メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ノリウツギ」検索結果。

ノリウツギの商品検索結果全5件中1~5件目

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

千草園芸

3,024

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

17年10月6日入荷いたしました。 状態は季節により変化いたします。 1710a-uノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 斑入ノリウツギ 雪化粧 「ピラミッドアジサイ ライムライト」と似ています。 斑入りの美しい葉に、花は白い花が咲きます。 四季咲き性の強いアジサイですから花が終わりかけると本年枝を2/3位残して剪定すると新梢が伸びてまた花を咲かせます。肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での露地植えが出来ます。

ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)5号【18年入荷株】

千草園芸

3,240

ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)5号【18年入荷株】

18年6月15日に入荷。 季節によって状態は変化します。186c ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) → →→ヨウラクタマアジサイ 普通のアジサイが花を咲かせた後、花を咲かせるのがこの「タマアジサイ」です。 遅咲き種です。 アジサイの花は両性花と呼ばれるおしべやめしべのある花と 装飾花と呼ばれるガクが花びらのように発達したものと区別しています。 ガクアジサイの中央部の小さい花が両性花で周りの大きい花が 装飾花です。 手まり状の普通のアジサイはすべてが装飾花になったものです。 さて、タマアジサイですが葉の形はノリウツギの葉とよく似ています。 福島県から岐阜県にいたる本州と伊豆七島に自生するもので、 ツポミの形が球状になっているのでタマアジサイと呼ばれるようになったものです。 Hydrangea.involucrata Sieb. に分類され 花形に多くの変異株があります。 基本種はガクアジサイのように淡い紫色の両性花と白い装飾花があり、装飾花のガク片は4個です。 基本種は花が開いてしまうとヤマアジサイ(ガクアジサイ)とあまり違いがありません。球のように付いていたガク片は落ちてしまいます。 ■露地栽培の管理方法■(育て方) 湿地を好み、水切れするとしおれてしまいますが、水を与えるとすぐに回復します。 午前中数時間日が当たり、用土が乾燥しない場所が適しています。 露地植えして放任すると背丈は2mくらいになり、根元から次々に枝を出し株立ちになります。株は根元から枝を出しその先端に花を付け古くなった枝は多くの花をつけますが花房が小さくなります。大きな花を付けさせるためには、古くなった軸は根元から切り取り、新しい軸と交代させると良いでしょう。 ■鉢植え栽培の管理方法■(育て方)...

こちらの関連商品はいかがですか?

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

千草園芸

3,132

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 荷物の大きさはmサイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていき...

ニワザクラ(庭桜) 5号ピンク

千草園芸

3,024

ニワザクラ(庭桜) 5号ピンク

写真は18年4月14日。木の状態は、季節により変化します。184b 別名:リンショウバイ 花期:3~5月 草丈:1~1.5m ■栽培方法 日当たりと排水の良いところを好みます。 定植する場合は、土を崩さないようにします。水遣りは表土が乾いたら、たっぷりと与えてください。肥料は、市販の肥料を貼ると秋に2回づつ与えてください。 ポイント/ 夏に来年の花芽がつくので花後に(開花枝の2~3芽残して)剪定して、追肥を与えるとよいでしょう。庭桜 分類: バラ科サクラ属の落葉低木 学名: Prunus glandulosa 原産: 中国の中部から北部 開花期: 4月~5月 樹高: 1~1.5m 栽培敵地: 日本全国 庭梅Prunus japonicaに似ていますが近縁種(庭梅は一重)で、庭桜は花の色は白またはピンクの八重で、実はできません。 一重のものは「ヒトエニワザクラ(一重庭桜)」と呼ばれ、こちらは真っ赤な果実ができます。 原産地は中国ですが、日本へは古い時代に渡来しました。 八重のものは果実ができないことから園芸種と思われます。 生育はあまり強くはなく、ブッシュ状にランナーで増えるため、多くは接木苗で販売されています。 接木されたものは1本立ちになって成長します。 鉢植えでは施肥や植え替えを怠ると弱ってしまうことが多く、毎年植え替えをして施肥を行うなど元気に育てることが必要です。

ビックリグミの木 6号苗(e4)

千草園芸

3,024

ビックリグミの木 6号苗(e4)

18年5月18日入荷!樹形は多少の違いはございます。 木の状態は季節により変化いたします。 185b-u ■強健な性質でどんなやせ地でもよく生育し、庭先の片隅に、鉢植えに気離婚dえ仕立てにと楽しめます。 ■栽培方法 ★庭植えの場合 土質はあまり選びませんが、水はけがよく、日当たりのよいところなら申し分ありません。 植え穴にピートモスと土を混ぜ合わせ、植え込みます。 肥料はほとんど必要ありませんが、毎年1月~2月頃、根の周りに溝を掘り、油粕、鶏糞とうを混ぜて埋め込むとよい。 ★鉢植えの場合 6号鉢に赤玉土6、腐葉土3、砂1の割合で植えこむ。 鉢の表面が乾いたら水を与えてください。 徒長した枝は、夏前に元から切り落とす。 学名 var.gigantea Araki 成木の樹高 2~3m 栽培適地 本州、四国、九州 開花期 4~5月 結実期 6月 特性 栽培容易で豊産性の品種です。ビックリグミ (分類)グミ科グミ属の落葉中低木 (学名) var.gigantea Araki (原産)日本原産のナツグミの改良種 (開花期)4月下旬~5月上旬(結実期)6月上~中旬 (樹高)2~4m (栽培適地)本州、四国、九州 春にたくさんの花を咲かせ初夏に実をつけます。他のグミは単独で結実しますが、実の大きいビッリグミは他の品種との交配が必要です。 花はたくさん付きますが、自家受粉はいたしません。花芽分化は7~8月です。 (植え付け) 水はけのよい日当たりが適しています。 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈...

本柚子(ホンユズ) 6号r(c19)

千草園芸

3,240

本柚子(ホンユズ) 6号r(c19)

写真は17年8月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。178c ホンユズは常緑樹ですが、冬には多くの葉を落とします。 特に鉢植では顕著に現れますが、気温が高くなると花を 咲かせ新芽を出して元気になり、よく生育いたします。 ホンユズは露地植えでは大きくならないと実がつきにくいの ですが、鉢植では老化(木の成熟)が早く、 小さいうちからよく実をつけます。 冬になると実は落果します。 ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)本柚子(ホンユズ) (分類)ミカン科ミカン属の常緑小高木 (学名)Citrus junosSiebold ex. Tanaka (原産)中国長江上流域 (栽培適地)東北地方南部以南 ユズの中でも実が大きく、香りの良い品種です。 若くて強く伸びる枝には長いとげができるのが特徴です。 かんきつ類の中では最も寒さに強く、強い寒風にさらされると落葉しますが、 気温が高くなると正常に生長して実をつけます。 他のかんきつ類に比べて病害虫に強く無農薬栽培しやすい樹種です。 木が大きくなるとたくさん実がなります。写真は13年11月17日。大津市の自宅の木。 ■栽培方法 鉢植え/ 苗の植え付けは遥か秋に行います。 6~7号鉢に赤玉6、腐葉土3、砂1の割合で植え込みます。 表土が乾いたら、水を与えます。特に開花中の水切れは落花の原因になるので注意しましょう。 肥料は植え付け1ヶ月後と毎年春先と秋に玉肥3個ほど、鉢の周りに植え込みます。 畑植え/深さ50~60cmくらいの穴を掘り下のほうに堆肥等有機質肥料を入れ込みます。 南向きで風の強く当たらない場所が適当です。 肥料は毎年2~3月頃、乾燥鳥ふん、油粕、硫化カリ等を混ぜて溝を掘り、植えこみましょう。 接木2年苗は普通翌年から結実します。...

南天(ナンテン)「オブセス」6号(e17)

千草園芸

3,780

南天(ナンテン)「オブセス」6号(e17)

送料は648円~。(地域により異なります) 写真は15年9月21日。木の状態は季節により変化いたします。159e-u オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが...

アヅマシャクナゲ 斑入り『雲井錦』B5-10 R985 B3-1 大きさ15cm前後  2018年6月18日撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

アヅマシャクナゲ 斑入り『雲井錦』B5-10 R985 B3-1 大きさ15cm前後 2018年6月18日撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 約15cm(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年6月18日撮影です 商品説明 アヅマシャクナゲ系の斑入り品種だと思います。 純粋なアズマシャクナゲかどうかはわかりません。 間違っていたらご指摘いただけたらと思います。 接木2年目の株です。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/斑の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】約15cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4-5月 【撮影日】2018年6月18日撮影です 【商品説明】アヅマシャクナゲ系の斑入り品種だと思います。 純粋なアズマシャクナゲかどうかはわかりません。 間違っていたらご指摘いただけたらと思います。 接木2年目の株です。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

椿(ツバキ)覆輪春の台(フクリンハルノウテナ) 6号苗(d9)

千草園芸

3,240

椿(ツバキ)覆輪春の台(フクリンハルノウテナ) 6号苗(d9)

※写真は見本品です。 写真は17年12月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712e-u 送料Lサイズです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

寒牡丹(カンボタン) 錦王 6号鉢苗

千草園芸

3,780

寒牡丹(カンボタン) 錦王 6号鉢苗

17年11月10日に入荷しました。 地上部は落葉し、芽がついている状態です。 状態は季節によって変化します。1711b 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。牡丹(ボタン) (分類) ボタン科ボタン属の落葉中低木 (学名) Paeonia suffruticosa (原産)中国西北部 (開花期)4月下旬~5月 (成木の樹高)1~1.5m(原種で3m) (栽培敵地)北海道~九州 中国の国花としても検討された花で、豪華な花の代表格的な花です。 古くから品種改良が盛んに行われ、園芸品種が多数作られてきました。 牡丹の育て方 植え付け 日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 自然界では種で増えるのですが、園芸的にはシュクヤクの根に接木して増殖されています。 従って苗を購入されたときは多くがシュクヤクの根が地上部に見えているものです。 2年くらいは芍薬の根が生きていますが、植える場合は芍薬の根が見えない程度に土をかけて植えつけ、 ボタン自らの根が出やすくなるようにします。 根がしっかり出たら芍薬の根が腐るのが理想的です。 施肥 春に冬芽を成長させて延びきったら先にすぐに花を咲かせるものです。 冬~早春までに十分な肥料を与えておきます。 また、鉢植えでは春の生育期には2回くらいの追肥を行い、肥料切れを起こさないようにします。 そして花後には種を作らせないように花柄をカットしておきます。 夏には休眠するので夏までの葉のある短い期間に十分肥培しておくことが翌年も花を咲かせる上で大切な仕事です。 夏に葉が枯れてきたらカットしてもよいでしょう。 植え替え 露地植えでは数年たつと土壌が硬く締まってしまうことがあります。 落ち葉や雑草に覆われていない土壌のむき出しになった場所でよく見られる現象です...

寒牡丹(カンボタン) 初霜錦 6号鉢苗

千草園芸

3,780

寒牡丹(カンボタン) 初霜錦 6号鉢苗

17年11月10日に入荷しました。 地上部は落葉し、芽がついている状態です。 状態は季節によって変化します。1711b 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。牡丹(ボタン) (分類) ボタン科ボタン属の落葉中低木 (学名) Paeonia suffruticosa (原産)中国西北部 (開花期)4月下旬~5月 (成木の樹高)1~1.5m(原種で3m) (栽培敵地)北海道~九州 中国の国花としても検討された花で、豪華な花の代表格的な花です。 古くから品種改良が盛んに行われ、園芸品種が多数作られてきました。 牡丹の育て方 植え付け 日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 自然界では種で増えるのですが、園芸的にはシュクヤクの根に接木して増殖されています。 従って苗を購入されたときは多くがシュクヤクの根が地上部に見えているものです。 2年くらいは芍薬の根が生きていますが、植える場合は芍薬の根が見えない程度に土をかけて植えつけ、 ボタン自らの根が出やすくなるようにします。 根がしっかり出たら芍薬の根が腐るのが理想的です。 施肥 春に冬芽を成長させて延びきったら先にすぐに花を咲かせるものです。 冬~早春までに十分な肥料を与えておきます。 また、鉢植えでは春の生育期には2回くらいの追肥を行い、肥料切れを起こさないようにします。 そして花後には種を作らせないように花柄をカットしておきます。 夏には休眠するので夏までの葉のある短い期間に十分肥培しておくことが翌年も花を咲かせる上で大切な仕事です。 夏に葉が枯れてきたらカットしてもよいでしょう。 植え替え 露地植えでは数年たつと土壌が硬く締まってしまうことがあります。 落ち葉や雑草に覆われていない土壌のむき出しになった場所でよく見られる現象です...

【大株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

千草園芸

3,240

【大株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

【実なし】一才柚子(イッサイユズ)6号 r(c19)

千草園芸

3,240

【実なし】一才柚子(イッサイユズ)6号 r(c19)

16年8月19日入荷。季節によって状態は変化します。168b ユズやレモンなどのかんきつ類は冬になると耐寒性を増すために保持する水分量を少なくします。そのために葉のつやが無くなり、しおれているように見えることもあります。鉢植えの場合は特に顕著に現れます。春になって気温が高くなると元通り元気なつやのある葉になります。一才ユズ 分類: ミカン科ミカン属ユズ類の常緑低木 学名: Citrus hanayu Hort.ex Shirai 原産: 中国の揚子江上流別名: 開花期: 3~5月 収穫期: 10~11月樹高: 2~3m 栽培敵地: 関東地方~九州。(最低温度は0℃) さわやかな香りと酸味をもつ柑橘。ビタミンCがいっぱいフルーツです。 ハナユズは柑橘類の中では比較的寒さに強く、東北地方以南で栽培できます。同じような香りのある酸柑橘にはユズやスダチ、カボスなどがあります。 ■栽培方法 鉢植え/ 苗の植え付けは遥か秋に行います。 6~7号鉢に赤玉6、腐葉土3、砂1の割合で植え込みます。 表土が乾いたら、水を与えます。特に開花中の水切れは落花の原因になるので注意しましょう。 肥料は植え付け1ヶ月後と毎年春先と秋に玉肥3個ほど、鉢の周りに植え込みます。 畑植え/深さ50~60cmくらいの穴を掘り下のほうに堆肥等有機質肥料を入れ込みます。 南向きで風の強く当たらない場所が適当です。 肥料は毎年2~3月頃、乾燥鳥ふん、油粕、硫化カリ等を混ぜて溝を掘り、植えこみましょう。 接木2年苗は普通翌年から結実します。 結実した実は6月下旬から7月上旬に摘果を行います。摘果とは葉5枚あたり1果を残し、小果や傷んだ実、重なりあう実などを摘み取る作業です。 収穫は8月下旬からでき緑色の果実を収穫します。 普通黄色くなるのを待たずに、緑のうちに行い...

久留米ツツジ『暮れの雪』13.5cmポット苗×5本セット

土っ子倶楽部

3,980

久留米ツツジ『暮れの雪』13.5cmポット苗×5本セット

花色鮮やか!鉢植え、庭植え、生垣にと用途多様な久留米ツツジです。 花は小さいが、花付きがすこぶるいい!樹勢強健!江戸時代に福岡県久留米地方で盛んに栽培育種されたので「クルメツツジ」という名があります。現在、約300の品種があります。花色は実に多彩です。刈り込み剪定にも耐えるので、背の低い生垣やグラウンドカバーにも使用できます。 暮れの雪(クレノユキ)は その名のとおり、まるで雪が積もったような純白の花を一面に咲かせます。二重の白花の代表的な品種です。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:13.5cm(4.5号)ポット ・お届け時高さ:約40cm(容器含む) ※5本セットでお届けします。 《育成地》福岡県 《開花》4~5月頃(地域差あり) 《樹高・草丈》1~2m 《科名》ツツジ科 《園芸分類》常緑低木 《用途》鉢、庭 ※寒冷地では落葉することがあります ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ・日向~半日陰で、保水性・排水性のよい土に。鉢植えは、6号鉢以上に1株が目安。 ・水やりは、地表面が乾いたらたっぷりと。とくに夏場の乾燥に注意しましょう! ・剪定は花後すぐに、生垣やグラウンドカバーなど、用途に応じて刈り込み、樹形を整えます。遅れると来年の花付きに影響します。 ・生垣にする場合は、30~50cm間隔植えを目安とします。 単品もチェック! 久留米ツツジ『暮れの雪』13.5cmポット苗 ★この商品にピッタリの鉢はこちら ★この商品にオススメの土はこちら↓鉢植え、庭植え、生け垣に!土っ子倶楽部オススメのツツジ↓ 花色鮮やか!鉢植え、庭植え、生垣にと用途多様な久留米ツツジです。

アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 6号苗【18年入荷株】

千草園芸

3,240

アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 6号苗【18年入荷株】

※写真は見本品です。 17年5月29日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。185d ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では...

【花終わり・花なし】アジサイ 筑紫の風(チクシノカゼ) 5号【18年入荷株】

千草園芸

3,780

【花終わり・花なし】アジサイ 筑紫の風(チクシノカゼ) 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。6月22日現在、花は咲き進み、花は終わってきております。 花が傷み出すと、カットしてお送りする場合がございます。 写真は18年5月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 母の日 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

「大株」アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号苗(e8)

千草園芸

3,240

「大株」アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号苗(e8)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

花木 庭木の苗/キョウチクトウ(夾竹桃):ダブルイエロー(クリーム八重)4号ポット 5株セット

園芸ネット プラス

3,262

花木 庭木の苗/キョウチクトウ(夾竹桃):ダブルイエロー(クリーム八重)4号ポット 5株セット

強健で夏に切れ目なく花を咲かせます花木 庭木の苗/キョウチクトウ(夾竹桃):ダブルイエロー(クリーム八重)4号ポット 5株セット街路樹として馴染み深いキョウチクトウ。真夏の強い日差しにも負けず、5月から10月まで、切れ目無しにたくさんの花を咲かせてくれます。また非常に強健で、排気ガスにも強いので、大きな道路に面するような場所に植えても大丈夫。栽培には全く手がかかりません。垣根や目隠しにもご利用いただけます。ダブルイエローはクリーム色の八重咲き品種です。タイプ:耐寒性常緑低木栽培適地:東北北部、北海道を除く全国開花期:7月~9月日照:日向むき樹高:2~3m栽培方法日当たりのよい場所なら土質は問いません。大気汚染にも強いので、道路際などにもよく植えられます。植え穴に肥料をほどこさずに植付け、十分に潅水します。若木のうちは花をつけにくい場合もありますが、1~2年すれば開花を始めます。よほどやせた土地以外は肥料は不要です。施肥する場合は春から夏に、2ヶ月に1回程度軽く緩効性肥料を根元に施します。若木のうちは寒さに弱いので冬季には根元にわらでマルチングし、霜よけするなど防寒対策をとるとよいでしょう。大きくなれば耐寒性がつきますのでそのままで冬越しできます。剪定は10月下旬に軽く、3~4月に思い切った剪定を行います。4号(直径12cm)ポット入り、樹高約20~30cmです。樹高は多少変動することがあります。また、お届け時期により葉がきれいでない状態の場合があります。写真は成長時のイメージです。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。キョウチクトウ(夾竹桃):ダブルイエロー(クリーム八重)4号ポット 5株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

【秋色・一部花傷み】アジサイ(紫陽花・あじさい) ファーストグリーン 5号鉢(A)【18年入荷株】

千草園芸

3,240

【秋色・一部花傷み】アジサイ(紫陽花・あじさい) ファーストグリーン 5号鉢(A)【18年入荷株】

※写真は見本品です。6月11日現在、花は秋色へと咲き進んできております。 18年5月4日に入荷。木の状態は季節により変化いたします。184eアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】...

【花終わり・花なし】アジサイ スイートアリス ピンク 6号鉢【18年入荷株】(e7)

千草園芸

3,672

【花終わり・花なし】アジサイ スイートアリス ピンク 6号鉢【18年入荷株】(e7)

写真は見本品です。6月19日現在、花は終わりましたのでカットした状態となります。 株を元気にするために直射日光に当てますので、葉焼けすることがあります。 生育には問題ございません。 18年5月11日に入荷・写真撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。185aアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には...

【3ポットセット】「斑入りガクアジサイ」 ポット直径15cm

グリーンロケット

3,240

【3ポットセット】「斑入りガクアジサイ」 ポット直径15cm

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律1780円 ※沖縄、離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 斑入りガクアジサイ(額紫陽花) Hydrangea macrophylla ユキノシタ科(アジサイ科) アジサイ属(ハイドランジア属) 【タイプ】 落葉低木 【鑑賞時期】 花:6~7月 【日照条件】 日向~半日陰 別名:ハマアジサイ 鬱陶しい季節を鮮やかに彩るアジサイ。また春の花の時期が一段落し、庭に花がなくなり寂しくなる時期に美しい花を咲かせてくれます。 斑入りガクアジサイはガクアジサイの斑入り品種で葉にまばらに真っ白な斑が入ります。葉の咲いてない時期でも華やかです。 育て方 日向~半日陰で水はけのよい土壌で育てるのがいいでしょう。 水を好みますので、十分に水を与えて、できるだけ水切れさせないよう注意します。 土壌の酸度によって、花の色が青みが強くなったり赤みが強くなったりします。 品番 【T3032】 同じ品番の商品はコチラ »

【咲き進み、しみあり】アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

千草園芸

3,240

【咲き進み、しみあり】アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

写真は見本品です。6月20日現在、花は咲き進み小さいしみがあります。 18年5月18日入荷。木の状態は季節により変化いたします。185b 同梱可能数5 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ハチジョウチドリ(八丈千鳥)'Hachijouchidori' 近年八丈島で発見された大型のガクアジサイで、関西関東地方では普通のアジサイと同じように落葉しますが、15度以上ある現地では常緑樹となっています。 現地では周年開花し、花期によって額縁咲き、半手マリ咲き、時には手マリ咲きと変化します。 南国の花を思わせる大振りの姿をしています。私の手が小さく見えませんか? (学名)Hydrangea macrophylla 'Hachijochidori' 「アジサイ八丈千鳥」は2009年杉本佳洋氏によって品種登録されています。 泉鳥(イズミドリ) 加茂花菖蒲園さんによって八丈千鳥を基にして露地植えにも向くアジサイとして改良された品種で、八丈千鳥の形質を強く残していますが、花つきがよいとされています。 ガクアジサイに分類されますが、一般的なガクアジサイは中央に両性花の塊があり、 その周りを装飾花が囲んでいますが、両性花と回りの装飾花が、混ざり合うように咲くことが多いようです。 花は咲き始めは純白ですが、土の酸度によって 咲き進むと淡い青色がかった色になることがあります。 花びらは少し先端がとがって反り返り、すっきりとした形が好まれます。 中央の青い両性花は湖、周りの白い八重咲きの装飾花を水鳥に見立てて、 泉鳥という名前がつけられたそうです。...

《実付き!!》【選べる品種】ブルーベリー(5年生)7号ポット株立ち大苗

土っ子倶楽部

3,980

《実付き!!》【選べる品種】ブルーベリー(5年生)7号ポット株立ち大苗

ブルーベリーは、コンテナや鉢植えでも育てられる家庭果樹として、ベランダガーデニングにもおすすめの果樹。その果実にはアントシアニンやポリフェノールが含まれていて、美容と健康にも効果的とされています。 大きく分けてラビットアイ系とハイブッシュ系に分類され、一般的に温かい地域ではラビットアイ系が適し、寒い地域にはハイブッシュ系が向いています。 土っ子倶楽部では、初心者でも栽培しやすい「ラビットアイ系」6品種と、 良質な食味を持つハイブッシュ系の長所をもち、温かい地域でも栽培可能な「サザンハイブッシュ系」2品種をご用意しました。 ※2018年 今夏、結実予定株です。 ※冬季 落葉します。 ・ポットづくりでコンパクトにしあげられた5年生苗です。 ・苗木の生産で有名な田主丸町のブルーベリーです。 ・実付きを良くするために、同系統を2品種以上植えることをお勧めします。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:7号(21cm)ポット ・お届け時高さ:約55~80cm(容器含む) ※高さは品種により差があります。 《育成地》福岡県 《開花》4月頃(地域差あり) 《花色》白~淡い紅 《収穫》6~8月(地域差あり) 《栽培適地》関東以西(サザンハイブッシュ系は東北南部地方以西) 《樹高・草丈》鉢植えで1.5~2m 《科名》ツツジ科 《園芸分類》落葉低木 《用途》鉢、庭 ※気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※ポットの色、形は写真とは異なることがあります。花や実などの写真はイメージです。 鉢植えの場合は10号ほどの鉢に植え替えてください。露地植えにすると大きく成長します。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹用】5リットル おすすめの植木鉢!『果樹ポット』10号鉢(30型・黒・スリット入り)...

【花なし・訳あり商品】アジサイ ポージーブーケ エビータ 5号鉢【18年入荷株】(e8)

千草園芸

3,780

【花なし・訳あり商品】アジサイ ポージーブーケ エビータ 5号鉢【18年入荷株】(e8)

5月31日現在、花は傷んだためカットしております。 花なしとしての少し値下げした販売となります。 プレゼントには向きません。 写真は見本品です。 18年5月4日入荷しました。 状態は季節により変化いたします。 184e ◆紫ピンクの極小輪系の星型八重咲きアジサイ 長くお花を楽しんでいただくための管理方法と、翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 また他のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ ホージーブーケエビータ 学名: Hydrangea macrophylla 'Posy Bouquet Evita' 坂本正次氏によるホージーブーケシリーズの園芸アジサイで「城ヶ崎」育成系統同士による交配によって作出されたものです。 群馬県の坂本正次氏が2003年に品種登録されています。 ポージーブーケシリーズアジサイの育て方...

【秋色・一部傷み】アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

千草園芸

3,456

【秋色・一部傷み】アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年5月1日に再入荷しました。 18年6月4日現在、花は咲き進み秋色になっております。 季節によって状態は変化します。184e-u ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

【花無し・訳あり商品】アジサイ(紫陽花・あじさい) レオン 5号【18年入荷株】

千草園芸

3,888

【花無し・訳あり商品】アジサイ(紫陽花・あじさい) レオン 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 6月8日現在、花が傷んできた為、花をカットしました。 花無しとしての少し値下げした販売となります。 18年5月1日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184e 通常の5号のレオンより、花数も多く ボリュームがあります。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く...

【1年間枯れ保証】【下草】アガパンサス/斑入り 15cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,672

【1年間枯れ保証】【下草】アガパンサス/斑入り 15cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらアガパンサス/斑入り 商品一覧15cmポット3400円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユリ科アガパンサス属の商品アガパンサスアガパンサス/斑入りアガパンサス/青系アガパンサス/白系アガパンサス/アルバアガパンサス/アムステルダムアガパンサス/ピーターパンアガパンサス/ブルートライアンファーターアガパンサス/ポーラーアイスアガパンサス/セナアガパンサス/ブラックパンサーアガパンサス/リリプッドアガパンサス/紫系【アガパンサス/斑入り】(紫君子蘭)読み:あがぱんさす/ふいり学名:Agapanthusユリ科アガパンサス属多年草別名:ムラサキクンシラン【名前の由来】【商品情報】アガパンサスは常緑多年草です。光沢がある根から生える葉と、70~90cmにもなる長い茎の先に咲く花が特徴です。花は6~9月に咲きます。花色が豊富で様々種類があります。冬は暖地以外では地上部が枯れてしまいますが、春になればまた芽吹きます。建物の周りや芝生や縁取り、ボーダー、急な斜面にも利用できます。【育て方】日当たりがよい適湿な場所を好ます。過湿を嫌いますので水遣りは殆ど不要です。花が終わった後は茎を切ってあげます。そのままにしておくと種に栄養がいき体力が落ちます。寒冷地では葉が枯れてしまいます。葉を枯らしたくない場合は、霜よけをすると綺麗に維持できます。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=3~5月or9月剪定時期=4~5月or9~10月開花時期=6~9月果実=無し用途=グランドカバー【その他】アガパンサス/斑入りはクリーム系の外斑が入った品種になります。初夏から夏にかけ楚々とした紫色の花を咲かせます。

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

千草園芸

3,024

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

18年2月17日に入荷・撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。182c-uフジ 【分類】マメ科フジ属の落葉つる性樹木 【学名】Wisteria floribunda 【原産】日本、東アジア、北アメリカ 【別名】ノダフジ 【栽培】耐暑性、耐寒性、耐霜性が大変強く、日当たりが良く排水の 良い土壌を好みます。ただ夏場はよく水をほしがりますので 鉢栽培では腰水をして管理します。 【開花期】4月~5月 【栽培適地】北海道南部以南 【特徴】藤棚栽培されることが多いです。 園芸品種が多く、紫のほか、白、ピンクや花の長いものなどがあります。 初夏に花をつけた後、良く葉を茂らせ夏場に涼しい蔭を作ります。鉢植え栽培や、藤棚などで栽培されます。 肥沃な用土と日当たりを好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 (栽培上の注意)水遣り 水枯れを起こすと、葉が黄色くなって落葉して葉が少なくなり、翌年の花芽もつけにくくなります。 一度乾燥した土は水を与えても浸透しないことが多く、周りに流れたり、下にしみこむ水の道を作って地中に浸透してしまい、必要な地中の用土に水がいきわたらないことが多いので、鉢植えでは植え替えをして根詰まりを無くすようにします。夏場は葉が多くなり、多少の水遣りを増やしてもすぐ乾きますので、鉢を5cmくらいの腰水をして管理するとよいでしょう。1~2ヶ月では根腐れは起こしません。 露地植えの場合は植え込み時に十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、土の保水力を高めておくことが大切です。 保水力の大きい土に植えた木は根の生育も早く水を与えるとすぐに木が吸収して回復...

アベリア ホープレイズ 5本 【RCP】 05P03Dec16

GRANDY

3,801

アベリア ホープレイズ 5本 【RCP】 05P03Dec16

【商 品 説 明】 アベリア ホープレイズ 5本 斑入りの葉と、とてもきれいな白花を咲かせ、花の期間が長いです 光沢のある黄色の覆輪斑入り葉で、冬でも葉色がきれいです 丈夫で育てやすく、生垣や寄せ植えによく用いられます 同規格の商品の発送となります時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 【配送について】 全国一律 1,500円 (5本セットでの送料) 離島の場合は別途料金が必要となりますアベリア ホープレイズ (スイカズラ科 半常緑広葉樹) 丈夫で育てやすく、生垣や寄せ植えによく用いられます。公害や大気汚染にも強い木です。 アベリアは、葉色や花色の違う多くの品種があります。 最終樹高は、1~2m程です。本州、四国、九州での栽培が可能です。 葉は、光沢のある緑色に黄覆輪の斑が入ります。 夏から秋にかけて、釣り鐘状の白い花を咲かせます。 アベリアには葉色や花色の違う多くの品種があります。   ・植付けの適期は、3~4月と9~10月です。ポット苗や仮植物は、この限りではありません。 ・植付けの場所は、日当たり、風通しが良ければ問題ありません。 ・植付けの土質は、特に選びません。あまりにも痩せた土壌では、バーク等を混ぜ込んで下さい。 ・生垣やボーダーとして植える場合、30cm間隔で植えると将来的にバランスが良く綺麗な生垣となります。 ・植付けの穴は、根鉢の1.5~2倍の大きさで堀り植え込んで下さい。 ・植込み時の水遣りは、たっぷりとあげて下さい。 ・植込みの際、根鉢のビニールポットや黒いバッグは、剥がして下さい。麻布は、根鉢の状況により付けたままでも構いません。   ・剪定は、3~5月、9月~11月に行って下さい。樹冠から飛出た枝は、その都度、剪定して下さい。 ・植え込み後1ヶ月程で根付きます...

ホンシャクナゲ『佐藤ホンシャク(後暗み斑)』R956 B3-5 接ぎ木2年目です。 2018年6月13日撮影です

富士園芸楽天市場店

3,980

ホンシャクナゲ『佐藤ホンシャク(後暗み斑)』R956 B3-5 接ぎ木2年目です。 2018年6月13日撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 30cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年6月13日撮影です 商品説明 シャクナゲでは大変めずらしい『柳葉』と言われています。 実生から生まれたそうです。コレクションにいかがですか? 新芽は後暗み系の斑がでます。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品個体 【詳細】ツツジ科 【樹高】30cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4-5月 【撮影日】2018年6月13日撮影です 【商品説明】シャクナゲでは大変めずらしい『柳葉』と言われています。 実生から生まれたそうです。コレクションにいかがですか? 新芽は後暗み系の斑がでます。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

【1年間枯れ保証】【下草】タマリュウ/マット60×30cm 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,888

【1年間枯れ保証】【下草】タマリュウ/マット60×30cm 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらタマリュウ/マット 商品一覧60×30cm3600円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユリ科ジャノヒゲ属の商品オオバジャノヒゲオオバジャノヒゲ/斑入りタマリュウコクリュウヒメリュウリュウノヒゲタマリュウ斑入りリュウノヒゲ斑入りノシラン斑入りノシランノシラン/ビッタータス【タマリュウ】(玉龍)読み:たまりゅう/まっと学名:Ophiopogon japonica'Tamaryu'ユリ科ジャノヒゲ属常緑宿根草【商品情報】タマリュウはリュウノヒゲの矮性種で葉は短く小さく外側に反ります。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。【育て方】半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。肥料を与えるときは枝葉の上から蒔きホウキで落とすようにします。植え付け後は特に手がかかりません。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=円形最終樹高=0.2m施肥時期=2~4月or9月剪定時期=無し開花時期=7~8月果実=12~1月用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 44~100鉢/1m2【その他】タマリュウは昔からあるオーソドックスな品種。綺麗な深緑が庭を引き締めてくれます。

花木 庭木の苗/タヒチクチナシ(ティアレタヒチ)4号ポット

園芸ネット プラス

3,020

花木 庭木の苗/タヒチクチナシ(ティアレタヒチ)4号ポット

タヒチで愛される香りの銘花!花木 庭木の苗/タヒチクチナシ(ティアレタヒチ)4号ポット白く香りの良い花を咲かせるクチナシの仲間、常緑低木でタヒチの国花となっている品種です。ハワイでもレイや髪飾りに使われています。まれに花弁は8枚以上の花が咲き、特に珍品とされています。写真はイメージです。開花は今年もしくは来年以降からとなります。学名:Gardenia taitensis 英名:TahitianGardeniaタヒチ名:TiareTahiti和名: ティアレタヒチタイプ:アカネ科の常緑低木樹高:1m前後開花期:4~7月頃耐寒温度:10度用途:鉢植え日照:日当り栽培方法:5~10月頃までは日当りのよい戸外で管理します。真夏など日差しが強すぎる場合には木陰など軽く遮光できる場所で管理します。低温には弱いので鉢植えで育てます。水やりは、表土が乾き始めたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。肥料は緩効性肥料を1、2ヶ月に1回程度与えます。晩秋から冬にかけては室内に取り込み、10度以上保てる環境で管理します。翌年の春戸外管理へ切り替える際には、徐々に戸外の環境に慣らしていきましょう。突然直射日光へあてると葉やけし、株が傷みます。タヒチクチナシ(ティアレタヒチ)4号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れ苗類のお届け形態について

常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 月光  7号 1m

千草園芸

3,132

常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 月光 7号 1m

写真は見本品です。 写真は18年6月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス 「月光」 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 'Gekkou' 【原産】中国原産の常緑ヤマボウシの実生選抜品種 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花はやや小ぶりで大変花付きが良く、 クリームホワイトの花を枝一面に咲かせます。 秋に甘く熟す実も付きやすく、冬季に赤銅色になる葉色も楽しめます。 たくさんの花が咲いた後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がたくさんなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● ある程度の耐寒性があり、関東地方以南の地域では露地植えは問題ありません。 寒風の強く当たる場所では葉が傷む事があります。 日当たり、水捌けのよい場所を好みます。 自然樹形で、美しい樹形を維持しますから、あまり強い剪定はしないのが基本です。 秋に弱剪定を行います。肥料も好みますから春と秋に与えるようにします。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は、殺菌剤の散布をおすすめします...

久留米ツツジ『麒麟(キリン)』13.5cmポット苗×5本セット

土っ子倶楽部

3,980

久留米ツツジ『麒麟(キリン)』13.5cmポット苗×5本セット

花色鮮やか!鉢植え、庭植え、生垣にと用途多様な久留米ツツジです。 花は小さいが、花付きがすこぶるいい!樹勢強健!江戸時代に福岡県久留米地方で盛んに栽培育種されたので「クルメツツジ」という名があります。現在、約300の品種があります。花色は実に多彩です。刈り込み剪定にも耐えるので、背の低い生垣やグラウンドカバーにも使用できます。 麒麟(キリン)は 花の中心部に濃い色が入る美しいピンク色の二重咲きです。二重の桃花の代表的な品種です。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:13.5cm(4.5号)ポット ・お届け時高さ:約40cm(容器含む) ※5本セットでお届けします。 《育成地》福岡県 《開花》4~5月頃(地域差あり) 《樹高・草丈》1~2m 《科名》ツツジ科 《園芸分類》常緑低木 《用途》鉢、庭 ※寒冷地では落葉することがあります ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ・日向~半日陰で、保水性・排水性のよい土に。鉢植えは、6号鉢以上に1株が目安。 ・水やりは、地表面が乾いたらたっぷりと。とくに夏場の乾燥に注意しましょう! ・剪定は花後すぐに、生垣やグラウンドカバーなど、用途に応じて刈り込み、樹形を整えます。遅れると来年の花付きに影響します。 ・生垣にする場合は、30~50cm間隔植えを目安とします。 単品もチェック! 久留米ツツジ『キリン』13.5cmポット苗 ★この商品にピッタリの鉢はこちら ★この商品にオススメの土はこちら↓鉢植え、庭植え、生け垣に!土っ子倶楽部オススメのツツジ↓ 花色鮮やか!鉢植え、庭植え、生垣にと用途多様な久留米ツツジです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク