メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒマラヤユキノシタ」検索結果。

ヒマラヤユキノシタの商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
山野草:カライトソウ (唐糸草) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,137

山野草:カライトソウ (唐糸草) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 商品名:唐糸草(からいとそう) 別名:唐打草 (カラウチソウ) 学名:Sanguisorba hakusanensis 花はかわいい猫じゃらし、根は頼れるお薬!? 本州中部に自生する大型の多年草です。細い茎の先にピンクの花を咲かせます。その美しい花の様子から、まるで唐(外国)から来た絹糸のようだと讃えられました。つぼみのころの穂はピンと上を向いていますが、花が咲き始めると次第に下に垂れていきます。こうべを垂れたその姿は、ピンクの猫じゃらしのようにも見えて、なかなか愛嬌があります。花穂は長さ10cm程あり、ワレモウコウ属では最大です。茎が細く倒れやすいので、気になるのであれば支柱を立てるとよいでしょう。 学名はSanguisorba hakusanensisといいますが、このSanguisorba(サングイソルバ)は、ラテン語の「sanguis(血)+sorbere(吸収する)」が語源です。根にタンニンが多く、止血効果のある薬とされ昔から利用されてきました。 花びらがない?!バラ科の変わり者 カライトソウは、バラ科の植物。しかし、「ベルサイユのばら」という漫画のタイトルにもあるような、絢爛豪華なイメージのバラとは似ても似つきませんね。 カライトソウが属する「バラ科ワレモコウ属」は、進化の途中で花びらがなくなってしまったという変わり者なんです。私たちが普段花だと思って見ているのは、実は雄しべ。ガクが4枚あるのですが、雄しべがガクより長いので、この雄しべの色が目立つのです。「バラ科」というだけでも驚きなのに、花びらがないとは本当にびっくりですね。一説によると、虫媒花から風媒花へ変化する途中の植物ではないか・・・という話もあるそうです。 知れば知るほど不思議な植物、カライトソウ...

送料無料
山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 10.5cmポット苗100ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

44,550

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 10.5cmポット苗100ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【茶花】【切り花向き】【庭植え向き】 商品名:サキガケアヤメ(さきがけあやめ) 和 名:魁文目 ●商品説明 通常の青花アヤメよりも先駆けで咲くため、この名がつけられました。 アヤメとサキガケアヤメの違いは草丈。条件が良いとサキガケアヤメはアヤメの倍1m以上にまで成長します。 初夏にスッと細い葉を伸ばし、先端に青い蕾を付けます。このつぼみ姿も涼を誘います。花色もアヤメより濃い青です。 ●草丈 40cm~1m ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

送料無料
山野草:オレンジワタスゲ 9cmポット苗100ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

57,024

山野草:オレンジワタスゲ 9cmポット苗100ポットセット【送料無料】※今季開花終了

【花と綿毛について】 ワタスゲというとフサフサとした綿毛が印象的ですが、この綿毛は花後の種姿です。右側の写真のような目立たない花を咲かせた後、2週間から1か月かけだんだんと綿毛が表れてきます。 オレンジワタスゲの場合は、特にお日様の当たり具合で色が左右されます。日陰で育てるとどうしても色がぼけ薄くなりますので、この開花~綿毛の時期は半日陰か日当たりのいい場所で管理をお願いします。地植えの場合は落葉樹の下などへお願いします。 ●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【湿地性植物】【茶花】【珍品】 白いワタスゲが一般的ですが、こちらは白い綿毛がオレンジ色になる珍しい品種です。陽をあびるほど濃いオレンジ色に色づきます。湿地の植物でこれほど鮮やかなオレンジ色を見せてくれる植物はないでしょう。 日本に自生するワタスゲ(白)とオレンジワタスゲのコラボレーションも素敵ですね。 ワタスゲといえばふわふわの綿毛が特徴ですが、これは花ではなく種子の集まりです。綿毛となるしばらく前に、めだたない花が咲き、花を咲き終えるとぐんぐん草丈をのばして果穂となります。熟すと名前の由来となっている球状の綿毛となり種を胞子で飛ばします。 ●科/属名 カヤツリグサ科ワタスゲ属 ●特性 湿地性多年草 ●開花・綿毛の鑑賞時期 4~5月 ●管理場所 日向~半日陰の湿地 田んぼや小川のほとりでも栽培可能です。 ●肥料 肥料が大好きです。春~秋の枯れるまでの間に2ヶ月に1回ほどマグアンプなどの化成肥料を与えます。与えると花付きもよくなります。 ●育て方 日当たりのよいところを好みますが、真夏は半日陰の方が良いです。落葉樹の下の湿地や小川のほとりが最適です。落葉樹の下ですと、春先はまだ葉が茂っていないため株元は日当たりがよく、夏にかけて徐々に葉が茂ると株元の植物にち...

送料無料
山野草:日本スズラン 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:日本スズラン 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品情報 商品名:日本スズラン 和名:鈴蘭 学名:Convallaria majalis 別名:君影草(きみかげそう)、谷間の姫百合(たにまのひめゆり) 花言葉:純粋 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【お庭の下草】【有毒植物】 ●商品説明 新緑の頃、ひっそりと咲きだすスズラン。「意識しない美しさ」「純粋」という花言葉のとおり清楚で美しく、それでいて可憐な花として人気の高い種類です。別名に“君影草(キミカゲソウ)"の名前を持ち、恋する人を思い、うつむきかげんに影から見つめる女性の姿に似ていることから名づけられたと言われています。そして、スズランの最大の魅力は「香り」。ほんのりとやさしく甘い香りは、私たちを心からなごませてくれます。 スズランは全草が有毒で、特に花や根に多く含まれているそうです。心臓の悪い方がスズラン畑に寝っ転がっていると死んでしまうほどの毒を持っているそうです。植える際には手袋をして、風通しの良い場所に植え付けて下さいね。花の後に出来る赤い実も毒を含みますので、絶対に口にしないように。特に、小さな子どもさんやペットのいるご家庭では、スズランを挿した花瓶の水を誤飲しないように注意してください。 ※毒がある植物です。株分け等する際は手袋をして扱って下さい。 ●草丈 20~30cm ●科/属名 ユリ科スズラン属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~6月 ●育て方 北海道を代表する花として知られているように、涼しい地域が適しています。地植えにする場合は、北向きの半日陰より少し陽が当たる場所に腐葉土をすき込み植え付けます。日陰では花つきが悪くなるため、木のかげの木漏れ日が当たるような環境で育てましょう。条件が良い場所では群生を作るほどに殖えます。 種は花に比べ倍ほどの大きさの実がなります...

山野草:サキガケアヤメ(魁文目) 10.5cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山野草:サキガケアヤメ(魁文目) 10.5cmポット苗 ※今季開花終了

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【茶花】【切り花向き】【庭植え向き】 商品名:サキガケアヤメ(さきがけあやめ) 和 名:魁文目 ●商品説明 通常の青花アヤメよりも先駆けで咲くため、この名がつけられました。 アヤメとサキガケアヤメの違いは草丈。条件が良いとサキガケアヤメはアヤメの倍1m以上にまで成長します。 初夏にスッと細い葉を伸ばし、先端に青い蕾を付けます。このつぼみ姿も涼を誘います。花色もアヤメより濃い青です。 ●草丈 40cm~1m ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

送料無料
山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,065

山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 九州阿蘇の草原にのみ自生する多年草。夏に鮮やかな朱色の美しい花を咲かせます。茎は赤茶で花が朱色のコントラストが他に類を見ない色合いになっています。山野草の中でも朱色は珍しく、センノウ属によくみられますが、マツモトセンノウほどはっきりとした朱色が出る種類はありません。花びらはナデシコ科特有の深い切れ込みがみられます。マツモトセンノウは、花が美しいため江戸時代から庭園に植えられてきた名花です。 切花や茶花に最適です。名前の由来は、花の形が松本幸四郎の紋所「四つ花菱」に似ていることから、中国や朝鮮半島より渡来し在来種を広めたのが信濃松本、また、センノウ(仙翁)は、京都・嵯峨の仙翁寺で最初に見られたから、など諸説あります。 ●草丈 30~90cm ●科/属名 ナデシコ科センノウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●管理場所 半日陰 ●育て方 *庭植えの場合* 半日陰で風通しの良い場所を選び植え付けましょう。落葉樹の下などが理想です。 *鉢植えの場合* 半日陰で風通しの良い場所で管理しましょう。花に水がかかると痛むので注意が必要です。 風が強いと成長期間中は折れてしまう場合があります。その時は移動させましょう。 *鉢植えの水やり* 水表土が乾いたらたっぷりとあたえましょう。水が好きです。

山野草:ミソハギ (禊萩) 9cmポット苗100ポット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

38,016

山野草:ミソハギ (禊萩) 9cmポット苗100ポット【送料無料】※今季開花終了

【担当スタッフからお盆用に購入を検討されているお客様へアドバイス】 切り花(お盆のお供え花)への利用を目的とする場合、株元から茎を5cm程残して切りましょう。 ポット苗の根はそのまま地植えするか、一回り大きめの鉢に植え付けて下さい。 花を切っても根はまだ生きておりますので、来年また花を見せてくれます。 ●商品情報【盆花】【湿地性植物】【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【茶花】【切り花向き】 商品名:ミソハギ(みそはぎ) 和名:禊萩(みそぎはぎ) 学名:Lythrum anceps 別名:ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)、仏様花、リスラム ●商品説明 湿地や田圃の淵に自生する多年草。湿った土壌と相性がいいため、現在ではウォーターガーデンの植え込みにも利用されています。 昔からお盆にこのミソハギで水を撒く風習があり、現在でも各地で見られます。(地方により利用方法は異なります)お盆のお供え花としてもよく利用され、精霊花とも呼ばれます。 和名の由来はハギに似て禊(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれるようになりました。 1cm程の小さな花を穂状に密集させて咲くため開花期間が長く、蕾から咲き終わるまで2週間ほどは楽しめるのも魅力です。 ●草丈 40~100cm程 ●科/属名 ミソハギ科ミソハギ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~8月 ●植え付け適期 春か晩秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。 ●管理場所 湿り気のある日向 ●育て方 風通しが良い日向の湿地に植え付けます...

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,328

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット ※今季開花終了

●商品情報 商品名:ヤナギラン(やなぎらん) 和名:柳蘭 別名:ヤナギソウ 学名:Epilobium angustifolium 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 ●商品説明 ヤナギランという名前は、葉の形が「柳」に似て、花は「蘭」のようなのでつけられました。「蘭」と付いていますがラン科ではなく、アカバナ科の植物です。ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど生息地は広く、火事跡に群生することからFire weed(火の草)」と呼ばれています。山を切り開いた跡地などにも群生を作ります。 「蘭」の名前が入っているだけあって、その花はとても鮮やかで、明るい日差しの中で沢山のヤナギランが咲き誇る様子は、思わずため息が出るほどです。ヤナギランは他の植物が増えると、その勢いに負けて消滅してしまいます。特に背の高い草や木などが生えてくると、太陽が好きなヤナギランは十分な光を受けられず、花を咲かせることが出来なくなります。そのため、秋になると綿毛でたくさんの種を飛ばし、常に新天地を目指します。 ●草丈 40~120cm ●科/属名 アカバナ科ヤナギラン属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●育て方 根(ランナー)で育ちます。秋に掘り起こすと鉛筆よりも細い根がびっしりと繁殖し育っています。根には翌年の芽がついており、1芽ごとに切り離し植えておくと翌年また増やすことが出来ます。盛んに増えるので、鉢植えよりも庭植えに向いています。畑で育てると、肩のあたりまで大きくなります。 丈夫で育てやすい植物ですが、元々高原の植物なので、高温に弱いです。真夏は涼しい場所に植えましょう。風通しの良い日向が最適です。冬は地上部が枯れて見えなくなりますが、翌春に新しい芽が顔を出します。

送料無料
山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 9cmポット苗5ポット ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 9cmポット苗5ポット ※今季開花終了

●商品説明 北国の海岸や原野に自生するマメ科の植物で、初夏に咲き誇ります。一面に群生することもありその様子は見事。鮮やかな黄色がとても綺麗で遠くからでもよく目立ちます。茶花として利用されることも多く、季節の移り変わりを知らせてくれます。マメ科植物らしい蝶形のかわいい花を密集させ咲きます。 名前の由来は歌舞伎の演目のひとつ『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』にかけてつけられたそうです。また、「船を修理する船台の周りに咲く萩に似た花」ともいわれます。 青花のセンダイハギもありますが、黄花とは別属です。日本にもともと自生している「黄花センダイハギ」に花の形が似ているので、「青花センダイハギ」と名が付いたそうで、原産国は北アメリカです。 とても丈夫で繁殖力も強い植物です。耐寒性に強く、1年ごとに目に見えるように大きくなります。土質を選ばず地下茎で殖え広がり、高さは条件が合えば1mほどまで成長します。花後に長さ10cmほどの茶褐色のさやの実をつけます。 ●背丈 50cm~120cm ●科/属名 マメ科センダイハギ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~8月 ●育て方 *管理場所* 日向 庭植えの場合は、日向に植え付けましょう。根付けばそのままで大丈夫です。 鉢植えの場合は、常に日向で管理します。増えやすいのであらかじめ大きめの鉢に植え付けましょう。植え替えは2年に1回。秋に株分けをします。水やりは表土が乾いたらば充分に与えます。成長期には土にしっかりと水がかかるようにあげます。葉水もあげましょう。

山野草:日本サクラソウ(桜草) 9cmポット仮植え苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

475

山野草:日本サクラソウ(桜草) 9cmポット仮植え苗 ※今季開花終了

●商品説明 自生種、品種改良種を含め約300種類あるサクラソウ。当店で栽培しているのは日本原産のサクラソウ(自生種)です。改良種には花弁に模様があったり、八重咲きなど見栄えが良い品種が多いですが、自生種も静かな優しい色合いの花を見せてくれ人気です。春にフリルのような葉を出し、その中心からピンク色のつぼみをのぞかせる姿は可愛らしいものです。 日本各地の山麓や河原などの湿り気のある草地に自生し、群生することもありますが、野生種の群生地は現代においては大変貴重で、特別天然記念物に指定、保護されている場所もあります。夏の暑さと乾燥には弱いですが、耐寒性に強く日本の気候風土に合っているため、比較的栽培はやさしい植物です。 ●科/属名 サクラソウ科サクラソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 4~5月 ●管理場所 日向~半日陰(西日が当たらない場所) ●育て方 *庭植えの場合* 風通しの良い日向~半日陰を選びます。水もちの良い用土を入れて植え付けます。 真夏の直射日光と西日は避けてください。 *鉢植えの場合* 風通しの良い日向で管理します。猛暑時は半日陰に移しましょう。 水もちの良い用土を使い、中深鉢に植え付けます。実生の発芽率もよく、3年程で開花します。 *鉢植えの水やり* 開花時までは1日1回を目安にします。花後は表土が乾いたらば充分に与えます。 夏場の与えすぎは根腐れの原因になります。注意しましょう。 *肥料* 芽出し期・花後・秋に液肥

山野草:オレンジワタスゲ 12cmポット大株苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,782

山野草:オレンジワタスゲ 12cmポット大株苗 ※今季開花終了

【花と綿毛について】 ワタスゲというとフサフサとした綿毛が印象的ですが、この綿毛は花後の種姿です。右側の写真のような目立たない花を咲かせた後、2週間から1か月かけだんだんと綿毛が表れてきます。 オレンジワタスゲの場合は、特にお日様の当たり具合で色が左右されます。日陰で育てるとどうしても色がぼけ薄くなりますので、この開花~綿毛の時期は半日陰か日当たりのいい場所で管理をお願いします。地植えの場合は落葉樹の下などへお願いします。 ●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【湿地性植物】【茶花】【珍品】 白いワタスゲが一般的ですが、こちらは白い綿毛がオレンジ色になる珍しい品種です。陽をあびるほど濃いオレンジ色に色づきます。湿地の植物でこれほど鮮やかなオレンジ色を見せてくれる植物はないでしょう。 日本に自生するワタスゲ(白)とオレンジワタスゲのコラボレーションも素敵ですね。 ワタスゲといえばふわふわの綿毛が特徴ですが、これは花ではなく種子の集まりです。綿毛となるしばらく前に、めだたない花が咲き、花を咲き終えるとぐんぐん草丈をのばして果穂となります。熟すと名前の由来となっている球状の綿毛となり種を胞子で飛ばします。 ●科/属名 カヤツリグサ科ワタスゲ属 ●特性 湿地性多年草 ●開花・綿毛の鑑賞時期 4~5月 ●管理場所 日向~半日陰の湿地 田んぼや小川のほとりでも栽培可能です。 ●肥料 肥料が大好きです。春~秋の枯れるまでの間に2ヶ月に1回ほどマグアンプなどの化成肥料を与えます。与えると花付きもよくなります。 ●育て方 日当たりのよいところを好みますが、真夏は半日陰の方が良いです。落葉樹の下の湿地や小川のほとりが最適です。落葉樹の下ですと、春先はまだ葉が茂っていないため株元は日当たりがよく、夏にかけて徐々に葉が茂ると株元の植物にち...

山野草:モンゴルワレモコウ 9cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山野草:モンゴルワレモコウ 9cmポット苗 ※今季開花終了

●商品説明 モンゴルのワレモコウ。他種のワレモコウより開花が早く初夏から咲き出します。 純ワレモコウよりも花穂が大きめです。切り花に向きます。 冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。 ●草丈 50cm~1m ●科/属名 バラ科ワレモコウ属 ●特性 耐寒性多年草 ●開花時期 6~8月 ●植え付け適期 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 ●管理場所 水はけの良い日向 ●育て方 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。 ●アレンジイメージ お供え花に使われるお花たちも、生け方を変えるとこのようなアレンジもできます。これは派手でお供えには向きませんが、ただザックリ生けただけでも華々しさがあります。 使用したお花たち (植物名をクリックすると商品ページに移ります) ●ミソハギ ●オミナエシ ●ワレモコウ ●エキノプスベッチーズブルー ●白露キョウカノコ ...

送料無料
山野草:濃色長穂赤花ワレモコウ 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,137

山野草:濃色長穂赤花ワレモコウ 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【盆花】【茶花】 長穂赤花ワレモコウの中でも特に色が濃い選抜品種です。通常のワレモコウに比べ、赤い花色が濃く、花穂が長く、かわいらしさがうかがえます。8月から10月頃、枝先に濃紅色の特徴的な花穂をつけ、穂先を垂らします。花びらはなく、4枚のがくが花びらのように見えます。花は穂先の方から咲き始めます。 草丈は庭植えにすると50~150cmほどまで成長します。花穂が長く背丈もあるため、風にゆらゆらと大きく揺れる様は優雅な雰囲気。切り花にも向き、秋の茶花としても使われます。 ●草丈 50cm~1.5m ●科/属名 バラ科ワレモコウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 8~10月 ●管理場所 水はけの良い日向 ●育て方 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度、草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ケ月置きに置き肥を与えるとよいでしょう。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなります。植え替え、株分けは、春に行いましょう。

山野草:オレンジワタスゲ 9cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

712

山野草:オレンジワタスゲ 9cmポット苗 ※今季開花終了

【花と綿毛について】 ワタスゲというとフサフサとした綿毛が印象的ですが、この綿毛は花後の種姿です。右側の写真のような目立たない花を咲かせた後、2週間から1か月かけだんだんと綿毛が表れてきます。 オレンジワタスゲの場合は、特にお日様の当たり具合で色が左右されます。日陰で育てるとどうしても色がぼけ薄くなりますので、この開花~綿毛の時期は半日陰か日当たりのいい場所で管理をお願いします。地植えの場合は落葉樹の下などへお願いします。 ●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【湿地性植物】【茶花】【珍品】 白いワタスゲが一般的ですが、こちらは白い綿毛がオレンジ色になる珍しい品種です。陽をあびるほど濃いオレンジ色に色づきます。湿地の植物でこれほど鮮やかなオレンジ色を見せてくれる植物はないでしょう。 日本に自生するワタスゲ(白)とオレンジワタスゲのコラボレーションも素敵ですね。 ワタスゲといえばふわふわの綿毛が特徴ですが、これは花ではなく種子の集まりです。綿毛となるしばらく前に、めだたない花が咲き、花を咲き終えるとぐんぐん草丈をのばして果穂となります。熟すと名前の由来となっている球状の綿毛となり種を胞子で飛ばします。 ●科/属名 カヤツリグサ科ワタスゲ属 ●特性 湿地性多年草 ●開花・綿毛の鑑賞時期 4~5月 ●管理場所 日向~半日陰の湿地 田んぼや小川のほとりでも栽培可能です。 ●肥料 肥料が大好きです。春~秋の枯れるまでの間に2ヶ月に1回ほどマグアンプなどの化成肥料を与えます。与えると花付きもよくなります。 ●育て方 日当たりのよいところを好みますが、真夏は半日陰の方が良いです。落葉樹の下の湿地や小川のほとりが最適です。落葉樹の下ですと、春先はまだ葉が茂っていないため株元は日当たりがよく、夏にかけて徐々に葉が茂ると株元の植物にち...

送料無料
宿根草:エキノプス ルリタマアザミ 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

20,908

宿根草:エキノプス ルリタマアザミ 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 【耐寒性多年草】【宿根草】【茶花】【ドライフラワーにも向く】 夏の暑い時期に直径4~5cmのまんまるな淡いブルーの花を咲かせます。つぼみから開花に至るまでにブルーの色が濃くなるのも魅力の一つ。 ギザギザの特徴ある葉でお庭のアクセントにもなります。ただし、このギザギザの葉、素手で触ると痛いので通路などの側は避けて植え付けましょう。 ●科/属名 キク科 ●特性 多年草 ●開花時期 7~8月 ●管理場所 日向~半日陰(猛暑の地域は西日が当たらない半日陰をおすすめします) ●育て方 風通しの良い日向に植え付けましょう。夏の暑さには弱く、冬の寒さには強い植物です。そのため、風通しの良い場所をおすすめしています。春または初秋に地植えした場合、そのままで冬越し可能です。 ●アレンジイメージ お供え花に使われるお花たちも、生け方を変えるとこのようなアレンジもできます。これは派手でお供えには向きませんが、ただザックリ生けただけでも華々しさがあります。 使用したお花たち (植物名をクリックすると商品ページに移ります) ●ミソハギ ●オミナエシ ●ワレモコウ ●エキノプス ●白露キョウカノコ ●タカノハススキ ●リョウメンシダ

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

8,527

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット ※今季開花終了

●商品説明 地表近く葉陰に小ぶりな花をつけ、一見地味ですが姿形は上品な植物です。名前の由来は、「薄葉(ウスバ)」は葉の厚さが薄いこと、「細辛(サイシン)」は薬用とされる根が細く辛味があることからついたようです。 ウスバサイシンは姫岐阜蝶(ヒメギフチョウ)の餌としても有名で、この葉にしか卵を産み付けないことから、蝶を育てている方達には大事な植物のようです。幼虫はウスバサイシンの葉・茎・花まですべて食べ丸裸にしてしまいますが、翌年も元気に芽を出すようです。自然界の絶妙なバランスとしてお互いなくてはならない存在なのでしょうか。様々な特徴があり魅力的な花です。 ●草丈 10~15cm ●科/属名 ウマノスズクサ科カンアオイ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰の湿り気のある場所 *庭植えの場合* 林のようなやや暗い場所、湿った土を好みます。 通年50%以下の遮光下で育てます。 (※庭植えにすると花が見えにくくなります。) *鉢植えの場合* 通年50%以下の遮光下で育てます。 植え替えは株が混んできたころ、2年に1度秋にします。 水はけの良い用土を使い、高さ・通気性のある鉢を選び植え付けます。 花が見えにくいので、高植えにするのをお勧めします。 *鉢植えの水やり* 水が好きです。水切れ・乾燥に注意します。 蕾をつけた冬~春の間は湿度を高く保つと花が大きく開きます。 *肥料* 肥料好きです。 植え付け時に元肥、秋に置き肥。

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

534

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗 ※今季開花終了

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

送料無料
山野草:山ホタルブクロ 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,966

山野草:山ホタルブクロ 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】【日本自生種】 袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。この「山ホタルブクロ」は、岩手県に自生する野生種を増殖し栽培した苗になります。花淵が反り返らないのが特徴です。他の園芸種のホタルブクロ(青花や二重咲きなど)に比べ、花姿は控えめですが風情があります。 名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。 とても育てやすく増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。 ●草丈 30~50cm ●特性 多年草 ●開花時期 6~7月 園芸種が咲き終わる頃に咲きだします。 ●管理場所 明るめの半日陰 ●植え付け適期 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。 ●育て方 とても丈夫で病気も少なく、育てやすい植物です。 日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の新芽が花後の苗の周りから出始めます。そのため鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。 根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

送料無料
樹木:ノブドウ (野葡萄) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

16,964

樹木:ノブドウ (野葡萄) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

●商品説明 【落葉つる性植物】【果樹苗】【秋にカラフルな実をつける】 日本各地に分布する落葉つる性植物です。古来から日本で自生するブドウ科の植物ですが、葡萄とは別種です。食用には適さず、主に実の観賞用として人気です。ノブドウは荒れた藪地などいたるところで繁茂していますが、変種も多く、葉の形もさまざまです。 秋になると、大きさは直径6~8mmの淡緑色から紅紫色、ルリ色などに七変化する果実をつけます。植物としては珍しいカラフルな色合いで、ポップな印象がかわいらしい実です。しかし、果実は苦く食用にはなりません。 名前の由来は、野にあることから「野ブドウ」と呼ぶいわれています。地域によって呼び方も異なり、鳥がこの実を好んで食べることから「鳥(カラス)ブドウ」、ノブドウが 食用にならず役に立たない意味合いから「イヌブドウ」など、「馬ブドウ」「蛇ブドウ」などさまざま。 食用にはならないことが一般的ですが、ノブドウにはさまざまな効能があり、古くから民間薬として利用されてきたようです。「実」は果実酒、「葉、茎」はお茶として利用されます。最近では、ノブドウはポリフェノールやビタミンなど多くの栄養素を含み、さまざまな効能があることに注目が集まっています。 ●科/属名 ブドウ科ノブドウ属 ●特性 落葉つる性木本 ●開花時期 7~8月 ●管理場所 半日陰 ●育て方 半日陰の風通しのいい場所で管理します。鉢植えの場合は、一鉢に一株とし、市販の培養土がおすすめです。成長して根詰まりをしてきたら一回り大きめの鉢に植え替えましょう。水やりは表土が乾いたら十分に与えます。冬の休眠期は水は控え気味にしましょう。 葉やつるをまめに剪定することで、風通しがよくなり、たくさんの実の収穫が期待できます。ノブドウの植え付けは春が適しています。

山野草:クジャクシダ(孔雀羊歯)[クジャクソウ] 10.5cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山野草:クジャクシダ(孔雀羊歯)[クジャクソウ] 10.5cmポット苗

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【シダ植物】【お庭の下草】 名前の由来は孔雀の尾羽のような姿になることからつけられました。そのため別名『クジャクソウ』とも呼ばれます。鳥足状に横に広く広がります。庭園の下草によく使われます。 北海道~本州(西南の一部地域を除く)に自生するホウライシダ属のシダ植物です。ホウライシダ属は日本に8種ありますが、ほとんどが温暖な地に自生しています。クジャクシダはホウライシダ属には珍しく冷涼な気候を好むのがこのクジャクシダです。特に東北秋田県には特に多く自生しています。 ●科名・属名 ホウライシダ科ホウライシダ属 ●特性 夏緑性のシダ植物 多年草 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう ●植え付け適期 春か晩秋 ※夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 初夏には葉を大きく広げ始めます。葉が広がってから植え付けた場合、株が水をうまく給水できずに葉先から枯れてくる場合があります。そのため、まだ葉が広がりきらない春(5月中旬頃)までを目安に植え付けを終えましょう。そうすると、葉も素直に広がります。 ●育て方 半日陰、または日照時間の短い日陰で育ててください。湿り気のある場所を好むため、乾燥しやすい場所は避けましょう。秋には休眠期に入るため葉が枯れ始め、翌春にまた芽吹き出します。春に新芽が芽吹き出したこと、前年の枯葉・枯れ茎を取り除きましょう。

草花の苗/アスチルベ:カラーフラッシュ5号ポット【開花終了株】

園芸ネット プラス

901

草花の苗/アスチルベ:カラーフラッシュ5号ポット【開花終了株】

欧米で人気が高いアスチルベ。花壇やボーダーによく植えられます。カラーフラッシュはオランダで育種されたカラーリーフのアスチルベで、新芽が緑葉で、のちに赤く色変わりするわい性品種です。花は淡いピンク色です。秋には葉が美しく紅葉し、観賞価値の高い品種です。少し日陰になる花壇、樹木の下の明るい彩りとなります。春から初夏の間は日当たりの良い場所の方が葉色が美しく出ます。夏は木陰など西日の当たらない場所で管理してください。鉢植えとしても育てられ、テラコッタに似合います。暑さ寒さに強く、丈夫で育てやすい品種です。植えたままでも毎年よく花を咲かせます。花後もよく葉が茂るので、グランドカバーとしてもおすすめ。切花としても人気の高い品種です。タイプ:ユキノシタ科の耐寒性宿根草草丈:40~50cm開花期:5月~6月用途:鉢植え、花壇日照:日なた~半日陰栽培方法:日当たり~半日陰を好みます。湿り気のある肥沃な場所に植えます。植え付け時に腐葉土等の有機物を入れ、適度な水分を保てる土壌に改良します。また、緩効性化成肥料を元肥として施します。夏の乾燥にはちゅういしてください。冬は根元に敷きわらをして乾燥させないようにします。株分けで増やせます。 冬季は地上部のない状態となります。株分けは春か秋に、3芽くらいつけて芽が隠れる程度の浅植えにしてください。お届けする苗は5号(直径15cm) ポット入りです。写真は成長・開花時のイメージです。開花は株によりばらつきがありますが、今年または来年からとなります。お届け時期により、今年の開花終了後となる場合もありますので、ご了承くださいませ。アスチルベ:カラーフラッシュ5号ポット【開花終了株】の栽培ガイド苗類のお届け形態についてアスチルベ

スポンサーリンク
スポンサーリンク