メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アマリリス育て方」検索結果。

アマリリス育て方の商品検索結果全1件中1~1件目

こちらの関連商品はいかがですか?

グリフィニア 'シュプリーム' 3.5号 1株【Griffinia 'Spureme'】【ポットサイズ:3.5号 硬質スリット鉢】【球根植物】【発芽球】【ヒガンバナ科】【ミニブルーアマリリス】...

ozaki-flowerpark Style E

2,300

グリフィニア 'シュプリーム' 3.5号 1株【Griffinia 'Spureme'】【ポットサイズ:3.5号 硬質スリット鉢】【球根植物】【発芽球】【ヒガンバナ科】【ミニブルーアマリリス】...

グリフィニア 'シュプリーム' 3.5号 □ Griffinia 'Spureme' ■ 特徴・性質: 南米原産のグリフィニアの園芸種。 気温が高ければ時期を問わず花を上げる。 青く小さなアマリリスに似た花がさき ミニブルーアマリリスとも呼ばれている。 葉に入る斑模様も面白い。 ■ 管理について 直射日は葉が焼けてしまう場合があるので 木陰や遮光し屋外で栽培する。 寒さにはあまり耐性がないので鉢植えで管理し 温度が下がれば屋内に移動させた方が良い。 肥料は生長中であれば2ヶ月から3カ月に一度 緩効性肥料を適量与える。 ■ その他 注意・ポイント 植替えは2〜3年に1度、水はけの良い用土を使用する。 排水性・通気性の高い多肉植物の土をベースに使っても良い。 ■ 下記注意事項必読・了解の上ご購入ください。 [1] ご使用のモニターの設定状況により、実物の色味と異なる場合があります。 [2] 全体の風合いを生かす為、枯れ葉や花がらを残しているケースがあります。 [3] 返品・交換についてはコチラ。 画像・テキスト転用禁止 〔 Photographic images , text reproduction prohibited . If you download and execute the legal action 〕

大平丸 交配種 接ぎ木株※現在台木は本体と同化しています【Echinocactus horizonthalonius Hyb】【鉢サイズ:4.5号】【鉢底からH20m前後】【サボテン】【カクタス】...

ozaki-flowerpark Style E

9,000

大平丸 交配種 接ぎ木株※現在台木は本体と同化しています【Echinocactus horizonthalonius Hyb】【鉢サイズ:4.5号】【鉢底からH20m前後】【サボテン】【カクタス】...

大平丸 交配種 接ぎ木株 □ Echinocactus horizonthalonius Hyb ※現在台木は本体と同化しています ■ 特徴・性質: 玄人好みの品種。 古くからサボテン愛好家に親しまれている。 価値ある品種・個体のため接木で栽培されていた。 長い年月と共に台木と同化し接木株特有の 趣のある強いトゲが残る貫禄ある姿の逸品。 ※画像の通り表面に傷、日焼けの跡があります ※トゲに引っかからぬよう開梱時ご注意ください ■ 管理について 年間を通して直射日光の長時間当たる場所で管理する。 夏は念のため若干の適度に遮光を施した方が無難。 株が蒸れないよう風通しは大変重要。 春と秋の成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やり。 目安として週に1回程度与えても良い。 真夏と真冬は様子を見ながら回数を減らす。 植え替えは可能であれば年に1回、根が動き出す4月以降。 植替え時に元肥を入れてやる。 排水性・通気性の高い多肉植物の土がお勧め。 ■ その他 注意・ポイント 根腐れに注意。 通気のよい場所で管理する。 冬季の潅水は気温の高い日の日中に。 ■ 下記注意事項必読・了解の上ご購入ください。 [1] ご使用のモニターの設定状況により、実物の色味と異なる場合があります。 [2] 全体の風合いを生かす為、枯れ葉や花がらを残しているケースがあります。 [3] 返品・交換についてはコチラ。 画像・テキスト転用禁止 〔 Photographic images , text reproduction prohibited . If you download and execute the legal action 〕

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

南アフリカ原産のAmaryllis belladonnaとCrinum mooreiとの属間交雑種です。両親ともに甘い芳香があり、本種も素晴らしい香りです。株姿の美しい、秋咲き品種のため、お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです! 学名 × Amarcrinum howardii 原産地 南アフリカ 花期 9〜10月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカのF. Howard氏によって1920年代に作出された品種です。両親の良い点を受け継ぎ、花もちが良く、素晴らしい芳香もあります。更に鮮やかなアップルグリーンの葉は美しく、太く頑丈な茎の印象を和らげてくれます。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態...

オリジナル品種!アマリリス ‘サーモン タエニア’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

オリジナル品種!アマリリス ‘サーモン タエニア’ 球根 1球

H. papilioの血を受け継ぐ‘サーモン タエニア'。とても味わい深い花色です。 学名 Hippeastrum cv.‘Salmon Taenia' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 10〜15cm 1茎に付く輪数 4輪 草丈 50〜60cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の11月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。冬期も水やりを続けてください。 ・6月頃から断水し、株を休眠させます。11月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。休眠に向けて葉が黄変したり萎れてきたら、葉を株元から切り取ります。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

千草園芸

432

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

10月中旬以降5月ころまでは下のようにポット植えした状態でお届けします。 通常は球根の状態でお送りさせていただいております。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

ホワイトニンニク球根 1球

庄内米産直店 土門商店

626

ホワイトニンニク球根 1球

■予めご予約ください。 発送期間:8月15日〜完売となりしだい終了 入荷ごとに配送となる為、配達日指定のご希望に 添えない場合がございます。 配達日指定は極力ご遠慮いただきますようにお願 い申し上げます ■米(20kg以下)と一緒に発送可能 「楽天シニア市場」 種 家庭菜園 ホワイトにんにく球根 通販 販売 たねいも 国内産 国産ホワイトニンニク球根ビタミン・ミネラルが多く、滋養強壮野菜とした広く知られています。耐寒性に強く、貯蔵性もあり作りやすい良質な国内産球根です。数量に限りがございますので、ご予約はお早めにお願いいたします。 1球以上のご注文はバラ詰めでまとめたお届けとなりますので予めご了承ください。 暖地では9月中旬から下旬頃、冷涼地では9月中旬頃が植え込みに適します。地面から3〜5cmを目安にし植え込むが、冷涼地での植え込みはやや深めにうえつける事をおすすめいたします。収穫は葉先が2/3くらい枯れた頃を目処にし、貯蔵よくするために晴天を見計らって収穫してください。 販売開始(8月15日以降)は品薄となってまいりますので注文が重なり合うことによりご希望の数量が準備できない場合もございます。在庫管理の表示がなされていてもご注文の後、在庫情報をお知らせし発送準備となります。尚、ご予約期間中であっても完売となりしだい終了とさせていただきます。種苗の為、ご理解の程よろしくお願いいたします。 種苗は到着と同時に開封し確認した上で、新鮮なうちに植え込みしてください。輸送途中の破損は、お買い上げ代金内の補償とさせていただきます。尚、種苗はお客様の都合による交換・返品はお受けできません。 ニンニク植え込み黒マルチイメージ ニンニク収穫 <ニンニク黒マルチ栽培の利点> 黒マルチなしでも栽培は可能ですが、黒マルチを張って1球の球根を6片にわけて1...

芳香あり!アマルクリナム‘ドロシー ハンニバル’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム‘ドロシー ハンニバル’球根 1球

性質強靭で育てやすく、花は秋咲きで芳香あり!お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです。 学名 × Amarcrinum ‘Dorothy Hannibal' 原産地 南アフリカ 花期 9〜10月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカ・カリフォルニアの球根界の大御所、故 L.S.Hannibal氏が1952年に作出した品種です。40年ほど前に日本に導入された最初の1球の子孫です。当時のハンニバル氏の話では、ガロンポットで育てることの出来るアマクリナムを作出し、娘の名前を取ってドロシーと名付けたと言って1球贈ってくれました。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。お手元に届きましたら...

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

クリナム原種 ポーエリー アルバ 球根 1球

1球からこれだけたくさんの純白の花を咲かせます。 学名 Crinum powellii alba 原産地 インド 花期 6〜8月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 性質強靭で耐寒性も他のクリナム同様に備わっています。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出るように浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温のハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理してください。

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

千草園芸

4,104

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 127cヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

国産ニンニクの種 にんにく 1kg(充填時)【安心】【2017年予約受付中】

バラ苗・野菜苗・さいじょう緑花

3,240

国産ニンニクの種 にんにく 1kg(充填時)【安心】【2017年予約受付中】

※予約商品です。ニンニク、ラッキョウ、ホシネギは同時予約可能です。お届けは例年8月から9月ごろですが、入荷次第発送いたします。 にんにくの特徴 定番のロングセラー商品です。 独特な臭味と辛味があり、強壮剤としても利用され、スタミナ野菜として価値の大きい野菜です。 収穫後2‐3日乾燥させ、風通しの良い場所に吊るしておくと年管利用できます。にんにくの育て方 ニンニク (ユリ科) 植付け・9月中旬‐10月上旬 収穫・翌5月中旬‐6月下旬 ポイント 寒さに弱いので北風を避ける。 連作できる。 植付け ニンニクをリン片を一枚(一片)ずつ離して、皮ごと3-5cmの深さに芽が上になるように植える。 8cm間隔で植え水遣りを十分にする。 手入れ 発芽後、10ほどになるとわき芽がでてくるので、早めに切り取り1本立ちに育てる事。 厳寒期には地上部は枯れるが翌春には芽を出すので抜かないようにしましょう。 春とう立ちするので、蕾が葉の先端より伸びた頃に摘み取る。 収穫 地上部の葉が枯れてくるのをまち、その後株を堀り上げ収穫します。 その後乾燥して保存・使用します。 茎ニンニク 葉ニンニク 茎ニンニクは柔らかい茎を利用し、葉ニンニクは若い葉を利用する事。 ※写真はイメージです。

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

芳香あり! 南アフリカ原産の珍品!クリナム・ブーファノイデス実生5年生球根 1球

細い花弁がとてもユニークで見応えがあります。 学名 Crinum buphanoides 原産地 南アフリカ北部 夏雨地区 花期 夏 草丈 60〜90cm 耐寒性 中(5℃まで) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 本種は南アフリカ北部原産で、夏場は沼地となり、冬は乾燥するような環境に自生しています。 学名でわかるように、葉はブーファンに形状が似ており、幅広で硬い葉は白い粉を纏い、激しく波打ちます。花序は傘形になり、小花はシャープな星形です。花弁は淡い桃色で幅の狭いリボンのようです。花には良い香りがあります。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。室内か、温度が5℃以下にならないハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 耐寒性が5℃程度までですので、露地植えはお勧めしません。室内での栽培には適しています。 発送状態 1球をお送り致します(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

8,100

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

見応えあり! クリナム・クヌレアナム 球根 1球

このボリューム!!夏の庭の主役になること間違いなし! 学名 Crinum qunuleanum 原産地 南アフリカ 花期 6〜8月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など 花は白色にピンクのストライプが入り、大変美しいです。 庭植えや7号鉢以上の大鉢植えにすると、ボリューム感が出ます。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします(下の写真は、お送りする球根のイメージです)。お手元に届きましたら、暖かくなる4月以降に植え付けを行ってください。冬期に届いた場合は室内や、凍結や寒風の心配のない屋外で管理します。

国産ニンニクの種 300g(充填時)にんにく【安心】【2017年予約受付中】

バラ苗・野菜苗・さいじょう緑花

1,200

国産ニンニクの種 300g(充填時)にんにく【安心】【2017年予約受付中】

※予約商品です。ニンニク、ラッキョウ、ホシネギは同時予約可能です。お届けは例年8月から9月ごろですが、入荷次第発送いたします。 にんにくの特徴 定番のロングセラー商品です。 独特な臭味と辛味があり、強壮剤としても利用され、スタミナ野菜として価値の大きい野菜です。 収穫後2‐3日乾燥させ、風通しの良い場所に吊るしておくと年管利用できます。にんにくの育て方 ニンニク (ユリ科) 植付け・9月中旬‐10月上旬 収穫・翌5月中旬‐6月下旬 ポイント 寒さに弱いので北風を避ける。 連作できる。 植付け ニンニクをリン片を一枚(一片)ずつ離して、皮ごと3-5cmの深さに芽が上になるように植える。 8cm間隔で植え水遣りを十分にする。 手入れ 発芽後、10ほどになるとわき芽がでてくるので、早めに切り取り1本立ちに育てる事。 厳寒期には地上部は枯れるが翌春には芽を出すので抜かないようにしましょう。 春とう立ちするので、蕾が葉の先端より伸びた頃に摘み取る。 収穫 地上部の葉が枯れてくるのをまち、その後株を堀り上げ収穫します。 その後乾燥して保存・使用します。 茎ニンニク 葉ニンニク 茎ニンニクは柔らかい茎を利用し、葉ニンニクは若い葉を利用する事。 ※写真はイメージです。

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,500

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

ゴールドオレンジの大ぶりな花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は−5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.‘Dairoku’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

原産地の中米では樹木などに着生して育ち、蝶や鳥を誘う蜜を出します。秋咲き、芳香性です。種から育てました。変異種が咲く事もあり、楽しめます。 学名 Hippeastrum calyptratum 原産地 中南米 花期 10〜11月(秋咲き) 草丈 60〜80cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 有名な秋咲きのグリーンアマリリスです。春植え種とは違い、秋から翌年6月ごろまでが生育期になります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ...

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

深いローズピンクの花弁、花茎はやや短く、コンパクトに咲きます。 学名 Lycoris cv.‘Enrai’ 原産地 日本・中国など 花期 8月 草丈 30〜40cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら...

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

別名‘真夏のクリスマス’。咲き始めは純白の花弁、咲き進むとほんのりとアプリコットに色づきます。 学名 Lycoris houdyshelii 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

幅の広い花弁、大輪系で見事に咲き誇ります。花色はクリアなレモンイエローから、咲き進むとアイボリーホワイトへ変化します。 学名 Lycoris cv.‘Mangetsu’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。当園の種はコールドハウス内で冬でも常緑を保ちます。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii alba 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

南アフリカ原産の小球根!ヘッセア・ゼイヘリ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

南アフリカ原産の小球根!ヘッセア・ゼイヘリ 球根 1球

ネリネを小型にしたような、とても愛らしい花姿です。小花の数は50輪ほどにもなり、一面に咲き並ぶ姿はとても微笑ましいです。 学名 Hessea zeyheri 原産地 南アフリカ 花期 10〜11月 草丈 15〜25cm 耐寒性 中(5℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ヘッセア・ゼイヘリの育て方は、ほぼネリネに準じます。 赤玉土や鹿沼土などを主とした、水はけの良い土を用い、球根の首が土の上に少し出るようにして植え付けます。 球根の植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に1〜2回程度行い、乾燥気味に管理 します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、5℃以上の場所で管理しましょう。翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らし、6月には水やりを止めます。 発送状態 球根1球をお送りします(下の写真はお送りする球根のイメージです)。

アリウム シクラム 1球植えポット苗2個

千草園芸

410

アリウム シクラム 1球植えポット苗2個

生産地 長野県 植える場所 日当たりと水はけが良いところ 土と肥料 特に土質は選びませんが、砂地や重い粘土質は避ける。あらかじめ配合肥料やピートモス、苦土石灰などをすき込んでおきます。 植え方 深さ5cmくらい。間隔20cm〜30cm。鉢植えならばできるだけ6号以上の丈深い鉢で。 開花期 4〜6月 育て方のポイント 葉の色が薄いようなら追肥をします。水遣りは表土が乾いたらたっぷりと与えてください。 お届けする商品 写真は見本品です。 苦土石灰 山野草の土12L 有機配合肥料 1kg ※「専門用土12L1袋(3L4袋)」や「肥料500g4袋」及び「5号サイズの苗約2個」程度は、同じ送料で同梱できます。 (九州〜東北まではヤマト以外で648円です。)アリウム 【分類】 ユリ(ネギ)科の球根植物 【学名】 Allium 【原産地】 ヨーロッパ アジア 北アメリカ 北アフリカ 【樹高】 0.2〜1.2m 【開花期】 4〜7月 一般には秋植え球根植物として扱われ花壇や切り花にして利用されます。 春に芽を出し、初夏に丸い葱坊主のような花を咲かせ、夏には枯れて春まで休眠します。。 品種は大型のものと小型のものに分けられ、花色は赤紫、白、ピンク、黄色などがあります。 大型種は中央アジア産の「ギガンチューム」がよく知られ、6月〜7月に花茎を1m前後のばして大形の花を咲かせます。 アリウムの育て方 日当たりと肥沃で水はけの良い場所を好みます。 球根は秋に植えますが耐寒性は強いため特に防寒対策を行う必要はありません。 酸性の土壌を嫌いますので石灰を混ぜ込んで酸性土壌は中和してから植えつけます。 球根は数年は植えっぱなしでも良いのですが、過湿になると球根が腐るので過湿にはしないようにします。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク