メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ダイヤモンドリリー」検索結果。

ダイヤモンドリリーの商品検索結果全27件中1~27件目

送料無料
●代引き不可【TS-100】 (送料無料) 造花 フラワーアレンジ (カサブランカ・カラーリリー・マム等) 93508

つかさ

7,354

●代引き不可【TS-100】 (送料無料) 造花 フラワーアレンジ (カサブランカ・カラーリリー・マム等) 93508

送料無料でお届け!(沖縄県・離島を除く)サイズ:50cm×35cm×30cm(H×W×D) 効果:ダイヤモンド触媒加工 【ダイヤモンド触媒特徴】 ●人と地球に優しいダイヤモンド触媒 ●暗闇や低温でも安定した機能により消臭、抗菌、防カビ機能が長期間持続 ●悪玉酸素である活性酸素を減少(抗酸化・ラジカルスカベンジャ機能) ●幅広い消臭機能 有毒VOC・VVOCガス(ホルムアルデヒト・キシレン・アセトアルデヒト) 悪臭根源(アンモニア・トリメチルアミン) 体臭の要因(イソ吉草酸) ●黄色ブドウ球菌、大腸菌、O−157、MRSA等の抗菌機能 ●耐性菌を作らない防カビ機能【ご紹介】当店では造花商品としては 光の楽園 の商品を取り扱っております。今後の予定として、 ブーケ インテリア 観葉植物 の商品も販売していく予定です。当店で販売している商品は、光触媒加工 仏花 ゴムの木 胡蝶蘭 ひまわり 店舗ディスプレイ用 フェイクグリーンなどがあります。今後は、人気の 幸福の木 フラワーアレンジメント グリーンフェンス 造花パーツも販売できればと思っております。【ご紹介おわり】

送料無料
●代引き不可【TS-101】 (送料無料) 造花 フラワーアレンジ (カサブランカ・カラーリリー・マム等) 93509

つかさ

12,214

●代引き不可【TS-101】 (送料無料) 造花 フラワーアレンジ (カサブランカ・カラーリリー・マム等) 93509

送料無料でお届け!(沖縄県・離島を除く)サイズ:70cm×60cm×35cm(H×W×D) 効果:ダイヤモンド触媒加工 【ダイヤモンド触媒特徴】 ●人と地球に優しいダイヤモンド触媒 ●暗闇や低温でも安定した機能により消臭、抗菌、防カビ機能が長期間持続 ●悪玉酸素である活性酸素を減少(抗酸化・ラジカルスカベンジャ機能) ●幅広い消臭機能 有毒VOC・VVOCガス(ホルムアルデヒト・キシレン・アセトアルデヒト) 悪臭根源(アンモニア・トリメチルアミン) 体臭の要因(イソ吉草酸) ●黄色ブドウ球菌、大腸菌、O−157、MRSA等の抗菌機能 ●耐性菌を作らない防カビ機能【ご紹介】当店では造花商品としては 光の楽園 の商品を取り扱っております。今後の予定として、 ブーケ インテリア 観葉植物 の商品も販売していく予定です。当店で販売している商品は、光触媒加工 仏花 ゴムの木 胡蝶蘭 ひまわり 店舗ディスプレイ用 フェイクグリーンなどがあります。今後は、人気の 幸福の木 フラワーアレンジメント グリーンフェンス 造花パーツも販売できればと思っております。【ご紹介おわり】

こちらの関連商品はいかがですか?

球根/コルチカム:八重咲きウォーターリリー1球

園芸ネット プラス

572

球根/コルチカム:八重咲きウォーターリリー1球

秋咲き球根の代表格で、水いらず、土いらずで、バスケットなどに入れて置いておくだけで花芽を出し、きれいな花をたくさん咲かせるインスタント球根です。和名は犬サフランと呼ばれます。もちろん、鉢植え・庭植えでもおたのしみいただけます。花後に土に植えつけておくとオモトに良く似た葉が出てきますので、観葉植物として春までお楽しみいただけます。八重咲きタイプ。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物耐寒性:マイナス5度まで草丈:10〜20cm開花期:10月日照:日向向き栽培方法:鉢植えや庭植えで花を楽しむ場合は、8月ころに植えつけます。土に植えずにそのまま開花を楽しむ場合は、お皿やバスケットなどに入れて明るい窓辺に置きます。球根のすわりが悪いときは、小石、ミズゴケ等で安定させてください。球根の底部の2個の角が生長点なので傷つけないように注意して下さい。花を楽しんだあとの11月頃、日当たりの良い所にに植えつけてください。鉢植えの場合は5号(直径15cm)鉢に1球を目安とし、土が球根の首すれすれの高さになるよう浅く植えます。地植えの場合は、20cm間隔で深さ5cm程度に植えつけてください。元肥として緩効性肥料や堆肥を土に混ぜ込んで植えつけます。開花後はよく日のあたる場所で管理します。葉が出てきたら月に1〜2回程度、液肥を規定倍率に薄めて与えてください。翌春2月頃から葉が伸びだし、初夏のころに葉が枯れます。植えたままでもよく、あるいは掘り上げて風通しのよい日陰で乾燥させ秋を待ちます。貯蔵してまた植えつけることもできます。分球によりふやす事もできます。コルチカム:八重咲きウォーターリリー1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム カンタブリカス 球根 5球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム カンタブリカス 球根 5球

12月から咲き始める早生品種で、室内で育てると花丈は20cm程度まで伸びます。 学名 Narcissus cantabricus 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は、窒素が低めでリン酸...

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

細い花弁がとてもユニークで見応えがあります。 学名 Crinum buphanoides 原産地 南アフリカ北部 夏雨地区 花期 夏 草丈 60〜90cm 耐寒性 中(5℃まで) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 本種は南アフリカ北部原産で、夏場は沼地となり、冬は乾燥するような環境に自生しています。 学名でわかるように、葉はブーファンに形状が似ており、幅広で硬い葉は白い粉を纏い、激しく波打ちます。花序は傘形になり、小花はシャープな星形です。花弁は淡い桃色で幅の狭いリボンのようです。花には良い香りがあります。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。室内か、温度が5℃以下にならないハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 耐寒性が5℃程度までですので、露地植えはお勧めしません。室内での栽培には適しています。 発送状態 1球をお送り致します(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘雪姫’ 球根 5球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘雪姫’ 球根 5球

純白でやや小ぶりの優雅な花姿、カップの縁が若干そり返るのが特徴です。 学名 Narcissus cv.‘Yukihime’ 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は、窒素が低めでリン酸・カリを多く含んだ肥料...

スポンサーリンク
スポンサーリンク