メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ドイツスズラン」検索結果。

ドイツスズランの商品検索結果全5件中1~5件目

《エントリーでポイント5倍》スズラン(ドイツスズラン) 3.5号鉢苗

千草園芸

999

《エントリーでポイント5倍》スズラン(ドイツスズラン) 3.5号鉢苗

18年4月13日に再入荷。状態は季節によって変化いたします。184b 植えてある鉢の色・形は入荷時によって変わる場合がございます。スズラン(鈴蘭) 【分類】ユリ科スズラン属 『耐寒性/有毒植物』 【学名】Convallaria majalis 【原産】欧州 【別名】ドイツスズラン、キミカゲソウ 【用途】花壇、鉢植え等 【開花】4月~6月 【草丈】約20cm スズランには「日本スズラン」と「ドイツスズラン」に分けられ、日本の中部以北から北海道に自生する「日本スズラン(C.keiskei)」は花が小さく、大変栽培がむずかしいので、園芸商品として流通しているスズランはほとんどすべてが「ドイツスズラン」です。 花をはじめ全体的にニホンスズランよりおおぶりで、花に香りがあり大変育てやすいのが特徴です。 ■栽培方法 日当たり、水はけのよい場所を好みますが、多少の日陰でもよく育ちます。夏場は、強い日差しをさけ、半日陰で管理してください。 また、開花株として販売されているのは鉢も小さく用土もよくないのが普通ですから、購入後は大きい鉢に水はけのよい用土で植え替えて、管理してください。 購入後は速やかな植え替えをお勧めいたしますが、翌年からの植え替えは葉が枯れた後(10月頃)に行ってください。 肥料は生育中はもちろん、開花後もお礼肥として1か月ほど液肥を週に1度与えるとよいでしょう。

スズラン 【RCP】05P03Dec16

SORA

582

スズラン 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 鈴蘭 スズラン(ドイツスズラン) H200~300mm(鉢底より) 【商品説明】 樹種はユリ科のスズラン属、多年草です その名の通り芳香のある鈴のような白い花をたくさんつける 花期は春から初夏にかけてです 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している高さの商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 冬場は根のみで樹体はありません 【送料】 全国一律1,200円となります) 1本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  スズラン   ・ユリ科 スズラン属 耐寒性宿根草 ・葉色は青味のある緑色で光沢があります。 ・最終草丈は、0.2~0.3m程。 ・花穂が葉と同じ高さまで伸びて花を咲かせます。 ・花の清涼な香りが魅力です。                 全体     葉     花       H200~300mmのイメージです。 丸みを帯びた緑葉です。 白い鈴状の花をたくさんつけます。     豆知識   ・別名ドイツスズランやキミカゲソウといいます。 ・原産地はヨーロッパです。 ・日本の自生種より葉に丸みがあって厚いです。 ・花も少し大きめで観賞価値も高いです。 ・花壇や鉢植えや切り花にも利用できます。     分布図   ・全国での栽培が可能です。     植え方   ...

こちらの関連商品はいかがですか?

《エントリーでポイント5倍》ハラン 4号ポット植え(h32)

千草園芸

972

《エントリーでポイント5倍》ハラン 4号ポット植え(h32)

18年4月3日再入荷。 木の状態は季節により変化いたします。184aハラン 分類: クサスギカズラ科スズラン亜科ハラン属の常緑多年草 学名: Aspidistra elatior 原産: 中国南部という説、九州南部の宇治群島、黒島、諏訪之瀬島との説がある。 別名: バラン 利用: 庭の下草、料理の飾り(殺菌作用があるといわれる。) 性質: 水気のある日陰を好む。 栽培敵地: 関東地方以南 非常に丈夫な植物で、洋風の庭でもよく使われるようになりました。 原産は中国南部とされています。中国南部にはハラン属の植物が数種類あるようですが、日本で栽培されているハランは九州南部の宇治群島、黒島、諏訪之瀬島との説があります。晩秋に花を根元に咲かせ、ヨコエビ類のニホンオカトビムシ(陸生のヨコエビ)がこの種の花粉を媒介します。 ハランの育て方 直射が当たったり、乾燥すると葉が白っぽくなるので、美しい葉で育てるには日陰の湿った土壌が適しています。霜や薄氷が張る程度の寒さにも大丈夫ですが、冬凍結の激しい地域では室内で管理します。霜に当たると葉が白っぽくなる葉やけを起こします。 鉢植では観葉植物のように室内でも育てることができます。 鉢植で管理する場合は根詰まりしないように毎年春か秋に植え替えるとよくできます。根は通気性をよくすることが大切です。荒めの用土(赤玉土など)に腐葉土などを加え、肥沃で通気性に優れた用土を使用し、春と秋の新芽が出る季節には固形肥料を与えます。 水は切らさないように常に土を湿らせておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク