メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アジサイ ダンスパーティー」検索結果。

アジサイ ダンスパーティーの商品検索結果全5件中1~5件目

【17年入荷株】アジサイ ダンスパーティー ハッピー ブルー 5号ポット苗

千草園芸

1,944

【17年入荷株】アジサイ ダンスパーティー ハッピー ブルー 5号ポット苗

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 ほんのり咲き進み、青が濃くなってきています。 こちらは苗としてもご利用できます。 来年以降は酸度により花色は変わります。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ダンスパーティハッピー 「ダンスパーティ」は西洋アジサイの「グライスチョイス」と ヤマアジサイ「伊豆の華」を掛け合わせて生まれた品種です。 ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます...

アジサイ ダンスパーティー ピンク 4号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,188

アジサイ ダンスパーティー ピンク 4号苗【17年入荷株】

写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって...

【17年入荷株】アジサイ ダンスパーティー“ハッピー” ピンク 5号

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ ダンスパーティー“ハッピー” ピンク 5号

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

送料無料
あじさい ピンク 【 凜花 リンカ ガクアジサイ アジサイ 送料無料 鉢植え ギフト 紫陽花 】 西安 ダンスパーティー 西洋アジサイ フェアリーアイ ヤマアジサイ 秋色アジサイ てまり...

フラワーギフト花樹有

5,000

あじさい ピンク 【 凜花 リンカ ガクアジサイ アジサイ 送料無料 鉢植え ギフト 紫陽花 】 西安 ダンスパーティー 西洋アジサイ フェアリーアイ ヤマアジサイ 秋色アジサイ てまり...

=商品情報= 予約の有無 在庫があれば予約 なしで即日発送 いたします。在庫が無い場合は入荷後の発送となります。※まれに在庫が画面上在庫がある場合でも店舗販売で欠品している場合があります。 商品内容 ●凛花(ガクアジサイ)●※写真はイメージです。紫陽花は、日々お花の色が変化するお花です。ご注文時によっては画像とは花の色が違う場合がございます。あらかじめご了承ください。 サイズ 高さ約45センチ 横幅約35センチ。 ラッピング ラッピングは無料で承 ります。 メッセージカード 無料でお付けいたします。ご希望のメッセージを備考欄 にご入力ください。 アジサイの花言葉 紫陽花の花言葉 紫、ピンク、青、白・・・たくさんの色がある紫陽花ですが、花言葉もたくさんあるのご存知でしたか? 今回は、母の日のプレゼントや結婚式の飾り花としても人気が出て来ている紫陽花の花言葉をご紹介します。 花言葉ごとに詳しく調べてみましたので、ごゆっくりご覧下さい♪ 実は紫陽花には、驚くほどたくさんの花言葉があるんです。 正直、なぜこんなに!? と驚きました。それはそれで、紹介のしがいがあるのですが♪ まずは、暖かい素敵な意味の花言葉です。 素敵な意味の花言葉 1) 元気な女性 2) 辛抱強い愛情 3)一家団欒、家族の結びつき 「強い絆で結ばれている」という状態がイメージとしてパッと浮かんでくるような花言葉が特徴です。 元気な女性 こちらはフランスでの花言葉です。ヨーロッパの土壌はアルカリ性が多く、紫陽花はアルカリ性の土壌では赤やピンクに色づきやすいんです。 フランスでは、紫陽花の開花シーズンである6〜7月頃はカラリとしてとても過ごしやすい、穏やかな季節。 赤やピンクなどの可愛らしい色の花+気持ちの良い気候=元気な女性 というイメージで...

アジサイ ダンスパーティー ブルー系 4号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,188

アジサイ ダンスパーティー ブルー系 4号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

こちらの関連商品はいかがですか?

【17年入荷株】 アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ ブルー 5号

千草園芸

2,592

【17年入荷株】 アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ ブルー 5号

写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって...

【花痛み秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) フェアリーアイ ブルー 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,780

【花痛み秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) フェアリーアイ ブルー 5号苗【17年入荷株】

※こちら訳あり商品です。 ★入荷から日が経ち、咲き進み花が少し痛んでしまった。 (徐々に秋色になってきているものもあります。) (写真1枚目。6月12日更新) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 観賞は可能です。 早めにカットすると、来年用の苗としてもご利用できます。 花が終わった場合は、カットしてお送りします。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 季節によって状態は変化します。176b ※写真は見本品です。 写真は17年5月16日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。175c 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。...

【秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) スターリットスカイ 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

4,644

【秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) スターリットスカイ 5号苗【17年入荷株】

※こちら訳あり商品です。 ★入荷から日が経ち、秋色にかわってきています。 (秋色になってきています。写真1枚目) (6月08日更新) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 まだまだ観賞は可能です。 来年用の苗としてもご利用できます。 季節によって状態は変化します。175d ※写真は見本品です。 ジャパンフラワーセレクション2015 ジャパンデザイン特別賞受賞した渥美絞りの枝変りから生まれた品種です。 額がしっかりしているので秋いろアジサイに変化します。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ...

【17年入荷株】花傷み アジサイ シュガーホワイト 4号苗

千草園芸

1,458

【17年入荷株】花傷み アジサイ シュガーホワイト 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 こちらは苗としてもご利用できます。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はSサイズ(648円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 歌合せ(ウタアワセ)ブルー 5号鉢

千草園芸

2,700

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 歌合せ(ウタアワセ)ブルー 5号鉢

写真は17年6月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c ※写真は見本品です。 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 ...

【17年入荷株】アジサイ 西安(セイアン、シーアン) ブルー 5号

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ 西安(セイアン、シーアン) ブルー 5号

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

【花終わり】アジサイ(あじさい・紫陽花) アデュラ 6号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,564

【花終わり】アジサイ(あじさい・紫陽花) アデュラ 6号苗【17年入荷株】

※こちらは ★今年の観賞時期が終わり、 来年用に花軸をカットし、 手入れしてある状態です 新芽が吹いてきているものからお送りします。 (6月24日更新 176d 176e) 開花株よりお買い得な価格で販売しております。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は見本品です。 来年以降は土の酸度により、色が変化します 写真は17年4月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円〜)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1...

【花痛み】アジサイ "ベニ"(BENI) 4号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,512

【花痛み】アジサイ "ベニ"(BENI) 4号苗【17年入荷株】

※こちら花痛み商品です。 ★入荷日から花が咲き進んで、痛んでしまった。 (6月26日更新 176d 176e) (※品種によっては、秋色になってしまったものもございます。) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 来年用の苗としてもご利用いただけます。 発送日までに花が終わってしまった場合は、 カットしてのお送りとなります。 ※写真は見本品です。 ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 写真は17年5月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176a ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。

【17年入荷株】 ピンクのアジサイ(紫陽花・あじさい) ピンクアナベル“ベラアナ” 5号苗

千草園芸

4,320

【17年入荷株】 ピンクのアジサイ(紫陽花・あじさい) ピンクアナベル“ベラアナ” 5号苗

17年6月13日入荷。木の状態は季節により変化いたします。176c 濃い色の花を咲かせるピンクのアナベル。 ラベルは印刷物ですので、実際の花色と異なる場合がございます。 開花:6月〜7月(カットするなど栽培法によっては周年開花) ■桃色の20cm以上の大きな装飾花がとても見事です。花付がよく、耐寒、耐暑性ともにあり、北海道でも花を咲かせます。花を楽しむのはもちろん、寄せ植えにも適しています。アメリカノリノキ‘ピンクアナベル’ (分類)アジサイ科アジサイ属の落葉低木 (学名)Hydrangea arborescens ‘NCH 1’ (原産)北アメリカ東部 (開花期) 6月〜10月 (草丈) 0.6〜1m (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 全国 ‘アナベル’は、日本のアジサイと同様に栽培が容易で、特別な管理をしなくても、毎年よく開花します。 一般に栽培されている白い‘アナベル’と同様に'ピンクアナベル'もアメリカノリノキの園芸種です。 白のアナベルも花をカットすると次の花を咲かせますが、ピンクアナベルはカットしなくても次々花を咲かせる性質があります。 今年伸びた枝先に全て花芽をつけ、晩秋までに花を咲かせます。 寒さ、暑さに強く、北海道でも栽培可能です。 花は日当たりでは濃い色になりますが、日陰では薄い色になり、軸も弱くて倒れやすくなりがちです。 日当たりの良くない場所での栽培には適していません。 花はあまり長持ちはせずにすぐに変色してしまいますが、それを補うように次々と花を咲かせてくれます。 下は京都市内での植栽です。2016.6.9 ピンクアナベルの育て方 日当たりと肥沃で、水はけのよい土を好みます。 日当たりが悪かったり、土がやせていたり、鉢植えでは鉢が小さいときなどは軸が細くひょろひょろと伸びてきれいな花が咲かなくなります...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シュロスバッカーバルト 4号

千草園芸

1,728

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シュロスバッカーバルト 4号

※写真は見本品です。 17年6月9日に入荷。季節によって状態は変化します。176b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになりますアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって...

【秋色花痛み】アジサイ 西安(セイアン、シーアン) 4.5号ポット苗 【色別】

千草園芸

1,728

【秋色花痛み】アジサイ 西安(セイアン、シーアン) 4.5号ポット苗 【色別】

※写真は見本品です。 写真は17年6月06日に撮影しました。 秋色として入荷したので、少し花が痛んでいます。 少しずつ秋色に変化していきます。 こちらは苗として販売しておりますので 花が終わるとカットしてお送りします。 季節によって状態は変化します。176a 176b 冬場は落葉します。 ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648円より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 約8個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花西安(セイアン、シーアン)ピンク オランダで作出され、2006年に登録された園芸アジサイです。 「西安」は花持ちが大変よく、半日陰で管理するとピンクからくすんだ色になり緑色へと変化していき、秋まで花が楽しめるアジサイです。 ただし、鉢植のものや株の小さいものは永く花をつけておくと翌年の花芽ができないことがありますのでどちらかを優先することが必要です。 購入後は一回り大き目の鉢に必ず植え替えをしてください。 花茎がしっかりしていますから、花の重さでたれてしまうこともないので、鉢植えや庭植えで楽しめるほか切花にも利用できます。 ↑次第に右の写真へと色が変わります。 「西安」は花持ちが大変よく、赤系ピンクからくすんだ色になり緑色へと、さらに紅色へと変化していき、秋まで花が楽しめるアジサイです。 購入後は一回り大き目の鉢に必ず植え替えをしてください。 花茎がしっかりしていますから、花の重さでたれてしまうこともないので、鉢植えや庭植えで楽しめるほか切花にも利用できます。 ◆ピンクやブルーからgreenへと色変わりが楽しめ...

【可憐な山アジサイ・伊予しぐれ】3号ポット苗・落葉低木・庭木

花工房たんぽぽ こだわりの宿根草

540

【可憐な山アジサイ・伊予しぐれ】3号ポット苗・落葉低木・庭木

[お届け商品サイズ] 3号ポット 高さ:約20cm前後(鉢込) *個体によって差があります。 <山アジサイ>・・・[ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木] [別名] 沢アジサイ [花ことば] 乙女の愛、切実な愛 [原産地] 日本全土にかけて、ほか [花期] 6〜7月頃(地域による) [耐寒性] 普通 [耐暑性] 普通 [特徴] 普通のアジサイに比べ葉は薄くて小型。 つるつるではなく、毛が生えていてざらざらしていることが多い。 [栽培] 半日陰のやや湿り気のある場所が好きです。 鉢植えは水はけ良くするとともに、乾いたらたっぷり水をやります。 庭木としても、鉢植えとしても人気があります。 [剪定] 必ずする必要はありません。 咲き終わった花を取るだけでも十分です。 (盆栽のようにきれいに作るときは、それに合ったやり方をします。) [肥料] 花後と冬に少し。 [植え替え] 小鉢は毎年、中〜大鉢は 2〜3年に一度。 【可憐な魅力♪山アジサイ・伊予しぐれ】★青花に白色の絞りが入る一重咲き。★山アジサイは、日本人好みの楚々とした姿で、最近は外国でも人気です。 ★お届けは、下の写真のような苗です。 (★2017/5/19撮影)★アジサイは、土壌の酸度によって色が変わることがありますので、ご注意ください。 ★植物ですので、同じ種類でも個体差があります。また、植物は生長しています。お届けしたものが写真より育っていたり、少し暴れていることがありますが、植物の特徴ですのでご了承ください。

【あじさい苗】アジサイ 千代女(チヨジョ) 4号苗

千草園芸

1,512

【あじさい苗】アジサイ 千代女(チヨジョ) 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年5月31日に撮影しました。 6月26日開花しているものもございます。176e 季節によって状態は変化します。175d 176a 冬は落葉します。 花の色は、土の酸度によってピンク〜青・紫色に変化します。 ※品種によっては色の個性がでます。(赤系品種なら、青色が紫がかる場合も) ※白色品種はほぼ影響は受けません (ほんのりと出る場合はあります) 専用肥料【同梱可能】 agisaiアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 4号苗

千草園芸

1,026

【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 4号苗

写真は17年5月31日に撮影しました。季節によって状態は変化します。175d 176a ユキノシタ科 ■特性 6月〜7月に白い蕾から10数個の五弁花の 淡いブルーの花を咲かせ実をつけ、10月 〜11月にルリ色に色づきます。 花と実、共に美しい耐寒性もあり、鉢や 庭植え、切り花等で楽しめます。 夏は明るい日陰において育てます。 耐寒性に優れています(0℃〜-3℃)ジョウザンアジサイ 分類: アジサイ科ディクロア属(ユキノシタ科ジョウザン属に分類される場合もある)の常緑低木 学名: Dichroa febrifuga 原産: 中国南部、インドネシア、インド 別名: ディクロア・フェブリフガ、オタフクアジサイ(お多福紫陽花) 利用: 鉢植え、露地植え、根を漢方薬 性質: 半耐寒性 栽培敵地: 関東地方以南 水はけのよい日当たりを好みますが、夏場は半日陰がよいでしょう。冬に凍結する場所は好ましくありません。開花期は6〜7月。 つぼみの色は産地などの違いにより、青いものや薄いものがあります。花はコアジサイのように装飾花(ガク)は無く、両性花のみを咲かせます。 背丈は現地では1mくらいになり、花後には青い色の実を付けます。 名前は中国山西省の常山(恒山)にちなむものと思われます。

【可憐な山アジサイ苗・伊予絞り】3号・落葉低木・庭木

花工房たんぽぽ こだわりの宿根草

540

【可憐な山アジサイ苗・伊予絞り】3号・落葉低木・庭木

[お届け商品サイズ] 3号ポット *個体によって差があります。 <山アジサイ>・・・[ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木] [別名] 沢アジサイ [花ことば] 乙女の愛、切実な愛 [原産地] 日本全土にかけて、ほか [花期] 6〜7月頃(地域による) [耐寒性] 普通 [耐暑性] 普通 [特徴] 普通のアジサイに比べ葉は薄くて小型。 つるつるではなく、毛が生えていてざらざらしていることが多い。 [栽培] 半日陰のやや湿り気のある場所が好きです。 鉢植えは水はけ良くするとともに、乾いたらたっぷり水をやります。 庭木としても、鉢植えとしても人気があります。 [剪定] 必ずする必要はありません。 咲き終わった花を取るだけでも十分です。 (盆栽のようにきれいに作るときは、それに合ったやり方をします。) [肥料] 花後と冬に少し。 [植え替え] 小鉢は毎年、中〜大鉢は 2〜3年に一度。 落葉しているときが適期です。 【可憐な魅力♪山アジサイ・伊予絞り】★基本は薄い青花の小輪系ガクアジサイ。★花びらが絞り咲きです。 ★山アジサイは、日本人好みの楚々とした姿で、最近は外国でも人気です。 ★お届けは、下の写真のような苗です。(2017/3/12) ★アジサイは、土壌の酸度によって色が変わることがありますので、ご注意ください。 ★植物ですので、同じ種類でも個体差があります。また、植物は生長しています。お届けしたものが写真より育っていたり、少し暴れていることがありますが、植物の特徴ですのでご了承ください。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク