メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ニワウメ」検索結果。

ニワウメの商品検索結果全1件中1~1件目

果樹の苗/ユスラウメ:赤実4~5号ポット

園芸ネット プラス

973

果樹の苗/ユスラウメ:赤実4~5号ポット

ごく小さなスペースや鉢でもたくさんの収穫が楽しめる果樹です。春に可憐な白い花を咲かせ、鈴なりの実をつけます。自家結実性あり、きらきら輝く愛らしい実は、ジュージーで甘酸っぱく、ベリー感覚で楽しめます。果実酒にしても美味です。また、塩漬けは風邪の特効薬として利用されます。暑さ寒さに強く、栽培は容易です。ニワウメよりも果実はやや大きめです。タイプ:バラ科の耐寒性落葉低木適地:特に土質は選びません。花期:3~4月収穫:6月中旬~下旬樹高:2~3m栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。乾燥には強い方でして、逆に過湿による根腐れを起こしやすいので水の遣りすぎに注意します。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植え(6~7号鉢)でも育てられます。剪定は冬季に込み合った枝を間引きします。新梢のわき芽が花芽になり、翌春に開花します。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植え、樹高60~110cm前後です。樹高は、お届け時期により多少前後します。お届け時期により開花後となる場合がございます。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。ユスラウメ:赤実4~5号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方苗類のお届け形態について

こちらの関連商品はいかがですか?

果樹の苗/ブドウ:ピオーネ挿木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/ブドウ:ピオーネ挿木苗4~5号ポット

巨峰とカノンホールの交配種で、樹勢が極めて強く枝梢の伸びも旺盛です。果皮は紫黒色で果粒は大粒の短楕円形、1粒13~15gになります。糖度は17~18度、酸味は中位。巨峰よりも肉が締まり味が濃厚です。タイプ:ブドウ科の耐寒性落葉樹(つる性)植付け最適期:11~12月、3~4月開花:6月~7月収穫:9月中旬日照:日向むき受粉樹:不要(自家結実性)仕立て方:棚仕立て、垣根仕立て、棒仕立て用途:庭植え、鉢植え(5号鉢以上)栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、11~12月に、緩効性有機肥料などを施します。チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいのでご注意ください。開花数日前の6月下旬に花房を整理します。開花終了後10~14日で摘房をして葉10枚あたり1花房にします。摘房後は込んでいる部分の果実を取り除く摘粒をします。少なめにしたほうが順調に生育します。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。収穫期になったら熟した果房から順に収穫します。剪定は12月~1月に、前年に伸びた新梢を2~3芽残して切り戻してください。落ち葉や剪定枝などを根元に残すと病気の原因となりますので、清潔に保ってください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植え...

果樹の苗/ブドウ:シャインマスカット挿木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,289

果樹の苗/ブドウ:シャインマスカット挿木苗4~5号ポット

シャインマスカットは、日持ちが良く、マスカット香のある大粒品種。果皮は黄緑色で糖度は約17~20度と高く、皮ごと食べられ、食味は良好です。病害虫に強く貯蔵性に優れ、裂果もほとんどないため、外観のよい高級感があり、将来性が期待される品種です。ストレプトマイシン+ジベレリンで無核生産可能です。タイプ:ブドウ科の耐寒性落葉樹(つる性)果皮色:黄緑色果重:10g糖度:17~20度肉質:崩壊果形:短楕円成熟期:8月中旬~9月中旬日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と11~12月に、根本に有機肥料などを施します。大粒種の場合、自然の状態では果粒数が少なくなりますので、実どまりをよくするために、花の満開時期にジベレリンの100倍溶液に花穂をひたすか、開花直前に花房の先端を1/3ほどきりつめます。また、チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいので、窒素分を控えるのも有効です。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。剪定は12月~1月に、前年に伸びた枝を切り戻してください。お届けする苗は4~5号ポット入りの1~2年生挿木苗、樹高約60~80cmです。結実開始は3~4年後からとなります。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがありますのでご了承くださいませ。また、夏...

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

高砂(たかさご)はアメリカから導入された品種で収穫期が早いのが特徴です。果肉は軟らかく、味は佐藤錦より少し酸味が効いていますが、熟してくると濃厚な味になり豊産です。暖地に向く品種です。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。相性のよい組み合わせはナポレオン、佐藤錦、南陽などです。成熟期は6月中旬頃です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法:よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏...

果樹の苗/ブドウ:マスカットベリーA 挿木苗 4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/ブドウ:マスカットベリーA 挿木苗 4~5号ポット

マスカットとベリーの交配種で、きわめて豊産で家庭でも栽培しやすい品種。日本の赤ワイン用として代表的な品種でもあり、まろやかな味わいと芳醇さが特徴です。果実は青黒色で7g以上、糖度は18度、酸味は中くらいです。自家受粉しますので、1本でも実がつきます。寒さや多湿に強く日本の気候に適しており、庭植え、または鉢植えでも楽しめます。植付け最適期:11月下旬~12月末、3月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花:5月半ば~6月半ば収穫:8月下旬~9月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と11~12月に、根本に有機肥料などを施します。チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいので、窒素分を控えるのも有効です。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。剪定は12月~1月に、前年に伸びた枝を切り戻してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの挿木苗です。結果までの年数は2~4年です。樹高は多少前後することがあります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。写真は結実時のイメージです。ブドウ:マスカットベリーA 挿木苗 4~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

果樹の苗/ブドウ:デラウエア挿木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,259

果樹の苗/ブドウ:デラウエア挿木苗4~5号ポット

誰もが知っている、とても甘い小粒ぶどう。病気も少なく、家庭で栽培しやすい品種です。自家受粉しますので、1本でも実がつきます。庭植え、または鉢植えでも楽しめます。ジベレリンで処理すれば種なしブドウにすることができます。タイプ:ブドウ科の耐寒性落葉樹(つる性)植付け最適期:11~12月、3~4月開花:6月~7月収穫:8月上~中旬日照:日向むき受粉樹:不要(自家結実性)仕立て方:棚仕立て、垣根仕立て、棒仕立て用途:庭植え、鉢植え(5号鉢以上)栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、11~12月に、緩効性有機肥料などを施します。チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいのでご注意ください。開花数日前の6月下旬に花房を整理します。開花終了後10~14日で摘房をして葉5~8枚あたり1花房にします。摘房後は込んでいる部分の果実を取り除く摘粒をします。少なめにしたほうが順調に生育します。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。収穫期になったら熟した果房から順に収穫します。剪定は12月~1月に、前年に伸びた新梢を2~3芽残して切り戻してください。落ち葉や剪定枝などを根元に残すと病気の原因となりますので、清潔に保ってください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm...

果樹の苗/ハスカップ4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,259

果樹の苗/ハスカップ4~5号ポット

独特の風味とさわやかな甘酸っぱさをもつ1cmくらいの果実で、ビタミンCやカルシウムが豊富です。ジュース、ジャム、ゼリー、ワインなど、幅広く利用できます。北海道に自生し、アイヌ民族の不老長寿の秘薬として有名。和名はクロミノウグイスカグラ。実付きをよくするためには2本以上を植え付けたほうがよいでしょう。タイプ:落葉性・耐寒性低木開花期:6~7月結実期:7月~8月樹高:150cm植え付け適期:10月~5月栽培方法:日当たりの良い場所を好み、極端な乾燥地を除き特に土壌を選びません。寒さにはたいへん強いのですが、夏の暑さは苦手なので西日のあたらない場所に植え、夏の間は乾燥させないように注意してください。庭植えの場合は植付け時に腐葉土や堆肥をすきこみます。鉢植えの場合は大き目の鉢に植え、株のまわりに置肥をします。乾燥させないよう、夏の間は毎日水やりするとよいでしょう。年一度、春先に緩効性肥料を追肥してください。挿木または株分けにより殖やすことができます。4~5号ポット入り、樹高約30~60cmの苗です。樹高につきましては、お届け時期により多少前後します。開花・結実は2~3年後からとなります。夏以降のお届けは葉がきれいでない状態の場合がございますのでご了承くださいませ。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。ハスカップ4~5号ポットの栽培ガイド7月のベリー類のお手入れ苗類のお届け形態について

果樹の苗/アンズ:信州大実(シンシュウオオミ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/アンズ:信州大実(シンシュウオオミ)4~5号ポット

信州大実は晩生の大果品種。雨による裂果が少なく、自家結実性の強い品種なので、家庭果樹として最適です。肉質良好、酸味適当で甘味と香気があり、生食・加工兼用種です。栽培は容易です。果重70~120g、熟期は7月中旬です。アンズはバラ科サクラ属の落葉樹。果実の酸味が強く加工用の東亜系と、果実の酸味が少なく生食・加工に使われる欧州系があります。甘酸っぱい実は熟したものを生食するとことのほかおいしく、また干しアンズ、ジャムやシロップ煮に加工されます。クエン酸、リンゴ酸やブドウ糖、ビタミンB1,Cなどが豊富に含まれている健康フルーツです。桃の花に似た薄いピンクの花も美しく、観賞価値があります。自家結実性があり1本でも実をつけますが、1本では結実が不安定です。異なる品種を近くに植えて互いに受粉させるとよく実がつきます。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月収穫:7月中旬樹高:2.5~3m日照:日向むき栽培方法:(一般的なアンズの栽培方法です)比較的冷涼な気候を好みます。乾燥地で排水のよい肥沃な土地が適しています。植付け前に有機物やリン酸肥料を施します。樹形は開心自然系(直立する幹を途中でカットし、横に伸びる2~3本の主枝をつくる)にします。木が若いうちは弱剪定とし、30cm以上伸びた結果枝は12月から1月に3分の1程度を切ります。また、春先に新芽がたくさん出ますので、内側に向いた不要な芽はかきとり、内部に日光があたるようにします。施肥は2月、4月、収穫後の8月、10月に、根元に油粕や鶏糞、緩効性肥料を施します。自家結実性がありますが、近くに別の品種を植えるとより実つきがよくなります...

果樹の苗/アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポット

あけびといえば五葉アケビが一般的ですが、これは珍しい「三つ葉アケビ」です。黒紫の花が特徴で、実は紫色を帯びた長楕円形です。受粉樹には五葉や白アケビをあわせてください。果実が熟すと果皮が裂けて中から白い実があらわれます。甘味のある実はそのままお召し上がりください。若い芽や果皮は油いためや、茹でてごまあえなどにするとおいしくお召し上がりいただけます。タイプ:耐寒性落葉樹(つる性)開花期:4~5月収穫期:10月草丈:10~20m植え付け適期:10月~6月日照:日向むき用途:フェンス、トレリス、鉢植え(あんどん仕立て)栽培方法:日本の原野や山間地に自生していたものなので、栽培は容易です。地植え、または大きな鉢に植え替える場合は、腐植質が多く水はけのよい土に植えます。日当たりを好みますが、半日陰でもよく育ちます。蔓を棚やフェンスにからませて育ててください。蔓は晩秋に1,2本を残して剪定すると、株元がよく育ちます。秋にはうどん粉病、春にはアブラムシがつきやすいので、スミチオン剤などで防除してください。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット植えの実生苗です。受粉樹としては別売の五葉アケビをご利用ください。結実までには3~4年くらいかかります。ポットサイズ、樹高や樹形、幹の太さは、お届け時期により多少前後します。夏~秋、また冬季の落葉前は葉がきれいでない状態となりますのであらかじめご了承ください。写真は結実時のイメージです。※実生で生産を行っている苗のため、四葉や五葉が出てくる場合がございます。また、苗の生産上剪定での管理を行っており、剪定した後の枝に多少の枯れこみなどが見られる場合がありますが、生育には支障はございません。あらかじめご了承ください。アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてアケビの...

果樹の苗/クルミ:オニクルミ(鬼グルミ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,545

果樹の苗/クルミ:オニクルミ(鬼グルミ)4~5号ポット

山野の川沿いによく生える落葉高木です。雌雄同株で、5~6月に開花し、直径3cmほどの小型の実をつけます。殻が厚く、核の中の種子は小さめですが、脂質に富み濃厚な風味で、カシクルミ同様食用になります。滋養豊富です。手がかからず、栽培は容易です。結実開始までに数年かかりますが、成木になると1本で20kg以上収穫できます。1本の樹に雌花と雄花が別々に咲き、株や気候によって雄花と雌花の開花が揃わないことがあるので、異品種や複数本の植え付けをおすすめします。タイプ:クルミ科の耐寒性落葉高木植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:北海道南部以南樹高:6~20m収穫:10~11月栽培方法:比較的冷涼で雨の少ない気候を好みます。日当たりと水はけのよい場所で育てましょう。クルミは柿などと同じく深根性で、苗木は細根がほとんどない状態となります。芽吹きもやや遅めです。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。炭そ病、枝枯病などの病気、クルミミガ、コウモリガ、カイガラムシなどの害虫に注意し、薬剤などで防除してください。収穫方法:10月下旬ころに実が熟します。自然落果もしてきますが、樹上で果皮が割れて中の胡桃が少し見えるようになったら長い棒で枝をたたいて実を落とすと効率よく収穫できます。落ちた実の果皮と果肉を手でむきます。むきづらいものはしばらく置いておくとむけるようになります。胡桃を取り出して洗い、自然乾燥させます。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えです。結実までの年数は約4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。管理上の剪定を行っている場合があります。また、夏~秋のお届け時は葉が落葉していたり状態がきれい...

果樹の苗/ブルーベリー栽培セット:フクベリーとティフブルー4~5号ポット

園芸ネット プラス

6,473

果樹の苗/ブルーベリー栽培セット:フクベリーとティフブルー4~5号ポット

人気の超晩生品種のフクベリーとその受粉樹としておすすめのティフブルーの2本セットです。4~5号ポット入りの苗木2本とブルーベリー用の専用培養土・肥料、果樹の栽培に適したスリット鉢をセットにしてお届けします。互いに受粉し結実しますので、2本を近くに置いて栽培してください。セット内容:ブルーベリー:フクベリー4号ポット1株ブルーベリー:ティフブルー5号ポット1株ブルーベリーの土12リットル入り 1袋ブルーベリーの肥料500g入り 1袋とんでもないポット(スリット鉢)8号サイズ2個品種について:フクベリーラビットアイ系の超晩生種。日本ブルーベリー協会の福田俊氏育成でブルーベリー初の個人での品種登録出願品種です。ラビットアイの中では果皮が薄く、また糖度が高く、収穫後の日持ち性に優れます。大粒で8月半ばから10月半ばまで長期間収穫でき、東北南部から九州まで栽培可能です。ティフブルーラビットアイ系ブルーベリーの代表的な品種のひとつ。比較的暑さに強い暖地むき品種で、関東以西の太平洋側でも庭植えで夏越しをさせることができます。夏の間もよく成長します。九州まで栽培可能です。ティフブルーは強健で木が直立します。果実が大きく、糖度が高くて香りのよい品種。ラビットアイ系のなかでも暑さに強く、7月下旬から8月末に成熟する中生~晩生種です。タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性落葉低木栽培適地:東北南部樹高:1.5~3m植付適期:秋~春(最適期は上記のとおりですが、ポット植えの苗なので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所で、弱酸性土に植えてください。ピートモスやブルーベリー専用土など、土壌を酸性にする用土を混ぜて植え込むとよいでしょう。植え付けの際に堆肥や腐葉土をすきこみます...

果樹の苗/リンゴ:コウギョク(紅玉)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/リンゴ:コウギョク(紅玉)4~5号ポット

アメリカ原産。酸味があってアップルパイやジャム、ケーキに欠かせない品種です。自家製なら少農薬で栽培できます。樹高2m程度で栽培・収穫が可能です。1本の成木に3.3平米あれば大丈夫です。満開後150日くらいで収穫できます。他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培してください。受粉樹としては、デリシャス、ふじ、つがる、王林、世界一、千秋などがおすすめです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し、発生時にはダイセンなどを散布してください。病気は雨にあたった後に発生しやすいので...

果樹の苗/リンゴ:いわい(祝)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/リンゴ:いわい(祝)4~5号ポット

昔なつかしい青リンゴの品種で、収穫は8月上旬から9月上旬頃です。りんごの中でも最も出回り時期が早く、夏の青りんごとして親しまれています。未熟なうちから甘みがあるため、青りんごで出回りますが、完熟させると果皮が縞状に色づき、より一段とおいしくなります。アメリカ原産ですが、明治33年の皇太子御成婚にちなみ「祝」と名づけられたという非常に古い品種。受粉樹が必要ですので他の品種を一緒に植えてください。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:8月~9月上旬樹高:2.5~5m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し、発生時にはダイセンなどを散布してください。病気は雨にあたった後に発生しやすいので...

果樹の苗/サクランボ:紅秀峰(ベニシュウホウ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

果樹の苗/サクランボ:紅秀峰(ベニシュウホウ)4~5号ポット

紅秀峰はポスト佐藤錦と評判の佐藤錦と天香錦の交配品種。糖度20度と最高の甘味を持ち、果重は約10gと大玉で、緻密でしっかり実がしまっており、つややかな赤い宝石のよう。豊産性で品質・外観に優れ、日持ちが良い晩生の優良品種。完熟の味は最高です。自家結実性がある程度ありますが、受粉樹があったほうが実付きがよく、受粉樹には紅さやか、ナポレオン等が適しています。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m開花期:4月収穫期:7月上旬(山形標準)日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期(11月~2月)が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。佐藤錦、高砂は、開花期にあまりずれがありません。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生です。結実までは4~5年程度となります。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがございます。写真は結実時のイメージです。夏以降のお届けは葉がきれいな状態でない場合がございます。またお届け時期により葉に虫食いの跡や幹に多少の傷がある場合がございますのでご了承ください。使用農薬(有効成分):MEP1回、チオファネートメチル1回、塩基性硫酸銅1回、マンゼブ1回、キャプタン1回、ベノミル1回...

果樹の苗/リンゴ:ふじ(富士)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,087

果樹の苗/リンゴ:ふじ(富士)4~5号ポット

「国光」と「デリシャス」の交配種で、甘味と酸味がほどよく、荷重が多くて食味がたいへん優れたりんごの代表的な品種です。家庭でも育てやすいのでおすすめです。満開後150日くらいで収穫できます。果重300~350g、糖度15度です。樹勢は強健で開帳型の樹形となります。他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培する必要があります。他品種との交配和合性の高い品種ですが、特におすすめの品種はデリシャス系、つがる、世界一、千秋、インド、祝などです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し...

果樹の苗/クリ(栗):ぽろたん4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/クリ(栗):ぽろたん4~5号ポット

電子レンジやオーブントースターで加熱するだけで皮がぽろっとむける画期的な日本栗の新品種です。果実は約30gと大実で、実は粉質で甘味、香気があっておいしい上に、加熱すると渋皮を簡単にむくことができます。茨城県の果樹研究所で食味がよく皮がむきやすい栗を目標に、長い年月をかけて交雑・選抜を繰り返して誕生した品種です。食べ方:破裂しないように鬼皮にナイフ等で果肉まで達する程度の傷を数本つけた後、電子レンジ(700W)で2分間または、オーブントースター(180度)で15分間加熱してください。タイプ:ブナ科クリ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国(年間平均気温7度~17度)樹高:3~4m植え時:11月~3月中旬果重:30g収穫:9月上旬~中旬日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。自家結実性はありませんので、2品種以上を一緒に植えてください。肥料が不足すると落果しやすいので、冬の間に有機質の肥料を根元に施します。7~8月頃にネスジキノカワ、モモノメイガの被害が出た場合は、スミチオンかマラソン乳液の1000倍液を2~3回散布します。剪定は冬の間に、太い枝を間引いて内部に太陽光線が入るようにします。収穫・利用法:殻がはじけたら収穫適期です。自然落果したものが最もおいしいので、収穫期には1~2日おきに根元を見回り、収穫します。果実にはクリミガなどの害虫が入りやすいので、なるべく早く収穫しましょう。0度で2週間ほど貯蔵するとより甘みが増します。茹栗、甘露煮、マロングラッセなどに利用を。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木1~2年生苗、樹高約60~90cmです。樹高は、お届け時期により多少前後します。写真は結実時のイメージです。※品種登録されている品種ですので、果実の販売は問題ありませんが...

果樹の苗/イチジク:ロードス4~5号ポット

園芸ネット プラス

3,045

果樹の苗/イチジク:ロードス4~5号ポット

ロードスはギリシャ・ロードス島から導入された品種で、糖度20~30度の極甘品種。実は大きくありませんが、味のすばらしい品種です。秋成り性です。果実は短卵円形で、果肉は鮮やかな紅色です。果重は35~90g。収穫期は8月下旬~10月はじめです。自家結実性なので、1本で実をつけます。樹勢が強いので、施肥は少なめにしてください。剪定も軽めにして中・短果枝が出るようにするとたくさん実がつきます。採りたての無花果の味は格別です。カルシウム、カリウムを豊富に含み、健康食品としても注目されています。樹上で熟したものはとてもおいしく、家庭栽培ならではの贅沢です。タイプ:クワ科の耐寒性落葉樹適地:暖地・一般地向き(年間平均気温が11~15度のところ)樹高:剪定して1.8m用途:庭植え、鉢植え栽培方法:日当たりと水はけのよい場所で育てます。定植後2年目くらいから実をつけはじめます。スペースに制約がある場合は、定植後3年くらいで伸びた枝を半分くらいに切り詰めておきます。あまり剪定しないほうが実付きがよいのですが、伸びすぎた場合は12月~2月に混み合った枝を間引きます。肥料は5月はじめと12月に、有機肥料などを根元に施します。発芽期の3~4月、乾燥する7~8月には庭植えでも水遣りすると枝がよく伸び、実が甘くなります。果実は1枝に8~10個が適当です。実がたくさんつきすぎると栄養不足で成熟しないので、早めに摘果します。カミキリムシがつきやすいので、見つけ次第捕殺します。幼虫は幹に入りおがくずのような糞を外に出すので、枝を切り落とすか穴にスミチオン1000倍液を注入して退治します。樹勢が強いので施肥を少なくして、剪定は軽く、中・短果枝が出るようにします。収穫・利用法:果実が熟して木から落ちる直前がいちばんおいしいので、熟したものから順次摘み取ります...

果樹の苗/プルーン:プレジデント4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

果樹の苗/プルーン:プレジデント4~5号ポット

プレジデントはアメリカから導入された品種。果重70~80gと大実タイプです。楕円形で果皮は青紫色、果肉は黄色でやや固く、糖度15度くらい。品質良好です。樹勢がやや強く直立性・豊産性です。自家不結実性なので他の品種と一緒に植えてください。受粉樹としてはスタンレイ、シュガー、トレンディーなどが適しています。結実期は9月中旬~10月上旬とやや晩生です。プルーンはすももの仲間。西アジア原産の品種が欧米で改良されたものです。生食、干し果、ジャム、プルーンエキスなどに幅広く利用されています。ビタミン、ペクチン、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富で、とても栄養価の高い果物です。すももに似て栽培は容易ですが、地中海地方原産なので、日照時間が多く雨の少ない場所が栽培に適しています。多くの品種は自家受粉しますが、受粉樹として違う品種を2本以上植えていただくとより多く収穫できます。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)樹高:2.5~3m開花:3月~4月収穫:9月中旬~10月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は苦味や酸味が強いので、よく熟してから収穫してください...

果樹の苗/スモモ(プラム):サンタローザ4~5号ポット

園芸ネット プラス

973

果樹の苗/スモモ(プラム):サンタローザ4~5号ポット

サンタローザは日本スモモの代表的な品種。果皮は鮮紅色、果肉は黄色で、糖度15度、1個100~150gの大果です。肉質がよく、酸味が中くらいで品質良好です。花粉が多いので、ソルダムや大石早生の受粉樹としても最適です。収穫は7月中旬~下旬です。自家結実性が強く、1本で実をつけます。スモモは酸っぱいというイメージですが、それは市販の果実が未熟なうちに収穫されているため。家庭で完熟させると、とても甘くてジューシーなフルーツです。桃よりも耐寒性が強く、北海道から九州まで栽培可能。土壌親和性も強く、栽培しやすい果樹です。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月収穫:7月中旬~下旬樹高:2.5~3m日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えで数本植える場合は株間を2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗です。結実開始は4~5年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。スモモ(プラム):サンタローザ4...

果樹の苗/モモ(桃):なつおとめ4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,859

果樹の苗/モモ(桃):なつおとめ4~5号ポット

モモ「なつおとめ」は、「あかつき」と「よしひめ」の交配種。2002年に品種登録されました。中生の優良品種です。糖度が高く無袋栽培に適します。形はほぼ球形で、果実の大きさは230~300gと「 あかつき」より大果で、果皮の色は白地にぼかし状に赤く染まります。果肉の色は白で、肉質はやや密で繊維はやや多い傾向があります。食味、日持ち良好な将来有望品種です。種の周りに紅色が着き、果肉内にも紅色が多く出る ことがあります。果汁の糖度は13~15%で、「 あかつき 」よりもやや高く、酸味は少ないので、より甘く感じられます。渋味の発生はありません。真夏の8月上中旬が収穫期に当たり、果皮の着色も良く、肌荒れも少なく、乙女のような果実になることから、この名前が付けられました。自家結実性があります。果樹研究所育成品種。タイプ:バラ科サクラ属モモ亜属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国果重:230~300g果肉色:白日持ち:良成熟期:7月中旬~下旬(岡山標準)日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25~30枚の葉が必要です。5~6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3~4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5~10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬~9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください...

果樹の苗/サクランボ:佐藤錦4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:佐藤錦4~5号ポット

佐藤錦はナポレオンと黄玉の交配から生み出され、数あるさくらんぼの中でも最高級と評される品種です。糖度14%から20%を超えることもある極甘品種で、酸味も調和し、種が小さいので食べ応えがあります。実は6~10g。樹姿は直立性で、樹勢は旺盛、花の着生も多く豊産性です。結実も安定しています。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。受粉樹としてはナポレオンや高砂が適しています。収穫時期は満開時から40~50日で、一般平暖地では6月上旬から中旬です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m耐寒性:マイナス30度植え付け最適期:12月~3月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期(11月~2月)が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください。※商品のお取り寄せに数日かかる場合がございますのでご了承...

果樹の苗/スモモ(プラム):大石早生4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/スモモ(プラム):大石早生4~5号ポット

大石早生(おおいしわせ)は日本スモモの代表的な品種のひとつ。スモモの中で最も早く結実します。果皮の色は鮮紅色、果肉は淡黄色です。程よい甘酸っぱさで、極早生の優良品種。ソルダムやサンタローザの受粉樹としても最適です。自家結実性がありませんので、異品種を近くに植えてください。暖地に向く品種です。樹形は開帳型です。市販の果実は未熟なうちに収穫されているため酸味が強いのですが、家庭で完熟させると、とても甘くてジューシーなフルーツです。桃よりも耐寒性が強く、北海道から九州まで栽培可能。土壌親和性も強く、栽培しやすい果樹です。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月樹高:2.5~3m収穫:6月中旬~下旬果重:75~115g日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入り苗です。結実開始は約4~5年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。スモモ(プラム)...

果樹の苗/サクランボ:ナポレオン4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:ナポレオン4~5号ポット

ナポレオンは果皮が厚く、すばらしい香りをもち、甘みと酸味が調和して多肉多汁の極上品種。実も大きく豊産性です。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。相性のよい組み合わせは高砂、佐藤錦、香夏錦などです。成熟期は6月末から7月はじめの晩生種です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法:よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉に虫食い跡や斑点があったりなどきれいでない状態の場合がございますのでご了承ください...

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

さくらんぼは一般に夏の高温多湿が比較的苦手なのですが、暖地桜桃は特に暖かい地域で結実性が高いタイプ。実は小粒ですが、毎年よくなり、鈴なりになります。自家結実性がありますので、1本でも植えられます。また、鉢植え栽培もできます。樹勢は強健で、耐病性もあり、家庭園芸用には最適な品種です。成熟期は6月はじめと極早生です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:不要(但しほかの品種を近くに植えたほうがより収量が増えます)日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗で、結実開始は4~5年後からとなります。樹高はお届け時期により多少前後することがあります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合...

果樹の苗/ブドウ:巨峰(キョホウ)挿木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

864

果樹の苗/ブドウ:巨峰(キョホウ)挿木苗4~5号ポット

大粒、黒実でおいしい日本系ぶどうの代表格。病気も少なく、家庭で栽培しやすい品種です。果実は1粒12~15g、糖度は18度です。自家受粉しますので、1本でも実がつきます。庭植え、または鉢植えでも楽しめます。タイプ:ブドウ科の耐寒性落葉樹(つる性)植付け最適期:11~12月、3~4月開花期:6月~7月収穫:8月上旬~9月受粉樹:不要(自家結実性)仕立て方:棚仕立て、垣根仕立て、棒仕立て用途:庭植え、鉢植え(5号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、11~12月に、緩効性有機肥料などを施します。チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいのでご注意ください。開花数日前の6月下旬に花房を整理します。開花終了後10~14日で摘房をして葉10枚あたり1花房にします。摘房後は込んでいる部分の果実を取り除く摘粒をします。少なめにしたほうが順調に生育します。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。収穫期になったら熟した果房から順に収穫します。剪定は12月~1月に、前年に伸びた新梢を2~3芽残して切り戻してください。落ち葉や剪定枝などを根元に残すと病気の原因となりますので、清潔に保ってください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの挿木1...

果樹の苗/カキ(柿):ヒラタネナシ(平核無)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/カキ(柿):ヒラタネナシ(平核無)4~5号ポット

家庭果樹として親しまれ、また庭木としても赤い実や紅葉を楽しむことができる柿の木です。「ひらたねなし」と読みます。果汁が多く、風味は渋柿では最高。肉質極上で、実なりが良く、渋抜きが容易で種も無いため干し柿に向いています。隔年結果性が少ないので家庭用におすすめです。平核無は雌花しか咲かない品種ですが、単為結果性が高く、1本でも実が付き、種子はほとんど形成されません。タイプ:耐寒性落葉高木樹高:2・5~3m収穫:10月上旬~下旬果重:180~220g果皮の色:黄橙果形:偏円結実年数:4~5年日照:日向むき栽培方法植え付け:日当たりさえ良ければ、ほとんどの場所でよく育ちます。落葉直後の12月に植えつけるのが理想です。鉢植えは3月になる前に植え付けます。乾燥に弱いので植え付け前に根を水に1時間ほどつけておきます。縦横40~50cm、深さ30~40cmの植え穴を掘り、掘り上げた土に苦土石灰を混ぜておきます。元肥などを穴に入れ、根に肥料があたらないように土を3cmほど入れてから接木部分が地表に出るように植え付けます。水:植え付け直後に乾燥するようなら与えます。その後は根が深く張るので庭植えでは特に注意する必要はありませんが、基本的に乾燥には強くないので植え付け後は根が活着するまで定期的に与えます。鉢植えの場合は梅雨明け以降の暑い時期に1日2回十分に与えます。肥料:2月と収穫後に速効性の肥料を、12月には有機質の肥料を与えます。鉢植えも有機質肥料や苦土石灰などを十分に施します。受粉/結実:人工受粉は必要ありません。蕾は1/2ぐらいになるように摘み取ります。7月上旬に、1枝に1果を残して他の実を摘み取り、残した実に袋をかけます。鉢植えは1枝に雌花を1~2個残し、実は全体で2~5個残すようにします。十分に赤く色づいたものから収穫します。病虫害...

果樹の苗/キウイ(メス木):紅妃(こうひ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/キウイ(メス木):紅妃(こうひ)4~5号ポット

果実の中心がストロベリーのような紅色に熟す、とっても甘いキウイです。糖度はなんと20度!果実のサイズは80g内外とやや小ぶりですが、なめらかな食味はこれまで味わったことのない美味しさです。授粉用に早咲きタイプの雄木が必要です。早雄など早咲きタイプの雄木ご利用ください。雄木1本で、雌木5~6本を一緒に植えることができます。※紅妃は早咲きのため、早咲き品種の雄木の場合でも地域により開花期がずれる場合がございます。その場合は雄木の花粉を採取して貯蔵するか、市販のキウイ花粉をご利用ください。タイプ:マタタビ科の耐寒性落葉樹(つる性)植えつけ時期:10月中旬~4月下旬 収穫時期:9月中旬~11月中旬 栽培可能地域:南東北から沖縄まで栽培方法:日当たりがよく、できれば西日の当たらない涼しい場所で腐葉土を十分すき込んで植えつけます。油粕に骨粉を混ぜて与えるとよいでしょう。肥料で窒素分が多いと伸長しすぎて、実が熟しきらないことがあるので注意してください。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。毎年つるを長く伸ばしますが、剪定したつるで籠を編んでも素敵です。ヘイワードよりも10日ほど早く収穫できます。※収穫期の昼夜の寒暖差が10~15℃以上ないと赤くならない場合があります。その場合は、鉢植えでお育て頂き、昼はよく日光が当たる場所、夜はできるだけ涼しい場所など、移動させてお育てください。収穫・保存方法収穫は一度に行います。果実を手で持ち、枝の付け根のところを手で押してはずします。収穫したばかりの果実は硬くて酸味が強いので、直ちに紙箱などに入れ...

果樹の苗/ナシ(梨):コウスイ(幸水)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,024

果樹の苗/ナシ(梨):コウスイ(幸水)4~5号ポット

日本梨の赤梨系統の代表的な品種。実は中位の大きさで、果汁が多く、甘みもたいへん多くて樹上で完熟させた果実は極上のおいしい品種です。収穫期は8月中旬~下旬です。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。ただし、「新水」「秀玉」とは交配しないので、ほかの品種をあわせる必要があります。交配品種としては豊水、二十世紀、新興、ヤーリー、ツーリー、晩三吉などがおすすめです。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)果重:250~300g開花期:4月結実期:8月中~下旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、4~5号(直径12...

果樹の苗/キウイ(オス木):早雄(ソウユウ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,862

果樹の苗/キウイ(オス木):早雄(ソウユウ)4~5号ポット

キウイの早咲き系雄木です。紅妃やイエロークイーンなど、開花の早い品種の受粉用雄木としてご利用ください。環境や気候により開花期は変動することがございます。開花期がずれてしまう場合は、雄木の開花時に花粉をとって冷凍保存し、他の雌木が開花した際に人工授粉することもできます。★写真はキウイの実のイメージです。この品種は雄木なので、実はつきません★タイプ:マタタビ科の耐寒性落葉樹(つる性)植えつけ時期:10月中旬~4月下旬 栽培可能地域:南東北から沖縄まで栽培方法:日当たりがよく、できれば西日の当たらない涼しい場所で腐葉土を十分すき込んで植えつけます。油粕に骨粉を混ぜて与えるとよいでしょう。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入りの接木1年苗です。樹高や樹形は、お届け時期により多少異なります。またお届け時期により葉がきれいでない状態の場合がございます。写真はイメージです。※1年生苗は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や小根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。キウイ(オス木):早雄(ソウユウ)4~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてキウイの栽培方法

果樹の苗/モモ(桃):大久保(オオクボ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/モモ(桃):大久保(オオクボ)4~5号ポット

家庭栽培用のモモとして定評のある大玉品種です。収量が多く、栽培容易で大きさは250~280gで玉ぞろいがよく整った円形です。糖度は12度で花粉が多い品種。甘みは中くらいですが、日持ちのよい品種です。離核性(タネと果肉が離れる)です。樹勢はやや弱め、樹形は開帳型となります。花粉が多く、授粉樹としても利用できます。開花から結実までが100日以内と短いので、北海道など寒冷地での栽培にも適しています。加工用として最適な品種です。自家結実性ですので、1本で実が楽しめます。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:2.5~3m植え時:晩秋~早春(ポット入りの苗木の場合は真夏を除いて周年植え付け可能)収穫:7月上旬~中旬日照:日向むき栽培方法:1年生の接木苗で、植えつけから3~4年で結実します。日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25~30枚の葉が必要です。5~6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3~4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5~10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬~9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木苗、結実開始までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後することがあります。また、夏...

果樹の苗/栗(クリ)2種セット:ぽろたんと利平4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,754

果樹の苗/栗(クリ)2種セット:ぽろたんと利平4~5号ポット

丈夫で育てやすい家庭果樹として人気の栗。多くの品種は自家不結実性が強いので、異なる品種を受粉樹として近くに植える必要があります。相性の良い2品種をセットにしました。セット内容:栗(クリ):ぽろたん4~5号ポット× 1栗(クリ):利平(リヘイ)4号ポット × 1ぽろたん電子レンジやオーブントースターで加熱するだけで皮がぽろっとむける画期的な日本栗の新品種です。果実は約30gと大実で、実は粉質で甘味、香気があっておいしい上に、加熱すると渋皮を簡単にむくことができます。茨城県の果樹研究所で食味がよく皮がむきやすい栗を目標に、長い年月をかけて交雑・選抜を繰り返して誕生した品種です。果重30g、収穫9月上旬~中旬。※品種登録されている品種ですので、果実の販売は問題ありませんが、無許諾で苗木等を増殖して販売することはできません。食べ方:破裂しないように鬼皮にナイフ等で果肉まで達する程度の傷を数本つけた後、電子レンジ(700W)で2分間または、オーブントースター(180度)で15分間加熱してください。利平(リヘイ)利平はニホングリと中国グリの雑種の中生種で、果実の大きさは20~25g。甘味が強く、肉質は硬めで食味良好です。耐寒性があり、豊産性です。授粉樹にも適しています。家庭でも育てやすい品種です。樹勢が強い品種です。収穫9月下旬~10月上旬。タイプ:耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え時:11月~2月中旬栽培適地:日本全国(年間平均気温7度~17度)栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。自家結実性はありませんので、2品種以上を一緒に植えてください。肥料が不足すると落果しやすいので、冬の間に有機質の肥料を根元に施します。7~8月頃にネスジキノカワ、モモノメイガの被害が出た場合は、スミチオンかマラソン乳液の1000倍液を2~3回散布します...

果樹の苗/ナシ(梨):ニジュッセイキ(二十世紀)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

果樹の苗/ナシ(梨):ニジュッセイキ(二十世紀)4~5号ポット

日本梨の青梨系統の代表的な品種。実は中位の大きさで、果色が美しい品種です。果重は300~350g。果肉も緻密でやわらかくジューシーです。収穫期は9月上旬~中旬の中生種です。黒斑病に弱いので、袋かけをする必要があります。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。交配品種としては豊水、幸水、新興などがおすすめです。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:9月上~中旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、直径12~15cmポットの接木苗、樹高約50~70cmです。結実開始までの年数は約3~4年です...

果樹の苗/ウメ(梅):なんこう(南高)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,006

果樹の苗/ウメ(梅):なんこう(南高)4~5号ポット

花も実も楽しめ、古くから親しまれてきたホームフルーツ。南高は実が大きく、紀州の梅として有名です。果肉が厚く品質良好な豊産性で梅干用・梅酒用品種として優れています。自家結実性は高くありませんので、他の品種を一緒に植えて受粉させます。受粉樹としては花が多くて花期の長い「甲州小梅」や、「梅郷」「稲積」などがおすすめです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉中高木樹高:2.5~3m栽培適地:熊本地方から青森地方あたりまで植え付け最適期:12月~3月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:6月中旬~下旬日照:日向むき栽培方法:日当たり良く風のあまり当たらない庭が向きます。梅には実梅(実を収穫する)と花梅(鑑賞用で、実は利用できない)があります。殆どの品種は自家結実性がないので、実梅種を2品種以上、一緒に植えるのがコツです。植えつけの翌春、伸びてきた枝の3本を残して主枝として形よく広げ、他の枝は剪定します。翌冬にはこの主枝3本を3分の1ほど切り取り、主枝から出た横向きの枝を伸ばします。これを3年ほど繰り返して、形良く扇形に広がった樹形を作ります。その後はこれらの枝から伸びる短中果枝に実をならせます。実付きをよくするためには、開花期に人口受粉します。庭植えの場合は摘果する必要はありませんが、樹勢が弱っている場合や実のつきかたにむらがある場合は4月下旬頃に摘果して実数を調整します。栄養不足になると落果しやすいので、花後の4月半ば~5月、収穫後の7月はじめ、12月に根元に肥料を施します。梅の実に黒い斑点がつく黒星病が出ることがありますので、4月下旬頃にベンレート水和剤を1,2回散布します。黒い斑点がついても食用にして問題はありません。・収穫・利用法:5月半ばから、青梅を梅酒用に収穫します。梅干用には...

果樹の苗/栗(クリ):美玖里(みくり)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,717

果樹の苗/栗(クリ):美玖里(みくり)4~5号ポット

美玖里は大果で果肉色と食味が優れる中晩生の人気品種。「筑波」の後に収穫できる品種で、果実は約28gと大きく、果皮は美しい褐色です。果肉は黄色で甘味と香気が多く、肉質は筑波よりホクホクした粉質で優れた食味が特徴の有望品種です。樹勢は強く、やや直立性です。高木になりやすいので、整枝せん定等の栽培管理を行い、樹高を制御して下さい。タイプ:ブナ科クリ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国(年間平均気温7度~17度)植え時:11月~3月中旬収穫:9月下旬~10月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。自家結実性はありませんので、2品種以上を一緒に植えてください。肥料が不足すると落果しやすいので、冬の間に有機質の肥料を根元に施します。7~8月頃にネスジキノカワ、モモノメイガの被害が出た場合は、スミチオンかマラソン乳液の1000倍液を2~3回散布します。剪定は冬の間に、太い枝を間引いて内部に太陽光線が入るようにします。収穫・利用法:殻がはじけたら収穫適期です。自然落果したものが最もおいしいので、収穫期には1~2日おきに根元を見回り、収穫します。果実にはクリミガなどの害虫が入りやすいので、なるべく早く収穫しましょう。0度で2週間ほど貯蔵するとより甘みが増します。茹栗、甘露煮、マロングラッセなどに利用を。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木1年生です。結実開始までの年数は約3~4年です。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがありますのでご了承ください。※品種登録されている品種ですので、果実の販売は問題ありませんが、無許諾で苗木等を増殖して販売することはできません。栗(クリ):美玖里(みくり)4~5号ポット の栽培ガイド苗類のお届け形態について果樹研究所育成品種の果樹苗木

果樹の苗/レモン:カリスティーニ5号ポット

園芸ネット プラス

1,570

果樹の苗/レモン:カリスティーニ5号ポット

ギリシャ原産の品種で、果汁はマイヤーレモンと同等に多く、その他の品種より高い傾向にあり、芳香はユーレカ系よりもよいです。収量は連年安定しており、マイヤーレモンと同程度です。レモンは寒さにやや弱いのですが、暖地と太平洋側の一般地なら露地栽培できます。花の香りもよく、庭木として鑑賞用に使っても素敵です。-3度以下にならない場所なら戸外で冬越しできます。自家結実性があるので、1本で実をつけます。庭植えのほか、鉢でも育てられます。タイプ:半耐寒性常緑樹植えつけ時期:10月中旬~5月下旬収穫期:10月~11月日照:日向むき栽培方法:日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで植えつけます。3月と9月下旬に根元に有機肥料などを施します。剪定は3月はじめ、芽が動き出すころに。関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。鉢植えの場合は根の成長が抑えられるため通常よりも早めに、植え付け後2、3年目で実をつけ始めます。庭植えにすると樹勢が強まるため、数年は木が生長するほうに養分がまわり、結実が遅れる場合がありますのでご了承ください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット植えの接木苗です。樹高は、お届け時期により多少前後することがあります。冬季は寒さで多少葉の色が黄色くなったり落葉している場合があります。写真は成長・結実時のイメージです。※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございますが、生育には問題ありません。 レモン:カリスティーニ5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について柑橘(カンキツ)類

果樹の苗/イチジク:ジャンボイチジク4号ポット

園芸ネット プラス

2,125

果樹の苗/イチジク:ジャンボイチジク4号ポット

ジャンボイチジクはフランス原産の最大級のイチジクです。夏秋の兼用種で、夏果の果重は最大で約300gもあります。また果肉は粘質で緻密なとろける様な舌触り、秋果は最高糖度23度ほどと高糖度で甘さも抜群です。果肉が軟らかく、店頭には並ぶことがないため、家庭栽培向きの貴重な品種です。タイプ:クワ科の耐寒性落葉樹植え時:11月~5月適地:暖地・一般地向き(年間平均気温が11~15度のところ)結実期:7月頃と9月頃樹高:剪定して3~4m用途:庭植え、鉢植え栽培方法:日当たりと水はけのよい場所で育てます。あまり剪定しないほうが実付きがよいのですが、伸びすぎた場合は12月~2月に混み合った枝を間引きます。肥料は5月はじめと12月に、有機肥料などを根元に施します。発芽期の3~4月、乾燥する7~8月には庭植えでも水遣りすると枝がよく伸び、実が甘くなります。果実は1枝に8~10個が適当です。実がたくさんつきすぎると栄養不足で成熟しないので、早めに摘果します。カミキリムシがつきやすいので、見つけ次第捕殺します。幼虫は幹に入りおがくずのような糞を外に出すので、枝を切り落とすか穴にスミチオン1000倍液を注入して退治します。・収穫・利用法:果実が熟して木から落ちる直前がいちばんおいしいので、熟したものから順次摘み取ります。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約50~90cmです。結実までは約2~3年くらいです。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがあります。夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございます。冬季は落葉の状態でのお届けとなります。写真は結実時のイメージです。イチジク:ジャンボイチジク4号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態についてイチジクジャムを作ろう!

果樹の苗/クランベリー:アーリーブラック4号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/クランベリー:アーリーブラック4号ポット

赤い実がかわいい小果樹、クランベリー。日本名はオオミノツルコケモモ。細い枝を這うように横に伸ばす、北アメリカの寒冷地に生育するツルコケモモ科の小果樹です。実はジュースや料理用ソース、ドライフルーツ、菓子などに利用され、特に七面鳥料理にはクランベリーソースが欠かせないものとなっています。果実にはアントシアニンやカテキンが含まれ、抗ガン作用のあるフルーツとして注目されています。また、ドライクランベリーには、食物繊維も豊富に含まれるといわれます。家庭での栽培も容易で、小さな鉢植えでも赤い実をつけます。赤い果実の付いている木はかわいらしく、観賞用にもおすすめ。秋の実ものとしても人気です。アーリーブラックは実の大きさは中粒で、生食には向かないですが、ジャムやソースに最適な品種です。学名:Vaccinium macrocarpon `Early Black'タイプ:耐寒性常緑低木適地:日本全国収穫:8月下旬~9月栽培方法:つつじ科の極小木ですので、鉢植えでお楽しみ下さい。日向でも半日陰でも大丈夫です。酸性土を好みますので、ブルーベリー用の酸性培養土や酸度調整をしていないピートモスを混ぜ込んだ培養土に植え込み、水を切らさないように管理します。枝が蔓状に長く伸びますが、長く伸ばしたほうが結実した際に美しいので、なるべく剪定はしないで下さい。自家結実性がありますので、一本の木でも実をつけます。苗ですので、開花・結実は翌シーズンからとなります。年間を通して戸外で栽培できますが、特に冬は戸外で十分に寒さにあててください。これにより花芽が形成されます。現在の鉢に十分根が回ってしまったら、春または秋に植え替えてください。用土はブルーベリー専用土や酸度調整をしていないピートモスなど、酸性の土を使用し、一回り大きな鉢に植え替えていただくか...

果樹の苗/シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポット

沖縄に自生するミカン科の植物です。果実はビタミンC、B1が豊富で、昔から酢のかわりや、香りづけ、ジュースなどに利用されてきました。お料理では三杯酢などに使うと風味が生きます。さわやかなジュースも最高の味。カクテルなどにもぴったりです。寒さに弱いので、露地栽培は関東地方以南の太平洋側が適しています。学名:Citrus depressaタイプ:ミカン科ミカン属の半耐寒性常緑中高木樹高:3~5m開花期:6~7月結実・収穫期:10~11月耐寒性:0度まで日照:日なた栽培方法:土質は特に選びませんが、排水がよく、有機質に富んだ土をご利用ください。常緑樹なので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。肥料は4月、6月上旬、9月中旬に根元に固形肥料などを置き肥します。冬季は0度でも越冬しますが、0度前後になる場所ではなるべく鉢植えにして室内の日当たりのよい場所で管理してください。収穫・利用方法:果実は11月ころに、ピンポン玉程度の大きさになったら収穫します。ジュースや刺身、焼き魚、酢の物にかけたり、レモンの代わりに使います。ジュースはグラス1杯の水に2、3個分の果汁を絞り、ガムシロップや蜂蜜を入れて飲んでください。沖縄では洗濯やしみ抜きにも利用されています。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入り、樹高約70~80cmです。樹高は、お届け時期により多少前後します。 ※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございますが、生育には問題ありません。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について柑橘(カンキツ)類

果樹の苗/なつみ(南津海)4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/なつみ(南津海)4~5号ポット

南津海(なつみ)は山口県大島郡橘町で、カラマンダリンと吉浦ポンカンを交配して生まれた品種。温州みかんよりも一回り大きく、皮は簡単に手でむくことができます。糖度・酸味は温州みかんの1.3倍と甘みが強くおいしいので、伊予柑に代わる中晩生柑の期待の品種として注目されています。露地栽培での収穫期は4月末~5月です。タイプ:ミカン科カンキツ属の半耐寒性常緑低木植え時:9月~11月、3月~4月、6月中旬収穫期:4月末~6月果実の大きさ:130g糖度:12~14度樹高:2~5m適地:暖地向き(耐寒性マイナス5度まで)栽培方法:日当たりと排水のよい場所を好みます。強い風や潮風があたらないように注意します。肥料は年3回、3月、5月下旬~6月、10月~11月に、油粕に骨粉を20%くらい混ぜて置き肥とします。特に、10月下旬頃はたっぷりと施してください。鉢植えの場合は、根が寒害を受けないよう、冬季は2重鉢にするなどして保護してください。そのままにしておくと隔年結果(1年おきにしか実がつかない)となるので、摘蕾・摘果を行います。1個の果実につき、葉が20~30枚になるようにします。また、カミキリムシの被害が出やすいので、7~8月に卵のつく幹の部分にマラソン剤を散布します。また、果実の表面がでこぼこになるそうか病の予防には、入梅前にベノミル剤を散布します。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗です。開花結実は2~3年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後することがあります。冬季は寒さで多少葉の色が黄色くなったり落葉している場合があります。※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございますが、生育には問題ありません。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。なつみ(南津海)4...

果樹の苗/ブルーベリー:ホームベル 5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/ブルーベリー:ホームベル 5号ポット

ホームベルはラビットアイ系ブルーベリーの中でももっとも家庭での栽培向きに普及している品種のひとつです。強健で育てやすい品種です。果実はやや小さめですが、豊産種でたくさん実をつけ、甘い品種です。収穫は7月半ばから8月半ばの中生~晩生種です。比較的暑さに強い暖地むき品種で、関東以西の太平洋側でも庭植えで夏越しをさせることができます。夏の間もよく成長します。九州まで栽培可能です。ラビットアイ系は自家受粉しませんので、必ず品種の違うものを2本以上一緒に植えてください。組み合わせとしては、ウッダード、ティフブルーなどがおすすめです。学名:Vaccinium virgatum 'homebell' タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性落葉低木樹高:1.5~3m植付適期:秋~春(最適期は上記のとおりですが、ポット植えの苗なので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期(関東標準):4月中旬~4月下旬収穫期(関東標準):7月中旬~8月上旬収穫量:1本から最大2~3kg日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所で、弱酸性土に植えてください。ピートモスやブルーベリー専用土など、土壌を酸性にする用土を混ぜて植え込むとよいでしょう。植え付けの際に堆肥や腐葉土をすきこみます。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、12月に緩効性有機肥料を施してください。夏場の乾燥に弱いので、鉢植えの場合は用土の表面が乾いたらたっぷりと水遣りします。庭植えの場合は、夏場乾燥防止のため、根元に腐葉土などで厚くマルチング(覆うこと)するとよいでしょう。3年以内の若い枝の先端を12~1月に切り戻すと、残された葉芽が伸びてよい結果枝となり、収穫量が増えます。特に問題となる病虫害はありませんが、まれにミノムシやイラガが葉を食害することがあるので、見つけ次第捕殺してください...

果樹の苗/ブルーベリー:ウッダード5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/ブルーベリー:ウッダード5号ポット

ウッダードはラビットアイ系ブルーベリー。比較的暑さに強い暖地むき品種で、関東以西の太平洋側で庭植えで夏越しをさせることができます。夏の間もよく成長します。九州まで栽培可能です。ラビットアイ系ブルーベリーは自家結実しませんので、必ず同じラビットアイ系で品種の違うものを2本以上一緒に植えてください。受粉樹としてはティフブルー、ホームベルなどがおすすめです。ウッダードは実が大きく青色で、香りのよい品種。7月半ばから収穫できる早生~中生種です。樹勢が強く、樹形は開帳型で、耐暑性のつよい品種です。タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性落葉低木樹高:1.5~3m植付適期:秋~春(最適期は上記のとおりですが、ポット植えの苗なので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期(関東標準):4月中旬~4月下旬収穫期(関東標準):7月中旬~8月上旬収穫量:1本から最大2~3kg日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所で、弱酸性土に植えてください。ピートモスやブルーベリー専用土など、土壌を酸性にする用土を混ぜて植え込むとよいでしょう。植え付けの際に堆肥や腐葉土をすきこみます。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、12月に緩効性有機肥料を施してください。夏場の乾燥に弱いので、鉢植えの場合は用土の表面が乾いたらたっぷりと水遣りします。庭植えの場合は、夏場乾燥防止のため、根元に腐葉土などで厚くマルチング(覆うこと)するとよいでしょう。3年以内の若い枝の先端を12~1月に切り戻すと、残された葉芽が伸びてよい結果枝となり、収穫量が増えます。特に問題となる病虫害はありませんが、まれにミノムシやイラガが葉を食害することがあるので、見つけ次第捕殺してください。お届けする苗は、5号(直径15cm)ポット入り挿し木苗です。樹高や樹形はお届け時期により多少変動します...

果樹の苗/ナシ(梨):あきあかり4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,570

果樹の苗/ナシ(梨):あきあかり4.5号ポット

あきあかりは2003年に品種登録された日本梨で、400g程度の赤梨です。肉質がち密で多汁、糖度は13%以上です。幸水より日持ちが優れる品種です。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植えてください。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月下旬~9月上旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、4.5号(直径13.5cm)ポット入り、樹高約50~70cmです。結実開始までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください...

果樹の苗/プルーン:ジャンボパープル4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,178

果樹の苗/プルーン:ジャンボパープル4.5号ポット

ジャンボパープルは、プルーンの中でも80~100gと最大級の実が実る品種で、最大では150gほどにもなります。糖度は18度と甘く、自家結実性があり1本でも実がなります。プルーンはすももの仲間。西アジア原産の品種が欧米で改良されたものです。生食、干し果、ジャム、プルーンエキスなどに幅広く利用されています。ビタミン、ペクチン、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富で、とても栄養価の高い果物です。すももに似て栽培は容易ですが、地中海地方原産なので、日照時間が多く雨の少ない場所が栽培に適しています。多くの品種は自家受粉しますが、受粉樹として違う品種を2本以上植えていただくとより多く収穫できます。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月樹高:2.5~3m開花:3月~4月収穫:8~9月日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は苦味や酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は4.5号(直径13.5cm)ポット植えの接木1年生苗です。結実開始間での年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。プルーン:ジャンボパープル4.5号ポット の栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態...

果樹の苗/ウメ(梅):こうしゅうこうめ(甲州小梅) 接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/ウメ(梅):こうしゅうこうめ(甲州小梅) 接木苗4~5号ポット

梅干し、梅漬け用に重宝される品種です。果実は1個4~6gです。花数が多く、自家結実性があるので1本でも実をつけ、開花期間が長いので他の梅の受粉樹としても利用できます。2種類以上を一緒に育てるとよりよく実がつきます。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉中高木樹高:2.5~3m栽培適地:熊本地方から青森地方あたりまで植え付け最適期:12月~3月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:5月下旬~6月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たり良く風のあまり当たらない庭が向きます。植えつけの翌春、伸びてきた枝の3本を残して主枝として形よく広げ、他の枝は剪定します。翌冬にはこの主枝3本を3分の1ほど切り取り、主枝から出た横向きの枝を伸ばします。これを3年ほど繰り返して、形良く扇形に広がった樹形を作ります。その後はこれらの枝から伸びる短中果枝に実をならせます。実付きをよくするためには、開花期に人口受粉します。庭植えの場合は摘果する必要はありませんが、樹勢が弱っている場合や実のつきかたにむらがある場合は4月下旬頃に摘果して実数を調整します。栄養不足になると落果しやすいので、花後の4月半ば~5月、収穫後の7月はじめ、12月に根元に肥料を施します。梅の実に黒い斑点がつく黒星病が出ることがありますので、4月下旬頃にベンレート水和剤を1,2回散布します。黒い斑点がついても食用にして問題はありません。・収穫・利用法:5月半ばから、青梅を梅酒用に収穫します。梅干用には、梅雨の雨に当たった頃の、少し黄色く熟しかけた状態で収穫すると、柔らかな梅干になります。4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木苗、結実までの年数は3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。ウメ(梅)...

果樹の苗/ミラベル5号ポット

園芸ネット プラス

3,663

果樹の苗/ミラベル5号ポット

ミラベルはフランスで人気の果物で、国内では非常に珍しく、プルーンと同じ西洋スモモの仲間です。果実は直径3cmほどと小さいですが、糖度が非常に高く、上品な甘さで香りが強いのが特徴です。果皮は黄金色です。フランスでは生食のほか、ジャムやタルトにも良く使われています。1本では実がつきにくいので、プラムの異品種を受粉樹として近くに植えてください。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花:4月収穫:7月下旬~8月樹高:2.5~3m日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は苦味や酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット植えの接木苗です。結実までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございます。写真は苗木のイメージです。(結実時の写真はご用意がございませんのでご了承ください)ミラベル5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/花梅:思いのまま接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

花木 庭木の苗/花梅:思いのまま接木苗4~5号ポット

香りのよい花が早春から春へ、一輪また一輪と咲くゆかしさがうれしい花木です。栽培が容易で、木の寿命が長く、古木になるほど味わいが出ます。思いのままは野梅性(細枝小葉中輪花)の遅咲き品種。花は八重咲きで白、淡紅色、白地に吹きかけ絞りと咲き分けます。別名「輪違い」です。鉢植えにも適しています。 タイプ:バラ科の耐寒性落葉高木栽培適地:北海道南部以南樹高:5~10m開花期:3月植え付け適期:11月~3月用途:庭植え、鉢植えお届けする苗は接木1~2年生4~5号ポット植え、樹高約90cm~1.1m程度です。開花は1~2年後からとなります。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたしますので、ご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。配送サイズの都合上、一部剪定を行っての出荷になる場合がございますのでその際はご了承くださいませ。※即席ポット植えの商品は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や小根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。■この商品は、下記サービスについてはお受けできない場合があります。・日曜祝日指定・お届け時間帯指定・一部の郡部での日曜・祝日指定なお、北海道・沖縄・離島へのお届け、重量物、宅配便で配送できない商品は、追加送料(実費)をいただく場合がございます。詳しくはお問い合わせください。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。花梅:思いのまま接木苗4~5号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方花梅(ハナウメ)花桃(ハナモモ)木瓜(ボケ)の育て方苗類のお届け形態について

果樹の苗/カキ(柿):あまひゃくめ(甘百目)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/カキ(柿):あまひゃくめ(甘百目)4~5号ポット

百目柿は関東地方を中心に栽培される品種。肉質多汁で、隔年結果性のある甘柿ですが、タネがない部分は渋みがあります。よく実がなり、果肉にはゴマ斑が入ります。(多くの柿は自然の状態では実がたくさんつく年の翌年は実がつかない、という隔年結果性をもちます。多くつく年に剪定して結実数を調整することにより、ある程度平均化することができます)関東以南の広い地域で栽培できる品種です。甘百目はある程度自家結実性がありますが、受粉樹として雄花をつける禅寺丸、筆柿、西村早生などの品種を近くに植えつけておけば、より収量が増えます。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫:10月下旬から11月上旬の晩生種日照:日向むき結実年数:4~5年果皮色:橙実の大きさ:大(240-160g)栽培方法植え付け:日当たりさえ良ければ、ほとんどの場所でよく育ちます。落葉直後の12月に植えつけるのが理想です。鉢植えは3月になる前に植え付けます。乾燥に弱いので植え付け前に根を水に1時間ほどつけておきます。縦横40~50cm、深さ30~40cmの植え穴を掘り、掘り上げた土に苦土石灰を混ぜておきます。元肥などを穴に入れ、根に肥料があたらないように土を3cmほど入れてから接木部分が地表に出るように植え付けます。水:植え付け直後に乾燥するようなら与えます。その後は根が深く張るので庭植えでは特に注意する必要はありませんが、基本的に乾燥には強くないので植え付け後は根が活着するまで定期的に与えます。鉢植えの場合は梅雨明け以降の暑い時期に1日2回十分に与えます。肥料:2月と収穫後に速効性の肥料を、12月には有機質の肥料を与えます。鉢植えも有機質肥料や苦土石灰などを十分に施します。受粉/結実...

果樹の苗/ブドウ:ロザリオビアンコ接木苗4号ポット

園芸ネット プラス

3,777

果樹の苗/ブドウ:ロザリオビアンコ接木苗4号ポット

ロザキとマスカット・オブ・アレキサンドリアの交配品種。果皮は黄緑色で、糖度20度と甘く、食味最高です。庭植え、または鉢植えでも楽しめます。自家結実性です。タイプ:耐寒性落葉樹(つる性)植付け最適期:11月下旬~12月末、2~3月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)耐寒性:マイナス30度まで開花:5月半ば樹高:5~10m(つる性)収穫:8月上旬~10月上旬栽培方法日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合はなるべく深く穴を掘り、有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えの場合も同様になるべく深い鉢を選んで植えてください。植え付け後は3~5芽を残し、地際から30cmくらいのところで切戻し、支柱を立て、枝を誘引して止めつけます。仕立て方としてはまっすぐの棒に巻きつけるように上方に伸ばす棒仕立て、またはぶどう棚や垣根に誘引する仕立て方があります。鉢植えの場合はあんどん仕立てにすると良いでしょう。肥料は3月と11~12月に、根本に有機肥料などを施します。大粒種の場合、自然の状態では果粒数が少なくなりますので、実どまりをよくするために、花の満開時期にジベレリンの100倍溶液に花穂をひたすか、開花直前に花房の先端を1/3ほどきりつめます。また、チッソ肥料が多すぎると葉ばかり茂って実がつきにくいので、窒素分を控えるのも有効です。花後に結実した実には袋かけをして、病虫害や鳥害から守ります。剪定は12月~1月に、前年に伸びた枝を切り戻してください。お届けする苗は4号ポット入りの接木苗です。結実開始は2~3年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください。...

果樹の苗/ナシ(梨):かほり接木苗4号ポット

園芸ネット プラス

2,404

果樹の苗/ナシ(梨):かほり接木苗4号ポット

梨の中でも最大級の大玉品種。実の大きさは1個550~2300gと子供の頭くらいあります。しかも芳香があり、糖度も16度と梨の中でも最高の甘さでおいしい品種です。収穫期は10月上旬~下旬の晩生種です。果実はあまり日持ちしないため、店頭には出回りません。家庭での栽培ならではの味覚をお楽しみください。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。交配品種としては新興、豊水、二十世紀などがおすすめです。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月中~下旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は...

果樹の苗/ブルーベリー:おおつぶ星接木苗5号ポット

園芸ネット プラス

3,742

果樹の苗/ブルーベリー:おおつぶ星接木苗5号ポット

耐暑性が高く乾燥に強いラビットアイ系の台木に接木したサザンハイブッシュ系ブルーベリーの国産品種です。これまで、ブルーベリーはすべて海外で育成された品種でしたが、この「おおつぶ星」とその兄弟品種「あまつぶ星」は日本ではじめて生まれた話題の品種。寒冷地向きのハイブッシュ系ですが、暑さにも強く、内陸部など夏場の気温が高くなる場所でも露地栽培できます。樹勢が強く土壌適応性が広いラビットアイ系品種を台木にして接木した特別な仕立てとなっており、暖かい地域や地植えでもより栽培しやすくなりました。おおつぶ星は群馬県園芸試験場が開発した大粒で食べ応えのある人気品種です。ほど良い酸味と甘味があり、美味しく食べられます。ブルーベリーの摘み取り園で大人気の品種。あまつぶ星と開花時期が同じですので、混植すると実付きが良くなります。タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性落葉低木樹高:1.5~3m植付適期:秋~春(最適期は上記のとおりですが、ポット植えの苗なので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)樹形:中間開花期(関東標準):4月中旬~4月下旬収穫期(関東標準):6月中旬~7月中旬収穫量:1本から最大2~3kg日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所で、弱酸性土に植えてください。ピートモスやブルーベリー専用土など、土壌を酸性にする用土を混ぜて植え込むとよいでしょう。植え付けの際に堆肥や腐葉土をすきこみます。肥料は3月と収穫後に速効性化成肥料を、12月に緩効性有機肥料を施してください。夏場の乾燥に弱いので、鉢植えの場合は用土の表面が乾いたらたっぷりと水遣りします。庭植えの場合は、夏場乾燥防止のため、根元に腐葉土などで厚くマルチング(覆うこと)するとよいでしょう。接木の台木から伸びるシュート(根元から伸びる太い芽)はそのままにしておきますと台木のほうに栄養が...

果樹の苗/キウイ(メス木):紅心(こうしん)4.5号ポット

園芸ネット プラス

2,158

果樹の苗/キウイ(メス木):紅心(こうしん)4.5号ポット

紅心(こうしん)は酸味が少なく、滑らかな口当たりで美味しい品種です。黄肉種ですが中心に少し赤い色素が入る場合もあります。別名、レッドプリンセスとも呼ばれます。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。キウイは雄雌異株のため、受粉用として雌木に雄木が必要です。紅心は早生品種ですので、雄木も早生系品種をあわせてください。雄木の品種は早雄がおすすめです。※早咲き品種の雄木の場合でも地域により開花期がずれる場合がございます。その場合は雄木の花粉を採取して貯蔵するか、市販のキウイ花粉をご利用ください。タイプ:マタタビ科の耐寒性落葉樹(つる性)植えつけ時期:10月中旬~4月下旬収穫時期:9月中旬頃~11月中旬頃栽培可能地域:南東北から沖縄まで栽培方法:日当たりがよく、できれば西日の当たらない涼しい場所で腐葉土を十分すき込んで植えつけます。油粕に骨粉を混ぜて与えるとよいでしょう。肥料で窒素分が多いと伸長しすぎて、実が熟しきらないことがあるので注意してください。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。毎年つるを長く伸ばしますが、剪定したつるで籠を編んでも素敵です。ヘイワードよりも3週間ほど早く収穫できます。収穫・保存方法収穫は一度に行います。果実を手で持ち、枝の付け根のところを手で押してはずします。収穫したばかりの果実は硬くて酸味が強いので、直ちに紙箱などに入れ...

果樹の苗/スモモ(プラム):彩の姫(さいのひめ)4.5号ポット

園芸ネット プラス

2,976

果樹の苗/スモモ(プラム):彩の姫(さいのひめ)4.5号ポット

彩の姫は薄い黄色の美しい果実で、糖度15~18度とごく甘い品種です。完熟すると果皮は赤く色づきますが、他の赤系の品種に比べると色はやや薄めです。酸味が少なく、香りもすばらしく、まるで桃のような味わいで、食味良好です。果重100g~120gです。収穫時期は7月上~中旬で豊産性です。比較的自家結実性がありますが、他の品種と組み合わせるとより実付きがよくなります。受粉樹としてはビューティ、サンタローザなどがおすすめです。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月収穫:7月上旬~中旬樹高:2.5~3m日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗です。結実までの年数は約4年くらいです。樹高や樹形はお届け時期により多少前後します。苗により曲がりなどがある場合があり、管理上の剪定を行っている場合があります。また産地の管理上、主幹を切り戻して育成している場合がございます。夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。写真はイメージです。※商品のお取り寄せに数日かかる場合がありま...

花木 庭木の苗/ホンコンドウダンツツジ:ピンクシャンデリア4~4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,259

花木 庭木の苗/ホンコンドウダンツツジ:ピンクシャンデリア4~4.5号ポット

ホンコンドウダンツツジはドウダンツツジの仲間。中国の春節(旧正月)には必ずこのドウダンの枝を玄関に飾り、正月を迎えるといわれます。花はドウダンツツジの中では最大級で、厚みのある花弁は光沢がありロウザイクのよう。ボリュームもあり、たいへん美しい品種です。タイプ:ツツジ科の耐寒性半常緑低木樹高:1~3m開花期:2~4月植え付け適期:10~11月、2~3月用途:鉢植え、庭植え日照:日なた栽培方法:日当たりの良い場所で、排水のよい土に植えてください。暖地では常緑ですが日本では半常緑~落葉となります。寒さには比較的強くマイナス2~5度くらいまでは十分耐え、露地植えも可能です。露地植えの場合には、ピートモスと鹿沼土をよく混ぜて植えつけてください。鉢植えの場合には深鉢をご使用いただくとよいです。肥料は春、秋の年2回根元に緩効性肥料を施し、状態によっては適宜追加してください。剪定は新芽の伸びかけた6月頃に行ってください。お届けする苗は、4~4.5号(直径12~13.5cm)ポット入り樹高約30~50cmです。樹高は多少変動することがあります。写真右は開花時のイメージです。4月以降は開花後のお届けとなる場合があります。ホンコンドウダンツツジ:ピンクシャンデリア4~4.5号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方屋上とベランダでのガーデニング その2 植栽の実際苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/花桃:源平桃(ゲンペイモモ)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,820

花木 庭木の苗/花桃:源平桃(ゲンペイモモ)4~5号ポット

白地に紅絞りの美しい、大輪の八重咲き花桃です。庭園樹、盆栽や鉢植えに人気の品種。タイプ:耐寒性落葉小高木開花期:4月樹高:3m植え付け適期:10月中旬~5月中旬植栽適地:東北地方以南日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。深く植えると木の寿命が短くなるので、やや浅めに植え込みます。用土は、排水の良いものであれば特に土質は選びません。12月~2月に根元に寒肥として堆肥や化成肥料をほどこしてください。お届けする苗は接木1年苗4~5号ポット植え、樹高約80cm~1.2mです。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたします。開花は1~2年後からとなります。苗により咲き分けには程度の差がございます。また苗が若いうちは花色に偏りが見られる場合もございます。写真は成長・開花時のイメージです。配送サイズの都合上、一部剪定を行っての出荷になる場合がございますのでその際はご了承くださいませ。■この商品は、下記サービスについてはお受けできない場合があります。・日曜祝日指定・お届け時間帯指定・一部の郡部での日曜・祝日指定なお、北海道・沖縄・離島へのお届け、重量物、宅配便で配送できない商品は、追加送料(実費)をいただく場合がございます。詳しくはお問い合わせください。※即席ポット植えの商品は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や小根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。花桃:源平桃(ゲンペイモモ)4~5号ポットの栽培ガイド花梅(ハナウメ)花桃(ハナモモ)木瓜(ボケ)の育て方苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/ヒメイチゴノキ(アルブタス):白花4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

花木 庭木の苗/ヒメイチゴノキ(アルブタス):白花4~5号ポット

南ヨーロッパ原産のツツジ科の常緑中低木です。花木としても美しく、また赤い実が長く楽しめ、食用にも利用できる人気の樹木です。秋に橙色から紅色に熟するイチゴのような実をつけます。また、壷型の白の花、光沢のある葉、ブッシュ型の自然樹形が美しく、庭園果樹として注目されています。学名:Arbutus unedo 'Compacta'タイプ:ツツジ科の耐寒性常緑低木樹高:約2.5m植え時:3月~5月、9月~11月適地:庭植えは関東地方以南(寒冷地では鉢植えで冬季防寒要)栽培難易度:初級開花期:12月頃収穫:9月~10月栽培方法:日当たりと排水のよい場所で育てましょう。強健で、栽培はきわめて簡単です。自然のままで樹形がきれいにまとまりますので、剪定はほとんど不要です。2~3年おきに木の内部の細枝を切り取り、樹幹を乱す長く伸びた枝を刈り取る程度で十分です。11~12月頃に翌年の花芽ができますので、刈り込みにはご注意ください。肥料は3月、10月~11月に、油粕に骨粉を20%くらい混ぜて置き肥とします。収穫・利用法:黄色く熟した実を摘み取り、ジャムや果実酒にします。4~5号(直径12~15cm)ポット植え、樹高約40~70cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがあります。秋~冬のお届けの際は、葉があまり美しい状態ではない場合がございますので、ご了承ください。写真は成長時のイメージです。※商品の取り寄せに数日かかる場合がございます。ヒメイチゴノキ(アルブタス):白花4~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/ハイブリッドツツジ:吉野4~5号ポット

園芸ネット プラス

653

花木 庭木の苗/ハイブリッドツツジ:吉野4~5号ポット

吉野(よしの)は日本で生まれた有鱗片シャクナゲの傑作で、シャクナゲとツツジの交配から生まれた品種です。ツツジ類の中でも最もつややかなピンク色の人気品種。庭木、生垣、鉢植えにむいています。タイプ:耐寒性半常緑低木栽培適地:北海道南部以南樹高:約2~3m開花期:3月下旬~4月中旬植え付け適期:10~3月日照:日向むき用途:庭植え、鉢植え栽培方法日当たり、水はけのよい場所に腐葉土をたっぷり施して植えてください。やや盛り土気味に植え付け、根元はピートモスなどで覆って乾燥防止してください。剪定は可能ですが、自然樹形のままのほうがきれいにまとまります。花芽分化は7~8月なので、この頃以降はなるべく枝を切らないようにしてください。肥料は、1~3月に寒肥として根元に腐葉土などを施し、花後の5月、7月下旬から8月上旬、10月にそれぞれ追肥として緩効性化成肥料を施してください。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット入り、樹高約30~60cmです。樹高は入荷時期により多少変動します。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合がございます。ハイブリッドツツジ:吉野4~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/カメリア:エリナカスケード4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,488

花木 庭木の苗/カメリア:エリナカスケード4~5号ポット

中国から導入した野生椿の改良品種で、全く新しい魅力を持つ椿の仲間です。耐寒性があり日陰にも強く、細い枝と細長い葉に風情のある常緑樹。9月から花芽がたくさんつきはじめますが、開花は3月頃からで、直径1cmほどの淡い桃色の花を鈴なりにつけた姿は見事です。新芽は赤みを帯び華やかな雰囲気です。切枝素材にも向いています。椿につきやすい害虫のチャドクガがつきにくいのも特徴です。埼玉県の芝道昭氏育成。カスケードは枝垂れ性のタイプです。タイプ:ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑低木学名:Camellia'Elina Cascade'樹高:2~3m開花期:3月~植え付け適期:9~10月、2~4月栽培適地:東北地方南部以南(寒風には弱いので寒い地方は北風が当たらず、日当たりが良い場所か鉢植えで冬季は屋内に取り込んでください)日照:日向または半日陰(開花するようになると日向のほうが適しています)栽培方法:日当たり、水はけの良い場所を好みます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。2~3月に寒肥として、油粕や骨粉を根元に施します。剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cmポット)樹高約60~80cmの苗です。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたしますので、ご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。※種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。何卒ご了承くださいませ。 カメリア:エリナカスケード4~5号ポットの栽培ガイド花木...

果樹の苗/カキ(柿):イチダガキ(市田柿)4号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/カキ(柿):イチダガキ(市田柿)4号ポット

市田柿は甘味が強く食味に優れた中生の渋柿で、さわし柿用として優れています。果重約110~130g。成熟期は10月下旬~11月中旬です。雌花がつきやすい品種です。自家結実性があります。タイプ:カキ科の耐寒性落葉高木植え時:晩秋~早春(ポット植えの苗木の場合は、真夏を除きほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:北関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)樹高:2.5~3m樹形:中間タイプ収穫:10月下旬~11月中旬日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。・収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。4号(直径12cm)ポット植え接木1~2年生です。結実までの年数は約4~5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。...

花木 庭木の苗/ヤマボウシ:ミルキーウェイ4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,413

花木 庭木の苗/ヤマボウシ:ミルキーウェイ4~5号ポット

美しい樹形、清楚な花が庭木として人気です。ミルキーウェイは園芸種で、花付き・実つきがとてもよい品種です。5月下旬~6月頃に十字形の白い清楚な花が美しい品種です。咲き始めは緑色、だんだん白くなります。花つきがよく、花が大きく多花性なので見ごたえがあります。葉やけもしにくく、秋には実が赤く熟し、紅葉も楽しめます。耐寒性も強く、ハナミズキの植えられない寒冷地にも適しています。樹勢も強い品種ですが、やや風に弱いので強風の吹く場所は避けてください。日当たりのよい場所でも大丈夫ですが、少し日照時間が少ないような、家の北側などに植える庭木としてとても向いています。タイプ:ミズキ科の耐寒性落葉高木栽培適地:東北地方以南樹高:5~8m開花期:5~7月植え付け適期:11月~4月上旬用途:庭木、鉢植え栽培方法:よく日のあたる場所を選びますが、西日が強くあたる場所はさけてください。完熟堆肥などをたっぷりとすきこんで植え付けます。マルチングをして保水をよくすると根つきがよくなります。樹形は自然に整うので、剪定は込みすぎた枝を1~2月に払う程度で大丈夫です。花つきをよくするため、毎年2,5,8月に肥料を施してください。自家結実性があります。・収穫・利用法:秋に赤く色づいた実を収穫します。生でも食べられますが、ジャムにすると美味です。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入り、樹高約60~80cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたします。夏以降は葉がきれいでない状態の場合があります。冬季は落葉の状態でのお届けとなります。写真は成長・開花時のイメージです。※即席ポット植えの商品は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や小根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。ヤマボウシ:ミルキーウェイ4...

スポンサーリンク
スポンサーリンク