メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ナンテン木」検索結果。

ナンテン木の商品検索結果全142件中1~60件目

南天(ナンテン)  LL

千草園芸

3,780

南天(ナンテン) LL

写真は見本品です。 写真は17年9月15日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。179a-u 送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です...

ブラックフライデー
シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

インターフェース市

1,382

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

●ポットサイズ 5号(15cm) ●高さ 30cm内外 ※3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉しますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません) 別名 - 科名・属名 メギ科 ナンテン属 成木の樹高 1m~3m前後 栽培適地 東北以南 樹形 常緑低木 花の時期 5月~6月 葉の時期 1月~12月 実の時期 12月~2月 商品の特徴 冬でも明るい涼しげなライムグリーンで庭の植木たちが寂しげな冬 に明るい葉色は重宝します。洋風ガーデンにも良くあうカラーリーフ です。 ナンテンの木は、難を転ずるに音が通ずることから縁起の良い木と して玄関脇などに植えられてきました。 ※写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。 また、季節によって木の状態は変化します。●3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉し葉がほとんどなくなりますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません)注)商品の問い合わせは「商品についての問い合わせ」ボタンから問い合わせください。(店舗からお送りしたリターンメールの問い合わせのは自動で「既読になり」返答がもれますのでご了承ください)

ブラックフライデー
お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 庭木 グランドカバー 低木

Amazon

948

お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 庭木 グランドカバー 低木

●品種の特徴 オシャレなお庭には必ずと言っていいほど植わってますね。私も数々のお庭を見て来ましたが、まさに「お庭の名脇役」!和洋問わず、下草には必ずこの木がいます。それもそのはず、お多福ナンテンは地味に思われがちなグランドカバーの中で、「紅葉の変化」があることから、季節によって景観が変わります。それと、「とにかく丈夫な常緑樹」であるということ。よほどのことが無い限り、この木が枯れてしまうなんてことはありません。花ひろばオンラインのお多福ナンテンは基本的にポット苗ですが、ボリュームが他のとは全然違います。5株ほどアプローチに平行に植えるだけでとってもオシャレ! まぁ、これは私の個人的な意見ですが、シンボルツリーの周辺の株回りにお多福ナンテンを植えることで、ご近所さんも憧れのお庭に大変身するでしょう! ●商品の形状 苗木はポット苗です。ポット部分も含め、高さ0.2m前後くらい。こちらの商品は地植えでも鉢植えでも栽培が可能です。 1梱包に1本まで小梱包でのお届け。2本から11本まで通常梱包でのお届けです。 ※その他のグランドカバー向け植物はこちらから 植栽適地 北海道~沖縄 最終樹高 0.5m ※グランドカバー向け 常緑低木 栽培用途 グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten メギ科ナンテン属 育てやすさ 初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、萌芽力強い、刈込に耐える

南天(ナンテン)「オブセス」5号(c17)

千草園芸

2,484

南天(ナンテン)「オブセス」5号(c17)

※写真は見本品です。 写真は17年10月24日再入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1710d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。...

ブラックフライデー
南天(ナンテン)「トワイライト」 5号(e17)

千草園芸

2,646

南天(ナンテン)「トワイライト」 5号(e17)

17年9月19日に入荷。 状態は季節によって変化いたします。 179c 白い発色は下の写真(12月)のように季節によってはあまり表れないときがございます。 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。...

ブラックフライデー
赤南天(アカナンテン) 12号鉢植え

千草園芸

6,696

赤南天(アカナンテン) 12号鉢植え

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは約1.2~1.4mです。 季節によって状態は変化します。163b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 10号サイズはこちら 他の南天はこちら 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われ...

ブラックフライデー
赤南天 6号鉢植えr

千草園芸

1,782

赤南天 6号鉢植えr

※木の成長により植え替えで、鉢のサイズが 大きくなる場合がございます。 写真は17年9月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが...

ブラックフライデー
【ポイント5倍!11/24 10:00~11/27 9:59まで】オタフクナンテン (おたふくなんてん)【RCP】

アヤハディオ ネットショッピング

906

【ポイント5倍!11/24 10:00~11/27 9:59まで】オタフクナンテン (おたふくなんてん)【RCP】

夏場はライムグリーンで、晩秋から冬場に赤く紅葉する矮性の南天です。あまり大きくならないのと、葉色の美しさから、グランドカバーや植木の根締め用によく利用されます。実はなりません。葉色が美しいカラーリーフとしてお楽しみください。また南天は「難を転ずる」の語呂から縁起木として、鬼門や玄関先に植えられます。植え場所:日当たりが良く水はけが良い場所に植えてください。 半日陰でもよく育ちますが、冬場の紅葉が美しく出ない場合があります。 バーク堆肥や腐葉土を植え付け穴にいれると良いでしょう。 水やり:庭植えの場合は一度根付けば特に必要ありませんが、乾燥状態を見て与えます。 鉢植えの場合は鉢土の表面が乾けば、鉢底かえら水が流れるほどたっぷり与えます。肥料:1月~2月に株の周りに油粕等を寒肥としてすきこみます。 剪定:特に必要ありません。剪定しなくても自然な樹形になります。 【品種】メギ科 ナンテン属 常緑低木【サイズ】高さ(鉢底からの):約30cmポット(直径)サイズ:15cm※画像はイメージです。枝ぶりは個体差があります。※お届けまで1週間程かかります。※園芸植物と一般商品の同梱はできません。【サイズ】高さ(鉢底からの):約30cmポット(直径)サイズ:15cm※8本まで送料は同じです。まとめ買いがお得です。※画像はイメージです。枝ぶりは個体差があります。※お届けまで1週間程かかります。メーカー:(株)アヤハディオ【庭木 ナンテン お多福南天】 【g-hanaki】

ブラックフライデー
【マホニア コンフューサ】9号プラ鉢入り 樹高0.8m前後  細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

植木生産販売専門店 芝樹園

3,542

【マホニア コンフューサ】9号プラ鉢入り 樹高0.8m前後 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

お届けの 商品の状態 樹高0.8m前後(根鉢を含む) 9号(直径約27センチ)プラ鉢入り 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 まほにあ こんふゅうさ、ほそばひいらぎなんてん、なりひらひいらぎなんてん、まほにあ こんふうさ 、こんふーさ、こんふゅーさ 商品の特徴 【科属名】 メギ科マホニア属属の常緑低木です。 【花期】 11月頃です。 【用途】 グランドカバー、庭園、寄せ植え、生垣などに利用される。 【特徴】 近縁種のヒイラギナンテンに比べ、て羽状複葉の小葉が細長く、棘がないため、繊細な雰囲気があり、洋風の庭に良く似合いやさしい雰囲気をかもし出し、最近人気が高い。 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられています。 日当たりの良い場所を好みますが、日当たりの悪い場所でも育ちます。 露地栽培は南東北地方以南で可能です。 花の少ない時期に枝先に黄花を咲かせる。 病害虫は少ない。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任栽培でもある程度は樹形は整います。 形を整える場合は、開花後に剪定をする。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 施肥をしなくても育ちますが、1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1品を入れて発送になります。 なお、他のサイズの小さな商品で同一梱包にて発送できる品も有ります

ブラックフライデー
【マホニア コンフューサ】樹高90cm前後 根巻き苗 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

植木生産販売専門店 芝樹園

2,138

【マホニア コンフューサ】樹高90cm前後 根巻き苗 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

お届けの 商品の状態 樹高0.9m前後(根鉢を含む)地上部分が0.8m前後 根巻き苗 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 まほにあ こんふゅうさ、ほそばひいらぎなんてん、なりひらひいらぎなんてん、まほにあ こんふうさ 、こんふーさ、こんふゅーさ 商品の特徴 【科属名】 メギ科マホニア属属の常緑低木です。 【花期】 11月頃です。 【用途】 グランドカバー、庭園、寄せ植え、生垣などに利用される。 【特徴】 近縁種のヒイラギナンテンに比べ、て羽状複葉の小葉が細長く、棘がないため、繊細な雰囲気があり、洋風の庭に良く似合いやさしい雰囲気をかもし出し、最近人気が高い。 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられています。 日当たりの良い場所を好みますが、日当たりの悪い場所でも育ちます。 露地栽培は南東北地方以南で可能です。 花の少ない時期に枝先に黄花を咲かせる。 病害虫は少ない。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任栽培でもある程度は樹形は整います。 形を整える場合は、開花後に剪定をする。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 施肥をしなくても育ちますが、1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

ブラックフライデー
南天(ナンテン)  Lサイズ 苗木

千草園芸

3,024

南天(ナンテン) Lサイズ 苗木

写真は見本品です。 できるだけ実つきのものをお送りいたしますが年明けからお届けする商品には鳥に食べられてしまいますので実つきのものはお送りできなくなると思います。 ※送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ...

ブラックフライデー
南天(ナンテン) 10号鉢植え

千草園芸

4,104

南天(ナンテン) 10号鉢植え

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは、約90~110cm程度です。 季節によって状態は変化します。163b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 12号サイズはこちら 他の南天はこちら 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行わ...

ブラックフライデー
南天(ナンテン)  Mサイズ 苗木

千草園芸

1,836

南天(ナンテン) Mサイズ 苗木

写真は見本品です。 ■樹高は50~60cm、株立ちは2本~3本程度です。 通常、冬季には実が付きますが、このサイズは実が付いていない事が多いです。 実付きをご希望の場合は、Lサイズの南天をお求めの上、備考欄に実付き希望と記載をお願いいたします。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また...

ブラックフライデー
オタフクナンテン 樹高30~40cm前後 露地

ガーデンタウン

1,296

オタフクナンテン 樹高30~40cm前後 露地

オタフクナンテン(お多福南天)メギ科 ナンテン属 常緑低木商品説明おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。~目の覚めるような赤色が魅力~暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆適地・管理耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。乾燥には弱いです。刈り込みも大丈夫です!用途寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに!1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪色んなアレンジを楽しんで下さい。発送詳細送料は小サイズの料金です。20本まで一梱包で発送出来ます。

ブラックフライデー
南天(ナンテン) フルート(e17)

千草園芸

2,700

南天(ナンテン) フルート(e17)

送料は648円~。(地域により異なります) 写真は15年12月8日。木の状態は季節により変化いたします。1512b-u 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。 季節はいつでも可能です。...

ブラックフライデー
南天(ナンテン)「レモンライム」5号

千草園芸

2,592

南天(ナンテン)「レモンライム」5号

※写真は見本品です。 写真は17年10月24日再入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1710d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが...

ブラックフライデー
オタフクナンテン 樹高20cm前後 5本セット

ガーデンタウン

3,240

オタフクナンテン 樹高20cm前後 5本セット

オタフクナンテン(お多福南天)メギ科 ナンテン属 常緑低木商品説明おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。~目の覚めるような赤色が魅力~暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆適地・管理耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。乾燥には弱いです。刈り込みも大丈夫です!用途寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに!1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪色んなアレンジを楽しんで下さい。発送詳細送料は小サイズの料金です。20本まで一梱包で発送出来ます。

ブラックフライデー
【3ポットセット】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

グリーンロケット

3,000

【3ポットセット】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒイラギナンテン Mahonia japonica メギ科ナンテン属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:3~4月 実:5~6月 【日照条件】 日向~半日陰 別名:トウナンテン 葉がヒイラギに似て縁がぎざぎざしていて、秋から冬にかけて赤く色づきます。 春に黄色い小さい花を咲かせ、その後に丸いナンテンのような紫色の果実が房状にたくさんつきます。 和風にも洋風にも合い、生け垣としても利用されます。 難を転ずるということから縁起木としても人気があります。 育て方 日当りの良く水はけの良い場所を好みます。日当たりを好みますが、日陰でも育ちます。 地植えの場合は、夏場など特に乾燥するとき以外は特に水遣りの必要はありません。 冬に、一定の寒さに当たると葉が紅葉します。 品番 【T3139】 同じ品番の商品はコチラ »

ブラックフライデー
南天(ナンテン)「オブセス」6号(e17)

千草園芸

3,780

南天(ナンテン)「オブセス」6号(e17)

送料は648円~。(地域により異なります) 写真は15年9月21日。木の状態は季節により変化いたします。159e-u オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが...

ブラックフライデー
【1年間枯れ保証】【縁起木】ナンテン 0.2m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,296

【1年間枯れ保証】【縁起木】ナンテン 0.2m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらナンテン 商品一覧0.2m1200円/在庫○0.4m15cmポット2200円/在庫○0.7m露地6000円/在庫○1.2m露地10000円/在庫○1.5m露地10000円/在庫×2.0m露地16000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科ナンテン属の商品オタフクナンテンナンテンナンテン白実ヒイラギナンテンヒイラギナンテン/マホニアチャリティー【南天】読み:なんてん学名:Nandina domesticaメギ科ナンテン属常緑低木【商品情報】南天は庭木の代表的な品種です。他の南天と比べて背が高くなります。初夏に白い花をつけて、秋には真っ赤な実をたくさんつけます。昔から縁起木としられ、風水にもよく使われます。【育て方】半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。成長はやや遅いですが萌芽力があるため刈り込みにも耐えます。適地=北海道以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1~2月or8月剪定時期=3~4月or6月開花時期=6月果実=11~2月用途=庭木orグランドカバーor縁起木【その他】南天は縁起木として人気があります。風水にも使われます。他の品種と比べて葉や枝が細く、背が高くなるのが特徴です。

ブラックフライデー
【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.4m 102553

千草園芸

9,180

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.4m 102553

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

ブラックフライデー
送料無料
【100ポットセット】【送料無料】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

グリーンロケット

100,000

【100ポットセット】【送料無料】「ヒイラギナンテン」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒイラギナンテン Mahonia japonica メギ科ナンテン属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:3~4月 実:5~6月 【日照条件】 日向~半日陰 別名:トウナンテン 葉がヒイラギに似て縁がぎざぎざしていて、秋から冬にかけて赤く色づきます。 春に黄色い小さい花を咲かせ、その後に丸いナンテンのような紫色の果実が房状にたくさんつきます。 和風にも洋風にも合い、生け垣としても利用されます。 難を転ずるということから縁起木としても人気があります。 育て方 日当りの良く水はけの良い場所を好みます。日当たりを好みますが、日陰でも育ちます。 地植えの場合は、夏場など特に乾燥するとき以外は特に水遣りの必要はありません。 冬に、一定の寒さに当たると葉が紅葉します。 品番 【G2072】 同じ品番の商品はコチラ »

ブラックフライデー
オタフクナンテン 樹高30~40cm前後 露地 5本セット

ガーデンタウン

6,480

オタフクナンテン 樹高30~40cm前後 露地 5本セット

オタフクナンテン(お多福南天)メギ科 ナンテン属 常緑低木商品説明おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。~目の覚めるような赤色が魅力~暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆適地・管理耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。乾燥には弱いです。刈り込みも大丈夫です!用途寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに!1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪色んなアレンジを楽しんで下さい。発送詳細送料は小サイズの料金です。20本まで一梱包で発送出来ます。

ブラックフライデー
【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.2m 102556

千草園芸

5,940

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.2m 102556

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

ブラックフライデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク