メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ツバキ花」検索結果。

ツバキ花の商品検索結果全263件中1~60件目

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ツバキ/オトメツバキ 2.5m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

トオヤマグリーン

56,160

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ツバキ/オトメツバキ 2.5m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

→単品はこちらツバキ/オトメツバキ 商品一覧0.5m3000円/在庫○1.5m露地16000円/在庫○2.0m露地20000円/在庫○2.3m露地24000円/在庫○2.5m露地26000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じツバキ科ツバキ属の商品カメリア/エリナカスケードカンツバキカンツバキ白花ゴードニア/カンシエンシスサザンカ/朝倉白花サザンカ/笑顔ピンク花サザンカ野生種サザンカ/今川絞りツバキ/肥後椿ツバキ/ワビスケツバキ/ヤブツバキチャノキツバキ/ベニオトメツバキ/オオニジタイワンツバキツバキ/オトメツバキツバキ/コチョウワビスケツバキ/ヤブツバキ白花ツバキ/コウオトメツバキ/天ヶ下ツバキ/ロゼフローラツバキ/ミナトノハナツバキ/茶々姫ヒメサザンカ/ルッチェンシスロビラキ【オトメツバキ】(乙女椿)読み:つばき/おとめつばき学名:Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubakiツバキ科ツバキ属常緑高木別名:アワオトメ【商品情報】ツバキは日本を代表する花木です。世界各地で栽培されていて様々な品種があります。葉は光沢があり楕円形~卵型です。花は10~4月の間に咲きます。花は花びらが散らず、額から落ちます。種子からは椿油が取れます。比較的に繁殖しやすい品種です。ヤブツバキ系、ユキツバキ系、ワビスケ系、肥後椿系などの多彩な品種があります。【育て方】日向を好みますが日陰でも育ちます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。刈り込みにも強いですので生垣に最適です。放任しても比較的に樹形が整います。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5~8m施肥時期=1~2月or6~7月剪定時期=3~5月開花時期=10~4月果実=10~11月用途...

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】サザンカ/今川絞り 0.5m12cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】サザンカ/今川絞り 0.5m12cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらサザンカ/今川絞り 商品一覧0.5m12cmポット1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じツバキ科ツバキ属の商品カメリア/エリナカスケードカンツバキカンツバキ白花サザンカ/朝倉白花サザンカ/笑顔ピンク花サザンカ野生種サザンカ/今川絞りツバキ/肥後椿ツバキ/ワビスケツバキ/ヤブツバキチャノキツバキ/ベニオトメツバキ/オオニジタイワンツバキツバキ/オトメツバキツバキ/コチョウワビスケツバキ/ヤブツバキ白花ツバキ/コウオトメツバキ/天ヶ下ヒメサザンカ/ルッチェンシス【サザンカ/今川絞り】読み:さざんか/いまがわしぼり学名:Camellia sasanquaツバキ科ツバキ属常緑高木【商品情報】サザンカはその年に伸びた枝の先端近くに数個の花芽を付け10~12月に開花します。自生種の花は6~7花弁で花は白色です。花の少ない冬に花をつける貴重な樹種です。古くから生垣や庭木に利用されおよそ300種類もの品種が作り出されています。園芸品種では白色のほかに桃、紅等の花色があり、八重咲き、大輪咲きの物もあります。12~3月ごろまで咲き続ける八重咲きの寒椿や、4月ごろまで咲く春サザンカも同じ園芸品種です。【育て方】日向を好みますが日陰でも育ちます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。刈り込みにも強いですので生垣に最適です。木の成長を促したい場合はつぼみが発生したら出来るだけ早く摘み取ります。放任しても比較的に樹形が整います。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=8m施肥時期=1~2月or6~7月剪定時期=3~5月開花時期=10~3月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】サザンカ/今川絞りは赤色に白斑入りになります。八重咲き品種になります。

椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)0.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

3,024

椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)0.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真は見本品です。 写真は17年3月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173d-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ)"久留米乙女椿"(クルメオトメ)1.5m  《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

椿(ツバキ)"久留米乙女椿"(クルメオトメ)1.5m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真は見本品です。 写真は17年4月18日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 八重で、ピンクの乙女椿よりさらに薄い花色です。 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 八重咲きツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

花木 苗:ハルサザンカ ユーレタイド*さざんか 山茶花

遊恵盆栽 楽天市場店

1,080

花木 苗:ハルサザンカ ユーレタイド*さざんか 山茶花

商品情報 樹種:ツバキ科ツバキ属 品種:ユーレタイド 撮影日:全体:12月 常緑低木 11月~12月に開花。 ユールタイドは「クリスマスの季節」という意味です。 *ポットでのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(ポットの高さを含まない):約18cm ポット径:12cm 手入れ 日当たりが良く、肥沃で排水のよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。剪定は、開花後すぐに行い、全体を見て日当たりや風通しを考え、間引くように葉芽を残して剪定を行ってください。夏の剪定は花芽を切り落とす可能性がありますので、6月までに剪定を完了してください。肥料は冬の間に有機肥料を与えてください。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 さざんか サザンカ 山茶花 つばき、ツバキ ユーレタイド ゆーれたいど

花木 庭木の苗/ホンサカキ(本榊)5号ポット 15株セット

園芸ネット プラス

17,800

花木 庭木の苗/ホンサカキ(本榊)5号ポット 15株セット

サカキはツバキ科の常緑広葉樹。関西地方を中心に神事に玉串として献じられる枝としておなじみです(関東地方ではヒサカキを利用します)。丈夫で主幹がまっすぐ伸び、小枝もよく伸びて樹形が細い円錐形に整います。日陰に強く、下枝も枯れにくいので家の北側の生垣やシェードガーデンに最適です。日向でも育ちますが家の裏などに植えれば葉が青みを増してより綺麗になります。美しいつやのある葉で刈り込みにも強く、1年で30cm以上枝が伸びます。葉には鋸歯が出ることもあります。寒さには弱いので、植え付けは関東地方以南にしてください。タイプ:ツバキ科サカキ属の耐寒性常緑低木栽培適地:関東地方以南樹高:2~8m葉張り:1~2m用途:庭植え日照:日向または半日陰むき栽培方法:日向または半日陰に植えてください。水はけがよく、同時に水もちのよい土を好みます。耐暑性があり、また潮風にも強い品種です。移植はやや難しいので植え場所はよく選んでください。カイガラムシがつくことがありますので、冬季にマシン油乳剤を散布して防除してください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入り、樹高70~80cmです。樹高は多少変動することがあります。冬季のお届けは寒さで葉が紅葉している場合がございますのでご了承ください。写真は成長時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。沖縄・離島へのお届けはできません。 ホンサカキ(本榊)5号ポット 15株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

"蕾付き"【胡蝶侘助(コチョウワビスケ)】根巻き苗 樹高1.1m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

2,354

"蕾付き"【胡蝶侘助(コチョウワビスケ)】根巻き苗 樹高1.1m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.1m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 樹高の割に枝張りが有る確りした木です。 活着を良くする為と今後の成長を見越して少し剪定して発送致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 2~4月頃 【用途】 添景樹、花木、生垣などに利用される。 【特徴】 花は茶人をはじめ、多くの人が好まれ、小輪・一重・猪口咲きで、桃紅地に白から薄ピンクの絞りが入るが、花によって白斑の出方に違いがあり、花びらの先だけ白いものや、白の割合の方が多く芯の方だけ赤いもの、絞りの入っていないものと、趣のある変化が楽しめて、味わい深く、素朴で可愛らしさのある花です。 京都大徳寺の門外不出として長い間表舞台には出てこなかった。大徳寺侘介と呼ばれることもある。 成長は遅い方です。 庭植えや鉢植えのほか茶花としても用いられる。 冬枯れの庭を彩る貴重な花木です。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 水はけの良い有機質を多く含む土壌を好む。 日当たり日陰ともに生育するが、西日の当らない場所の方が成長が良い。 潮風に強い。 移植は容易です。 東北地方以南で栽培可能です。 庭植えや鉢植えのほか茶花としても用いられる。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 【剪定】 6月頃に花芽ができるので、花を楽しむ為にそれ以降の剪定は注意が必要です。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は...

送料無料
【1年間枯れ保証】【低木】ハマヒサカキ 0.1m 40本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【低木】ハマヒサカキ 0.1m 40本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらハマヒサカキ 商品一覧0.1m300円/在庫○0.3m10.5cmポット500円/在庫○0.3m800円/在庫○1.7m露地8000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じツバキ科ヒサカキ属の商品ハマヒサカキ【ハマヒサカキ】読み:はまひさかき学名:Eurya emarginataツバキ科ヒサカキ属常緑低木【商品情報】ハマヒサカキは海岸性の樹木です。乾燥や潮風にも強く痩せた土地でも成長します。葉は厚い光沢がある深緑色です。2~3月に花がさきます。10~11月になると小さな黒紫色の実が付きます。成長が早く、病気や害虫にも強いため育てやすい品種です。強い刈り込みにも耐えます。【育て方】日向を好みます。萌芽力が強いため強剪定を行っても大丈夫です。肥料はあまりやる必要は有りません。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=3m施肥時期=1~2月or6~7月剪定時期=3月開花時期=2~3月果実=10~11月用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2【その他】ハマヒサカキは剛健な品種のため公共緑化木として使われてきました。光沢がある葉は綺麗です。背が高くなるため生垣にもグランドカバーにもできます。

ヒサカキ:残雪4.5号ポット12株セット ノーブランド品

Amazon

19,080

ヒサカキ:残雪4.5号ポット12株セット ノーブランド品

名前の通り、葉の上に雪が積もっているような斑入り葉が特徴です。日陰を彩るシェードプランツ、日陰で元気に育ちます。ヒサカキは光沢のある葉が美しい神聖木です。名前は「姫サカキ」の意で、葉はサカキの半分ほど、樹形も小型で、葉の周縁に鋸歯があります。サカキの少ない関東地方では、ヒサカキのほうがおなじみの常緑低木です。学名:Euryajaponicaタイプ:ツバキ科の耐寒性常緑低木樹高:0.5~3m(剪定により低く抑えることができます)植栽適地:関東地方以南日照:半日陰~日陰栽培方法:直射日光が当たると葉がいたみますので半日陰で、排水のよい用土で育てます。日陰でも十分に育ちます。市販の培養土でよいでしょう。植え込み前に元肥として化成肥料を適量混ぜ込んでおきます。鉢植えの場合、鉢の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。お届けする苗は4.5号(直径13.5cm)ポット入りです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けはできません。

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

写真は見本品です。 写真は16年10月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

千草園芸

1,620

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

送料無料
【あす楽】トレボンMC 500ml 業務用 樹木 チャドクガ 毛虫 殺虫剤 アメリカシロヒトリ 駆除 農薬 樹木消毒 つつじ ツバキ

虫退治楽天市場店

7,020

【あす楽】トレボンMC 500ml 業務用 樹木 チャドクガ 毛虫 殺虫剤 アメリカシロヒトリ 駆除 農薬 樹木消毒 つつじ ツバキ

※通常1~2日以内に発送予定(土日祝除く) ★(噴霧器セット)トレボンMC(500ml)+噴霧器(1台)はこちら ★(マスクも添付)トレボンMC(500ml)+噴霧器(1台)+マスク(5枚)はこちら   ■トレボンMCとは? トレボンMCは、水稲や野菜、樹木などに発生する害虫を駆除する農薬です。水で薄めて使用します。 庭木の樹木消毒(庭木の毛虫駆除)にお使いいただけます。 ※業務用500ml入りのため、たっぷり大量に使用することができます。 樹木の毛虫駆除の場合、2000倍希釈使用となります。(例:薬液5mlの量に対し、水10リットルで希釈) そのため、少量でいい場合は、市販の毛虫用農薬(小瓶タイプ・50mlなど)をご利用ください。 トレボンMCの少量タイプはございません。 チャドクガ 幼虫 マイマイガ 幼虫 アメリカシロヒトリ 幼虫 ヨトウガ 幼虫 ツツジグンバイなど ※毛虫駆除は早期に毛虫を発見し、薬剤散布することをおすすめいたします。 大きく育った毛虫(終齢幼虫)は薬剤に強いため、十分な効果が出ないことがあります。   ■トレボンMCの特徴 (1)樹木の毛虫対策に 庭木や樹木に発生する毛虫駆除に有効です。 (例):マイマイガ、チャドクガ、アメリカシロヒトリなど (2)低臭性、効果が持続 トレボンMCはマイクロカプセル製剤です。従来の製剤に比べて効果が長く持続します。 また、薬剤臭もほとんどありません。そのため、建物周囲の樹木にも使いやすくなっています。 (3)水稲の害虫に有効 トレボンMCは、稲の害虫となるウンカ類、ツマグロヨコバイ、カメムシ類、イナゴ類、イネドロオイムシ、コブノメイガなどの防除に効果を発揮します。 (4)野菜の害虫からも守ります 野菜(きゅうり、なす、キャベツ、白菜、だいこん、大豆など...

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

千草園芸

2,592

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u ■ツバキ"羽衣" 15枚ほどの対樋状弁が4.5重に重なり、上半部が外方にゆるく反曲し、弁間に透き間ができて美しい蓮華咲きととなり、最も人気の高い名花のひとつです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

写真は17年2月24日。木の状態は季節により変化いたします。172eツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)光源氏(ヒカルゲンジ)4号

千草園芸

1,458

椿(ツバキ)光源氏(ヒカルゲンジ)4号

写真は17年3月28日。木の状態は季節により変化いたします。173eツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)トムタム 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)トムタム 5号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)斑入り黒椿(クロツバキ)《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

椿(ツバキ)斑入り黒椿(クロツバキ)《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真は見本品です。 写真は17年9月5日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179a 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

千草園芸

1,998

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

写真は見本品です。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります...

【3ポットセット】ツバキ「コチョウワビスケ(胡蝶侘助)」 0.3m程度

グリーンロケット

3,600

【3ポットセット】ツバキ「コチョウワビスケ(胡蝶侘助)」 0.3m程度

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ツバキ「コチョウワビスケ(胡蝶侘助)」 Camellia japonica × wabisuke'Kochouwabisuke' ツバキ科ツバキ属 【タイプ】 常緑高木 【鑑賞時期】 花:10~4月 【日照条件】 日向~半日陰 耐寒性にも強く、庭園樹や緑化用の樹木として広く植栽されています。 コチョウワビスケは一重でピンクと白の斑模様の品種です。 育て方 日陰でも育ちますが、日当たりの良い場所が好ましいですが、なるべく西日の当たる場所は避けます。 耐寒性はありますが、冬の冷たい風に当たると蕾が落下したり、枯れ込む原因になるので注意します。 チャドクガやカイガラムシがつくことがあるので、見つけたら駆除します。 品番 【T3080】 同じ品番の商品はコチラ »

椿 苗木 ツバキ 西王母椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

椿 苗木 ツバキ 西王母椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

椿 苗木 ツバキ 西王母椿 13.5cmポット苗 西王母ツバキは、中輪の柔らかな桃色のツバキです。ぼかしたようにピンクの弁先が退色し、桃のように暖かな色合いの大きめの花になります。西王母つばきは、 早いものでは9月頃から咲き始め、翌年の3月頃まで先続くので、冬のお庭で明るい花色を見せてくれます。 椿は日本固有の花木で、もともと日本の気候や土壌に適応した 形質をもっている植物なので、育てやすい樹種の1つです。 この椿は挿し木苗の3年生苗になります。 お届けする苗の樹高は40cm前後になります。 花時期::10~4月頃 樹高:2~4m 栽培適地:関東以南 椿(ツバキ)の育て方 日当たり、水はけの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。 2~3月に油粕や骨粉を根元に施します。 放任して育てたほうが花がよく咲きますので、剪定は、無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。 剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。 ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。 ※写真は参考写真(見本)になります。 ※植物ですので多少の個体差があります。 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります。

椿 苗木 ツバキ 百合椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

椿 苗木 ツバキ 百合椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

椿 苗木 ツバキ 百合椿 13.5cmポット苗 百合椿は、ユリ椿のよう花は枝先に下を向いて咲きます。百合ツバキは、葉がユリ椿に似たクジャク椿で濃紅色の一重、長筒咲きです。 椿は日本固有の花木で、もともと日本の気候や土壌に適応した 形質をもっている植物なので、育てやすい樹種の1つです。 この椿は挿し木苗の3年生苗になります。 お届けする苗の樹高は40cm前後になります。 樹高:2~4m 開花期:4月 栽培適地:東北地方以南 椿(ツバキ)の育て方 日当たり、水はけの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。 2~3月に油粕や骨粉を根元に施します。 放任して育てたほうが花がよく咲きますので、剪定は、無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。 剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。 ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。 ※写真は参考写真(見本)になります。 ※植物ですので多少の個体差があります。 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります。

椿 苗木 ツバキ 五ツ島椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

椿 苗木 ツバキ 五ツ島椿 13.5cmポット苗 つばき 苗 gv

椿 苗木 ツバキ 五ツ島椿 13.5cmポット苗 五ツ島ツバキは、花が5センチと小さいが、紅縦絞りの綺麗な花です。五ツ島椿は、白色地で紅縦絞りです。五ツ島つばきは、八重咲きで中輪の花が咲きます。 椿は日本固有の花木で、もともと日本の気候や土壌に適応した 形質をもっている植物なので、育てやすい樹種の1つです。 この椿は挿し木苗の3年生苗になります。 お届けする苗の樹高は40cm前後になります。 花時期::3月~4月 樹高:2~4m 栽培適地:東北以南 椿(ツバキ)の育て方 日当たり、水はけの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。酸性土を好むので、植え付けの際に植え穴にピートモス、腐葉土またはブルーベリー栽培用土などを混ぜ込んでください。 2~3月に油粕や骨粉を根元に施します。 放任して育てたほうが花がよく咲きますので、剪定は、無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。 剪定は花後すぐに行います。葉芽の先に花がつくので、葉芽を残すように間引き剪定をします。夏に花芽が分化するので、夏以降は枝を切らないようにしてください。 ツバキには4月と7月頃にチャドクガが発生しやすいので、殺虫剤で駆除してください。 ※写真は参考写真(見本)になります。 ※植物ですので多少の個体差があります。 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります。

ツバキ 岩根絞り H500~600 1本 【RCP】 05P03Dec16

GRANDY

1,425

ツバキ 岩根絞り H500~600 1本 【RCP】 05P03Dec16

【商 品 説 明】 ツバキ 岩根絞り H500~600(鉢底より) 1本 ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑小高木 白に紅色を絞ったような花を咲かせます 生垣などの他、切花でも楽しめ、茶花や一輪挿しにも使えます 同規格の商品の発送となります時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 【配送について】 全国一律 1,200円(1本での送料となります) 沖縄及び離島の場合は別途料金が必要となりますツバキ 岩根絞り (ツバキ科 常緑低木) 日本を代表する花木です。茶花としても人気が高いです。強健で育てやすいです。 最終樹高は、2~10m程です。東北~九州での栽培が可能です。 花が美しく古くから愛されてきました。 3~4月頃、白い花に紅色を絞ったような花を咲かせます。 葉は硬質で厚く光沢があります。   ・植付けの適期は、3月下旬~4月・8月下旬~10月上旬です。ポット苗や仮植物は、この限りではありません。 ・植付けの場所は、日陰にも強いですが、できるだけ日当たりの良い場所に植えて下さい。 ・植付けの土質は、水はけの良い土地を好みます。 ・生垣の場合、30cm間隔で植えると将来的にバランスが良く綺麗な生垣となります。 ・植付けの穴は、根鉢の1.5~2倍の大きさで掘り腐葉土を混ぜて植えて下さい。 ・植込みの際、根鉢のビニールポットや黒いバッグは、剥がして下さい。麻布は、根鉢の状況により付けたままでも構いません。 ・植込み時の水遣りは、たっぷりとあげて下さい。 ・安定が悪い場合は、根付きを安定させるため支柱を施します。   ・剪定は花が終わったら順次行ってください。新芽全体を強く刈り込みすぎるとその後1~2年花が咲かないことがあるので注意してください。 ・水やりは、乾燥を嫌いますので...

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

写真の商品をお送りします。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はmサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月~2月 ■ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

千草園芸

1,393

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)佐渡紅覆輪(サドベニフクリン) 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)佐渡紅覆輪(サドベニフクリン) 5号

写真は17年2月24日。木の状態は季節により変化いたします。172e 桃色地に紅覆輪と紅色小絞りが入る八重咲き、肉厚、筒しべの大輪。(ラベルの色とは異なった色の花と思われます。)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉ととも...

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■御前の雪に金花茶を交配させた品種です、小輪咲き、淡黄色で一重の花を咲かせます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

千草園芸

1,458

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

スポンサーリンク
スポンサーリンク