メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「キルタンサス花」検索結果。

キルタンサス花の商品検索結果全4件中1~4件目

南アフリカの原種!ハンギングバスケットにおすすめ!キルタンサス・サンギネウス 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ハンギングバスケットにおすすめ!キルタンサス・サンギネウス 球根 2球

キルタンサスの中でも特に育てやすく、花も美しい逸品です!ハンギングバスケットにもおすすめです! 学名 Cyrtanthus sanguineus 原産地 南アフリカ 花期 盛夏 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(−5℃)(室内やコールドハウスでの冬越しをお勧めします) 耐暑性 強 日照 日向から半日陰を好みます 特徴・用途など 本種の自生地はは南アフリカの東ケープ地方沿岸から北方に延び、東アフリカの熱帯地方にまで広がっています。トランペット形の美しい花を付け、花丈20〜30cm程度です。花は鈴なりに下垂し、葉は春に出現します。 管理 植え付け時は球根の首元が露出するように植え、春から夏にかけては十分な水分が必要です。水はけの良い土壌に植え付け、しっかりと灌水をしてください。休眠期の冬は水やりを止めます。多少の雪や霜には耐えますが、やはりそれらから守られた場所での栽培の方が良い結果が出ます。肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。屋外で管理する場合は、遅霜の心配がなくなる頃まで風通しの良い場所に保管してください。屋内・温室などの場合はこの限りではありません。

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

両種の長所を確実に受け継いだ、とても個性的で美しい花姿です。花色はソフトオレンジ、俯き加減に付く花姿は個性的で趣があります。 学名 Cyrtanthus falcatus × elatus 原産地 南アフリカ 花期 秋 草丈 40〜50cm 耐寒性 中(−5℃)(室内やコールドハウスでの冬越しをお勧めします) 耐暑性 強 日照 日向から半日陰を好みます 特徴・用途など 花がぶら下がって咲くファルカタスと、ふっくらとした星型のエラツス(別名George Lily)の交配種です。いずれの種も性質強靭のため、本種もとても栽培しやすくなっています。 管理 植え付け時は球根の首元が露出するように植え、春から夏にかけては十分な水分が必要です。水はけの良い土壌に植え付け、しっかりと灌水をしてください。休眠期の冬は水やりを止めます。多少の雪や霜には耐えますが、やはりそれらから守られた場所での栽培の方が良い結果が出ます。肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。屋外で管理する場合は、遅霜の心配がなくなる頃まで風通しの良い場所に保管してください。屋内・温室などの場合はこの限りではありません。

こちらの関連商品はいかがですか?

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。当園の種はコールドハウス内で冬でも常緑を保ちます。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii alba 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

南アフリカの原種!ネリネ・ウンドゥラタ(クリスパ) 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

900

南アフリカの原種!ネリネ・ウンドゥラタ(クリスパ) 球根 1球

以前は Nerine crispa の名称で呼ばれていましたが、現在は N.undulata に統合されました。細く華奢な花弁がとても愛らしい品種です。関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine undulata(Nerine crispa) 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

N.brachiae は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉が若干細く、濃くなっています。 学名 Nerine humilis(brachiae type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11〜12月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N...

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

N.tulbaghensis は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉がかなり細く、葉色も濃く、草姿もコンパクトになっています。 学名 Nerine humilis(tulbaghensis type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11〜12月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

珍しい原種!ラケナリア・エレガンス ピンク球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

珍しい原種!ラケナリア・エレガンス ピンク球根 3球

エレガンスは花色のバリエーションが豊かです。本種は愛らしいピンクの小花で、花弁の縁は赤紫に染まります。 学名 Lachenalia elegans Pink 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 冬〜春 草丈 15〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

珍しい原種!ラケナリア・ムタビリス 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

珍しい原種!ラケナリア・ムタビリス 球根 3球

ケープ地方北部から南西部の砂質や石質の斜面地に自生します。藤色の発色が素晴らしい、ロングセラー品種です! 学名 Lachenala mutabilis 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 3〜4月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

希少な原種!スイセン(水仙)・ロミエウクシー 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

希少な原種!スイセン(水仙)・ロミエウクシー 球根 2球

モロッコ原産のロミエウクシー。花姿はバルボコジュームに似ていますが、小花梗はより短く、雄蕊が突出しているのが特徴です。厳冬の中、健気に咲き誇ります。 学名 Narcissus romieuxii 原産地 モロッコ 花期 1〜2月 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 6〜8月です。小球根ですので、鉢植えが適します。 植え付けは、4号鉢に3球程度が目安となります。 用土は硬質中粒鹿沼土7、ピートモス2、川砂1の割合が良いでしょう。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 潅水は、生育期には根を乾かさないように注意します。しかし水分過多も禁物です。 鉢の置き場所は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 冬期は気温の高い場所では管理せず、 無加温のハウスや室内の気温の低い場所などで管理しましょう。自然の寒さに十分当てた方が、良い結果が出ます。 花後はそのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置し、徐々に水やりを減らします。休眠期には水やりを止めます。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 発送状態 2球を発送いたします。 お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

極早生の珍しい原種!ラケナリア・ルビダ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

極早生の珍しい原種!ラケナリア・ルビダ 球根 2球

砂質の平坦な場所や斜面地に自生するルビダ。鮮やかな赤の花弁、人気のロングセラー種です。 学名 Lachenala rubida 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 11〜12月 草丈 15〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 2球を発送いたします。お手元に届きましたら...

超レア! 原種アマリリスブロスフェルディアエ(自社生産球・中球) 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

超レア! 原種アマリリスブロスフェルディアエ(自社生産球・中球) 球根 1球

爽やかで鮮やかなオレンジの花弁細く、多輪性で4輪以上咲かせる晩生の原種です。西ドイツ時代に高名なブロスフェルド社から導入したものです。 学名 Hippeastrum blossfeldiae 原産地 中南米 花期 初夏咲き 草丈 50cm内外 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は...

珍しい原種!芳香あり!ラケナリア・アーブソノティアエ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

珍しい原種!芳香あり!ラケナリア・アーブソノティアエ球根 3球

レモンイエローの小花は密に付き、花丈は他の原種に比べて長くなります。また、花には芳香があります。 学名 Lachenala arbuthnotiae 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 3〜4月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

南アフリカ原産の小球根!ヘッセア・ゼイヘリ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

南アフリカ原産の小球根!ヘッセア・ゼイヘリ 球根 1球

ネリネを小型にしたような、とても愛らしい花姿です。小花の数は50輪ほどにもなり、一面に咲き並ぶ姿はとても微笑ましいです。 学名 Hessea zeyheri 原産地 南アフリカ 花期 10〜11月 草丈 15〜25cm 耐寒性 中(5℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ヘッセア・ゼイヘリの育て方は、ほぼネリネに準じます。 赤玉土や鹿沼土などを主とした、水はけの良い土を用い、球根の首が土の上に少し出るようにして植え付けます。 球根の植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に1〜2回程度行い、乾燥気味に管理 します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、5℃以上の場所で管理しましょう。翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らし、6月には水やりを止めます。 発送状態 球根1球をお送りします(下の写真はお送りする球根のイメージです)。

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

細い花弁がとてもユニークで見応えがあります。 学名 Crinum buphanoides 原産地 南アフリカ北部 夏雨地区 花期 夏 草丈 60〜90cm 耐寒性 中(5℃まで) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 本種は南アフリカ北部原産で、夏場は沼地となり、冬は乾燥するような環境に自生しています。 学名でわかるように、葉はブーファンに形状が似ており、幅広で硬い葉は白い粉を纏い、激しく波打ちます。花序は傘形になり、小花はシャープな星形です。花弁は淡い桃色で幅の狭いリボンのようです。花には良い香りがあります。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。室内か、温度が5℃以下にならないハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 耐寒性が5℃程度までですので、露地植えはお勧めしません。室内での栽培には適しています。 発送状態 1球をお送り致します(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。

珍しい原種!ラケナリア・アロイデス ヴァンジリアエ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

珍しい原種!ラケナリア・アロイデス ヴァンジリアエ球根 3球

外花被は淡いブルー、白、黄緑色のグラデーション、内花被は黄緑色で白い縁が入ります。涼やかな花色、人気のロングセラー品種です。 学名 Lachenala aloides var. vanzyliae 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 3〜4月 草丈 15〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください...

希少な原種!スイセン(水仙)・ヴィリディフロラス 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

希少な原種!スイセン(水仙)・ヴィリディフロラス 球根 1球

スペイン南部やモロッコなどの岩場に自生するヴィリディフロラス。秋咲きで花の香りが強く、星型の花姿はとても個性的です。 学名 Narcissus viridiflorus 原産地 スペイン南部〜北アフリカ 花期 秋 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 6〜8月です。小球根ですので、鉢植えが適します。 植え付けは、4号鉢に3球程度が目安となります。 用土は硬質中粒鹿沼土7、ピートモス2、川砂1の割合が良いでしょう。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 潅水は、生育期には根を乾かさないように注意します。しかし水分過多も禁物です。 鉢の置き場所は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 冬期は気温の高い場所では管理せず、 無加温のハウスや室内の気温の低い場所などで管理しましょう。自然の寒さに十分当てた方が、良い結果が出ます。 花後はそのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置し、徐々に水やりを減らします。休眠期には水やりを止めます。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 発送状態 1球を発送いたします。 お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

このボリューム!!夏の庭の主役になること間違いなし! 学名 Crinum qunuleanum 原産地 南アフリカ 花期 6〜8月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 花は白色にピンクのストライプが入り、大変美しいです。 庭植えや7号鉢以上の大鉢植えにすると、ボリューム感が出ます。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理します。

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

別名‘真夏のクリスマス’。咲き始めは純白の花弁、咲き進むとほんのりとアプリコットに色づきます。 学名 Lycoris houdyshelii 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種! リコリス ‘桃園’球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種! リコリス ‘桃園’球根 2球

花は小ぶりでラッパ咲き、花色は美しいピンクに弁先が仄かにインクブルーに染まります。 学名 Lycoris cv.‘Momozono’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

1球からこれだけたくさんの純白の花を咲かせます。 学名 Crinum powellii alba 原産地 インド 花期 6〜8月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 性質強靭で耐寒性も他のクリナム同様に備わっています。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出るように浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温のハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理してください。

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

南アフリカ原産のAmaryllis belladonnaとCrinum mooreiとの属間交雑種です。両親ともに甘い芳香があり、本種も素晴らしい香りです。株姿の美しい、秋咲き品種のため、お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです! 学名 × Amarcrinum howardii 原産地 南アフリカ 花期 9〜10月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカのF. Howard氏によって1920年代に作出された品種です。両親の良い点を受け継ぎ、花もちが良く、素晴らしい芳香もあります。更に鮮やかなアップルグリーンの葉は美しく、太く頑丈な茎の印象を和らげてくれます。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態...

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ガーネット’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ガーネット’ 球根 2球

葉色は赤紫色に染まって大変鮮やかです。花茎も同色に染まり、花は咲き進むと見事なゴールデンイエローになります。花丈は高く、切り花にも最適。花にはかすかに芳香もあります。圧巻の美しさ、是非お手元でもお楽しみください! 学名 Lachenalia cv.‘Spring Garnet’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ...

オリジナル品種!ラケナリア‘トリピー’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!ラケナリア‘トリピー’ 球根 2球

その名が示す通り、L.tricolorとL.aloides Pearsoniiの血を受け継いでいます。深みのある花色、是非お手元でお楽しみください! 学名 Lachenalia cv.‘Tripea’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってくださ...

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ミスト’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ミスト’ 球根 2球

他の品種では見られない、柔らかな藤色が魅力の‘スプリング ミスト’。白い粉を纏ったボルドー色の花茎と、花弁先端から染まるソフトイエローが彩りを添えます。高性品種で切花にも適します。 学名 Lachenalia cv.‘Spring Mist’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は...

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘銀雪’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘銀雪’ 球根 2球

カップに入る端正な「ひだ」がとても上品な‘銀雪’。花丈は20cm程度で切花にも適します。 学名 Narcissus cv.‘Ginsetsu’ 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は、窒素が低めでリン酸...

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ムーンライト’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!ラケナリア ‘スプリング ムーンライト’ 球根 2球

花芽が上がる頃は、花茎がボルドー色で、蕾の頂部も同様に染まります。開花が進むとスカイブルーの花色は徐々に淡くなり、弁先は優しいクリームイエローとなります。淡く優しい花姿、是非お手元でお楽しみください! 学名 Lachenalia cv.‘Spring Moonlight’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち...

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

大ぶりな花姿、鮮やかなゴールデンイエローの花色、見応え十分の逸品です! 学名 Lycoris aurea 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中(霜の降りない場所でしたら露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!ラケナリア ‘エマイユ’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘エマイユ’ 球根 3球

栗色の蕾、咲き進むと桃色を帯びてきます。花は愛らしいクリームイエローで、花穂の先が淡い群青色に染まります。花色の変化がとても面白く、目が離せない逸品です! 学名 Lachenalia cv.‘Email’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってく...

オリジナル品種!ラケナリア ‘春風’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘春風’ 球根 3球

ラベンダー色の花弁がとても上品な‘春風’。花弁の先は濃い色に染まり、良いアクセントとなっています。 学名 Lachenalia cv.‘Harukaze’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

オリジナル品種!ラケナリア ‘コメット’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘コメット’ 球根 3球

エメラルドグリーンの花弁がとても爽やかな‘コメット’。花は花茎と垂直に付き、上から見ると星のような愛らしい花姿となります。咲き進むと弁先がシャトレーゼ色に染まります。 学名 Lachenalia cv.‘Comet’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は...

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

原産地の中米では樹木などに着生して育ち、蝶や鳥を誘う蜜を出します。秋咲き、芳香性です。種から育てました。変異種が咲く事もあり、楽しめます。 学名 Hippeastrum calyptratum 原産地 中南米 花期 10〜11月(秋咲き) 草丈 60〜80cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 有名な秋咲きのグリーンアマリリスです。春植え種とは違い、秋から翌年6月ごろまでが生育期になります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ...

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

幅の広い花弁、大輪系で見事に咲き誇ります。花色はクリアなレモンイエローから、咲き進むとアイボリーホワイトへ変化します。 学名 Lycoris cv.‘Mangetsu’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

オリジナル品種!ラケナリア ‘ゴールドオーレア’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘ゴールドオーレア’ 球根 3球

蕾は鮮やかなクリムゾンに染まり、花弁のゴールドイエローとのコントラストがとても鮮やかです。 学名 Lachenalia cv.‘Gold Aurea’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

オリジナル品種!ラケナリア ‘ソワレ’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘ソワレ’ 球根 3球

濃厚なラベンダーパープルの小花は小ぶりでとても上品。一斉に咲き誇る姿につい目を奪われます。 学名 Lachenalia cv.‘Soiree’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は、休眠期に適宜掘り上げて植え替えを行ってください。 発送状態 3球を発送いたします...

変化する花色! リコリス ‘フォーン’球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色! リコリス ‘フォーン’球根 3球

淡いクリーム色の花弁中央に、グラデーションのようにえんじ色が入ります。開花後半になると、下の写真のようにほんのりとピンク色に色づきます。花形は、花弁の細いスパイダー咲きです。葉は秋に出るタイプです。 学名 Lycoris cv.‘Fawn’ 原産地 日本・中国など 花期 9月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

オリジナル品種!ラケナリア‘カンタータ’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア‘カンタータ’ 球根 3球

蕾はワインレッドで、開花が進むと花色はゴールデンイエローに変化します。花弁の基部はほんのりと青く染まり、味わい深い花姿です。花茎は白い粉を纏ったボルドー色でとても上品。花色と花茎とのコントラストが冴える逸品です!草丈が高く、切り花にも適しています。 学名 Lachenalia cv.‘Cantata’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。...

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,500

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

ゴールドオレンジの大ぶりな花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は−5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.‘Dairoku’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

オリジナル品種!ラケナリア‘ヘリオス’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア‘ヘリオス’ 球根 3球

蕾は渋いボルドー色で、開花が進むと花色はゴールデンイエローに変化します。重厚な印象の蕾から、開花に向かって鮮やかで明るい印象になる花色の推移がとても素晴らしい品種です。更に白い粉を纏った花茎もとても魅力的!高性品種で花付きが良く、切り花にも適します。 学名 Lachenalia cv.‘Helios’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。...

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

深いローズピンクの花弁、花茎はやや短く、コンパクトに咲きます。 学名 Lycoris cv.‘Enrai’ 原産地 日本・中国など 花期 8月 草丈 30〜40cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!ラケナリア ‘ゼフィール’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘ゼフィール’ 球根 3球

花茎はワインレッド、蕾の淡い水色から、開花につれて花色がスカイブルーに変化し、弁先は美しい若草色に染まります。爽やかな印象の‘ゼフィール’、是非お手元でお楽しみください! 学名 Lachenalia cv.‘Zephyr’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は...

オリジナル品種!ラケナリア ‘ヴィリクオ’ 球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ラケナリア ‘ヴィリクオ’ 球根 3球

小ぶりな葡萄色の蕾は、咲き進むと瞬く間に群青色、桃色、レモンイエロー、マゼンタの花色に変化します。めくるめく花色の変化、是非じっくりとお楽しみください! 学名 Lachenalia cv.‘Viriquo’ 原産地 南アフリカ・冬雨地区 花期 2〜3月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(関東では−4℃程度まで下がる無加温のハウスでも栽培可能です!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 鉢植えはもちろん、切り花にも向いています。観賞期間が長く、2〜3週間は美しい花色を楽しむことができます。 管理 ●植え付けは9月が適期ですが、11月や12月に植えてもきちんと咲いてくれます。 用土は水はけと通気性の良いものを選びます。 植え付ける際はあまり深植えせず、 球根の首が少し見える程度の深さに植え付けます。 元肥として緩効性肥料を施すと良いでしょう。 その際は、窒素分の少ないもの(3-10-10など)をお勧めします。 植え付ける鉢の大きさと球数の目安は、4〜5号鉢に3〜5球程度です。 ●植え付け後は原産地の状況に倣い、雨期が来たことを知らせるために一度たっぷりと灌水を行います。 その後は土が乾いたらその都度灌水し、徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。 生育期は、たっぷりと灌水しても生育に障害が出ることはありません。 一方、乾燥気味に管理すると、株の締まった姿に育ちます。 ただ、開花期に水を切らすと花茎が曲がってしまう 開花期には、鉢の受け皿に常に水が張っているぐらいが良いでしょう。 開花後1〜2ヶ月が経ち、葉が黄変したら水遣りを止めます。 休眠期は水やりの必要はありません。 再び葉が出てきたら、表土を新しくして水やりを再開します。 ●植え付けてから数年が経ち、球根の密度が混んできた場合は...

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘グリーン アイド ベイビー’ 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘グリーン アイド ベイビー’ 球根 2球

その名のとおり、小ぶりのカップの奥は爽やかな緑色に色づきます。極寒の時期に可憐に咲き誇ります。 学名 Narcissus cv.‘Green Eyed Baby’ 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は...

オリジナル品種!アマリリス ‘ダブル ホワイトブロッサム’球根(中球) 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

4,000

オリジナル品種!アマリリス ‘ダブル ホワイトブロッサム’球根(中球) 1球

軽やかにカールする花弁、純白フルダブルのとても豪華で上品な花姿です。 学名 Hippeastrum cv.‘Double White Blossom' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 15cm内外 1茎に付く輪数 4輪 草丈 60cm内外 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い...

オリジナル品種!アマリリス‘ダブル スワン’(中球)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

オリジナル品種!アマリリス‘ダブル スワン’(中球)球根 1球

清楚な純白の花弁に、スロートのグリーンがとても清々しいですね。 学名 Hippeastrum cv.‘Double Swan’ 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 − 1茎に付く輪数 − 花弁の形状 八重咲き 草丈 − 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク