メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アメリカノウゼンカズラ」検索結果。

アメリカノウゼンカズラの商品検索結果全5件中1~5件目

ノウゼンカズラ 在来種 7号(f6)

千草園芸

4,752

ノウゼンカズラ 在来種 7号(f6)

※写真の商品をお送りします。 写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-uノーゼンカズラ(ノウゼンカズラ) 【分類】 ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の落葉性のつる性木本 【学名】 Campsis grandiflora K. Schumann 【原産】 中国 【近縁種】 アメリカノウゼンカズラCampsis radicans Seem (北米原産) 【用途】鉢花、壁面緑化等 【開花】6月~8月 【草丈】5m~8m 【栽培適地】 東北地方以南(ピンク系は除く) 寒さに強く、木や壁に幹から根を出して張り付いてよじ登り、太い幹になることもあります。 枯れ木や電柱のような高い物に絡み付いて10mを超える高さに成長する事もある丈夫な植物です。 近縁種のアメリカノウゼンカズラは筒状の花を咲かせ、色は濃い赤のものが多いようです。 ノーゼンカズラの育て方 寒さには強く、生育期は4月~11月ですが、開花期は7月~9月ころまでです。条件が整うと花は咲き続ける性質があります。 花色には幅があり、オレンジから赤色と様々です。また、アメリカノウゼンカズラとの交配種もあり、黄色やピンク、花の大きい園芸品種も作られています。 ピンク系のものは寒さに弱く、関東地方以南での露地植えが出来ますが、冬は地上部が枯れてしまい、春に根元から新芽を出して成長して夏に花を咲かせるようになります。 この系統のものは少し寒い地域では敷き藁などをして寒さから保護する事が必要です。 水捌け、日当たりのよい場所を好み、太くて長い根に養分を蓄えますから、鉢植えの場合は鉢底から根を出してしっかりと地面に根を張ることもありますので、注意が必要なほどです。 特にアメリカノウゼンカズラは株の周囲から多くの芽を出して増殖しますから...

S1-アメリカノウゼンカズラ 5本セット

ガーデンタウン

4,212

S1-アメリカノウゼンカズラ 5本セット

※ この商品の配送サイズは、【 小サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 アメリカノウゼンカズラ学名:Campsis grandifloraノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属 落葉つる性木本________________________________________________________________________________________________________________________夏空に映える赤色の花。パーゴラやアーチに絡ませたり、スタンダード仕立てにノウゼンカズラは数少ない夏のつる性花木で、平安時代から導入されていたそうです。新梢の先に大きな円錐花序を付け、径6~7cmほどのラッパ状の花を咲かせます。ノウゼンカズラには小さめの黄色い花が咲く、アメリカノウゼンカズラ、オレンジ色の花が咲く品種もあります。夏に鮮やかな花を咲かせる姿はとても見ごたえがあります。植え付けノウゼンカズラは暖地性の植物なので、3月下旬~4月上旬が適期。植え付けの際の注意点は、大きめの穴を掘り、根鉢を崩さないよう、ていねいに植え穴に入れ腐葉土を多めに入れて高植えで植え付けます。つるは気根を密生させて他物に付着して伸びるのでしっかりとした支柱などに誘引してあげましょう。整枝・剪定萌芽後の剪定はほとんど行いません。途中から出るつるを早めに切り取る程度です。本格的な剪定は、2~3月頃に、昨年花を咲かせた長いつるを付け根から切り取ります。管理・肥料等肥料は油粕と骨粉を半々に混ぜたものを2月上旬~中旬に根元に埋めてやります。病害虫は特にありません。コンパクトに育てるポイントアメリカノウゼンカズラやヒメノウゼンカズラは6号鉢以上で十分育てられますが、ノウゼンカズラを鉢でコンパクトに保つのは難しいでしょう...

【1年間枯れ保証】【つる性】アメリカノウゼンカズラ 10.5cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

864

【1年間枯れ保証】【つる性】アメリカノウゼンカズラ 10.5cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらアメリカノウゼンカズラ 商品一覧10.5cmポット800円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の商品ノウゼンカズラ/赤花ノウゼンカズラ/オレンジ花アメリカノウゼンカズラ【アメリカノウゼンカズラ】(アメリカ凌霄花)読み:あめりかのうぜんかずら学名:Campsis radicansノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属落葉つる性別名:コノウゼン【商品情報】ノウゼンカズラはつる性の落葉品種です。巻き付き・吸着により成長します。夏に赤系の大きな花をつけます。垂れるように咲き、花の期間は長く夏中咲き続けます。成長は極めて早いです。夏の緑陰として使われます。冬は落葉します。アメリカノウゼンカズラなど様々な品種があります。【育て方】肥沃で適湿な場所を好みます。コンクリート壁には登はん力が弱いため補助をしてあげる必要があります。樹形が荒れてきた場合は剪定を行います。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=つる最終樹高=~m施肥時期=1~3月剪定時期=12~2月開花時期=6~9月果実=無し用途=花木、壁面緑化【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=斜面=茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2[壁面緑化]登はん 吸着=@登はん 後に吸着下垂=登はん 巻きつき=@下垂=懸崖(断崖を越え空中)=植付目安 1~5鉢/1m【その他】アメリカノウゼンカズラは全体的に小型品種です。花はノウゼンカズランのように長くならず一か所に集まって咲きます。

【1年間枯れ保証】【つる性】ノウゼンカズラ/赤花 0.1m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

864

【1年間枯れ保証】【つる性】ノウゼンカズラ/赤花 0.1m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらノウゼンカズラ/赤花 商品一覧0.1m800円/在庫○2.0m6000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の商品ノウゼンカズラ/赤花ノウゼンカズラ/オレンジ花アメリカノウゼンカズラ【ノウゼンカズラ/赤花】読み:のうぜんかずら/あかばな学名:Campsis grandifloraノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属落葉つる性高木【商品情報】ノウゼンカズラはつる性の落葉品種です。巻き付き・吸着により成長します。夏に赤系の大きな花をつけます。垂れるように咲き、花の期間は長く夏中咲き続けます。成長は極めて早いです。夏の緑陰として使われます。冬は落葉します。アメリカノウゼンカズラなど様々な品種があります。【育て方】肥沃で適湿な場所を好みます。コンクリート壁には登はん力が弱いため補助をしてあげる必要があります。樹形が荒れてきた場合は剪定を行います。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=つる最終樹高=~m施肥時期=1~3月剪定時期=12~2月開花時期=6~9月果実=無し用途=花木、壁面緑化【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=斜面=茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2[壁面緑化]登はん 吸着=@登はん 後に吸着下垂=登はん 巻きつき=@下垂=懸崖(断崖を越え空中)=植付目安 1~5鉢/1m【その他】ノウゼンカズラは大きな花が美しい品種です。花は赤色です。夏中咲き続けるため長く楽しめます。成長が早いです。

こちらの関連商品はいかがですか?

コデマリ(小手毬) 6号苗(f5)

千草園芸

2,700

コデマリ(小手毬) 6号苗(f5)

写真は見本品です。 写真は18年5月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185d-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)コデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

ヤマボウシ 赤花(6号)

緑の風yamashoku

3,024

ヤマボウシ 赤花(6号)

■■ご注意ください■■ この商品は大型商品のため、お買い上げ点数によっては同梱できない場合があります。 その場合は梱包数に応じて別途料金がかかることがあります。あらかじめご了承ください。 ミズキ科 落葉樹 梅雨どきの花木としては価値が高い存在です。 果実は8月から9月に紅橙色に熟し、果肉は粘質で甘く生食できます。 自然に樹形が整い、幹肌が鹿の子模様になることから、個人庭園のシンボルツリーや景観木、公園木のほか街路樹としても広く利用されています。購入後、庭に植えるか一回り大きな鉢(8号~10号)に植え替えてください。 その際、堆肥を多めにすきこんでください。日がよく当たるやや乾燥した場所で、西日の当たらない場所を好みます。 ●画像は入荷時に撮影したものです。花は咲き進みますので、花付をご希望の方は早めのご注文をお願いいたします。ご注文の時期によって花の無い状態でのお届けとなります。あらかじめご承知おきください。鉢の形態:6号プラ鉢(鉢は他の色になることもあります) 全体サイズ:幅約50~55cm高さ78~83cm(鉢を含むサイズです) 鉢の形態:6号プラ鉢(鉢は他の色になることもあります) 全体サイズ:幅約37~42cm高さ90~95cm(鉢を含むサイズです)広いスペースで自然樹形で楽しみたいものです。

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

千草園芸

3,024

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

18年2月17日に入荷・撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。182c-uフジ 【分類】マメ科フジ属の落葉つる性樹木 【学名】Wisteria floribunda 【原産】日本、東アジア、北アメリカ 【別名】ノダフジ 【栽培】耐暑性、耐寒性、耐霜性が大変強く、日当たりが良く排水の 良い土壌を好みます。ただ夏場はよく水をほしがりますので 鉢栽培では腰水をして管理します。 【開花期】4月~5月 【栽培適地】北海道南部以南 【特徴】藤棚栽培されることが多いです。 園芸品種が多く、紫のほか、白、ピンクや花の長いものなどがあります。 初夏に花をつけた後、良く葉を茂らせ夏場に涼しい蔭を作ります。鉢植え栽培や、藤棚などで栽培されます。 肥沃な用土と日当たりを好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 (栽培上の注意)水遣り 水枯れを起こすと、葉が黄色くなって落葉して葉が少なくなり、翌年の花芽もつけにくくなります。 一度乾燥した土は水を与えても浸透しないことが多く、周りに流れたり、下にしみこむ水の道を作って地中に浸透してしまい、必要な地中の用土に水がいきわたらないことが多いので、鉢植えでは植え替えをして根詰まりを無くすようにします。夏場は葉が多くなり、多少の水遣りを増やしてもすぐ乾きますので、鉢を5cmくらいの腰水をして管理するとよいでしょう。1~2ヶ月では根腐れは起こしません。 露地植えの場合は植え込み時に十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、土の保水力を高めておくことが大切です。 保水力の大きい土に植えた木は根の生育も早く水を与えるとすぐに木が吸収して回復...

八重しだれ桜(ピンク) 接ぎ木 7号鉢植え

土っ子倶楽部

2,980

八重しだれ桜(ピンク) 接ぎ木 7号鉢植え

枝垂桜(しだれざくら)は、糸桜とも呼ばれており、上に伸びるエドヒガンの栽培品種ですが、この桜の枝は下に垂れます。花色はピンクの八重桜です。全国各地で栽培されており、優雅な雰囲気で名木とされている樹も多い。 ※開花は翌年からになります。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:21cm(7号)プラ鉢 ・お届け時高さ:約100~110cm(容器含む) 《育成地》福岡県 《開花》4月頃(地域差あり) 《花色》ピンク系 《樹高》2~5m 《科名》バラ科 《園芸分類》落葉高木 《用途》鉢、庭 ※冬期は落葉しています。 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 日当たりと排水のよいところを好みます。水やりは土が乾いたらたっぷりと与えてください。肥料は春と秋に緩効性の肥料を適量あたえてください。剪定は芽だし頃(直前)に樹形を整えるとよい。2年目以降に枝を垂れた枝が地面に付かないように誘引します。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹花木用】5リットル おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】8号銘木になる木も多い下にたれる桜です。花色はピンクの八重桜です。

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

千草園芸

1,296

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。定植する場合は、土を崩さないようにします。水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。 ■商品の写真は、17年10月26日撮影。 木の状態は、季節により変化します。1710d 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。西洋シャクナゲ ■分類:ツツジ科ロードデン属の常緑中低木 ■学名:Rhododendron ■原産:園芸種 ■樹高:2~6m ■開花期:4月~5月 日本や中国南部、東南アジア原産のシャクナゲがイギリスを主としたヨーロッパで品種改良されたものを西洋シャクナゲと呼ばれます。 日本に逆輸入されたものが日本で品種改良されたものもそのように呼ばれます。 日本原産のシャクナゲより、大振りで立ち性、成長も早いもので、性質も強いものです。 ■管理方法 ・日当たりを好みますが、真夏の暑さには弱いので夏は半日陰で管理しましょう。 ・暑さ対策として、株元に腐葉土やバークチップを敷きつめるマルチングをし、西日には当たらないようにします。 ・シャクナゲは酸性土を好みます。鉢植えでは鹿沼土単用で、露地植えでは植え場所を高くして鹿沼土を混ぜた酸性用土に植えてください。 ・鉢植の場合は、根詰まりすると乾燥しやすくなります。根詰まりを起こさないように、毎春一回り大きい鉢への植え替えが必要です。 ・露地植えでは水はけのよい高い位置に植え、用土は鉢植と同じ鹿沼土を多用するとよくできます。 ■肥料 ・寒肥として2月頃、生育期の3月、花後の5月、そして秋に油粕の固形肥料、または緩効性肥料を与えます。 ■水やり ・春と夏は、朝と夕方にたっぷり与えてください。 ・秋、冬は土が乾いたら水を与えます。 ■剪定 花後はしぼんできたら...

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

千草園芸

3,024

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

17年10月6日入荷いたしました。 状態は季節により変化いたします。 1710a-uノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 斑入ノリウツギ 雪化粧 「ピラミッドアジサイ ライムライト」と似ています。 斑入りの美しい葉に、花は白い花が咲きます。 四季咲き性の強いアジサイですから花が終わりかけると本年枝を2/3位残して剪定すると新梢が伸びてまた花を咲かせます。肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での露地植えが出来ます。

ビバーナム ピンクビューティー 6号(j4)

千草園芸

1,620

ビバーナム ピンクビューティー 6号(j4)

※写真は見本品です。 写真は18年4月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花時の様子↓↓ヤブデマリ (分類) 、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木 (学名) Viburnum plicatum var. tomentosum (原産) 本州、四国、九州の林内の谷筋 (栽培適地) 東北地方以南 初夏に白い花をつながるように咲かせ秋は小さい赤い実をつけます。庭の脇役として、よく植栽されます。葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化も楽しめます。 (植え付け) 日当たり、または半日陰の乾燥しない場所を好みます。じけじけした停滞水の溜まる場所は好ましくありません。 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植え終えた後は支柱を3本立てて固定してください。 ピンクビューティ 薮手毬(ヤブデマリ)の園芸品種である姫薮手毬(ヒメヤブデマリ)から作出されました。 特徴は、はじめは白い花が咲き、咲き進むと花の色がピンクを帯びて美しい色になります。 樹高は1メートルから2メートルで、開花時期は5月から6月。 樹高は1メートルから2メートルで、開花時期は5月から6月。

椿(ツバキ)かぎろひ 6号

千草園芸

4,104

椿(ツバキ)かぎろひ 6号

※写真は見本品です。 写真は18年2月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺す...

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢(f13)

千草園芸

648

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢(f13)

18年1月19日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 181b 他のジンチョウゲはこちらジンチョウゲ(沈丁花) 【分類】ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Daphne odora Thumb 【原産】中国中部から雲南省、ヒマラヤにかけて 【用途】庭木等 【栽培適地】関東以南 【開花】2月~4月 【成木の高さ】約1m 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 春か秋に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて固定してください。 沈香と丁字の香りを合わせたような香りのよい花として名づけられたジンチョウゲ。中国からは室町時代に日本に入ったものとされています。 雌雄異株で、日本に導入されたものはすべて雄木で、実をつけることはありません。しかしたまに赤い実をつけるものがあるそうです。それは、この木はもともと両性花だったものが単性花へと分化したのですが、中には分化が不完全なものがあり、そのような株が結実することがあると言う説と、明治以降に導入された数少ない雌株が結実しているとする説があります。 花の色の基本花は赤(花弁ではなくガク)で外側が赤紫色で、花が開くと内面は白色です。そのほか、白花や斑入り葉などの園芸種があります。 ジンチョウゲはあまり寿命の長い木ではありませんので、大きくなると枯れるのは仕方ありません。...

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号(d11)

千草園芸

6,480

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号(d11)

※番号の商品をお送りします。 写真は17年9月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。瑠璃小町 (分類) カキ科の落葉高木 (樹高) 2~5m (収穫) 11~12月(開花5月) (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 関東地方以南 関西地方で発見された柿で、フデガキのような形をしていますが、丸みがあり、フデガキよりも実が付きやすいです。 実はフデガキと同じくらいの小型ですが、熟すと真っ赤な色になります。 熟すと甘みが増しますが、緑のうちは渋が残ります。 自家結実しますので1本で実をつけ非常に実がたくさん付く品種です。 春には下記のようなかわいらしい花を咲かせます。

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g6)

千草園芸

864

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g6)

18年2月16日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。182cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ)蝦夷錦(エゾニシキ) 6号苗(a4)

千草園芸

2,592

椿(ツバキ)蝦夷錦(エゾニシキ) 6号苗(a4)

18年1月19日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。181b-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

本柚子(ホンユズ) 6号r(c19)

千草園芸

3,240

本柚子(ホンユズ) 6号r(c19)

写真は17年8月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。178c ホンユズは常緑樹ですが、冬には多くの葉を落とします。 特に鉢植では顕著に現れますが、気温が高くなると花を 咲かせ新芽を出して元気になり、よく生育いたします。 ホンユズは露地植えでは大きくならないと実がつきにくいの ですが、鉢植では老化(木の成熟)が早く、 小さいうちからよく実をつけます。 冬になると実は落果します。 ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)本柚子(ホンユズ) (分類)ミカン科ミカン属の常緑小高木 (学名)Citrus junosSiebold ex. Tanaka (原産)中国長江上流域 (栽培適地)東北地方南部以南 ユズの中でも実が大きく、香りの良い品種です。 若くて強く伸びる枝には長いとげができるのが特徴です。 かんきつ類の中では最も寒さに強く、強い寒風にさらされると落葉しますが、 気温が高くなると正常に生長して実をつけます。 他のかんきつ類に比べて病害虫に強く無農薬栽培しやすい樹種です。 木が大きくなるとたくさん実がなります。写真は13年11月17日。大津市の自宅の木。 ■栽培方法 鉢植え/ 苗の植え付けは遥か秋に行います。 6~7号鉢に赤玉6、腐葉土3、砂1の割合で植え込みます。 表土が乾いたら、水を与えます。特に開花中の水切れは落花の原因になるので注意しましょう。 肥料は植え付け1ヶ月後と毎年春先と秋に玉肥3個ほど、鉢の周りに植え込みます。 畑植え/深さ50~60cmくらいの穴を掘り下のほうに堆肥等有機質肥料を入れ込みます。 南向きで風の強く当たらない場所が適当です。 肥料は毎年2~3月頃、乾燥鳥ふん、油粕、硫化カリ等を混ぜて溝を掘り、植えこみましょう。 接木2年苗は普通翌年から結実します。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

千草園芸

3,132

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 荷物の大きさはmサイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていき...

八重咲きコデマリ(小手毬) 6号苗(j9)

千草園芸

2,700

八重咲きコデマリ(小手毬) 6号苗(j9)

18年2月9日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。 182bコデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

屋上緑化用イワダレソウ:クラピアピンク系(S2)3号20株セット

園芸ネット プラス

12,179

屋上緑化用イワダレソウ:クラピアピンク系(S2)3号20株セット

草丈が伸びないヒメイワダレソウ屋上緑化用イワダレソウ:クラピアピンク系(S2)3号20株セット環境の保全と景観設計に優れたスーパーイワダレソウ「クラピアシリーズ」。宇都宮大学で育成され、屋上緑化に理想的な植物として話題となっています。在来種の多年生植物で、土中深くに根を張るため、土壌の流出を防ぎます。また、増殖がはやく、地表を密に覆うため、雑草の繁殖を抑えます。チクチクしないので、お子様がはだしで遊んだりできます。また、一般のヒメイワダレソウは種ができますが、この品種は種ができません。芝生のような刈り込み作業がほどんど不要です。グランドカバー植物で耐踏圧性に優れているので、運動場にも植え付けることができます。また、耐塩性が高く、アルカリ土壌(pH4.5~9.0)でも植栽できます。学名:Lippia nodiflora L. タイプ:クマツヅラ科イワダレソウ属の耐寒性宿根草原産地:日本(宇都宮大学雑草科学研究センター)草丈:2~3cm開花期:5~10月花色:ピンク植え付け適期:3~10月植え付け目安:平面 6株/平米・法面 8株/平米用途:グランドカバー日照:日なた向き栽培方法:日当りおよび水はけの悪い場所への植栽はお避けください。植え付け後は、シャワー式散水で十分に灌水(かんすい)してください。定植後、約1~2週間は活着促進のため、1日1回灌水してください。植栽後、被覆するまでの除草は適時行ってください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り、20株セットです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。写真は成長時(開花時)のイメージです。6月以降の発送は、一番花が咲いたあとの花がらがついた状態での発送となります。また、株もとがやや枯葉が目立つ状態でのお届けとなる場合が有ります。花は次々と咲いてきますので...

【花終わり】カルミア ヤンキードードル 5号(f4)

千草園芸

2,484

【花終わり】カルミア ヤンキードードル 5号(f4)

写真は見本品です。5月12にt現在、花は終ってきております。 写真は18年5月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184e-u 送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)Kalmia latifolia L 「分類」ツツジ科カルミア属の常緑低木 「原産」北アメリカ東部 「耐寒性」-5度 「開花時期」5~6月 「成木の樹高」約10m 「栽培適地」北海道南部以南 春に木いっぱいに花を咲かせるツツジ科の植物です。多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 自生地は岩や砂質用土の森林地帯で、水捌けのよい酸性土壌を好みます。 水捌けを非常に好み、露地植えのほか、鉢栽培では粗い鹿沼土を使用するとよく出来ます。 花色は本来白~ピンクですが多くの園芸品種が作られています。 1.オスボレッド「Ostbo Red」よく知られた赤色。 2.グッドリッチ「Good Rich」赤褐色。 3.アルバ「Alba」白花。 4.クレメンタインチャーチル「Clementine Churchil」赤花大輪種。 5.フスカタ「Fuscata」白地に紫褐色の輪がはいる。 6.ガーネットクラウン「Garnet Crown」濃い赤に白の輪が入る。 7.マホガニークラウン「Mahogany Croun」茶褐色に白い輪が入る。 8.ニックマック「Nipmuck」つぼみは赤いが開花時にはピンクになる。 9.オリンピックピンク「Olympic Pink」明るいピンク系の赤色。 10.ピンクチャーム「Pink Charm」美しいピンク。 11.レッドクラウン「Red Croun」白地に赤い輪が入る。 ■栽培方法 日当たりと水はけの良い場所が最適です。 庭上の場合は、植え場所を丁寧に耕し...

紫銀葉アカシア プルプレア "ダークアイ" L5号(c7)

千草園芸

2,592

紫銀葉アカシア プルプレア "ダークアイ" L5号(c7)

18年1月19日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。181b 鉢植えのままで、長期間の管理は好ましくありません。購入後は露地うえしていただくか、大きい鉢へ植え替えて管理してください。 ★「アカシア プルプレア ダークアイ」の他のサイズはこちらから!アカシア プルプレア (分類): マメ科アカシア属の常緑高木 (学名): Acacia baileyana `Purpurea' (原産): オーストラリア南東部 (開花期): 3月~4月上旬 (別名:) 紫葉アカシア、ゴールデンミモザ'プルプレア' (開花期) 2月下旬~3月 (最終樹高) 5-10m (栽培敵地) 関東地方以南 ギンヨウアカシアの紫葉で、新芽の成長している枝葉には特に顕著に現れます。 木質化していない軸も紫色になり、古い葉は粉を吹いているようにも見えます。 枝の伸びはギンヨウアカシアより遅めで、幹の太りも遅めです。同じ色の花を咲かせますが、こちらも少し少なめです。 樹形も太い幹にはなりにくいようでギンヨウアカシアより小ぶりです。 日本ではあまり一般的ではなく、銀葉アカシアのようによく見かける樹種ではありません。 この木の魅力はやはり新しい枝が紫を帯びて成長するところです。 新品種"ダークアイ"は『プルプレア』の選抜種でプルプレアより花色が濃く、紫の葉色が高温期でもあまり緑に変わらないところです。 また、新葉や軸の紫色がより濃く出て、枝が密に出安い性質のものです。

ローレル(月桂樹) ブリリアントタイム 4.5号苗 r (f12)

千草園芸

972

ローレル(月桂樹) ブリリアントタイム 4.5号苗 r (f12)

18年5月1日再入荷いたしました。 木の状態は季節により変化いたします。 184e-uローレル(月桂樹) (分類)クスノキ科ゲッケイジュ属の耐寒性常緑小高木 (学名) Laurus nobilis (別名)ローリエ、月桂樹、スウィートベイ (原産)地中海沿岸 (用途) 庭木、料理、香料、鑑賞、ティー、 (栽培敵地)東北地方中部以南 ゲッケイジュ属には世界に2種あり、地中海沿岸とカナリア諸島に各1種が分布します。日本には「L.nobilis」が明治時代に導入され、各地で栽培されています。 雄雌異株で繁殖は挿し木も出来ますが、発根に時間を要し主に種子繁殖されています。 斑入り種などの園芸品種は挿し木繁殖されるものもあります。 本来暖地に分布する木ですが、低温にも耐えるので比較的寒地でも栽培できます。 清涼感をもつすがすがしい香りで肉や魚介類などの煮込み料理、カレー、シチュー、ソース等に加え、臭みを消します。防虫、防腐、健胃、整腸作用にも効果が期待できます。 ■栽培方法 ●日当たり、風通しのよい場所を好みます。 ●また、用土は水はけのよい肥沃な土壌が適しています。 木の性質としては他の樹木とは異なり、若いうちは1本立ちですが、数年経つと株立ちになりやすいです。 また、水はけのよい場所でも根が深く伸びることは無く、地中を浅く這うように成長します。 生育旺盛なので肥料は必要です。肥料が不足すると葉の色が悪くなったり、葉が少なくなりますので、そのようなことがない様に肥料は切らさないようにします。 丈夫な樹木ですから、特別な注意はありません。 下の左は雄花、右は雌花です。 雌株には8月には下のような実ができ、9月になると黒くなります。 ■病害虫 カイガラムシが発生しやすい樹木です。発生すると樹液を吸うので木が弱るばかりでなく...

【選べる品種】ブルーベリー(5年生)7号ポット株立ち大苗

土っ子倶楽部

3,980

【選べる品種】ブルーベリー(5年生)7号ポット株立ち大苗

ブルーベリーは、コンテナや鉢植えでも育てられる家庭果樹として、ベランダガーデニングにもおすすめの果樹。その果実にはアントシアニンやポリフェノールが含まれていて、美容と健康にも効果的とされています。 大きく分けてラビットアイ系とハイブッシュ系に分類され、一般的に温かい地域ではラビットアイ系が適し、寒い地域にはハイブッシュ系が向いています。 土っ子倶楽部では、初心者でも栽培しやすい「ラビットアイ系」6品種と、 良質な食味を持つハイブッシュ系の長所をもち、温かい地域でも栽培可能な「サザンハイブッシュ系」2品種をご用意しました。 ※2018年 今夏、結実予定株です。 ※冬季 落葉します。 ・ポットづくりでコンパクトにしあげられた5年生苗です。 ・苗木の生産で有名な田主丸町のブルーベリーです。 ・実付きを良くするために、同系統を2品種以上植えることをお勧めします。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:7号(21cm)ポット ・お届け時高さ:約55~80cm(容器含む) ※高さは品種により差があります。 《育成地》福岡県 《開花》4月頃(地域差あり) 《花色》白~淡い紅 《収穫》6~8月(地域差あり) 《栽培適地》関東以西(サザンハイブッシュ系は東北南部地方以西) 《樹高・草丈》鉢植えで1.5~2m 《科名》ツツジ科 《園芸分類》落葉低木 《用途》鉢、庭 ※気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※ポットの色、形は写真とは異なることがあります。花や実などの写真はイメージです。 鉢植えの場合は10号ほどの鉢に植え替えてください。露地植えにすると大きく成長します。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹用】5リットル おすすめの植木鉢!『果樹ポット』10号鉢(30型・黒・スリット入り)...

イロハモミジ小苗 3.5号苗 (a7)r

千草園芸

594

イロハモミジ小苗 3.5号苗 (a7)r

17年9月12日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。179b 送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

椿(ツバキ)覆輪春の台(フクリンハルノウテナ) 6号苗(d9)

千草園芸

3,240

椿(ツバキ)覆輪春の台(フクリンハルノウテナ) 6号苗(d9)

※写真は見本品です。 写真は17年12月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712e-u 送料Lサイズです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

花木 庭木の苗/キンモクセイ(金木犀)6号ポット

園芸ネット プラス

1,728

花木 庭木の苗/キンモクセイ(金木犀)6号ポット

結婚や金婚式の記念樹に!縁起木 香りのよい花 生垣にも好適花木 庭木の苗/キンモクセイ(金木犀)6号ポット開花期に強い芳香を漂わせ、庭木として愛される花木です。大型の鉢植えでも栽培できます。常緑性なので生垣にも適しています。花は中国茶に入れてキンモクセイ茶としても楽しめます。縁起木として植えられることも多く、特に結婚や金婚式の記念樹として好まれます。タイプ:耐寒性常緑低木植栽適地:関東地方以南開花期:9月半ば~10月半ば樹高:3~6m植付け適期:9~10月、3~4月日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に腐葉土や堆肥を施して植え付けてください。鉢植えの場合は、樹高1mで8号(直径24cm)くらいが目安です。生垣にする場合は30cm間隔に植え付けます。剪定は開花後の10月半ば~11月はじめ、または3~4月に行います。花芽は4月から伸び始めたその年の新枝に8月頃につきますので、それ以降は枝を切らないようにしてください。つゆの頃に挿し木で殖やすことができます。まれにハダニがつくことがあり、葉の表面が白っぽく変色しますので、ハダニ専用の薬剤で駆除してください。お届けする苗は6号(直径約18cm)ポット入り、樹高約70cm~1mの苗です。樹高は多少変動することがあります。またお届け時期により虫食い穴跡などで葉がきれいでない状態の場合があります。開花は来年以降からとなります。写真は成長・開花時のイメージです。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。キンモクセイ(金木犀)6号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてキンモクセイのお茶

アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 6号苗(c8 c19)

千草園芸

2,376

アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 6号苗(c8 c19)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年5月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー6号

千草園芸

4,104

西洋椿(セイヨウツバキ)苗 ナイトライダー6号

写真は見本品です。 16年10月28日に再入荷しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。 ■ニュージーランドから導入された黒系花の椿です。強健の品種。 用途:地植え、鉢植え 開花:10月~5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11~2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができ...

寒牡丹(カンボタン) 初霜錦 6号鉢苗

千草園芸

3,780

寒牡丹(カンボタン) 初霜錦 6号鉢苗

17年11月10日に入荷しました。 地上部は落葉し、芽がついている状態です。 状態は季節によって変化します。1711b 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。牡丹(ボタン) (分類) ボタン科ボタン属の落葉中低木 (学名) Paeonia suffruticosa (原産)中国西北部 (開花期)4月下旬~5月 (成木の樹高)1~1.5m(原種で3m) (栽培敵地)北海道~九州 中国の国花としても検討された花で、豪華な花の代表格的な花です。 古くから品種改良が盛んに行われ、園芸品種が多数作られてきました。 牡丹の育て方 植え付け 日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 自然界では種で増えるのですが、園芸的にはシュクヤクの根に接木して増殖されています。 従って苗を購入されたときは多くがシュクヤクの根が地上部に見えているものです。 2年くらいは芍薬の根が生きていますが、植える場合は芍薬の根が見えない程度に土をかけて植えつけ、 ボタン自らの根が出やすくなるようにします。 根がしっかり出たら芍薬の根が腐るのが理想的です。 施肥 春に冬芽を成長させて延びきったら先にすぐに花を咲かせるものです。 冬~早春までに十分な肥料を与えておきます。 また、鉢植えでは春の生育期には2回くらいの追肥を行い、肥料切れを起こさないようにします。 そして花後には種を作らせないように花柄をカットしておきます。 夏には休眠するので夏までの葉のある短い期間に十分肥培しておくことが翌年も花を咲かせる上で大切な仕事です。 夏に葉が枯れてきたらカットしてもよいでしょう。 植え替え 露地植えでは数年たつと土壌が硬く締まってしまうことがあります。 落ち葉や雑草に覆われていない土壌のむき出しになった場所でよく見られる現象です...

寒牡丹(カンボタン) 錦王 6号鉢苗

千草園芸

3,780

寒牡丹(カンボタン) 錦王 6号鉢苗

17年11月10日に入荷しました。 地上部は落葉し、芽がついている状態です。 状態は季節によって変化します。1711b 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。牡丹(ボタン) (分類) ボタン科ボタン属の落葉中低木 (学名) Paeonia suffruticosa (原産)中国西北部 (開花期)4月下旬~5月 (成木の樹高)1~1.5m(原種で3m) (栽培敵地)北海道~九州 中国の国花としても検討された花で、豪華な花の代表格的な花です。 古くから品種改良が盛んに行われ、園芸品種が多数作られてきました。 牡丹の育て方 植え付け 日当たりがよく、水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 自然界では種で増えるのですが、園芸的にはシュクヤクの根に接木して増殖されています。 従って苗を購入されたときは多くがシュクヤクの根が地上部に見えているものです。 2年くらいは芍薬の根が生きていますが、植える場合は芍薬の根が見えない程度に土をかけて植えつけ、 ボタン自らの根が出やすくなるようにします。 根がしっかり出たら芍薬の根が腐るのが理想的です。 施肥 春に冬芽を成長させて延びきったら先にすぐに花を咲かせるものです。 冬~早春までに十分な肥料を与えておきます。 また、鉢植えでは春の生育期には2回くらいの追肥を行い、肥料切れを起こさないようにします。 そして花後には種を作らせないように花柄をカットしておきます。 夏には休眠するので夏までの葉のある短い期間に十分肥培しておくことが翌年も花を咲かせる上で大切な仕事です。 夏に葉が枯れてきたらカットしてもよいでしょう。 植え替え 露地植えでは数年たつと土壌が硬く締まってしまうことがあります。 落ち葉や雑草に覆われていない土壌のむき出しになった場所でよく見られる現象です...

花木 庭木の苗/イタリアンルスカス(ナギイカダの仲間)5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

11,442

花木 庭木の苗/イタリアンルスカス(ナギイカダの仲間)5号ポット6株セット

オレンジ色の実がきれいな常緑低木花木 庭木の苗/イタリアンルスカス(ナギイカダの仲間)5号ポット6株セット 濃い緑葉に赤い実がつき、可憐でおしゃれな低木です。グランドカバーや列植えに適しています。通常のナギイカダは雌雄異株ですが、本種は雌雄同株なので、1株で実成りします。一年中実がなりますが、ピークは晩秋~初冬にかけてで、朱赤に熟した小さい実がつきます。耐寒性・耐暑性が強く、育てやすい品種です。タイプ:ユリ科の耐寒性常緑低木植えつけ適期:秋~春樹高:50cm~70cm用途:鉢植え、庭植え日照:日なたを好む栽培方法:背丈が低いので刈り込みの必要はありませんが、伸びすぎた枝は切り詰め、古枝は取り除いてください。株分けによって増殖させることができます。お届けする苗は5号(直径18cm)ポット入り、樹高約30~40cmの苗です。樹高は多少前後することがあります。また管理上の剪定を行っている場合があります。お届け時期により実がない状態となります。また、春先など葉に一部傷みがみられる場合もございますのでご了承ください。写真は結実時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 イタリアンルスカス(ナギイカダの仲間)5号ポット6株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について

アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 6号苗 e5

千草園芸

3,564

アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 6号苗 e5

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 下の写真は18年4月27日。木の状態は季節により変化いたします。184d こちらの品種は特に秋色になりやすい品種です。 ↓秋色の写真。↓ 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします...

サンゴミズキ(コルヌスアルバ):黒宝サンゴミズキ(ケッセルリンギー)6号ポット ノーブランド品

Amazon

1,868

サンゴミズキ(コルヌスアルバ):黒宝サンゴミズキ(ケッセルリンギー)6号ポット ノーブランド品

ケッセルリンギーは黒褐色の枝と黒紫色の葉がシックで美しいサンゴミズキの品種です。5月に白い房状の花を咲かせ、夏にはアズキ大の白い実をつけます。庭植え、鉢植えなど幅広く利用できます。洋風のアレンジも向きますのでテラコッタにも映え、切り花にも向いています。学名:Cornusalba`kesselringii'タイプ:ミズキ科の耐寒性落葉低木樹形:直立性樹高:2~3m開花期:晩春~初夏用途:庭植え、鉢植え日照:日向~半日陰向き栽培方法成長が早く、とりたてて土質を選びません。なるべく日当たりの良い場所に植えます。樹姿を整えるため、花後に剪定します。春遅く、堆肥などの有機肥料を株元に施します。その年に伸びた枝が黒くなってきますが、根元の方はある程度大きくなっても赤色が残ります。お届けする苗は6号ポット入り、樹高約60~70cmです。樹高は多少変動することがあります。夏季のお届け時は葉色が異なる場合があります。またお届け時期により葉がきれいでない状態の場合があります。冬季は落葉の状態でのお届けです。写真は成長時のイメージです。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。

【大株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

千草園芸

3,240

【大株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月21日更新 178c) ※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

【実なし】一才柚子(イッサイユズ)6号 r(c19)

千草園芸

3,240

【実なし】一才柚子(イッサイユズ)6号 r(c19)

16年8月19日入荷。季節によって状態は変化します。168b ユズやレモンなどのかんきつ類は冬になると耐寒性を増すために保持する水分量を少なくします。そのために葉のつやが無くなり、しおれているように見えることもあります。鉢植えの場合は特に顕著に現れます。春になって気温が高くなると元通り元気なつやのある葉になります。一才ユズ 分類: ミカン科ミカン属ユズ類の常緑低木 学名: Citrus hanayu Hort.ex Shirai 原産: 中国の揚子江上流別名: 開花期: 3~5月 収穫期: 10~11月樹高: 2~3m 栽培敵地: 関東地方~九州。(最低温度は0℃) さわやかな香りと酸味をもつ柑橘。ビタミンCがいっぱいフルーツです。 ハナユズは柑橘類の中では比較的寒さに強く、東北地方以南で栽培できます。同じような香りのある酸柑橘にはユズやスダチ、カボスなどがあります。 ■栽培方法 鉢植え/ 苗の植え付けは遥か秋に行います。 6~7号鉢に赤玉6、腐葉土3、砂1の割合で植え込みます。 表土が乾いたら、水を与えます。特に開花中の水切れは落花の原因になるので注意しましょう。 肥料は植え付け1ヶ月後と毎年春先と秋に玉肥3個ほど、鉢の周りに植え込みます。 畑植え/深さ50~60cmくらいの穴を掘り下のほうに堆肥等有機質肥料を入れ込みます。 南向きで風の強く当たらない場所が適当です。 肥料は毎年2~3月頃、乾燥鳥ふん、油粕、硫化カリ等を混ぜて溝を掘り、植えこみましょう。 接木2年苗は普通翌年から結実します。 結実した実は6月下旬から7月上旬に摘果を行います。摘果とは葉5枚あたり1果を残し、小果や傷んだ実、重なりあう実などを摘み取る作業です。 収穫は8月下旬からでき緑色の果実を収穫します。 普通黄色くなるのを待たずに、緑のうちに行い...

スポンサーリンク
スポンサーリンク