メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ギンバイカ」検索結果。

ギンバイカの商品検索結果全11件中1~11件目

ギンバイカ H400~600mm 5本 【RCP】05P03Dec16

SORA

3,326

ギンバイカ H400~600mm 5本 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 ギンバイカ H400~600mm(鉢底より) 5本 【商品説明】 フトモモ科 常緑性の低木 初夏になると葉の付け根に5枚の花びらをもった梅に似た白い花を咲かせます 別名イワイノキ・ギンコウバイ・マートルと言われています 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している種類の商品発送となります 輸送時の化粧箱の傷・折れ・凹み等はご容赦ください 【送料】 全国一律1,500円となります) 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります 1セット5本での送料となります。  ギンバイカ   ・フトモモ科 ギンバイカ属 常緑低木 ・葉色は緑~黄緑色をしています。 ・最終樹高は、1~2m程。 ・花も綺麗ですが、常緑ですので花後の葉も楽しめます。 ・強健な樹種で生育も旺盛です。                 花     葉     根元       夏~秋にかけて純白の花をたくさん咲かせます。 光沢がある緑色~黄緑色の葉はとてもきれいです。 0.4~0.6mの根元です。     豆知識   ・別名「祝いの木」と呼ばれ、今でも結婚式の花輪に用いられています。 ・冬場は葉色が茶色っぽくなります。 ・秋には、実が黒青色に熟し食用となります。     分布図   ・関東~沖縄までの栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、3~4月です。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は...

ギンバイカ H400~600mm 20本 【RCP】05P03Dec16

SORA

11,880

ギンバイカ H400~600mm 20本 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 ギンバイカ H400~600mm(鉢底より) 20本 【商品説明】 フトモモ科 常緑性の低木 初夏になると葉の付け根に5枚の花びらをもった梅に似た白い花を咲かせます 別名イワイノキ・ギンコウバイ・マートルと言われています 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している種類の商品発送となります 輸送時の化粧箱の傷・折れ・凹み等はご容赦ください 【送料】 全国一律3,200円となります) 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります 1セット20本での送料となります。  ギンバイカ   ・フトモモ科 ギンバイカ属 常緑低木 ・葉色は緑~黄緑色をしています。 ・最終樹高は、1~2m程。 ・花も綺麗ですが、常緑ですので花後の葉も楽しめます。 ・強健な樹種で生育も旺盛です。                 花     葉     根元       夏~秋にかけて純白の花をたくさん咲かせます。 光沢がある緑色~黄緑色の葉はとてもきれいです。 0.4~0.6mの根元です。     豆知識   ・別名「祝いの木」と呼ばれ、今でも結婚式の花輪に用いられています。 ・冬場は葉色が茶色っぽくなります。 ・秋には、実が黒青色に熟し食用となります。     分布図   ・関東~沖縄までの栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、3~4月です。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は...

送料無料
【10ポットセット】【送料無料】「ギンバイカ(銀梅花、銀盃花)」 0.5m程度

グリーンロケット

13,000

【10ポットセット】【送料無料】「ギンバイカ(銀梅花、銀盃花)」 0.5m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ギンバイカ(銀梅花、銀盃花) Myrtus communis フトモモ科ギンバイカ属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:5~6月 実:10~11月 【日照条件】 日向~半日陰 「ギンコウバイ」とも呼ばれ、花が結婚式などの飾りによく使われることから「祝いの木(イワイノキ)」とも。ハーブとして使われる時は「マートル」と呼ばれることが多いです。 夏に白い花を咲かせます。細長い糸のようなおしべが特徴的で、花よりも目立ちます。 花が咲いた後には小さな実ができ、熟すと食用として使うことができます。 育て方 日当たりの良い場所を好みます。日照不足になると花つきが悪くなります。 耐寒性はあまりありません。冬の冷たい風は苦手なので、なるべく風が当たらない場所がいいでしょう。 病害虫の心配はとくにありません。 品番 【T3014】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
盆栽 苔玉 即日出荷 樹齢3年 斑入りギンバイカ マートル 銀梅花 実、花、香りが楽しめる癒しの盆栽【花が咲く盆栽 ハーブ盆栽 癒し 盆栽】誕生日 フラワーギフト 癒し ハーブ 観葉植物 プレゼント...

花心盆栽 楽天市場店

4,900

盆栽 苔玉 即日出荷 樹齢3年 斑入りギンバイカ マートル 銀梅花 実、花、香りが楽しめる癒しの盆栽【花が咲く盆栽 ハーブ盆栽 癒し 盆栽】誕生日 フラワーギフト 癒し ハーブ 観葉植物 プレゼント...

商品説明商品名 樹齢3年 斑入りギンバイカ 銀梅花 苔玉 ハーブサイズ サイズ(樹高・横幅・奥行) 約18cm・18cm・15cm 苔玉:直径約8cm商品情報 【属名】フトモモ科ギンバイカ属 【和名】ギンバイカ(銀梅花) 【英名】マートル 【別名】イワイノキ ギンバイカ(マートル)は、地中海沿岸、中近東原産の常緑低木になります。 マートルは、ハーブの一種としても有名です。 料理では肉の臭みを取る事が出来ます。 葉の香りは月桂樹(ローリエ)に似た、フルーティーで爽やかな香りになります。 アロマテラピーとして使用される精油は、穏やかで甘い香りになります。 香りは鎮静作用が高く、心を落ち着かせてくれます。リラックス効果から、不眠の改善にも期待出来ます。 ギリシャ神話や旧約聖書にも登場し、古くから多くの人に親しまれてきました。 古代ローマ時代から現代に至るまで、結婚式で髪飾りやブーケの装飾として使用されています。 祝いの場面で多く用いられてきた事から《祝いの木(イワイノキ)》という別名も付けられました。 ギンバイカ(銀梅花)という和名は、咲かせる白花が一重で容姿が梅に似ている事から付けられました。 小さく、可愛らしい純白の花は、ほのかな甘い香りを漂わせます。 ギンバイカ(マートル)は、濃紺の小さい実を付けます。 実は、スパイシーの中に甘みがあり、後から渋みを感じる、とても深い味になります。 *当商品は、食用としてはオススメしておりません。観賞用としてお楽しみ下さい。 【春】:目覚めの芽吹き 小さい蕾の形成期 【夏】:芳香性のある斑入り緑葉 白い小花の開花期(5-7月頃) 【秋】:実の成熟期 【冬】:緑葉の癒し樹 ギンバイカ(マートル)の花言葉 『高貴な美しさ』『愛のささやき』 比較的簡単に管理する事が出来ますので...

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ギンバイカ斑入り 0.6m15cmポット 6本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

11,664

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ギンバイカ斑入り 0.6m15cmポット 6本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらギンバイカ斑入り 商品一覧0.2m1200円/在庫○0.4m15cmポット1600円/在庫○0.6m15cmポット1800円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じフトモモ科ギンバイカ属の商品ギンバイカギンバイカ斑入りフェイジョア【ギンバイカ/斑入り】(銀梅花斑入り)読み:ぎんばいかふいり学名:Myrtus communisフトモモ科ギンバイカ属常緑高木別名:マートルバリエガタ【商品情報】ギンバイカは3m程度になる常緑高木です。初夏に花糸が目立つ純白の花が咲きます。多く咲きとても見栄えがします。葉は芳香がありハーブとしても使われます。実は開きに黒青色に熟し、食用にも利用できます。常緑品種で3m程度までなるため生垣としても利用されます。斑入り品種などもあります。【育て方】日当たりがよい、やや乾燥した場所を好みます。剛健で成長は早いですが、寒さには弱いため関東以南での生育が好ましいです。剪定は花が終わったあとにします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=3m施肥時期=3月or6~7月剪定時期=4~6月開花時期=7~9月果実=10月~11月用途=生垣樹木or庭木or花木【その他】ギンバイカ斑入りはコントラストが美しい品種です。耐寒性もあり明るいな雰囲気が特徴的です。

こちらの関連商品はいかがですか?

イロハモミジ 樹高80cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,058

イロハモミジ 樹高80cm前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月~10月■【紅葉】■10月~12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12~3月(落葉期)花色紅色~淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

ドウダンツツジ 樹高80cm前後

ガーデンタウン

3,780

ドウダンツツジ 樹高80cm前後

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月~5月【実期】------【紅葉】9月~11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2~3月or10月下旬~12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2~3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

サルスベリ/ナツマツリ 樹高80~90cm前後

ガーデンタウン

4,320

サルスベリ/ナツマツリ 樹高80~90cm前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5~10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われています。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部~亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2~3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

トキワマンサク(赤葉赤花)樹高80cm前後

ガーデンタウン

1,080

トキワマンサク(赤葉赤花)樹高80cm前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 単木 樹高80cm前後

ガーデンタウン

810

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 単木 樹高80cm前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州~東北 植栽適期 3月~5月・10月~11月 開花時期 5月~6月 施肥時期 2月・8月~9月 果実熟期 9月~10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月~12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白~クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2~3月、常緑性は3~6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋~冬に行います。 剪定・管理...

実付き苗【赤実南天(ナンテン)】根巻き苗 樹高80cm前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,814

実付き苗【赤実南天(ナンテン)】根巻き苗 樹高80cm前後

お届けの 商品の状態 樹高80cm前後(根鉢を含む) 根巻き苗 実につきましては、現時点では緑で小さい実が少数ですが付いています。(2017/07/24) 長短が有る2本立ち程度の品です。 秋から冬に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有りますが、春には新芽が伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 科属名:メギ科の常緑広葉樹 特徴:南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられ、慶事、正月に使われる縁起木。 庭植え、鉢植えにされ、庭園、根締め、添景樹、生垣などに用いられる。 葉は赤飯などの飾りに用いられる。 初夏に小さい白色の花が穂状に咲き、秋から冬にかけて実は赤く熟す。 葉は冬の寒さにあうと紅色に変わる。 冬季に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有る。 生長は遅い。 病虫害に特に目立ったものは無い。 1梱包で 送れる商品 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高80cm前後 10本セット

ガーデンタウン

10,800

トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高80cm前後 10本セット

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

トキワマンサク(青葉・白花)樹高80cm前後

ガーデンタウン

1,080

トキワマンサク(青葉・白花)樹高80cm前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

柿平核無(ヒラタネナシ)樹高80cm前後単品

相馬グリーン

1,200

柿平核無(ヒラタネナシ)樹高80cm前後単品

分 類 ・カキノキ科カキ属 特 性 ・落葉性 用 途 ・地植え ・鉢植え(室内不可) ・果樹 耐 暑 性 ・強い 耐 寒 性 ・強い 適 地 ・東北中部から沖縄まで 草 丈 樹 高 ・2~5m位(環境による) 開 花 期 ・5月頃 花 色 葉 色 ・黄緑花 ・緑葉 ・紅葉あり 植え付け ・11~3月 日 照 ・日なた 用 土 ・赤玉土7:腐葉土3の割合 ・水はけが良く適度に保水力がある土壌 水 や り ・鉢植えは土の表面が乾いていたらたっぷり水やり ・地植えは根付いてしまえば基本的に不要 肥 料 ・地植え:12~1月・7月・10月 有機質肥料など 鉢植え:2月・7月・10月 有機質肥料など 剪 定 ・12~2月(枝先を強く剪定すると翌年の花が付かないので注意) ポット径 ・12~13.5cm 収穫まで ・約5~8年 受 粉 ・自家結実性はあるが、生理落果が多い ・禅寺丸などを植えると結実が安定する 病 気 ・炭そ病 ・落葉病など 害 虫 ・カキミガの幼虫 など そ の 他 ・難易度 低~中 高さ60~70cmで切り返して植えつける 柿は通常、受粉することによって種が入り品質が良くなる ★完全甘柿・・・種の有無に関わらず甘い ★不完全甘柿・・・種が入る程甘くなる ★渋柿・・・種の有無に関わらず渋い ★不完全渋柿・・・種が入っても完全には渋が抜けない

柿禅寺丸(ゼンジマル)樹高80cm前後単品

相馬グリーン

1,300

柿禅寺丸(ゼンジマル)樹高80cm前後単品

分 類 ・カキノキ科カキ属 特 性 ・落葉性 用 途 ・地植え ・鉢植え(室内不可) ・果樹 耐 暑 性 ・強い 耐 寒 性 ・強い 適 地 ・東北中部から沖縄まで 草 丈 樹 高 ・2~5m位(環境による) 開 花 期 ・5月頃 花 色 葉 色 ・黄緑花 ・緑葉 ・紅葉あり 植え付け ・11~3月 日 照 ・日なた 用 土 ・赤玉土7:腐葉土3の割合 ・水はけが良く適度に保水力がある土壌 水 や り ・鉢植えは土の表面が乾いていたらたっぷり水やり ・地植えは根付いてしまえば基本的に不要 肥 料 ・地植え:12~1月・7月・10月 有機質肥料など 鉢植え:2月・7月・10月 有機質肥料など 剪 定 ・12~2月(枝先を強く剪定すると翌年の花が付かないので注意) ポット径 ・12~13.5cm 収穫まで ・約4~5年 受 粉 ・自然授粉でも着果するが、人工授粉しても可 病 気 ・炭そ病 ・落葉病など 害 虫 ・カキミガの幼虫 など そ の 他 ・難易度 低~中 高さ60~70cmで切り返して植えつける 禅寺丸:不完全甘柿、雄花が咲く 柿は通常、受粉することによって種が入り品質が良くなる ★完全甘柿・・・種の有無に関わらず甘い ★不完全甘柿・・・種が入る程甘くなる ★渋柿・・・種の有無に関わらず渋い ★不完全渋柿・・・種が入っても完全には渋が抜けない

トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高80cm前後

ガーデンタウン

1,080

トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高80cm前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

送料無料
【送料無料】桜/ヤマザクラ 樹高80cm前後 ポット苗 50本セット

ガーデンタウン

21,600

【送料無料】桜/ヤマザクラ 樹高80cm前後 ポット苗 50本セット

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【おすすめの品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3~3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

ドウダンツツジ 樹高60cm前後

ガーデンタウン

2,700

ドウダンツツジ 樹高60cm前後

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月~5月【実期】------【紅葉】9月~11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2~3月or10月下旬~12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2~3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

イロハモミジ 樹高50cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

540

イロハモミジ 樹高50cm前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月~10月■【紅葉】■10月~12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12~3月(落葉期)花色紅色~淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

サルスベリ(紫花) 樹高60cm前後

ガーデンタウン

1,080

サルスベリ(紫花) 樹高60cm前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5~10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われていま す。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部~亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2~3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

ドウダンツツジ 樹高60cm前後 10本セット

ガーデンタウン

27,000

ドウダンツツジ 樹高60cm前後 10本セット

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月~5月【実期】------【紅葉】9月~11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2~3月or10月下旬~12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2~3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク