メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「イタリア野菜ナス」検索結果。

イタリア野菜ナスの商品検索結果全12件中1~12件目

FRANCHI社(GL)イタリア野菜の種【食用ホオズキ】

ミセスリビング

514

FRANCHI社(GL)イタリア野菜の種【食用ホオズキ】

●種まき 4-6月 ●収穫 6-11月 非耐寒性・一年草 【種まき】 ポットか育苗トレーに培養度を入れ、あらかじめ土を湿らせておきます。種をばらまきし、うっすらと土をかけ、発芽までは土を乾燥させないように管理します。 成長に従って順次間引きをして、本葉4枚くらいになったら植え付けをします。 【移植】 日当たりのいい場所に堆肥などを混ぜ込み、約40cm間 隔で移植します。根鉢を崩さないようにしてください、また、連作障害を防ぐため、植えつける場所で近年ナス科植物を栽培していなかったか確認してください。 乾燥を嫌うため夏期、土を乾かさないことがポイントです。成長に従って支柱を立て枝をサポートします。 【特徴】 さほど手間もかからず栽培しやすいです。大き目のコンテナ栽培も可能です。 薄い紙のような提灯型の殼の中に入っているオレンジの果実を食用します。果物の感覚でチョコレートにディップして食べたり、ジャムにしたりと甘酸っぱくておいしいホオズキです! ■生産地 イタリア 内容量2g発芽率85% 種子の薬品消毒はしておりません【食用ホウズキ】はイタリアではわりと普通に食べられている野菜(果物)です。 薄い紙のような提灯型の殻の中に入っているオレンジ色の果実を食用にします。 果物のような感覚でチョコレートにディップして食べたり、ジャムにして食べたりするとおいしいですよ♪

【イタリアの野菜の種】 トマト(ポモドーロ・ローマ) Hortus社

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 トマト(ポモドーロ・ローマ) Hortus社

ナス科 (ポモドーロ・ローマ) ●種まき 3~ 5月 ●植え付け 5~ 6月 ●収穫 6~ 10月上旬 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十 分湿らせ、育苗ポット等に3~4粒を点まきにし、発芽までの約7~10は強い日差し、雨から守り、表面が乾燥しないように丁寧に潅水をします.2~3度の間引きを重ね徒長を防ぎ、健全な株が育つようにします。 【植えつけ】 5月頃花芽が付いたら40cm間隔に間引くか、育苗ポットから根土ごと丁寧に植え込み土寄せをします。同時に有機肥料をたっぷりと与えます。植えつけから30~40日で(実がより充実するために)花芽は1枝に2~3個とし,他は摘み取ります。 【収穫】 完熟してから、ハサミ等でカットします。1個70g~80gのこの品種は、肉厚で水分が比較的少なく、煮込めば煮込むほど,こくとうまみが増し、イタリア料理には欠かせません ■生産地 イタリア 内容量 1.5gこちらの品種はDeterminate(ブッシュ、小低木状)の樹形で地面から茎が何本も立ち上がるタイプです。 (茎一本が高く伸びるタイプではありません) ですので、通常、支柱は必要としません。 加工用トマトのように露地で支柱を立てずに栽培します。 上へ向かってつぎつぎと実を付けていくタイプではないので収穫時期は2週間くらいの間に一気に訪れます。

こちらの関連商品はいかがですか?

FRANCHI社-イタリア野菜の種【アラビカコーヒー】

ミセスリビング

514

FRANCHI社-イタリア野菜の種【アラビカコーヒー】

●種まき3-7月 ●収穫6-10月 【種まき】 種の周りに大豆のような薄い皮(殼)が付いているのでそれを丁寧に剥きます。種まき前日に一晩水に浸します。 育苗ポットに培養土を入れて上部に3cm程度種まき用土を入れ、|ポットに2-3粒づつ丁寧に点まきし、日当たりのよい場所に置きます。 発芽まで平均約2ケ月半かかりますがもっとかかる場合もあるのでしばらくあきらめずに見守ってください。その間は土が乾燥しないようしっかりと水やりをします。 発芽適温は20-25°Cと高めですので十分に暖かくなってから種まきしてください。 【栽培】 発芽後、4-5ケ月目に鉢に定植します。水はけの良い土でかつ土に適度な湿り気を保ちながら管理することがポイントです。ただし、木やりし過ぎも苗をダメにしてしまう原因になります。 土は弱酸性でチッソ成分の多い土が最適です。 寒さにとても弱いため、20°C以上を保つようにします。秋から冬季は温室や暖かく日当たりの良いリビングルームなどで栽培します。冬季の木遣りは控えめにし、春には再び適度な湿り気を保つように木遣りを再開します。 2-3年後に開花し実を付けます。 【特徴】 大型の植物で数メートルの大きさに成長します。下垂したダークグリーンの艶やかな葉を茂らせます。小さな実はグリーンから成熟すると赤に変色します。通常1つのサヤに2つのコーヒー豆が入っており、これを焙煎したものがコーヒーになります。アラビカコーヒーは自家受粉するので受粉を気にする必要はありません。 ●生産地 イタリア 内容量3g 発芽率48% 種子の薬品消毒はしておりません。4/23までに23個完売しました! 艶やかなダークグリーンの葉を茂らせるコーヒーの木、観葉植物として楽しんでもかわいらしいです♪ 種子からの栽培は多少難しいですが...

FRANCHI社-イタリア野菜の種【オクラ】

ミセスリビング

514

FRANCHI社-イタリア野菜の種【オクラ】

アオイ科Clemsin Spinlles種 ●種まき 4-5月 ●収穫 6-9月 【タネまき】 水はけのよい有機質に富んだ土壌を好むためタネまきの2週間ほど前に堆肥やぼかし肥を漉き込んで畑を耕しておきます。タネは固いので一晩水につけて吸水させてからタネまきします。 30-40cm間隔で1ヵ所3-4粒ずつタネまきます。発芽するまでは乾燥させないように水遣りします。 【栽培】 発芽後は順次間引きを行い、本葉4-5枚になった頃に1本にします。 乾燥を防ぐために根元にワラなどを敷いておくと生育がよくなります。また草丈がある程度大きくなってきたら支柱を立てると倒れにくくなり安心です。 成長に従い有機肥料を追肥し、最初の花が咲いた時とさらにその数日後にも追肥を与えると良い収穫となります。 実は4-5cm程度の長さになった時が収穫適期です。取り遅れは実が硬くなる原因となります。 【特徴】 早生種、果肉は白い定番のオクラです。 高温性の野菜なので春先まだ寒い時期はビニールマルチをしておきます。日当たりのいい暖かい南側に植えると晩秋まで長期間収穫できます。 【料理のコツ】 オクラは世界中で食べられているアフリカ原産の野菜です。 刻んでネバネバを出して食べたり、カレーなどに煮込んでもおいしいです! 生産地イタリア 内容量7g 発芽率75% 種子数 約130粒 種子の薬品消毒はしておりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク