メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ストケシア」検索結果。

ストケシアの商品検索結果全2件中1~2件目

■宿根草■ 在庫一掃!コンパクトガウラ ブリージスサウンド 9cmポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

398

■宿根草■ 在庫一掃!コンパクトガウラ ブリージスサウンド 9cmポット苗

高性のストケシア、暑さや寒さに強く、病害虫にも強いうれしい性質! 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20170912] ■ 形状・サイズ他 9cmポット苗 ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考*画面設定等により実物と花色などが異なる場合がございます。 *基本的に花の付いていない苗の状態でのお届けとなります。 別名ルリギク。ひらひらと先端が切れ込む花びらが優雅な植物。透明感のある淡い色合いが清楚で美しい一品です。暑さや寒さに強く、病害虫にも強い丈夫な性質。毎年株が大きくなり、美しい花をたっぷりと楽しませてくれます。大きく育てる楽しみもあるうれしい花。合わせる鉢によって和風にも洋風にも変化する表情豊かな植物です! 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 キク科の宿根草 花時期は6~9月 草丈60~120cm 耐寒温度約-15℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は特選花の培養土などのお花用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2~3cm下になるように植えるとよいでしょう。 この時肥料も与えておきましょう。根が伸びてから吸収できるように、根から離して施してください。 水をたっぷり与えて植えつけは完了です。 ■育てる場所...

こちらの関連商品はいかがですか?

ブランドいちご食べ比べポット苗 1株 5種類から選んでね

産直でお花をお届け「イングの森」

348

ブランドいちご食べ比べポット苗 1株 5種類から選んでね

お届け時の苗の状態につきましてイチゴの苗は低温期は、無理に加温している物以外は基本は地上部はあまりない状態です。 稀に店頭で葉の茂った物がありますが、それは加温処理で成長させているだけで、場合によっては低温期は植え付け以降に逆に葉が傷んで地上部が一回、枯れてしまいます。イチゴの苗の良し悪しは中心部分がいかにしっかりしているかがポイントとなります。 イチゴは開花後に受粉しないと結実しません。花は咲くけど実ができないのは受粉できていないから。開花したら花の中心を指でもんだりしてオシベの花粉をメシベに強制的に付けちゃいましょう。ちょっとした事で収穫量はグッと上がりますので是非、やってみて下さい。 完熟を味わえるのは作っている方の特権です。 ●女峰:糖度8~10度/酸度0.70~0.75度/平均果重12~13g。形の良い鮮紅色果。果皮・果肉ともにしっかりとし、日持ちの良い品種。 ●章姫:糖度10~15度/酸度0.5~0.6度/平均果重18g。1果18g以上やや大きめのしずく形でお馴染み、静岡生まれの酸味が少なく甘い品種。育てやすく生育旺盛で実成りが早い。 ●とよのか●ふさのか●芳香早生●ジャンボ ■耐寒性多年草 ■開花期:3~6月 ■収穫期:5~6月 ■草丈:10~30cm ■お届け時の状態:9cmポット苗 ■栽培説明書つき ■ いちごの専用用土は こちら ■ イチゴの専用肥料は こちら ■ 天然成分の安心薬剤は こちら

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

992

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

アスパラガスは家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。収穫の楽しさは格別。そして、新鮮なものは味わい豊かです。強健で育てやすいグリーンアスパラです。品種はメリーワシントン、ハイデル、ウェルカム、バイトルなどの緑茎種ですが、お届け時期により品種が異なるため、品種の指定でご注文いただくことはできません。あらかじめご了承ください。タイプ:耐寒性宿根草植え時:3月下旬~5月中旬と8~11月草丈:1m 日照:日向むき栽培方法宿根性の野菜で、植え付けから株が大きくなるまでに1~2年かかりますが、その後10年ほどは年々株が成長し収量が増えます。根が深く伸びるので、耕土の深い場所をえらんでください。酸性土を嫌うので、定植前に苦土石灰を多めにまき、よく耕してください。日当たり・水はけの良い場所に、堆肥と化成肥料を多めに混ぜて深さ5~10cmに植えます。株間は40cmほどあけてください。植え替え後、雑草・乾燥よけに株元に敷き藁をします。毎年春先に化成肥料や油粕を十分に追肥し、株を太らせます。5~6月に出る若芽を根元から切り取りますが、苗が小さいうちは収穫を控えて株を太らせるようにします。収穫:3年目の春から、新芽が地上に15~20cm出たところで根元から切りとって収穫します。株を育てるため、収穫は3年目で10日間、4年目で20日間、5年目以上で50~60日間が目安で、それ以降に出る芽は葉として育てるようにします。7月に入ったら収穫は打ち切り、野菜用の肥料を根元に施します。収穫は、若芽を地際から2cmほど残して20~30cmで切り取って収穫します。全ての茎を収穫するのではなく、翌年のために数本を残して株の養生につとめてください。害虫は少ないですが、まれにヨトウムシやネキリムシが発生することがあります。株分け、実生でふやすことができます。植え付け後は苗を育て...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク