メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「センテッドゼラニウム」検索結果。

センテッドゼラニウムの商品検索結果全53件中1~53件目

ハーブの苗 「シェルブランドゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「シェルブランドゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

【ハーブ】ブルボンゼラニウム葉からさわやかなローズの香り♪他のセンテッドゼラニウムに比べて香り高く、アロマ効果が高い品種です!ブルボンゼラニウム 3号ポット 【センテッドゼラニウム】

ファーム フローラル

376

【ハーブ】ブルボンゼラニウム葉からさわやかなローズの香り♪他のセンテッドゼラニウムに比べて香り高く、アロマ効果が高い品種です!ブルボンゼラニウム 3号ポット 【センテッドゼラニウム】

●手入れ 年中咲くお花なので、肥料は常に必要です。1週間に一度の割合で液体肥料を与えましょう。 ただし、与えすぎも禁物。枝ばかりが育ち、花がつかなくなってしまいます。 与える量は、ほかの四季咲き植物よりも少なめで良いです。 毎週肥料を与える時間のない方は、ゆっくりと効くタイプの固形肥料を3か月に1回程度与えても良いでしょう。 枝や葉をよく伸ばすタイプのゼラニウムは、年に一度、思いきり切り戻しましょう。 切り戻しの適期は3月です。 じめじめや過湿に弱いです。比較的乾燥を好みます。 水やりは、乾いたらたっぷりと与えましょう。 冬は水やりの頻度を少し控えてください。そうすることで、耐寒性が強くなります。 ●用土 水はけの良い土がいいです。 赤玉土(小)5:腐葉土またはピートモス3:バーミキュライト2の割合がお勧めです。 市販されている花と野菜の土に、腐葉土を2割ほど混ぜても良いです。 ●植え替え 植え替えの適期は3月です。 ゼラニウムは、根張りが良いので、鉢植えだったら毎年、プランターだったら2年に1度植え替えをするとよく育ちます。 周りの土と根を3分の1程度落として植えかえてください。ゼラニウムは開花期の長い花で真冬と真夏を除くと年中咲く多年性の植物です。 なかでも、5月と10月に一番いい花を咲かせます。 いろいろな品種がありますが、性質・育て方に大差はありません。

ハーブの苗 「ミセステイラーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「ミセステイラーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ブルボンゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「ブルボンゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ココナッツゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ココナッツゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ペパーミントゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ペパーミントゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ローズゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レモンバームゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンバームゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「チョコレートペパーミントゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「チョコレートペパーミントゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「アップルゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「アップルゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「シナモンゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「シナモンゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ジンジャーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ジンジャーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ナツメグゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ナツメグゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブ ローズゼラニューム(センテッドゼラニウム) 【3号ポット苗】宿根草 苗 多年草

花ひろばオンライン

302

ハーブ ローズゼラニューム(センテッドゼラニウム) 【3号ポット苗】宿根草 苗 多年草

お届けする商品について 商品について 商品は3号(9cm)ポット苗です。 落葉時期は葉を落としていたり葉が汚れておりますが、春になったら芽吹いてキレイに生え揃います。 ※ハーブは生長が早いため商品画像より大きかったりします。また、商品維持管理のため定期的に剪定を行いますので商品画像より小さくなる場合がございます。ご了承下さいませ。 ハーブ苗のお届け後の養生 ハーブ苗を取り出し風通しの良い明るい日陰に移動させ水をたっぷりあげて下さい。花ひろばオンラインがお届けするハーブ苗は屋外でかんりしていますが、お客様の環境に慣れさせるために、2~5日位その場所で管理してあげて下さい。到着直後にお庭・畑への植替えは避けて下さい。 お届けしたポットの状態でも2週間位はポットの状態でも問題ありません。土が乾いたら、たっぷりとお水をあげて下さい。 ハーブに優しいご理解を! ハーブには体に有効な効能がありますが、体質や体調によってはトラブルの原因になる場合もあります。もちろんお一人お一人に感じ方や効能は様々ですので、効果を必ずしもお約束できるものではございません。この点につきましては、予めご了承くださいませ。ハーブティなどご病気中や妊娠中のお客様は、くれぐれも医師にご相談、ご配慮の上ご利用くださいませ。 送料 こちらの商品の同梱可能本数は・・・ 小梱包で8株まで同梱可能 40個までが通常梱包でお届けになります。 こちらの商品は小梱包でのお届けが可能です ・送料についてはこちら ・同梱可能本数の目安(一覧)はこちら ・ご注文からお届けまでの流れはこちら ハーブの育て方 管理場所 ハーブを育てるうえで一番大切なのは雑草を抜く事です。雑草が生い茂ると、日当たりや風通しが悪くなるからです。雑草が大きくなる前に定期的に抜いて下さい。 施肥・刈り込み...

ハーブの苗 「プリンスオブオレンジゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「プリンスオブオレンジゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レモンローズゼラニウム 9cmポット(ロバーズレモンローズゼラニウム)」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンローズゼラニウム 9cmポット(ロバーズレモンローズゼラニウム)」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レディープリマスゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レディープリマスゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「クリスピュームレモンゼラニウム(ペラルゴニウム) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「クリスピュームレモンゼラニウム(ペラルゴニウム) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「ファーンリーフゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「ファーンリーフゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「アンダソニーゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「アンダソニーゼラニウム 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フクロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「デンチゼラニウム(デンタータゼラニウム) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「デンチゼラニウム(デンタータゼラニウム) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「レモンバリエゲータゼラニウム(斑入り) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンバリエゲータゼラニウム(斑入り) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「アターオブローゼズゼラニウム(アッタルローズ) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「アターオブローゼズゼラニウム(アッタルローズ) 9cmポット」

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします...

ハーブの苗 「オーシャンウェーブゼラニウム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

453

ハーブの苗 「オーシャンウェーブゼラニウム 9cmポット」

センテッドペラルゴニウムの品種の中でも花が大きいのが特徴です。 花茎をしっかりと伸ばしピンク色の花を見事に咲かせます。バラの香りがする葉は大きくビロードのような感触で波打っていて、高さ100cmになる大型種です。 【特徴】 樹高・草丈: 100cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬~7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌 【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4~5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5~10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもありま...

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:アッターオブローズ(ローズゼラニウム)3号ポット

園芸ネット プラス

343

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:アッターオブローズ(ローズゼラニウム)3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。南アフリカ原産のものから交配により多くの品種が作り出されています。日当たりのよい場所でよく花を咲かせ、良い香りがあります。香りは品種によりさまざまで、バラエティ豊富。葉を乾燥させてドライポプリとして利用したり、葉や花をお菓子や飲み物、ジャム、ゼリー、ハーブティーなどの香り付けに利用します。香料の原料としても栽培されています。アッターオブローズはバラの香りをもつローズゼラニウムのひとつ。ローズゼラの中でも特に香り成分が強いので、バラのかわりに香料に使われます。株は立ち性で1mくらいになり、夏に小さな花を咲かせます。古くから、欧米の家庭ではアップルゼリーの香り付けにつかわれてきました。葉をゼリー液に入れてしばらく煮出すと、香りをつけることができます。花弁だけを摘み取り、細かくカットしてアイスクリームやソルベに加えるのもおすすめです。学名:Pelargonium cv. 'Attar of Rose'タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:60~100cm開花期:5~10月日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティーやソースに、また、葉を煮だしてカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。葉を乾燥させてポプリやサシェに入れるのもおすすめです。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください...

草花の苗/ニオイゼラニウム:アッターオブローズ(ローズゼラニウム)3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

686

草花の苗/ニオイゼラニウム:アッターオブローズ(ローズゼラニウム)3号ポット2株セット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。南アフリカ原産のものから交配により多くの品種が作り出されています。日当たりのよい場所でよく花を咲かせ、良い香りがあります。香りは品種によりさまざまで、バラエティ豊富。葉を乾燥させてドライポプリとして利用したり、葉や花をお菓子や飲み物、ジャム、ゼリー、ハーブティーなどの香り付けに利用します。香料の原料としても栽培されています。アッターオブローズはバラの香りをもつローズゼラニウムのひとつ。ローズゼラの中でも特に香り成分が強いので、バラのかわりに香料に使われます。株は立ち性で1mくらいになり、夏に小さな花を咲かせます。古くから、欧米の家庭ではアップルゼリーの香り付けにつかわれてきました。葉をゼリー液に入れてしばらく煮出すと、香りをつけることができます。花弁だけを摘み取り、細かくカットしてアイスクリームやソルベに加えるのもおすすめです。Pelargonium cv. 'Attar of Rose'タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:60~100cm開花期:5月~10月日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティーやソースに、また、葉を煮だしてカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。葉を乾燥させてポプリやサシェに入れるのもおすすめです。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください...

■ハーブ大苗■無農薬パインゼラニウムしっかり根の張った大苗4号ポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

498

■ハーブ大苗■無農薬パインゼラニウムしっかり根の張った大苗4号ポット

香りゼラニウム。すがすがしい香り♪ ■送料区分:A2(送料表はこちら)[20130328][20130405] ■ 形状・サイズ他 12cmポット苗 鉢上高さ 約10~15cm ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 離島など一部お届けできない場合がございます。 ■備考 農薬履歴: 無農薬 *ハーブの優良大苗です!しっかりと根が張っているので、すくすく元気に育ちます! センテッドゼラニウムは葉に香りのあるゼラニウムのこと。ニオイゼラニウムとも呼ばれ、香りを活かしてハーブバスやお菓子の香りづけに使われます。愛らしい花はサラダやデザートの飾りづけに。葉の形も美しく、見た目も魅力的なハーブ。品種によって様々な香りの違いが味わえます。パインゼラニウム、爽やかな香りのハーブゼラニウム、香り付けやポプリなどに。 育て方 フウロソウ科の常緑低木 花時期は4月~9月。日当たりのよいところで育ててください。夏は涼しい場所に。水は土の表面が乾いて少したったら、鉢底から流れるくらいたっぷりと。乾燥気味を好みますので、水の与えすぎに注意しましょう。ちょこちょこ水をやらず、乾いたらたっぷりというメリハリが大切です。肥料は春から秋にかけて液体肥料を。寒さにはやや弱いので、冬は室内に入れるとよいでしょう。BLOOMSの宿根草 宿根草 山野草 ハーブ ミント タイム ローズマリー ラベンダー ゼラニューム セージ バラエティー 爽やかな香りのハーブゼラニウム、香り付けやポプリなどに。

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ローズ(ローズゼラニウム)3~3.5号ポット

園芸ネット プラス

457

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ローズ(ローズゼラニウム)3~3.5号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種がありますが、中でも人気の品種をご紹介します。ローズゼラニウムは中でも最もポピュラーな品種。ピンクの花で、バラの香りです。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。花も美しく、庭先の人がよく通る道のわきに植えていただくと、通るたびに甘い香りが楽しめます。また、ハトが嫌う臭いなので、ハトよけにもなります。タイプ:非耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm開花期:3月~7月日照:日向むき利用方法花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでハーブティー、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。(葉は味が悪いので、香りが移ったら取り除いてください)また、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方: 日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 耐寒性はないので、冬の間は室内に入れます。挿し木で簡単に増やせます。折れた枝を水にさしておくだけで発根します。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。初夏または秋口に挿し木して殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ニテンピラム、マラソン 各1回生産地:宮城県ニオイゼラニウム:ローズ(ローズゼラニウム)3~3.5号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物ローズゼラニウム苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。アンダーソニアはコンパクトなローズの香りのゼラニウム。ピンクの花が咲きます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

草花の苗/ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

731

草花の苗/ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポット2株セット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。アンダーソニアはコンパクトなローズの香りのゼラニウム。ピンクの花が咲きます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:アンダーソニア3号ポット2株セット の栽培ガイドゼラニウムの管理法苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。カピタタムは横に枝が張り、縮れたような葉の品種です。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:リリアンポッテンシャー3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:リリアンポッテンシャー3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。リリアンポッテンシャーは、パイナップルゼラニウムに似た葉で、花は白色、やや這い性になります。10℃位あれば花芽が付きます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:25~30cm(幅:30~40cm位)開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。3号(直径9cm)ポット植えです。使用農薬(有効成分):MEP生産地: 宮城県ニオイゼラニウム:リリアンポッテンシャー3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ヘーゼルナッツ3号ポット

園芸ネット プラス

345

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ヘーゼルナッツ3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。ヘーゼルナッツはローズピンクの花。葉が小さく、スパイシーな香りがします。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。ほかの草花の近くに植えると病虫害の発生を抑えることができます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。お届けする苗は、3号(直径9cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。使用農薬(有効成分):チアメトキサム(1回)生産地: 宮城県ニオイゼラニウム:ヘーゼルナッツ3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポット

ナツメグは、白い花と赤みがかった花茎が美しい品種です。ナツメグのようなスパイシーな香りがします。香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:40~100cm開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。使用農薬(有効成分):ピメトロジン1回生産地:宮城県写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:オドラ3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:オドラ3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。オドラは、ローズゼラニウムに似た大きめの葉で、花はピンク色、立性になります。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:40~60cm開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):MEP生産地: 宮城県ニオイゼラニウム:オドラ3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

草花の苗/ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

731

草花の苗/ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポット2株セット

ナツメグは、白い花と赤みがかった花茎が美しい品種です。ナツメグのようなスパイシーな香りがします。香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:40~100cm開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:ナツメグ3号ポット2株セットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

草花の苗/ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

731

草花の苗/ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポット2株セット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。カピタタムは横に枝が張り、縮れたような葉の品種です。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:カピタタム3号ポット2株セットの栽培ガイドゼラニウムの管理法苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:チョコミント3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:チョコミント3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。チョコミントは葉にさわやかなミントの香りがあり、葉に黒の模様が入ります。花は濃いピンク色です。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。花も美しく、庭先の人がよく通る道のわきに植えていただくと、通るたびに甘い香りが楽しめます。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:チョコミント3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:オールドスパイス3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:オールドスパイス3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種があります。オールドスパイスはナツメグとアップルの交配種。葉、花とも小さめ小さめで、春から秋まで繰り返し白い小花を咲かせます。 甘めながらピリッとしたスパイシーな香りがあります。タイプ:フウロソウ科の半耐寒性常緑多年草開花期:5月~10月(十分な温度があれば周年開花)日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでお菓子、ハーブティー、ソースやカスタード、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。または、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 挿し木で増やせます。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。暖地では露地で冬越しできますが、寒さに比較的弱いので、寒冷地では鉢植えにして冬は日当たりの良い室内にとりこんでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チアメトキサム1回生産地:宮城県ニオイゼラニウム:オールドスパイス3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ジンジャー3号ポット

園芸ネット プラス

343

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:ジンジャー3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種がありますが、中でも人気の品種をご紹介します。ジンジャーはさわやかなショウガ(ジンジャー)の香り。濃淡ピンクの花が咲きます。タイプ:非耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm開花期:3月~7月日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでハーブティー、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。(葉は味が悪いので、香りが移ったら取り除いてください)また、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 耐寒性はないので、冬の間は室内に入れます。挿し木で簡単に増やせます。折れた枝を水にさしておくだけで発根します。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。初夏または秋口に挿し木して殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。ニオイゼラニウム:ジンジャー3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:シナモン3号ポット

園芸ネット プラス

366

ハーブの苗/ニオイゼラニウム:シナモン3号ポット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種がありますが、中でも人気の品種をご紹介します。シナモンはローズピンクの花。葉が小さく、スパイシーな香りがします。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。花も美しく、庭先の人がよく通る道のわきに植えていただくと、通るたびに甘い香りが楽しめます。タイプ:非耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm開花期:3月~7月日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでハーブティー、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。(葉は味が悪いので、香りが移ったら取り除いてください)また、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 耐寒性はないので、冬の間は室内に入れます。挿し木で簡単に増やせます。折れた枝を水にさしておくだけで発根します。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。初夏または秋口に挿し木して殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回、マラソン1回生産地:宮城県ニオイゼラニウム:シナモン3号ポットの栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

草花の苗/ニオイゼラニウム:シナモン3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

731

草花の苗/ニオイゼラニウム:シナモン3号ポット2株セット

香りを楽しむハーブ、センテッドゼラニウムにはたくさんの品種がありますが、中でも人気の品種をご紹介します。シナモンはローズピンクの花。葉が小さく、スパイシーな香りがします。花は日当たりがよければ春から秋まで良く咲き、環境が合う場所では冬も咲き続けます。花も美しく、庭先の人がよく通る道のわきに植えていただくと、通るたびに甘い香りが楽しめます。タイプ:非耐寒性常緑多年草草丈:30~50cm開花期:3月~7月日照:日向むき利用方法:花はサラダに散らしてください。葉は生のまま刻んでハーブティー、バターやジャム、ビネガーに入れると甘い香りが楽しめます。(葉は味が悪いので、香りが移ったら取り除いてください)また、葉を乾燥させてポプリやサシェに入れてください。育て方:日あたりと水はけのよい場所で育てます。水あげがよいので、暑い夏には水がれしないよう気をつけて。よく成長するので、1年に1度、春か秋に新しい土に植え替えてください。 耐寒性はないので、冬の間は室内に入れます。挿し木で簡単に増やせます。折れた枝を水にさしておくだけで発根します。葉の収穫はいつでもOK。乾燥して保存します。初夏または秋口に挿し木して殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回、マラソン1回生産地:宮城県ニオイゼラニウム:シナモン3号ポット2株セット の栽培ガイドゼラニウムの管理法忌避植物苗類のお届け形態について

こちらの関連商品はいかがですか?

ハーブの苗 「コリアンダー 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「コリアンダー 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけのよい砂質壌土を好みます。 夏対策としては、気温が上昇すると葉が成長し裂けて羽状化やとう立ちが早まるので半日陰にするとよいです。また、多湿による蒸れにも注意が必要です。料理に利用する若葉の状態の苗は、暑さや蒸れに弱く溶けてしまうことがあるので、風通しのよい明るい日陰で管理するとよいです。 追肥は春まき苗は5月、秋まき苗は2月と5月に行います。 移植を嫌う傾向がありますが、本葉が4~6枚までの時期なら丁寧に行えば移植できます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 コリアンダー・ギャラリーハーブの苗 コリアンダー Coriander 学 名 Coriandrum satium 科 名 セリ科コエンドロ属 種 類 1年草 原産地 地中海沿岸 和 名 コエンドロ 別 名 カメムシソウ、チャイニーズパセリ 花 色 ピンク 地中海沿岸地域に分布しています。 高さは30~50cmになります。花は白です。葉は光沢のある緑色で、やや肉厚のミツバの葉に良く似た形をしています。葉をもむとカメ虫のような香りがします。新鮮な若葉は中国料理やインド料理、タイ料になどエスニックな料理には利用されています。収穫は下葉から順次取って使います。 種子は円形で快い香りがあります。スパイスとして、インド料理、ピクルス、マリネ、シチューなどに使われる他に...

ハーブの苗 「ゴールデンオレガノ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ゴールデンオレガノ 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけがよければ、土質はあまり選びません。肥料を施すとよく茂りますが、控えめのほうが香りがよくなります。乾燥には強いのですが、高温多湿の時期は注意が必要です。茂り過ぎると、風通しが悪くなり蒸れることがあるので、収穫を兼ねて刈り取るか、枝を梳(す)くとよいでしょう。 【オレガノの種類と品種】 オレガノの仲間は形態によって大きく3つに分けられます。 オリガヌム類 耐寒性が強く丈夫な仲間で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●オレガノ(ワイルドマジョラム) ●ゴールデンオレガノ ●オレガノカントリークリーム マヨラナ類 オリガヌム類と比べると全体的に小さく草丈は20~50cmほどになります。耐寒性~半耐寒性で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●スイートマジョラム ●イタリアオレガノ(ワイルドマジョラムとスイートマジョラムの交配種) アマラクス類 半耐寒性で高温多湿にとても弱いので、雨よけ対策を行い、初夏から秋までは特に注意が必要です。1年を通して乾燥気味に育ててください。ギリシャからオリエントに分布している仲間で、花や苞葉が綺麗な品種が多く、花オレガノとも呼ばれています。もっぱら観賞用として利用され、料理には使われませんが、稀にティーに利用している地域があります。ドライフラワーやポプリにすると綺麗です。 ●ケントビューティー ●バーハラチンゲイ ●ディタニーオブクリート ●ハイブリット ●プルケルム ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい...

ハーブの苗 「スペアミント 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「スペアミント 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「レモンバーベナ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンバーベナ 9cmポット」

■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよ場所に植えて下さい。土も水はけのよいものにすると育てやすくなります。 耐寒性がなく霜にあたると枯れてしまうので、直植えの場合には霜が降りる前に鉢上げして屋内の明るい場所に移動して下さい。有機質肥料を元肥として施して下さい。 病害虫の心配は特になく、育てやすいです。 枝ぶりが悪いので、随時剪定を行い形を整えると幹がしっかりして丈夫な株になります。 強風に弱く、木質化した枝が裂けるようにして折れるので注意して下さい。 幼木は寒さに弱いので、1年目にできるだけ成長させてください。晩秋に株元に腐葉土を敷き、高さ60cm以下であれば藁や不織布を巻いて防寒するとよいでしょう。関東中部以南であれば露地栽培でも越冬することができます。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい レモンバーベナの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レモンバーベナ・ギャラリーハーブの苗 レモンバーベナ Lemon scented verbena 学 名 Aloysia triphylla 科 名 クマツヅラ科イワダレソウ属 種 類 低木 原産地 アルゼンチン、チリの温帯地域 和 名 コウスイボク 別 名 ベルベーヌ、ボウシュウボク 花 色 ホワイト 南米ペルー、チリ、アルゼンチンに分布しています。 高さ3~4mになります。香水木とも呼ばれ、葉は鮮やかな緑色で...

ハーブの苗 「カンファータイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「カンファータイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 カンファータイム・ギャラリーハーブの苗...

ハーブの苗 「レモンバーム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンバーム 9cmポット」

【栽培のポイント】 耐寒性があり、高温多湿にも比較的強く、生育が早いので育てやすいです。日当たり~半日陰まで適応し、腐植質に富んだ肥沃な土で、水はけのよい場所に植え付けて下さい。 有機質肥料を元肥や寒肥えとして施して下さい。 秋または早春に枯れた葉茎を刈り取って下さい。 開花して種が付くと、株が老化しやすいので、収穫を兼ねて開花する前に刈り取って乾燥保存するとよいでしょう。刈り取ったあとに株元にお礼肥をすると新芽がよく出てきます。 夏の日差しが強すぎて葉焼けを起こすので、寒冷紗などで50%くらい遮光してください。また、水をたっぷりあげないと葉が堅くなりますので注意してください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい レモンバームの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 レモンバーム Lemon balm 学 名 Melissa officinalis 科 名 シソ科セイヨウヤマハッカ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ南部 和 名 セイヨウヤマハッカ 別 名 メリッサ 花 色 メリッサ、バーム 南ヨーロッパに分布しています。 四角形の茎はよく枝分かれして、高さ50~70cmになります。花は白く、茎の上部の葉腋に輪散状となって咲きます。 別名:、香水薄荷とも呼ばれ、とても爽やかなレモンの香りがします。 ハーブティーはもちろん、サラダや詰め物料理、魚料理、肉料理、ゼリー、ジャム...

ハーブの苗 「レモンマリーゴールド 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンマリーゴールド 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所を好みます。 半耐寒性なので、冬場は株元を腐葉土や藁で防寒して下さい。 鉢植えにしても楽しめますが、大株になるので、摘芯や剪定を行い高さを調整して下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 マリーゴールド(レモン)・ギャラリーハーブの苗 レモンマリーゴールド Lemon marigold 学 名 Tagetes lemmonii 科 名 キク科マンジュギク属 種 類 多年草 原産地 メキシコ 和 名 - 別 名 マウンテンマリーゴールド 花 色 イエロー 高さが70~100cmになります。 他の花が少なくなる秋から初冬にかけて、茎の先端に鮮やかな黄色の花をつけます。 名前が示すように葉にレモンの芳香があります。根からの分泌液がナメクジやネマトーダ(センチュウ)を寄せ付けない効果がありますので、花壇や畑に混植するのもよいでしょう。 香りを楽しむには、初冬の切り花や乾燥させた花と葉をポプリなどにするとよいでしょう。 また、花びらを料理の彩りに使うこともできます。 ※ネマトーダ(センチュウ)主に土中の根に付く吸汁性害虫です。 科名:キク科マンジュギク属 【特徴】 樹高・草丈: 70~100cm 種類:多年草 開花時期:9月上旬~12月上旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通 日当たり:日なた 土質...

ハーブの苗 「ロンギカウリスタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ロンギカウリスタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ロンギカウリスタイム...

ハーブの苗 「ロシアンセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ロシアンセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 地植えすると大きな株に育ち、高さ100cmほどに成長し、初夏から秋まで咲き続けます。半日陰でも育ちます。鉢植えやプランターの場合は、1年に1回(3月頃...

ハーブの苗 「チャイブ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「チャイブ 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水もちと水はけのよい肥沃な場所を好みます。 夏場の高温と乾燥に弱いので寒冷紗などを掛けるよいでしょう。土は酸性土を嫌います。 苗の植え付け直後は、株を腐らせやすいので、水やりは控えめにして注意して下さい。 追肥を生育中は月に1回程度きらさずに与えて下さい。肥料や水分が不足すると葉先が黄変します。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい チャイブの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 チャイブ・ギャラリーハーブの苗 チャイブ Chives 学 名 Allium schoenoprasum 科 名 ユリ科ネギ属 種 類 多年草 原産地 アジア、ヨーロッパ 和 名 エゾネギ 別 名 シブレット 花 色 ピンク 欧米各地で栽培されているチャイブはアサツキの仲間が栽培化されたものです。 お料理好きの方にはシブレットといったほうが、ピンとくるかもしれません。アサツキに似ていますが香りが繊細で、刺激性のあるネギ臭が少ないのが特徴です。また、はっきりとした鱗茎ができず、夏にも休眠しません。 葉は円筒状で細長く、長さは約30cm位になり、晩春に紫紅色の花を咲かせます。 収穫は充分に成長させた2年目からが理想です。高さが20cmを越えたら、地際から2~3cmくらいを残し刈り取ります。土際に少し残すことにより、次の葉が出やすくなり繰り返し収穫できます。...

ハーブの苗 「ジャーマンカモミール 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ジャーマンカモミール 9cmポット」

【カモミールについて】 ジャーマンカモミールとローマンカモミールは、形態や成分ともによく似ていますが同属ではなく、ジャーマンカモミールはカミツレ属、ローマンカモミールはカモマイル属にそれぞれ属します。 ローマンカモミールには、変種で花が白色~クリーム色の八重咲きのダブルフラワー種と花をつけない園芸種のノンフラワー種があります。また、ダイヤーズカモミールはローマカミツレ属で、ジャーマンともローマンとも違う属になります。 花はジャーマンよりローマンの方が少し大きめで、香りが強いです。ローマンは、葉、茎、花、全てからリンゴのような香りがしますが、ジャーマンは花だけからリンゴのような香りがします。 【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃で柔らかい土を好みます。 花を収穫する場合は開花直後に行います。高温乾燥期はハダニやアブラムシに注意してください。ハダニやアブラムシの予防としては、朝、葉水を与えるか、チッソ肥料分を少なめにすると良いでしょう。 収穫は茎ごと束ねて刈り取るか、花の部分を刈り取ります。風通しのよい日陰でゆっくりと乾燥させ、密閉容器で保存してください。秋植え、春植えどちらの場合も梅雨時期になる前に収穫するとよいでしょう。また、こぼれ種で増えるのでその分を残して収穫すると、翌年も楽しむことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい カモミールの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんなものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について...

ハーブの苗 「タンジー 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「タンジー 9cmポット」

【栽培のポイント】 水はけがよく、半日陰までの明るい場所を好みます。土質は選びません。 夏に乾燥が続いてしおれるときは、水やりする程度でよいです。 春から成長が旺盛になるので、早春に元肥を忘れないようにして下さい。追肥は2~3ヶ月おきが目安です。 地下茎が放射状に伸びて株が大きくなるので、広がって困るときは、2~3年に1回、株分けによって更新するとよいです。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 タンジー Tansy 学 名 Tanacetum vulfare 科 名 キク科ヨモギ属 種 類 多年草 原産地 ユーラシア 和 名 エゾヨモギギク 別 名 バチェラーズボタン 花 色 イエロー ヨーロッパに分布し、日当たりのよい乾燥地に自生しています。 高さ100~150cmになります。 葉は緑色で鳥の羽根のような形をしています。黄色のボタン状の花を多く咲かせます。 長く直立して伸びた茎は冬には枯れて、冬至芽の状態で越冬します。 ヨーロッパでは、昔は防虫として枝を室内や食糧庫に吊るしハエを防いだり、戸口に置いてアリよけにしたり、カーペットの下に入れてダニよけ、また犬小屋やペットの敷物にして虫よけなどに利用されていました。 果樹園に植えると害虫を防ぐと共に栄養素を多く含むため土も肥やしてくれます。 染料としても利用され、枝葉からはグリーンがかった黄色に...

ハーブの苗 「チャービル 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「チャービル 9cmポット」

【栽培のポイント】 水はけがよくて、湿り気のある肥沃な砂質壌土を好みます。 冬期は日がよく当たる場所で、初夏~夏には半日陰か明るい日陰で風通しのよい場所で育てて下さい。 移植を嫌いますが、本葉が3~4枚位までの頃の移植であれば、丁寧に行えば問題はありません。 追肥に薄い液肥を繰り返し与えると1~2ヶ月で収穫できるようになります。 水分を好むので水を切らさないように注意が必要です。 葉をの収穫する間は、花芽が伸びてきたら切ってください。■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい チャービルの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 チャービル Chervil 学 名 Anthriscus cereifolium 科 名 セリ科シャク属 種 類 1年草 原産地 ヨーロッパ南部~アジア西部 和 名 ウイキョウゼリ 別 名 セルフィーユ、ガーデンチャービル 花 色 ホワイト ロシア南部から西アジアに分布しています。 高さは20~50cm位で中空の茎は細く、よく枝分かれして株立ちになります。小葉は鮮緑色でレースのように細かい切れ込みがあってパセリよりもおだやかな香りです。花は小さく白色の5弁で茎の先端に集まって咲きます。 フランスではセルフィーユと呼ばれ、柔らかな葉と繊細な香りから「美食家のパセリ」とも呼ばれています。 お料理にはパセリと同様の利用方法になります。サラダやスープ、鶏肉料理、魚料理...

ハーブの苗 「ラベンダー・ソヤーズ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ソヤーズ 9cmポット」

アラルディラベンダーは、海外では一般的にミッチャムラベンダーという名称で呼ばれています。 ※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 アラルディラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして、温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい...

ハーブの苗 「パイナップルセージ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「パイナップルセージ 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 日当たりのよい肥沃な場所を好みます。日陰で育てると徒長し、間延びし軟弱になることがあるので注意してください。 開花前の初夏までに1~2回剪定を行い高さを抑えると綺麗に花穂を付けてくれま...

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

388

ハーブの苗 「ハゴロモジャスミン 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃な土壌を好みます。 比較的寒さに強いので、暖地であれば屋外でも旺盛に育ちます。 花後は油かすや骨粉を根元に追肥として与えて下さい。剪定に強いので、秋が早春に半分くらいに刈り込んで株の形を整えて下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ハゴロモジャスミンの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ハゴロモジャスミン・ギャラリーハーブの苗 ハゴロモジャスミン Jasmine 学 名 Jasminum polyanthum 科 名 モクセイ科ソケイ属 種 類 つる性低木 原産地 中国 和 名 ソケイ、シロモッコウ 別 名 - 花 色 ホワイト 中国西南部からヒマラヤ、インド北部、アフガニスタン、イランにかけて分布しています。 アラビアジャスミンの近縁種で、とても香りのよい白色の花を、初夏から初秋まで沢山咲かせます。 蕾時に寒気にあうと早春の花が見られなくなることがあるので注意が必要です。また、日陰に置くと花つきが悪くなることがあります。 比較的に寒さに強く関東南部から南の地域では屋外でも冬越しします。 科名:モクセイ科ソケイ属、和名:ソケイ、シロモッコウ。 【特徴】 樹高・草丈: 200~300cm 種類:つる性常緑低木 開花時期:7月上旬~10月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:普通 日当たり:日なた...

ハーブの苗 「ステビア 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ステビア 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりを好み、腐植質を含んだ土が合います。乾燥しすぎないように水やりを行って下さい。 有機質肥料を元肥や寒肥えとするか、生育期(刈り取り後)に化成肥料を施します。 半耐寒性ですので、冬の寒さが厳しい地域では、温室や明るい室内に移動して下さい。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ステビア Stevia 学 名 Stebia rebaudiana 科 名 キク科ステビア属 種 類 多年草 原産地 パラグアイ 和 名 アマハステビア 別 名 - 花 色 ホワイト 南米パラグアイの山地に分布し、やや湿り気ある場所に自生しています。 高さ50~100cmほどになります。茎にはこまかくて白い毛が密生し、ザラザラとした感触があります。長く伸びた葉茎は冬には枯れますが、冬至芽の状態で越冬します。 収穫は茎や葉を年に2~3回刈り取って乾燥保存します。乾燥したステビアをハーブティーなどに砂糖の代わりに利用できます。 葉茎に含まれるステビオサイドは砂糖の200~300倍の甘みがあり、低カロリーの甘味料です。 生葉は生臭さや苦みがあり、ハーブティーなどに利用場合は乾燥させて生臭さが抜けた物を使うと美味しく頂けます。 科名:キク科ステビア属 【特徴】 樹高・草丈: 50~100cm 種類:多年草 開花時期:7月上旬~11月下旬 温度:半耐寒性(~-5度) 水やり:多湿...

ハーブの苗 「ペニーロイヤルミント 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ペニーロイヤルミント 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「ミント・イエルバブエナ 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ミント・イエルバブエナ 9cmポット」

--ミントの説明-- ミント類は自然雑種が多く、かつては数百種に分かれていましたが、最近では約25種に整理されています。 大別するとペパーミント系、スペアミント系、アップルミント系、その他に分けられます。 全草に精油分が含まれ、品種によって多様な香りを楽しむことができます。 ほとんどの品種は繁殖力が旺盛で地下茎で横に広がります(品種によっては、この限りでないものもあります)。 【栽培のポイント】 やや湿り気のある「半日陰」から「日なた」まで容易に栽培でき、アルカリ性の土を好みます。耐寒性はありますが、夏の過乾や過湿にはやや弱いところがあります。蒸れや病気を防ぐために、密生した葉や茎は収穫を兼ねて茎を刈り取って内部の風通しと日当たりを良くします。 ミント類は成長が旺盛で、地下茎がよく伸びて株が生い茂ります。広がって困る時はプランターや大きな鉢で栽培するか、地植えした周りに地下1mほどの遮蔽壁で囲うとよいでしょう。また、ランナーも時々整理してください。 地植えの場合は根付くまでは水をたっぷりと与え、あとは自然にまかせます。夏の乾燥には注意が必要で、葉が黄色になってきたら赤信号です。 鉢植えの場合は、土の表面が乾燥したら鉢底から水が出るくらい、たっぷりと水やりしてください。水やりの時間帯は出来る限り朝、無理なら夕方与えてください。 肥料は春の芽が動き始める頃に与える他、花後にお礼肥を与えます。すでに肥料が入った鉢植えを利用した場合は、苗のようすを見ながら化成肥料などを与えてください。チッソ分が多いと病気に掛かりやすくなるので注意してください。 品種間で交配しやすいです。形態や性質を維持するには、株分けや挿し木によって増やすとよいでしょう。 株の更新は鉢植えでは毎年、地植えでは、2~3年に1回行います。 さび病が発生したら株を処分するか...

ハーブの苗 「レモンタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「レモンタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 レモンタイム Lemon Thyme 学 名...

ハーブの苗 「ローマンカモミール 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローマンカモミール 9cmポット」

【カモミールについて】 ジャーマンカモミールとローマンカモミールは、形態や成分ともによく似ていますが同属ではなく、ジャーマンカモミールはカミツレ属、ローマンカモミールはカモマイル属にそれぞれ属します。 ローマンカモミールには、変種で花が白色~クリーム色の八重咲きのダブルフラワー種と花をつけない園芸種のノンフラワー種があります。また、ダイヤーズカモミールはローマカミツレ属で、ジャーマンともローマンとも違う属になります。 花はジャーマンよりローマンの方が少し大きめで、香りが強いです。ローマンは、葉、茎、花、全てからリンゴのような香りがしますが、ジャーマンは花だけからリンゴのような香りがします。 【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で、肥沃で柔らかい土を好みます。 花を収穫する場合は開花直後に行います。開化時期に花穂を上に伸ばして花をつけますので、芝生用に栽培する場合は、茎が立ち上がらないように年に3回くらい花穂や上に伸びた葉茎を刈り取ってください。 高温乾燥期はハダニやアブラムシに注意してください。ハダニやアブラムシの予防としては、朝、葉水を与えるか、チッソ肥料分を少なめにすると良いでしょう。 収穫は茎ごと束ねて刈り取るか、花の部分を刈り取ります。風通しのよい日陰でゆっくりと乾燥させ、密閉容器で保存してください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい カモミールの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんなものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について...

ハーブの苗 「オレガノケントビューティー 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「オレガノケントビューティー 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりと水はけのよい場所で乾燥気味に育てて下さい。高温多湿に非常に弱く、葉茎が混み過ぎていると風通しが悪くなり蒸れて枯れることがあります。また、根も過湿に弱く根腐れしやすいので注意が必要です。鉢植えは春と秋の2回植え替えを行い、根腐れを予防すると良いでしょう。 【オレガノの種類と品種】 オレガノの仲間は形態によって大きく3つに分けられます。 オリガヌム類 耐寒性が強く丈夫な仲間で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●オレガノ(ワイルドマジョラム) ●ゴールデンオレガノ ●オレガノカントリークリーム マヨラナ類 オリガヌム類と比べると全体的に小さく草丈は20~50cmほどになります。耐寒性~半耐寒性で、高温多湿にやや弱いです。料理やティーとして利用されます。 ●スイートマジョラム ●イタリアオレガノ(ワイルドマジョラムとスイートマジョラムの交配種) アマラクス類 半耐寒性で高温多湿にとても弱いので、雨よけ対策を行い、初夏から秋までは特に注意が必要です。1年を通して乾燥気味に育ててください。ギリシャからオリエントに分布している仲間で、花や苞葉が綺麗な品種が多く、花オレガノとも呼ばれています。もっぱら観賞用として利用され、料理には使われませんが、稀にティーに利用している地域があります。ドライフラワーやポプリにすると綺麗です。 ●ケントビューティー ●バーハラチンゲイ ●ディタニーオブクリート ●ハイブリット ●プルケルム ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい...

ハーブの苗 「セントジョンズワート 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「セントジョンズワート 9cmポット」

【栽培のポイント】 日当たりがよく、水はけのよい場所に株を植え付けるか、5~8号鉢程度の鉢植えにします。 土は水はけのよいものを好みます 性質が強く地下茎が横に広がるので周囲に植えるものに注意して下さい。 規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 セントジョンズワート St.John's wort 学 名 Hypericum perforatum 科 名 オトギリソウ科オトギリソウ属 種 類 多年草 原産地 ヨーロッパ~アジア西部 和 名 セイヨウオトギリソウ 別 名 ヒペリコン 花 色 イエロー ヨーロッパ全域に分布しています。 高さは20~80cmほどになり、根もとは木質で茎は直立します。節ごとに小枝をつけ、葉は楕円か長楕円形の形です。 夏に咲く黄色い5弁の花からはレモンに似た香りを漂わせます。 ヨーロッパでは、黄色い花をオリーブオイルに浸して浸出油が作られ利用されています。 (浸出油:植物油に目的に応じたハーブを通常2~3週間漬けこんで浸出したもので、ハーブのエキスが溶け込んでいます。) 科名:オトギリソウ科オトギリソウ属、和名:セイヨウオトギリソウ、別名:ヒペリコン。 【特徴】 樹高・草丈: 20~80cm 種類:多年草 開花時期:7月下旬~8月下旬 温度:耐寒性 水やり:乾燥気味 日当たり:日なた 土質:普通の土壌

ハーブの苗 「コモンタイム 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「コモンタイム 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種がありますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりするため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込むとよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水やりすると蒸れを防ぐことができます。■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 コモンタイム・ギャラリーハーブの苗 コモンタイム ...

ハーブ 苗 【ゼラニウム シェルブランドローズ ゼラニウム】 3号ポット×5株セット ハーブ苗 セット

総合植物プロショップ花ひろば

1,512

ハーブ 苗 【ゼラニウム シェルブランドローズ ゼラニウム】 3号ポット×5株セット ハーブ苗 セット

お届けする商品について 3号ポット苗(直径9cm)×5株で1セット 3号ポット(直径9cm)に仮植してあります。 ※ハーブは生長が早いため商品画像とサイズが変わる場合があります。また、商品維持管理のため定期的に剪定を行いますので商品画像より小さくなる場合がございます。ご了承下さいませ。 この商品2セットまでの送料は80cmサイズです。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…980円 南東北・中国…1080円 北東北・四国・九州…1180円 北海道…1480円 沖縄…1920円 まとめ買いは送料がお得 この商品3~8セットの送料は160cmサイズです。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 ※9セット以上はプラス1箱~送料が追加となります。 商品の注文個数によって送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 サイズが異なる他の商品を注文した場合、その中の最大サイズの送料になります。できる限り送料のご負担が少なくなるよう梱包を工夫いたしますが、内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。ゼラニウム 「シェルブランドローズ ゼラニウム」Pelargonium fulgidum "Shrubland Pet"バラのような花色と、香りを兼ね備えたゼラニウムです。 用 途 品種の系統フウロソウ科 ペラルゴニウム属 (多年草)難 易 度育てやすい。 植栽適地本州開 花 期3月下旬~7月下旬 花 色赤 草 丈 60cm前後日 照 条 件日なた 耐寒性/耐暑性やや弱い/普通肥 料 時 期3月~5月、9月~10月 土 質 水はけが良く肥沃な土 水やり...

シェルブランド・ゼラニウム ハーブ苗

大神ファーム

320

シェルブランド・ゼラニウム ハーブ苗

Geranium Shrubland Pet 学 名 Pelargonium fulgidum 'Shrubland Pet' 科 名 フクロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) カシワの葉に似た葉姿で光沢のある暗緑色をしています。 葉はスパイシーなバラの香りがします。 花は鮮やかな赤色で大きく華やかです。 草丈: 60cm 多年草 栽培法:丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。 高温多湿の場所がやや高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 【ハーブ苗の送料】全国一律:790円 (但し、北海道は2500円・沖縄県・離島は2800円) ◆ハーブ苗を10,000円以上のお買い上げで送料無料! ※バラ苗と一緒にご注文いただいた場合は対象外です。 ※お届け先が複数の場合も対象外です。 ※北海道及び沖縄県へのお届けは送料無料の対象外です。 (※会計画面及び自動返信のメールには反映されませんが、ご注文確認メールにてご案内いたします。)※画像はハーブ苗のイメージです。お届けする商品ではありません。 お届けします苗は販売用のポット(直径9cm)に入れていますので、できるだけ早めにお手持ちの植木鉢かお庭に植えつけることをお勧め致します。植え付ける際は根を痛めないようにお気をつけ下さい。鉢植えの場合の植え付け後の管理の仕方をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。植付けの仕方や育て方、利用法などご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 鉢植えの管理について 植え付けしたあと4~5日は直射日光のあたらない涼しいところに置いて、毎朝水やりをしてください。その後は、日当たりのよいところに置いて、土が乾いて、葉が萎えてきたら...

ハーブの苗 「ローズマリー・ブルーボーイ 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ブルーボーイ 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・メイレット 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・メイレット 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・ミスジェサップ 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ミスジェサップ 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況に よりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育て ます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感...

ハーブの苗 「ラベンダー・ミスキャサリン 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ミスキャサリン 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・コルシカン 9cmポット」(半匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・コルシカン 9cmポット」(半匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・コンパクタ 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・コンパクタ 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「イブキジャコウソウ (花色ピンク) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「イブキジャコウソウ (花色ピンク) 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】 タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 イブキジャコウソウ...

ハーブの苗 「ラベンダー・ボゴング 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ボゴング 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ローズマリー・ロゼア 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ロゼア 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナアルバ 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナアルバ 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「チェリーセージ(レッド) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「チェリーセージ(レッド) 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 日当たりのよい肥沃な場所を好みます。日陰では徒長し、間延びし軟弱になることがあるので注意してください。 開花前の初夏までに1~2回剪定を行い高さを抑えると綺麗に花穂を付けてくれます...

ハーブの苗 「エキナセア・プルプレア(パープル) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「エキナセア・プルプレア(パープル) 9cmポット」

【栽培のポイント】 日なたの水はけのよい場所を好みます。肥沃な土壌を好みます。 開花対策として萌芽後、芽出し肥料として液体肥料を与えるとよいでしょう。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ハーブの苗は苗専用の梱包にて発送いたします。ハーブの苗とその他の商品を一緒にご注文された場合はできる限り同梱にてお届けいたします。(一部同梱不可の場合がございます) 苗は6ポット以上でご注文下さい。(色々な種類を合計で結構です)6ポットに満たないご注文の場合は資材費等の一部ご負担(210円)をお願いいたします。 発送に関しての詳細は下記をご覧下さい。ハーブの苗 エキナセア Echinacea 学 名 Echinacea purpurea 科 名 キク科ムラサキバレンギク属 種 類 多年草 原産地 アメリカ東部 和 名 ムラサキバレンギク 別 名 パープルコーンフラワー 花 色 ローズピンク ざらざらとした細長い葉がまばらにつき、花は大きめのデイジーのような紫色です。花の中央は少し尖ったハリネズミのようです。 原産地はアメリカ東部で、元々ネイティブアメリカンが根や葉茎をハーブとして利用していたものですが、近年日本では観賞用として利用されています。 根や地上部の葉茎などはハーブティーとして利用できます。 根の収穫は秋に掘りあげ洗浄後乾燥させます。地上部は茎ごと刈り取り乾燥させてから利用しやすいようにカッ...

ハーブの苗 「ラベンダー・グロッソ 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・グロッソ 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ラベンダー・スコティッシュコテージ 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・スコティッシュコテージ 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ラベンダー・ブルークッション 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ブルークッション 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ローズマリー・ベネンデンブルー 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ベネンデンブルー 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・グロスブルー 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・グロスブルー 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「コモンセージ(ブルーフラワー) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「コモンセージ(ブルーフラワー) 9cmポット」

◆セージ全般の説明セージはシソ科サルビア属に属しサルビアの仲間になります。学名に付く[Salvia]はラテン語で「治癒する」を意味するSalvereに由来します。 セージ類は大きく分けて、メディカル用と観賞用があります。 メディカル用の多くにはメディカルを意味する [Salvia officnalis]という学名が付けられています。これらの品種は、古くから料理やお茶などに利用されてきました。 メディカル用セージ類には変種や栽培種が多く有ります。葉の色が黄色のゴールデンセージや紫がかったパープルセージ、緑色とクリームと赤色の3色の混じったトリカラーセージ、また葉の形や大きさもいろいろなものがあり、大変美しい品種が多いです。 また、 [Salvia officnalis]ではありませんが、クラリセージ[Salvia sclarea]、スパニッシュセージ[Salvia lavandulaefolia]がメディカル用のセージに分類されます。 観賞用のセージは、学名が [Salvia officnalis]ではなく[Salvia ○○○]となります。厳密にはセージ類と言うよりは、サルビア類と言う方が正しいのかもしれませんが、古くからセージの名がつけられているため、当店でもセージ類に分類をしています。 なお、エルサレムセージ(シソ科フロミス属)、ロシアンセージ(シソ科ペロフスキア属)は、シソ科サルビア属とは全く別のものになりますが、全体にセージに良く似ている為に「セージ」の名が付いたと思われます。これらの品種も当店ではセージ類に分類しています。 【栽培のポイント】 やや乾燥気味を好み、暑さや寒さには比較的強く、丈夫で育てやすい品種です。ただし、夏の高温時は突然枯れたりするので注意が必要です。 日当たりがよく...

ハーブの苗 「ラベンダー・インプレスパープル 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・インプレスパープル 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ローズマリー・ゴリジアン 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・ゴリジアン 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・サンタバーバラ 9cmポット」(匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・サンタバーバラ 9cmポット」(匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ローズマリー・モーツァルトブルー 9cmポット」(半匍匐性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・モーツァルトブルー 9cmポット」(半匍匐性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スイートラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ...

ハーブの苗 「ローズマリー・コーリンハムイングラム 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・コーリンハムイングラム 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「ラベンダー・ロイヤルパープル 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ロイヤルパープル 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナロゼア 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ナナロゼア 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

ハーブの苗 「ラベンダー・アラビアンナイト 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・アラビアンナイト 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ラベンダー・ディリーディリー 9cmポット」(ラバンジン系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・ディリーディリー 9cmポット」(ラバンジン系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ラバンジン系は、高温や多湿などにやや弱いところがあり、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。また、耐寒性は強いのですが、マイナス10度を下回ると乾寒風で枝が枯死することがあるので、防寒対策が必要になります。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べるとラバンジン系の方がの高温多湿への順応性が良いので、関東以西の暖地地域ではラバンジン系のラベンダーを選択した方が良いでしょう。 ラバンジン系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地なら春先に強剪定を行います。 ラバンジン系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ...

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系リバティーラベンダー Liberty...

ハーブの苗 「ローズマリー・マリンブルー 9cmポット」(立性)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ローズマリー・マリンブルー 9cmポット」(立性)

◆ローズマリー全般の説明 地中海沿岸の乾燥地域に分布しています。シソ科マンネンロウ属の常緑低木で、数多くの変種と交配種があり、それぞれ香りや耐寒性に違いがあります。また、「樹形」「葉の形や色」「花の色」「茎」「根」などが異なります。 樹形は大きく3つのタイプに分けられます。 <立性タイプ>高さが1~2mほどで茎枝が上に向かって直立するか扇状に広がり気味に伸びるタイプで、生垣などに向いています。 <半匍匐性タイプ>茎枝が横方向に伸びたあと上方向に伸びるタイプです。 <匍匐性タイプ>高さがある石垣や鉢などに植え付けると茎枝が下方向に垂れさがるように伸びていくタイプで、吊り鉢にもできます。 ※ただし、気候や栽培条件によって樹高や樹形が変化することがあります。また、各タイプの中間的な樹形の品種もありますが、ご紹介する各ページでは大きく3つのタイプに分けています。 花は輪散花序の唇形花で、「青~紫色系」「桃色系」「白色系」などがあります。花期は秋から春ですが、品種によっては夏に多少咲くものもあります。 一部の品種を除き寒さにはあまり強くありません。半耐寒性の品種は東北以北や内陸部の寒さが厳しい地域においては生育が難しいです。寒さの厳しい地域ではアープという品種をお試しください。ただし、寒さや風、雪などの状況によりアープでも生育が難しい場合もあります。 ローズマリーは低木なので、成長がゆっくりです。特徴欄に表記している樹高になるには、かなりの年数が掛かります。また、株にボリュームを持たせる為には剪定を繰り返し、枝分かれをさせて、しっかりとした見栄えのする株に育てます。 大きく成長させたくなく場合は、剪定を行い樹形を整えながら成長をコントロールすることもできますが、年数がたつと基部から木質化してゴツゴツした感じに...

ハーブの苗 「クリーピングタイム(レッド) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「クリーピングタイム(レッド) 9cmポット」

【タイム類の種類と品種】タイム類(シソ科イブキジャコウソウ属)はヨ ーロッパ南部の地中海沿岸地域からアジアに広く分布しています。 タイム類は多種多様ですが、立性タイプと匍匐性タイプ(クリーピング)に大別できます。立性タイプには上方向直立するものや扇状に 広がって直立するものがあります。 白色(シルバー)や黄色(ゴールデン)の斑入り種やレモンやオレンジなどの香りがする種などがあります。一部半耐寒性の品種があり ますが、ほとんどが寒さに強い耐寒性の性質です。 立性タイプは斑入りにかかわらず、ほとんどの品種が料理に利用されていますが、匍匐性タイプの一部は葉に細かい毛があったりす るため、料理に利用されないものもあります。 斑入り種の斑は不安定で、先祖返りなどで斑が消えることもあります。 【栽培のポイント】 日当たりの良い場所を好みます。水はけと通気のよい場所に植え、肥料は控えめにしてください。 春~秋までよく成長しますが、梅雨以降の高温多湿で蒸れて枯れやすいので、収穫を兼ねて枝をすかすように刈り込む とよいでしょう。 鉢植えの場合、梅雨の時期は雨が直接当たるのを避け、土の表面が乾燥したら葉に水が掛からないように土に直接水 やりすると蒸れを防ぐことができます。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい タイムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 クリーピングタイム(レッドフラワー)...

ハーブの苗 「ラベンダー・レディアン 9cmポット」(スパイカ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

324

ハーブの苗 「ラベンダー・レディアン 9cmポット」(スパイカ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。 1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。 2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。 1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。 2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。 3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。 スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。 また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。 香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク