メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ハイノキ株立ち」検索結果。

ハイノキ株立ちの商品検索結果全6件中1~6件目

【現品】 ハイノキ(灰の木)株立ち111703 r

千草園芸

16,740

【現品】 ハイノキ(灰の木)株立ち111703 r

※写真の商品をお送りします 写真は17年11月17日撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。1711c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 常緑ハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2~3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5~10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるよう...

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ単木 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

30,240

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ単木 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらハイノキ 商品一覧単木1.8m露地15000円/在庫×単木2.0m露地24000円/在庫○単木2.3m露地28000円/在庫○単木2.5m露地32000円/在庫○株立ち1.5m露地17000円/在庫○株立ち1.7m露地23000円/在庫○株立ち2.0m露地36000円/在庫○株立ち2.3m露地42000円/在庫○株立ち2.5m露地48000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じハイノキ科ハイノキ属の商品クロキサワフタギタンナサワフタギシロサワフタギハイノキ【ハイノキ】読み:はいのき学名:Symplocos myrtaceaハイノキ科ハイノキ属常緑高木【商品情報】ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。【育て方】日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=不整形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=12~2月開花時期=4~5月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor雑木【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です...

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

45,360

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらハイノキ 商品一覧単木1.8m露地15000円/在庫×単木2.0m露地24000円/在庫○単木2.3m露地28000円/在庫○単木2.5m露地32000円/在庫○株立ち1.5m露地17000円/在庫○株立ち1.7m露地23000円/在庫○株立ち2.0m露地36000円/在庫○株立ち2.3m露地42000円/在庫○株立ち2.5m露地48000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じハイノキ科ハイノキ属の商品クロキサワフタギタンナサワフタギシロサワフタギハイノキ【ハイノキ】読み:はいのき学名:Symplocos myrtaceaハイノキ科ハイノキ属常緑高木【商品情報】ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。【育て方】日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=不整形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=12~2月開花時期=4~5月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor雑木【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です...

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

38,880

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらハイノキ 商品一覧単木1.8m露地15000円/在庫×単木2.0m露地24000円/在庫○単木2.3m露地28000円/在庫○単木2.5m露地32000円/在庫○株立ち1.5m露地17000円/在庫○株立ち1.7m露地23000円/在庫○株立ち2.0m露地36000円/在庫○株立ち2.3m露地42000円/在庫○株立ち2.5m露地48000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じハイノキ科ハイノキ属の商品クロキサワフタギタンナサワフタギシロサワフタギハイノキ【ハイノキ】読み:はいのき学名:Symplocos myrtaceaハイノキ科ハイノキ属常緑高木【商品情報】ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。【育て方】日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=不整形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=12~2月開花時期=4~5月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor雑木【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です...

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ単木 2.5m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

34,560

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ単木 2.5m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらハイノキ 商品一覧単木1.8m露地15000円/在庫×単木2.0m露地24000円/在庫○単木2.3m露地28000円/在庫○単木2.5m露地32000円/在庫○株立ち1.5m露地17000円/在庫○株立ち1.7m露地23000円/在庫○株立ち2.0m露地36000円/在庫○株立ち2.3m露地42000円/在庫○株立ち2.5m露地48000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じハイノキ科ハイノキ属の商品クロキサワフタギタンナサワフタギシロサワフタギハイノキ【ハイノキ】読み:はいのき学名:Symplocos myrtaceaハイノキ科ハイノキ属常緑高木【商品情報】ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。【育て方】日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=不整形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=12~2月開花時期=4~5月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor雑木【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】サルスベリ(百日紅) 株立ち ピンク 31611

千草園芸

9,612

【現品】サルスベリ(百日紅) 株立ち ピンク 31611

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183d-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.6m 30101

千草園芸

8,100

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.6m 30101

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 花後の10月頃には...

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花 株立ち 1.4m 33001

千草園芸

7,344

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花 株立ち 1.4m 33001

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 2.0m 40601

千草園芸

14,040

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 2.0m 40601

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 花後の10月頃には...

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 012114 r

千草園芸

10,800

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 012114 r

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は18年5月2日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますの...

【現品】エゴノキ 株立ち 1.8m 50351 r

千草園芸

7,344

【現品】エゴノキ 株立ち 1.8m 50351 r

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた...

【現品】エゴノキ・ピンク 株立ち 1.7m 51652 r

千草園芸

13,824

【現品】エゴノキ・ピンク 株立ち 1.7m 51652 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年5月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 185b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加...

送料無料
【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク)株立ち 2.2m 33106【送料無料】

千草園芸

32,400

【現品】ジューンベリーロビンヒル(ピンク)株立ち 2.2m 33106【送料無料】

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a-u 東北地方、北海道へは別途送料が必要です。大型荷物のため沖縄、離島へはお送りができません。 成長した場合は、上部を剪定させていただく場合がございます。ジューンベリー ロビンヒル 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier x grandiflora 'Robin Hill' 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 【落葉期】10月~4月 ●希少品種の桃花種「ロビンヒル」● ジューンベリーでは非常に珍しい待望の桃花種の登場です。 桃色のつぼみから咲き進むにつれて淡い桃色、白へと変化していきます。 花、果実、紅葉と季節ごとに楽しませてくれるすばらしい樹木です。 開花期は4~5月で樹形は立性。高性種です。 まれに秋にも花を咲かせることがありますが、季節はずれに咲く花はなぜかピンクにはなりません。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光 株立ち 1.6m 42504

千草園芸

7,560

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光 株立ち 1.6m 42504

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス 「月光」 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 'Gekkou' 【原産】中国原産の常緑ヤマボウシの実生選抜品種 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花はやや小ぶりで大変花付きが良く、 クリームホワイトの花を枝一面に咲かせます。 秋に甘く熟す実も付きやすく、冬季に赤銅色になる葉色も楽しめます。 たくさんの花が咲いた後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がたくさんなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● ある程度の耐寒性があり、関東地方以南の地域では露地植えは問題ありません。 寒風の強く当たる場所では葉が傷む事があります。 日当たり、水捌けのよい場所を好みます。 自然樹形で、美しい樹形を維持しますから、あまり強い剪定はしないのが基本です。 秋に弱剪定を行います。肥料も好みますから春と秋に与えるようにします。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は...

【現品】山法師(ヤマボウシ) ミルキーウェイ 株立ち 白花 1.6m 12047

千草園芸

9,720

【現品】山法師(ヤマボウシ) ミルキーウェイ 株立ち 白花 1.6m 12047

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1712a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 ヤマボウシ "ミルキーウェイ" ヤマボウシの選抜品種で、クリーム~白色の花を咲かせる大変花付きの良い品種です。 通常のヤマボウシに比べて葉が厚いのが特徴ですので、夏の葉焼けにも強く、シンボルツリーとしても魅力的な樹木です。 鮮やかな花を咲かせた後には、実を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、花後に行い、自然樹形を残すように伸びた枝を切り詰めたり...

【現品】エゴノキ 株立ち 2.0m 50352 r

千草園芸

7,344

【現品】エゴノキ 株立ち 2.0m 50352 r

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち 1.7m 50802

千草園芸

9,720

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち 1.7m 50802

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 2.1m 31957 r

千草園芸

10,584

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 2.1m 31957 r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加え...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光(ゲッコウ) 株立ち 1.5m 42503

千草園芸

8,100

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ)月光(ゲッコウ) 株立ち 1.5m 42503

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス 「月光」 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 'Gekkou' 【原産】中国原産の常緑ヤマボウシの実生選抜品種 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花はやや小ぶりで大変花付きが良く、 クリームホワイトの花を枝一面に咲かせます。 秋に甘く熟す実も付きやすく、冬季に赤銅色になる葉色も楽しめます。 たくさんの花が咲いた後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がたくさんなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● ある程度の耐寒性があり、関東地方以南の地域では露地植えは問題ありません。 寒風の強く当たる場所では葉が傷む事があります。 日当たり、水捌けのよい場所を好みます。 自然樹形で、美しい樹形を維持しますから、あまり強い剪定はしないのが基本です。 秋に弱剪定を行います。肥料も好みますから春と秋に与えるようにします。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。...

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.5m 51651

千草園芸

10,584

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.5m 51651

※写真の商品をお送りします。 写真は18年5月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 185b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。...

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.8m 20962

千草園芸

10,800

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.8m 20962

※写真の商品をお送りします。 写真は18年5月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 185b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加...

ヤマボウシ 株立ち H2.5~2.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

24,800

ヤマボウシ 株立ち H2.5~2.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 ヤマボウシ ヤマボウシの特徴 十字型の花とまとまった樹形が人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 初夏に特徴のある花を咲かせて目立つようになります。 果実は柔らかく黄色からオレンジ色でマンゴーのような甘みがあります。 ヤマボウシを使ったお庭 見ごろカレンダー(花:5月~6月、実:10月) 5月 6月 10月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 5~6月になると真っ白い花を枝いっぱいに咲かせます。 秋には紅葉し、果実も赤く熟します。 育てやすさチャート(推奨エリア:九州以北) 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 ■植木のプロからのアドバイス 樹形も整い易く花も実も紅葉も楽しめる樹木です。 成長は比較的、早いので必要に応じて剪定してあげましょう。 ヤマボウシの育て方 植えつけ環境 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割~9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバーク堆肥を1割程度をすきこみます。...

エゴノキ 株立ち H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

13,800

エゴノキ 株立ち H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 エゴノキ エゴノキの特徴 樹形・花・実を楽しめる人気の庭木です。 樹形も美しいため1年を通して楽しめ、近年では一般家庭のシンボルツリーとしても人気があります。 園芸品種に桃色の花を咲かせる『ピンクチャイム』があります。 エゴノキを使ったお庭 見ごろカレンダー(花:5~6月) 5月 6月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 初夏に垂れ下がる清楚な白い花をたくさん着けます。秋には長さ1cmくらいの丸い卵形の果実を付けます。 育てやすさチャート(推奨エリア:九州以北) 鑑賞価値の高い木です! ■植木のプロからのアドバイス 花と実がなりやすく、紅葉も綺麗です。 日向地を好みますが、半日陰での栽培も可能です。 剪定は混んだ枝や邪魔な枝を間引く程度で良いでしょう。 大きさを制限したい場合は、落葉期に剪定をしますが自然な樹形が持ち味なので枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切ります。また日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。虫が付きやすいので春から秋にかけての防除は必要で...

ヤマボウシ(ミルキーウェイ)株立ち H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

18,800

ヤマボウシ(ミルキーウェイ)株立ち H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 ヤマボウシ ヤマボウシの特徴 十字型の花とまとまった樹形が人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 初夏に特徴のある花を咲かせて目立つようになります。 果実は柔らかく黄色からオレンジ色でマンゴーのような甘みがあります。 ヤマボウシを使ったお庭 見ごろカレンダー(花:5月~6月、実:10月) 5月 6月 10月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 5~6月になると真っ白い花を枝いっぱいに咲かせます。 秋には紅葉し、果実も赤く熟します。 育てやすさチャート(推奨エリア:九州以北) 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 ■植木のプロからのアドバイス 樹形も整い易く花も実も紅葉も楽しめる樹木です。 成長は比較的、早いので必要に応じて剪定してあげましょう。 ヤマボウシの育て方 植えつけ環境 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割~9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバーク堆肥を1割程度をすきこみます。...

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.0m 41656 r

千草園芸

8,424

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.0m 41656 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4~5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月~6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2~3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、短いランナーで株立ち状に成長します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● 肥沃で水はけのよい日当たりを好みます。 多少の半日陰でも育ちますが、日陰では花つきが悪くなりがちです。 耐寒性、耐暑性の強く丈夫な植物です。 ただ、過湿に弱く...

【現品】 アメリカデイゴ(カイコウズ) 8号 50223 r

千草園芸

9,180

【現品】 アメリカデイゴ(カイコウズ) 8号 50223 r

↑開花期には赤い花が咲きます。 ※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月22日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします。 185a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 Erythrina crista-galli L 分類 マメ科エストリナ属の落葉中高木 原産 南アメリカ 性質 毎年春から新枝を伸ばしてその先に花をつけます。 気温の高い季節は次々と枝を伸ばして開花します。 病害虫 特に目立った病害虫はありません。 栽培のポイント 日当たりのよい関東以南の暖地での露地植えが可能です。アメリカデイゴ 分類 マメ科デイゴ属の非耐寒性落葉中低木 学名 Erythrina crista-galli L. 原産 ブラジル~アルゼンチン (デイゴはインド原産) この仲間には耐寒性のあるものとしてアメリカデイゴ(別名カイコウズ)、アメリカデイゴを片親に改良されたサンゴシトウErythrina x bidwillii Lindl. (別名ヒトツバデイゴ) があります。 どちらも比較的耐寒性もあり関東地方以南では冬期に霜が降りる地方でも防寒すれば育てることができます。 (植え付け) 水捌けのよい日当たりを好みます。強い日射しが長時間当たる場所が理想的です。太い幹を土にに刺して増殖されているので、また根が十分に育っていないことも多く、植え付け後はしっかりした支柱を立てて固定してください。 冬に寒風の当たる場所は避けてください。春の気温が高くなる季節から、生育を始め、夏の終わりころから開花します。 下は大阪府内に植栽されていたカイコウズ(15.9.23)季節が遅く花は咲いていません。 (栽培) 庭植えのものは真夏に極端に乾かなければ水は特に与える必要はないでしょう...

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 2.2m 31955

千草園芸

9,720

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 2.2m 31955

※写真の商品を御送りします。 写真は18年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加え...

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.2m 41707r

千草園芸

3,240

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.2m 41707r

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。銀木犀(ギンモクセイ) 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Nakai 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】5m 【栽培適地】関東地方以南 ●ギンモクセイの特徴● 銀モクセイは、シキザキモクセイより樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種といえます。小さくても開花し、成長は遅く、節が詰まっているので生垣などに利用できます。 香りの強いことで知られている「キンモクセイ」はギンモクセイの変種とされています。花の香りもキンモクセイほどは強くありません。 葉先がとがったヒイラギモクセイもギンモクセイと呼ばれることがありますが、別種のものです。雌雄異株ですが、日本には御株しか導入がなく、種をつけることはありません。 実をつけたとの報告がありますが、種があるのか、発芽したとのニュースは聞いたことが無いので交配でできたものではないと思われます。 開花期は長く、真夏は休みますが、冬期でも10℃あれば咲きつづけます。暖かいときは白い花を咲かせますが、気温が低いと黄色くなります。 ●育て方のポイント● 水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。性質は強く、普通の庭木として特に気を使うことも無く栽培できます。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え...

【現品】アメリカデイゴ(カイコウズ) 10号 50222 r

千草園芸

18,360

【現品】アメリカデイゴ(カイコウズ) 10号 50222 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月22日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします。 185a-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 Erythrina crista-galli L 分類 マメ科エストリナ属の落葉中高木 原産 南アメリカ 性質 毎年春から新枝を伸ばしてその先に花をつけます。 気温の高い季節は次々と枝を伸ばして開花します。 病害虫 特に目立った病害虫はありません。 栽培のポイント 日当たりのよい関東以南の暖地での露地植えが可能です。アメリカデイゴ 分類 マメ科デイゴ属の非耐寒性落葉中低木 学名 Erythrina crista-galli L. 原産 ブラジル~アルゼンチン (デイゴはインド原産) この仲間には耐寒性のあるものとしてアメリカデイゴ(別名カイコウズ)、アメリカデイゴを片親に改良されたサンゴシトウErythrina x bidwillii Lindl. (別名ヒトツバデイゴ) があります。 どちらも比較的耐寒性もあり関東地方以南では冬期に霜が降りる地方でも防寒すれば育てることができます。 (植え付け) 水捌けのよい日当たりを好みます。強い日射しが長時間当たる場所が理想的です。太い幹を土にに刺して増殖されているので、また根が十分に育っていないことも多く、植え付け後はしっかりした支柱を立てて固定してください。 冬に寒風の当たる場所は避けてください。春の気温が高くなる季節から、生育を始め、夏の終わりころから開花します。 下は大阪府内に植栽されていたカイコウズ(15.9.23)季節が遅く花は咲いていません。 (栽培) 庭植えのものは真夏に極端に乾かなければ水は特に与える必要はないでしょう。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと...

【現品】エゴノキ 株立ち ピンク花 1.9m 51658

千草園芸

21,384

【現品】エゴノキ 株立ち ピンク花 1.9m 51658

※写真の商品をお送りします。 写真は18年5月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 185b-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加...

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 04042 植木 庭木 落葉樹

千草園芸

11,880

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 1.7m 04042 植木 庭木 落葉樹

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年5月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 庭木 植木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 1.9m 31953

千草園芸

9,180

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 1.9m 31953

※写真の商品を御送りします。 写真は18年5月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰~日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加え...

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 1.4m 41710

千草園芸

6,264

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 1.4m 41710

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し...

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 株立ち 苗木 32410

千草園芸

4,320

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.3m 株立ち 苗木 32410

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。...

【現品】姫シャラ 株立ち 1.9m 51754

千草園芸

10,584

【現品】姫シャラ 株立ち 1.9m 51754

※写真の商品を御送りします。 写真は18年5月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 185b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヒメシャラ 【分類】ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木 『雌雄同株』 【学名】Stewartia monadelpha 【原産】神奈川県以西の山地、四国、九州 【別名】サルタノキ、コナツツバキ 【用途】庭木、木材、炭等 【開花】4月~6月 【結実】10月~11月 【成木】10m~15m ヒメシャラの由来は、ナツツバキ(シャラノキ)と比べ、葉や花が小さいことから、名づけられたと言われています。ちなみに花の直径は、約2cmでナツツバキの半分です。 特徴としては、木肌が赤褐色で光沢があることから開花の時期以外にも観賞できる庭木として人気です。幹が太くなると百日紅のように模様ができるのに比べてヒメシャラは黄金色のつやが出てきます。 また、主幹がナツツバキと比べ、直立することから、きれいな樹形をしています。 下は滋賀県守山市の少林寺境内のヒメシャラ2016.1.3 ヤクシマには直径が1mを超えるものが林内にそびえています。 ■栽培方法 半日陰~日当たり、肥沃で湿潤地を好みます。乾燥に弱い面もあるので表土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。夏場が決め手です。 自然樹形を楽しむものですが、そのまましておくと大きくなりますので、適当な位置で芯を止めてもよいでしょう。 花は、前年枝の先につくので、込み枝などの不要枝は、枝の根元から間引いてください。 ★栽培適地:関東以南 (剪定) 本来自然樹形を楽しむ木ですから、余り行いません。伸びすぎた枝や邪魔な枝をカットする程度にとどめます。下に枝を残したい場合は、下まで日が差し込むように上の枝をカットします...

【現品】ジューンベリー 株立ち 1.7m 31602

千草園芸

9,936

【現品】ジューンベリー 株立ち 1.7m 31602

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道~九州 【開花期】4月~5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので...

【赤南天(アカナンテン)】6号ポット入り 株立ち状 樹高60cm前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,814

【赤南天(アカナンテン)】6号ポット入り 株立ち状 樹高60cm前後

お届けの 商品の状態 樹高60cm前後(根鉢を含む) 6号ポット入り苗 長短の有る3本立ち程度の株立ち状の品です。 2017年秋に結実していた実は殆ど落果しています。 (2018/02/01) 秋から冬に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有りますが、春には新芽が伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "なんてん、あかみなんてん" 商品の特徴 【科属名】 メギ科ナンテン属の常緑広葉樹 別 名 : 【花期】 5~6月頃 小さい白色の花が穂状に立って咲く。 【用途】 庭園、根締め、添景樹、生垣などに用いられる。 【特徴】 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられ、慶事、正月に使われる縁起木。 庭植え、鉢植えにされる。 葉は赤飯などの飾りに用いられる。 初夏に小さい白色の花が穂状に咲き、秋から冬にかけて実は赤く熟す。 葉は冬の寒さにあうと紅色に変わる。 冬季に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有る。 生長は遅い。 東北地方から沖縄県まで栽培可能です。 【剪定】 剪定は通常は必要としない。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 【病害虫】 病害虫に特に目立った物は無い。 1梱包で 送れる商品 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【イロハモミジ】株立ち状(5本立ち)樹高30cm前後 3.5号ポット入り苗

植木生産販売専門店 芝樹園

594

【イロハモミジ】株立ち状(5本立ち)樹高30cm前後 3.5号ポット入り苗

お届けの 商品の状態 樹高25cm前後(根鉢を含む) 3.5号(約10.5cm)ポット入り 長短が有る5本立ち程度の品になります。 ★秋の時点では画像の様な紅葉状態になっていましたが、現時点では落葉していますので、来年の青葉と紅葉を楽しめに育てて下さい。(2017/12/12) 落葉樹になりますので冬季には葉は付いていません。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "いろはもみじ" 商品の特徴 【科属名】 カエデ科カエデ属の落葉広葉樹 【用途】 シンボルツリー、庭園、添景樹などに利用される。 【特徴】 日本の秋の紅葉の代表種として知られているが、 春の新葉も明るくて美しく、夏は涼しげな葉色で、人気の有る品種です。 10~11月頃に、黄色や橙色からやがて真っ赤に紅葉します。但し、紅葉の色は気温や肥料等に影響されます。 洋風・和風どちらの庭にも用いられます。 シンボルツリー・メインツリー・主木にお勧めです。 北海道南部から沖縄まで植栽可能です。 移植は容易です。 庭植え・鉢植えが出来ます。 【剪定】 真冬以外の時期に不要枝を剪定します。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 肥料が無くても育ちますが、施肥する場合は、1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 肥料が葉色に影響が有り、肥料を少なめにした方が葉色が良い場合が多い。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、15本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 40705

千草園芸

5,076

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 40705

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 鉢を除く樹高は約35cmです 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 特性・水はけのよい酸性土壌を好みます。鉢植えでは粗い鹿沼土を用います。クロフネツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron schlippenbachii 【原産】中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島 【別名】カラツツジ 【開花】4-5月 【利用】庭植え、鉢植え【樹高】1m-4.5m 【栽培敵地】 北海道中部~九州 大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあります。日本には江戸時代に朝鮮半島から渡来したとされています。 黒船に乗って渡来したとツツジ、黒船来航のころに渡来したツツジから名づけられたようです。 葉の展開後すぐに、淡い桃色の大形の花を咲かせます。 ●育て方のポイント● 耐暑性耐寒性に強く栽培しやすいツツジです。生育は遅く、大きくなるのに年月がかかります。 日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。用土は、水はけの良い土壌に鹿沼土やピートモスを2~3割以上混ぜた用土を使います。鉢植えでもよく生育します。 肥料は、冬と花後に化成肥料または油粕を与えます。 ●病害虫対策● 病気はほとんどありませんが、暖地ではグンバイ虫が発生しがちです。 新芽の展開する5月~6月には、浸透移行性の殺虫剤オルトラン粒剤などを撒いて予防します。

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 31203

千草園芸

5,076

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 31203

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 鉢を除く樹高は約35cmです 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 特性・水はけのよい酸性土壌を好みます。鉢植えでは粗い鹿沼土を用います。クロフネツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron schlippenbachii 【原産】中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島 【別名】カラツツジ 【開花】4-5月 【利用】庭植え、鉢植え【樹高】1m-4.5m 【栽培敵地】 北海道中部~九州 大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあります。日本には江戸時代に朝鮮半島から渡来したとされています。 黒船に乗って渡来したとツツジ、黒船来航のころに渡来したツツジから名づけられたようです。 葉の展開後すぐに、淡い桃色の大形の花を咲かせます。 ●育て方のポイント● 耐暑性耐寒性に強く栽培しやすいツツジです。生育は遅く、大きくなるのに年月がかかります。 日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。用土は、水はけの良い土壌に鹿沼土やピートモスを2~3割以上混ぜた用土を使います。鉢植えでもよく生育します。 肥料は、冬と花後に化成肥料または油粕を与えます。 ●病害虫対策● 病気はほとんどありませんが、暖地ではグンバイ虫が発生しがちです。 新芽の展開する5月~6月には、浸透移行性の殺虫剤オルトラン粒剤などを撒いて予防します。

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 シンボルツリーに最適な苗木 庭木 植木 r

千草園芸

18,360

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 シンボルツリーに最適な苗木 庭木 植木 r

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は18年4月26日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184c-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 植木 庭木 モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも...

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 大株 1.7m 04041 シンボルツリーにオススメな苗木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

15,120

【現品発送】イロハモミジ 株立ち 大株 1.7m 04041 シンボルツリーにオススメな苗木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年5月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

【風鈴ガマズミ(フウリンガマズミ)ティー・ビバーナム】樹高1.2m前後 7号ポット入り 株立ち状

植木生産販売専門店 芝樹園

1,598

【風鈴ガマズミ(フウリンガマズミ)ティー・ビバーナム】樹高1.2m前後 7号ポット入り 株立ち状

お届けの 商品の状態 樹高1.2m前後(根鉢を含む) 7号地中栽培ポット入り 樹高約1.5m(根鉢を含む)で剪定して有ります。 1本立ちの木が下部で3本立ちの株立ち状になっています。 秋のお届けは、落葉時期が近づき、落葉や、葉が落葉前で痛んでいる場合があり、活着を良くするために剪定や葉を落として発送する場合が有りますが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】スイカズラ科ガマズミ属の落葉広葉樹 【花期】 4月頃です。 【用途】景観樹、寄植え、鉢植え、庭植えに用いられる。 【特徴】 風鈴ガマズミは、大きめの赤い実が秋に風鈴のように静かに揺れるのが印象的なガマズミです。 花期は4月頃で、茎先に集散花序の白花を密集して咲かせる。 耐寒性、耐暑性ともに強く北海道南部から沖縄まで栽培できます。 日当たりの良い場所を好むが、半日陰でも栽培出来ます。 丈夫で育てやすい。 移植は容易です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 不要枝を厳冬期を避けた時期に剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、日本郵便での発送の場合は、1梱包に1本までは発送できます。なお、発送可能な梱包のサイズの関係で、高さが1.2~1.3mでになり、植木の先端部を曲げた状植や植木の先端部を剪定(先端部は剪定しても伸びてきます)した状態での梱包になる場合が有りますが、ご了承お願い致します。 西濃運輸での発送の場合は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお...

黒竹 (クロチク)株立ち大苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー 生垣 目隠し 常緑樹 シンボルツリー 【時間帯指定不可】

総合植物プロショップ花ひろば

6,458

黒竹 (クロチク)株立ち大苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー 生垣 目隠し 常緑樹 シンボルツリー 【時間帯指定不可】

この商品の送料は240cmサイズとなります。 この商品は時間帯指定が出来ません。関東・甲信越・北陸・東海・関西…5070円 南東北・中国…7410円 北東北・四国・九州…9850円 北海道…11120円 沖縄…20820円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。お届けする商品について樹高は根巻きも含め1.6m前後でポット苗です。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。品種の特性 黒くツヤのある黒竹は人気で、生垣や庭園竹として使用されます。 おしゃれで落ち着いた雰囲気は和、洋どちらの庭にもよく似合います。 タケノコから出たときは青く1年の間に段々黒くなっていき2~3年目が一番良い色になります。 夏場の強い日差しにあたると、葉が茶色くなる事があります。 黒竹難易度 初心者にお勧めの落葉中高木植栽適地 東北南部~沖縄 出茸時期 4月~5月タイプ  常緑中高木栽培場所 鉢植え、目隠し、生垣、グランドカバー、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場地植栽培での樹高  樹高約:2~3m日照条件  日なた~半日陰成長の早さ  早い耐寒性/耐暑性  普通/普通剪定時期 12~2月    科名/属名 イネ科マチク(真竹)属 【管理方法】 庭植えの場合は、地下茎が広がらないようにシートで周囲を囲むか、板などで防御する必要があります。 鉢植えの場合は土が乾いたら水を与えてください。 庭植えの場合は水やりは雨で十分です。 夏など乾燥する時期は葉っぱにも水を掛けてあげると元気に管理できます。 ...

送料無料
【現品】【送料無料】 ヘゴシダ(ディクソニア アンタルクティカ) 単幹 10号 2

千草園芸

36,720

【現品】【送料無料】 ヘゴシダ(ディクソニア アンタルクティカ) 単幹 10号 2

写真は17年3月11日。植物の状態は季節により変化いたします。173d-uディクソニア アンタルクティカ 分類 タカワラビ科ディクソニア属の木立性シダ 学名 Dicksonia antarctica 分布 オーストラリア・タスマニア島 樹高 10~15m 栽培適地 関東地方以南 高さが10mを超える大型木性シダ(ヘゴ)で幹は茶褐色の根で覆われています。 ヘゴは沖縄地方以南でも自生していますが、東南アジア原産のものは軸の中心部が空洞で、寒さに弱く、 冬越しには10度以上が必要ですが、このヘゴは芯に空洞は無く、0度くらいまで大丈夫です。 野生では、水分を多く含む湿った森の湿度の高い環境に自生するものですから、乾燥しない場所が適しています。 ディクソニアは非常に成長スピードの遅い植物で日本ではあまり大きくなりません。 耐陰性・耐暑性ともに優れているので関東地方以南での露地栽培が可能です。 下のような状態で1年くらい置いても枯れずに生きています。 生命力の強い植物です。 ディクソニア アンタルクティカの育て方 冬越しの際、寒風に当たると葉は枯れますが、幹の中心と新芽の中心部が凍結しないようにすれば翌春には新芽を出します。 寒い地方では新芽の中心部に藁などを詰め、軸はコモで巻いておくと良いでしょう。 現地の最低気温は-13度まで下がることがあるようですが、しだの生えている森の中がどこまで下がるか不明です。 ただ、寒さにはかなり強いようですが、冬場は葉を落とすようです。 葉は気温15℃以上で成長をはじめます。 多少の直射も大丈夫ですが、夏場の直射日光には当てないほうが良いでしょう。 水は切らさないようにするのがポイントで、土壌は常に湿った状態を保つようにして幹や葉、新芽の中心部に頭から水遣りをするとよく育ってくれます。...

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

千草園芸

9,720

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ウグイスカグラ 【分類】スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木 【学名】 Lonicera gracilipes 【分布】北海道(南部)、本州、四国、九州 【別名】ウグイスノキ、ヤマウグイスカグラ、ウグイスカグレ 【栽培適地】北海道南部~九州 【開花期】4月~5月 【利用】庭木 春にピンクのかわいい花を咲かせ、初夏には赤い実を楽しむことのできる丈夫な落葉樹です。 自然のおもむきを感じさせる樹形が特徴で、庭の脇役や盆栽などにも使用されます。 春には、ラッパ状の小さな可愛らしい花を咲かせます。花後の初夏には、小さな赤く熟した実がなります。 実は食べると、酸味が少なくほんのり甘い果実です。 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて固定してください。

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.5m ピンク 4219

千草園芸

2,916

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.5m ピンク 4219

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)久留米ツツジ(クルメツツジ) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron Kurume Group 【原産】園芸種 九州久留米地方 【用途】庭木、鉢植え 【開花】4月中旬~5月中旬 【成木】0.5m~2m(品種や栽培環境により異なる) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【栽培敵地】関東以南 クルメツツジは、小型のツツジの園芸品種で数多くの品種があります。開花時は木一面が花で覆われ見事な景観を作る庭木です。 性質も日本の気候と良く合い、容易に鉢植えでも庭植えでも楽しむことができます。 花色は豊富で鮮やかなものが多く、鉢植えのほか庭木として広く利用されています。 古くは江戸末期から作出され、明治から大正にかけて多くの品種がつくられ、現在300数品種が残っているといわれています。 江戸時代に九州の久留米地方で改良されたものが多く、鹿児島県などを原産とするキリシマツツジと大隅半島や薩摩半島に自生するサタツツジが元になっています。 サタツツジが小輪多花で久留米ツツジはその性質を受け継いでいます。 ●育て方のポイント● 水はけのよい保水性のある酸性土壌を好み、関東地方以北の土の凍てつく寒地での栽培には適していません。 植える場所は、日当たり又は半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し...

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.2m 41658

千草園芸

8,424

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.2m 41658

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4~5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月~6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2~3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、ランナーで増殖します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● ○生育について○ ・ 植え付け適期 … 周年可 根回し(一度移植してあるもの)はいつでも可能です。 ・ 日当り … 半日陰でも良く育つ/td> ・ 水はけ … 普通 よい場所を好む ・...

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

千草園芸

7,344

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サザンカ(山茶花) (分類)ツバキ科ツバキ属の常緑広葉中低木。 (学名) Camellia sasanqua (原産)山口県、四国南部~九州中南部、南西諸島、台湾、中国、インドネシア (栽培適地)関東地方以南 (利用)庭木、生垣、目隠し ■特徴 花の少ない季節に開花する常緑樹で、生垣や庭の脇役によく植えられます。 多少の日陰でも育ちますので、場所を選ばず植えることができます。 ツバキ科の植物は主に暖地性の植物でサザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、 日本は自生地としては北限になります ■植え付け、水遣り 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水遣りなどは、水切れを起こすと葉が黄色くなって落葉し、葉の数が少なくなります。 それを起こさないように、十分な腐葉土を加えておき、保水力を高めていくことが大切です。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるほうが効果的です 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて固定してください。 ■移植 春または秋、冬と移植可能な季節も多く移植しやすい樹木です。 一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、夏でも移植は可能です。 ■剪定 新梢の頂部に蕾ををつけますので、むやみに剪定すると蕾を落としてしまいます。した 花期が終わりの頃が剪定の目安になります。 生垣などに利用する場合、花芽を気にすることなく目的の形までなるまで刈り込むと良いで...

【現品】キンモクセイ(金木犀) 0.9m 50305

千草園芸

3,240

【現品】キンモクセイ(金木犀) 0.9m 50305

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月19日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク