メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「トサミズキ」検索結果。

トサミズキの商品検索結果全2件中1~2件目

トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

3,758

トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後

トサミズキ(土佐水木)マンサク科 トサミズキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________清清しい淡黄色の花。じぐざぐに伸びる枝が特徴です。葉に先立って短い穂状花序を垂らし、黄色い小花を6~8個咲かせる代表的な春花木のひとつで、黄色の花を吊り下げるように咲かせます。古くから茶庭などに植えられるほか、切花としても使われます。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰~日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理トサミズキは放任しておくと株立状でまとまりのない樹形になります。花が三部~五部咲きくらいの時に切り取れば、切花として利用できるので3月くらいに切るとよいでしょう。剪定は大枝の枝抜きを主体とします。肥料は油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月と8月下旬に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:北海道南部以南 開花時期:3~4月鑑賞樹高:2~4m施肥時期:2月と8月用途:庭木・花木・切花◇ガーデンタウン◇春を知らせる黄色の花を咲かせるトサミズキ

こちらの関連商品はいかがですか?

トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高1.0m前後

ガーデンタウン

1,404

トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高1.0m前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

送料無料
【送料無料】ドウダンツツジ樹高1.2m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

5,480

【送料無料】ドウダンツツジ樹高1.2m前後(根鉢含まず)

樹高は約1.2m前後です(根鉢含まず) 送料は全国一律【送料無料】 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S1.0]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北~沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬~5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2~3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月~6月頃に剪定を行う。

ハナミズキ(赤花) 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

10,800

ハナミズキ(赤花) 樹高1.8m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

ハナミズキ(赤花) 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,560

ハナミズキ(赤花) 樹高1.5m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

サルスベリ(白花) 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

10,800

サルスベリ(白花) 樹高2.0m前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5~10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われていま す。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部~亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2~3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

モクレン(紫花)樹高2.0m前後

ガーデンタウン

11,880

モクレン(紫花)樹高2.0m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

ガーデンタウン

8,100

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

久留米ツツジ(ピンク花)樹高0.3m前後 露地

ガーデンタウン

972

久留米ツツジ(ピンク花)樹高0.3m前後 露地

久留米ツツジ(ピンク) ツツジ科 ツツジ属 常緑低木 商品説明 ☆和・洋 問わず人気の樹木☆サツキやツツジって結構、何処でも目にしますよね!?病院や学校、街路樹など色んな場所で植えられています。それほど用途多彩で、なりより育てやすさなどがあるからでしょう☆クルメツツジはキリシマツツジとサタツツジをもとに江戸末期以後に久留米で改良された品種群です。花は小輪多花性で、開花期には樹冠全体が花に覆われるように咲きます♪株を覆うように咲くので満開のときは本当に素晴らしいです!!花色が豊富で、紫紅、桃、白、紅、紫など多彩にあります♪色鮮やかな品種が多く海外で人気の庭木として広く栽植されています。庭木として広く利用されますが、鉢植えにも好適な種類です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月~5月【実期】------【紅葉】------ 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 用途 庭園樹・公園樹・生垣・盆栽・鉢植など春を鮮やかに彩るツツジ。花付きが良いクルメツツジ!クルメツツジ(久留米ツツジ)ツツジ科 ツツジ属 常緑低木栽培適地日本全国植栽時期2~4月or9~10月花色赤・白・紫・ピンク・絞り咲き等肥料油かすor堆肥or化成肥料最終樹高2m用途生垣orグランドカバーor盆栽or花木クルメツツジはこんな植物色鮮やかな花が魅力♪花付きがよく、和・洋を問わず人気の樹木です!クルメツツジはキリシマツツジとサタツツジをもとに江戸末期以後に久留米で改良された品種群です。花は平戸ツツジ等に比べて小さいが、小輪多花性で、花付きがよいため昔から人気の高い花木です。樹冠全体が花に覆われるように咲きます♪株を覆うように咲くので満開時はすばらしい景観となります。久留米ツツジも花色が豊富で、紫紅...

モミジ/赤シダレモミジ 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

6,480

モミジ/赤シダレモミジ 樹高1.2m前後

赤しだれモミジ カエデ科 カエデ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 落葉期 紅葉時期 10月~11月 紅葉の色 紅色 施肥時期 1月~2月・6月 最終樹高 3~5m 肥料 化成肥料or腐葉土or堆肥 用 途 シンボルツリー・庭木 樹木の特徴 日本の秋を彩るモミジ。誰もが知っている秋の代表的な樹木 もみじは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。 また、秋に紅葉する代表的な樹木です。 モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く 黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。 赤シダレモミジは紅葉が赤く、独特な樹形をしています。風情ある姿で和風庭園にも大変お勧めです。数量限定ですのでお早めに★ 植え付け 植え付けは落葉時期に行います。真夏の植栽は避けましょう。 日陰でも育ちますが紅葉しない可能性が御座いますので、出来るだけ日なた又は半日陰の場所に植えます。日中と夜の気温差が大きいとより綺麗な紅葉を楽しむことが出来ます。 剪定・管理 枝が密集する前までは剪定は不要です。枝が茂ってきましたら、剪定は落葉時期に行います。枝が密集していると葉が蒸れて風通しが悪くなります。 剪定時は、枝垂れている本枝の下に伸びる枝を切ります。間引くイメージで剪定されると良いです。 四季の管理 夏場に葉が焼けると綺麗に紅葉しません。9月に芽吹きますので...

サルスベリ/ナツマツリ 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

6,480

サルスベリ/ナツマツリ 樹高1.2m前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5~10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われています。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部~亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2~3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

桜/ソメイヨシノ 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

2,376

桜/ソメイヨシノ 樹高1.2m前後

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3~3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

【初光山茶花(ハツヒカリサザンカ】根巻き苗樹高1.2m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,598

【初光山茶花(ハツヒカリサザンカ】根巻き苗樹高1.2m前後

樹高1.2m前後(根鉢を含む) 根巻き大苗 樹形は幼木時はスリムです。 ツバキ科常緑広葉樹 花は蕾の時は紅色で、咲くと花びらの外弁がほんのり赤い、八重、大輪 花がきれいで人気の有る品種です。 花期は11~12月頃。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽地から半日陰を好む。移植は容易。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭の主木、添景樹、生垣等に用いられる。 この商品は、日本郵便(ゆうパック)での発送の場合は1梱包に1本での発送になります。なお、日本郵便の梱包のサイズが170サイズまでになりますが、高さが130cmの梱包になりますので、植木の先端部を剪定したり(先端部は剪定しても伸びてきます)先端部を曲げた状態での梱包になる場合が有りますが、ご了承お願い致します。 西濃運輸での発送の場合は、5本までは1梱包に入れて発送できます。他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。 西濃運輸の配送のサイズの関係で梱包の高さは1.7mまでになりますので、1.7m以上の木は先端部を剪定してのお届けになります。なお、先端部は剪定しても伸びてきます。

2018年春開花予定【斑入り山吹(フイリヤマブキ)】根巻き苗 樹高1.5m前後 花と葉に斑が入った

植木生産販売専門店 芝樹園

1,922

2018年春開花予定【斑入り山吹(フイリヤマブキ)】根巻き苗 樹高1.5m前後 花と葉に斑が入った

お届けの 商品の状態 樹高1.5m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 秋のお届けは、落葉時期が近づき、落葉や、葉が落葉前で痛んでいる場合が多いです。また、活着を良くするために剪定や葉を落として発送する場合が多いですが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】バラ科ヤマブキの落葉広葉樹 花期:4~5月に斑入りの一重咲の花を咲かせます。 【用途】 庭園、花木、根締め、添景樹、斜面などに利用される。 【特徴】 斑入りの一重咲の花を咲かせまが、斑の入り方は、1花事に違い、まったく斑の入っていない花も咲きます。 花は5弁で小枝の先に1個ずつつける花は可憐です。 葉にも白い斑が入りますが、春の新葉の時には、斑が少ない場合が多いです。 病虫害は少なく、これといったものは有りません。 移植は容易です。 排水の悪い場所では根腐れを起こすことが有りますので、高植えなどの対応が必要です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 7月~8月頃に花芽が出来るので、花後に不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 西濃運輸で5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【赤葉紅花常盤満作(ベニバナトキワマンサク)】樹高1.6m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,998

【赤葉紅花常盤満作(ベニバナトキワマンサク)】樹高1.6m前後

樹高1.6m前後(根鉢を含む)地上部分が1.5m前後 根巻き大苗 木としては幼木になりますので、幹や枝につきましては、太くは有りません。 支柱をして栽培していますが、支柱を外した状態で発送しますので、幹が曲がる場合が有りますが、ご了承お願い致します。植え付け時に支柱をされた方が良いです。このトキワマンサクにつきましては、造園業者様に生垣の木としてご利用頂いている品です。 冬季には、寒さの影響で落葉が見られますが、幼木時には顕著になる場合が多く、11月~4月頃のお届けの場合は、葉が少ない状態のお届けになります。 発送の関係で1.7m以上の荷物がお送りできませんので、1.7m以上の木は先端部を剪定して発送致します。 なお、先端部は剪定しても伸びてきます。 トキワマンサクの小枝は植木の中でも特に折れやすい品種になりますので、梱包には注意して発送していますが、枝折れが有る場合がありますが、ご了承お願い致します。なお、植え付け後には枝折れの問題は有りません。 マンサク科の常緑広葉樹 トキワマンサクの変種である。 別名 アカバナトキワマンサク(赤花常盤万作) 花期は4~5月ごろ花弁はリボン状の 光沢の有る紅色で、感じがとても珍しい 花を咲かせる。 葉につきましては、新芽は赤色ですが、緑色になってきます。なお、葉色は肥料や日照などの環境により変わってきます。 萌芽力が有り刈り込みに耐える。 庭のシンボルツリー、生垣などにされる。 刈り込みは花が終わった直後に切ると 来年の花付きが良い。

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高2.0m前後

ガーデンタウン

14,040

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高2.0m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

笑顔さざんかの斑入り花、八重咲き、大輪【絞笑顔さざんか(シボリエガオサザンカ)】樹高1.0m前後  根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

1,831

笑顔さざんかの斑入り花、八重咲き、大輪【絞笑顔さざんか(シボリエガオサザンカ)】樹高1.0m前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高1.0m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 1~3月頃 【用途】 庭の主木、添景樹、花木、生垣などに利用される。 【特徴】 花がきれいで人気の有る品種です。 笑顔サザンカ(桃紅色花)の枝変わり品種で桃紅色に白の斑入り花です なお、花は一輪事に斑の入り方は違います。 八重、大輪、1~3月咲きのハルサザンカ類です。 冬枯れの庭を彩る貴重な花木です。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽樹ですが日陰でも育ちます。日陰でも成長し花も見られるが、日当たりに植え込んだ木は日陰より花が多く付ける。 但し、夏の強い西日が当たる場所では、葉色が茶色をおびる場合が有ります 移植は容易です。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任してもある程度は樹形は整います。 花後に込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、4本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

送料無料
モミノキ(ウラジロモミ)樹高1.1~1.2m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ガーデンタウン

9,180

モミノキ(ウラジロモミ)樹高1.1~1.2m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ウラジロモミ(マツ科 モミ属 常緑針葉樹)  ウラジロモミとは日本固有種のモミで、日本の気候によく合い 耐久性に優れ病害虫もつきにくく、比較的育てやすい樹種とされています。 ウラジロと言われるのは葉の裏に白いスジがある為です! モミはドイツトウヒに比べると樹性がしっかりしており高級感を感じられます。 生木は作り物と違い毎年大きくなります! 手元に届いたその日からモミノキと過ごす日々をお楽しみいただけます? 生木は管理が管理が大変・・・ そうです。作り物と違い管理が必要です。 どの樹木にもいえることですがしっかり管理していただかないと 生き物ですので枯れてしまいます(泣) 育て方が分からない・・・ 水の管理など、しっかりポイントを押さえていただけると大丈夫です! 育て方のポイントも紹介いたします★ 手がかかる生木だからこそ、育っていく様子を見ると嬉しくありませんか? ウラジロモミはこんな植物 モミノキは樹高40mにもなる常緑高木で、樹皮は茶色くて硬く、葉も先端は針状に細く尖ります。クリスマスツリーには、一般的にモミノキ、ドイツトウヒなどが有名で、ヨーロッパ地方ではトウヒが主に使用されています。日本特有種のモミノキは日本の気候に良く合い、耐久性に優れ病害虫も付きにくく、比較的育てやすい樹木です。 地植えでも鉢植えでもどちらでも楽しむことが出来ます。将来的に大きくなるので、スペースのある場所に植えます。鉢植えする場合はなるべく大きめの植木鉢を準備します。 ●鉢の大きさの目安● ・1.0~1.2m前後 直径40cm以上 ・1.5~1.8m前後 直径50cm以上 ・2.0m 直径60cm以上 植え付けは11月~3月が適期です。暑さに弱いので真夏の植栽は避けてください。 風通しが良く、半日陰~日なたで水はけが良い肥沃な場所を好みます。...

常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

21,600

常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.8m前後

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日~2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州~東北 植栽適期 3月~5月・10月~11月 開花時期 5月~6月 施肥時期 2月・8月~9月 果実熟期 9月~11月 最終樹高 5m~10m 紅葉時期 10月~12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5~7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。...

【新乙女山茶花(シンオトメサザンカ)】根巻き苗 樹高1.3m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,598

【新乙女山茶花(シンオトメサザンカ)】根巻き苗 樹高1.3m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.3m前後(根鉢を含む)地上部分が1.2m前後 根巻き苗 ★今季の開花は終わりましたので、花につきましては、来季の開花を楽しみに育ててください。(2017-02-20)徒長枝や先端部を剪定してのお届けになりますが、ご了承お願い致します。なお、剪定しても先端部は伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 ツバキ科の常緑広葉樹 淡桃色、八重咲、中輪、 開花時期は11~1月頃 オトメサザンカとの違いは、新オトメサザンカの方が成長が良く、花はオトメサザンカの花は、千重咲きで開花しても花びらが重なりおしべが見えない状態ですが、新オトメサザンカは八重咲きで、おしべがはっきりと見えます。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽地から半日陰を好む。移植は容易。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭の主木、添景樹、生垣等に用いられる。 刈り込んだ木に花をつけたいときは、 花の終わった後から4月までに整枝します。 1梱包で 送れる商品 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高1.8m前後

ガーデンタウン

10,800

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高1.8m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

【木曜日発送】モクレン(紫花)樹高2.5m前後

ガーデンタウン

20,520

【木曜日発送】モクレン(紫花)樹高2.5m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

ガーデンタウン

1,404

トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

花がきれいで人気の有る【初光山茶花(ハツヒカリサザンカ】根巻き苗 樹高1.5m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,998

花がきれいで人気の有る【初光山茶花(ハツヒカリサザンカ】根巻き苗 樹高1.5m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.5m前後(根鉢を含む) 根巻き大苗 樹形は幼木時はスリムです。 発送の関係で1.7m以上の梱包はお送りできませんので、1.7m以上(根鉢を含む)の木は先端部を剪定してのお届けのなりますが、ご了承お願い致します。なお、先端部は剪定しても伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 11~12月頃 花は蕾の時は紅色で、咲くと花びらの外弁がほんのり赤い、八重、大輪の花を咲かせます。 【用途】 庭の主木、添景樹、花木、生垣などに利用される。 【特徴】 花がきれいで人気の有る品種です。 花は蕾の時は紅色で、咲くと花びらの外弁がほんのり赤い、八重、大輪 冬枯れの庭を彩る貴重な花木です。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽樹ですが日陰でも育ちます。 移植は容易です。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任してもある程度は樹形は整います。 花後に込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は西濃運輸での配送で、4本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

オリーブ 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

10,584

オリーブ 樹高1.5m前後

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありこの品種は“ミッション"になります。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】------【実期】10月~11月【紅葉】------ 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

ナナカマド 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

9,720

ナナカマド 樹高1.8m前後

ナナカマド バラ科 ナナカマド属 落葉高木 ________________________________________________________________________________________________________________________真っ赤に色づく紅葉と果実。北国の秋を代表する鑑賞樹木ナナカマドは北国の代表的な紅葉樹です。大きな房状につく小豆大の果実も真っ赤に熟して見事な姿となります。5~7月に白い花が咲き、葉は枝先にまとまってつきます。赤い果実は鳥達の食用になり、また果実酒としても利用されます。光沢のある朱赤色の実が房状につき美しい。寒さが増し、落葉した後にも実は残り、美しく樹を彩ります。温暖な平野部では害虫が多く、育成も悪く枝枯れも起こしがちです。植え付け日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。植え穴は大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水必ず高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は1~2月に行います。長く伸びた枝や込みすぎた枝を剪定します。施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを1~2月上旬頃に与えます。病害虫温暖な地域ではカイガラムシ、アブラムシ、ハマキムシ、テッポウムシなどの被害が見られるので、早め早めに駆除、防除していきます。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:日本全国 開花時期:5~7月果実熟期:11~2月鑑賞樹高:6~10m施肥時期:2月と8月用途:花木・シンボルツリー・添景樹◇ガーデンタウン...

オリーブ 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

19,980

オリーブ 樹高2.0m前後

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありますが“品種の指定不可"です。予めご了承下さい。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】------【実期】10月~11月【紅葉】------ 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

スポンサーリンク
スポンサーリンク