メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「パイナップルリリー」検索結果。

パイナップルリリーの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

ホワイトニンニク球根 1球

庄内米産直店 土門商店

643

ホワイトニンニク球根 1球

■予めご予約ください。 発送期間:8月15日~完売となりしだい終了 入荷ごとに配送となる為、配達日指定のご希望に 添えない場合がございます。 配達日指定は極力ご遠慮いただきますようにお願 い申し上げます ■総重量25kg以下同梱可能 「楽天シニア市場」 種 家庭菜園 ホワイトにんにく球根 通販 販売 たねいも 国内産 国産ホワイトニンニク球根ビタミン・ミネラルが多く、滋養強壮野菜とした広く知られています。耐寒性に強く、貯蔵性もあり作りやすい良質な国内産球根です。数量に限りがございますので、ご予約はお早めにお願いいたします。 1球以上のご注文はバラ詰めでまとめたお届けとなりますので予めご了承ください。 暖地では9月中旬から下旬頃、冷涼地では9月中旬頃が植え込みに適します。地面から3~5cmを目安にし植え込むが、冷涼地での植え込みはやや深めにうえつける事をおすすめいたします。収穫は葉先が2/3くらい枯れた頃を目処にし、貯蔵よくするために晴天を見計らって収穫してください。 販売開始(8月15日以降)は品薄となってまいりますので注文が重なり合うことによりご希望の数量が準備できない場合もございます。在庫管理の表示がなされていてもご注文の後、在庫情報をお知らせし発送準備となります。尚、ご予約期間中であっても完売となりしだい終了とさせていただきます。種苗の為、ご理解の程よろしくお願いいたします。 種苗は到着と同時に開封し確認した上で、新鮮なうちに植え込みしてください。輸送途中の破損は、お買い上げ代金内の補償とさせていただきます。尚、種苗はお客様の都合による交換・返品はお受けできません。 ニンニク植え込み黒マルチイメージ ニンニク収穫 ニンニク黒マルチ栽培の利点 黒マルチなしでも栽培は可能ですが...

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

園芸ネット プラス

515

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

コオニユリは食用に栽培されている品種です。灰汁(アク)が少なくおいしい食用百合。オレンジ色に黒い斑点のある花弁をもつコオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する百合です。名前は「小さなオニユリ(鬼百合)」の意ですが、この2種は非常に良く似ています。オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。鱗茎(ユリ根)は茶わん蒸しやてんぷらにすると美味です。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★タイプ:ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物開花期:夏香り:なし草丈:120~150cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。食用ユリ:コオニユリの球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

南アフリカ原産のAmaryllis belladonnaとCrinum mooreiとの属間交雑種です。両親ともに甘い芳香があり、本種も素晴らしい香りです。株姿の美しい、秋咲き品種のため、お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです! 学名 × Amarcrinum howardii 原産地 南アフリカ 花期 9~10月 草丈 80~120cm 耐寒性 中(最低気温が-2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカのF. Howard氏によって1920年代に作出された品種です。両親の良い点を受け継ぎ、花もちが良く、素晴らしい芳香もあります。更に鮮やかなアップルグリーンの葉は美しく、太く頑丈な茎の印象を和らげてくれます。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春~秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態...

待望のマドンナリリーリリウム・キャンディダム 球根開花見込球 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

待望のマドンナリリーリリウム・キャンディダム 球根開花見込球 1球

その名の通りcandidum(純白の)芳香芳しいユリです。ヨーロッパではもっとも古くから観賞用として愛されてきました。マドンナリリーの名の由来は、純潔を表す花として聖母マリアを象徴し、教会花として用いられてきました。花径は10cmほどあり、5,6輪の花をつけ大変見事です。 学名 Lilium candidum 原産地 ヨーロッパ南西部、地中海沿岸、バルカン地方、パレスチナ地方、コーカサス地方 花期 6~7月 草丈 100~200cm 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向を好みます。 管理 球根の植え付け適期は7~8月です。 開花後、7月に地上部が枯れて8月下旬ごろまで休眠し ます。休眠期も、カラカラにせず管理して下さい。秋になると根が動き出し、ロゼット葉のまま越冬します。寒さで葉が傷むのでマルチングをしてください。植え付け場所は、地中の温度が高くなるのを嫌うため、風通しが良く、地面に直射日光の当たらない場所が適します。ユリの根元を草本類で覆うと更に効果があります。 他のユリのように深植えせず、浅めに植えてください。元肥として緩効性肥料を適量与えると良いでしょう。土壌は特に選びませんが、水はけと通気性が良く、また保水性もある土が適します。 発送状態 1球をお送りいたします。

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

園芸ネット プラス

771

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

球根が大きい!球周20cmの大球でのお届けです。フリチラリア・ペルシカは西アジア原産の品種。フリチラリアの中でも大型で、草丈が1m程になります。トールガーデン向き。切り花にしても存在感があります。宿根性なので、植えっぱなしでも翌年も開花します。学名:Fritillaria persica alba ivoly bellタイプ:ユリ科バイモ(フリチラリア)属の球根植物植付け適期:9~11月開花時期:4~5月草丈:約75~100cm用途:鉢植え、庭植え日照:明るい日陰栽培方法:植えつけ適期は秋です。花を咲かせるためには寒期(‐2度~0度)が必要ですので、9~11月頃に植え付け、戸外で冬越しさせてください。日当たりのよい場所または半日陰の場所で、土をよく耕し、間隔は3センチ以上で、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。球根の表面が鱗状になっていますので、はがれないように丁寧に扱ってください。水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。極寒地では花壇や鉢をワラで覆って寒さから守ってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は成長・開花時のイメージです。 フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

なごみ ヒヤシンス 水栽培用 球根 特大球 1球

楽しいガーデニング生活『なごみ』

380

なごみ ヒヤシンス 水栽培用 球根 特大球 1球

▼各種栽培ポットございます♪ 【水栽培用ポット】 ⇒プラスチック製【1球用】栽培ポット ⇒プラスチック製【3球用】栽培ポット ⇒スタンダード プラ水栽培ポット【1球用】栽培ポット 【水栽培の冬の定番ヒヤシンス】 水栽培用に最適な17cm特大球、管理の良い専門店の球根で早春にふさわしい美しい花と香りをお部屋で楽しみませんか 【商品名】ヒヤシンス 水耕栽培向き球根1球絵袋入 【カラー】ブルー/ピンク/黄/赤/白/濃紫の6色 【サイズ】球周17cm特大球(水耕栽培向け) ※一般的に販売される花壇向けヒヤシンス球根(球周の小さいもの)は水栽培には適していません。 【植え時】10~12月頃 【開花期】2~4月頃 ※栽培開始時期によります 【注意】ヒヤシンスの開花には、一度寒さに当てて(チューリップ同様)休眠を切る必要があります。気密性の高い住宅の場合、寒さが足りず蕾が伸びない場合があります。冷蔵庫野菜室であらかじめ冷やしておくと確実性が高いのと、戸外に最初のうちは出して頂けると良いでしょう。 ※栽培についてのアドバイスや、フォローは必要に応じてさせて頂きますが、栽培上の注意点などから全てが絶対咲くとお約束できる性質の商品ではございません。あらかじめご容赦頂きます様よろしくお願い致します。 【栽培方法】(標準例)「水栽培」専用ポットで、根がでるまで球根は涼しくて暗い場所に置いておきます(12月くらいまでは屋外で寒さにあてます)。 最初は球根のお尻が少し水に浸かるぐらいまで水を入れます。根が伸びてくるにつれて、根が呼吸をするため、1cm~2cm程度水位を下げます。 水は1週間に1度は取り替えましょう。そのときにポットから根は抜かず水だけを替えます。根をいためないように注意します。 寒さにあてた後は暖房のきいていない室内の日の当たる窓辺に置きます...

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

園芸ネット プラス

324

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

ピンクの花弁に中心部と縁取りが白いオリエンタルリリーのクイーンフィッシュ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

このボリューム!!夏の庭の主役になること間違いなし! 学名 Crinum qunuleanum 原産地 南アフリカ 花期 6~8月 草丈 80~120cm 耐寒性 中(最低気温が-2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 花は白色にピンクのストライプが入り、大変美しいです。 庭植えや7号鉢以上の大鉢植えにすると、ボリューム感が出ます。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春~秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理します。

オリジナル品種!リコリス `宵待' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `宵待' 球根 1球

サーモンピンクの小花は上向きに付きます。ふんわりと咲き誇る姿は見飽きることがありません。 学名 Lycoris cv.`Yoimachi' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

LAユリ球根 レッドアラート 1球 赤

グラントマト 楽天市場店

128

LAユリ球根 レッドアラート 1球 赤

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 ・開花時期:6月中旬 ・草丈:70cm~100cm 鉄砲ゆりに似た草姿。華やかな深紅色花がよく咲く。ユリ科 【色のきれいなすかしゆり】 杯状の花を上向きに咲かせ、花弁の付け根がやや細く、間が透かして見えることから“すかしゆり"と呼ばれている。 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます...

オリジナル品種!ネリネ`コメディエンヌ' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,500

オリジナル品種!ネリネ`コメディエンヌ' 球根 1球

コーラルピンクの弁先はツイストし、躍動感のある花姿となっています。花弁の光沢も素晴らしい逸品です。 学名 Nerine cv.`Comedienne' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

オリジナル品種!リコリス `貴船' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,800

オリジナル品種!リコリス `貴船' 球根 1球

愛らしいライトピンクの花弁には、白い覆輪が入ります。特に女性に大人気の逸品です! 学名 Lycoris cv.`Kibune' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~7月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合がありますが、きちんと管理を行えば翌年は立派な花を咲かせます。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行い、花茎が現れるまでは10日に1度程度の間隔で水やりを行ってください。

ネリネ`リップスティック'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

ネリネ`リップスティック'球根 1球

ニュージーランドの故R.E.Harison氏の作出した品種です。艶やかなペールピンクの花弁、リップをのせて輝く唇のよう! 学名 Nerine cv.`Lipstick' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N.P.K....

ネリネ`オレンジ キング'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

ネリネ`オレンジ キング'球根 1球

ニュージーランドの故R.E.Harison氏の作出した品種です。シャープな細弁が印象的な品種です。 学名 Nerine cv.`Orange King' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

秋植え球根ゆり幻のオリエンタルリリークシマヤ1球パック

産直でお花をお届け「イングの森」

980

秋植え球根ゆり幻のオリエンタルリリークシマヤ1球パック

ヒマラヤ自生の「ネパレンセ」という原種とオリエンタル系のユリの交配によって生まれました。地色は白ではなくうっすらとしたグリーン。そこにワインカラーが神秘的に表現されています。丈も一般種より高めで多花性。実は夜になるとネパレンセの持つ特徴の香水の様な芳香を放ちますよ~ ■球根周囲サイズ:16-18cm ■開花:7月初旬 ■草丈:150cm前後ユリの球根の根は写真の様にカットされている 場合が多いです。でも、ご安心を。ユリの球根の 下から生える根はただの支えみたいな物。養分、水分を吸収するほんとうの 「根」は実は発芽して球根の上の部分の茎から生えてくる「上根」なんです。 なので、ユリの球根を植えるときは、発芽してから、その茎に生える根が土 の中にキチンと埋まることを考えて「深植え」します。 ゆりは早いところで9月初旬、だい たい、10月になるとほぼ本州物は堀りあげが終わります。 掘り上げた球根は洗浄し、一回、冷蔵庫に入れます。 これは折角、休眠に入った球根が目を覚まさない様に。 でも、まれに、冷蔵庫から取り出してお届けまでの保管中に発芽してしまう物があり ます。 気の早い球根が休眠から目覚めようとしてしまうのですね。 そんな時はバッサリとその芽を切ってしまいます。 この芽。業界では「盆芽」と呼ばれているのですが、なぜかあまりにも業界用語過ぎ るのか、インターネット検索にも出てこない用語です。 あれっ?ひょっとして「凡芽?」だったかな?なんて思って調べても出てこない特殊 用語。 下手に伸ばして真冬に地上部に出てきたら、それこそ、霜などでやられてしまいま す。 なので、強制的に切り落とし撤去です。 あくまでも自然での正しい発芽時期は早くても3月ごろ。 それまではしっかりと土の中で。 新品種・夜には香水の香りを放つ幻のユリ「クシヤマ」

オリエンタルユリ球根 カサブランカ 1球 純白の巨大輪

グラントマト 楽天市場店

298

オリエンタルユリ球根 カサブランカ 1球 純白の巨大輪

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 大人気の巨大輪。強健で毎年咲く。純白の巨大輪で香りが楽しめるオリエンタル代表種・開花時期:7月下旬 ・草丈:110cm 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます。寒さに当てないとよい花が咲きません。 ※写真はイメージです。印刷の具合で花色が写真と若干違う場合があります。 ※掲載種苗は品種、栽培管理...

スポンサーリンク
スポンサーリンク