メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アジサイ 肥料」検索結果。

アジサイ 肥料の商品検索結果全106件中1~60件目

アナベル【アジサイ】5号鉢 美しい純白のアジサイです★耐寒性が強く、強健なので育てやすい品種です!アナベル【あじさい】5号鉢

ファーム フローラル

1,707

アナベル【アジサイ】5号鉢 美しい純白のアジサイです★耐寒性が強く、強健なので育てやすい品種です!アナベル【あじさい】5号鉢

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

■山アジサイ■瀬戸のほほえみ(トサノホホエミ)3号ポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

398

■山アジサイ■瀬戸のほほえみ(トサノホホエミ)3号ポット

日本古来のヤマアジサイ。繊細な姿で愛らしい雰囲気を放ちます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20110401][20120128] ■ 形状・サイズ他 9cmポット ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *時期により葉っぱがついていない状態の場合がございます。あらかじめご了承ください。 *肥料、土により花の色が変わります。ラベルの花色と実際の花色は生育環境により変わります。 日本の山に自生するアジサイ。アジサイに比べて小さいものが多く、変化に富んでいることが特徴です。細い枝が沢山出て、せん定をあまり必要としません。コンパクトなので狭いスペースにも。盆栽にもおすすめです。落葉樹の下に植えてシェードプランツとしていかがでしょうか? 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 ユキノシタ科の落葉低木 花時期は5~7月 草丈100~200cm 耐寒温度約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は特選花の培養土などのお花用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土や黒土、たい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2~3cm下になるように植えるとよいでしょう。 この時肥料も与えておきましょう。根が伸びてから吸収できるように、根から離して施してください。 水をたっぷり与えて植えつけは完了です...

■山アジサイ■屋久島甘茶(ヤクシマアマチャ)3号ポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

418

■山アジサイ■屋久島甘茶(ヤクシマアマチャ)3号ポット

日本古来のヤマアジサイ。繊細な姿で愛らしい雰囲気を放ちます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20110401][20120128] ■ 形状・サイズ他 9cmポット ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *時期により葉っぱがついていない状態の場合がございます。あらかじめご了承ください。 *肥料、土により花の色が変わります。ラベルの花色と実際の花色は生育環境により変わります。 日本の山に自生するアジサイ。アジサイに比べて小さいものが多く、変化に富んでいることが特徴です。細い枝が沢山出て、せん定をあまり必要としません。コンパクトなので狭いスペースにも。盆栽にもおすすめです。落葉樹の下に植えてシェードプランツとしていかがでしょうか? 屋久島甘茶は屋久島原産のヤマアジサイ。白から淡い青へ色づく品種。花型の整った綺麗な一品です。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 ユキノシタ科の落葉低木 花時期は5~7月 草丈100~200cm 耐寒温度約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は特選花の培養土などのお花用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土や黒土、たい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2~3cm下になるように植えるとよいでしょう。 この時肥料も与えておきましょう...

■山アジサイ■九重山(ココノエヤマ)3号ポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

398

■山アジサイ■九重山(ココノエヤマ)3号ポット

日本古来のヤマアジサイ。繊細な姿で愛らしい雰囲気を放ちます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20110118][20120128] ■ 形状・サイズ他 9cmポット ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *時期により葉っぱがついていない状態の場合がございます。あらかじめご了承ください。 *肥料、土により花の色が変わります。ラベルの花色と実際の花色は生育環境により変わります。 日本の山に自生するアジサイ。アジサイに比べて小さいものが多く、変化に富んでいることが特徴です。細い枝が沢山出て、せん定をあまり必要としません。コンパクトなので狭いスペースにも。盆栽にもおすすめです。落葉樹の下に植えてシェードプランツとしていかがでしょうか? 九重山は葉に黄色の斑がちりばめられた品種。お花のない季節もカラーリーフとして楽しめます。淡い水色のお花がやさしくガーデンを彩ります。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 ユキノシタ科の落葉低木 花時期は5~7月 草丈100~200cm 耐寒温度約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は特選花の培養土などのお花用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土や黒土、たい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2~3cm下になるように植えるとよいでしょう...

がくあじさい高さ40cm

とろばと

886

がくあじさい高さ40cm

高さ40cm POT径15cm ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本原産ので、多くのアジサイの母種ガクアジサイは、中央の小さな花のまわりに 咲く装飾花がまるで額縁のように見えることから、その名で呼ばれています。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部~沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月~3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3~4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 【病害虫】 まれに炭そ病や輪班病が発生します。

送料無料
[送料無料]ツルアジサイ3~3.5号ポット 24株セット

園芸ネット プラス

12,233

[送料無料]ツルアジサイ3~3.5号ポット 24株セット

日本の山野に自生するアジサイの1種ですが、ヨーロッパに渡って庭木としてたいへん人気になりました。初夏に枝先に白色の装飾花で縁取られたレース状の繊細な花を咲かせ、しっとりとした雰囲気を作り出します。幹と枝から多くの気根を出して岩や木を這い登ることができます。壁面、パーゴラ、トレリス向きです。タイプ:ユキノシタ科アジサイ属落葉つる性木本栽培適地:日本全国草丈:15m開花期:6~7月日照:日向・半日陰むき栽培方法:湿潤な肥沃な土壌に向きます。空中湿度が高いと生育が良くなります。幹や枝から気根を出して壁面や岩、木を這い登っていきます。トレリスや壁面に這わすか、鉢植えの場合は支柱を立ててください。日当たりを好み、半日陰では花つきが悪くなります。花芽は10月ころに枝の先端に分化しますので、剪定は花後の8月中旬頃までに行ってください。耐寒性は強いですが、気根で登れるようになるまでは防寒してください。8~9月と12~2月に根元に緩効性肥料を施します。挿し木により増殖することができます。病虫害は特にありません。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り12株セットです。写真は成長時(開花時)のイメージです。冬季、枝のみの状態でのお届けとなることがございます。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 [送料無料]ツルアジサイ3~3.5号ポット 24株セットの栽培ガイドつる性植物の選び方アジサイの花色調整

【あじさい苗】アジサイ 千代女(チヨジョ) 4号苗

千草園芸

1,512

【あじさい苗】アジサイ 千代女(チヨジョ) 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年5月31日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176a 冬は落葉します。 花の色は、土の酸度によってピンク~青・紫色に変化します。 ※品種によっては色の個性がでます。(赤系品種なら、青色が紫がかる場合も) ※白色品種はほぼ影響は受けません (ほんのりと出る場合はあります) 専用肥料【同梱可能】 agisaiアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

草花の苗/ツルアジサイ(蔓紫陽花)3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

1,175

草花の苗/ツルアジサイ(蔓紫陽花)3号ポット2株セット

日本の山野に自生するアジサイの1種ですが、ヨーロッパに渡って庭木としてたいへん人気になりました。初夏に枝先に白色の装飾花で縁取られたレース状の繊細な花を咲かせ、しっとりとした雰囲気を作り出します。幹と枝から多くの気根を出して岩や木を這い登ることができます。壁面、パーゴラ、トレリス向きです。タイプ:ユキノシタ科アジサイ属落葉つる性木本栽培適地:日本全国草丈:15m開花期:6~7月日照:日向・半日陰むき栽培方法:湿潤な肥沃な土壌に向きます。空中湿度が高いと生育が良くなります。幹や枝から気根を出して壁面や岩、木を這い登っていきます。トレリスや壁面に這わすか、鉢植えの場合は支柱を立ててください。日当たりを好み、半日陰では花つきが悪くなります。花芽は10月ころに枝の先端に分化しますので、剪定は花後の8月中旬頃までに行ってください。耐寒性は強いですが、気根で登れるようになるまでは防寒してください。8~9月と12~2月に根元に緩効性肥料を施します。挿し木により増殖することができます。病虫害は特にありません。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り、2株セットです。写真は成長時(開花時)のイメージです。冬季、枝のみの状態でのお届けとなることがございます。ツルアジサイ(蔓紫陽花)3号ポット2株セットの栽培ガイドつる性植物の選び方苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整

送料無料
【1年間枯れ保証】【つる性】ツルアジサイ 0.2m 15本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【つる性】ツルアジサイ 0.2m 15本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらツルアジサイ 商品一覧0.2m800円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【ツルアジサイ】読み:つるあじさい学名: Hydrangea petiolarisユキノシタ科アジサイ属落葉つる性高木【商品情報】ツルアジサイはつる性の落葉品種です。吸着により成長します。山林の高木や岩に気根で吸着します。非常に大きく伸びます。初夏に白色の花が集まって咲きます。乾燥をと暑さを嫌います。冬場は落葉します。放任していても形状に合わせて形を整えます。【育て方】肥沃で適湿な場所を好みます。乾燥と暑さを嫌うため植え付け場所には考慮が必要です。効率よくカバーする場合は誘引してあげるほうが良いでしょう。定期的に肥料を与えましょう。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=つる最終樹高=~m施肥時期=2~3月剪定時期=12月開花時期=5~7月果実=無し用途=花が咲く木、壁面緑化【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=斜面=茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2[壁面緑化]登はん 吸着=@登はん 後に吸着下垂=登はん 巻きつき=下垂=懸崖(断崖を越え空中)=植付目安 1~3鉢/1m【その他】ツルアジサイは花が美しい品種です。モルタルの壁も容易にのぼる登はん性があります。痩せ地を嫌うため肥料を切らさないようにします。

花木 庭木の苗/タマアジサイ:八重額3.5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

花木 庭木の苗/タマアジサイ:八重額3.5号ポット

清楚な花を株いっぱいに咲かせるタマアジサイ。蕾が球状になることからこの名前があります。ホンアジサイよりも耐寒性が強く、北海道南部以南で露地植えできます。また、鉢栽培も可能です。花房の中央部に両性花、周辺部に装飾花が額状につき、ガクアジサイのような花になります。大気汚染にも強く、成長力があり管理しやすい品種です。半日陰でも日当たりのよい場所でも育ちますが、あまり暗い場所では花つきがわるくなりますのでご注意ください。タイプ:アジサイ科(ユキノシタ科)の耐寒性落葉低木樹高:1~2m開花期:7月日照:日向または半日陰栽培方法:水はけのよい場所なら用土はあまり選びません。十分に水をやり、水を切らさないようにしてください。肥料は春と秋に与えます。剪定は花後すぐの7月~8月の間にします。挿し木でふやすことができます。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。 タマアジサイ:八重額3.5号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)有松(アリマツ)7号苗【17年入荷株】

千草園芸

4,860

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)有松(アリマツ)7号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は17年6月7日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176b-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ 三河千鳥 学名・Hydrangea'Mikawa-chidori' 装飾花は無く、両性化のガク片が大きくなった花で、咲き進むとガク片が垂れ下がり千鳥を連想させることから名づけられました。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク