メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カキラン」検索結果。

カキランの商品検索結果全4件中1~4件目

(山野草)カキラン(柿蘭) 3号(1ポット)

charm 楽天市場店

1,130

(山野草)カキラン(柿蘭) 3号(1ポット)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。湿地を彩るオレンジのラン!カキランは日本や東アジアの湿地やその周辺に自生するランの仲間です。淡いオレンジの花はまさに柿の色で、サギソウと共に湿地性のランの代表的種です。 育成はサギソウと同様に日当たりが良い環境で水切れに注意すれば容易です。厳暑期には明るい日陰に移動し、鉢内が熱くなり過ぎないように注意しましょう。また水切れには大変弱いので、用土にミズゴケを刻んだものを入れて保水性を上げると良いでしょう。腰水による育成の場合は根まで水に浸からないようにし、マメに水換えをして水温が上がりすぎないよう注意が必要です。地下茎で殖えるため、鉢内が根詰まりすると花つきが悪くなります。2、3年で地下茎をばらして植え替えを行うと良いでしょう。山野草 カキラン(柿蘭) 3号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 9cm ※入荷状況やお届け時期により高さは前後いたします。画像はあくまでも参考までにご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Epipactis thumbergii別名スズラン分類ラン科カキラン属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本/北海道、本州、四国、九州 朝鮮半島 中国開花時期6月~7月置き場所水はけの良い土を好みます。冬から春先に日が当り、夏場は木陰になるような場所が適しています。水やり適度に湿り気のある環境を好みますので、表土が乾きはじめたらたっぷりと与えます。肥料花後に液体肥料を与えます。ご注意※画像はイメージです。 ...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク