メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「タチアオイの種」検索結果。

タチアオイの種の商品検索結果全2件中1~2件目

[ホリホック 春・秋まき 花タネ]タチアオイ ダブルグランド ミックス(八重咲き)

園芸ネット プラス

972

[ホリホック 春・秋まき 花タネ]タチアオイ ダブルグランド ミックス(八重咲き)

フランスの花の種です。草丈が高くなり、初夏から秋まで鮮やかな花を咲かせるホリホック。八重花タイプの花色ミックス種です。真夏を飾る花として親しまれ、1本の花茎に多数の花をつけます。秋まきより春まきのほうが一般的で、早く開花します。花色は赤、ピンク、ライトピンク、白など。草丈が高くなるので、支柱などを立てて支えてください。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。タイプ:アオイ科の耐寒性多年草まきどき:4~7月 9~10月開花:6~9月(まいた時期により変わってきます)発芽適温:15℃~30℃発芽日数:15日前後草丈:約200cm内容量:約0.8g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。[ホリホック 春・秋まき 花タネ]タチアオイ ダブルグランド ミックス(八重咲き)の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

こちらの関連商品はいかがですか?

[春・秋まき 花タネ]ボーダーフラワーミックス

園芸ネット プラス

972

[春・秋まき 花タネ]ボーダーフラワーミックス

フランスの花の種です。草丈の低い1年草のミックス種です。放任栽培できるワイルドフラワー的なブレンドです。ボーダーガーデンに最適です。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。 種の内容 ・アリッサム ・ストック ・ゴテチャ ・ヴァージニアストック ・ジキタリス(小) ・ナデシコ ・ポーチュラカ ・イベリス ・カレンデュラ その他まき時:3~6月、9~10月(暖地)開花:5~10月(まいた時期により変わってきます)発芽適温:10℃~30℃草丈:約15~40cm内容量:約4g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★ロイヤルフルールのMIXガーデンは一袋で色々な草花が楽しめます。そのまま花壇にパラパラと蒔いたり、植木鉢に蒔いたり、種の種類を分けて種ごとに蒔いたり、色々な楽しみ方があります。基本的な種のブレンドはありますが、基本ブレンド以外の種も入っていて、毎年ブレンドが少しづつ変わります。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。 [春・秋まき 花タネ]ボーダーフラワーミックスの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

[春・秋まき 花タネ]ヒナゲシ(ポピー):コクリコ ブラン ブライダルシルク

園芸ネット プラス

1,296

[春・秋まき 花タネ]ヒナゲシ(ポピー):コクリコ ブラン ブライダルシルク

フランスの花の種です。コクリコは繊細なシルクの様な純白のヒナゲシです。本来は多年草ですが、真夏の暑さに弱いので国内では1年草扱いとなります。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。タイプ:一年草まきどき:3~6月、9~11月開花:5~7月、9月~11月発芽適温:15℃~30℃発芽日数:5日前後草丈:約40~60cm内容量:約0.2g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm育て方:花壇等に播種する場合、バラバラと蒔いて適当に間引きましょう。ポット蒔で移植の場合は、苗が約5cmでポットの土ごと移植します。植え付けの時にはバイオポスト(元肥)を株元に施しておきましょう。日当たりが良い場所、水はけの良い土壌を好みます。耐寒性は割と強いですが、霜が降りる場合は霜よけして下さい。真夏の暑さに弱いので、暖地では一年草扱いされます。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。 [春・秋まき 花タネ]ヒナゲシ(ポピー):コクリコ ブラン ブライダルシルクの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

[春・秋まき 花タネ]小鳥のための多年草ガーデンミックス

園芸ネット プラス

1,296

[春・秋まき 花タネ]小鳥のための多年草ガーデンミックス

フランスの花の種です。フランス野鳥の会と共同で開発した草花のミックス種です。「小鳥をお庭に呼ぼう」という趣旨でヨーロッパで鳥が好む1年草と多年草の種をブレンドしました。栽培の際は、小鳥のために農薬や殺虫剤などは使用しないで下さい。また、開花終了後も、小鳥たちが種をついばんだり、枯れ草を巣の材料に使うので、できればそのままにしておいてください。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。 種の内容 ・アスター・オーブリエチア・アリッサム Goldenyellow ・アラビス Silverbasket・ジギタリス・リナム・ワスレナグサ・ヴィオラ その他タイプ:多年草まき時:3~7月、9~11月(暖地)開花:翌年4~9月発芽適温:15~30℃草丈:約20~80cm内容量:約3g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★ロイヤルフルールのMIXガーデンは一袋で色々な草花が楽しめます。そのまま花壇にパラパラと蒔いたり、植木鉢に蒔いたり、種の種類を分けて種ごとに蒔いたり、色々な楽しみ方があります。基本的な種のブレンドはありますが、基本ブレンド以外の種も入っていて、毎年ブレンドが少しづつ変わります。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。 [春・秋まき 花タネ]小鳥のための多年草ガーデンミックスの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

[春・秋まき 花タネ][フランス花の種]グランデマーガレット ダブルプリエ * ノーブランド品

Amazon

1,620

[春・秋まき 花タネ][フランス花の種]グランデマーガレット ダブルプリエ * ノーブランド品

フランスの花の種です。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。グランデマーガレットは大輪の花を咲かせる八重咲きのマーガレットです。タイプ:多年草まきどき:3~7月、9~11月(暖地)開花:5~7月、10月~11月発芽適温:15℃~30℃発芽日数:15日前後草丈:約70cm内容量:約0.5g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm育て方:種は小さいポットに3~4粒ほど蒔き、土を薄くかぶせます。発芽までは発芽温度を守り、十分に保水してください。苗が約10cmに育った頃に、ポットの土ごとそっと抜いて移植します。その際に、根元にバイオポスト(元肥)を根元に施すと根づきが良くなります。高温多湿に弱いので、風通しが良く日当たりが良い場所を好みます。蕾がついてきたら、リキッドサムBIO(液肥)を与えると効果的。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。

[春・秋まき 花タネ]オダマキ:ロイヤルジャイアントハイブリッド

園芸ネット プラス

972

[春・秋まき 花タネ]オダマキ:ロイヤルジャイアントハイブリッド

フランスの花の種です。ヨーロッパ原産の西洋オダマキのMIXです。赤・桃・白などカラフルな花が咲きます。オダマキは発芽しにくく、発芽に1か月位かかる場合があります。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。まき時:4~7月、9~10月開花:翌年5~8月(まいた時期により変わってきます)発芽適温:15℃~30℃草丈:約80cm内容量:約0.7g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm播き方の注意:オダマキは好光性なので種を播く場合は、先に播く土を濡らしてその上に種を蒔きます。 その後、霧吹き等で発芽するまで十分に保水してください。発芽まで2か月くらいかかることもあります。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。 [春・秋まき 花タネ]オダマキ:ロイヤルジャイアントハイブリッドの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

[春・秋まき 抗うつ効果のある薬草として知られるハーブのタネ]セント ジョンズ ウォートの種(セイヨウオトギリソウ)

園芸ネット プラス

270

[春・秋まき 抗うつ効果のある薬草として知られるハーブのタネ]セント ジョンズ ウォートの種(セイヨウオトギリソウ)

黄色い花をたくさん咲かせ、不思議な斑点のある葉をもつ植物です。ヨーロッパでは古くから抗うつ効果のある薬草としても知られています。また、花の穂から取れる油は打ち身、ねんざの部分に塗ると効果があるといわれます。つけたあとは日光に当たらないようにしましょう。(家庭では医師と相談の上で利用するようにしましょう)学名:Hypericum perforatum和名:セイヨウオトギリソウタイプ:耐寒性宿根草まき時:3~4月、9~10月発芽適温:15℃~20℃開花期:7月~8月種数:0.1ml草丈:30~60cm用途:葉を乾燥させてお茶に。花穂から取れた油は打ち身ねんざに。日照:日なたを好む種まき:苗床(箱かシードトレイ)を用意し、湿らせた培養土を入れ、表面を平らにします。苗床にばらまき、ごく薄く土をかけます。発芽適温は15℃~20℃です。ビニールかラップをかけますが、発芽したらすぐにとってください。 育て方:発芽後は明るい場所で管理しますが、暑い日差しからは保護してください。本葉5,6枚になったら5cm間隔に移植します。4月以降、十分に大きくなってから30cm間隔で定植します。 備考:ハーブとしてハーブティ(安眠効果)などに利用できます。[春・秋まき 抗うつ効果のある薬草として知られるハーブのタネ]セント ジョンズ ウォートの種(セイヨウオトギリソウ)の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

スポンサーリンク
スポンサーリンク