メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アルストロメリア苗」検索結果。

アルストロメリア苗の商品検索結果全16件中1~16件目

アルストロメリア 「リグツハイブリッド ホワイト」1球入り(c21)

千草園芸

648

アルストロメリア 「リグツハイブリッド ホワイト」1球入り(c21)

17年9月18日に入荷しました。 179c 現在球根の状態ですが、生育上の都合でポット植えでのお送りになる場合がございます。 (ずっと球根の状態で置いておけないため) 送料 700円より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 50袋 同送可能商品 4号ポット苗の場合は約5個 備考 写真は見本品です。 アルストロメリア 分類: ユリ科アルストロメリア属の耐寒性多年草(球根) 学名: Alstroemeria 原産: チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチン 開花期: 5~11月(自然開花)品種、系統により異なる 草丈: 約20~100cm(系統により異なる) 用途: 鉢植え・コンテナ、庭植え、切花 増やし方: 株分け 砂漠や砂丘に自生するものもあれば、森林に育つものもあり種によって生育地はまちまちで性質もそれぞれ異なります。 開花期や背丈、耐寒性にも違いがあり、それぞれの性質に合わせて育てることが必要です。 大きく分けると夏と冬に休眠する一季咲きと、冬のみ休眠する四季咲きの2つがあります。 それぞれに多くの品種があり、改良種も多く花色も豊富です。 アルストロメリアの育て方 日当たり~明るい日陰で管理します。基本的に暑さと多湿に弱いので鉢植えは水はけの良い用土で栽培し、真夏は風通しの良い日陰に置きます。 肥沃な土壌をこのみますので、生育期間中に肥料を与えます。 開花した軸は枯れて行くので、新しい芽を育てる気持ちで枯れていく軸は取り去ります。 路地植えではあまり世話は必要ありませんが、鉢植えで開花期が過ぎて枯れたら新しい用土で植え替えてやることが必要です。 グロテスクな形の球根が鉢の底にぎっしりと詰まっていることが多いので、株分け等をして鉢の上下のの真ん中になる位置に植えなおしてやります。 寒さには比較的強く...

アルストロメリア 「原種系 アキラエ」1球入り(c21)

千草園芸

777

アルストロメリア 「原種系 アキラエ」1球入り(c21)

17年9月18日に入荷しました。 179c 現在球根の状態ですが、生育上の都合でポット植えでのお送りになる場合がございます。 (ずっと球根の状態で置いておけないため) 送料 700円より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 50袋 同送可能商品 4号ポット苗の場合は約5個 備考 写真は見本品です。 アルストロメリア 分類: ユリ科アルストロメリア属の耐寒性多年草(球根) 学名: Alstroemeria 原産: チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチン 開花期: 5~11月(自然開花)品種、系統により異なる 草丈: 約20~100cm(系統により異なる) 用途: 鉢植え・コンテナ、庭植え、切花 増やし方: 株分け 砂漠や砂丘に自生するものもあれば、森林に育つものもあり種によって生育地はまちまちで性質もそれぞれ異なります。 開花期や背丈、耐寒性にも違いがあり、それぞれの性質に合わせて育てることが必要です。 大きく分けると夏と冬に休眠する一季咲きと、冬のみ休眠する四季咲きの2つがあります。 それぞれに多くの品種があり、改良種も多く花色も豊富です。 アルストロメリアの育て方 日当たり~明るい日陰で管理します。基本的に暑さと多湿に弱いので鉢植えは水はけの良い用土で栽培し、真夏は風通しの良い日陰に置きます。 肥沃な土壌をこのみますので、生育期間中に肥料を与えます。 開花した軸は枯れて行くので、新しい芽を育てる気持ちで枯れていく軸は取り去ります。 路地植えではあまり世話は必要ありませんが、鉢植えで開花期が過ぎて枯れたら新しい用土で植え替えてやることが必要です。 グロテスクな形の球根が鉢の底にぎっしりと詰まっていることが多いので、株分け等をして鉢の上下のの真ん中になる位置に植えなおしてやります。 寒さには比較的強く...

こちらの関連商品はいかがですか?

フッキ草(フッキソウ) 斑入り(白覆輪) 「2個セット」(b6)

千草園芸

864

フッキ草(フッキソウ) 斑入り(白覆輪) 「2個セット」(b6)

日陰の庭のグランドカバーにもよく適応します。 ランナーで増殖し、少しづつ背丈も高くなりますが、5cm位で刈り込むと低いグランドカバーになります。 商品写真の上は夏の状態。下は冬の状態です。 青葉はこちらからフッキソウ(富貴草) ■学名■Pachysandra terminalis ■原産国■日本~中国北部 ■分類■ツゲ科フッキソウ属の常緑小低木 ■別名■キッショウソウ、キチジソウ ■草丈■20cm-30cm ■開花期■4月~5月 ■用途■コンテナ・グランドカバー 地下茎がよく伸びて、そこから茎葉を直立させて広がる性質があり、広い範囲に茂り日陰でもよく育つので庭園の下草として利用されてきました。 日本原産のグランドカバー向き植物です。 葉の周りに不規則な白い斑が入るフイリフッキソウ(ヴァリエガタ〔'Variegata'〕)と呼ばれる園芸品種があります。 「富貴草」の名前は常緑性で青葉が周年絶えないところから、その姿を繁栄になぞらえたとされます。 下は滋賀県草津市の「水の森公園」で2015.10.7 フッキソウの育て方 半日陰~日陰の適度な湿気のある肥沃な土壌を好みます。 北海道でも自生していることから、耐寒性は強く防寒対策は必要ありません。 高さをできるだけ低く抑えたいときは春に背丈の高くなった部分を刈り込むと下のランナーからよく芽が出て低く茂らせることができます。 斑入り品種は、まれに緑葉ばかりの茎がでますが、それは見つけたら取り除いてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク