メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ジョウロ」検索結果。

ジョウロの商品検索結果全5件中1~5件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
頑丈引き戸収納庫 幅93奥行64.5高さ83.5cm 517084

Amazon

20,304

頑丈引き戸収納庫 幅93奥行64.5高さ83.5cm 517084

■サイズ:幅93・奥行64.5・高さ83.5cm■重さ:27kg■内寸:86×49.5×74cm■素材:亜鉛メッキ鋼板(粉体塗装)■可動棚板(奥行35cm)1枚付き■転倒防止金具付き■鍵付き■原産国:中国製永く使えるベーシックデザイン。◆シルバーのスタイリッシュな扉で、お庭をおしゃれに魅せながら大量収納できます。◆飽きのこない、シンプルデザインの屋外収納庫です。頑丈な「ハイテンション亜鉛メッキ鋼板」を採用。◆サビにくく、キズやへこみなど衝撃に強い素材を採用しました。◆有害物質を発生しない、環境に配慮した粉体塗装仕上げです。場所をとらない引き戸タイプ。◆省スペースでも使える人気の引き戸式物置。◆18L灯油缶ポリタンクも入ります。◆肥料や土などガーデニング用品を一括収納、物干し横で洗濯グッズ入れとしても活躍します。◆便利な10cmピッチ可動式の棚板付き。◆玄関周りや家裏、狭いお庭でもおすすめです。扉は吊り戸式で開閉スムーズ。◆日々の開け閉めがしやすいように考慮。◆ゴミが詰まるトラブルも減少します。安心の鍵付き。◆防犯に役立つ鍵付きで、屋外でも安心して収納できます。豊富なラインナップをご用意。◆シリーズには、窓下における小型タイプ、収納力たっぷりのハイタイプをご用意。◆さらに、奥行は3タイプ、・薄型でも灯油ポリタンクが入る奥行49.5cm・脚立やホースも入る奥行64.5cm・タイヤ収納ラックとしても使えるたっぷり奥行79.5cm。をご用意。◆幅サイズも豊富に取り揃えておりますので、スペースに合わせてお選びください。

送料無料
送料無料【水石】四万十川石(溜り石)(溜り部一部自然処理済)[間口:29cm 奥行:22cm 高:11cm]【小道具】【伊予路園】

伊予路園 楽天市場店

20,000

送料無料【水石】四万十川石(溜り石)(溜り部一部自然処理済)[間口:29cm 奥行:22cm 高:11cm]【小道具】【伊予路園】

発送について 【送料】 600円(北海道:1,000円 沖縄:1,000円) ※合計10,000円以上のお買い物で全国送料無料! 【納期】 決済確認後、日曜、祝祭日を除く翌営業日~2営業日以内に発送致します。 ※お届け日時のご希望がございましたらお知らせ下さい。 ご注意 ・頂いたご質問には、原則、休業日を除く24時間以内にお答え致します。 ・商品画像は実物を忠実に再現するよう細心の注意を払っておりますが、 モニター環境などにより実際の色味と異なる場合があります。 ・取り扱い商品の性質上、お客様のご都合による返品はお受け致しかねます。【水石】四万十川石(溜り石)(溜り部一部自然処理済) 水石とは、大自然を表現する言葉です。水石は古代から貴族、神社仏閣等で、愛玩され現代に至っています。一ツの石塊から、その人の知識や遊び心で宇宙の果てまで誘う世界です。一番上画像は「正面」一番下の画像は「底面」となります。ご自分用にはもちろん、誕生日、父の日、母の日、敬老の日、等々 大切な方へのプレゼントやギフトにもおすすめです。 【サイズ(約)】 間口:29cm 奥行:22cm 高:11cm

秀邦作銅製添景「唐舟」

BONSAI 彩都 楽天市場店

20,000

秀邦作銅製添景「唐舟」

左右6.3cm奥行1.5cm高2.3cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 いわゆる唐舟を表現した作品です。水辺を行く舟を活き活きと表現しています。古銅の深い味わいも魅力です。水辺の風景を演出するのに最高の添景です。涼感溢れる飾りを演出して下さい。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・落款 ・使用のイメージ写真1 ・使用のイメージ写真2 ※水辺を連想させる涼感溢れる飾りを演出できます。写真に使われている添景は実際の商品とは異なります。あくまでイメージ写真です。 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 1944年生まれ。 歯科技工士として活動していたが、1968年頃から地元の埼玉県川口市で陶芸を始め、第一美術協会に所属。1971年頃より杉浦國夫氏の力添えにより小鉢づくりを始める。その後、1981年頃から少しずつ添景の制作を始め、著名添景作家となる。現在は絵付けの小品盆栽鉢の作陶を行っている。 添景作家としての秀邦 鉢づくりと並行し、元歯科技工士の技術を活かして、気まぐれに添景を作ってみた。それが杉浦基義氏(角栄)の目に止まり、景道創始者・片山一雨に紹介される。片山氏は秀邦の素質を見抜き、添景制作への専念を強く薦めた。時に1981年。片山氏の見込んだ通り、秀邦は生来の器用さでめきめきと腕をあげ、国内随一の添景作家と目させるようになった。 近年は「気が向いたら」のペースで制作にあたっていたが、緻密な作業を要する添景制作は気力体力を消耗するため、小鉢づくりに専念し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク