メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アジサイ 肥料」検索結果。

アジサイ 肥料の商品検索結果全235件中1~60件目

赤アジサイの土5リットル入りと赤花専用アジサイ アルカリ肥料400gのセット

園芸ネット プラス

1,100

赤アジサイの土5リットル入りと赤花専用アジサイ アルカリ肥料400gのセット

赤アジサイ専用の土と肥料のお買い得セットです。セット内容:・赤アジサイの土 5リットル入り × 1・赤花専用アジサイ アルカリ肥料400g (5-12-5-8) × 1○赤アジサイの土 5リットル入り赤(ピンク)アジサイの栽培に最適なpH6.5前後に調整し、赤やピンクが美しく発色するようにアルミニウムが含まれない原料で製造しました。赤やピンクの発色を助ける有機原肥が入っています。原材料:ピートモス、クリプトモス、パーライト等容量:5リットル○赤花専用アジサイ アルカリ肥料400g (5-12-5-8)赤花系のアジサイの発色をよくする、アルカリ成分強化配合のアジサイ専用肥料です。赤花系日本アジサイ「ベニガク」「八重せつかアジサイ」、赤花系洋種アジサイ「アルペングリューヘン」「プリマ」などを、赤色を鮮やかに美しく咲かせます。赤色を増すアルカリ成分とアジサイの成育・開花に必要な養分を豊富に配合しておりますので、色鮮やかなアジサイ作りが手軽にできます。分量の目安:7号鉢当り約20g 地植え1平米当り約60g1箱400g入り 赤アジサイの土5リットル入りと赤花専用アジサイ アルカリ肥料400gのセットの栽培ガイド鉢に入る土の容量アジサイの花色調整

青アジサイの土5リットル入りと青花専用アジサイ肥料400gのセット

園芸ネット プラス

1,100

青アジサイの土5リットル入りと青花専用アジサイ肥料400gのセット

青アジサイ専用の土と肥料のお買い得セットです。セット内容:・青アジサイの土 5リットル入り× 1・青花専用アジサイ肥料 400g (6-8-5) × 1○青アジサイの土 5リットル入り青(白)アジサイの栽培に最適なpH5.5前後に調整し、青色が美しく発色するようにアルミニウムが多く含まれる原料で製造しました。青色の発色を助けるミネラルを含みます。青色を美しく咲かせる発色剤が入っています。有機質肥料入り。青色だけでなく、白色のアジサイの栽培にも適しています。原材料:赤玉土、鹿沼土、ピートモス等容量:5リットル○青花専用アジサイ肥料 400g (6-8-5)青花系のアジサイの発色をよくする、酸性成分強化配合のアジサイ専用肥料です。酸性土壌における青花系洋種アジサイ「ザ・クリスマス」や「ラ・マルネ」など、青花を美しく咲かせます。青色を増す酸性成分とアジサイの成育・開花に必要な養分を豊富に配合しておりますので、色鮮やかなアジサイ作りが手軽にできます。分量の目安:7号鉢当り約20g 地植え1平米当り約60g1箱400g入り 青アジサイの土5リットル入りと青花専用アジサイ肥料400gのセットの栽培ガイドアジサイの花色調整

アジサイ(紫陽花・アジサイ) マジカルレボリューション 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

アジサイ(紫陽花・アジサイ) マジカルレボリューション 3.5号苗(a8)

18年2月17日入荷。 苗の状態は季節により変化いたします。182c 花の色は、土の酸度によってピンク~青・紫色に変化します。 専用肥料【同梱可能】 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルアメジスト 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルアメジスト 3.5号苗(a8)

18年2月17日入荷。 苗の状態は季節により変化いたします。182c 写真の花色は見本です。土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ◆薄いブルー・白・緑の複色 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ルビーレッド 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

アジサイ(紫陽花・あじさい) ルビーレッド 3.5号苗(a8)

18年2月17日入荷。 苗の状態は季節により変化いたします。182c ◆鮮烈な赤が特徴のテマリアジサイ ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

花木 庭木の苗/アジサイ:プリンセス シャーロット3~4号ポット

園芸ネット プラス

2,175

花木 庭木の苗/アジサイ:プリンセス シャーロット3~4号ポット

★この商品は苗木です★手毬咲きの完全八重花で、花弁の中心部に近づくほど色合いが濃くなるグラデーションが特徴的な新品種です。おしべがなく花粉が落ちないので室内でも育てやすく、また株の老化を早めたりすることがないので花持ちよく長い間花を楽しむことができます。鉢植えで育てるとこんもりとした株姿にまとまります。花色はアルカリ土壌ではピンクに、酸性土壌では青く花色が変化します。タイプ:アジサイ(ユキノシタ)科の耐寒性落葉低木樹高:約100cm植付け適期:春または秋開花期:5~11月用途:庭植え、鉢植え日照:日向、半日陰栽培方法:あじさいは水を沢山必要とします。表土が乾く前にたっぷり水やりをしてください。鉢底から水が流れ出てくる位まで水を与え、受け皿には水をためないようにします。風通しが良く、日当たり~半日陰の場所で管理します。夏場の直射日光は葉焼けをおこすので避けるようにします。肥料は、緩効性肥料を2週間に1回程度2~3gの置き肥で施すか、週1回2000倍くらいの液肥を与えてください。夏はアブラムシやダニ類が発生しやすくなりますので、葉の裏側を注意してみてください。花びらに茶色い斑点が出てきたらその花びらを摘み取ります。秋に株元から新しい芽が伸びてきます。来年の花芽が形成される時期なので、秋以降の剪定は避けます。耐寒性は中程度なので、冬季は霜よけをして下さい。鉢植えの場合は冬は凍らないよう管理していただき、春になったら一回り大きい鉢に植え替えてください。この品種は土壌の酸度により花色がブルーまたはピンクになります(酸性で青、アルカリ性でピンク)。お届けする苗は3~4号(直径9~12cm)ポット入りです。夏以降は葉がきれいでない状態の場合がございます。冬季は落葉の状態です。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します...

花木 庭木の苗/アジサイ:こんぺいとう3.5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

花木 庭木の苗/アジサイ:こんぺいとう3.5号ポット

★この商品は苗木です★庭植え向きの丈夫さを持ち合わせながら、花がバラエティーに富み美しく、毎年よく咲くように改良を重ねた品種群:加茂セレクションのアジサイです。従来のハイドランジア系の品種は地域によっては冬場の乾燥によって花芽が枯れてしまうことがありますが、加茂セレクションはこの芽飛びが比較的少なく安心して育てられます。こんぺいとうは白覆輪の八重咲きとなる金平糖のようなかわいい花が特徴。一輪は10枚ほどの花弁でボリュームがあります。ガク咲きタイプでグラデーションが美しい品種です。タイプ:ユキノシタ(アジサイ)科ハイドランジア(アジサイ)属の耐寒性落葉低木樹高:100~150cm開花期:6~7月用途:庭植え、鉢植え日照:日向~半日陰向き栽培方法:水もちと水はけのよい場所なら用土はあまり選びません。鉢植えの場合は、表土が乾く前にたっぷり水やりをしてください。鉢底から水が流れ出てくる位まで水を与え、受け皿には水をためないようにします。風通しが良く、日当たり~半日陰の場所で管理します。夏場の直射日光は葉焼けをおこすので避けるようにします。肥料は、緩効性肥料を2週間に1回程度2~3gの置き肥で施すか、週1回2000倍くらいの液肥を与えてください。剪定は7月~8月の間に行い、秋以降の剪定は避けます。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入りの苗です。樹高は多少変動することがあります。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。冬から春にかけてなど時期により葉がきれいでない状態の場合がございます。またお届け時期により開花後となる場合がございます。※品種登録または品種登録出願済みの品種ですので...

アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

18年2月17日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。182c ※写真は見本品です。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク