メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カエデ」検索結果。

カエデの商品検索結果全218件中1~60件目

送料無料
【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】トウカエデ 1.2m15cmポット 6本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

11,016

【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】トウカエデ 1.2m15cmポット 6本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらトウカエデ 商品一覧0.5m10.5cmポット500円/在庫○0.8m10.5cmポット600円/在庫○1.0m10.5cmポット700円/在庫○1.0m15cmポット1500円/在庫○1.2m15cmポット1700円/在庫○1.5m15cmポット2500円/在庫○1.7m15cmポット3000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカエデ科カエデ属の商品イタヤカエデウリハダカエデウリカエデウリカエデエンコウカエデオオモミジアサノハカエデアカイタヤコハウチワカエデクスノハカエデカラコギカエデカジカエデトウカエデチドリノキトウカエデ/ハナチルサトテツカエデネグンドカエデハウチワカエデハナノキヒナウチワカエデメグスリノキイロハモミジサンゴモミジモミジ/出猩々ノムラモミジミツデカエデミネカエデオニメグスリノキ【トウカエデ】読み:とうかえで学名:Acer buergerianumカエデ科カエデ属落葉高木【商品情報】トウカエデは高さが20mにもなる落葉高木です。紅葉が美しく剛健で公害にも強いため街路樹や公園木等に良く使われます。葉は対生で少し光沢があり、軽く3つに分岐します。秋になると鮮やかに紅葉します。樹勢が強く育てやすい品種です。幹は縦にはがれます。【育て方】日向でも日陰でも成長します。6〜7月ごろに剪定を行います。肥料は2〜3月か6月に与えるようにしましょう。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=円錐形最終樹高=20m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=11〜2月開花時期=4月果実=10月用途=庭木orシンボルツリー【その他】トウカエデは紅葉が美しい品種です。剛健で強く、大きくなるため街路樹に多様されます。放任していても縦に大きくなります。

(盆栽)モミジ サワチドリ(沢千鳥) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

charm 楽天市場店

2,480

(盆栽)モミジ サワチドリ(沢千鳥) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。和の雰囲気たっぷり!モミジは美しい芽だしと鮮明な紅葉、葉落ち後の幹肌と繊細な枝先など、四季を通じて様々な姿を楽しめる植物です。性質は丈夫で、耐寒性も強いため、鉢植えだけでなく庭木として定植も可能です。夏の暑さや強い日差しで葉が縮れることがあるので、生育期には葉までしっかり水を与えましょう。山野草 モミジ サワチドリ(沢千鳥) (1ポット)商品サイズ(約)●鉢ポット径 : 15〜18cm ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Acer sp.別名カエデ、楓、紅葉分類カエデ科カエデ属園芸分類落葉小高木原産地日本/北海道〜九州開花時期−置き場所日当たりがよく風通しのよい場所で管理してください。夏の日差しは強すぎるため、半日陰の場所で管理します。水やり水を好むため、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料4月〜7月の間、9月から葉が紅葉するまでの間、緩効性の固形肥料を施します。紅葉し始めたら肥料は取り除くようにします。ご注意※画像はイメージです。入荷状況により、鉢(ポット)の色及び形状が異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。苗木の配送についてお届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点冬期の配送につい...

モミジ 「右近」(ウコン) 1.1m

千草園芸

4,860

モミジ 「右近」(ウコン) 1.1m

右近 別称「青柳」。葉が芽吹きから開葉まで黄緑色です。 秋の紅葉時は、葉の色は黄色に紅葉します。 ※写真は見本となります。 ※こちらの商品は寝巻の状態での発送となります。 写真は17年6月2日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 176a-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

(盆栽)モミジ セイリュウ(清流) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

charm 楽天市場店

2,480

(盆栽)モミジ セイリュウ(清流) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。和の雰囲気たっぷり!モミジは美しい芽だしと鮮明な紅葉、葉落ち後の幹肌と繊細な枝先など、四季を通じて様々な姿を楽しめる植物です。性質は丈夫で、耐寒性も強いため、鉢植えだけでなく庭木として定植も可能です。夏の暑さや強い日差しで葉が縮れることがあるので、生育期には葉までしっかり水を与えましょう。山野草 モミジ セイリュウ(清流) (1ポット)商品サイズ(約)●鉢ポット径 : 15〜18cm ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Acer sp.別名カエデ、楓、紅葉分類カエデ科カエデ属園芸分類落葉小高木原産地日本/北海道〜九州開花時期−置き場所日当たりがよく風通しのよい場所で管理してください。夏の日差しは強すぎるため、半日陰の場所で管理します。水やり水を好むため、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料4月〜7月の間、9月から葉が紅葉するまでの間、緩効性の固形肥料を施します。紅葉し始めたら肥料は取り除くようにします。ご注意※画像はイメージです。入荷状況により、鉢(ポット)の色及び形状が異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。苗木の配送についてお届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点冬期の配送について...

モミジ苗 11品種 3.5号ポット 接木 苗 紅葉

千草園芸

1,836

モミジ苗 11品種 3.5号ポット 接木 苗 紅葉

※写真は見本品となります。 写真は17年5月15日に撮影しております。 送料はMサイズになります。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ・品種別-葉と見本写真 ↓ 黄金板屋 ↓ ↓ 花まとい ↓ ↓ 桂 ↓ ↓ 胡蝶の舞 ↓ ↓ 紅鏡 ↓ ↓ 紅青崖 ↓ ↓ 出猩々 ↓ ↓ 青枝垂れ ↓ ↓ 美峰 ↓ ↓ 夕暮 ↓ ↓ 猩々野村 ↓モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

10個入りノルウェーカエデの種子ゴールドリーフガーデンストリートパーク植物の種子

Amazon

663

10個入りノルウェーカエデの種子ゴールドリーフガーデンストリートパーク植物の種子

説明: 1.Under理想的な条件は、そのネイティブの範囲で、ノルウェーカエデは250歳まで生きることが、多くの場合、わずか60年時々、北米でははるかに短い平均寿命を持っています。路上で使用された場合 2.Especially、それは環状剥皮と木を殺し、そのルートネットワークのための十分なスペースを持っているし、自分たちの周りの根の折り返しを受けやすいことができます。それは急速に成長しており、nohave強い木がそうであるように枝が嵐で途切れたときに 3.Norwayモミジは、多くの場合、自治体や住宅所有者のための重大な損傷や清掃コストを引き起こします。 4.Deciduous木、9~12メートルの植物の高さ、浅い根oval.Withクラウンが、しかし延伸good.Branches頑丈で、細いストライプ樹皮面、coarse.Bladeは、滑らかな、広い、黄色紅葉の色であります長いduration.Aprilの花、雌雄異株、黄緑色の花、5-7のumbels。5cmで花は夏、明るい茶色に成熟し、約25?の30cm long.Samara 3-5センチ、毎年5?8年前に、葉appear.Medium成長率の前に咲き、および期間は9月からにありますOctober.Treeの体格は、害虫が一定の効果を持って、乳白色の液体を分泌します。 ・????・???? 成長習慣: 土壌の様々な適し Photophilous、高温、耐寒性、風の抵抗、都市環境に適応します。豊かな、水はけ土、砂、粘土に植えする必要があり、酸性土壌は石灰質土壌でも、成長することができます。干ばつに強く、乾燥しすぎの分野で深い散水を必要とします。 ・????・???? 特集: 名:ノルウェーカエデ属 :カエデ属 成長率:0.8?1メートルの年間平均成長率。 適切な領域:7つの...

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

千草園芸

8,424

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 葉のある写真は17年4月24日撮影です。 その他の写真は17年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u ※送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

(盆栽)モミジ ハナツカサ(花司) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

charm 楽天市場店

2,480

(盆栽)モミジ ハナツカサ(花司) 5〜6号(1ポット)(同梱不可)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。和の雰囲気たっぷり!モミジは美しい芽だしと鮮明な紅葉、葉落ち後の幹肌と繊細な枝先など、四季を通じて様々な姿を楽しめる植物です。性質は丈夫で、耐寒性も強いため、鉢植えだけでなく庭木として定植も可能です。夏の暑さや強い日差しで葉が縮れることがあるので、生育期には葉までしっかり水を与えましょう。山野草 モミジ ハナツカサ(花司) (1ポット)商品サイズ(約)●鉢ポット径 : 15〜18cm ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Acer sp.別名カエデ、楓、紅葉分類カエデ科カエデ属園芸分類落葉小高木原産地日本/北海道〜九州開花時期−置き場所日当たりがよく風通しのよい場所で管理してください。夏の日差しは強すぎるため、半日陰の場所で管理します。水やり水を好むため、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料4月〜7月の間、9月から葉が紅葉するまでの間、緩効性の固形肥料を施します。紅葉し始めたら肥料は取り除くようにします。ご注意※画像はイメージです。入荷状況により、鉢(ポット)の色及び形状が異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。苗木の配送についてお届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点冬期の配送について...

シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.3m

千草園芸

8,100

シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.3m

※写真は見本品です。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は16年5月15日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 175c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

モミジ「獅子頭(シシガシラ)」 0.7m 苗木 落葉樹

千草園芸

4,104

モミジ「獅子頭(シシガシラ)」 0.7m 苗木 落葉樹

※写真は見本となります。 1枚目の写真はイメージです。 2枚目の写真は17年4月14日に撮影しました。 植物の状態は季節により変化いたします。174c-u 送料はL サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 1個の荷物で送れる数量 1個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約3個モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

ガーデンタウン

6,480

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

スノーボール苗(テマリカンボク 手毬灌木):樹高70cm

Amazon

972

スノーボール苗(テマリカンボク 手毬灌木):樹高70cm

大自然豊かな奈良県宇陀市にある「花の郷 滝谷花しょうぶ園」が、心をこめて育成したスノーボール苗(テマリカンボク 手毬灌木)です。 スノーボール苗(テマリカンボク 手毬灌木の特徴▼ 耐寒性・耐暑性とも強く、日本全国で栽培できます。 日当たりの良い場所、もしくは半日陰の場所で、水はけや水持ちのよい土壌が適しています。花姿はオオデマリに非常に似ている別種です。オオデマリの葉は卵型で細かいギザギザが入るのに対して、スノーボールはカエデのように大きく裂けるので、 両者は葉で簡単に見分けが付きます。5月〜6月ごろに開花します。最終樹高は1m〜4m。最終枝張り1m〜2m。 庭木や植え込みとして植えられます。耐寒性ですが、秋になると紅葉し落葉します。春になると目に鮮やかな葉っぱと白く美しいボール状の花を咲かせます。切花として人気があります。 育て方▼ 土壌は選びません。鉢植えの場合は乾いてきたら軽く灌水するようにしてください。施肥はそれほど必要としません。他の植物に与えるときに化成肥料などを少々与えてください。 選定は花後すぐに行ってください。落葉後に刈り込みますと翌年に花が付かなくなりますのでご注意ください。 冬季は落葉します。

花木 庭木の苗/モミジ(カエデ):青竜(せいりゅう)8号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

10,494

花木 庭木の苗/モミジ(カエデ):青竜(せいりゅう)8号ポット 2株セット

【大型送料商品】青竜は日本原産のヤマモミジの代表的な品種のひとつ。しなやかな枝垂れ葉と凛とした樹姿は世界的な人気です。細かな切れ込みの入る葉で、春の新芽は淡い茶色、夏は緑色となり、秋は濃い赤に紅葉します。鉢植え、庭木でお楽しみください。タイプ:カエデ科カエデ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:3〜8m日照:日向または半日陰むき栽培方法:植付けに最適な時期は春または秋の落葉後ですが、お届けする苗はポット植えなのでほぼ年中植え付け可能です。(寒地では12〜2月を除く)耐寒性に優れ、全国どこでも栽培できます。日差しが強すぎると葉やけを起こしますので、半日陰程度の場所が最適です。やや保水性のある土壌で育ててください。剪定は10月から12月、5月中旬〜7月の間に行います。なるべく細い枝を残し、太い不要な枝を間引くような感じにするとうまくまとまります。施肥は2〜3月頃、根元に堆肥や鶏糞を施し、土に浅くすきこんでください。幹にカミキリムシの幼虫が入ることがありますので、5月中旬から8月までは月に1度、株元にアセフェート粒剤などを散布して防除してください。鉢植えの場合、水不足になると葉が枯れこむので、水切れにご注意ください。また、3〜4年に1回、一回り大きな鉢に植え替えてください。樹高は多少変動いたします。また夏以降のお届けは葉焼け等のため葉があまりきれいな状態ではない場合があります。幹に虫による古い傷がある場合がございますが、生育には支障はございませんのでご了承ください。■この商品はナーセリーより直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済・ご注文後、お届けまでに1週間前後かかる場合があります。■お届け地域について ・北海道は4000円(税抜)、九州は3500円(税抜...

トウカエデ寄せ植え(モダン盆栽・紅葉盆栽・雑木盆栽)

伊勢盆栽

8,424

トウカエデ寄せ植え(モダン盆栽・紅葉盆栽・雑木盆栽)

商品詳細 使用花材 トウカエデ、苔、溶岩石 サイズ 全高30cm×鉢幅21cm×奥行13cm 注意点 春、秋には1日1回、夏には1日に朝夕の2回、冬場には2〜3日に一度の水をあげてください。 ※鉢は手造りの為、1品1品多少風合いが違います。 ※主木以外の花材は多少異なる場合がございます。 ※写真は現品ではなく、標準的な商品を掲載しております。 ※サイズの表記は平均的なものを掲載しております。  インテリアにもピッタリの盆栽『トウカエデ』 夏から秋にかけて葉が隅々まで真っ赤に紅葉する落葉樹のトウカエデその姿は秋の風情を飾ります! 大気汚染にも強く街路樹としても用いられています。インテリアにもピッタリの『モダン盆栽』です。是非、お部屋で紅葉するトウカエデを観賞してください。 店主こだわりの苔が樹の雰囲気を飾ります。店長こだわりの苔と手作り盆栽鉢が自然感を演出させます! 水遣り・・・用土の表面が乾いたらあげる。 目安は春・秋は1日1〜2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。 置き場所・・・基本的に室外。日当たり・風通しの良い所。 冬は風、霜があたらない陽だまりが良い。 室内での鑑賞期間の目安は、春から秋は2〜3日、冬は1週間です。 冷暖房の風が直接あたらないように気をつけてください。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

千草園芸

9,180

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は16年5月15日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 175c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

カエデ/ノムラモミジ 単木 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

カエデ/ノムラモミジ 単木 樹高2.5m前後

ノムラモミジ カエデ科 落葉高木 商品説明 新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルにもアクセントにも!緑の中ではひと際目立つ紅色です! 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−【実期】−−−−−【紅葉】10月〜12月 適地・管理 イロハモミジなどとは対照的に、日当たりのよい場所を好みます。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。テッポウ虫に注意が必要です。5〜9月は幹周りをよく観察し、木の食べかすや糞が幹の周囲に散乱していないかチェックしてください。 用途 是非、シンボルツリーに!!モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑...

いろはもみじ 株立高さ80cm

とろばと

4,320

いろはもみじ 株立高さ80cm

高さ80cm POT径21cm カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット1本梱包出荷≫ 高さ1.2m以上または、18cm以上のPOTは、 1POTでのお届けになります。 同梱できません。。 古来より日本人に愛されつづける庭木の代表です。 日本全国にカエデの名所があります。 カエデは、新緑・夏の緑陰・紅葉・落葉後の梢の繊細さまで、 一年中を通して楽しめます。 イロハモミジ/イロハカエデともいい、日本のカエデを代表する木。 葉が5裂けまたは7裂していて、指でイロハニホヘトと数えるときの手に 似ていることから、命名されたと言われる。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 日向〜半日陰を好みます。 【土壌・土質】 水はけの良く適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 落葉後の10〜12月が適期です。 【肥料】 2月に寒肥としての即効性の粒状肥料を株の周囲に施します。 イロハモミジを大きくしたくない場合には与える必要がありません。 【剪定方法】 カエデは自然樹形が美しいため、庭植えの場合は本来剪定の必要はありません。 剪定を行う場合には、落葉直後が適期です。 細い枝を残して太めの枝を剪定すると、自然樹形のやわらかさが出ます。 夏の時期は徒長枝がよく出るので、内部に日がはいるように整枝を行うとよい。 【病害虫】 ウドンコ病・アブラムシ等の害虫が発生します。 またテッポウムシ(カミキリ虫の幼虫)が発生すると、 幹の芯が食い荒らされて枯れてしまうので、根元に草や物を置かないようにします。

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

5,940

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.5m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

カエデ/イロハモミジ 樹高60cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

648

カエデ/イロハモミジ 樹高60cm前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

【現品 オオモミジ】 「大盃(オオサカズキ)」 1.8m 04052 苗木

千草園芸

12,960

【現品 オオモミジ】 「大盃(オオサカズキ)」 1.8m 04052 苗木

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4〜6m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高2.5m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

イロハモミジ 単木 樹高1.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,512

イロハモミジ 単木 樹高1.2m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

10,584

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.5m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

アオシダレモミジ 青枝垂れ紅葉 1.5m 「葉が涼し気なもみじ」

千草園芸

7,020

アオシダレモミジ 青枝垂れ紅葉 1.5m 「葉が涼し気なもみじ」

写真は見本となります。 写真は17年4月27日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。174d-u 送料はL−2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)アオシダレモミジ(もみじ) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acer amoenum var. matsumurae 'Kire-nishiki' 【別名】切錦(キリニシキ) 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】2〜4m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 日本原産の、ヤマモミジの枝垂れ性品種でよく知られたモミジです。 細く切れ込みのある葉と涼しげな樹形が魅力です。 春には青い新芽を出し、夏にも鮮やかな緑の葉を涼しげになびかせます。 下は春の新葉。4月下旬 青しだれの代表的な品種で、新緑は緑に、夏は濃い緑になります。 下は夏の状態です。 やさしい涼しげな葉は西洋でも植栽されているようです。 秋には黄色く紅葉(黄葉)します。 アオシダレモミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 この品種は自身で背丈が高くなりにくいので、長く伸びた枝を支柱で立ててやらないと上に向かってくれません。 背丈を高くしたい場合は、上のほうのよく伸びた枝を立てるようにして徐々に高くしてください...

イロハモミジ 単木 樹高1.5m前後 ポット苗

ガーデンタウン

3,024

イロハモミジ 単木 樹高1.5m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

送料無料
一点もの【青し枝垂れモミジの盆栽】

みどり屋 和草 楽天市場店

12,420

一点もの【青し枝垂れモミジの盆栽】

■ 商品説明 春を感じさせる芽吹き、みずみずしく爽やかな新緑、秋にはしっとりと色づく紅葉が楽しめるモミジ 明るい日陰で育ててください。季節の移り変わりをゆっくりお楽しみください!写真の商品をお届けいたします ■ 商品仕様 製品名 一点もの【山紅葉(ヤマモミジ)の寄せ植え盆栽】 型番 itenmomiji0602 メーカーみどり屋 和草(にこぐさ)盆栽 青しだれモミジ モミジはさまざまな色形のものがありますが、こちらは細やかな葉のしだれモミジ。とても繊細で涼やか。春の芽吹き、みずみずしく爽やかな新緑、秋にはしっとりと色づく紅葉が楽しめるモミジ 季節の移り変わりをゆっくりお楽しみください!鉢は陶芸作家 真山 茜(まやまあかね)さんの炭化焼締鉢。同じものはほかにはない作品です。送料無料 芽吹き(春先) 春から夏(新緑) 秋(紅葉) 冬(落葉) 【内容】 青しだれモミジ盆栽・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり モミジについて 盆栽では葉の切れ込みが、3つのものをカエデ、5つ以上に分かれるものをモミジとよんでいます。モミジは春先、鮮やかなライトグリーンの葉、秋はもちろん紅葉(こうよう)と日本の四季を感じる樹として、苔玉や盆栽など大変人気の高い植物です。たくさんの光をあてることと秋の温度差で紅葉の美しさは決まってきます。夏は水切れに注意してください(葉がチリチリになり紅葉しません)。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。 冬場は氷点下にならない場所へ 水やり 鉢の表面の土が乾き始めたら、ジョーロなどで鉢底の穴から出てくるまでたっぷりと与えて下さい。 目安は夏は1日から2日に1回...

一点もの【山紅葉(ヤマモミジ)の寄せ植え盆栽】

みどり屋 和草 楽天市場店

6,804

一点もの【山紅葉(ヤマモミジ)の寄せ植え盆栽】

■ 商品説明 春を感じさせる芽吹き、みずみずしく爽やかな新緑、秋にはしっとりと色づく紅葉が楽しめるモミジ 明るい日陰で育ててください。季節の移り変わりをゆっくりお楽しみください!写真の商品をお届けいたします ■ 商品仕様 製品名 一点もの【山紅葉(ヤマモミジ)の寄せ植え盆栽】 型番 itenmomiji0602 メーカーみどり屋 和草(にこぐさ)ミニ盆栽 ヤマモミジ 冬の間は枝だけだったモミジが春になるとパッと芽吹く姿は生命の息吹を感じ感動します!そして暑い夏を乗り越え,秋から冬にかけ一番の見ごろ紅葉が楽しめます。 芽吹き(春先) 春から夏(新緑) 秋(紅葉) 冬(落葉) 【内容】 ヤマモミジの寄せ植え盆栽・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり ヤマモミジについて 盆栽では葉の切れ込みが、3つのものをカエデ、5つ以上に分かれるものをモミジとよんでいます。モミジは春先、鮮やかなライトグリーンの葉、秋はもちろん紅葉(こうよう)と日本の四季を感じる樹として、苔玉や盆栽など大変人気の高い植物です。たくさんの光をあてることと秋の温度差で紅葉の美しさは決まってきます。夏は水切れに注意してください(葉がチリチリになり紅葉しません)。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。 冬場は氷点下にならない場所へ 水やり 鉢の表面の土が乾き始めたら、ジョーロなどで鉢底の穴から出てくるまでたっぷりと与えて下さい。 目安は夏は1日から2日に1回・それ以外は2日から3日に1回 耐寒温度 0度 育てやすさ とってもカンタン(初めての方でも大丈夫) 花・葉・実 基本的には冬と夏に葉を落とし...

唐楓(トウカエデ) 盆栽

伊勢盆栽

2,700

唐楓(トウカエデ) 盆栽

夏から秋にかけて葉が隅々まで真っ赤に紅葉する落葉樹のトウカエデその姿は秋の風情を飾ります!大気汚染にも強く街路樹としても用いられています。インテリアにもピッタリの盆栽です。是非、お部屋で紅葉するトウカエデを観賞してください!店長こだわりの苔が樹の雰囲気を飾ります。店長こだわりの苔と手作り盆栽鉢が自然感を演出させます! ✤水遣り・・・土の表面が白く乾いてきたら水が抜けるまで十分に与えてください。水切れすると葉が傷み、綺麗に紅葉しないので夏場は注意が必要です。 ✤置き場所・・・日当たり、風通しの良い場所で置いてください。夏は日差しが強く、葉が日焼けして紅葉に悪影響を与えてしまうので、日の当たらない場所に置いてください。 ※詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 商品詳細 使用花材 トウカエデ、苔、石 サイズ 器の横幅・・・5 奥行き・・・5 全長・・・23 注意点 用土の表面が乾いたら水をあげましょう。 ※ 鉢は手造りの為、1品1品多少風合いが違います。 ※ 写真は現品ではなく、標準的な商品を掲載しております。 ※ サイズの表記は平均的なものを掲載しております。

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ウリカエデ 0.5m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,512

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ウリカエデ 0.5m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらウリカエデ 商品一覧0.5m1400円/在庫○0.8m10.5cmポット1800円/在庫○株立ち2.5m露地32000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカエデ科カエデ属の商品イタヤカエデウリハダカエデウリカエデウリカエデエンコウカエデオオモミジアサノハカエデアカイタヤコハウチワカエデクスノハカエデカラコギカエデカジカエデトウカエデチドリノキトウカエデ/ハナチルサトテツカエデネグンドカエデハウチワカエデハナノキヒナウチワカエデメグスリノキイロハモミジサンゴモミジモミジ/出猩々ノムラモミジミツデカエデミネカエデオニメグスリノキ【ウリカエデ】(瓜楓)読み:うりかえで学名:Acer crataegifoliumカエデ科カエデ属落葉高木別名:メウリノキ【商品情報】ウリカエデは落葉高木です。日本各地に自生しています。樹皮の色や模様がウリに似ています。樹高は8m程度になります。ウリハダカエデと似ていますが葉の大きさや形が違うことから判断できます。ウリカエデの方が小さいです。【育て方】日陰でも成長しますが綺麗な紅葉には夏の日照時間、昼夜の温度差、土地の乾燥が大きく関わります。出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。適地=全国日照り=日向樹形=不整形最終樹高=8m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=11〜2月開花時期=5月果実=無し用途=山林苗木【その他】 ウリカエデはウリのような幹をしています。秋には紅葉します。

【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】トウカエデ 1.0m15cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,620

【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】トウカエデ 1.0m15cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらトウカエデ 商品一覧0.5m10.5cmポット500円/在庫○0.8m10.5cmポット600円/在庫○1.0m10.5cmポット700円/在庫○1.0m15cmポット1500円/在庫○1.2m15cmポット1700円/在庫○1.5m15cmポット2500円/在庫○1.7m15cmポット3000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカエデ科カエデ属の商品イタヤカエデウリハダカエデウリカエデウリカエデエンコウカエデオオモミジアサノハカエデアカイタヤコハウチワカエデクスノハカエデカラコギカエデカジカエデトウカエデチドリノキトウカエデ/ハナチルサトテツカエデネグンドカエデハウチワカエデハナノキヒナウチワカエデメグスリノキイロハモミジサンゴモミジモミジ/出猩々ノムラモミジミツデカエデミネカエデオニメグスリノキ【トウカエデ】読み:とうかえで学名:Acer buergerianumカエデ科カエデ属落葉高木【商品情報】トウカエデは高さが20mにもなる落葉高木です。紅葉が美しく剛健で公害にも強いため街路樹や公園木等に良く使われます。葉は対生で少し光沢があり、軽く3つに分岐します。秋になると鮮やかに紅葉します。樹勢が強く育てやすい品種です。幹は縦にはがれます。【育て方】日向でも日陰でも成長します。6〜7月ごろに剪定を行います。肥料は2〜3月か6月に与えるようにしましょう。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=円錐形最終樹高=20m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=11〜2月開花時期=4月果実=10月用途=庭木orシンボルツリー【その他】トウカエデは紅葉が美しい品種です。剛健で強く、大きくなるため街路樹に多様されます。放任していても縦に大きくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク