メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「イチゴノキ」検索結果。

イチゴノキの商品検索結果全1件中1~1件目

S4-ヒメイチゴノキ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

25,455

S4-ヒメイチゴノキ 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ヒメイチゴノキ ツツジ科 イチゴノキ属 常緑低木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 関東以南 植栽適期 3~4月・9~11月 開花時期 11~12月 施肥時期 2~3月 果実熟期 11~1月 最終樹高 2~3m 花 色 白色 用 途 庭木・鉢植え・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆花と果実が同時に楽しめます☆ ジャムや果実酒はいかがですか イチゴノキは、果物の苺のような果実をつけることから、この名前がつきました。 常緑高木のイチゴノキを小型にした園芸品種です。 アセビを大きくしたような濃緑色の葉をしており、晩秋には小さな花を咲かせます。 花は白色。鈴蘭のような釣鐘型で、房状につく様がとても可憐です。 葉は濃緑色で、しっかりとした革質。縁にはぎざぎざがあり、全体的に光沢があります。 果実は、一年もの時間を費やし、緑色→黄色→オレンジ色→赤色へと変化しながら熟していきます。 果実が木苺のように赤く色づいて熟した頃が収穫時期となります。やや酸味があり、おもにジャムや 果実酒に用いられることが多いです。 一本でも結実し、花と果実が同時に目を楽しませてくれますので、鑑賞用としておすすめです。

こちらの関連商品はいかがですか?

S4-オリーブ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

23,392

S4-オリーブ 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありますが“品種の指定不可"です。予めご了承下さい。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】------【実期】10月~11月【紅葉】------ 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

S4-ヒマラヤシーダー 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

17,172

S4-ヒマラヤシーダー 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ヒマラヤシーダー(ヒマラヤスギ)マツ科 ヒマラヤスギ属 常緑高木________________________________________________________________________________________________________________________世界三大公園樹の一つ。大きな松ぼっくりが実るヒマラヤスギヒマラヤシーダーは樹高が20mを超える常緑高木樹です。大きな円錐形の樹形となります。大変大きくなるので公園などの広い場所が適期です。主幹は空に向かって直上して側枝が水平に伸び、枝の先端が下垂れします。葉の先端は細長く尖り、灰緑色または青みを帯びた緑色になります。球果(まつかさ)は長さ7~13cmの卵形か長卵形で、はじめ青藍色、成熟すると暗褐色になります。生長は大変早く、年間に1~1.5mも伸びます。植え付け植え付け適期は1~3月が適期です。真夏を除いて年中植えつけが可能。日当たりが良い場所を好みます。乾燥を嫌うので植え穴に堆肥や腐葉土入れよく混ぜて保湿性を高めてあげます。移植を嫌うので植え付け場所には考慮します。根は浅く、広く張るので大木になったら強風で倒れる場合があるので支柱を取り付けます。剪定・管理自然樹形で楽しみのが一般的ですが、剪定する場合は、2~4月の萌芽前と7~8月に枝の先端を刈り揃えるのではなく、不要な小枝を付け根から切り取るようにして行います。適度な水やりや施肥および日照りによって、強く育てることが肝要です。生命力の強い樹木です。根さえ枯らさなければある程度回復してきます。水や肥料のやり過ぎも根腐れを起こすので注意が必要です。肥料は毎年2月に寒肥として油粕と化成肥料を等量まぜたもの...

S4-マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

22,345

S4-マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 マルバノキ(ベニマンサク)マンサク科 マルバノキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________秋に咲くユニークな花。ハート形の葉の紅葉も美しい。マルバノキは中部地方以西の本州、四国に分布する落葉低木です。葉は互生し、ハナズオウに似たハートの形で全緑。秋にはその年に伸びた枝に短い花柄を出して、ヒトデ形をした暗紫紅色の花を咲かせます。花は目立ちませんが、秋の真っ赤に紅葉する姿が一番の見所です。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰~半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は殆ど必要ありません。伸びすぎた枝や、不要な枝は落葉期間中に根元から切り取ります。肥料はほとんど必要ありませんが、与える場合は、油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:東北南部以西 開花時期:10~11月鑑賞樹高:2~3m施肥時期:2月用途:庭木・添景樹◇ガーデンタウン◇秋の紅葉が美しい『マルバノキ(ベニマンサク)』

S4-オリーブ 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

27,604

S4-オリーブ 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありますが“品種の指定不可"です。予めご了承下さい。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】------【実期】10月~11月【紅葉】------ 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

S4-ツリバナ 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

20,001

S4-ツリバナ 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ニシキギ(ヤハズニシキギ)ニシキギ科 ニシキギ属 落葉低木 ________________________________________________________________________________________________________________________『錦木』の名のとおり秋の紅葉が見事です! 日本、中国に自生する落葉性の樹木です。秋の紅葉が美しく、モミジと共に世界三大紅葉樹に数えられています。枝の節間の左右には翼状にコルク質が発達します。 育てやすく庭木としてよく利用されています。葉が緑葉の頃に実が付き、秋に赤く熟すと裂けて紅い仮種皮に包まれた美しい種子が現れます。 植え付け 日当たり、水はけのよい肥沃な土に植えつけます。時期は2月下旬~3月および11月下旬~12月頃が適期。植え穴は大きめに掘り、堆肥か腐葉土を多めに入れて土とよく混ぜ、水はけよく高めに植えつけます。 整枝・剪定 剪定は、落葉した後の1~2月に行ないます。丸く刈り込むようなことは避け、枝を付け根から切り取り、自然樹形を保って行くことが大切です。 管理・肥料等 多肥、特にチッ素成分が多いと葉が大きくなってしまい、美しく紅葉しません。普通の庭土なら施肥しなくとも十分に育ちます。葉を丸めてしまうハマキムシや、カイガラムシ、アブラムシ、うどんこ病などが発生するので早めに駆除します。________________________________________________________________________________________________________________________ 栽培適地:全国紅葉時期...

ハナミズキ 樹高1.8m前後 露地苗

ガーデンタウン

17,172

ハナミズキ 樹高1.8m前後 露地苗

植え付け12月から3月に植えつけます。事前に腐葉土などの有機物をよく混ぜてから植えつるといいでしょう。西日の当たらない日当たりの良い場所に植えます。通気性、水はけがよい肥よくな土を好みます。 剪定・管理 特に剪定・整枝は必要としません。不要な枝を切りたい場合は、12月から3月に行うようにします。込みすぎる場合は、風通しのためにも花の咲いた後7月頃までに軽い剪定も行います。 四季の管理庭植えの場合は水やりの心配はほとんどありませんが、根付くまでの1年間程度は土壌の様子を見て、乾燥が激しい場合はお水をあげてください。 病害虫固まった土壌や過湿になると根に紋羽病が発生します。水はけや通気不良に気をつけてください。また、新葉が開いたあと、梅雨時にうどんこ病が発生することがあります。春に八重桜の咲く頃、枝いっぱいにかわいらしい花を咲かせます。花が咲いた後、食べることはできませんが、楕円形の小さな実を付けて秋に赤く熟します。晩秋には紅葉して冬は落葉します。 学名 Cornus florida 種別落葉高木 露地苗は、根鉢部分には麻布を巻いてあります。植え付けの時は、麻布を取らずにそのまま植えつけてください。詳しくは下記、「木の植え方」をご覧ください。

桜/ソメイヨシノ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

11,458

桜/ソメイヨシノ 樹高1.8m前後

植え付け日当たりのよいところを好みますが、強い西日が当たって乾くところはよくありません。土壌は通気性、透水性がよく肥沃で水持ちのよい土壌を好みます。土壌の浅い部分が良くても、土壌の深いところ(30cm以上の土中)の水はけが悪い場合は、土壌改良をしてから植えてください。植え付けは、12月か翌年2月中旬から3月上旬ごろ(寒冷地では3月下旬から4月頃)に済ませます。 剪定・管理 昔から桜は剪定による大きな切り口から雨水などによって菌がはいることで枯れてしまうので剪定はしない方が良いといわれていました。現在は剪定後の切り口などを守る効果的な保護剤(トップジンMペースト等)もありますので、限られた広さでの桜の植え付けは無理とあきらめていた方でも、剪定をし樹形を作りながら植えることができるようになりました。初めて強く切り詰める場合は、芽出し前の12月下旬から2月いっぱいまでを目安として選定してください。 四季の管理夏場の暑い日が続く時には、庭植えであっても、土の状態を見て水をあげてください。 病害虫桜は多くの病気や害虫が発生すると言われていますが、どの桜にでそれらのすべての病気や害虫が発生するわけではありません。庭で1~2本育てるのであれば、あまり気にすることはないと思いますが、害虫を見つけたら、その時点ですぐ市販の殺虫剤を散布し、目に見えにくいカイガラムシ対策としては。5月上旬から8月の間、毎月2回ほどカイガラムシ専用の殺虫剤を散布しておくと良いかと思います。日頃から風通しを良くし、日光が十分当たるような環境にしておくことで病害虫の予防になります。学名Prunus × yedoensis 種別落葉高木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください ソメイヨシノは圧倒的に人気の桜です。生長が早く...

桜/ヨウコウザクラ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

15,087

桜/ヨウコウザクラ 樹高1.8m前後

植え付け日当たりのよいところを好みますが、強い西日が当たって乾くところはよくありません。土壌は通気性、透水性がよく肥沃で水持ちのよい土壌を好みます。土壌の浅い部分が良くても、土壌の深いところ(30cm以上の土中)の水はけが悪い場合は、土壌改良をしてから植えてください。植え付けは、12月か翌年2月中旬から3月上旬ごろ(寒冷地では3月下旬から4月頃)に済ませます。 剪定・管理 昔から桜は剪定による大きな切り口から雨水などによって菌がはいることで枯れてしまうので剪定はしない方が良いといわれていました。現在は剪定後の切り口などを守る効果的な保護剤(トップジンMペースト等)もありますので、限られた広さでの桜の植え付けは無理とあきらめていた方でも、剪定をし樹形を作りながら植えることができるようになりました。初めて強く切り詰める場合は、芽出し前の12月下旬から2月いっぱいまでを目安として選定してください。 四季の管理夏場の暑い日が続く時には、庭植えであっても、土の状態を見て水をあげてください。 病害虫桜は多くの病気や害虫が発生すると言われていますが、どの桜にでそれらのすべての病気や害虫が発生するわけではありません。庭で1~2本育てるのであれば、あまり気にすることはないと思いますが、害虫を見つけたら、その時点ですぐ市販の殺虫剤を散布し、目に見えにくいカイガラムシ対策としては。5月上旬から8月の間、毎月2回ほどカイガラムシ専用の殺虫剤を散布しておくと良いかと思います。日頃から風通しを良くし、日光が十分当たるような環境にしておくことで病害虫の予防になります。学名Prunus campanulata 'Yoko' 種別落葉高木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください ヨウコウザクラはアマギヨシノとカンヒザクラの交配で生まれた桜です...

ヤマボウシ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

16,491

ヤマボウシ 株立 樹高1.8m前後

植え付け北海道を除くすべての場所で植え付け可能です。植え付けの適期は落葉期の2月中旬~3月、もしくは11月下旬~12月で厳寒期はできれば避けます。水はけと水もちの良い場所を選んで植えます。水はけを考え、やや山高に植え付け根を乾燥させないように株元を敷きワラや腐葉土で覆います。日当たりの良い場所が適しており、午前中いっぱい日の射す場所でしたら充分育ちます。 剪定・管理 放任でもさほど樹形は乱れずまとまった姿になるので剪定をせずに自然樹形で育てるのが基本です。特に問題がなければ枯れた枝や株元から勢いよく伸び出てくる枝を切る最小限の作業で充分です。 四季の管理地植えのものは一度根付いてしまうと水やりは必要ありません。根付くまでは水をたっぷりあげてください。 病害虫特にありません。学名Cornus kousa 種別落葉高木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください ヤマボウシは梅雨どきの花木として価値ある存在。自然に樹形が整い、幹肌が鹿の子模様になることから、シンボルツリーにも人気です。 この商品は、根鉢部分も含め樹高1.8mの苗です。露地苗の場合は同時に他のご注文があっても同梱ができません。ご了承くださいませ。

ヒイラギ 樹高1.8m前後 露地

ガーデンタウン

13,543

ヒイラギ 樹高1.8m前後 露地

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。樹高は4~8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。11~12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6~7月に熟します。長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】11月~12月【実期】4月~7月【紅葉】------ 適地・管理 耐久性がありますので日陰~日当たりのいい,適度に湿り気がある場所に植え込みます。腐葉土などを混ぜた土壌を好み、乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。また、寒風のあたる場所は避けます。ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

ゴールドライダー 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

13,942

ゴールドライダー 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ゴールドライダーヒノキ科 レイランドヒノキ属 常緑針葉高木 商品説明 洋風ガーデンに欠かせないコニファーレイランドサイプレスの黄金品種です。葉は1年中黄金色で、日当たりがよいほど美しく黄金色が出ます。冬はとくに葉先の色が鮮やかで、鑑賞価値の高い品種です。比較的湿地にも強い樹種で、シンボルツリー生垣によく利用されています。生長が早く、刈り込みにも耐えます。お庭やコニファーガーデンなどのポイントに☆樹形は、円錐形で、1年中、黄金色の葉っぱをしておりますが、日当たりのあまり良くない場所ですと黄緑色に変わったりします。クリスマスツリーの電飾、北欧風ガーデンの演出にどうぞ(*^∀^*)/♪ 花・実期 紅葉時期 【花期】-------【実期】-------【紅葉】春~夏は明るいライムグリーンで、冬には明るい黄色に変色します。 適地・管理 繰り返しの刈り込みで、より綺麗になります。植え付け時の水切れ、風害、肥料切れに注意しましょう。特に、水切れや乾燥に弱いため、土の表面が乾いたら、たっぷり与えて下さい。 用途 コニファー・生垣・シンボルツリー・トピアリー

ロドレイア/シャクナゲモドキ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

21,308

ロドレイア/シャクナゲモドキ 樹高1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ロドレイア(シャクナゲモドキ)マンサク科 ロドレイア属 常緑小木 ________________________________________________________________________________________________________________________エキゾチックな花が印象的♪ 春に濃いピンク色の花を咲かせる常緑樹です。葉は濃緑色の光沢のあるなめらかな革質葉。花が枝先に集まって咲く雰囲気や樹性がシャクナゲに似ていることから和名が「シャクナゲモドキ」とも呼ばれています。 植え付け日当たり、水はけのよい場所を好みます。12?3月頃までに植えつけます。植え穴は大きめに掘り、堆肥か腐葉土を多めに入れて土とよく混ぜ、水はけよく高めに植えつけます。整枝・剪定剪定はあまり必要ありません。放任していても自然とキレイに樹形がまとまります。剪定する場合は花が終わってからの時期に行って下さい。管理・肥料等2月と5月、それに8月下旬に施肥します。2月と8月には油粕と骨粉または粒状化成肥料を等量混ぜたものを、5月には粒状化成肥料を追肥します。 ________________________________________________________________________________________________________________________ 栽培適地:北海道南部以南開花時期:4?5月最終樹高:3m?7m前後用途:庭木・鉢植え ◇ガーデンタウン◇

ホンサカキ 樹高1.8m前後 露地

ガーデンタウン

13,024

ホンサカキ 樹高1.8m前後 露地

植え付け植え付けは、春なら3月中旬から4月、秋に植えるなら9月中旬から10月中旬が適しています。日当たりのよい場所から明るい日陰まで栽培できますが、強い西日のあたる場所は避けて植えてください。また、真冬の寒さが厳しい地域では防寒が必要です。冬の寒い風が直接当たる場所も避けるといいと思います。 剪定・管理 3月~4月または9月~10月に剪定作業をします。。刈り込みに強いので剪定での樹形維持が可能です。剪定時期以外でも樹形を乱すように枝が伸びていれば随時、その枝を切り戻してもかまいません。 四季の管理植えつけてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷり水をやります。植えつけて2年以上たち、根付いた後は特に水やりの必要はありません。 病害虫すす病、カイガラムシの発生が見られます。カイガラムシは6月中旬から7月に幼虫が発生し移動して広がります。この時期の薬剤散布は効果があります。学名Cleyera japonica 種別常緑高木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください 神事に用いる「玉串」は、古くからサカキの枝を利用しており、サカキは、日本人に馴染みの深い樹木のひとつです。つややかで厚みのある葉で、6月頃に白い小さな花を咲かせます。生育がよく、刈り込みにも耐えるため玉仕立てや生け垣にも適しています。

S4-シラキ 単木 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

23,144

S4-シラキ 単木 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 シラキ(白木)トウダイグサ科 シラキ属 落葉高木 ________________________________________________________________________________________________________________________雑木ブームの中で特に人気の樹種。見ごたえのある紅葉が、雑木林の風情を醸す。シラキは紅葉の美しい樹種として近年の雑木ブームで一般家庭にも脚光を浴びるようになりましたが、一部では昔から人気ある樹種でした。秋の黄~紅葉はとても見応えがあり、種子にも個性があります。樹形は自然樹形で形は定まりませんが雑木林独特の雰囲気があります。幹はすべすべして白いことから「シラキ」の名前がついていますが、樹皮に傷をつけると白い乳液が出ます。油分の多い樹木のために材木は細工物や薪炭材に利用されています。雑木らしい樹の風情を楽しむため、自然風の植栽に。紅葉が秋の彩りとして効果的な樹木です。植え付け日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みますが日陰でも生育します。※直射日光が津強いと葉が黒く焼けてしまう場合があります。土質は選びませんが、出来れば植え穴に大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。剪定・管理剪定は6~7月、10~11月に行います。強い刈り込みにも耐えまが、放任しても自然な樹形でまとまります。雑木らしさを活かすために剪定は枝抜き程度で常にやわらかい樹形を保って下さい。施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを2月と8月頃に与えます。※肥料が少ないと葉が黄色く変色する場合があります。病害虫病害虫は殆どみられず、管理は容易です。______________________...

S4-果樹/フェイジョア 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

19,818

S4-果樹/フェイジョア 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 フェイジョア(パイナップルグァ バ)フトモモ科 フェイジョア属 常緑低木________________________________________________________________________________________________________________________果実のほかに美しい花まで食べられる果実。独特な銀白色の彩りを持つ花も魅力。フェイジョアは昭和初期にアメリカから導入された亜熱帯の果実ですが 、東京近郊でも戸外で生育するほど強健で、比較的育てやすい樹種です。花弁は外側が白い綿毛に覆われ、内側が赤もしくわ紅色、雄しべは鮮赤色という、エキゾチックな花を咲かせます。肉厚 な白い花弁と真っ赤な蕊の対比が美しい。卵形の果実にはパイナップルとバナナの中間のような甘い芳香があり食用とされます。主に、生食またはジャムやゼリーなどの加工食品、果実酒などに利用さ れています。またフェイジョアの花も肉厚で甘く、サラダなどにして食べられています。生育は旺盛で病害虫の心配もほとんどなく家庭栽培におすすめです。植え付け3~4 月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。実の収穫が目的であれば2~3品種植えたほうが結実がよくなります。風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。比較的、耐寒性は ありますが、寒風の当たらない場所に植えつけるなどある程度の防寒対策は必要です、植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて深植えにならないように植え付けます。剪定・管理 剪定は3月頃がよく、込み合った枝、地際からでている枝など、不要な枝を間引き、樹冠を透かして採光通風よくします。支柱を添えてやることも大切です...

S3-カリン 樹高1.5m前後 露地苗

ガーデンタウン

10,746

S3-カリン 樹高1.5m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 カリン バラ科 ボケ属 落葉中高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 12月~3月 開花時期 3月~4月 施肥時期 1月~2月・8月 果実熟期 10月~11月中旬 最終樹高 2~3m 紅葉時期 - 用 途 庭木・花木 樹木の特徴 耐暑・耐寒共に強く、果実もなる実用性のある木! カリンは幹が綺麗なことでも知られています。 花・果実も観賞価値があります! 春に咲く花はピンク色でとても可愛らしいです。樹勢も強く、育てやすい樹木です。 植え付け やや湿り気のある場所が良いです。根付いてしまえば特に何ら問題も御座いません。鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷり水を与えてください。 剪定・管理 花付きをよくしたい場合は、長い枝を切り、短い枝を残すと良いです。 あまり剪定しすぎると、果実の付きが悪くなる場合がありますのでご注意ください。 四季の管理 油粕・化成肥料は根元から少し離れたところに施すと効果的です。 病害虫 害虫がつきやすいです。見つけ次第駆除してください。 予防のためにも、殺菌消毒剤を定期的に散布してください。

S3-マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

16,966

S3-マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.5m前後

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 マルバノキ(ベニマンサク)マンサク科 マルバノキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________秋に咲くユニークな花。ハート形の葉の紅葉も美しい。マルバノキは中部地方以西の本州、四国に分布する落葉低木です。葉は互生し、ハナズオウに似たハートの形で全緑。秋にはその年に伸びた枝に短い花柄を出して、ヒトデ形をした暗紫紅色の花を咲かせます。花は目立ちませんが、秋の真っ赤に紅葉する姿が一番の見所です。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰~半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は殆ど必要ありません。伸びすぎた枝や、不要な枝は落葉期間中に根元から切り取ります。肥料はほとんど必要ありませんが、与える場合は、油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:東北南部以西 開花時期:10~11月鑑賞樹高:2~3m施肥時期:2月用途:庭木・添景樹◇ガーデンタウン◇秋の紅葉が美しい『マルバノキ(ベニマンサク)』

S3-イチョウ 樹高1.5m前後 ポット苗

ガーデンタウン

8,888

S3-イチョウ 樹高1.5m前後 ポット苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 イチョウ(銀杏)イチョウ科 イチョウ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________黄葉の美しさは格別。秋の黄葉の象徴であるイチョウ秋に黄葉する樹木の代表であるイチョウ。古い時代に渡米し、社寺の境内や街路樹として多く植えられています。大きいもので高さは20m以上、幹は5mくらいと大きく生長します。葉は幅5~7cmの扇形で中央に切れこみがあるが、無いものもあります。秋には美しく黄葉し、花は4月頃咲きます。雄雌異株で、実の採取を目的とするなら雌木を植えます。実は直径2.5cmの球形で9月頃から成熟し、独特の臭いがします。大変大きくなる木なので植え込み場所には十分考慮します 。※当店のイチョウは雄・雌で区別しておりません。雄・雌の指定もお受け出来ません。植え付け落葉期に植えつけます。小さな苗木なら真夏を除いては年中植えつけが可能。日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。乾燥する場所は避けます。植え穴に堆肥を多めに混ぜて保湿性を高めてあげます。植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。剪定・管理強い剪定にも耐えます。適期は1~3月中旬頃までが適期です。樹形や強弱の程度は植え付け場所にあわせます。コンパクトに抑える場合は剪定を行って下さい。肥料は枝を伸ばし葉を大きくするので控えめにします。病害虫病害虫は特にみられません。 ____________________________________________________________________...

S4-ヤマコウバシ 単木 樹高2.0m前後 露地

ガーデンタウン

18,792

S4-ヤマコウバシ 単木 樹高2.0m前後 露地

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ヤマコウバシ クスノキ科 クロモジ属 落葉低木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 北海道以南 植栽適期 11~2月 開花時期 4~5月 施肥時期 1~2月 果実熟期 10~11月 最終樹高 2~5m 花 色 淡黄色 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆雑木林風のお庭に☆ 新葉・新枝の展開が早い!! 漢字で書くと、「山香ばし」。山にある香ばしい木という意味です。新枝を折ったり揉んだりすると、樟脳のような芳香があります。 雌雄異株(日本には雌株のみと言われていますが、雄株なしでも結実します。)。花序は葉と同時に展開します。展開し始めた葉の間から淡黄色の小さい花が咲きます。 葉は互生で等間隔につきます。葉身の長さは約7cmで、長楕円形です。紅葉も美しく黄褐色になり、その後春まで葉を付け続けます。 この葉が「落ちない」ことからこの木の葉を試験の合格祈願のお守りに使われることもあります。 果実は樹果で、直径約7の球形です。 日向~半日陰くらいを好みます。 あまり土壌は選びません。生命力があり、芽吹きやすく育てやすい品種です。 自然樹形が美しく、病害虫もあまりつきませんので、初心者におすすめです。

S4-マルバノキ/ベニマンサク 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

29,160

S4-マルバノキ/ベニマンサク 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 マルバノキ(ベニマンサク)マンサク科 マルバノキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________秋に咲くユニークな花。ハート形の葉の紅葉も美しい。マルバノキは中部地方以西の本州、四国に分布する落葉低木です。葉は互生し、ハナズオウに似たハートの形で全緑。秋にはその年に伸びた枝に短い花柄を出して、ヒトデ形をした暗紫紅色の花を咲かせます。花は目立ちませんが、秋の真っ赤に紅葉する姿が一番の見所です。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰~半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は殆ど必要ありません。伸びすぎた枝や、不要な枝は落葉期間中に根元から切り取ります。肥料はほとんど必要ありませんが、与える場合は、油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:東北南部以西 開花時期:10~11月鑑賞樹高:2~3m施肥時期:2月用途:庭木・添景樹◇ガーデンタウン◇秋の紅葉が美しい『マルバノキ(ベニマンサク)』

S4-カリン 露地苗 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

18,792

S4-カリン 露地苗 樹高2.0m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 カリン バラ科 ボケ属 落葉中高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 12月~3月 開花時期 3月~4月 施肥時期 1月~2月・8月 果実熟期 10月~11月中旬 最終樹高 2~3m 紅葉時期 - 用 途 庭木・花木 樹木の特徴 耐暑・耐寒共に強く、果実もなる実用性のある木! カリンは幹が綺麗なことでも知られています。 花・果実も観賞価値があります! 春に咲く花はピンク色でとても可愛らしいです。樹勢も強く、育てやすい樹木です。 植え付け やや湿り気のある場所が良いです。根付いてしまえば特に何ら問題も御座いません。鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷり水を与えてください。 剪定・管理 花付きをよくしたい場合は、長い枝を切り、短い枝を残すと良いです。 あまり剪定しすぎると、果実の付きが悪くなる場合がありますのでご注意ください。 四季の管理 油粕・化成肥料は根元から少し離れたところに施すと効果的です。 病害虫 害虫がつきやすいです。見つけ次第駆除してください。 予防のためにも、殺菌消毒剤を定期的に散布してください。

S3-アカナンテン 株立 樹高1.5m前後 露地苗

ガーデンタウン

9,925

S3-アカナンテン 株立 樹高1.5m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月~2月【紅葉】10月~12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

S3-ビバーナムティヌス/トキワガマズミ 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

12,592

S3-ビバーナムティヌス/トキワガマズミ 樹高1.2m前後

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ビバーナムティヌス(別名:トキワガマズミ) スイカズラ科 ガマズミ属 常緑or落葉低木 ________________________________________________________________________________________________________________________真っ赤な熟果が美しい。野趣豊かな秋の実ものです。ガマズミは身近な雑木林などに多く見られ、庭木としての利用度は低かったのですが、近年では色々な品種のガマズミなども出ており、庭木としての需要も高まりつつあります。秋に青い熟す果実は美しく、今後ももっと庭木として利用したい実ものです。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰~半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は1~2月に行います。一律に刈り込む事は避け、野趣を損なわないように小枝を切り取る程度にします。日照り不足だったり、チッ素過多での栽培は実つきが悪くなります。あまり肥倍をしないほうが、かえって実つきはよくなります。病害虫果実が色づきはじめた頃にハマキムシが発生し、果実を落とす場合があります。また、根元にテッポウムシの発生が見られるので見つけ次第早めに駆除します。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地...

S3-トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後 露地苗

ガーデンタウン

7,376

S3-トサミズキ(黄色花) 樹高1.2m前後 露地苗

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 トサミズキ(土佐水木)マンサク科 トサミズキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________清清しい淡黄色の花。じぐざぐに伸びる枝が特徴です。葉に先立って短い穂状花序を垂らし、黄色い小花を6~8個咲かせる代表的な春花木のひとつで、黄色の花を吊り下げるように咲かせます。古くから茶庭などに植えられるほか、切花としても使われます。植え付け2~3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰~日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理トサミズキは放任しておくと株立状でまとまりのない樹形になります。花が三部~五部咲きくらいの時に切り取れば、切花として利用できるので3月くらいに切るとよいでしょう。剪定は大枝の枝抜きを主体とします。肥料は油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月と8月下旬に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:北海道南部以南 開花時期:3~4月鑑賞樹高:2~4m施肥時期:2月と8月用途:庭木・花木・切花◇ガーデンタウン...

S3-オリーブ 樹高1.5m前後 地中ポット

ガーデンタウン

14,688

S3-オリーブ 樹高1.5m前後 地中ポット

※ この商品の配送サイズは、【 大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありこの品種は“ミッション"になります。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】------【実期】10月~11月【紅葉】------ 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

ガーデンタウン

14,580

モクレン(紫花)樹高1.5m~1.8m前後

※ この商品の配送サイズは、【 特大サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効...

常緑ヤマボウシ/ホンコンエンシス月光 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

16,956

常緑ヤマボウシ/ホンコンエンシス月光 樹高1.8m前後

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。植え付け適期は3~6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋~冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定は花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。学名 — 種別常緑中木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください 常緑ヤマボウシ ホンコンエンシル月光は、1年中葉のある木、常緑樹です。春には花が咲き、秋には可愛い赤い実をつけます。冬には紅葉もするので1年の四季を楽しめる木です。大きく育っていきますので、お庭のシンボルツリーとしてオススメです。 職人が自社農場から選んで掘り起こし出荷いたします。露地苗は根を切っていますので、植え替えたばかりの時は元気がなかったり、葉が落ちたりしますが、根が張って落ち着くとグングン元気に成長していきます。常緑樹ですが、植え替えた年の冬は葉が落ちることがあります。根は麻布に巻いてお届けします。麻布のまま土に植えてください。 こちらの商品は、根鉢部分を含め樹高1.8mの露地苗です。

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

19,234

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。植え付け適期は3~6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋~冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定は花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。学名 — 種別常緑中木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください 常緑ヤマボウシヒマラヤは、1年中葉のある木、常緑樹です。春には花が咲き、秋には可愛い赤い実をつけます。冬には紅葉もするので1年の四季を楽しめる木です。大きく育っていきますので、お庭のシンボルツリーとしてオススメです。 こちらの商品は、根鉢部分を含め樹高180cm前後の露地苗です。麻布に巻いてお届けします。麻布は取らずにそのまま植えつけてください。植え替えたばかりの時は元気がなかったり、葉が落ちたりしますが、根が張って落ち着くとグングン元気に成長していきます。常緑樹ですが、植え替えた年の冬は葉が落ちることがあります。 >

桜/ヤマザクラ 樹高1.8m前後ポット苗

ガーデンタウン

11,458

桜/ヤマザクラ 樹高1.8m前後ポット苗

植え付け日当たりのよいところを好みますが、強い西日が当たって乾くところはよくありません。土壌は通気性、透水性がよく肥沃で水持ちのよい土壌を好みます。土壌の浅い部分が良くても、土壌の深いところ(30cm以上の土中)の水はけが悪い場合は、土壌改良をしてから植えてください。植え付けは、12月か翌年2月中旬から3月上旬ごろ(寒冷地では3月下旬から4月頃)に済ませます。 剪定・管理 昔から桜は剪定による大きな切り口から雨水などによって菌がはいることで枯れてしまうので剪定はしない方が良いといわれていました。現在は剪定後の切り口などを守る効果的な保護剤(トップジンMペースト等)もありますので、限られた広さでの桜の植え付けは無理とあきらめていた方でも、剪定をし樹形を作りながら植えることができるようになりました。初めて強く切り詰める場合は、芽出し前の12月下旬から2月いっぱいまでを目安として選定してください。 四季の管理夏場の暑い日が続く時には、庭植えであっても、土の状態を見て水をあげてください。 病害虫桜は多くの病気や害虫が発生すると言われていますが、どの桜にでそれらのすべての病気や害虫が発生するわけではありません。庭で1~2本育てるのであれば、あまり気にすることはないと思いますが、害虫を見つけたら、その時点ですぐ市販の殺虫剤を散布し、目に見えにくいカイガラムシ対策としては。5月上旬から8月の間、毎月2回ほどカイガラムシ専用の殺虫剤を散布しておくと良いかと思います。日頃から風通しを良くし、日光が十分当たるような環境にしておくことで病害虫の予防になります。学名Cerasus jamasakura 種別落葉高木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください 古くは桜といえば山桜のことを指していました。寿命が長く、大きな木になります...

スポンサーリンク
スポンサーリンク