メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「オニユリ球根」検索結果。

オニユリ球根の商品検索結果全9件中1~9件目

球根/ユリ:オニユリの球根1球

園芸ネット プラス

457

球根/ユリ:オニユリの球根1球

オレンジ色に黒い斑点のある花弁が反り返って咲くオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する品種です。コオニユリと非常に良く似ていますが、オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★学名:Lilium lancifoliumタイプ:ユリ科の球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm用途:花壇、コンテナ、切り花栽培方法:早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。ユリ:オニユリの球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

山野草:クルマユリ (車百合) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,704

山野草:クルマユリ (車百合) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【百合】【宿根草】【茶花】 あまり出回ることがないクルマユリ。人気の秘密は小ぶりなユリながらも鮮やかな朱色の花でしょうか。緑の高山草原で一際目立ち、夏のお花畑を代表する高山植物です。自生するユリの中では一番高い標高に育ちます。山に咲くオレンジ色のユリには、このクルマユリとコオニユリがありますが、葉のつき方を見るとすぐに判別できます。クルマユリの葉は、茎の中央部で10枚ほど輪を描くように並んでおり(輪生)、車の車軸のように見えることからこの名がつきました。高さ30cm~80cm、花の大きさは5~6cmほどで、鮮やかな朱色の花は、後ろ手出で触れ合うほど強く反り返り、小さいながらも存在感があります。クルマユリは花だけでなく球根もかわいらしく、ユリの鱗片が花のように育っています。少し荒く扱うと、パラパラと壊れてしまいます。少しくらい欠けても生育には問題ありません。実はこの鱗片、砕いて蒔くと1カケ1カケから芽が出てくるのです。その姿もかわいらしいもの。一見、草と間違えてしまいそうです。 もともと高山に生息している植物なので、夏の暑さに弱く、傷みやすいといわれています。 一般にユリ科の植物は乾燥に弱いので、あまり土が乾燥しすぎないよう注意が必要です。●草丈30~80cm●科・属名ユリ科ユリ属●特性多年草●開花時期7~8月●育て方腐葉土をすき込んで黒土で植え付けましょう。黒土でなくても水はけの良い用土であれば問題ありません。寒さに強く、根付けば手間はかかりません。花が終わりに近づいたら切ってあげると、株が丈夫に育ちます。

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根5球(入荷予定:2017年10月頃)

e-フラワー

2,250

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根5球(入荷予定:2017年10月頃)

優雅さが魅力のユリ。交配で生まれた素晴らしき百合たちを集めてみました。 夏のお庭に彩りを添えるゆりたちです。 「ユリ レッドヴェルベット(PVP)」は、オニユリタイプのビロードのような暗赤花です。花つきが良く、茎の色も黒色。3倍体の為、たねはできません。 〔 商品性状につきまして 〕 ●ユリ科の球根 90cm~1.2mくらいに育ちます。 ●開花期 6~7月頃 ●耐寒性 強 -25℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋に詰めて発送となります。 ●こちらの品種は種苗登録品種です。無断で増殖して販売することが禁じられております。 ★こちらの商品は、2017年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根2球(入荷予定:2017年10月頃)

e-フラワー

1,050

ユリ レッドヴェルベット(PVP) 球根2球(入荷予定:2017年10月頃)

優雅さが魅力のユリ。交配で生まれた素晴らしき百合たちを集めてみました。 夏のお庭に彩りを添えるゆりたちです。 「ユリ レッドヴェルベット(PVP)」は、オニユリタイプのビロードのような暗赤花です。花つきが良く、茎の色も黒色。3倍体の為、たねはできません。 〔 商品性状につきまして 〕 ●ユリ科の球根 90cm~1.2mくらいに育ちます。 ●開花期 6~7月頃 ●耐寒性 強 -25℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋に詰めて発送となります。 ●こちらの品種は種苗登録品種です。無断で増殖して販売することが禁じられております。 ★こちらの商品は、2017年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

球根/ユリ:黄金鬼百合(オウゴンオニユリ)の球根1球

園芸ネット プラス

572

球根/ユリ:黄金鬼百合(オウゴンオニユリ)の球根1球

オニユリ(鬼百合)の変種で、花は黄色の花弁に暗褐色の斑点がつきます。とても丈夫で一枝から何輪もの花をつけます。茎の長さを生かし、宿根草と組み合わせれば、豪華な寄せ植えとなります。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★タイプ:ユリ科の球根植物植付時期:10~4月開花期:8~9月花色:黄色草丈:150~180cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。ユリ:黄金鬼百合(オウゴンオニユリ)の球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

園芸ネット プラス

572

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

コオニユリは食用に栽培されている品種です。灰汁(アク)が少なくおいしい食用百合。オレンジ色に黒い斑点のある花弁をもつコオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する百合です。名前は「小さなオニユリ(鬼百合)」の意ですが、この2種は非常に良く似ています。オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。鱗茎(ユリ根)は茶わん蒸しやてんぷらにすると美味です。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★タイプ:ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物開花期:夏香り:なし草丈:120~150cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。食用ユリ:コオニユリの球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/食用ユリ:コオニユリ1球

園芸ネット プラス

572

球根/食用ユリ:コオニユリ1球

コオニユリは食用に栽培されている品種です。灰汁(アク)が少なくおいしい食用百合。オレンジ色に黒い斑点のある花弁をもつコオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する百合です。名前は「小さなオニユリ(鬼百合)」の意ですが、この2種は非常に良く似ています。オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。鱗茎(ユリ根)は茶わん蒸しやてんぷらにすると美味です。★球根(裸球)でのお届けです★タイプ:ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物植え付け時期:11月上旬~3月下旬開花期:7月上旬~8月下旬香り:なし草丈:80~120cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。食用ユリ:コオニユリ1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/改良鹿の子百合:ブラックビューティ1球入り

園芸ネット プラス

548

球根/改良鹿の子百合:ブラックビューティ1球入り

オリエンタルユリのような派手さではなく、原種が本来持っている素朴な味わいが楽しめる交配種。強健で育て易い品種です。ブラックビューティーはオニユリによく似た強健で大型の原種系品種。圧倒的な背丈と花つきの良さが特徴です。植え付け適期:10~3月開花期:8月花色:濃い赤香り:微香草丈:90~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。改良鹿の子百合:ブラックビューティ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

こちらの関連商品はいかがですか?

球根/ユリ:マツバユリの球根1球入り

園芸ネット プラス

1,717

球根/ユリ:マツバユリの球根1球入り

マツバユリは韓国産の非常に美しい品種で、松葉を思わせるような細葉が特徴です。明るいピンクの丸くコロンとした小さめな可愛い花を咲かせます。芳香があり、原種ながら洗練された繊細な草姿で人気がある貴重種です。日向を好みますが、初夏以降は株元が高温にならないように明るい日陰か午前中のみ日に当てると良いでしょう。水切れすると花付きが悪くなる場合があるので、乾ききるまえにたっぷりと与えてください。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★学名:Lilium cernuumタイプ:ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物開花期:初夏草丈:30~80cm栽培方法植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。ユリ:マツバユリの球根1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/原種系ユリ:糸葉百合の球根1球入り

園芸ネット プラス

686

球根/原種系ユリ:糸葉百合の球根1球入り

中国原産の原種系ユリ。橙色のつるりとした花弁をくるりと反り返えらせて下向きに咲く品種です。葉は細く1茎から何輪もの花を咲かせます。原産国:中国植え付け適期:9~3月開花期:6~7月香り:あり草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。お届け時は球根(裸球)の状態です。原種系ユリ:糸葉百合の球根1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:オレンジエレクトリック2球入り

園芸ネット プラス

432

球根/すかしユリ:オレンジエレクトリック2球入り

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッド百合との交配から生まれたすかしユリ。香りはなく花は上向きに咲きます。1茎に多数の花をつけ、花持ちがよく光沢のある美しい花弁と育てやすさが特徴です。切り花に大人気で、花壇や庭なら放任栽培しても毎年花を咲かせるほど丈夫です。最新品種の中から、特に新鮮な花色のものをセレクトしてご紹介いたします。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。オレンジエレクトリックはまばゆいオレンジ色の電光が、稲妻のように走る精悍なイメージのすかしユリ。シャープでユニークな印象の花を切花やアレンジメントでお楽しみください。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付け適期:9月~翌年3月開花時期:6月~7月草丈:90~110cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。 すかしユリ:オレンジエレクトリック2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:レッドツイン2球入り

園芸ネット プラス

515

球根/すかしユリ:レッドツイン2球入り

おしべが花びら状に変化した従来のユリとは印象が異なる八重咲き品種。花粉がないので切花としても扱いやすいタイプです。レッドツインは、朱赤の変わり咲きです。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付期:暖地10月~翌4月位、寒地10月~翌5月位開花時期:6月頃草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。すかしユリ:レッドツイン2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:ハートストリングス2球入り

園芸ネット プラス

432

球根/すかしユリ:ハートストリングス2球入り

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッド百合との交配から生まれたすかしユリ。香りはなく花は上向きに咲きます。1茎に多数の花をつけ、花持ちがよく光沢のある美しい花弁と育てやすさが特徴です。切り花に大人気で、花壇や庭なら放任栽培しても毎年花を咲かせるほど丈夫です。最新品種の中から、特に新鮮な花色のものをセレクトしてご紹介いたします。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。ゲリットザルムは、黄緑色系の爽やかな色合いです。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付け適期:9月~翌年4月開花時期:6~7月草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。 写真は開花時のイメージです。すかしユリ:ハートストリングス2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:デリケートジョイ2球入り

園芸ネット プラス

515

球根/すかしユリ:デリケートジョイ2球入り

おしべが花びら状に変化した従来のユリとは印象が異なる八重咲き品種。花粉がないので切花としても扱いやすいタイプです。デリケートジョイは複色咲きの印象的な花色です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付期:暖地10月~翌4月位、寒地10月~翌5月位開花時期:6月頃草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。すかしユリ:デリケートジョイ2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/紀州産ササユリ(笹百合)の球根1球(開花球)

園芸ネット プラス

1,717

球根/紀州産ササユリ(笹百合)の球根1球(開花球)

日本を代表するユリ、別名サユリとも呼ばれます。本州の中部以西、四国、九州の一部に自生します。花径は10~14cm位、6月から7月上旬頃、ほのかに甘い香りを放ち、横向きに濃いピンク~淡いピンク色の花を咲かせます。葉が、笹のような形をしていることからこの名がついています。紀州産のササユリは、特に葉が細めで全体的に繊細さを感じさせるササユリです。香りが良いのも特徴的です。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★学名:Lilium japonicum草丈:50~100cm開花期:6~7月植え付け適期:9~4月香り:ほのかに香る花色:ピンク日照:半日陰(西日を避ける)栽培方法:日当たりから半日陰の場所で、肥沃で保水・排水性のよい酸性土壌を好みます。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。光は必要ですが、なるべく株元が高温にならないようにしてください。また高温に弱いので、暖地では特に夏は涼しいところで管理して下さい。紀州産ササユリ(笹百合)の球根1球(開花球)の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

園芸ネット プラス

1,093

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

球根が大きい!球周20cmの大球でのお届けです。フリチラリア・ペルシカは西アジア原産の品種。フリチラリアの中でも大型で、草丈が1m程になります。トールガーデン向き。切り花にしても存在感があります。宿根性なので、植えっぱなしでも翌年も開花します。学名:Fritillaria persica alba ivoly bellタイプ:ユリ科バイモ(フリチラリア)属の球根植物植付け適期:9~11月開花時期:4~5月草丈:約75~100cm用途:鉢植え、庭植え日照:明るい日陰栽培方法:植えつけ適期は秋です。花を咲かせるためには寒期(‐2度~0度)が必要ですので、9~11月頃に植え付け、戸外で冬越しさせてください。日当たりのよい場所または半日陰の場所で、土をよく耕し、間隔は3センチ以上で、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。球根の表面が鱗状になっていますので、はがれないように丁寧に扱ってください。水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。極寒地では花壇や鉢をワラで覆って寒さから守ってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は成長・開花時のイメージです。 フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/山百合:特大球1球入り

園芸ネット プラス

973

球根/山百合:特大球1球入り

日本特産の百合といえば、この「ゆりの王様」やまゆり。特大サイズの山百合の球根です。球根の力が強いので、たくさんの花数が期待できます。世界中で百合の原種がもっとも多いのは日本。今ではすっかり手に入り難くなったヤマユリは、多くの園芸品種の元としても知られています。強い芳香と圧倒的な迫力の花をお楽しみください。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物草丈:100~180cm植付期:10月上旬~3月中旬開花期:7月上旬~8月上旬日照:日向~半日陰向き栽培方法:日当たりと水はけのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。鉢植えは6号鉢に1球が目安です。ピートモスなどを入れた水はけのよい土を用いて、球根の上下に緩効性肥料を施して植えつけます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。芽が伸び始めた頃から蕾が膨らむ頃まで、月に1~2回液肥を施します。開花中は水切れに注意し、花がらは摘み取ります。花後も花が終わるまで十分水遣りをしてください。(沖縄地域では冬季低温にならないため、花が咲かないことがありますのでご注意ください)また高温に弱いので、夏は涼しいところで管理して下さい。写真は開花時のイメージです。山百合:特大球1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

ジャンボ カサブランカ 百合 ユリ 特大球 球根 1球入

楽しいガーデニング生活『なごみ』

980

ジャンボ カサブランカ 百合 ユリ 特大球 球根 1球入

球根も花もビッグです! ビクトリーカサブランカは1球から2本咲くお得な品種 【商品名】 早掘りジャンボオリエンタル百合 特大球1球 絵袋詰 【品種・カラー】ビッグカサブランカ、ビッグイエローカサブランカ、ビクトリーカサブランカ ※品種をお選び下さい 【植物情報】 植え付け:10月~2月 開花時期:6月頃 深めに植え付けて下さい。だいたい球根の高さ2~3個分程度の深さに植え付けます。鉢植えの場合は深さのある鉢をご用意下さい。 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えて下さい。乾燥を嫌います。 肥料は春に芽が出で葉を広げ始めた頃と、花が終わった後に1回ずつ化成肥料などを与えて下さい。 咲き終わった花はそのままにせず、付け根の部分で摘み取って下さい。 【特長】球周28cm以上のジャンボ球となります。 ・ビッグカサブランカ ゴージャスな純白花が何輪も開花します。 ・ビッグイエローカサブランカ(品種名コンカドール) 特大の黄花が何輪も開花します。 ・ビクトリーカサブランカ 1球から2本咲く。お得な球根です。 【用途】オリエンタルリリー 百合 カサブランカ ビッグカサブランカ 特大球 秋植え球根 ゆり ユリ 切り花 花束 ブーケ 花壇 庭 鉢植え 【関連品】ローズリリー 絵袋詰 球根1球(八重咲オリエンタル百合)球根も花もジャンボです ビッグカサブランカ ゴージャスな純白花が何輪も開花します。 ビッグイエローカサブランカ 特大の黄花が何輪も開花します。 ビクトリーカサブランカ 1球から2本咲く。お得な球根です。 ※鉢でも地植えでも育てられます。百合は縦に真っ直ぐ伸びます。見栄えを良くする為に、最低3球~5球をまとめて植えて頂くのをオススメします。 こちらもお勧め ⇒ローズリリー 絵袋詰 球根1球(八重咲オリエンタル百合)

球根/オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入り

園芸ネット プラス

548

球根/オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入り

白い花弁にピンクの縁取りが愛らしいオリエンタルリリーのミレッシモ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:マーロン1球入り

園芸ネット プラス

493

球根/オリエンタルリリー:マーロン1球入り

ピンクに白の覆輪が入る花色が印象的なオリエンタルリリーのマーロン。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:マーロン1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ダブルカサブランカ:ホワイトアイズ1球入り

園芸ネット プラス

1,030

球根/ダブルカサブランカ:ホワイトアイズ1球入り

純白の百合カサブランカの、巨大輪の八重咲き品種。豊かな花弁と香りをお楽しみください。植えつけ適期:9~4月開花期:5~8月草丈:80~100cm栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。この商品は球根でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。 ダブルカサブランカ:ホワイトアイズ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

園芸ネット プラス

493

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

ピンクの花弁に中心部と縁取りが白いオリエンタルリリーのクイーンフィッシュ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/アルストロメリア原種系:モデスタ1球入り

園芸ネット プラス

556

球根/アルストロメリア原種系:モデスタ1球入り

モデスタはアルストロメリアの原種のひとつ。原種のなかでは最も人目を引く濃桃紫の大輪丸弁花です。草丈が低いので、鉢植えにするとこんもりと姿よくまとまります。学名:Alstroemeria modestaタイプ:アルストロメリア科の半耐寒性宿根草草丈:60~100cm植え付け期:暖地・中間地9~12月、寒地9~11月開花期:暖地・中間地4~6月、寒地5~7月用途:花壇、鉢植え、切り花栽培方法鉢植えの場合は、排水のよい土を使い、5~6号(直径15~18cm)鉢に1球、標準的なプランターの場合は1個に2~3球を目安に植えつけてください。花壇に植える場合は、半日以上日のあたる場所に20~30cm間隔で植えつけます。植え付けの際に元肥として、緩効性肥料などを土に混ぜ込んでください。鉢植えの場合は水切れに注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと潅水してください。生長し蕾が出てきたら、2週間に1回を目安に液肥などを追肥してください。草丈が伸びると倒れることがありますので、支柱などを立てます。関東以南の太平洋側など暖かい地域では露地で冬越しできます。寒い地域では、鉢上げして室内の明るい窓辺で冬越しさせてください。株が混み合ってきたら、春または秋に株分けしてください。※写真は開花時のイメージです。アルストロメリア原種系:モデスタ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ(ハイブリッド):ゲリットザルム(薄緑)4球セット

園芸ネット プラス

855

球根/すかしユリ(ハイブリッド):ゲリットザルム(薄緑)4球セット

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッドとの交配から生まれたすかしユリ。最新品種の中から、特に新鮮な花色のものをセレクトしてご紹介いたします。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。ゲリットザルムは、黄緑色系の爽やかな色合いです。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付け適期:9~4月開花時期:6~9月草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。 写真は開花時のイメージです。すかしユリ(ハイブリッド):ゲリットザルム(薄緑)4球セットの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入り

園芸ネット プラス

432

球根/すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入り

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッド百合との交配から生まれたすかしユリ。香りはなく花は上向きに咲きます。1茎に多数の花をつけ、花持ちがよく光沢のある美しい花弁と育てやすさが特徴です。切り花に大人気で、花壇や庭なら放任栽培しても毎年花を咲かせるほど丈夫です。最新品種の中から、特に新鮮な花色のものをセレクトしてご紹介いたします。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。ゲリットザルムは、黄緑色系の爽やかな色合いです。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付け適期:9月~翌年4月開花時期:6~7月草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。 写真は開花時のイメージです。すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セット

園芸ネット プラス

4,079

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セット

色変わりするチューリップ、蕾の開花とともに花色が鮮やかな黄色をベースに花びらの縁に向けて赤みを帯びていきます。密に植えることで、同系異色の品種を混ぜて植えたようにも表現できます。時の経過とともに、花壇の表情に変化を付けてくれます。ユリ咲きのダイナミックな花弁と明るい配色で花壇が華やかになります。咲き型:ユリ咲き草丈:45~50cm植え時:9月下旬~12月末花期:遅咲き栽培方法:日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんの球根を美しく寄せ植えできます。写真は開花時のイメージです。ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り 6袋セットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り

園芸ネット プラス

686

球根/ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入り

色変わりするチューリップ、蕾の開花とともに花色が鮮やかな黄色をベースに花びらの縁に向けて赤みを帯びていきます。密に植えることで、同系異色の品種を混ぜて植えたようにも表現できます。時の経過とともに、花壇の表情に変化を付けてくれます。ユリ咲きのダイナミックな花弁と明るい配色で花壇が華やかになります。咲き型:ユリ咲き草丈:45~50cm植え時:9月下旬~12月末花期:遅咲き栽培方法:日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんの球根を美しく寄せ植えできます。写真は開花時のイメージです。 ユリ咲きチューリップ:バンデグローブ5球入りの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ゆり オリエンタル:ディジー1球入り

園芸ネット プラス

493

球根/ゆり オリエンタル:ディジー1球入り

紅すじ改良山百合は、紅の中心線と白花弁のコントラストが華やかなでインパクトのあるオリエンタル系交配種です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物草丈:約80~100cm植え時:9月~翌年4月開花期:6~7月用途:花壇、コンテナ、切り花栽培方法:日当たりと水はけのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。鉢植えは6号鉢に1球が目安です。ピートモスなどを入れた水はけのよい土を用いて、球根の上下に緩効性肥料を施して植えつけます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。芽が伸び始めた頃から蕾が膨らむ頃まで、月に1~2回液肥を施します。開花中は水切れに注意し、花がらは摘み取ります。花後も花が終わるまで十分水遣りをしてください。(沖縄地域では冬季低温にならないため、花が咲かないことがありますのでご注意ください)また高温に弱いので、夏は涼しいところで管理して下さい。※写真は開花時のイメージです。ゆり オリエンタル:ディジー1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

■秋植え球根■赤鹿の子ユリ1球入り

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

580

■秋植え球根■赤鹿の子ユリ1球入り

趣のある昔ながらのユリ。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20140828] ■ 形状・サイズ他 1球入り ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *輸入状況・生育状況などによりお届け出来ない商品が出る場合は、メールにて事前にご連絡させて頂きますので、予めご了承ください。 *画面設定等により実物と花色などが異なる場合がございます。 芍薬、牡丹と並び、美人の形容詞に使われるユリ。さまざまな品種があり、日本は百合の宝庫と呼ばれます。大きなラッパのような花は、たおやかで人目をひく姿。清楚で気品あふれる風情で、冠婚葬祭にも用いられます。 日本の風土に合った丈夫なユリ、茶花としても人気があります。 【育て方】 ユリ科の球根植物 植え付け時期は9~4月 花時期は7~8月 草丈80~120cm ■植え付け 鉢植えの場合、6号鉢(直径18cm)に3球くらいが目安です。球根の高さの2倍くらいの深さで植えつけましょう。 庭植えの場合、深さ球根の高さの4倍位、株間20~30cm位で植えつけて下さい。 球根の上の茎からも根が出るので必ず深く植えましょう。 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は球根の土などの専用の土がおすすめです。 庭植えの場合、30cmほど耕し、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 この時肥料も与えておきましょう。根が伸びてから吸収できるように、根から離して施してください。 水をたっぷり与えて植えつけは完了です。 ■育てる場所...

球根/オリエンタルリリー:クシマヤ1球入り

園芸ネット プラス

772

球根/オリエンタルリリー:クシマヤ1球入り

神秘的な色合いのネパレンセ交配種のクシマヤ。ネパレンセとはネパールの意味で、インド北部から中国にかけて自生するユリです。2010年にオランダキューケンホフ公園リリーパレードにおいて「技術革新賞」に輝いた逸品です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:90~120cm用途:花壇、鉢植え、切り花栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:クシマヤ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:チリアウト1球入り

園芸ネット プラス

493

球根/オリエンタルリリー:チリアウト1球入り

エレガントで芳しいオリエンタルリリー。花言葉は「純潔」で、欧米では聖なる乙女を象徴する花として親しまれています。ユリは寒さに強く暑さに弱いので、西日を避けた半日陰で、排水の良い土壌での栽培が適しています。植えつけ適期:9~4月開花期:5~8月草丈:80~100cm栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。 オリエンタルリリー:チリアウト1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:マルコポーロ1球

園芸ネット プラス

493

球根/オリエンタルリリー:マルコポーロ1球

ソフトピンクのかれんな花色が印象的なオリエンタルリリー。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。オリエンタルリリー:マルコポーロ1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:エクストラバガンザ1球入り

園芸ネット プラス

548

球根/オリエンタルリリー:エクストラバガンザ1球入り

白い花弁にローズの斑点が入るオリエンタルリリーのエクストラバガンザ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:エクストラバガンザ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/原種系シクラメン:コウム1球入り

園芸ネット プラス

444

球根/原種系シクラメン:コウム1球入り

コウムは東欧から中近東にかけて自生するシクラメンの原種のひとつ。園芸品種に比べて花や葉が小ぶりで、とても可憐な印象です。耐寒性が高く、マイナス15度前後まで耐えます。花はピンク~ホワイト、葉は濃緑に銀の模様が入ります。実生栽培品種です。鉢植えのシクラメンよりも栽培しやすく、ロックガーデン、小庭園の植栽や寄せ植えなどにご利用ください。この球根は柔らかめですが、問題ございませんのでそのまま植え付けてください。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草植えつけ時期:7~9月花期:1~3月草丈:5~10cm日照:日向向き用途:鉢植え、花壇栽培方法耐寒性の強い品種です。みずはけがよく腐植質の多い土に植え付け、風通しがよく、涼しい戸外で管理してください。鉢植えの場合は水切れに気をつけて管理してください。涼しい場所であれば植え放しで新葉を茂らせながら夏越しさせることができ、翌年株がふえてまた開花します。※写真は開花時のイメージです。原種系シクラメン:コウム1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根原種シクラメンの栽培方法【秋植え球根】植えつけ深さの目安

球根/鹿の子百合:赤鹿の子1球入り

園芸ネット プラス

548

球根/鹿の子百合:赤鹿の子1球入り

世界中で百合の原種がもっとも多いのは日本。鹿の子百合は、現在のオリエンタルハイブリッドリリーの交配親としても知られています。ナチュラルな雰囲気の可憐な花をお楽しみください。球根で植えつけますが、宿根草として数年は植え放しで大丈夫です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物草丈:80~150cm植付期:10月上旬~3月中旬開花期:7月上旬~8月上旬日照:日向~半日陰向き栽培方法:日当たりと水はけのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。鉢植えは6号鉢に1球が目安です。ピートモスなどを入れた水はけのよい土を用いて、球根の上下に緩効性肥料を施して植えつけます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。芽が伸び始めた頃から蕾が膨らむ頃まで、月に1~2回液肥を施します。開花中は水切れに注意し、花がらは摘み取ります。花後も花が終わるまで十分水遣りをしてください。(沖縄地域では冬季低温にならないため、花が咲かないことがありますのでご注意ください)また高温に弱いので、夏は涼しいところで管理して下さい。鹿の子百合:赤鹿の子1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク