メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「オニユリ」検索結果。

オニユリの商品検索結果全7件中1~7件目

球根/ユリ:オニユリの球根1球

園芸ネット プラス

457

球根/ユリ:オニユリの球根1球

オレンジ色に黒い斑点のある花弁が反り返って咲くオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する品種です。コオニユリと非常に良く似ていますが、オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★学名:Lilium lancifoliumタイプ:ユリ科の球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm用途:花壇、コンテナ、切り花栽培方法:早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。ユリ:オニユリの球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根2球(入荷予定:2017年10月頃)

e-フラワー

1,050

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根2球(入荷予定:2017年10月頃)

優雅さが魅力のユリ。交配で生まれた素晴らしき百合たちを集めてみました。 夏のお庭に彩りを添えるゆりたちです。 「ユリ レッドヴェルベット(PVP)」は、オニユリタイプのビロードのような暗赤花です。花つきが良く、茎の色も黒色。3倍体の為、たねはできません。 〔 商品性状につきまして 〕 ●ユリ科の球根 90cm~1.2mくらいに育ちます。 ●開花期 6~7月頃 ●耐寒性 強 -25℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋に詰めて発送となります。 ●こちらの品種は種苗登録品種です。無断で増殖して販売することが禁じられております。 ★こちらの商品は、2017年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根5球(入荷予定:2017年10月頃)

e-フラワー

2,250

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根5球(入荷予定:2017年10月頃)

優雅さが魅力のユリ。交配で生まれた素晴らしき百合たちを集めてみました。 夏のお庭に彩りを添えるゆりたちです。 「ユリ レッドヴェルベット(PVP)」は、オニユリタイプのビロードのような暗赤花です。花つきが良く、茎の色も黒色。3倍体の為、たねはできません。 〔 商品性状につきまして 〕 ●ユリ科の球根 90cm~1.2mくらいに育ちます。 ●開花期 6~7月頃 ●耐寒性 強 -25℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋に詰めて発送となります。 ●こちらの品種は種苗登録品種です。無断で増殖して販売することが禁じられております。 ★こちらの商品は、2017年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

山野草:クルマユリ (車百合) 素掘り苗5株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,703

山野草:クルマユリ (車百合) 素掘り苗5株

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【百合】【宿根草】【茶花】 あまり出回ることがないクルマユリ。人気の秘密は小ぶりなユリながらも鮮やかな朱色の花でしょうか。緑の高山草原で一際目立ち、夏のお花畑を代表する高山植物です。自生するユリの中では一番高い標高に育ちます。 山に咲くオレンジ色のユリには、このクルマユリとコオニユリがありますが、葉のつき方を見るとすぐに判別できます。クルマユリの葉は、茎の中央部で10枚ほど輪を描くように並んでおり(輪生)、車の車軸のように見えることからこの名がつきました。高さ30cm~80cm、花の大きさは5~6cmほどで、鮮やかな朱色の花は、後ろ手出で触れ合うほど強く反り返り、小さいながらも存在感があります。 クルマユリは花だけでなく球根もかわいらしく、ユリの鱗片が花のように育っています。少し荒く扱うと、パラパラと壊れてしまいます。少しくらい欠けても生育には問題ありません。実はこの鱗片、砕いて蒔くと1カケ1カケから芽が出てくるのです。その姿もかわいらしいもの。一見、草と間違えてしまいそうです。 もともと高山に生息している植物なので、夏の暑さに弱く、傷みやすいといわれています。 一般にユリ科の植物は乾燥に弱いので、あまり土が乾燥しすぎないよう注意が必要です。 ●草丈 30~80cm ●科/属名 ユリ科ユリ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~8月 ●育て方 腐葉土をすき込んで黒土で植え付けましょう。黒土でなくても水はけの良い用土であれば問題ありません。 寒さに強く、根付けば手間はかかりません。花が終わりに近づいたら切ってあげると、株が丈夫に育ちます。

山野草:クルマユリ (車百合) 10.5cmポット仮植え苗 ※休眠期中

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

772

山野草:クルマユリ (車百合) 10.5cmポット仮植え苗 ※休眠期中

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【百合】【宿根草】【茶花】 あまり出回ることがないクルマユリ。人気の秘密は小ぶりなユリながらも鮮やかな朱色の花でしょうか。緑の高山草原で一際目立ち、夏のお花畑を代表する高山植物です。自生するユリの中では一番高い標高に育ちます。 山に咲くオレンジ色のユリには、このクルマユリとコオニユリがありますが、葉のつき方を見るとすぐに判別できます。クルマユリの葉は、茎の中央部で10枚ほど輪を描くように並んでおり(輪生)、車の車軸のように見えることからこの名がつきました。高さ30cm~80cm、花の大きさは5~6cmほどで、鮮やかな朱色の花は、後ろ手出で触れ合うほど強く反り返り、小さいながらも存在感があります。 クルマユリは花だけでなく球根もかわいらしく、ユリの鱗片が花のように育っています。少し荒く扱うと、パラパラと壊れてしまいます。少しくらい欠けても生育には問題ありません。実はこの鱗片、砕いて蒔くと1カケ1カケから芽が出てくるのです。その姿もかわいらしいもの。一見、草と間違えてしまいそうです。 もともと高山に生息している植物なので、夏の暑さに弱く、傷みやすいといわれています。 一般にユリ科の植物は乾燥に弱いので、あまり土が乾燥しすぎないよう注意が必要です。 ●草丈 30~80cm ●科/属名 ユリ科ユリ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~8月 ●育て方 腐葉土をすき込んで黒土で植え付けましょう。黒土でなくても水はけの良い用土であれば問題ありません。 寒さに強く、根付けば手間はかかりません。花が終わりに近づいたら切ってあげると、株が丈夫に育ちます。

こちらの関連商品はいかがですか?

LAユリ球根 エブロ 1球 桃

グラントマト 楽天市場店

128

LAユリ球根 エブロ 1球 桃

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 ・開花時期:6月中旬 ・草丈:90cm~110cm 【LAゆり】 鉄砲ゆりとすかしゆりの中間種。両方のよい所を受け継ぎ、花が大きく病気にも強くスッキリした花色が魅力。 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます。寒さに当てないとよい花が咲きません。 ※写真はイメージです...

球根/アルストロメリア原種系:モデスタ1球入り

園芸ネット プラス

686

球根/アルストロメリア原種系:モデスタ1球入り

モデスタはアルストロメリアの原種のひとつ。原種のなかでは最も人目を引く濃桃紫の大輪丸弁花です。草丈が低いので、鉢植えにするとこんもりと姿よくまとまります。学名:Alstroemeria modestaタイプ:アルストロメリア科の半耐寒性宿根草草丈:60~100cm植え付け期:暖地・中間地9~12月、寒地9~11月開花期:暖地・中間地4~6月、寒地5~7月用途:花壇、鉢植え、切り花栽培方法鉢植えの場合は、排水のよい土を使い、5~6号(直径15~18cm)鉢に1球、標準的なプランターの場合は1個に2~3球を目安に植えつけてください。花壇に植える場合は、半日以上日のあたる場所に20~30cm間隔で植えつけます。植え付けの際に元肥として、緩効性肥料などを土に混ぜ込んでください。鉢植えの場合は水切れに注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと潅水してください。生長し蕾が出てきたら、2週間に1回を目安に液肥などを追肥してください。草丈が伸びると倒れることがありますので、支柱などを立てます。関東以南の太平洋側など暖かい地域では露地で冬越しできます。寒い地域では、鉢上げして室内の明るい窓辺で冬越しさせてください。株が混み合ってきたら、春または秋に株分けしてください。※写真は開花時のイメージです。アルストロメリア原種系:モデスタ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/コルチカム:ザ・ジャイアント1球

園芸ネット プラス

486

球根/コルチカム:ザ・ジャイアント1球

秋咲き球根の代表格で、水いらず、土いらずで、バスケットなどに入れて置いておくだけで花芽を出し、きれいな花をたくさん咲かせるインスタント球根です。和名は犬サフランと呼ばれます。もちろん、鉢植え・庭植えでもおたのしみいただけます。花後に土に植えつけておくとオモトに良く似た葉が出てきますので、観葉植物として春までお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物耐寒性:マイナス5度まで草丈:約15cm開花期:10月日照:日向向き栽培方法:鉢植えや庭植えで花を楽しむ場合は、8月ころに植えつけます。土に植えずにそのまま開花を楽しむ場合は、お皿やバスケットなどに入れて明るい窓辺に置きます。球根のすわりが悪いときは、小石、ミズゴケ等で安定させてください。球根の底部の2個の角が生長点なので傷つけないように注意して下さい。花を楽しんだあとの11月頃、日当たりの良い所にに植えつけてください。鉢植えの場合は5号(直径15cm)鉢に1球を目安とし、土が球根の首すれすれの高さになるよう浅く植えます。地植えの場合は、20cm間隔で深さ5cm程度に植えつけてください。元肥として緩効性肥料や堆肥を土に混ぜ込んで植えつけます。開花後はよく日のあたる場所で管理します。葉が出てきたら月に1~2回程度、液肥を規定倍率に薄めて与えてください。翌春2月頃から葉が伸びだし、初夏のころに葉が枯れます。植えたままでもよく、あるいは掘り上げて風通しのよい日陰で乾燥させ秋を待ちます。貯蔵してまた植えつけることもできます。分球によりふやす事もできます。※お届け時に芽が動き出している場合がございます。予めご了承下さい。※パッケージのデザインは写真と異なる場合があります。コルチカム:ザ・ジャイアント1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り

園芸ネット プラス

686

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り

色変わりするチューリップ、蕾の開花とともに花色が鮮やかな黄色をベースに花びらの縁に向けて赤みを帯びていきます。密に植えることで、同系異色の品種を混ぜて植えたようにも表現できます。時の経過とともに、花壇の表情に変化を付けてくれます。ユリ咲きのダイナミックな花弁と明るい配色で花壇が華やかになります。咲き型:ユリ咲き草丈:45~50cm植え時:9月下旬~12月末花期:遅咲き栽培方法:日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんの球根を美しく寄せ植えできます。写真は開花時のイメージです。 ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入りの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ユリ咲きチューリップ:ホワイトトライアンファター(白)5球

園芸ネット プラス

572

球根/ユリ咲きチューリップ:ホワイトトライアンファター(白)5球

スリムな花が魅力のユリ咲きチューリップ。ホワイトトライアンファターは純白の花です。ユリ咲きチューリップは草丈も高く、切花やアレンジの素材としても人気です、スリムな花は日が当たると他のチューリップ同様花が開きますが、その開いた様子はまた違った印象です。開花期は遅咲きの部類に入ります。植え時:9月下旬~12月末花期:4月~5月草丈:50~60cm栽培方法:球根での植えつけ適期は秋から年末までです。日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんの球根を美しく寄せ植えできます。写真は開花時のイメージです。 ユリ咲きチューリップ:ホワイトトライアンファター(白)5球の栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/原種系シクラメン:桃1球入り

園芸ネット プラス

480

球根/原種系シクラメン:桃1球入り

花壇や鉢植えで毎年かわいい花を咲かせる原種シクラメンです。ネアポリタナム(ヘデリフォリウム)は可憐な原種シクラメンのひとつで、和名はアキザキシクラメン。開花期は晩秋頃からです。淡桃色の芳香小輪花です。葉は変化しやすく、三角~ハート型になります。園芸品種に比べて花や葉が小ぶりで、とても可憐な印象です。耐寒性が高く、マイナス15度前後まで耐えます。鉢植えのシクラメンよりも栽培しやすく、ロックガーデン、小庭園の植栽や寄せ植えなどにご利用ください。植えつけた翌年の方が良く咲きます。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草植付時期:8~9月開花期:9~10月草丈:10~15cm日照:日向向き栽培方法:木漏れ日の日陰で、冬場日当たりのよい露地に植えましょう。耐寒性がありますので、庭植えで楽しめます。適応力が高く、自然で野生の美しさが楽しめます。浅植えにするのがポイントです。ややアルカリ性の土壌を好みますので、植え穴には草木灰やピートモスをすきこんでください。球根の表面は土が多少かぶるようにして下さい。※お届け時に芽が動き出している場合がございます。予めご了承下さい。原種系シクラメン:桃1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根原種シクラメンの栽培方法

LAユリ球根 ブライトダイアモンド 1球 白

グラントマト 楽天市場店

128

LAユリ球根 ブライトダイアモンド 1球 白

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 ・開花時期:6月中旬 ・草丈:90cm~110cm 鉄砲ゆりとすかしゆりの中間種。 両方のよい所を受け継ぎ、花が大きく病気にも強くスッキリした花色が魅力。 スポットのない純白大輪種。性質は強健。ユリ科。 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます。寒さに当てないとよい花が咲きません。 ...

オリエンタルユリ球根 カサブランカ 1球 純白の巨大輪

グラントマト 楽天市場店

298

オリエンタルユリ球根 カサブランカ 1球 純白の巨大輪

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 大人気の巨大輪。強健で毎年咲く。純白の巨大輪で香りが楽しめるオリエンタル代表種・開花時期:7月下旬 ・草丈:110cm 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます。寒さに当てないとよい花が咲きません。 ※写真はイメージです。印刷の具合で花色が写真と若干違う場合があります。 ※掲載種苗は品種、栽培管理...

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セット

園芸ネット プラス

4,079

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セット

色変わりするチューリップ、蕾の開花とともに花色が鮮やかな黄色をベースに花びらの縁に向けて赤みを帯びていきます。密に植えることで、同系異色の品種を混ぜて植えたようにも表現できます。時の経過とともに、花壇の表情に変化を付けてくれます。ユリ咲きのダイナミックな花弁と明るい配色で花壇が華やかになります。咲き型:ユリ咲き草丈:45~50cm植え時:9月下旬~12月末花期:遅咲き栽培方法:日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんの球根を美しく寄せ植えできます。写真は開花時のイメージです。ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

LAユリ球根 レッドアラート 1球 赤

グラントマト 楽天市場店

128

LAユリ球根 レッドアラート 1球 赤

【返品不可】なま物のため基本的には返品をお断りさせて頂きます。 【時期限定商品】商品の特製上、販売期間を限定しております。予告なく販売終了となることがございます。 ・開花時期:6月中旬 ・草丈:70cm~100cm 鉄砲ゆりに似た草姿。華やかな深紅色花がよく咲く。ユリ科 【色のきれいなすかしゆり】 杯状の花を上向きに咲かせ、花弁の付け根がやや細く、間が透かして見えることから“すかしゆり"と呼ばれている。 球根の植えつけは、10月中旬~11月中旬ごろに行います。 花壇植えの場合は、よく土を耕した後に、堆肥や腐葉土を入れてフカフカの用土をつくってから球根を植えつけます。 鉢植えの場合は、水はけのよい肥えた用土を使いましょう。 ユリの球根の植えつけは「深植え」が基本です。 その理由は、ユリは、球根の上と下に根を出す性質があるからです。 とくに球根の上部から出る上根は、生育初期から発生し、養分をしっかり吸収する生育、開花に重要な役割を持っています。 この上根をしっかり張らせることが、ユリのよい花を咲かせるコツです。 また、球根の下から出る根は、草丈が高くなる株を、しっかり支える大切な役目を持っています。 さらに、古い球根の上にできる新しい球根が、表土に露出してしまわないように、土中へと引っぱり込む役割を持っています。 このように、ユリの球根の上下から出る根の役割を知り、それぞれの根をしっかり張らせるためにも、 球根は、高さ3~4個分の深さに植えつけます。 鉢に植える場合も、できるだけ深鉢を使いましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 初夏から夏にかけての生育期から開花期は、とても水を欲しがります。 葉や蕾がしおれないように、しっかり管理をしましょう。 寒さにも強いので、冬は屋外で、しっかり寒さに当てます...

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:デルフトブルー(青)1球

園芸ネット プラス

317

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:デルフトブルー(青)1球

ヒヤシンスの香りは、花色により異なり、甘い香り、さわやかな香りとさまざまな楽しみがあります。鮮やかなブルーと芳香をお楽しみください。水栽培に適した大球です。タイプ:ヒヤシンス科の球根植物草丈:約25cm花期:早春水栽培の方法:気温の低くなる11月頃から始めましょう。ガラスポットに球根をセットし、球根の底が少し水につかる高さまで水を入れ、暗く涼しい場所に置きます。最初のひと月ほどは、戸外に出し寒さにあてるとよく発根します。半月に1回ほど水を取り替え、根腐れを防止します。市販の根腐れ防止剤や炭のかけらを入れると根が傷みにくくなります。容器の底まで根が伸びたら、水位を7~8分目に下げて空気の層を作ります。芽が伸びてきたら徐々に暖かく明るい場所に出します。 開花終了後は花柄を摘み取り、庭や鉢に植え替え日当たりの良い場所で管理します。葉が黄色く枯れるまで置き、球根を太らせると、翌年も花を咲かせます。地上部が枯れたら掘りあげて涼しく風通しの良い場所で管理して秋にまた植えつけるか、あるいは植えたままでも数年は繰り返し花を咲かせることができます。水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:デルフトブルー(青)1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ヒヤシンスとクロッカスの水栽培ミリオンを使って「春・秋植え球根の楽しみ方」ミリオンを使って「底穴のない容器での球根の楽しみ方」

球根/原種系シクラメン:ネアポリタナム特大球1球入り

園芸ネット プラス

892

球根/原種系シクラメン:ネアポリタナム特大球1球入り

手のひらサイズ(球周40cm)の大きな球根を裸球でお届けします!ネアポリタナムは可憐な原種シクラメンのひとつで、和名はアキザキシクラメン。晩秋頃から開花し始めます。淡桃色の芳香小輪花です。葉は変化しやすく、三角~ハート型になります。園芸品種に比べて花や葉が小ぶりで、とても可憐な印象です。耐寒性が高く、マイナス15度前後まで耐えます。鉢植えのシクラメンよりも栽培しやすく、ロックガーデン、小庭園の植栽や寄せ植えなどにご利用ください。鉢植えでも栽培できますが、耐陰性もあるので、樹木の下などに適しています。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草植付時期:8~9月開花期:11~12月草丈:10~15cm日照:日向~半日蔭栽培方法:木漏れ日の日陰で、冬場日当たりのよい露地に植えましょう。耐寒性がありますので、庭植えで楽しめます。適応力が高く、自然で野生の美しさが楽しめます。浅植えにするのがポイントです。ややアルカリ性の土壌を好みますので、植え穴には草木灰やピートモスをすきこんでください。球根の表面は土が多少かぶるようにして下さい。ややアルカリ土壌を好みます。※写真はイメージです。 原種系シクラメン:ネアポリタナム特大球1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根原種シクラメンの栽培方法

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:ピータースチューブサント(紫)1球

園芸ネット プラス

286

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:ピータースチューブサント(紫)1球

ヒヤシンスの香りは、花色により異なり、甘い香り、さわやかな香りとさまざまな楽しみがあります。鮮やかなブルーと芳香をお楽しみください。水栽培に適した大球です。タイプ:ヒヤシンス科の球根植物草丈:約25cm花期:早春水栽培の方法:気温の低くなる11月頃から始めましょう。ガラスポットに球根をセットし、球根の底が少し水につかる高さまで水を入れ、暗く涼しい場所に置きます。最初のひと月ほどは、戸外に出し寒さにあてるとよく発根します。半月に1回ほど水を取り替え、根腐れを防止します。市販の根腐れ防止剤や炭のかけらを入れると根が傷みにくくなります。容器の底まで根が伸びたら、水位を7~8分目に下げて空気の層を作ります。芽が伸びてきたら徐々に暖かく明るい場所に出します。 開花終了後は花柄を摘み取り、庭や鉢に植え替え日当たりの良い場所で管理します。葉が黄色く枯れるまで置き、球根を太らせると、翌年も花を咲かせます。地上部が枯れたら掘りあげて涼しく風通しの良い場所で管理して秋にまた植えつけるか、あるいは植えたままでも数年は繰り返し花を咲かせることができます。 水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:ピータースチューブサント(紫)1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ヒヤシンスとクロッカスの水栽培ミリオンを使って「春・秋植え球根の楽しみ方」ミリオンを使って「底穴のない容器での球根の楽しみ方」

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:カーネギー(白)1球

園芸ネット プラス

286

球根/水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:カーネギー(白)1球

ヒヤシンスの香りは、花色により異なり、甘い香り、さわやかな香りとさまざまな楽しみがあります。鮮やかな花色と芳香をお楽しみください。水栽培に適した大球です。もちろん、花壇や鉢植えでも栽培できます。カーネギーは白色のタイプです。タイプ:ヒヤシンス科の球根植物草丈:約25cm花期:早春水栽培の方法:気温の低くなる11月頃から始めましょう。ガラスポットに球根をセットし、球根の底が少し水につかる高さまで水を入れ、暗く涼しい場所に置きます。最初の1~2か月間は、戸外に出し寒さにあてるとよく発根します。10日に1回ほど水を取り替え、根腐れを防止します。市販の根腐れ防止剤や炭のかけらを入れると根が傷みにくくなります。容器の底まで根が伸びたら、水位を7~8分目に下げて空気の層を作ります。芽が伸びてきたら徐々に暖かく明るい場所に出します。 開花終了後は花柄を摘み取り、庭や鉢に植え替え日当たりの良い場所で管理します。葉が黄色く枯れるまで置き、球根を太らせると、翌年も花を咲かせます。地上部が枯れたら掘りあげて涼しく風通しの良い場所で管理して秋にまた植えつけるか、あるいは植えたままでも数年は繰り返し花を咲かせることができます。 水栽培用ヒヤシンスジャンボ球:カーネギー(白)1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ヒヤシンスとクロッカスの水栽培ミリオンを使って「春・秋植え球根の楽しみ方」ミリオンを使って「底穴のない容器での球根の楽しみ方」

ベラドンナリリー 球根 1球

花まるマーケット

756

ベラドンナリリー 球根 1球

香りが良く大型で優雅な花姿です!! 芳香があり、香りも楽しめます。 【植え時】暖地・中間地・寒地・6月~9月下旬 【開花期】暖地・中間地・寒地・8月~10月 ※休眠する年もあります 【草 丈】約50~80cm 【用 途】切り花・鉢植え・花壇 ■育て方■ 水はけがよく、日当たりのよい場所を好みます。 植え付けの深さは球根の頭が2~3cm出るくらいにします 水やりは土が乾いたらやります。水のあげ過ぎで過湿にならないように注意します。 追肥は3週間に1回程度、薄い液体肥料を施します。 関東以西の暖かい地域では、4~5年くらいは堀り上げず植えぱなしで管理できます。 北関東以北の寒い地域では、葉が黄変してきたら堀り上げて、ピートモス等に入れて5℃以上で保存します。 ■花壇での育て方■ 植え付け間隔は20~25cmくらいにし、深さは30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植え付けます。植え付け後にたっぷり水をやります。 ■鉢での育てかた■ 8号鉢に1球を目安にします。 プランター60cmくらいに2球を目安にします。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので、絶対に口に入れたり、お子様やペットに与えないでください。 ※育てる環境によって、画像の姿と異なる場合があります。画像はイメージです。

球根/ネリネ(ダイヤモンドリリー):サルニエンシス・レッド1球入り

園芸ネット プラス

515

球根/ネリネ(ダイヤモンドリリー):サルニエンシス・レッド1球入り

きらきらと金属粉をまぶしたように花弁が輝くネリネは上品な花色で人気です。南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根植物で、現在流通しているのは交配により誕生した園芸品種。葉が出る前に花茎をのばして開花します。1花茎に20輪以上の花がくす玉のように付き、徐々に咲くので2週間前後も花が楽しめます。鉢植えや花壇で、あるいは切花にしてお楽しみください。作りやすく、夏に植えつけて秋には花が咲きます。数年間植え放しで楽しめるのも魅力です。原産地:南アフリカタイプ:ヒガンバナ科の非耐寒性球根植物植えつけ時期:8月~10月花期:10月~11月草丈:30~50cm日照:日向むき栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。1球で3号(9cm)ポットが目安です。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、土の表面が湿る程度に霧吹きし、乾燥気味に管理してください。花芽が出始めたら水やりを開始します。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、来年まで球根を太らせます。写真は開花時のイメージです。※性質上、開花が翌年になることがあります。ネリネ(ダイヤモンドリリー):サルニエンシス・レッド1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク