メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒイラギ」検索結果。

ヒイラギの商品検索結果全193件中1~60件目

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギ 1.2m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

5,400

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギ 1.2m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヒイラギ 商品一覧0.1m9.0cmポット600円/在庫○0.6m1200円/在庫×1.2m露地5000円/在庫○1.5m露地6000円/在庫○1.7m露地8000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【ヒイラギ】読み:ひいらぎ学名:Osmanthus heterophyllusモクセイ科モクセイ属常緑高木【商品情報】ヒイラギはトゲがある葉が特徴です。厚い皮質である葉は光沢があり丈夫です。昔から防犯目的に庭木や生垣によく利用されてきました。邪鬼の侵入を防ぐ魔よけとしても信じられています。秋に白い小さな花が咲きます。刈り込みにも耐えますが放任していても自然と樹形が整います。過酷な環境にも耐え、剛健であまり手が掛かりません。様々な園芸品種があります。【育て方】排水が良い場所を好みます。剪定は7月か11〜2月の間におこないます。肥料は2月ごろに与えましょう。あまり手が掛からない品種です。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=6m施肥時期=2月剪定時期=7月or11〜12月開花時期=10〜11月果実=5月用途=生垣樹木or庭木orグランドカバー【その他】 ヒイラギの特徴はやはりトゲがある葉です。手袋をつけて作業をしないとトゲが刺さります。これを利用して防犯対策をするのも良いかもしれません。縁起木です。

【3ポットセット】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

グリーンロケット

3,000

【3ポットセット】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒイラギナンテン Mahonia japonica メギ科ナンテン属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:3〜4月 実:5〜6月 【日照条件】 日向〜半日陰 別名:トウナンテン 葉がヒイラギに似て縁がぎざぎざしていて、秋から冬にかけて赤く色づきます。 春に黄色い小さい花を咲かせ、その後に丸いナンテンのような紫色の果実が房状にたくさんつきます。 和風にも洋風にも合い、生け垣としても利用されます。 難を転ずるということから縁起木としても人気があります。 育て方 日当りの良く水はけの良い場所を好みます。日当たりを好みますが、日陰でも育ちます。 地植えの場合は、夏場など特に乾燥するとき以外は特に水遣りの必要はありません。 冬に、一定の寒さに当たると葉が紅葉します。 品番 【T3139】 同じ品番の商品はコチラ »

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 0.8m

Amazon

1,080

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 0.8m

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m

Amazon

1,296

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

(観葉)姫ヒイラギ(アマミヒイラギ) 2号(1ポット) 本州・四国限定[生体]

Amazon

520

(観葉)姫ヒイラギ(アマミヒイラギ) 2号(1ポット) 本州・四国限定[生体]

光沢のあるギザギザした葉が愛らしい。姫ヒイラギは奄美ヒイラギとも呼ばれるモチノキ(イレックス)属の植物です。モクセイ科のヒイラギと同じようですが、モクセイ科のヒイラギが対生(1つの節から2つの葉が生えている)なのに対し、姫ヒイラギは互生(1つの節に1枚の葉が左右交互に生えている)しています。大きさもヒイラギに比べて小さいのが特長です。剪定に強く、自分の好きな形に整えることが可能です。 姫ヒイラギ(アマミヒイラギ) 2号(1ポット) 商品サイズ(約) 鉢(ポット)径 : 6cm※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。 鉢の種類 ビニールポット 分類 モチノキ科モチノキ属 / 耐寒性常緑低木 原産地 日本 置き場所 水はけ良く、日当たりの良い場所で育てます。乾燥に強く耐寒性もありますが、強い霜には当てないように注意して下さい。伸びすぎたら適当に剪定し形を整えます。 水やり 表土が乾いてきたらたっぷりと与えます。乾燥には強い種ですが、水切れを起こさないように気を付けて下さい。 肥料 2月と6月に緩効性の固形肥料を与えます。 ご注意 撮影小物等は付属いたしません。※入荷状況により、鉢(ポット)の形状及び色が異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギ 1.5m露地 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギ 1.5m露地 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらヒイラギ 商品一覧0.1m300円/在庫×0.6m1200円/在庫×1.5m露地6000円/在庫○1.7m露地8000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品キンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【ヒイラギ】読み:ひいらぎ学名:Osmanthus heterophyllusモクセイ科モクセイ属常緑高木【商品情報】ヒイラギはトゲがある葉が特徴です。厚い皮質である葉は光沢があり丈夫です。昔から防犯目的に庭木や生垣によく利用されてきました。邪鬼の侵入を防ぐ魔よけとしても信じられています。秋に白い小さな花が咲きます。刈り込みにも耐えますが放任していても自然と樹形が整います。過酷な環境にも耐え、剛健であまり手が掛かりません。様々な園芸品種があります。【育て方】排水が良い場所を好みます。剪定は7月か11〜2月の間におこないます。肥料は2月ごろに与えましょう。あまり手が掛からない品種です。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=6m施肥時期=2月剪定時期=7月or11〜12月開花時期=10〜11月果実=5月用途=生垣樹木or庭木orグランドカバー【その他】 ヒイラギの特徴はやはりトゲがある葉です。手袋をつけて作業をしないとトゲが刺さります。これを利用して防犯対策をするのも良いかもしれません。縁起木です。

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m露地

Amazon

2,700

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m露地

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m露地 4本セット

Amazon

10,800

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.0m露地 4本セット

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.2m露地 4本セット

Amazon

12,960

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.2m露地 4本セット

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

送料無料
【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 0.8m 10本セット

Amazon

10,800

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 0.8m 10本セット

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン 15cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン 15cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらヒイラギナンテン 商品一覧10.5cmポット500円/在庫○15cmポット1000円/在庫○0.4m露地2000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科ナンテン属の商品オタフクナンテンナンテンヒイラギナンテンヒイラギナンテン/マホニアチャリティー【ヒイラギ南天】読み:ひいらぎなんてん学名:Mahonia japonicaメギ科ナンテン属常緑低木【商品情報】ヒイラギ南天は最大樹高は1〜2mの低木。放任しても樹形が整います。葉がヒイラギに似ていることからこの名前が付きました。3〜4月に細い花弁を出して黄色い小花を沢山つけます。紫色の果実がなります。冬は葉がくすんだ赤色になります。寄せて植えて生垣のようにもなります。日本庭園によく似合います。昔から庭木として人気がある木です。『難転』から縁起木としても人気があります。【育て方】日向か半日陰の適湿な場所を好みます。日光にあてて乾燥させると葉が黄ばんできます。それをさけるために建物や樹木に寄せて植え込んだりするのがいいでしょう。年数が経つと枝が込み合ってくるので剪定を行い通風をよくする。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=楕円形最終樹高=2m施肥時期=2〜3月or8〜9月剪定時期=12〜2月開花時期=3〜4月果実=5〜6月用途=生垣樹木or庭木【その他】ヒイラギナンテンは昔からある品種です。寄せ植えして生垣のようにもできます。石の前や、建物の前や、竹の前等なにかの前に植えるのが綺麗に見える気がします。根が鮮やかな黄色です

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.2m露地

Amazon

3,240

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.2m露地

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.5m露地 3本セット

Amazon

11,340

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ヒイラギモクセイ 1.5m露地 3本セット

【ヒイラギモクセイ】 読み:ひいらぎもくせい 学名:Osmanthus × fortunei モクセイ科モクセイ属 常緑高木 【商品情報】 ヒイラギモクセイはヒイラギのようなトゲがある葉っぱをしています。一枚一枚の葉が分厚いですがヒイラギのように光沢感はあまりありません。主軸が直立していますので綺麗に上向きに成長します。葉も密になりますので主に生垣に使われます。10月ごろに白い小さい花が咲きます。花の感じと香りはキンモクセイと同じですが、そこまで香りが強くありません。昔からある樹木でとげがあり痛いので魔よけや、娘がいる家に植えるといいとよく言われていました。刈り込みや煙害に強いです。土壌を選ばず、半日陰でもよく育ちます。枝を伸ばしすぎて切ると枝が枯れたりしますのでなるべく伸ばさないで切るようにしましょう。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。ヒイラギモクセイは枝が徒長しやすいので長くなりすぎる前にきってください。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。1~2月と6月に肥料を与えます。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3月or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木 【その他】 ヒイラギモクセイは昔から生垣の品種として知られています。購入される方の殆どが生垣目的です。これを扱うときはトゲがあり痛いので手袋は必須です。泥棒避けにも最適です。

セイヨウヒイラギ/サニーフォスター 樹高1.0m前後【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

2,376

セイヨウヒイラギ/サニーフォスター 樹高1.0m前後【あす楽対応_九州】

サニーフォスター(セイヨウヒイ ラギ)モチノキ科 モチノキ属 常緑高木________________________________________________________________________________________________________________________欧米ではクリスマスの飾りに欠かせない縁起樹モクセイ科のヒイラギとは異なり、モチノキやイヌツゲの仲間です。ヨーロッパ原産のイングリッシュ・ホ ーリー、北米原産のアメリカン・ホーリー、中国原産のチャイニーズ・ホーリーの三つに大別され多くの園芸品種があります。いずれも赤い果実をつけるのが特徴で、クリスマスの飾りに欠かせませ ん。【サニー・フォスターの特徴】春の芽だしが黄金葉で明るいカラーのヒイラギです。夏は日差しを浴びて黄緑色に変わります。冬になってまた黄金葉に変化しますので年中、鮮やかなカ ラーリーフを楽しめます。ヒイラギなので葉には小さなトゲがあります。刈り込みにも耐えますので、防犯生垣樹としての利用もおすすめです!植え付け4〜5月中旬くらい までが適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。日当たりのよい場所か、午前中十分日の当たる場所に植えつけます。植え穴は大きめ に掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。植え付けの際には根鉢を崩さないように気をつけます。剪定・管理果実は秋から2月くらいまで枝に付いているので、3月中旬あたり に切り込みますが場所が広ければ、放任して飛び枝を切り詰める程度で大丈夫です。2月と8月下旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫病害虫は 比較的見られませんが、テッポウムシとハマキムシの発生が見られる場合があるので発見次第、早めに駆除します...

送料無料
【6か月枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン/マホニアチャリティー 1.5m 2本セット

Amazon

17,280

【6か月枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン/マホニアチャリティー 1.5m 2本セット

【ヒイラギ南天/マホニアチャリティー】 読み:ひいらぎなんてん/まほにあちゃりてぃー 学名:Mahonia ×media 'Charity' メギ科ナンテン属 常緑低木 【商品情報】 ヒイラギ南天は放任しても樹形が整います。葉がヒイラギに似ていることからこの名前が付きました。3~4月に細い花弁を出して黄色い小花を沢山つけます。紫色の果実がなります。冬は葉がくすんだ赤色になります。寄せて植えて生垣のようにもなります。日本庭園によく似合います。昔から庭木として人気がある木です。『難転』から縁起木としても人気があります。 【育て方】 日向か半日陰の適湿な場所を好みます。日光にあてて乾燥させると葉が黄ばんできます。それをさけるために建物や樹木に寄せて植え込んだりするのがいいでしょう。年数が経つと枝が込み合ってくるので剪定を行い通風をよくする。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=楕円形 最終樹高=3m 施肥時期=2~3月or8~9月 剪定時期=12~2月 開花時期=3~4月 果実=5~6月 用途=生垣樹木or庭木or花木 【その他】 マホニアチャリティーは他のヒイラギ南天に比べて日向でも日陰でも成長する剛健品種です。特徴は背丈が高くなりやすく大きい物は3m程度にもなります。冬にさく黄色い花は見栄えが良いです。

ヒイラギ 樹高1.5m前後 露地【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

7,020

ヒイラギ 樹高1.5m前後 露地【あす楽対応_九州】

ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。樹高は4〜8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。11〜12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6〜7月に熟します。長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】11月〜12月【実期】4月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 耐久性がありますので日陰〜日当たりのいい,適度に湿り気がある場所に植え込みます。腐葉土などを混ぜた土壌を好み、乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。また、寒風のあたる場所は避けます。ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

【6か月枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン/マホニアチャリティー 1.5m

Amazon

8,640

【6か月枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン/マホニアチャリティー 1.5m

【ヒイラギ南天/マホニアチャリティー】 読み:ひいらぎなんてん/まほにあちゃりてぃー 学名:Mahonia ×media 'Charity' メギ科ナンテン属 常緑低木 【商品情報】 ヒイラギ南天は放任しても樹形が整います。葉がヒイラギに似ていることからこの名前が付きました。3~4月に細い花弁を出して黄色い小花を沢山つけます。紫色の果実がなります。冬は葉がくすんだ赤色になります。寄せて植えて生垣のようにもなります。日本庭園によく似合います。昔から庭木として人気がある木です。『難転』から縁起木としても人気があります。 【育て方】 日向か半日陰の適湿な場所を好みます。日光にあてて乾燥させると葉が黄ばんできます。それをさけるために建物や樹木に寄せて植え込んだりするのがいいでしょう。年数が経つと枝が込み合ってくるので剪定を行い通風をよくする。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=楕円形 最終樹高=3m 施肥時期=2~3月or8~9月 剪定時期=12~2月 開花時期=3~4月 果実=5~6月 用途=生垣樹木or庭木or花木 【その他】 マホニアチャリティーは他のヒイラギ南天に比べて日向でも日陰でも成長する剛健品種です。特徴は背丈が高くなりやすく大きい物は3m程度にもなります。冬にさく黄色い花は見栄えが良いです。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.2m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

2,700

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.2m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜15月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1...

ヒイラギ 樹高2.0m前後 露地【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

2,160

ヒイラギ 樹高2.0m前後 露地【あす楽対応_九州】

ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。樹高は4〜8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。11〜12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6〜7月に熟します。長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】11月〜12月【実期】4月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 耐久性がありますので日陰〜日当たりのいい,適度に湿り気がある場所に植え込みます。腐葉土などを混ぜた土壌を好み、乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。また、寒風のあたる場所は避けます。ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク