メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「オガタマ」検索結果。

オガタマの商品検索結果全8件中1~8件目

送料無料
【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】オガタマノキ 0.3m10.5cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

11,880

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】オガタマノキ 0.3m10.5cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらオガタマノキ 商品一覧0.3m10.5cmポット2200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクレン科オガタマノキ属の商品カラタネオガタマカラタネオガタマ/ポートワインウンナンオガタマカラタネオガタマ四季咲きオガタマノキ【オガタマノキ】(小賀玉木)読み:おがたまのき学名:Magnolia compressaモクレン科オガタマノキ属常緑高木別名:オガタマ、トキワコブシ【名前の由来】「招霊(オキタマ)」これが転じて名付けられました。【商品情報】オガタマノキは10~15mになる常緑高木です。日本・台湾原産です。葉は深い緑色で光沢があり、長さは10cm~15cmほどで、フチがゆるく波打ちます。花はクリーム色の小さい花を咲かせます。日本に自生するモクレン科では唯一の常緑樹です。成長が早めで大木となりますが、剪定や移植には弱いです。日陰にも耐えますが、日照不足になると枝の茂り方が粗くなり、花つきも極端に悪くなります。冬の北風が苦手で、強い寒風が当たると落葉し、枝が寒さにさらされて枝枯れを起こすことがあります。【育て方】有機質のたっぷり入った肥沃で、やや粘土質の湿潤な土壌を好みます。日向を好むが半日蔭でも育ちます。ただし寒さには弱いです。不要な枝を切り落とす間引き剪定が基本ですが、放任でも樹形はまとまるので、無理に切る必要はありません。やせ地でなければ肥料は要りません。適地=関東以西日照り=日向or半日陰樹形=半球形最終樹高=25m施肥時期=剪定時期=3月下旬~5月開花時期=2月~4月果実=10月用途=シンボルツリー【その他】オガタマノキはかつては床材や家具材として使われていましたが、移植や繁殖が難しいため現在では庭木としての流通もほとんどしていません。日本の気候に合った樹木で、庭木にできないこともないですが...

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】カラタネオガタマ 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

21,600

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】カラタネオガタマ 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらカラタネオガタマ 商品一覧0.3m1000円/在庫×0.8m15cmポット4300円/在庫○1.0m露地15000円/在庫×2.0m露地20000円/在庫○2.3m露地24000円/在庫×2.5m露地28000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクレン科オガタマノキ属の商品カラタネオガタマカラタネオガタマ/ポートワインウンナンオガタマカラタネオガタマ四季咲きオガタマノキ【カラタネオガタマ】(唐種招霊)読み:からたねおがたま学名:Michelia fiモクレン科オガタマノキ属常緑高木別名:トウオガタマ、バナナノキ、バナナツリー【名前の由来】中国原産(唐)から。神霊を招くため神前に供える木とした招霊(オギタマ)から。【商品情報】オガタマの木は神聖な樹木で、神事に使用されるためお寺や庭園などによく植えられています。神霊を招きよせるという意味があります。日本に自生するモクレン科の中では唯一の常緑樹です。葉は皮質で厚いです。花は数センチ程度の白い花が咲きます。花からはあまいバナナのような香りが漂います。樹齢は長く、巨木になっている固体も多々あります。様々な園芸品種が作られて人気があります。【育て方】日当たりがよい場所を好みますが半日向でも成長します。剪定を行う際には絡み枝を取る程度に行います。肥料は1~2月の寒肥を与えます。適地=北海道南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=4m施肥時期=1~2月剪定時期=4~5月開花時期=3~4月果実=無し用途=シンボルツリーor縁起木【その他】 カラタネオガタマは花の芳香が強い品種です。バナナの香りがします。ほかのオガタマに比べて大きくなりにくく場所をとりません。

■良品庭木■オガタマノキパープルクーン紫花4号ポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,280

■良品庭木■オガタマノキパープルクーン紫花4号ポット苗

甘い香りを持つ花が魅力的な花木。 ■ 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20111125] ■ 形状・サイズ他 Φ12cmポット 高さ 鉢上約30~40cm ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 樹形等に個体差があります。優良品を厳選してお届けしますので、あらかじめご了承ください。 お届け時期により花のない時期もございます。 神社や公園などで見られるオガタマノキ。漢字で書くと招霊木など。招霊(オギタマ)から名がついたよう。濃い緑の葉が美しい常緑の木。神に供える木として榊のように用いられていました。春には甘い香りを持つ魅力的な花を咲かせます。 まるでバナナのような甘い香りを持ちます。花姿よりもその香りで人を惹きつけます。パープルクイーンは濃いパープルでベルベットな質感の花を咲かせる珍しい品種です! 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 モクレン科の常緑低木 花時期 5~6月 草丈 ~3m 耐寒温度 約0℃(環境・生育状況により変わります) ■育てる場所・土 日当たり、風通しのよい場所で育ててください。真夏に葉が傷むようでしたら日光を和らげてください。土は 花木の培養土などの庭木用の土がおすすめです。庭植えの場合、あらかじめたい肥や腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。 植え替える場合は鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。その上に培養土を、植え付ける苗の土の表面が鉢の縁から1~3cmほど下になるように調整して入れます。 苗の周りにもしっかりと土が入るように棒などできちんと土を押しましょう。植え付けたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりを...

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】カラタネオガタマ/ポートワイン 0.6m15cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,888

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】カラタネオガタマ/ポートワイン 0.6m15cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらカラタネオガタマ/ポートワイン 商品一覧0.3m1000円/在庫×0.3m15cmポット3000円/在庫○0.6m15cmポット3600円/在庫○0.8m15cmポット4000円/在庫×カラタネオガタマノキ/ポートワイン1.0m露地15000円/在庫×カラタネオガタマノキ/ポートワイン2.0m露地20000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクレン科オガタマノキ属の商品カラタネオガタマカラタネオガタマ/ポートワインウンナンオガタマカラタネオガタマ四季咲きオガタマノキ【カラタネオガタマ/ポートワイン】(赤花唐種招霊)読み:からたねおがたま/ぽーとわいん学名:Magnoliaceae Micheliaモクレン科オガタマノキ属常緑高木別名:ベニバナカラタネオガタマ【名前の由来】中国原産(唐)から。神霊を招くため神前に供える木とした招霊(オギタマ)から。花が小ぶりで赤くワインのような香りから。【商品情報】オガタマの木は神聖な樹木で、神事に使用されるためお寺や庭園などによく植えられています。神霊を招きよせるという意味があるらしいです。日本に自生するモクレン科の中では唯一の常緑樹です。葉は皮質で厚いです。花は数センチ程度の白い花が咲きます。花からはあまいバナナのような香りが漂います。樹齢は長く、巨木になっている固体も多々あります。様々な園芸品種が作られて人気があります。【育て方】日当たりがよい場所を好みますが半日向でも成長します。剪定を行う際には絡み枝を取る程度に行います。肥料は1~2月の寒肥を与えます。適地=北海道南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1~2月剪定時期=4~5月開花時期=3~4月果実=無し用途=シンボルツリーor縁起木【その他】...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品発送】ミヤマガンショウ(深山含笑)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

6,800

【現品発送】ミヤマガンショウ(深山含笑)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: MY01(1.2m) 新着! 商品番号: MY02(1.2m) 新着! 商品番号: MY03(1.5m) 新着! 商品番号: MY04(1.3m) [S1.0,1.5]ミヤマガンショウ 大輪の花を咲かせ見ごたえ十分 ミヤマガンショウ ミヤマガンショウは、純白な芳香のある花を咲かせる常緑樹です。葉の色は、濃い緑色でやや艶があります。常緑樹には珍しく花の大きさは10cmくらいある大輪で、新しい樹種です。 分類 植栽適地 常緑高木 関東~沖縄 鑑賞ポイントと時期 3月~5月頃 純白の花を楽しめる 秋頃 実がなる 通年 緑の葉を楽しむ事が出来る 管理のポイント 植えつけ 半日陰~日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)、9月頃に追肥(化成肥料)を与える。 基本の剪定 花後すぐの6月頃に、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引きを行いながら樹形を整える。放任しても樹形は整いやすい。

新種!庭木・苗木:深山含笑(黄花)

遊恵盆栽 楽天市場店

5,940

新種!庭木・苗木:深山含笑(黄花)

商品情報 樹種:深山含笑 黄花 撮影日:11月 常緑中高木。 3-4月頃に大輪一重咲品種で香りも良いです。*ポットでのお届けとなります。 *数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約40-50cm ポット:約12cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 配送 【業者】 ヤマト運輸 【配送サービス名】宅急便 詳しくはこちら ろうばい、ロウバイ、黒花ロウバイ、くろばなろうばい、くろはなろうばい、黒花ろうばい、ろーばい ローバイ

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウ(樹高:1.2m内外)No22017.4月撮影

ガーデニングショップ四季の里

5,940

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウ(樹高:1.2m内外)No22017.4月撮影

大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれている花木。 4月に淡紅色の一重の花をつけた後、緑色の実が赤から黄色に変わる様子がとても美しい花木です。 大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれています。 四季の姿 4~5月に開花します 5月ごろの実の状態です 10月に結実します 商品詳細 商品情報/規格 ■バラ科リンゴ属 落葉広葉樹 小高木 ■別名:ヤマカイドウ、ノカイドウ ■樹高:1.2m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月~5月 ■結実期:10月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 剪定時期は11~3月、6月中旬です。 徒長枝の発生や、ふところ枝が密生しないように、適宣剪定します。 11~3月に徒長枝、込み枝、からんだ枝を剪定します。 6月中旬に伸びすぎた枝先を切り詰めますが、あまり伸びていない枝は、 先端に花芽ができ始めているので切らないようにします。 植え付け 日向を好みます。 水はけの良い肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 堆肥と緩効性化成肥料を混ぜたものを寒肥として、花後の5月に化成肥料を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウ(樹高:1.9~2.1m内外)2017.4月撮影

ガーデニングショップ四季の里

16,200

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウ(樹高:1.9~2.1m内外)2017.4月撮影

大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれている花木。 4月に淡紅色の一重の花をつけた後、緑色の実が赤から黄色に変わる様子がとても美しい花木です。 大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれています。 四季の姿 4~5月に開花します 5月ごろの実の状態です 10月に結実します 商品詳細 商品情報/規格 ■バラ科リンゴ属 落葉広葉樹 小高木 ■別名:ヤマカイドウ、ノカイドウ ■樹高:1.9~2.1m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月~5月 ■結実期:10月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 剪定時期は11~3月、6月中旬です。 徒長枝の発生や、ふところ枝が密生しないように、適宣剪定します。 11~3月に徒長枝、込み枝、からんだ枝を剪定します。 6月中旬に伸びすぎた枝先を切り詰めますが、あまり伸びていない枝は、 先端に花芽ができ始めているので切らないようにします。 植え付け 日向を好みます。 水はけの良い肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 堆肥と緩効性化成肥料を混ぜたものを寒肥として、花後の5月に化成肥料を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウNo3(樹高:2.4m内外)2017.4月撮影

ガーデニングショップ四季の里

18,360

深山紅カイドウ/ミヤマカイドウNo3(樹高:2.4m内外)2017.4月撮影

大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれている花木。 4月に淡紅色の一重の花をつけた後、緑色の実が赤から黄色に変わる様子がとても美しい花木です。 大変実つきもよく盆栽として古くから親しまれています。 四季の姿 4~5月に開花します 5月ごろの実の状態です 10月に結実します 商品詳細 商品情報/規格 ■バラ科リンゴ属 落葉広葉樹 小高木 ■別名:ヤマカイドウ、ノカイドウ ■樹高:2.4m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月~5月 ■結実期:10月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 剪定時期は11~3月、6月中旬です。 徒長枝の発生や、ふところ枝が密生しないように、適宣剪定します。 11~3月に徒長枝、込み枝、からんだ枝を剪定します。 6月中旬に伸びすぎた枝先を切り詰めますが、あまり伸びていない枝は、 先端に花芽ができ始めているので切らないようにします。 植え付け 日向を好みます。 水はけの良い肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 堆肥と緩効性化成肥料を混ぜたものを寒肥として、花後の5月に化成肥料を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

ヤマボウシ 白花 株立 2.1m-2.3m程度(根鉢含まず)

グリーンロケット

18,144

ヤマボウシ 白花 株立 2.1m-2.3m程度(根鉢含まず)

※写真撮影日(2017年6月20日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい 送料:3700円分 店舗にて負担いたします。 ※送料が3700円を超える地域のお客様は、差額分のご負担をお願いいたします。 ※沖縄、離島は別途料金がかかります。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のヤマボウシ「白花」はこちら 商品詳細 属性Cornus kousa ミズキ科ミズキ属 植栽環境南北海道~沖縄難易度初心者向き タイプ落葉高木鑑賞時期花:5月~6月 実:10月 日照条件日向~半日陰葉張り3~4m程度 最終樹高(成長の早さ)約6m程度(約0.1~0.2m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴花、実、紅葉、落葉後の樹形等、1年を通して楽しめる人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 原種の白花の特徴は、白が濃く美しいこと。 シンボルツリーにすれば、その存在感を発揮します。 高さと葉張りが出やすいので、なるべく余裕のある場所に植えつけるようにします。 ヤマボウシの育て方 植え付け環境日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割~9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 肥料定植後に緩効性有機肥料(鶏糞、油粕)を与えると良いでしょう。 その後は生育に合わせて与えるようにします。 肥料は根から離れたところに散布しましょう。 植え付け時期真冬の落葉後が適期です...

幹の色が赤いサンゴカクモミジ (珊瑚閣紅葉) 単木 1.3m

千草園芸

5,400

幹の色が赤いサンゴカクモミジ (珊瑚閣紅葉) 単木 1.3m

※写真の商品は見本品となります。 写真は18年1月16日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。181a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102554

千草園芸

7,344

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102554

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.3m 10501

千草園芸

4,860

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.3m 10501

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが...

S3-トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後 露地苗

ガーデンタウン

7,376

S3-トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トサミズキ(土佐水木)マンサク科 トサミズキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________清清しい淡黄色の花。じぐざぐに伸びる枝が特徴です。葉に先立って短い穂状花序を垂らし、黄色い小花を6~8個咲かせる代表的な春花木のひとつで、黄色の花を吊り下げるように咲かせます。古くから茶庭などに植えられるほか、切花としても使われます。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰~日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理トサミズキは放任しておくと株立状でまとまりのない樹形になります。花が三部~五部咲きくらいの時に切り取れば、切花として利用できるので3月くらいに切るとよいでしょう。剪定は大枝の枝抜きを主体とします。肥料は油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月と8月下旬に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:北海道南部以南 開花時期:3~4月鑑賞樹高:2~4m施肥時期:2月と8月用途:庭木・花木・切花◇ガーデンタウン...

S3-ハナミズキ(赤花) 樹高1.5m前後 露地苗

ガーデンタウン

11,793

S3-ハナミズキ(赤花) 樹高1.5m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。______________________________...

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 1.3m 21052

千草園芸

15,120

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 1.3m 21052

※写真の商品をお送りします。 写真は18年2月10日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミモザアカシア (英)Green Wattle,Early Black Wattle (分類)マメ科アカシア属 (原産)オーストラリア南東部(タスマニアを除く) (特性)半耐寒性常緑高木(成木では-5~10度) (学名)Acacia Millor decurrens Willd (用途)公園樹、庭木・シンボルツリー、切花 関東以西の低地では街路樹や公園などに多く植栽されています。日当たりと水はけのよい土地を好み、乾燥に強くやせ地でもよく生育します。正しくはアカキア属と言いますがアカキアではなく一般にはアカシアと言います。ニセアカシアも一般的によくアカシアと言われ混同することがあります。 春先に黄色い花を満開につけ、非常に美しい花木ですが、成長が早くすぐに大きくなるので剪定をして樹形を整えることが必要です。 また一度路地植えすると移植はまずできないと考えたほうがよいので植える場所は大きくなると思って計画を持って植えてください。鉢植えの場合も植え替えのときはあまり根鉢は崩さずに行いましょう。 西日本では公園や街路樹によく利用され、強剪定にも耐えてかなり大きく成長します。 春に黄色い玉状の花を木いっぱいに付け、切花やドライフラワーにも利用されます。 ミモザアカシアの近縁種には次のようなものがあります。 1.ギンヨウアカシア(ギンバアカシア、ハナアカシア) (学名) Acacia baileyana F.V.Muell (英) Cootramundra Wattle、Golden mimosa (原産) オーストリアのニューサウスウェールズ州のごく限られた...

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

千草園芸

9,720

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ウグイスカグラ 【分類】スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木 【学名】 Lonicera gracilipes 【分布】北海道(南部)、本州、四国、九州 【別名】ウグイスノキ、ヤマウグイスカグラ、ウグイスカグレ 【栽培適地】北海道南部~九州 【開花期】4月~5月 【利用】庭木 春にピンクのかわいい花を咲かせ、初夏には赤い実を楽しむことのできる丈夫な落葉樹です。 自然のおもむきを感じさせる樹形が特徴で、庭の脇役や盆栽などにも使用されます。 春には、ラッパ状の小さな可愛らしい花を咲かせます。花後の初夏には、小さな赤く熟した実がなります。 実は食べると、酸味が少なくほんのり甘い果実です。 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて固定してください。

S3-トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

ガーデンタウン

1,684

S3-トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行...

【藪椿(ヤブツバキ)】根巻き苗 樹高1.3m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,598

【藪椿(ヤブツバキ)】根巻き苗 樹高1.3m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.3m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 12月から4月頃のお届けの場合に、寒さの影響で葉に黄色や赤茶色になっている部分が有る場合が有りますが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 12~3月頃 赤色の一重の小輪。 【用途】 庭の主木、添景樹、花木、生垣などに利用される。 【特徴】 冬枯れの庭を彩る貴重な花木です。 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽樹ですが日陰でも育ちます。 移植は容易です。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任してもある程度は樹形は整います。 花後に込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、日本郵便での発送の場合は、1梱包に1本での発送になります。なお、発送可能な梱包のサイズの関係で、梱包の高さが1.3mになり、、植木の先端部を曲げた状植や植木の先端部を剪定(先端部は剪定しても伸びてきます)した状態での梱包になる場合が有りますが、ご了承お願い致します。 西濃運輸での発送の場合は、3本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【現品発送】シロヤシオ(ゴヨウツツジ、ヤシオツツジ)樹高1.0m-1.3m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

32,800

【現品発送】シロヤシオ(ゴヨウツツジ、ヤシオツツジ)樹高1.0m-1.3m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※西日の当たらない場所に植え付けて下さい。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: SY11(樹高1.1m、横幅1.0m) 新着! 商品番号: SY12(樹高1.3m、横幅1.0m) 新着! 商品番号: SY13(樹高1.2m、横幅1.2m) 新着! 商品番号: SY14(樹高1.0m、横幅1.3m) 新着! 商品番号: SY15(樹高1.2m、横幅0.9m) [S1.0,1.5]ヤシオツツジ 希少!!気品ある高貴な花がとても魅力的 シロヤシオ(花) アカヤシオ(花) アカヤシオ(新緑) アカヤシオ(紅葉) ヤシオツツジは、春先に上品な花を咲かせます。花の上品さ、新緑の美しさ、秋の紅葉の美しさと十分に楽しむことが出来ます。 分類 植栽適地 落葉低木 南北海道~沖縄 種類 アカヤシオ 3月末~4月頃に、葉が出る前に柔らかな淡紅色の花を枝先につけます。たくさん咲き誇る姿はとても美しいです。別名、アカギツツジとも言います。栃木県の県花にもなっています。 シロヤシオ 5月頃に、葉と同時に白色の花を枝先につけます。新緑の緑と白花とのコントラストはとても魅力的です。菱形の大きな葉が5枚輪生していることから、別名、ゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも言います。天皇家の愛子さまの御印に採用されたことから一躍、有名になりました。 鑑賞ポイントと時期 5月~6月頃 艶やかで大変気品のある花をつける 11月頃 紅色に紅葉する様はとても綺麗!! 管理のポイント 植えつけ 山地帯の花で暑さに強くない為、日陰、又は西日の当たらない半日陰で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では...

送料無料
サクランボ /さくらんぼ (樹高:2.3m内外)2017.1月撮影

ガーデニングショップ四季の里

21,600

サクランボ /さくらんぼ (樹高:2.3m内外)2017.1月撮影

花と実が楽しめるよくばりな果樹 もぎたての完熟果・白くて美しい花を楽しめるサクランボ ■サクランボの成長記■ 3月中旬 固かったつぼみが、少し柔らかくなってきたよ。 3月下旬 桜に似た薄いピンクのお花を沢山咲かせてくれます。 お花見ができるね! 4月上旬 みて~っ!花が終わって、実の形がわかるでしょう? これが真っ赤になって、美味しいサクランボになるんだー! 4月中旬 ポッ ポッ あちこちで、少しずつ赤く色づき始めました。 5月上旬 真っ赤なサクランボ! 小ぶりな実をたくさんつけるよ。 商品詳細 商品情報/規格 ■バラ科サクラ属 落葉広葉樹 高木 ■別名:セイヨウミザクラ(西洋実桜)・カンカオウトウ(甘果桜桃) ■樹高:2.3m内外 ■花色:白色 ■花期:4月~5月 用途 シンボルツリー・コンテナ・果樹 手入れ 実を多く収穫するには短果枝に日が当たるように毎年の剪定が必要です。 植え付け 日向を好みます。 水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 12~2月ごろ、鶏糞などを寒肥として与えます。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.3m~1.4m 単木 落葉樹 庭木

千草園芸

5,940

オオモミジ 「大盃(オオサカズキ)」 1.3m~1.4m 単木 落葉樹 庭木

※写真の商品は見本となります。 ※紅葉の写真はイメージ写真です。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年11月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 下は11月13日京都市内でオオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 もみじ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。上左は5月、上右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

ジューンベリー ラマルキー 株立 2.4m~3.1m程度(根鉢含まず) 落葉樹 庭木 シンボルツリー【送料店舗負担】

グリーンロケット

24,624

ジューンベリー ラマルキー 株立 2.4m~3.1m程度(根鉢含まず) 落葉樹 庭木 シンボルツリー【送料店舗負担】

※写真撮影日(2017年9月29日) ※木の状態は季節により変化いたします。 ※各植木の樹高の表記は写真撮影時に測ったものです。 お届けについて必ずお読み下さい 送料:3700円分 店舗にて負担いたします。 ※送料が3700円を超える地域のお客様は、差額分のご負担をお願いいたします。 ※沖縄、離島は別途料金がかかります。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のジューンベリー「ラマルキー」はこちら 商品詳細 属性Amelanchier canadensis バラ科ザイフリボク属 植栽環境南北海道~沖縄難易度初心者向き タイプ落葉高木鑑賞時期花:4月 実:6月 日照条件日向~半日陰葉張り約3~4m 最終樹高(成長の早さ)約5~6m(約0.3~0.4m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴満開につける花、美味しい実、赤オレンジの紅葉。三拍子揃った庭木の人気者です。 品種により異なりますが、葉をつける前に枝を覆うように花をつけます。桜類と同じで葉の前に花だけ咲く木はとてもきれいです。 少し小さなブルーベリーのような実が6月に大量になります。収穫して食すことも可能です。 味は少し酸味があり、後はベリー独特の風味です。生食、加工どちらにも適しますが少し大きめの種がありますので、ジャムなどにする場合は気になる人は種を取る必要があります。鳥はあまり寄ってこないように見受けられます。 ジューンベリーは1本で結実します。結実性もとても高く実がたくさんなり、育て方も簡単です。...

S3-トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高1.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

2,203

S3-トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高1.2m前後 ポット苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行...

S3-常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.5m前後 露地苗

ガーデンタウン

16,966

S3-常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.5m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州~東北 植栽適期 3月~5月・10月~11月 開花時期 5月~6月 施肥時期 2月・8月~9月 果実熟期 9月~11月 最終樹高 5m~10m 紅葉時期 10月~12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5~7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! こちらは葉に斑が入る園芸品種です。 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。 また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。 植え付け適期は落葉性のものは、2~3月、常緑性3~6月、10月頃が適期です。...

藪椿(ヤブツバキ)赤花 1.3m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木》r

千草園芸

4,320

藪椿(ヤブツバキ)赤花 1.3m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木》r

※写真は見本品です。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 藪椿(ヤブツバキ) ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

S3-トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高1.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

2,203

S3-トキワマンサク(青葉・ピンク花)樹高1.2m前後 ポット苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行...

S3-トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

2,203

S3-トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.2m前後 ポット苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月~5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9~11月が適期です。6~8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2~3年後には花をつけるようになるので、2~3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行...

【現品発送】オリーブの木(アルベキナ)豊作品種! 樹高2.1-2.3m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

17,800

【現品発送】オリーブの木(アルベキナ)豊作品種! 樹高2.1-2.3m(根鉢含まず)

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、弊社のオリーブは根を痛めにくいビニルポットか地中ポットでのお届けですので安心です。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: AB31(2.5m) 新着! 商品番号: AB32(2.5m) 新着! 商品番号: AB33(2.4m) 新着! 商品番号: AB34(2.3m) 新着! 商品番号: AB35(2.4m) 新着! 商品番号: AB36(2.4m) [S1.5,2]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東~沖縄(日本海側を除く) 種類 フラントイオ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、開帳性。 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。 モライオロ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、直立性。 ルッカ イタリア系のオイル用の品種。実つきがよく、開帳性。 鑑賞ポイントと時期 5月~6月頃 芳香のある帯黄白色の小花が咲く 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む為...

2017.8月実がついてます小ミカン/小みかん/こみかん)(樹高:1.3m内外)

ガーデニングショップ四季の里

9,612

2017.8月実がついてます小ミカン/小みかん/こみかん)(樹高:1.3m内外)

小さくても甘さぎっしり!「小みかん」2017年8月現在、実が付いております。お届け時期によっては実がない場合がございます。予めご了承ください。 商品情報/規格 ■ミカン科ミカン属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.3m内外 ■収穫時期:12月上旬~1月中旬(桜島小みかん) 用途 シンボルツリー・コンテナ・果樹 手入れ 収穫後に剪定を行います。 樹形は開心自然形とし、ゆったりとした樹冠内部まで日がよく当たる樹形をつくります。 果実を収穫したあとで、果柄枝と春枝がほどよく交じり合っているようにすると 実付きの良い木に育ちます。 植え付け 日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土を好みます。詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 2~3月上旬に油かすや鶏糞などの有機質肥料と緩効性化成肥料を施します。 成木の施肥は控えめにします。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(東北~沖縄) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

送料無料
エゴノキ(樹高:1.9m内外)

ガーデニングショップ四季の里

16,200

エゴノキ(樹高:1.9m内外)

■エゴノキ科エゴノキ属 落葉小高木 ■樹高:1.9m内外 5~6月に、スズランに似た白色の花をたくさんつけます。 下向きに花をつけるので、身近に植えて楽しみたい 木です。 ご注意下さい 季節市場の商品は特別価格の為、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。また店頭との併売商品の為、予告なく売り切れの場合がございます。(同等品があります場合はご連絡の上変更させて頂くことがございます。)予めご容赦ください。用途シンボルツリー・庭植え 分類落緑広葉樹 植栽適地全国 植え付け日当たり:日なたを好みますが日陰でも育ちます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 四季の変化花:5月~6月 手入れ剪定:2月~3月、10月~11月 自然樹形に仕立てる為、不要枝を切り取る程度の剪定で十分です。 肥料寒肥として冬に有機質肥料を与えてください。 ポイント♪たくさんの白い花が垂れ下がった様子はひときわ目を引きます。庭園の彩り、ガーデニングの主木に最適です。 配送について 送料は無料です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

もみじ(モミジ) 「美峰」(ミホウ・ビホウ) 1.0m~1.2m 庭木

千草園芸

3,780

もみじ(モミジ) 「美峰」(ミホウ・ビホウ) 1.0m~1.2m 庭木

※写真の商品は見本となります。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は18年2月16日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 182c-u 送料はL サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ 美峰 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acer palmatum 'Bihou' 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~6m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 日本原産の、イロハモミジの実生より出現した品種で枝が黄色く、寒くなるにつれて赤味を帯びてくるという特徴があります。 春には淡い黄緑色の葉地と裂片周囲が赤橙色の覆輪のある新芽を出し、夏になるに従って緑色に変化します。 秋には黄橙色に紅葉します。落葉したあとも幹が美しいので年間を通して鑑賞できます。 2006年に福岡久留米市の田主丸(たぬしまる)町の生産者、塩足美敏さんが品種登録されたもの。 春4月には透き通るような鮮やかな新芽を出します。 初夏には緑色の葉になり、秋には紅葉します。 > 冬も軸の色がきれいです。 モミジ 美峰の育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 剪定は夏、または落葉時に行います。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくこ...

イロハモミジ 株立 2.3m-2.4m程度(根鉢含まず)

グリーンロケット

17,064

イロハモミジ 株立 2.3m-2.4m程度(根鉢含まず)

※写真撮影日(2017年12月27日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい 送料:3700円分 店舗にて負担いたします。 ※送料が3700円を超える地域のお客様は、差額分のご負担をお願いいたします。 ※沖縄、離島は別途料金がかかります。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のイロハモミジはこちら 【イロハモミジとヤマモミジ】 良く似ているこの二つのモミジ、見た目はほとんど見分けがつきません。 ですが、ちゃんと見分ける方法があります! それは ・葉の切れ込み ・幹肌の色 ・自生している場所 です。イロハモミジの方が葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、ヤマモミジはイロハモミジと比べると、少しポチャッとしています。 また幹肌ですが、イロハモミジは青みを帯びた緑色でヤマモミジの方が黄色掛った緑色をしています。実は、苗木の時イロハモミジは幹が緑でヤマモミジは赤いんです! 最後に自生している場所ですが、イロハモミジは川沿いや渓谷に生えますが、ヤマモミジは日本海側の雪深いところや雪が多い山に生えています。 本当に見た目はそっくりですから、どちらか悩む・・・・そんな方は、樹形で選ぶのも手です。 紅葉はどちらも見応えがあります。 イロハモミジの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割~9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良い...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

11,880

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 11668 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,400

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 11668 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.7m 01116-3 落葉樹 庭木

千草園芸

15,120

【現品】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.7m 01116-3 落葉樹 庭木

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※成長によりダンボールに入りきらない時は、 剪定してお送りする場合がございます。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年11月16日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 1711b-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 1.3m 101954 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,940

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 1.3m 101954 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年10月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.3m 121853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.3m 121853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品をお送りします。 写真は17年12月18日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,940

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 1.3m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 1.3m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真は見本品です。 写真は17年4月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに...

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ)  1.3m 11666 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

4,860

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ) 1.3m 11666 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月~3月 ■シロワビスケ 清楚な純白のワビスケで茶花として人気が高い品種です。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 学名 Camellia wabisuke Kitamura'Wabisuke' 作出 ツバキの交雑種で母種は不詳。江戸時代から栽培されている。 特長 花は純白の小型で樹形は立ち性。京都の金閣寺と大徳寺に古木があります。 開花期 12~4月 成木の樹高 4~5m 早咲き性で、12月ころから開花します。樹形は立ち性で伸びやすい性質ですから剪定で樹形を整えるようにします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20255 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20255 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.3m 21660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,480

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.3m 21660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■岩根縛り 絞りの美しい椿の代表種です。 豊満な花容に、白斑の鮮やかな品種。 生長は大変遅く、大きくなるのに年月がかかります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

1/23花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.0m内外)【No3】2018.1月撮影

ガーデニングショップ四季の里

11,880

1/23花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.0m内外)【No3】2018.1月撮影

豪華な花が庭を彩る 薄いピンクの美しい花色が人気の庭木です。 四季の姿 花芽4月~6月に開花します 商品詳細 商品情報/規格 ■ツツジ科ツツジ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.0m内外 ■花色:淡紅紫色 ■花期:4月下旬~6月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 自然樹形のまま育てます。 花芽のなかった枝は、次年の開花枝として大切に育てます。 植え付け 日陰・半日陰を好みます。 湿り気のある肥沃な酸性土を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 2~3月に寒肥として緩効性化成肥料を、同様のものを9~10月にも施します。 花後に液肥を週1回での割合で2、3回施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

送料無料
セイガイモミジ/もみじ/青崖紅葉(樹高:1.4m内外)【選択肢あり】2017.3月撮影

ガーデニングショップ四季の里

14,040

セイガイモミジ/もみじ/青崖紅葉(樹高:1.4m内外)【選択肢あり】2017.3月撮影

新芽が赤くコンパクトに成長する品種『セイガイ』です。セイガイは「静涯」「青海」と呼ばれることもある大変古くからある園芸品種です。 芽吹きが美しく、新葉から赤く色づきます。後に赤茶色~黄緑~緑に変化して夏は濃緑となります。秋は赤から橙色に紅葉します。新芽が赤く映えて綺麗です。 モミジは庭に欠かせない樹木で、いろんな作庭に使われますが、自然な風合いを出すには欠かせない植木ですね。 洋風和風どちらのお庭にも似合います。 四季の姿 商品詳細 商品情報/規格 ■カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 小高木~高木 ■樹高:1.4m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月 用途 シンボルツリー・コンテナ 手入れ 落葉直後が剪定の適期です。 徒長枝は元から切り取り、小枝は手で折り込みます。 植え付け 日向と半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 12月に寒肥として油かすや有機質肥料を、6月にもやや少なめの量を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部~沖縄) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 ◆◆必ずお読みください◆◆ お届け日、お時間指定ができません。あらかじめご了承ください。 ※お届けまでの目安 発送日から2日~5日の間にお届けになります。(地域によって日数が変わってきます) なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク