、お月見に供えたススキを軒先に吊るすと1年間病気をしないという言い伝えも残っています。ご自分で育てたススキの穂をお月見にお供えしてみてはいかがでしょうか?たかがススキ、されどススキ。お月見しながらお団子を食べるもの日本らしい一夜です。●科名・特性イネ科ススキ属 多年草。●開花時期8~10月●育て方とても丈夫な植物です。日向でも半日陰でもよく育ちます。庭で揺れる葉が涼しげです。

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗4ポット【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,863

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗4ポット【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】通常の赤穂のワレモコウですが、開花が晩秋からと遅めのタイプです。北東北の場合、雪が降り始める11月下旬ころまで咲いています。冬場は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。●草丈50cm~1m●科・属名バラ科ワレモコウ属●特性多年草●開花時期10~11月●植え付け適期春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。●管理場所水はけの良い日向●育て方日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

476

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】通常の赤穂のワレモコウですが、開花が晩秋からと遅めのタイプです。北東北の場合、雪が降り始める11月下旬ころまで咲いています。冬場は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。●草丈50cm~1m●科・属名バラ科ワレモコウ属●特性多年草●開花時期10~11月●植え付け適期春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。●管理場所水はけの良い日向●育て方日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはほんのりとした黄花。黄花ですが白に近い淡い色合いです。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

樹木:ツルウメモドキ [つるもどき] 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

951

樹木:ツルウメモドキ [つるもどき] 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明※当店のツルウメモドキは雌株を挿し木して栽培した苗です。雄株の取り扱いはございません。ツルウメモドキは落葉性のツル植物で、日本を含め東アジア一帯に分布します。葉の形や若枝が梅に似ていることからこの名がついたといわれています。 初夏にきみどり色のかわいらしい花をつけます。とても小さいので注意していないと見逃してしまいそう。秋になると、落葉した枝に山吹色の実をつけ、やがて熟した朱色の実が表皮を裂いて顔を出します。この朱色が色彩の少ない冬を飾ります。ツルウメモドキの枝と実は姿がとても美しく、生け花はもちろんのこと、和風の寄せ植えや苔玉にも人気があります。リースにもいいですね。●科・属名ニシキギ科ツルウメモドキ属●特性落葉性つる植物●開花時期5~6月●実の観賞時期10~12月●育て方土質は特に選びませんが、水はけのよい肥沃な土壌に植えつけます。日当たりの良い場所に置きましょう。つる性の植物なので、水は切らさないように気を付けます。土の表面が乾いたらたっぷりあげてください。成長が非常に早く、つるが伸びて大きくなってしまうので、冬の間にせん定し整えます。【リースにも活躍】こちらは当店のスタッフが作成したツルウメモドキのリースです。松ぼっくりとワレモコウをお飾りに。ちょっぴり実が弾けすぎてしまっていますが、これも自然のご愛敬 固いツルなので、形作りもうまくいきます。秋も深まり、咲く花が少なくなったときは、秋の実で遊ぶのも楽しいものです。ツルウメモドキは年数が経ち丈夫になればなるほど、ツルをほかの木々に沿って(支えられて)成長していきます。ほかの草花の邪魔になりそうになったら、カットして楽しむのもいいですね。

山野草:ムラサキツユクサ 紫花 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,497

山野草:ムラサキツユクサ 紫花 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報商品名:ムラサキツユクサ 紫花(むらさきつゆくさ)和名:紫露草学名:Tradescantia ohiensis花言葉:快活、ひとときの幸せ【宿根草】【学校の実験材料】●商品説明 北アメリカ原産の園芸種で、全国各地で見られます。見かけは花の大きいツユクサのようですが、道端で見るツユクサとは全く別のものです。草丈は50cmほどで、6月の梅雨時にたくさんのつぼみをつけ、一斉に花を咲かせます。花色は紫花、白花、桃花があります。ずっと長く咲いている印象がありますが、朝咲いて、午後にはしぼんでしまう一日花です。曇った梅雨空下でも次々と花を咲かせ、特に雨上がりや朝露に濡れた姿は可憐でとても綺麗です。花は一日でしぼんでしまいますが、次々咲くので長く楽しめます。このムラサキツユクサの放射能感知能力は国内外でも認められており、各地の原子力発電所に安全確認のため植えてあるそうです。また、理科の実験にもよく利用されます。お急ぎのお客様はご注文時にお知らせください。出来るだけご希望に添えるよう発送いたします。●草丈30~70cm●科・属名ツユクサ科トラデスカンティア属●特性多年草●開花時期6月●育て方性質は大変丈夫で、半日陰や湿った場所でもよく育ちます。日当たりのよい場所の方が花つきがよくなります。増えやすい植物で、庭植えをお勧めします。日向か半日陰の風通しの良い場所で管理します。草丈が大きくなるので、他の小さめの植物との寄せ植えも魅力的です。春には株分けができます。

山野草:桃花二重咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:桃花二重咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはこんもりとした花姿が愛らしい二重咲き品種。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山野草:黄花二重咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:黄花二重咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはほんのりとした黄花の二重咲き品種。黄花ですが白に近い淡い色合いです。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈15~30cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,188

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

【よもぎ餅へ利用をお考えのお客様へ】よもぎ餅へは、春のまだ柔らかい新葉が適しています。新葉は早春から出始め、まだ白っぽい葉先を千切り利用します。大量に千切ってもそこは雑草。次から次へと出てきますのでご安心を。初夏以降も食べられないことはないのですが、葉が固くなるためあまりお勧めできません。強健なため、畑や庭先へは植えずにプランターや鉢栽培を強くお勧めいたします。●商品情報 【宿根草】【強健植物】【山菜苗】【野菜苗】【春の新芽を草餅に】商品名:ヨモギ(よもぎ)和名:蓬別名:モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、モグサ、ヤキグサ●商品説明春に新芽を摘み取り天ぷら・よもぎ餅などに利用します。繁殖力旺盛です。懐かしい味をお楽しみください。多めに入れて作るとよりヨモギの香りが引き立ちます。●科・属名キク科ヨモギ属●特性多年草●草丈30cm~120cm●開花時期9~10月●植え付け適期春か秋 いつ植え付けても成長しますが、真夏の植え替えは避けましょう。●管理場所日向~半日陰 日陰でも育ちます。●育て方とても丈夫な植物です。植える時期や場所などは特に選びません。殖える植物ですので、栽培される場合はプランター栽培をお勧めします。

果樹苗:モミジイチゴ 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

713

果樹苗:モミジイチゴ 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

【栽培担当スタッフからのお知らせ】当店で販売しているのは岩手県自生のモミジイチゴを増殖した苗になります。主に東日本に自生する品種です。良く似た品種に「ナガバモミジイチゴ」があります。ナガバモミジイチゴは近畿以西(九州など)に自生する品種で、当店で販売しているモミジイチゴとは異なる品種になります。●商品情報 【樹木】【果樹苗】和名:紅葉苺別名:キイチゴ学名:Rubus palmatus var. coptophyllus●商品説明山へ行かなければ食べられない野イチゴ。この実を食べれるならどんな道でも歩く価値があるほどに美味しい。持ち帰ろうとすると柔らかいのですぐに崩れてしまいます。だからこそ、採りたてを頬張れることに幸せを感じます。※茎にトゲがありますので、厚手の手袋をして扱って下さい。●科・属名バラ科キイチゴ属●特性落葉低木●開花時期4~5月●植え付け適期春の桜の時期か、秋の紅葉の時期●育て方庭植えをオススメします。ただし、トゲがあるので普段歩く場所の近辺は避けましょう。真夏を除く、早春から秋までの間に植えることができます。風通しの良い明るい半日陰で、肥沃な場所を選びましょう。腐葉土を用い、湿気を保つと良いでしょう。黒土の崖のような場所にはえています。

山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 15cmポット大株苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,497

山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 15cmポット大株苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明このまま鑑賞してもいいですし、そっと庭に植えつけても良いでしょう。大株は丈夫で庭植えにも最適です。北国の海岸や原野に自生するマメ科の植物で、初夏に咲き誇ります。一面に群生することもありその様子は見事。鮮やかな黄色がとても綺麗で遠くからでもよく目立ちます。茶花として利用されることも多く、季節の移り変わりを知らせてくれます。マメ科植物らしい蝶形のかわいい花を密集させ咲きます。名前の由来は歌舞伎の演目のひとつ『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』にかけてつけられたそうです。また、「船を修理する船台の周りに咲く萩に似た花」ともいわれます。青花のセンダイハギもありますが、黄花とは別属です。日本にもともと自生している「黄花センダイハギ」に花の形が似ているので、「青花センダイハギ」と名が付いたそうで、原産国は北アメリカです。とても丈夫で繁殖力も強い植物です。耐寒性に強く、1年ごとに目に見えるように大きくなります。土質を選ばず地下茎で殖え広がり、高さは条件が合えば1mほどまで成長します。花後に長さ10cmほどの茶褐色のさやの実をつけます。 ●草丈50cm~120cm●科・属名マメ科センダイハギ属●特性多年草●開花時期5~8月●育て方*管理場所*日向庭植えの場合は、日向に植え付けましょう。根付けばそのままで大丈夫です。鉢植えの場合は、常に日向で管理します。増えやすいのであらかじめ大きめの鉢に植え付けましょう。植え替えは2年に1回。秋に株分けをします。水やりは表土が乾いたらば充分に与えます。成長期には土にしっかりと水がかかるようにあげます。葉水もあげましょう。

樹木:チョウセンゴミシ(朝鮮五味子) 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

713

樹木:チョウセンゴミシ(朝鮮五味子) 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明北海道・本州(中部地方以北)の山地に生える落葉性つる植物です。チョウセンゴミシは、雄雌異株とされていますが近年の調査で同株として扱われています。和名は、江戸時代に生薬の五味子として朝鮮半島から輸入していたことから由来し、また五味子の「五味」は、実の味が、甘味・酸味・辛味・苦味・塩味の五つの味があることから名づけられました。この実は、咳止めや滋養強壮の効果があるといわれ、古くから漢方薬の原料となっています。また現在では、葉の作用も研究されています。韓国では、お菓子、お茶、お酒としても利用されます。特に「五味子茶(オミジャ茶)」といわれる韓国の伝統的なお茶として有名で、きれいなピンク色の酸味と甘味がとても美味しいお茶です。その日の体調によって感じられる味が変わるといわれています。5~7月頃に芳香のある白い花をつけます。秋には5~7mmの赤い実をつけ、穂状にぶら下がる姿は森の彩りとして周りを華やかにします。この実をよく乾燥させると黒色になり、これが五味子という生薬になります。●科・属名モクレン科マツブサ属●特性落葉性つる植物●開花時期5~7月●育て方庭植えにするとどんどん育ちます。落葉樹の近くなどの明るめの半日陰に植え付けます。比較的日当たりのあるほうが実がつきやすいでしょう。つる植物なので、側にまきつける木などがある場所を選びます。鉢植えでは、鉢が大きければ大きいほど苗も合わせて大きくなります。通気性が良く、水はけのよい土壌を好みます。寒さには強いのですが、乾燥させないように注意します。

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

476

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 素掘り苗2株【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,545

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 素掘り苗2株【紫桜館山の花屋】

商品名:サンカヨウ(さんかよう)和名:山苛葉学名:Diphylleia grayi花言葉:親愛の情【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】【雨の日が楽しみになるガラス花】最近テレビで紹介されることが多くなり、ジワジワとファンが増えているサンカヨウ。通常は白いお花ですが、朝露や小雨が半日以上降り続いた時に花びらが透けてガラスのように透明になります。神秘的な美しさです。写真はまだ半透明ですがもう少しねばったら透明な写真が撮れたはず・・・。サンカヨウのガラス花の写真をお客様に見て頂きたく、雨上がりの朝や小雨が降り続いた日にカメラを持って走り回ったのですがこれが限界でしたm(__)m北海道から本州中部以北のやや湿り気がある場所に自生しています。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個咲かせます。花後、ブルーベリーのような濃い青紫色で白い粉を帯びた美しい実をつけます。この実は食用にもなります。食べてみましたが少し酸味のある甘さでした。●科・属名メギ科サンカヨウ属●特性多年草●草丈30~70cm●開花時期4~6月(実は花後約1~2か月後に付きます)●管理場所半日陰 ※西日は嫌います●育て方湿気があり涼しい場所がお気に入りです。西日は嫌うので朝日があたり午後は日陰になるような場所、または木漏れ日が射すような落葉樹の木陰などを選び植え付けをお願いします。鉢植えの場合も同様に、西日が当たらない場所で管理をお願いします。用土は黒土または山野草培土。庭上の場合、庭土が固いようでしたら、耕し鹿沼土を混ぜ込むとなおいいでしょう。寒さには強く、暑さには弱いです。蕗に似た大きな葉を広げるので水切れのないよう気を付けます。庭植えの場合は、植えつけ1週間ほどは朝か夕方にたっぷり水やりをし、それ以降は雨で十分です。夏場雨が降らない日が続く際は水やりをお願...

苔:生水苔 15cmポット入り【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

苔:生水苔 15cmポット入り【紫桜館山の花屋】

商品名:オオミズゴケ(おおみずごけ)学名:Sphagnum palustre(スファグヌム パルストゥレ)別名:生水苔【食虫植物栽培】【ラン科植物の栽培】【水苔】【国産】●15cmポット(直径15cmのビニールポット)に仮入れしてお届けします。容量は女性の両手で持てる程です。●日本では準絶滅危惧種に分類されていますが当店では栽培場(田圃)にて長年栽培したものを販売しております。ご安心くださいませ。●自然のものですので、落ち葉や枯れ枝が混ざっています。できるだけ取り除きお送りしておりますが、ご了承ください。気になるお客様は購入をお控え願います。こちらの商品は大水苔は生きた水苔です。主に「水苔」というと国外の乾燥水苔が流通しております。水苔は一昔前はどこにでもあるような苔でしたが、現在では珍しくなりました。苔として観賞はもちろんランの栽培、植物の栽培にもご利用頂けます。抗菌性、保水性、通気性に大変優れている水苔です。田圃で栽培しているため、落ち葉や枯れ枝が混ざっています。できるだけ取り除きお送りしておりますが、ご了承ください。また、生きておりますので季節や日照条件により水苔の太さや長さ、色に違いが出てまいります。水苔の先端(生長点)は鮮やかな緑色をしていますが、下方になるほど日が当たらないため白っぽくなったり、茶色っぽくなっています。耐寒性もあり、積雪がある地方でも屋外で可能です。水が溜まるトレーに培土(腐葉土・ピートモスでもOK)を1cm程敷き、その上に平らになるように水苔を並べておきます。プランターで栽培する場合は、培土を厚めに敷いてから並べましょう。乾燥を嫌うので1日1回、たっぷりと水やりをします。管理場所は日向~半日陰です。

山野草:クジャクシダ(孔雀羊歯)[クジャクソウ] 10.5cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山野草:クジャクシダ(孔雀羊歯)[クジャクソウ] 10.5cmポット苗

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【シダ植物】【お庭の下草】 名前の由来は孔雀の尾羽のような姿になることからつけられました。そのため別名『クジャクソウ』とも呼ばれます。鳥足状に横に広く広がります。庭園の下草によく使われます。 北海道~本州(西南の一部地域を除く)に自生するホウライシダ属のシダ植物です。ホウライシダ属は日本に8種ありますが、ほとんどが温暖な地に自生しています。クジャクシダはホウライシダ属には珍しく冷涼な気候を好むのがこのクジャクシダです。特に東北秋田県には特に多く自生しています。 ●科名・属名 ホウライシダ科ホウライシダ属 ●特性 夏緑性のシダ植物 多年草 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう ●植え付け適期 春か晩秋 ※夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 初夏には葉を大きく広げ始めます。葉が広がってから植え付けた場合、株が水をうまく給水できずに葉先から枯れてくる場合があります。そのため、まだ葉が広がりきらない春(5月中旬頃)までを目安に植え付けを終えましょう。そうすると、葉も素直に広がります。 ●育て方 半日陰、または日照時間の短い日陰で育ててください。湿り気のある場所を好むため、乾燥しやすい場所は避けましょう。秋には休眠期に入るため葉が枯れ始め、翌春にまた芽吹き出します。春に新芽が芽吹き出したこと、前年の枯葉・枯れ茎を取り除きましょう。

送料無料
山菜苗:エゾニュウサク [エゾニュウ] 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,137

山菜苗:エゾニュウサク [エゾニュウ] 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

●商品説明 6月頃から、道端に大きく茎を伸ばし、7~8月頃、白い花を咲かせます。花火のようにも見えますね。 主に秋田県で食べられる山菜です。秋田県では「サク」の名で親しまれ、人気の高い山菜のひとつです。他の地域では、あまり知られていない山菜のようです。地域により、「エゾニュウ」「ニョウサク」「サク」「ニュウ」と呼び名は様々です。名前の由来は、「エゾ」は北海道、「ニュウ」はアイヌ語で苦いという意味があります。 ●食べ方 5月頃の若い太い茎を採り、フキのように茎の皮をむいて食べます。ワラビのようにアクを抜くとすぐ食べられますが、通常は、皮を剥いて塩蔵にして、冬の保存食にします。食感は名の通りサクサクしており、煮物、油炒め、汁の実などとても食味に優れ、老若男女に好まれています。特に煮物にすると味は格別です。新芽は香りがよく、天ぷらにしても美味しいです。 ●草丈 50cm~2m以上 ●科/属名 セリ科シシウド属 ●特性 多年草 ●生育地 山沿いの空中湿度の高い谷間や河岸、樹陰などに大小の集団をつくって群生している ●開花時期 7月~8月 ●育て方 *管理場所* 日向~半日陰 西日の当たらない、少し湿り気のある場所で管理します。株分けは葉茎が枯れた後、休眠期の秋~早春までの間に行いましょう。

山野草:コウホネ(河骨) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山野草:コウホネ(河骨) 10.5cmポット仮植え苗

●商品説明 浅い沼地などに自生する多年生の抽水植物です。名前の由来は河に生え、根茎が白くゴツゴツして骨のように見えることから「河骨」と付けられました。 夏にかけて黄色い花を咲かせます。輝くような黄金色で、しっかりとした厚手の花を上向きにつけます。4~5cmの花に見えるのは、5枚の花びら状の萼片(がくへん)で、雌しべの周りのたくさんの小さな花びらと雄しべのついたものが花です。葉は、水中葉と水上葉があります。水中の葉は薄く透明で、水上葉は深緑色で光沢があります。ウォータープランツとして、ヒツジグサと同様に人気があります。暑い夏に涼しげな姿で癒されます。 ●科/属名 スイレン科コウホネ属 ●特性 多年草の水生植物です。 水生植物の中でも、抽水植物(根が水中にあり、茎や葉を伸ばして水面上に出る植物)に分類されます。 ●開花時期 6~8月 ●育て方 日向~半日陰の水中、日向の湿地や沼地自然界では、根の部分が水に沈んでいる植物です。池や沼などがある場合は、浮力があるため深く植えるかおもりをつけて沈めます。容器で育てる場合は、株元から10cm以上の高さまで水を入れてください。 冬場は、水底まで凍らなければそのまま植えて置いて大丈夫です。池や沼に植えた場合も同様です。 コウホネと一緒に生き物を飼うと助けてくれますよ メダカとタニシはウォーターガーデンのベストパートナー。 コウホネを育て始めたら、是非鉢の中にメダカを入れてみてください。水面にぷかぷか浮いた葉の下をメダカが泳ぐ姿は、とっても涼しげ。与える餌の量を少なくすれば、厄介なボウフラを食べてくれます。 一緒にタニシを入れておけば、藻類を食べてくれるので睡蓮鉢がピカピカに。 そして、しばらくしたら、そっと睡蓮鉢を観察してみてください。きっといろんな動物たちが...

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

653

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗

●商品情報 【シダ植物】【常緑多年草】【グランドカバー】【シェードガーデン向き】 商品名:リョウメンシダ(りょうめんしだ) 和名:両面羊歯 別名:ニネングサ、ニネンソウ、アキシラズ、フユシラズ 学名:Arachniodes standishii ●商品説明 日本各地の山の樹林下の空中湿度の高いところに群生する常緑多年草シダ植物。初夏から葉がしっかり展開し始め、大形の葉を一面に広げ、美しいレース状の葉模様を見せてくれます。面の色合いや光沢のようすが表・裏ともほとんど同じで変わらないことからリョウメンシダ(両面シダ)の名がつけられました。 涼しい地域(東北など)では冬葉は落葉し休眠し翌春にまた新葉がでてきます。関東以西の暖かい地域では1年を通して常緑のため、グランドカバーなどに最適です。初夏から葉がしっかり展開し始め、大変美しい葉模様を見せてくれます。 昔から、リョウメンシダの生えるところは、スギがよく育つと伝えられています。また、なめこが出やすいともいわれ、山に住む人々にとって指標植物となっています。また、葉の切れ込みが多く、他のシダに比べて触った感触がやわらかいため、採った山菜を束ねたり、山小屋の敷物などにも使われるなど、シダには珍しく人々の生活に関わりのある植物です。 リョウメンシダの他にも存在感がありお勧めなのは「クジャクシダ」や「オシダ」。そして山菜として有名な「コゴミ(クサソテツ)」もお勧め。コゴミの場合、春に半分程食して後はそのままにしておくと、オシダより若干小ぶりな放射状の葉を広げてくれますよ。 ●科名・特性 オシダ科 カナワラビ属 多年草 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう ●植え付け適期 春か晩秋 ※夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 初夏から葉を広げ始めます...

山野草の苗/原種系シクラメン:コウム白花(緑葉系)2.5号ポット

園芸ネット プラス

915

山野草の苗/原種系シクラメン:コウム白花(緑葉系)2.5号ポット

コウムは東欧から中近東にかけて自生するシクラメンの原種のひとつ。園芸品種に比べて花や葉が小ぶりで、とても可憐な印象です。耐寒性が高く、マイナス15度前後まで耐えます。原種の中では日本で最も育てやすいシクラメンの一つで、庭植えできます。花の大きさは1cmほどです。花色は白からピンク赤紫と幅広く、花の少ない冬の時期に鮮やかな色が映えるます。秋(10月)から展開する葉の模様のバリエーションも多い品種です。この株は白系の花色で緑葉系ですが、品種特性状、多少色幅がありますので、ご了承ください。学名:Cyclamen coumタイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草草丈:10cm開花期:1~3月日照:日向向き用途:鉢植え、庭植え栽培方法(原種シクラメンの一般的な栽培方法です):植え付け・植え替えは休眠期(7~8月)が適しています。他の季節に植え替える場合は花や葉を傷めない様に注意してください。鉢植えの場合は、焼鉢など水はけの良いものを選びます。お届けの際の鉢よりも一回り大きなものに植え、成長に応じて2~3年に一度植え替えます。用土は水はけの良い土が向きます。赤玉土、鹿沼土、軽石、腐葉土を同じ割合で混合したものや山野草用土に、少量の緩効性肥料を混ぜて植えつけてください。庭植えの場合は、明るめの針葉樹や落葉樹の根元、壁際や軒下など、水はけがよく雨が当たりにくい場所が適しています。植え付けの際は、球根を5cmくらい深植えにします。(園芸品種の鉢植えは球根の頭を地上に出しますが、原種は完全に土中に埋めてください)鉢植えの場合は、9月~5月は雨の当たらない日向に、6~8月は雨の当たらない半日陰で管理し、夏の休眠期は水を切らし気味に管理します(湿り気を好むプルプラセンスを除く)。夏に水やりしすぎると球根が腐るのでご注意ください。3~4月に月2回...

山野草:日本イブキジャコウソウ 7.5cmポット苗2ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

891

山野草:日本イブキジャコウソウ 7.5cmポット苗2ポットセット

●商品名(和名)[別名] イブキジャコウソウ(伊吹麝香草) ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【グラウンドカバー】【香りのある植物】 葉の香りを麝香(ジャコウ)にたとえ、伊吹山に多く自生することから名付けられたイブキジャコウソウ。葉に触れると良い香りがします。高山植物ですが日本では北海道から九州まで、比較的涼しい場所を好み、日当たりの良い岩地などに自生します。 初夏から夏にかけてピンクの可憐な花を咲かせます。葉や茎に触れるとはすがすがしく甘い香りがあり、百里先まで香るとの表現から百里香(ヒャクリコウ)とも呼ばれます。また、タイムと種類がごく近いので日本のタイムとも呼ばれ、ハーブの仲間でもあります。花期以外でも、葉に触れると良い香りがするため、大変人気のある植物です。 細い茎が地表を這うように伸び、雑草防除にもなることからグラウンドカバーとしても栽培されます。ヨーロッパの庭園では芝生の代わりに植えられることもあるそうです。この性質を利用して、庭に芝生代わりに植えましたら、その上を踏み歩くとすがすがしい香りが漂い、座ってピクニックなどをしながら、素敵な時間を過ごすことができそうですね。 ●科/属名 シソ科イブキジャコウソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●管理場所 日向 ●育て方 *庭植えの場合* 暑さや寒さに強く、とても剛健で、日当たり、水はけ、風通しの良い場所であれば放任で育ちます。 低く横に這うように育つため、株と株の間は30センチほど離しましょう。 日向が好きな植物のため、お庭の道脇などに植え付けても良いでしょう。冬場は葉が落ち、枯れ茎だけが残ります。この時に、茎を短く切り詰めると来年コンパクトに花をつけます。冬は雪の中で冬越します。 *鉢植えの場合* 山砂系の用土で植えましょう。 ...

山野草:クルマユリ (車百合) 10.5cmポット仮植え苗 ※休眠期中

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

772

山野草:クルマユリ (車百合) 10.5cmポット仮植え苗 ※休眠期中

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【百合】【宿根草】【茶花】 あまり出回ることがないクルマユリ。人気の秘密は小ぶりなユリながらも鮮やかな朱色の花でしょうか。緑の高山草原で一際目立ち、夏のお花畑を代表する高山植物です。自生するユリの中では一番高い標高に育ちます。 山に咲くオレンジ色のユリには、このクルマユリとコオニユリがありますが、葉のつき方を見るとすぐに判別できます。クルマユリの葉は、茎の中央部で10枚ほど輪を描くように並んでおり(輪生)、車の車軸のように見えることからこの名がつきました。高さ30cm~80cm、花の大きさは5~6cmほどで、鮮やかな朱色の花は、後ろ手出で触れ合うほど強く反り返り、小さいながらも存在感があります。 クルマユリは花だけでなく球根もかわいらしく、ユリの鱗片が花のように育っています。少し荒く扱うと、パラパラと壊れてしまいます。少しくらい欠けても生育には問題ありません。実はこの鱗片、砕いて蒔くと1カケ1カケから芽が出てくるのです。その姿もかわいらしいもの。一見、草と間違えてしまいそうです。 もともと高山に生息している植物なので、夏の暑さに弱く、傷みやすいといわれています。 一般にユリ科の植物は乾燥に弱いので、あまり土が乾燥しすぎないよう注意が必要です。 ●草丈 30~80cm ●科/属名 ユリ科ユリ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~8月 ●育て方 腐葉土をすき込んで黒土で植え付けましょう。黒土でなくても水はけの良い用土であれば問題ありません。 寒さに強く、根付けば手間はかかりません。花が終わりに近づいたら切ってあげると、株が丈夫に育ちます。

ハーブ 苗 ボリジ【白花】9cmポット苗

ハーブとイタリア野菜の楽天市場店

292

ハーブ 苗 ボリジ【白花】9cmポット苗

当店のハーブ苗について ◎苗は3個からお求めいただけます。 ◎写真は品種と当店の苗の参考イメージです。実際にお届けする苗と異なります。 ◎咲く花の色も写真と異なる場合があります。 ◎お届けする苗はお届けする時点で元気な苗から選んでいます。 ◎刺激の強い品種などありますのでハーブティなどに使用する場合は 専門の書籍などをご参照ください。 ◎ポットについている札差しの種類は異なる場合があります。 ◎寒さが苦手な種類は夜は家の中に取りこんでください。 また暑さが苦手な種類は日あたりや風通しなどに注意してください。 ◎「在庫アリ」の場合でもご希望に添えない場合があります。 「育苗中」の苗もご用意できる場合があります。お問い合わせください。 ◎開花期、収穫期、草丈などは目安です。生育環境など条件により異なります。 ◎お届けするのは、ビニールポットに入った苗で花はついていません。 ◎苗は6個以上がおトクです。 3~5個でもお買い求めいただけますが、別途資材費216円がかかります。 【ハーブの苗】サイズ:対角線9cm材質 :ビニールポット重さ :約100g生産地:埼玉県 【パッケージ】当店オリジナルサイズ:横25.2×高さ20.5×奥行17.0(cm)※数値は目安です。 ■■ボリジ■■ ヨーロッパでは古くから栽培されていたようですが、日本に入ってきたのは明治初期です。和名は「るりちしゃ」といいます。日本ではブルースターのボリジが一般的ですが、ガーデニングの本場英国やニュージーランドでは白い花のボリジが可憐に咲き誇って美しい庭園をつくっています。葉はコンフリーに似て全体に荒い毛がありさわるとチクチクします。葉や茎をつぶすとキュウリのような香りがし味もキュウリに似ています。イチゴをおいしくするハーブとしても有名で...

パンパスグラス ホワイトフェザー(白花)10.5cmポット苗

土っ子倶楽部

980

パンパスグラス ホワイトフェザー(白花)10.5cmポット苗

グラス系植物の王様とも呼ばれ、秋に大きな花穂をつける大型植物です。 他に類を見ないその存在感は抜群で、フサフサした穂が秋風にゆれる姿はとても雄大で趣ある世界観を演出してくれます。ナチュラルガーデンにも最適です)^o^( 又、とても丈夫で育てやすく、一度、植え付けたらその後は植えっぱなしでオッケーと管理も簡単です。切り花やドライフラワーにしてもステキ)^o^( 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:10.5cmポット ・お届け時高さ: 約20cm(容器含む) 《開花》9~10月頃(地域差あり) 《花色》白 《樹高・草丈》2~3m 《栽培適地》東北地方以南 《栽培適温》15~25℃ 《科名》イネ科 《園芸分類》半耐寒性多年草 《用途》鉢植え 庭植え 切り花 《開花までの目安》約2年 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 基本的に植えっぱなしでオッケーですが、花後は全体の半分ほどで剪定してあげて下さい。とっても大きくなるので、庭植えの場合は株間は50~100cmほどあけて植えつけて下さい。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!園芸の土『土一番』 おすすめの肥料!置くだけ肥料300g

スポンサーリンク
スポンサーリンク