メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒガンバナ」検索結果。

ヒガンバナの商品検索結果全140件中1~60件目

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

5,900

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。...

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

千草園芸

1,026

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 1球入りです。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔...

(観葉植物)スイセン球根 風雅スイセン ピンクワンダー 2球詰(1袋)

charm 楽天市場店

640

(観葉植物)スイセン球根 風雅スイセン ピンクワンダー 2球詰(1袋)

メーカー:サカタのタネ高級感漂う、ワンランク上のスイセン! 珍しい品種のスイセンを集めたシリーズです。上質で優美な味わいのあるスイセンで、お部屋やお庭を彩りませんか?スイセン球根 風雅スイセン ピンクワンダー 2球詰(1袋)分類ヒガンバナ科スイセン属原産地西部ヨーロッパ用途花壇、鉢植え、切り花草丈30~40cm性質耐寒性秋植え球根用土・適地水はけと日当たりのよいところ植え付け期9月~11月開花期3月~4月鉢・プランターサイズ目安4号鉢に2球植え、または5号鉢に3球植え植える9月から11月の土の温度が下がってからが適期です。日当たりがよく、水はけのよいところを好みます。植え付けの深さは5~10cmくらいになるようにします。球根より5cmくらい下に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。育てる冬の間は葉が伸びませんが、土の中では根が成長しているので乾き過ぎないように水やりをします。寒さに十分あわせないと開花しないので、鉢植えなどの場合でも、1月末までは凍らない程度の低温にあわせてください。楽しむ強健で、数年間植えたままでも、毎年きれいな花を咲かせます。生産地新潟県ご注意※画像はイメージです。チャーム楽天市場店 ペット用品・生き物専門リッチェル クリア水さし グリーン 1L 園芸 ガーデニング 室内園芸 インテリア 水やり 水さし 目盛り 透明 肥料やりポリ手袋 外エンボス加工 M-1 100枚入 … (観葉) (邑楽店) muryotassei_600_699 _gardening ガーデニング スイセン 球根 サカタのタネ bulbitem_series スイセン球根 風雅スイセン 育て方 育成方法 栽培方法 20170905 KO sps1709_2pd_gdnkyu sps1709_3pd_gdnkyu mrs1709_pd10...

球根/ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン

園芸ネット プラス

1,700

球根/ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン

春咲きの球根植物の王様と言われるアマリリス。球根1球をポットに植え込んだ状態でお届けします。室内で栽培でき、お手入れは水やりだけなので手軽です。開花調整してありますので、栽培開始から短期間で花が咲きます。冬から春先の花が少ない時期に美しい大輪の花を楽しめます。室内の南向きの明るい窓辺などで、手軽に栽培できます。化粧箱入りなのでギフトにもおすすめです。タイプ:ヒガンバナ科の半耐寒性球根植物栽培適期:11~3月(11月~4月に開花するよう温度による調整処理がしてあります)開花:冬~春(発芽から6~7週間後)草丈:40cm生産地:オランダ栽培方法:暖かく明るい室内で栽培してください。秋~初春は、光がよく当たる窓辺が良いでしょう。最初に、箱から鉢を取り出し水をやります。その後は週に1~2回、土が乾燥しない程度に水をやります。なるべく日中の気温20度以上を保ちます。10度を下回ると球根が傷むのでご注意ください。開花まで肥料は不要です。栽培開始から数日~数週間で芽が出ます。開花は発芽から6~7週間後です。翌年以降も花を楽しむ場合は、開花終了後に一回り大きな鉢に新しい土を入れて植え替えてください。翌年以降は初夏に開花します。ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

千草園芸

3,000

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるようにする事が大...

お徳用リコリス球根 オーレア(黄) 10球

千草園芸

4,644

お徳用リコリス球根 オーレア(黄) 10球

17年7月18日入荷しました。177c 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲...

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

千草園芸

1,026

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

17年7月18日入荷しました。177c 9月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲か...

送料無料
【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 20本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 20本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらヒガンバナ 商品一覧10.5cmポット500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒガンバナ科ヒガンバナ属の商品キツネノカミソリナツズイセンヒガンバナシロバナヒガンバナリコリス/オーレア【ヒガンバナ】読み:ひがんばな学名:Lycoris radiataヒガンバナ科ヒガンバナ属球根【商品説明】ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=10月剪定時期=7~8月開花時期=9~10月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 25~44鉢/1m2【その他】ヒガンバナは赤い花が特徴的です。一度根付けば毎年咲いてくれます。

リコリス球根 スプレンゲリア 10球(j10)

千草園芸

2,808

リコリス球根 スプレンゲリア 10球(j10)

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものや遅い種類では10月から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス スプレンゲリア 学名:Lycoris sprengeri 中国雲南省原産で、早咲きの品種です。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬。「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 8月以降に植えつけた場合、多くは開花は翌年になります...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク