メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「イロハモミジ植木」検索結果。

イロハモミジ植木の商品検索結果全75件中1~60件目

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

ガーデンタウン

6,480

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立 2.2m-2.5m程度(根鉢含まず)

グリーンロケット

17,064

イロハモミジ 株立 2.2m-2.5m程度(根鉢含まず)

【送料】全国一律2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年5月23日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のイロハモミジはこちら 【イロハモミジとヤマモミジ】 良く似ているこの二つのモミジ、見た目はほとんど見分けがつきません。 ですが、ちゃんと見分ける方法があります! それは ・葉の切れ込み ・幹肌の色 ・自生している場所 です。イロハモミジの方が葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、ヤマモミジはイロハモミジと比べると、少しポチャッとしています。 また幹肌ですが、イロハモミジは青みを帯びた緑色でヤマモミジの方が黄色掛った緑色をしています。実は、苗木の時イロハモミジは幹が緑でヤマモミジは赤いんです! 最後に自生している場所ですが、イロハモミジは川沿いや渓谷に生えますが、ヤマモミジは日本海側の雪深いところや雪が多い山に生えています。 本当に見た目はそっくりですから、どちらか悩む・・・・そんな方は、樹形で選ぶのも手です。 紅葉はどちらも見応えがあります。 イロハモミジの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるの...

花木 庭木の苗/イロハモミジ株立ち樹高2m前後

園芸ネット プラス

24,956

花木 庭木の苗/イロハモミジ株立ち樹高2m前後

紅葉が美しく、和風洋風問わないのも人気。葉は長さ 3.5〜6cm、幅3〜7cmで、掌状に深く5〜9裂し、和名は、この裂片を「いろはにほへと」と数えたことに由来しています。イロハモミジは比較的日陰に強い樹木ですが、綺麗な紅葉には夏の日照時間と昼夜の寒暖差、土地の乾燥が重要になりますので、建物の陰になるような場所に植えると生育に影響が出る場合があります。タイプ:ムクロジ科の落葉小高木・高植栽最適地:北海道南部〜沖縄(種による)樹高:2〜6m開花期:4月中旬葉の紅葉:10月中旬〜12月中旬日照:半日陰〜日向栽培方法:耐寒性に優れ、全国どこでも栽培できます。日差しが強すぎると葉やけを起こしますので、半日陰程度の場所が最適です。やや保水性のある土壌で育ててください。剪定は10月から12月、5月中旬〜7月の間に行います。なるべく細い枝を残し、太い不要な枝を間引くような感じにするとうまくまとまります。施肥は2〜3月頃、根元に堆肥や鶏糞を施し、土に浅くすきこんでください。幹にカミキリムシの幼虫が入ることがありますので、5月中旬から8月までは月に1度、株元にアセフェート粒剤などを散布して防除してください。鉢植えの場合、水不足になると葉が枯れこむので、水切れにご注意ください。また、3〜4年に1回、一回り大きな鉢に植え替えてください。株立ち(根元から数本幹が立ち上がった状態)の苗木、樹高約2mです。※冬から春にかけては、寒さの影響で葉が変色していたりきれいな状態でない場合がございます。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。沖縄・離島へのお届けはできません。...

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

5,940

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.5m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 単木 樹高1.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,512

イロハモミジ 単木 樹高1.2m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

【イロハモミジセット】 イロハモミジ/コバノズイナ/ムラサキシキブ/センリョウ/ユキノシタ 植栽セット

Garden Shop OHANA

12,960

【イロハモミジセット】 イロハモミジ/コバノズイナ/ムラサキシキブ/センリョウ/ユキノシタ 植栽セット

紅葉の定番、イロハモミジをメインにした植栽セットです。 イロハモミジは紅葉が美しく、和風洋風問わないのも人気です。そのまま放置して伸ばしていても不格好にならないのもイロハモミジのメリットです。 コバノズイナは初夏に咲く白いブラシ状の花が可愛く、秋には紅葉も楽しめる人気の落葉低木です。丈夫で育てやすいです。 ムラサキシキブは、夏にピンクの小さな花を咲かせますが、見所は何と言っても、鮮やかな紫色の実です。秋に光沢のある紫色の小さな果実を葉の付け根あたりにまとめてつけるのが一番の特徴です。 センリョウは日本では昔から正月飾りによく見かけ、馴染みのある植物です。縁にギザギザのある濃い葉っぱを1年中茂らせ、10〜2月頃につける真っ赤な実を鑑賞して楽しみます。 ユキノシタは花びらの下二枚が長く、独特の形をしていて、和風の庭のシェードガーデンに良く合います。ほとんど手の掛からない日陰植物として重宝されます。 モミジの紅葉の根元ではムラサキシキブがかわいい実をつけ、正月を迎えるころにはセンリョウ(千両)が縁起のいい赤い実をつけます。 小さいスペースの和風の庭にピッタリなセットです。紅葉の定番、イロハモミジをメインにした植栽セットです。 モミジの紅葉の根元ではムラサキシキブがかわいい実をつけ、正月を迎えるころにはセンリョウ(千両)が縁起のいい赤い実をつけます。 小さいスペースの和風の庭にピッタリなセットです。 &nbsp: &nbsp:

モミジ 「右近」(ウコン) 1.1m

千草園芸

4,860

モミジ 「右近」(ウコン) 1.1m

右近 別称「青柳」。葉が芽吹きから開葉まで黄緑色です。 秋の紅葉時は、葉の色は黄色に紅葉します。 ※写真は見本となります。 ※こちらの商品は寝巻の状態での発送となります。 写真は17年6月2日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 176a-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.3m

千草園芸

8,100

シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.3m

※写真は見本品です。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は16年5月15日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 175c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高2.5m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

モミジ苗 11品種 3.5号ポット 接木 苗 紅葉

千草園芸

1,836

モミジ苗 11品種 3.5号ポット 接木 苗 紅葉

※写真は見本品となります。 写真は17年5月15日に撮影しております。 送料はMサイズになります。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ・品種別-葉と見本写真 ↓ 黄金板屋 ↓ ↓ 花まとい ↓ ↓ 桂 ↓ ↓ 胡蝶の舞 ↓ ↓ 紅鏡 ↓ ↓ 紅青崖 ↓ ↓ 出猩々 ↓ ↓ 青枝垂れ ↓ ↓ 美峰 ↓ ↓ 夕暮 ↓ ↓ 猩々野村 ↓モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます...

カエデ/ノムラモミジ 単木 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

カエデ/ノムラモミジ 単木 樹高2.5m前後

ノムラモミジ カエデ科 落葉高木 商品説明 新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルにもアクセントにも!緑の中ではひと際目立つ紅色です! 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−【実期】−−−−−【紅葉】10月〜12月 適地・管理 イロハモミジなどとは対照的に、日当たりのよい場所を好みます。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。テッポウ虫に注意が必要です。5〜9月は幹周りをよく観察し、木の食べかすや糞が幹の周囲に散乱していないかチェックしてください。 用途 是非、シンボルツリーに!!モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑...

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立 2.5m-3.2m程度 (根鉢含まず)

グリーンロケット

20,304

イロハモミジ 株立 2.5m-3.2m程度 (根鉢含まず)

【送料】全国一律2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年5月16日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のイロハモミジはこちら 【イロハモミジとヤマモミジ】 良く似ているこの二つのモミジ、見た目はほとんど見分けがつきません。 ですが、ちゃんと見分ける方法があります! それは ・葉の切れ込み ・幹肌の色 ・自生している場所 です。イロハモミジの方が葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、ヤマモミジはイロハモミジと比べると、少しポチャッとしています。 また幹肌ですが、イロハモミジは青みを帯びた緑色でヤマモミジの方が黄色掛った緑色をしています。実は、苗木の時イロハモミジは幹が緑でヤマモミジは赤いんです! 最後に自生している場所ですが、イロハモミジは川沿いや渓谷に生えますが、ヤマモミジは日本海側の雪深いところや雪が多い山に生えています。 本当に見た目はそっくりですから、どちらか悩む・・・・そんな方は、樹形で選ぶのも手です。 紅葉はどちらも見応えがあります。 イロハモミジの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるの...

イロハモミジ 単木 樹高1.5m前後 ポット苗

ガーデンタウン

3,024

イロハモミジ 単木 樹高1.5m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

10,584

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.5m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

カエデ/イロハモミジ 樹高60cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

648

カエデ/イロハモミジ 樹高60cm前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

モミジ「獅子頭(シシガシラ)」 0.7m 苗木 落葉樹

千草園芸

4,104

モミジ「獅子頭(シシガシラ)」 0.7m 苗木 落葉樹

※写真は見本となります。 1枚目の写真はイメージです。 2枚目の写真は17年4月14日に撮影しました。 植物の状態は季節により変化いたします。174c-u 送料はL サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 1個の荷物で送れる数量 1個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約3個モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

千草園芸

8,424

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31606

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 葉のある写真は17年4月24日撮影です。 その他の写真は17年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u ※送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

千草園芸

9,180

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 05154

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は16年5月15日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 175c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

いろはもみじ 株立高さ80cm

とろばと

4,320

いろはもみじ 株立高さ80cm

高さ80cm POT径21cm カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット1本梱包出荷≫ 高さ1.2m以上または、18cm以上のPOTは、 1POTでのお届けになります。 同梱できません。。 古来より日本人に愛されつづける庭木の代表です。 日本全国にカエデの名所があります。 カエデは、新緑・夏の緑陰・紅葉・落葉後の梢の繊細さまで、 一年中を通して楽しめます。 イロハモミジ/イロハカエデともいい、日本のカエデを代表する木。 葉が5裂けまたは7裂していて、指でイロハニホヘトと数えるときの手に 似ていることから、命名されたと言われる。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 日向〜半日陰を好みます。 【土壌・土質】 水はけの良く適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 落葉後の10〜12月が適期です。 【肥料】 2月に寒肥としての即効性の粒状肥料を株の周囲に施します。 イロハモミジを大きくしたくない場合には与える必要がありません。 【剪定方法】 カエデは自然樹形が美しいため、庭植えの場合は本来剪定の必要はありません。 剪定を行う場合には、落葉直後が適期です。 細い枝を残して太めの枝を剪定すると、自然樹形のやわらかさが出ます。 夏の時期は徒長枝がよく出るので、内部に日がはいるように整枝を行うとよい。 【病害虫】 ウドンコ病・アブラムシ等の害虫が発生します。 またテッポウムシ(カミキリ虫の幼虫)が発生すると、 幹の芯が食い荒らされて枯れてしまうので、根元に草や物を置かないようにします。

モミジ/ノムラモミジ株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

10,584

モミジ/ノムラモミジ株立 樹高1.5m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高3.0m前後

ガーデンタウン

28,080

【木曜日発送】モミジ/サンゴカク 樹高3.0m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

【イロハモミジセット】 イロハモミジ/ヒュウガミズキ/ツワブキ/コグマザサ/タマリュウ 植栽セット

Garden Shop OHANA

10,476

【イロハモミジセット】 イロハモミジ/ヒュウガミズキ/ツワブキ/コグマザサ/タマリュウ 植栽セット

根強い人気のイロハモミジをメインにしたセット。 紅葉が美しいのはもちろん、ヒュウガミズキが春の訪れを告げてくれます。 イロハモミジは紅葉が美しく、和風洋風問わない雰囲気が人気です。そのまま放置して伸ばしていても不格好にならないのもイロハモミジのメリットです。 ヒュウガミズキは春に薄黄色の花を枝にたくさん咲かせます。淡い花色のためか花つきはよいが派手な印象はなく自然な雰囲気です。生花の素材や茶花としてよく用いられています。 ツワブキは常緑性の多年草で、一年中濃い緑色の丸い葉っぱを茂らせ、秋に咲く3〜5cmほどの菊に似た黄色の花も見応えがあります。 コグマザサはクマザサより葉が小さい品種です。冬場はふちが枯れて白いくまができ綺麗です。日本の代表的な下草です。 タマリュウは日陰でも育ち冬も枯れない常緑性で、シェードガーデンでグランドカバーとしてよく植栽されています。草丈10cm程度で樹木の根締めや駐車場の目地などによく利用されています。 シンプルな植栽セットで和風な庭にピッタリです。根強い人気のイロハモミジをメインにしたセット。 紅葉が美しいのはもちろん、ヒュウガミズキが春の訪れを告げてくれます。 シンプルな植栽セットで和風な庭にピッタリです。

イロハモミジ 株立 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

11,880

イロハモミジ 株立 樹高2.0m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

カエデ/イロハモミジ 樹高80cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,058

カエデ/イロハモミジ 樹高80cm前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立ち 1.6m 落葉樹 r

千草園芸

7,776

イロハモミジ 株立ち 1.6m 落葉樹 r

※写真は見本となります。 ※樹形が悪い場合、剪定しお送りすることが御座います。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 葉の写真はイメージです。 写真は17年4月22日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 174d-u 送料はL−3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方...

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

8,640

カエデ/イロハモミジ 株立 樹高1.8m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立 2.6m-3.0m程度(根鉢含まず)

グリーンロケット

20,304

イロハモミジ 株立 2.6m-3.0m程度(根鉢含まず)

【送料】全国一律2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年5月18日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のイロハモミジはこちら 【イロハモミジとヤマモミジ】 良く似ているこの二つのモミジ、見た目はほとんど見分けがつきません。 ですが、ちゃんと見分ける方法があります! それは ・葉の切れ込み ・幹肌の色 ・自生している場所 です。イロハモミジの方が葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、ヤマモミジはイロハモミジと比べると、少しポチャッとしています。 また幹肌ですが、イロハモミジは青みを帯びた緑色でヤマモミジの方が黄色掛った緑色をしています。実は、苗木の時イロハモミジは幹が緑でヤマモミジは赤いんです! 最後に自生している場所ですが、イロハモミジは川沿いや渓谷に生えますが、ヤマモミジは日本海側の雪深いところや雪が多い山に生えています。 本当に見た目はそっくりですから、どちらか悩む・・・・そんな方は、樹形で選ぶのも手です。 紅葉はどちらも見応えがあります。 イロハモミジの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるの...

イロハモミジ 株立 2.1m-2.3m程度(根鉢含まず)

グリーンロケット

14,904

イロハモミジ 株立 2.1m-2.3m程度(根鉢含まず)

【送料】全国一律2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年5月23日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のイロハモミジはこちら 【イロハモミジとヤマモミジ】 良く似ているこの二つのモミジ、見た目はほとんど見分けがつきません。 ですが、ちゃんと見分ける方法があります! それは ・葉の切れ込み ・幹肌の色 ・自生している場所 です。イロハモミジの方が葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、ヤマモミジはイロハモミジと比べると、少しポチャッとしています。 また幹肌ですが、イロハモミジは青みを帯びた緑色でヤマモミジの方が黄色掛った緑色をしています。実は、苗木の時イロハモミジは幹が緑でヤマモミジは赤いんです! 最後に自生している場所ですが、イロハモミジは川沿いや渓谷に生えますが、ヤマモミジは日本海側の雪深いところや雪が多い山に生えています。 本当に見た目はそっくりですから、どちらか悩む・・・・そんな方は、樹形で選ぶのも手です。 紅葉はどちらも見応えがあります。 イロハモミジの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるの...

送料無料
イロハモミジ/紅葉/もみじ (樹高:2.8m内外)2016.2月

ガーデニングショップ四季の里

36,720

イロハモミジ/紅葉/もみじ (樹高:2.8m内外)2016.2月

四季折々に変化する葉 モミジの代名詞。 いろんな作庭に使われますが、やはり季節感や自然な風合いを出すには欠かせない植木ですね。 洋風和風どちらのお庭にも似合います。 四季の姿 新芽 夏の間は涼しげなグリーン 紅葉したモミジ 商品詳細 商品情報/規格 ■カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 小高木〜高木 ■樹高:2.8m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月 用途 シンボルツリー・コンテナ 手入れ 落葉直後が剪定の適期です。 徒長枝は元から切り取り、小枝は手で折り込みます。 植え付け 日向と半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 12月に寒肥として油かすや有機質肥料を、6月にもやや少なめの量を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部〜沖縄) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 ◆◆必ずお読みください◆◆ お届け日、お時間指定ができません。あらかじめご了承ください。 ※お届けまでの目安 発送日から2日〜5日の間にお届けになります。(地域によって日数が変わってきます) なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

4,200

【3本セット】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※画像はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
イロハモミジ/紅葉/いろは(樹高:2.2m内外)No12016.3月撮影

ガーデニングショップ四季の里

14,904

イロハモミジ/紅葉/いろは(樹高:2.2m内外)No12016.3月撮影

四季折々に変化する葉 モミジの代名詞。 いろんな作庭に使われますが、やはり季節感や自然な風合いを出すには欠かせない植木ですね。 洋風和風どちらのお庭にも似合います。 四季の姿 新芽 夏の間は涼しげなグリーン 紅葉したモミジ 商品詳細 商品情報/規格 ■カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 小高木〜高木 ■樹高:2.2m内外 ■花色:淡紅色 ■花期:4月 用途 シンボルツリー・コンテナ 手入れ 落葉直後が剪定の適期です。 徒長枝は元から切り取り、小枝は手で折り込みます。 植え付け 日向と半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 12月に寒肥として油かすや有機質肥料を、6月にもやや少なめの量を追肥として施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部〜沖縄) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 ◆◆必ずお読みください◆◆ お届け日、お時間指定ができません。あらかじめご了承ください。 ※お届けまでの目安 発送日から2日〜5日の間にお届けになります。(地域によって日数が変わってきます) なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

イロハモミジ単木 樹高2.5m前後 露地 落葉高木 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

イロハモミジ単木 樹高2.5m前後 露地 落葉高木 シンボルツリー 【木曜日発送】

イロハモミジ カエデ科 カエデ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 北海道中南部以南 植栽適期 12〜3月 開花時期 4〜5月 施肥時期 1〜2月・6月 果実熟期 5〜10月 最終樹高 20m 花 色 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆四季折々に葉の色を変えるモミジ♪☆ 紅葉がとても綺麗!! モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。 モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。 「イロハモミジ」は、四季折々に葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。 シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです!! 特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。

イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m前後【落葉高木】【木曜日発送】

ガーデンタウン

32,400

イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m前後【落葉高木】【木曜日発送】

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 単木 樹高 H:2500mm 【RCP】05P03Dec16

SORA

6,890

イロハモミジ 単木 樹高 H:2500mm 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 イロハモミジ 単木 樹高H:2500mm 【商品説明】 落葉高木、カエデ属 ボリュームのある演出が可能です! 日本で一番多くみかけるモミジで、その紅葉は、とても綺麗です 10〜12月の紅葉時期は見ものです 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している高さの商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 【送料】 全国一律6,000円になります。(但し、東北は別途500円、北海道は別途1,000円必要となります。) 上記送料は、1本での価格になります 離島・中継料のかかる地域は、別途料金が発生する場合があります。お問合せ下さい  イロハモミジ   ・カエデ科 カエデ属 常緑 狭円錐形〜円錐形 ・葉色は青味のある緑色。 ・秋には赤く紅葉します。 ・最終樹高は、10m程。 ・葉が5〜7裂しています。                 夏     紅葉     根元       夏場のイロハモミジです。 秋には紅葉しその後、葉を落とします。 樹高H2.0m株立の根元です。     豆知識   ・カエデの仲間では最も美しいといわれています。 ・指で「いろはにほへと」と数える時の手に似ていることから名付けられました。 ・葉の切れ込み深く秋の紅葉が真っ赤になるものをモミジと呼びます。     分布図   ・北海道南部から沖縄での栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、落葉した直後が適期です。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は、特に選びませんが日陰は紅葉しにくいのでできるだけ日当たりのよい場所に植えて下さい。 ・植付けの土質は、水はけの良い肥沃な土地を好みます。 ・密に植える場合には...

送料無料
【20本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

24,000

【20本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.7m 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

19,440

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.7m 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらイロハモミジ 商品一覧0.3m素掘り50本セット5000円/在庫×0.5m10.5cmポット300円/在庫○0.8m10.5cmポット500円/在庫○1.0m10.5cmポット600円/在庫○1.0m15cmポット1200円/在庫○1.2m15cmポット1800円/在庫○1.5m15cmポット2500円/在庫○単木1.5m露地6000円/在庫○単木1.7m露地8000円/在庫○1.7m15cmポット3000円/在庫○単木2.0m露地12000円/在庫○単木2.3m露地16000円/在庫○単木2.5m露地18000円/在庫○株立ち1.0m5000円/在庫×株立ち1.2m6000円/在庫○株立ち1.5m8000円/在庫○株立ち1.7m9000円/在庫○株立ち2.0m露地12000円/在庫○株立ち2.3m露地16000円/在庫○株立ち2.5m露地17000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカエデ科カエデ属の商品イタヤカエデウリハダカエデウリカエデウリカエデエンコウカエデオオモミジアサノハカエデアカイタヤコハウチワカエデクスノハカエデカラコギカエデカジカエデトウカエデチドリノキトウカエデ/ハナチルサトテツカエデネグンドカエデハウチワカエデハナノキヒナウチワカエデメグスリノキイロハモミジサンゴモミジモミジ/出猩々ノムラモミジミツデカエデミネカエデオニメグスリノキ【イロハモミジ】読み:いろはもみじ学名:Acer palmatumカエデ科カエデ属落葉高木【商品情報】モミジは秋に紅葉する代表的な品種です。モミジとはカエデの別名です。一般的に葉が手のひらのように裂けているものが『モミジ』といわれ、根本まで裂けていないものを『カエデ』と呼びます。樹皮は縦に割れ目が入ります。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色...

送料無料
イロハモミジ 【40本セット】 樹高0.5m前後 10.5cmポット 【送料無料】 紅葉がきれいです。 /

花と緑

13,200

イロハモミジ 【40本セット】 樹高0.5m前後 10.5cmポット 【送料無料】 紅葉がきれいです。 /

いろはもみじ40本セット イロハモミジ40本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)【10本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥5700[送料無料]【20本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥8390[送料無料]【30本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥11100[送料無料]【40本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥13800[送料無料]【50本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥16500[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

【現品発送】イロハモミジ株立 樹高2.5-2.7m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

17,800

【現品発送】イロハモミジ株立 樹高2.5-2.7m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: IR11(2.7m) 新着! 商品番号: IR12(2.5m) 新着! 商品番号: IR13(2.5m) 新着! 商品番号: IR14(2.5m) 新着! 商品番号: IR15(2.6m) 新着! 商品番号: IR16(2.6m) [S2]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ”は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4〜5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ”は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は...

送料無料
【100本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

100,000

【100本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【50本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

55,000

【50本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【10本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

グリーンロケット

13,000

【10本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】「イロハモミジ」 苗木 1.0m程度

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イロハモミジ Acer palmatum カエデ科カエデ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 紅葉:10〜12月 【日照条件】 日向〜半日陰 最も代表的なカエデです。 風情のある樹姿、秋には美しい紅葉が楽しめます。 イロハモミジはヤマモミジは似ていますが、イロハモミジのほうが葉の切れ込み(葉の形を手に例えると指が長い)が深く、幹肌が青みを帯びた緑色をしています。 育て方 日当たりが良く、かつ西日の当たらないなるべく日陰の場所を選んで植えてあげると良いでしょう。そうすることで8月末の落葉と幹が焼けるのを防ぎ、みずみずしい幹や葉を楽しむことができます。 害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。 テッポウムシの対処方法はこちら。 品番 【N1002】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
イロハモミジ 【30本セット】 樹高0.5m前後 10.5cmポット 【送料無料】 紅葉がきれいです。 /

花と緑

11,100

イロハモミジ 【30本セット】 樹高0.5m前後 10.5cmポット 【送料無料】 紅葉がきれいです。 /

いろはもみじ30本セット イロハモミジ30本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)【10本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥5700[送料無料]【20本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥8390[送料無料]【30本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥11100[送料無料]【40本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥13800[送料無料]【50本セット】イロハモミジ樹高0.5m前後¥16500[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ単木 1.5m露地 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ単木 1.5m露地 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらイロハモミジ 商品一覧0.3m素掘り50本セット5000円/在庫×0.5m10.5cmポット300円/在庫○0.8m10.5cmポット500円/在庫○1.0m10.5cmポット600円/在庫○1.0m15cmポット1200円/在庫○1.2m15cmポット1800円/在庫○1.5m15cmポット2500円/在庫○単木1.5m露地6000円/在庫○単木1.7m露地8000円/在庫○1.7m15cmポット3000円/在庫○単木2.0m露地12000円/在庫○単木2.3m露地16000円/在庫○単木2.5m露地18000円/在庫○株立ち1.0m5000円/在庫×株立ち1.2m6000円/在庫○株立ち1.5m8000円/在庫○株立ち1.7m9000円/在庫○株立ち2.0m露地12000円/在庫○株立ち2.3m露地16000円/在庫○株立ち2.5m露地17000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカエデ科カエデ属の商品イタヤカエデウリハダカエデウリカエデウリカエデエンコウカエデオオモミジアサノハカエデアカイタヤコハウチワカエデクスノハカエデカラコギカエデカジカエデトウカエデチドリノキトウカエデ/ハナチルサトテツカエデネグンドカエデハウチワカエデハナノキヒナウチワカエデメグスリノキイロハモミジサンゴモミジモミジ/出猩々ノムラモミジミツデカエデミネカエデオニメグスリノキ【イロハモミジ】読み:いろはもみじ学名:Acer palmatumカエデ科カエデ属落葉高木【商品情報】モミジは秋に紅葉する代表的な品種です。モミジとはカエデの別名です。一般的に葉が手のひらのように裂けているものが『モミジ』といわれ、根本まで裂けていないものを『カエデ』と呼びます。樹皮は縦に割れ目が入ります。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色...

スポンサーリンク
スポンサーリンク