メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「キルタンサス花」検索結果。

キルタンサス花の商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

caエリオスペルマム パラドクサム Eriospermum paradoxum 霧氷玉 現品販売 0913-15 多肉植物

日本花キ流通

8,100

caエリオスペルマム パラドクサム Eriospermum paradoxum 霧氷玉 現品販売 0913-15 多肉植物

エリオスペルマム パラドクサム ■ 特徴粉雪をまとったような、数ある多肉植物の中でも指折りの幻想的な葉を持つ有名種。 涼しい季節になると少しずつ綿毛に覆われた茎と葉を根茎から伸ばします。 美しい地上の姿とは対照的に、根茎は細かい根っこだらけのジャガイモのようないびつな形をしています。■ 置き場所・日当たりエリオスペルマムは典型的な冬型種のため、夏は遮光して風通しのいい明るい場所で管理します。 生長期である秋~春にかけては、直射日光よく当たる場所で管理します。 日光が不足すると徒長しやすくなるので気をつけましょう。 寒さには強い方ですが、最低気温が5℃を下回るようになった頃からは室内で管理した方が安全です。■ 水やり春頃の葉が枯れ始めた頃から徐々に水を控え、夏は断水気味に管理します。 夏の間は月に1~2回涼しい日の夜にごく少量の水を与えます。 涼しくなり、根茎から葉を展開し始めたら少しずつ水やりを開始します。 微毛がぬれてしまうと貧弱な姿になってしまうため、葉には直接水をかけないようにしましょう。■ サイズ・その他3号鉢 画像の商品をお届けします。

送料無料
caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-05 3号鉢 多肉植物

日本花キ流通

14,904

caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-05 3号鉢 多肉植物

フォークエイリア “プルプシー"■ 特徴株もとの円柱状の塊茎から、長い枝を伸ばす非常に美しい塊茎植物です。 塊茎から伸びた緑色の長い枝に鋭く細かいトゲが無数に生えています。 生長期になるとそのトゲの間から細い線形の葉を旺盛に生やし、こんもりとした姿になります。 膨らんだ株もとから枝に至るまで、えんじ色をした細長い楕円形の模様が入り、不思議な印象を受けます。 成長はきわめて遅い。■ 日当たり・置き場所一年を通して直射日光の当たる場所で管理します。 太陽を遮るものがない乾燥地帯に自生しています。 春以降は、日当たり・風通しの良い屋外で管理すると良いです。 雨には直接当たらない場所で管理しましょう。■ 水やり生長期の春以降は土が完全に乾いてから水やりします。 一般的な多肉植物より少し少なめにした方が良いです。 秋になり涼しくなり始めた頃から葉が紅葉し、落ち始めるで徐々に水やりを減らし、葉が落ちてから春までは完全に断水します。 春になり芽が出始めたら少しずつ水やりを開始します。 冬型ですが、真冬は成長が止まるので水やりは控えめにしましょう。■ サイズ・その他3号鉢

送料無料
caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-08 3号鉢 多肉植物

日本花キ流通

14,904

caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-08 3号鉢 多肉植物

フォークエイリア “プルプシー"■ 特徴株もとの円柱状の塊茎から、長い枝を伸ばす非常に美しい塊茎植物です。 塊茎から伸びた緑色の長い枝に鋭く細かいトゲが無数に生えています。 生長期になるとそのトゲの間から細い線形の葉を旺盛に生やし、こんもりとした姿になります。 膨らんだ株もとから枝に至るまで、えんじ色をした細長い楕円形の模様が入り、不思議な印象を受けます。 成長はきわめて遅い。■ 日当たり・置き場所一年を通して直射日光の当たる場所で管理します。 太陽を遮るものがない乾燥地帯に自生しています。 春以降は、日当たり・風通しの良い屋外で管理すると良いです。 雨には直接当たらない場所で管理しましょう。■ 水やり生長期の春以降は土が完全に乾いてから水やりします。 一般的な多肉植物より少し少なめにした方が良いです。 秋になり涼しくなり始めた頃から葉が紅葉し、落ち始めるで徐々に水やりを減らし、葉が落ちてから春までは完全に断水します。 春になり芽が出始めたら少しずつ水やりを開始します。 冬型ですが、真冬は成長が止まるので水やりは控えめにしましょう。■ サイズ・その他3号鉢

送料無料
caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-09 3号鉢 多肉植物

日本花キ流通

14,904

caフォークエイリア プルプシー 現品販売 1019-09 3号鉢 多肉植物

フォークエイリア “プルプシー"■ 特徴株もとの円柱状の塊茎から、長い枝を伸ばす非常に美しい塊茎植物です。 塊茎から伸びた緑色の長い枝に鋭く細かいトゲが無数に生えています。 生長期になるとそのトゲの間から細い線形の葉を旺盛に生やし、こんもりとした姿になります。 膨らんだ株もとから枝に至るまで、えんじ色をした細長い楕円形の模様が入り、不思議な印象を受けます。 成長はきわめて遅い。■ 日当たり・置き場所一年を通して直射日光の当たる場所で管理します。 太陽を遮るものがない乾燥地帯に自生しています。 春以降は、日当たり・風通しの良い屋外で管理すると良いです。 雨には直接当たらない場所で管理しましょう。■ 水やり生長期の春以降は土が完全に乾いてから水やりします。 一般的な多肉植物より少し少なめにした方が良いです。 秋になり涼しくなり始めた頃から葉が紅葉し、落ち始めるで徐々に水やりを減らし、葉が落ちてから春までは完全に断水します。 春になり芽が出始めたら少しずつ水やりを開始します。 冬型ですが、真冬は成長が止まるので水やりは控えめにしましょう。■ サイズ・その他3号鉢

caオペルクリカリア パキプス 現品販売 0522-02 多肉植物 コーデックス

日本花キ流通

129,600

caオペルクリカリア パキプス 現品販売 0522-02 多肉植物 コーデックス

オペルクリカリア■ 特徴灰色のコルクのようなイボイボが魅力。 幹はどっしりと樽状に太くなり、かなりの存在感を放ちます。 夏になると細い枝を旺盛に伸ばし、太い幹には似合わない小さくて丸い葉っぱを茂らせます。 つやのある葉は太陽の下でキラキラと輝き、魅力をますます引き立ててくれます。 生長は非常に遅い。■ 置き場所・日当たり一年を通して直射日光のよく当たる明るい場所で管理します。 日光が不足すると細い枝が徒長してしまいます。 また、形のいい株にするためにも風通しの良い場所で管理しましょう。■ 水やり生長期の夏は土が完全に乾燥する前にたっぷりと与えます。 風通しの良い屋外の直射日光の当たる場所では毎日与えても問題ありません。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは基本的に断水します。 休眠中も月に数回、軽く用土を湿らせると細かい根が完全に枯死することを防げます。 春になり葉を展開し始めたら、少しずつ水やりの回数と量を増やしていきましょう。■ サイズ・その他7号鉢 (鉢上から約60cm) ※輸入株で発根管理中の商品です。 画像の商品をお届けします。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク